メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「水田除草剤」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

スイートピー:エバーラスティングクライミングミックス[2~7月(暖地9~12月)まき 花タネ]

園芸ネット プラス

972

スイートピー:エバーラスティングクライミングミックス[2~7月(暖地9~12月)まき 花タネ]

タネ・小袋 フランス花の種スイートピー:エバーラスティングクライミングミックス[2~7月(暖地9~12月)まき 花タネ]フランスの花の種です。切花にも最適なつる性のスイートピーMIXです。ピンクの小ぶりの花がかわいい品種です。背が伸びたら首が折れないように、支柱やトレリスで支えてあげてください。花は香りが良く、咲いた後の花芽を摘むと長期間お花が楽しめます。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。まき時:2月下旬~7月、9~12月(暖地)開花:4~10月(まいた時期により変わってきます)発芽適温:10℃~20℃草丈:約200cm(つる性)内容量:約2.5g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。 スイートピー:エバーラスティングクライミングミックス[2~7月(暖地9~12月)まき 花タネ]の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

タイバジルの種[エスニック料理に 3~10月まき タネ]

園芸ネット プラス

432

タイバジルの種[エスニック料理に 3~10月まき タネ]

タネ・小袋タイバジルの種[エスニック料理に 3~10月まき タネ]葉がアニス・クローブのような良い香りのハーブ。茎と花は紫色です。生葉をスイートバジルと同じように料理に利用します。特にエスニック料理やタイ料理に最適です。タイではHorapha、ベトナムではHun Queと呼ばれています。シソ科の一年草です。タイプ:シソ科の非耐寒性1年草まき時:3~10月内容量:0.3ml草丈:75cm日照:日当りまたは半日陰を好む用途 : スープ、サラダ、エスニック料理に最適種まき : 苗床(箱かシードトレイ)を用意し、湿らせた培養土を入れます。種をばらまきして、土を6mmほどかけ、15~20度で明るい場所で管理します。常に土が湿った状態を保ってください。芽が出るまで、ビニールかラップをかけておくといいでしょう。 育て方 : 芽が出たらすぐに少しづつ離して移植し、十分大きくなってきたら小さいポットに3株くらいづつ移植します。十分育ったら、遅霜の恐れがなくなった頃に花壇やコンテナに50センチづつ離して定植します。15センチの草丈になったら、先端をピンチするとこんもり繁ります。収穫:5月~9月に葉を摘み取ってご利用ください。保存するときは冷凍するとよいでしょう。タイバジルの種[エスニック料理に 3~10月まき タネ]の栽培ガイドバジル種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

ペニーロイヤルミントの種[ペットの虫よけやグランドカバーに 3~11月まき(周年も可能)ハーブのタネ]

園芸ネット プラス

270

ペニーロイヤルミントの種[ペットの虫よけやグランドカバーに 3~11月まき(周年も可能)ハーブのタネ]

タネ・小袋ペニーロイヤルミントの種[ペットの虫よけやグランドカバーに 3~11月まき(周年も可能)ハーブのタネ]シソ科の多年草。水はけのよい場所を好み、枝を地表に伸ばして広がるので地衣植物として芝生かわりにもなります。ミントの1種として扱われることが多く、さわやかな香りを持ちます。広がる枝が密集しすぎると枯れることがあるので、随時根を整理したり刈りこんだりするといいでしょう。ノミやハエがこのハーブの匂いを嫌うため犬や猫のノミよけとして使われます。葉を摘み取りよく乾燥させて、布で首輪を作ってその中に入れて付けさせると効果的です。内容量:0.2ml(約66平米分)タイプ: 耐寒性多年草または小低木まき時: 3~11月(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます) 草丈: 15~60cm仕立て方: 鉢植え、コンテナ、花壇 日当り: 日当りを好む 適地: 石灰質の多い土 種まき・育て方: 鉢か箱に撤まきし、発芽後適宜間引いて草丈2~3cm頃仮植えし、5~6号鉢に取るか、株間30cmに植えだします。所構わずはびこるので、庭植えの場合、深さ15~20cmまで板かレンガなどで囲んで区分しましょう。用土は畑の土に腐葉土や堆肥などを入れた、やわらかいものにすると、地下茎も伸びやすくなります。ミント類は生長すると密生するので梅雨時などで蒸れやすく、病気が発生します。入梅前に刈り込むか、枝を間引いて風通しをよくします。鉢栽培では鉢土がしまりやすいので、腐葉土などを少し多めに混ぜるとよいでしょう。素焼きの5号鉢に植えたら、表面に腐葉土を敷いてやると乾燥が防げ、生育も」よくなります。肥料は10日に1回くらい、ハイボネックスの千倍液を与えます。生葉は使用の都度摘み、まとめての収穫は6~7月に地際3~4cm残して刈り取り、降霜まで2~3回収穫できます。春か秋...

【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロッサー サニーレタス [周年まき可能 タネ]

園芸ネット プラス

102

【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロッサー サニーレタス [周年まき可能 タネ]

タネ・小袋 水耕栽培可能【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロッサー サニーレタス [周年まき可能 タネ]プランターで簡単に栽培でき、いつも若摘みで長く収穫できるベビーリーフです。栄養豊富な若葉(幼葉)を摘み取って、サラダとしてお召し上がりいただくことをお薦めします。ベビーロッサーサニーレタスは、発芽後から赤色の色合いが特に濃く、サラダ等の彩りに最適です。タイプ:耐寒性の一年草生産地:アメリカ発芽適温:15~20度 種数:1.5ミリリットル日照:日なた向きまき時:周年種まき:プランターの場合は、元肥入培養土(野菜用)で土作りをし、65cm幅のプランターであれば、3行のすじ播きにします。農園栽培の場合は、種まきの2週間くらい前に、1平米あたり苦土石灰200g、堆肥1kg、化成肥料100gを全面に散布してよく耕し、うね幅を15cmほど確保してすじ播きします。育て方:生育適温内(15~25度)であれば、種を播いてから2~3週間くらいで収穫可能です。10cm前後の大きさの若葉(幼葉)で収穫します。密生部は順次間引きし、本葉2~3枚の頃、3cm間隔くらいまでに間引きします。芯(中心部分)を残しておけば、2~3間でまた収穫でき、数回の収穫が可能です。※パッケージのデザインは写真と異なる場合がありますのでご了承ください。【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロッサー サニーレタス [周年まき可能 タネ]の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方ベビーリーフを育てよう種まきの方法:色々なタネ

【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロケット ルッコラ [周年まき可能 タネ]

園芸ネット プラス

102

【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロケット ルッコラ [周年まき可能 タネ]

タネ・小袋 水耕栽培可能【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロケット ルッコラ [周年まき可能 タネ]プランターで簡単に栽培でき、いつも若摘みで長く収穫できるベビーリーフです。栄養豊富な若葉(幼葉)を摘み取って、サラダとしてお召し上がりいただくことをお薦めします。ベビーロケットルッコラは、ゴマの風味が特に強い品種です。タイプ:耐寒性の一年草生産地:イタリア発芽適温:15~20度 種数:2ミリリットル日照:日なた向きまき時:周年種まき:プランターの場合は、元肥入培養土(野菜用)で土作りをし、65cm幅のプランターであれば、3行のすじ播きにします。農園栽培の場合は、種まきの2週間くらい前に、1平米あたり苦土石灰200g、堆肥1kg、化成肥料100gを全面に散布してよく耕し、うね幅を15cmほど確保してすじ播きします。育て方:生育適温内(15~25度)であれば、種を播いてから2~3週間くらいで収穫可能です。10cm前後の大きさの若葉(幼葉)で収穫します。密生部は順次間引きし、本葉2~3枚の頃、3cm間隔くらいまでに間引きします。芯(中心部分)を残しておけば、2~3間でまた収穫でき、数回の収穫が可能です。※パッケージのデザインは写真と異なる場合がありますのでご了承ください。【有効期限18年12月】ベビーリーフの種:ベビーロケット ルッコラ [周年まき可能 タネ]の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方ベビーリーフを育てよう種まきの方法:色々なタネ

【有効期限18年10月】百日草(ジニア):F1ドリームランド混合[タキイ 花タネ]

園芸ネット プラス

171

【有効期限18年10月】百日草(ジニア):F1ドリームランド混合[タキイ 花タネ]

タネ・小袋 夏に負けないポップな花!草丈25cm 春~初夏まき【有効期限18年10月】百日草(ジニア):F1ドリームランド混合[タキイ 花タネ]夏に負けないポップな花!草丈が約25センチの株がコンパクトなタイプで、9~10センチの大輪の花が咲きます。緋紅、紅、桃、黄、白の混合で、種まき後50日程度で咲き始め、長期間割き続けます。学名:Zinnia elegans英名:Zinnia和名:ヒャクニチソウ科名:キク科原産地:メキシコ花言葉:不在の友を思うまき時:春~夏まき(4月~7月)植付間隔:25~30cm発芽温度:20℃前後発芽日数:適温下で5~7日生育温度:20~30℃開花:春まき6月~9月、夏まき8月~11月内容量:2ml草丈:約25cm用途 : 花壇、鉢植え、プランター種まき:種は箱かポット、プラグ等にまきます。ポットには2~3粒まき、丁寧に軽く覆土します。まき土は清潔な種まき培土を使いましょう。育て方:発芽後は薄い液肥を与え、本葉3~4枚の頃に植え替えます。花壇には株間25~30センチ間隔で、鉢は4~5号鉢に1本植えます。土質は選びませんが、日当たりと水はけの良い場所で開花までは十分に肥料を与えて過湿を避けて栽培します。※この種子を食べたり、動物などに与えないで下さい。★種袋のデザインが変わる場合があります。【有効期限18年10月】百日草(ジニア):F1ドリームランド混合[タキイ 花タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

【有効期限18年12月】ステビアの種[タネ]

園芸ネット プラス

824

【有効期限18年12月】ステビアの種[タネ]

タネ・小袋 春まき 砂糖の代わりになる甘味料として知られるハーブ【有効期限18年12月】ステビアの種[タネ]ステビアは南米原産のキク科の多年草。全草が甘く、砂糖の300倍の甘味をもちながら、カロリーは90分の1で、低カロリーのダイエット向き甘味料として注目されています。葉をつまんでかむと強い甘味があります。ステビアの葉や茎から抽出したエキスを田畑に散布すると植物の健康を促進し、病虫害に強くなり、果物は甘味が増すなどの土壌改良効果がたいへん注目されており、ステビアを使って育てた野菜や果物は「ステビア農産物」としてその品質の高さが認知されつつあります。若干苦味があり、家庭でそのまま砂糖の代わりに利用するのは難しいため、枝ごと切り取って乾燥させ、ハーブティーとして利用したり、枝葉を煮出した抽出液を美容液や土壌改良剤として利用すると良いでしょう。タイプ:キク科の半耐寒性多年草原産地:南米パラグアイ草丈:30~50cm日照:日向むき容量:0.01ml(約10粒)まき時:3~5月栽培方法:暖地では庭植えできます。寒い地域では鉢植えにし、冬は明るい室内に取り込んでください。春から秋はよく日のあたる場所で育てます。元肥えとして堆肥や化成肥料をすきこんで植え付けてください。強健ですが寒さには多少弱いので、冬は根元をワラでマルチングします。冬は多少寒さで地上部が枯れても4~5月にまた新芽が出てきます。秋に白い小さな花を咲かせます。株分けで殖やすことができます。収穫・利用方法いつでも収穫できますが、8月ころが最も有効成分が多いようです。葉を摘み取って干して利用します。生葉をかじってコーヒーや紅茶を飲んでも良いでしょう。電子レンジに1~3分かければ手軽にステビア茶を作ることができます。【有効期限18年12月】ステビアの種[タネ]の栽培ガイドステビアで...

ベビーリーフの種ミックスの種:フレンチ風[周年まき可能 タネ]

園芸ネット プラス

216

ベビーリーフの種ミックスの種:フレンチ風[周年まき可能 タネ]

タネ・小袋 水耕栽培可能ベビーリーフの種ミックスの種:フレンチ風[周年まき可能 タネ]フレンチドレッシングと相性がいいベビーリーフの種ミックスです。香り豊かな洋風サラダをお楽しみ下さい!プランターで簡単に栽培でき、長く収穫できるベビーリーフ野菜の種です。種まきから2~3週間で収穫開始!発芽適温は15~20度なので、いつでも栽培できますよ。夏や冬でも、小型プランターを使えば室内で栽培スタート可能です。栄養豊富な若葉(幼菜)を摘み取って、サラダとしてお召し上がりください。 ミックス内容 ベビーロッサ サニーレタスレッドコーラル レッドリーフレタスベビーロケット ルッコラベビーグリーン グリーンスパンタイプ:耐寒性一年草発芽適温:15~20度生育適温:15~25度 容量:3.2mlまき時:周年 栽培方法 プランターの場合は元肥入り培養土をご利用いただくと手軽です。65cm幅のプランターであれば、3行のすじ播きにします。露地栽培の場合は、種まきの2週間くらい前に、1平米あたり苦土石灰200g、堆肥1kg、化成肥料100gを全面に散布してよく耕し、うね幅を15cmほど確保してすじ播きします。発芽後は密生部分を順次間引きます。種まきから2~3週間くらいで収穫できる大きさになります。10cm位の大きさの若葉を収穫します。芯を残しておけば繰り返し数回収穫できます。ベビーリーフの種ミックスの種:フレンチ風[周年まき可能 タネ]の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方ベビーリーフを育てよう種まきの方法:色々なタネ

ニンジン:ベーターリッチ [野菜タネ]

園芸ネット プラス

457

ニンジン:ベーターリッチ [野菜タネ]

タネ・小袋 甘くてカロチンたっぷり!人気品種12~4月、7~8月まきニンジン:ベーターリッチ [野菜タネ]健康によいベータカロテンを豊富に含み、甘みが強く、くさみの少ないおいしい人参です。根は長めの円筒形で、芯まで赤く、病気にも強く、生育旺盛でまき時期の広いのが特長です。種をコーティングしてまきやすくしてある「ペレット種子」です。まき時:寒地3~6月頃、温暖地7~8月頃・12~4月頃、暖地8~9月頃、10~3月頃収穫期:寒地7~12月頃、温暖地11~12月頃・4~7月頃、暖地12~3月頃、3~6月頃内容量:約350粒[タネまき]発芽までは十分に水を与えます。うね幅1mに条間20cmでスジまきし、薄く土をかけます。間引いて本葉5~6枚で株間5~6cmの密植状態にして、肥大させます。[畑づくりと栽培管理]1平方メートル当たり苦土石灰100g、完熟堆肥2kg、有機配合肥料100gを施します。追肥は夏にタネまきして1~3月に収穫する場合のみ、最終間引き後1回行います。[収穫]タネまき後100~110日くらいで収穫期に達します。長さは18~20cm、重さは180gくらいを目安にします。梅雨~梅雨明けの収穫では腐ることが多いので注意します。ニンジン:ベーターリッチ [野菜タネ]の栽培ガイド春から始める、ベランダ菜園種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

【有効期限18年10月】アスター シリンガミックス[タネ]

園芸ネット プラス

114

【有効期限18年10月】アスター シリンガミックス[タネ]

タネ・小袋 花色の変化が楽しい 夏の切花に! 春、秋まき【有効期限18年10月】アスター シリンガミックス[タネ]夏の切り花に最適!仏花のイメージを一新するモダンでかわいい2~3cmの花をつけます。フラワーアレンジメントの材料としても最適です。白から濃いピンクへと移りゆく花色の変化も楽しめます。学名:Callisthephus chinensis英名:Chinese Aster和名:エゾギク科名:キク科原産地:中国東北部花言葉:変化まき時:春まき4月~5月、秋まき9月~10月開花期:春まきなら8~9月、秋まきなら6~7月草丈:約60cm発芽温度:20℃前後生育温度:5~25℃内容量:1ml用途:切り花、花壇、プランター種まき:春遅くまく場合は直接花壇にまき、種が隠れる程度に覆土します。秋まきの場合は箱や鉢に種をまき、霜よけをして越冬させます。まき土は清潔な種まき培土を使いましょう。育て方:育苗した場合は、本場5~6枚で日当りと風通しの良い場所に植えます。酸性土を嫌うので植え付け前に石灰を混ぜて中和します。虫害を防ぐため株元に粒状殺虫剤をまいておきます。連作を嫌うので、同じ場所で育てないこともポイントです。備考 : この種子を食べたり、動物等に与えないで下さい。★種袋のデザインが変わる場合があります。【有効期限18年10月】アスター シリンガミックス[タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

イエローフラワーガーデン[サカタ 花タネ]

園芸ネット プラス

324

イエローフラワーガーデン[サカタ 花タネ]

タネ・小袋 何が咲くのか楽しみ 2~5月、8~11月まきイエローフラワーガーデン[サカタ 花タネ]何が咲くのか楽しみ!黄色のミックスガーデンの種です。黄色い花が咲く、耐寒性1年草を中心とした混合種です。草姿、性質、開花時期が違い、長い間さまざまな花を楽しめます。広い花壇に好適で、コンテナでもよく育ちます。1袋でまける面積目安:約5平方メートルまき時:暖地 9~11月、2~3月 寒地 4~5月、8~9月発芽適温:20℃前後開花期:春~夏(まいた時期により変わります)草丈:20~100cm容量:5ml タネまき 雪が多い寒い地域は春、それ以外の地域では早春、春、秋ともにまけますが、秋まきがお薦めです。タネの片寄りや重なりに注意してバラまきするか、30~40cm間隔で粗めにスジまきし、タネがかくれる程度に土をかけます。タネまき後、タネが流れないように板などで軽く土を押さえます。発芽まで乾かさないように水やりします。発芽後は葉形を見ながら、多くの種類が残るように混み合う所を数回に分けて間引きします。春に害虫が発生したら早めに駆除します。 イエローフラワーガーデン[サカタ 花タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

春秋まき種の苗つくりセット:ロケット(ルッコラ)

園芸ネット プラス

1,572

春秋まき種の苗つくりセット:ロケット(ルッコラ)

春秋まき種の苗つくりセット:ロケット(ルッコラ)ハーブや野菜の苗作りが簡単にできる種まきセット。種まき用の育苗ポットと種まきの土、種をセットにしてお届けします。セット内容:さし芽種まきの土5リットル入り × 1ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入り[育苗ポット] × 1ハーブの種:ロケット(ルッコラ)[タネ 小袋] × 1ロケット(ルッコラ)古代エジプト時代よりつくられているハーブです。ロケットサラダ、ルッコラ、エルーカともいわれています。あまり大きく育てず、若くやわらかい葉を利用します。美しい緑色の若葉は長楕円型で浅く切れ込み、ゴマの香りとぴりっとした辛さが楽しめます。またビタミンCやEも豊富で、クレオパトラが美しさを保つために好んで食べたとされています。あまり熱を加えない料理に適し、おもにサラダ用野菜として利用されています。アブラナ科の1~2年草。和名はキバナスズシロです。まき時:4月~5月、9月~11月発芽適温:15~20℃開花時期:6~8月ごろ草丈:30~100cm内容量:0.3ml(約130粒)日照:日向むき栽培方法:5cmポットに数粒ずつ種をまいてください。芽が出て育ってきたらプランターや畑に定植します。地上部が大きくなったら根ごと抜き取るか、葉を摘んで利用します。生のまま、サラダやサンドイッチに。ピリッとした辛味とゴマの風味、ビタミンCを多く含んでいますので、その持味を生かすため、あまり熱を加えない料理に利用します。さし芽種まきの土5リットル入り上質の培養土です。生長促進剤と多孔質パーライト配合で水はけがよく、キレート鉄が根張りを促進。発芽・発根をスムーズにしてくれます。主原料:国産ピート、バーミキュライト、パーライト、鹿沼土ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入りピートモスを主原料とした育苗ポットです...

■タネ■種ハツカダイコンさくらんぼ9ml入り

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

216

■タネ■種ハツカダイコンさくらんぼ9ml入り

【日付指定・代金引換不可】 真っ赤でまんまる!かわいく美しいラディッシュ! 送料区分:SS(送料表はこちら)[20131102]【日付指定不可・代引不可】 第4種郵便のため「お届け日時の指定」および「代金引換お支払い」のお取り 扱いは致しておりません。 ♪まき時にご注意ください。 有効期限18年10月 ■ 形状・サイズ他9ml入り およそ450本分■ まきどき暖かい地域:1~5月、8~11月 寒い地域:4~6月、8~9月 ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。【日付指定不可・代引不可】 第4種郵便のため「お届け日時の指定」および「代金引換お支払い」のお取り 扱いは致しておりません。 ■ 備考 第4種郵便、配送規定により封筒の角を一部切ってあります。 あらかじめご了承ください。 真っ赤でまんまる!かわいく美しいラディッシュ!まるでさくらんぼを思わせる姿です。場所を取らずに育てられるのでベランダでも。収穫までの期間が短く、収穫の楽しみがすぐ味わえるうれしい一品。育てやすいので、初心者の方にもおすすめのお野菜です。酢の物やサラダにどうぞ。 育て方 アブラナ科の一年草収穫期 種をまいてから約20~50日後 タネをまいてうすく土をかぶせてください。水を与える際はタネが流れないようにお気を付けください。発芽するまでは強く乾燥させないようにしましょう。芽が出たら徐々に日当たりの良い場所に移動するようにします。 日当たりのよいところで育てましょう。水は土の表面が乾いたらたっぷりと。肥料は本葉が4~5枚くらいになったら、ハーブ用や野菜用のものを与えてください。場所を取らずに育てられるのでベランダでも。収穫までの期間が短く、収穫の楽しみがすぐ味わえるうれしい一品。

もやし(スプラウト)用:そばの芽[タネ]

園芸ネット プラス

286

もやし(スプラウト)用:そばの芽[タネ]

タネ・小袋 蕎麦もやし(スプラウト)用:そばの芽[タネ]スプラウト(かいわれそば)栽培用として利用する栄養価の高いそばの種です。そば粉としてもご利用いただけます。スプラウトとしての栽培は1年中可能で、7~10日ほどで、サラダなどでおいしく召し上がって頂けます。畑でそばを栽培する場合は、7月下旬~9月上旬頃に種まきをしてください。まき時:通年発芽適温:20~25度収穫期:種まきから1週間~10日後 種数:60ml用途:サラダなど種まき:容器の底にスポンジやキッチンペーパーなどを敷き、しっかり濡れるまで水を入れ、その上に種子が重ならないようにまきます。暗い場所に置き、種がしっとり濡れるまで霧吹きなどで水を与えます。根が張れば、直接容器に水を注ぎ、毎日取り替えます。育て方:5~6cm程度に伸びたら、日当りのよい窓際などに置き、日光を当てて緑化させます。緑化させると栄養価もアップします。1週間から10日ほどで収穫できます。もやし(スプラウト)用:そばの芽[タネ]の栽培ガイドスプラウト(もやし)栽培3月のお手入れ~「おいしいミニガーデン」のためのもやし(スプラウト)とハーブ梅雨時、暑い季節のもやし(スプラウト)管理法種まきの方法:容器の選び方そばの栽培方法と利用方法種まきの方法:色々なタネ

ミズナ:サラダにピッタリ京みず菜 京しぐれ[野菜タネ]

園芸ネット プラス

376

ミズナ:サラダにピッタリ京みず菜 京しぐれ[野菜タネ]

タネ・小袋 暖地9~3月、寒地8~10月まきミズナ:サラダにピッタリ京みず菜 京しぐれ[野菜タネ]低温下での栽培で、株張りに優れる小株どり早生種です。葉は鮮緑の細葉で欠刻が多く、葉軸は純白極細で品質がよいです。食感がよくアクが少ないので、サラダなど用途が広いです。まき時:暖地9月中旬~3月中旬、寒地8月下旬~10月中旬・2月~4月中旬収穫期:播種後1ヵ月半~2ヶ月容量:5.5ml(約1800粒)タネまき:発芽温度・水分条件が満たされない場合は、正常発芽しないことがあります。タネは条間20cmの条(すじ)まきにし、薄く土で覆って軽く鎮圧を行い潅水します。本葉2枚程度になったら、密生しているところを間引いて株間を5~6cmにします。栽培要点:早春どりでは抽苔の危険性があるので、地域による播種期を厳守します。冬春どりでは低温伸長性を生かした早どりを心がけ、特に収穫が遅れるとトウ立ちが早いので注意が必要です。低温期の栽培では、ハウスの栽培やビニールトンネルによる被覆栽培を行い、さらに「テクテク」等の不織布のベタがけで生育促進を図ります。ミズナ:サラダにピッタリ京みず菜 京しぐれ[野菜タネ]の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

れんげ草(レンゲソウ)の種1kg[タネ]

園芸ネット プラス

1,556

れんげ草(レンゲソウ)の種1kg[タネ]

9~12月まき 約300平米分緑肥 窒素固定・景観形成れんげ草(レンゲソウ)の種1kg[タネ]春の田んぼを一面ピンクに染めたなつかしいれんげそう。かつては北海道を除く全国の田んぼで栽培されていました。緑肥になる有益な植物として、見直されています。 品種の特性 ・窒素同化作用により土壌を肥沃します・早春の景観緑肥に最適で、養蜂密源です。※すき込み時期:開花始期では分解が早いため窒素肥料としての役目を果たし、開花終期 では繊維質が多いため分解がゆっくり進み、地力増進効果が得られます。※春まきでは開花しません。科名:マメ科の耐寒性1年草別名:レンゲ、ゲンゲ高さ:10~25cm花期:4~5月まき時:寒地(北限:岩手県県南くらいまで)は9~10月、中間地は9~11月、暖地は9~12月播種量:10aあたり3~4kg(1kgでは約3a) 1a=100m2(平方メートル)生産地:中国(入荷時期、ロットにより生産地が異なる事があります)栽培方法よく日のあたる場所で、土を十分に耕してうすく種をまき、上から5ミリほど土をかけてください。発芽するまでは土が乾かないようご注意ください。冬の間はロゼット状(葉が丸く地面に付いた状態)で、春になると草丈が伸び、花を咲かせます。花後の5月頃、地面にすきこんで緑肥としてください。種子粉衣の農薬使用履歴:無処理(薬剤は使っていません)■この商品は宅配便でお届けします。送料は宅配便送料となります。メール便ではお届けできません。れんげ草(レンゲソウ)の種1kg[タネ]の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方緑肥作物栽培指針表用途別・輪作栽培体系例用途別・輪作栽培体系例2景観形成作物の輪作体系例種まきの方法:色々なタネ

ピンクフラワーガーデン[サカタ 花タネ]

園芸ネット プラス

343

ピンクフラワーガーデン[サカタ 花タネ]

タネ・小袋 何が咲くのか楽しみ 春、秋まきピンクフラワーガーデン[サカタ 花タネ]何が咲くのか楽しみ!ピンク色のミックスガーデンの種です。ピンク色の花が咲く、耐寒性1年草を中心とした混合種です。草姿、性質、開花時期が違い、長い間さまざまな花を楽しめます。広い花壇に好適で、コンテナでもよく育ちます。1袋でまける面積目安:約5平米まき時:暖地 9~11月、2~3月 寒地 4~5月、8~9月発芽適温:20℃前後開花期:春~夏(まいた時期により変わります)草丈:20~100cm容量:5ml タネまき 雪が多い寒い地域は春、それ以外の地域では早春、春、秋ともにまけますが、秋まきがお薦めです。タネの片寄りや重なりに注意してバラまきするか、30~40cm間隔で粗めにスジまきし、タネがかくれる程度に土をかけます。タネまき後、タネが流れないように板などで軽く土を押さえます。発芽まで乾かさないように水やりします。発芽後は葉形を見ながら、多くの種類が残るように混み合う所を数回に分けて間引きします。春に害虫が発生したら早めに駆除します。 ピンクフラワーガーデン[サカタ 花タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

【種子】ミニニンジン ピッコロタキイのタネ

Ivy

346

【種子】ミニニンジン ピッコロタキイのタネ

コメント: ウインナーソーセージの形に似た小型の極早生種。 生育日数70~90日で、根長10~12cm、太さ、1.5cm~2cm程度になる。 柔らかく甘味があり、生食に向く。プランター栽培にも適する。 学名、科名: Daucus caroto セリ科ニンジン属 英名: carrot 種類: 二年草 別名: 胡蘿蔔(こらふ) 和名: 人参(ニンジン) 味わい方: サラダ、生食、料理用等 播種時期: 寒冷地:4月中旬~7月上旬 一般地:1月上旬~3月中旬(トンネル栽培) 3月下旬~4月中旬、7月下旬~9月上旬 収穫時期: 寒冷地:7月中旬~9月下旬 一般地:4月上旬~6月中旬(トンネル栽培) 6月中旬~7月上旬、10月中旬~12月下旬 発芽適温: 15~25℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: チリ 内容量: 約8ml 発芽率: 約75%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: タネは畑もしくはプランターに条まきし、 発芽するまでタネが十分吸水できるよう潅水を行い発芽をそろえます。 本葉4~5枚ごろに株間3~5cm程度に間引きます。 育て方: 短期間栽培のため、乾燥に注意し、潅水管理を行います。 収穫の遅れは、ス入りや根割れにつながるため、適期収穫を心掛けます。 備考: ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 ・商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。 &nbsp...

【菜の花(ハナナ)種子】 【サカタのタネ】 花の種 寒咲系混合 小袋(2ml)

e-たねや

162

【菜の花(ハナナ)種子】 【サカタのタネ】 花の種 寒咲系混合 小袋(2ml)

花の種  【菜の花(ハナナ)】寒咲系混合 (サカタのタネ) 特長    春の訪れを感じさせる花。暖かい地域では9月まきで12月から開花する早生系の品種です。 株間を広げて栽培すれば多くの枝が伸びて食用に、密植にすれば枝が制限されて切り花になります。   栽培環境 日本、中国原産の耐寒性1年草です。 暖かい地域では涼しさを感じるころにタネまきすると年末ごろから咲き始める耐寒性の強い品種です。 耐寒性は苗の大きさで異なります。 暖かい地域では、10月まきで本葉が8~10枚のころに冬を迎えると非常に寒さに強く、3月始めごろから咲き始めます。 日当たりと水はけのよい場所を好みます。直まきと移植の方法があります。   タネまき~植えつけ  寒い地域では4~5月まきで6~7月ごろに開花し、8月まきで10月ごろに開花します。 暖かい地域では9月上~中旬まきで12月~1月ごろに開花し、10月まきで3月ごろから開花します。これらの作型が標準です。 日当たりと水はけのよい場所に、完熟堆肥や腐葉土の有機質に加え、化成肥料を適量バラまいて、深く耕し株間10~20cmにします。 2~3粒のタネを直まきにする方法と、9cmポットに4~5粒をまいて発芽後1本に間引いて根が回ったころ植えつける方法があります。 観賞や切り花に利用する場合は、密植に直まきにして、群生の素晴らしさを見せたり、わき芽を抑えた切り花のスタイルにつくります。 食用に利用する場合は、株間を十分に広げ、わき芽を多く出させ、長い期間収穫できるように移植栽培にします。  管理のポイント  暖かい地域の9月まきでは、日だまりで栽培すれば、真冬の時期も咲き続けます。 秋まきでは栽培期間と観賞期間が長いので定...

ワイルドフラワー ハイドロカラーミックスの種[タキイ 花タネ]

園芸ネット プラス

216

ワイルドフラワー ハイドロカラーミックスの種[タキイ 花タネ]

タネ・小袋 9~10月、3~5月まきワイルドフラワー ハイドロカラーミックスの種[タキイ 花タネ]このワイルドフラワーのミックス種には、西洋のこぎり草、ディモルフォセカ、花菱草、ガザニア、アリッサム、シレネ、クローバーなど、乾燥に強くグランドカバー向きの草丈の低い1年草と多年草を混合しています。高速道路の法面や一般の道路沿い、鉄道沿い、河川敷、町や団地の空き地などに広く利用されています。雑草のかわりに花を咲かせ、また後から生えてくる雑草を抑えることができ、次々と違った花が長期間咲き続けます。花壇や空き地で思いっきり花が楽しめます。まき時:9月~10月(秋まき)、3月~5月(春まき)花期:3月~8月(秋まき)、6月~10月(寒地まき) 内容量:15ml草丈:品種によりさまざま 用途:花壇、空き地日照:日なたを好む 栽培方法:日当たりと排水の良いところで、できるだけ雑草の少ない場所を選びます。あらかじめ緩効性肥料を1平米あたり150~200g施し、整地します。水はけの悪いところではパーライトなどを混入し、排水をよくして表面にバラまき、土の表面をなでるようにして種に土をかけ、十分に水をかけます。ワイルドフラワー ハイドロカラーミックスの種[タキイ 花タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

【有効期限18年10月】金盞花(キンセンカ) スター 混合[秋・春まき 草丈60cm 切花に タキイ 花タネ]

園芸ネット プラス

114

【有効期限18年10月】金盞花(キンセンカ) スター 混合[秋・春まき 草丈60cm 切花に タキイ 花タネ]

タネ・小袋【有効期限18年10月】金盞花(キンセンカ) スター 混合[秋・春まき 草丈60cm 切花に タキイ 花タネ]元気いっぱいに咲き誇る!耐寒性が強く丈夫でつくりやすいキンセンカ。スターは草丈50~60cmと高性大輪多花性品種で、春の切花に欠かせません。黄色と橙色の2色混合種です。タイプ:キク科の耐寒性1年草まき時:秋まき9月~10月、寒地4月~5月花期:4月~6月(秋まき)、7月~8月(春まき) 内容量:5ml草丈:約60cm 用途:切り花、花壇、プランター 日照:日なたを好む 栽培方法:日当たりと風通しの良い場所で、堆肥など有機物が多い土が適しています。種が大きくまきやすく、発芽も容易。酸性土では良く育ちませんので、事前に石灰をまきよく耕しておきます。発芽後30cm間隔で定植し、寒さがくるまでに十分根を張らせます。冬は乾燥させないよう水遣りします。★種袋のデザインが変わる場合があります。【有効期限18年10月】金盞花(キンセンカ) スター 混合[秋・春まき 草丈60cm 切花に タキイ 花タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ種まきの方法:容器の選び方種まきの方法:色々なタネ

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク