メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「殺虫剤毛虫」検索結果。

殺虫剤毛虫の商品検索結果全4件中1~4件目

屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ) 5号(i4)

千草園芸

2,700

屋久島石楠花(ヤクシマシャクナゲ) 5号(i4)

写真は18年3月27日。木の状態は季節によって変化いたします。183d ヤクシマの標高1000m以上の高地に自生するシャクナゲで若葉は葉全体が綿毛で覆われています。 葉の裏も綿毛が着いていてヤクシマの厳しい寒さや強風から身を守るために進化したものと思われます。 ヤクシマシャクナゲ独特の樹形は他にない味わいがあります。 ■栽培方法 適地 火山灰土または砂質壌土が最適ですが、普通の土に腐葉土を半分くらい混合してもよいです。 植え込み 鉢植えの場合は、鉢底へゴロ土を少しいれ、その上に腐葉土5・畑の土を乾燥した土2・荒い大粒の砂3の割合で混ぜて使用します。 根が直接肥料に接しないように植え込みます。乾燥地は平らに湿地は盛り上げて植え込むとよいです。 手入れ 西日は避けて、午前中日が当たるところがよいでしょう。表土が乾いたら、潅水するテイドでよいでしょう。 冬は霜除けや除雪をしたほうがよいでしょう。毛虫やテッポウムシが葉や茎を食害することもありますので、殺虫剤を散布するか、こまめに見てあげ、殺虫しましょう。また、病気を防ぐため、ダイセン等で散布してください。 肥料 春2回、秋1回くらい油粕7・骨粉3くらいの割合で混合して施しましょう。また化成肥料を施しましょう。日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように ...

【現品】斑入り山法師(フイリヤマボウシ)「ウルフアイ」 1.8m 51101

千草園芸

15,120

【現品】斑入り山法師(フイリヤマボウシ)「ウルフアイ」 1.8m 51101

写真の商品をお送りします。 写真は18年5月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185a-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)葉と花に白い覆輪が入る種類で秋の紅葉も美しく発色します。剪定は、花後に行い、自然樹形を残すように伸びた枝を切り詰めたり、混み合った枝を間引く程度にしてください 放置すると高くなりすぎるので、目的の高さで芯をとめ、お好みの樹形にしましょう。 施肥は冬に行います。病害虫はあまりありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。 また、害虫ではアブラムシ、毛虫などが発生することがあります。 多い場合は、殺菌剤や殺虫剤の散布が必要です。 ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 花後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています...

【現品】花水木(ハナミズキ)「レインボー」 1.9m 111635【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

19,440

【現品】花水木(ハナミズキ)「レインボー」 1.9m 111635【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品をお送りします。 ※2・3枚目の写真からわかるように、 根元に古い傷がありますが生育上の問題はございません。 ご了承の上お買い求めください。 写真は18年5月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。 ハナミズキ レインボー 葉に黄色い斑が入る白花のハナミズキ。

【現品】花水木(ハナミズキ) "チェロキーサンセット" 1.5m 40273 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

12,744

【現品】花水木(ハナミズキ) "チェロキーサンセット" 1.5m 40273 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月26日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

こちらの関連商品はいかがですか?

庭木・植木:日本シャクナゲ(屋久島石楠花)(細雪)(京の華)お選びください!

遊恵盆栽 楽天市場店

1,296

庭木・植木:日本シャクナゲ(屋久島石楠花)(細雪)(京の華)お選びください!

商品情報 科目:ツツジ科/属名:ツツジ属 /花言葉:荘厳/耐寒性常緑低木 花時期:3月上旬~4月中旬/草丈:2~3m/耐寒温度-5℃ (環境・生育状況により変わります) 撮影:4月 西日が当たらない半日陰の戸外で管理します。 夏は直射日光を避けた場所に移動しましょう。 *数量ものの為、写真と若干形状・開花状況が異なる場合がございます。ポットの形状、材質は変わる場合はあります。 サイズ 鉢径:5号/15cm(プラスチック) 樹高:約12-25cm 手入れ 水やり:土の表面が乾いたら十分に水を与えましょう。 ご購入後、詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール・電話等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 ギフト包装 ラッピング包装可能です。(有料150円) メッセージカード ◎フリーメッセージの記入について メッセージカード ◎フリーメッセージの記入について 配送について 【業者】 ヤマト運輸 【配送サービス名】宅急便 詳しくはこちら 用途 【ご自宅用】【ギフト用】【プレゼント用】 日本石楠花 日本しゃくなげ 日本シャクナゲ アメリカシャクナゲ カルミア サラー ハナガサシャクナゲ 寄せ植え 通販 鉢花 花苗 お花販売 観葉植物 ミニ観葉植物 人気商品 プレゼント ギフト 季節の贈りもの お正月・お年賀・成人の日・節分・バレンタインデー・ひな祭り・春分の日・お彼岸・ ホワイトデー・卒業式・入学式・こどもの日・母の日・父の日・七夕・お中元・書中見舞い・残暑見舞い・お盆・敬老の日・秋分の日・七五三・クリスマス・イブ・ お歳暮・シンボルフラワー・早期ご予約・早期割引・早割・早期特典 大切なあの人へのプレゼント 御祝・御礼・御挨拶・粗品・お使い物・贈答品...

ヤクシマシャクナゲ『石化(セッカ)』R1143 B 接ぎ木1年目 蕾なし 大きさ10cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。台木の葉や昨年の葉は傷んでいる可能性がありますが生育には問題ありませ...

富士園芸楽天市場店

3,980

ヤクシマシャクナゲ『石化(セッカ)』R1143 B 接ぎ木1年目 蕾なし 大きさ10cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。台木の葉や昨年の葉は傷んでいる可能性がありますが生育には問題ありませ...

詳細 ツツジ科 樹高 10cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。その中でも大変珍しいヤクシマシャクナゲの石化タイプです。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.10m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

千草園芸

1,296

西洋シャクナゲ 5号鉢植え 各種(e7)

■栽培方法 日当たりと排水のよいところを好みます。定植する場合は、土を崩さないようにします。水遣りは、土の表面が乾いたらたっぷりと与えてください。 ■商品の写真は、17年10月26日撮影。 木の状態は、季節により変化します。1710d 花の写真やラベルの色は印刷や写真の処理の関係で、実際の色とは異なっていることがあります。西洋シャクナゲ ■分類:ツツジ科ロードデン属の常緑中低木 ■学名:Rhododendron ■原産:園芸種 ■樹高:2~6m ■開花期:4月~5月 日本や中国南部、東南アジア原産のシャクナゲがイギリスを主としたヨーロッパで品種改良されたものを西洋シャクナゲと呼ばれます。 日本に逆輸入されたものが日本で品種改良されたものもそのように呼ばれます。 日本原産のシャクナゲより、大振りで立ち性、成長も早いもので、性質も強いものです。 ■管理方法 ・日当たりを好みますが、真夏の暑さには弱いので夏は半日陰で管理しましょう。 ・暑さ対策として、株元に腐葉土やバークチップを敷きつめるマルチングをし、西日には当たらないようにします。 ・シャクナゲは酸性土を好みます。鉢植えでは鹿沼土単用で、露地植えでは植え場所を高くして鹿沼土を混ぜた酸性用土に植えてください。 ・鉢植の場合は、根詰まりすると乾燥しやすくなります。根詰まりを起こさないように、毎春一回り大きい鉢への植え替えが必要です。 ・露地植えでは水はけのよい高い位置に植え、用土は鉢植と同じ鹿沼土を多用するとよくできます。 ■肥料 ・寒肥として2月頃、生育期の3月、花後の5月、そして秋に油粕の固形肥料、または緩効性肥料を与えます。 ■水やり ・春と夏は、朝と夕方にたっぷり与えてください。 ・秋、冬は土が乾いたら水を与えます。 ■剪定 花後はしぼんできたら...

ヤクシマシャクナゲ?『黄色』 R976  B1-3 大きさ20cm前後 2018年6月18日撮影です

富士園芸楽天市場店

3,580

ヤクシマシャクナゲ?『黄色』 R976 B1-3 大きさ20cm前後 2018年6月18日撮影です

詳細 ツツジ科 樹高 約20cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年6月18日撮影です 商品説明 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。 葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色、葉の美しさから国内外のシャクナゲ愛好家の垂涎の的となっています。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ(八分咲き):画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.20m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.0m 【花期】4-5月 【撮影日】2018年6月18日撮影です 【商品説明】鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。 葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色、葉の美しさから国内外のシャクナゲ愛好家の垂涎の的となっています。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。...

ヒラドツツジ(平戸ツツジ)紅石楠花(ベニシャクナゲ) シャクナゲツツジ薄紫一重約0.3m根鉢含む)

ぐりーんぐりーん

580

ヒラドツツジ(平戸ツツジ)紅石楠花(ベニシャクナゲ) シャクナゲツツジ薄紫一重約0.3m根鉢含む)

樹高は約0.3mです(根鉢含む) ※どれだけつめても送料は全国一律950円! (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) [S0]ヒラドツツジ(平戸ツツジ) 大輪の花 ヒラドツツジ ヒラドツツジは、耐寒性、耐陰性に優れた栽培しやすい品種で初心者にお勧めです。大輪花をつけ、葉もツツジ類のうちでは大型です。洋風庭園、和風庭園に良くあいます。背の低い生垣やグランドカバーに使用したりと用途は多様です。 分類 植栽適地 常緑低木 南北海道~沖縄 鑑賞ポイントと時期 5月頃 紫、赤、ピンク、白色などの花が樹冠全体に咲く 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日陰で、保水性が良く、排水の良い土壌を好みます。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(緩効性化成肥料)、花後の6月頃にお礼肥(緩効性化成肥料)、及び9月頃に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 花後すぐの時期に、生垣やグランドカバー等、用途に応じて刈り込んで樹形を整えてあげて下さい。遅れると来年の花つきが悪くなる。 花後の管理 植木が弱るのを防ぐ為に、花後、花がらを摘み取る。摘み取っておくと、来年の開花も良くなる。

ヤクシマシャクナゲ『赤花』R990 B3-5 大きさ20cm前後

富士園芸楽天市場店

2,580

ヤクシマシャクナゲ『赤花』R990 B3-5 大きさ20cm前後

詳細 ツツジ科 樹高 約20cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年6月18日撮影です 商品説明 大変珍しい濃色固体ですが 開花が進むにつれ退色し蕾が開くころにはピンクになり満開になるころにはほぼ白色になってしまいます。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。ヤクシマシャクナゲ『赤花』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/蕾の様子:画像3枚目/商品画像:画像4枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.20m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.0m 【花期】4-5月 【撮影日】2018年6月18日撮影です 【商品説明】 ヤクシマシャクナゲは屋久島のに自生するシャクナゲです。 葉裏に綿毛が多いのが特徴的で海外の愛好家も多いと聞きます。 寒さ暑さに大変強く日本全土で容易に栽培可能です。 本種はその濃色個体です。赤花との名で出ていますが蕾は濃いですが開花するにつれ色は落ちています。 ヤクシマシャクナゲでは濃い程度とお考え下さい。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ヤクシマシャクナゲ『金冠(キンカン)』R1129 B 接ぎ木1年目です 蕾なし 大きさ10cm前後 台木の葉や昨年の葉は傷んでいる可能性がありますが生育には問題ありませんが気になる方は画像をよく見てご...

富士園芸楽天市場店

12,800

ヤクシマシャクナゲ『金冠(キンカン)』R1129 B 接ぎ木1年目です 蕾なし 大きさ10cm前後 台木の葉や昨年の葉は傷んでいる可能性がありますが生育には問題ありませんが気になる方は画像をよく見てご...

詳細 ツツジ科 樹高 10cm(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 15cm 花期 4-5月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 屋久島シャクナゲの斑入り個体です。なかなか大きくならず気難しい性質があります。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】10cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】cm 【花期】4-5月 【商品撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】 屋久島シャクナゲの斑入り個体です。なかなか大きくならず気難しい性質があります。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

3/3花芽付筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:0.8m内外)【No3】2018.2月撮影

ガーデニングショップ四季の里

14,040

3/3花芽付筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:0.8m内外)【No3】2018.2月撮影

豪華な花が庭を彩る 薄いピンクの美しい花色が人気の庭木です。 四季の姿 花芽4月~6月に開花します 商品詳細 商品情報/規格 ■ツツジ科ツツジ属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:0.8m内外 ■花色:淡ピンク ■花期:4月下旬~6月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 自然樹形のまま育てます。 花芽のなかった枝は、次年の開花枝として大切に育てます。 植え付け 日陰・半日陰を好みます。 湿り気のある肥沃な酸性土を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 2~3月に寒肥として緩効性化成肥料を、同様のものを9~10月にも施します。 花後に液肥を週1回での割合で2、3回施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

1/23花芽付筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:1.1m内外)【選択肢あり】2018.1月撮影

ガーデニングショップ四季の里

15,984

1/23花芽付筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:1.1m内外)【選択肢あり】2018.1月撮影

豪華な花が庭を彩る 薄いピンクの美しい花色が人気の庭木です。 四季の姿 花芽4月~6月に開花します 商品詳細 商品情報/規格 ■ツツジ科ツツジ属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:1.1m内外 ■花色:淡紅紫色 ■花期:4月下旬~6月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 自然樹形のまま育てます。 花芽のなかった枝は、次年の開花枝として大切に育てます。 植え付け 日陰・半日陰を好みます。 湿り気のある肥沃な酸性土を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 2~3月に寒肥として緩効性化成肥料を、同様のものを9~10月にも施します。 花後に液肥を週1回での割合で2、3回施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:1.0m内外)【No3】2018.1月撮影

ガーデニングショップ四季の里

11,880

筑紫シャクナゲ/ツクシシャクナゲ(和シャクナゲ/日本石楠花)(樹高:1.0m内外)【No3】2018.1月撮影

豪華な花が庭を彩る 薄いピンクの美しい花色が人気の庭木です。 四季の姿 花芽4月~6月に開花します 商品詳細 商品情報/規格 ■ツツジ科ツツジ属 常緑広葉樹 小高木 ■樹高:1.0m内外 ■花色:淡紅紫色 ■花期:4月下旬~6月 用途 シンボルツリー・コンテナ・盆栽 手入れ 自然樹形のまま育てます。 花芽のなかった枝は、次年の開花枝として大切に育てます。 植え付け 日陰・半日陰を好みます。 湿り気のある肥沃な酸性土を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 2~3月に寒肥として緩効性化成肥料を、同様のものを9~10月にも施します。 花後に液肥を週1回での割合で2、3回施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

シャクナゲ 『ヤクシマFCC×プロナム』R1034 B5-4 2018年7月3日撮影です

富士園芸楽天市場店

5,800

シャクナゲ 『ヤクシマFCC×プロナム』R1034 B5-4 2018年7月3日撮影です

詳細 ツツジ科 樹高 約15cm(鉢上・地上部の高さ) 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年7月3日撮影です。 商品説明 昔の品種だと思います。 名前から推測になりますが『ヤクシマシャクナゲ』と海外の原種の『pronum』の交配だと思います。 葉は小さくまとまり葉の裏はヤクシマシャクナゲのような葉があり、なかなか面白い品種だと思います。接木4年目程の株です。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/商品画像:画像2枚目/葉の裏の様子:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】15cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】4-5月 【撮影日】2018年7月3日撮影です。 【商品説明】昔の品種だと思います。 名前から推測になりますが『ヤクシマシャクナゲ』と海外の原種の『pronum』の交配だと思います。 葉は小さくまとまり葉の裏はヤクシマシャクナゲのような葉があり、なかなか面白い品種だと思います。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

久留米ツツジ/ヤクシマ(細葉) 樹高20cm前後 ポット苗

ガーデンタウン

1,274

久留米ツツジ/ヤクシマ(細葉) 樹高20cm前後 ポット苗

植え付け植付は、花が咲いている時を除いて3月から6月上旬、または9月下旬から10月頃が良いです。午前中は日が当たる、腐植質に富んだ水はけのよい場所を選んで、根鉢の倍以上の大きさの植え穴を掘り、腐葉土やピートモスを混ぜて、深植えにならないように植えつけます。 剪定・管理 花が咲いた後、なるべく早く、6月上旬までに行います。翌年の花芽が夏にできるので、夏以降に剪定すると花芽を切ってしまうことになります。枝先から3cm程度に軽く刈り込み、枯れた枝や重なった枝を基部から切り、風通しをよくします。 四季の管理鉢植え、庭植えともに、花後の5月から6月、または株の充実する9月下旬、休眠期の1月に、緩効性化成肥料や固形の油かすを施します。根が細く、地表近くに張るため乾燥に弱いです。夏の暑い時期は土が乾かないよう朝か夕方にたっぷりのお水をあげてください。真夏以外では、土の状態を見て、乾燥していたら水をあげてください。 病害虫大きな被害を及ぼす病気はほとんどありませんが、ハダニ、ツツジグンバイムシ、ベニモンアオリンガ、ハマキムシなどの害虫が発生することがあります。見つけたら早めに駆除します。学名Rhododendron 種別常緑性,落葉性低木 ※植付方法・育て方についてはこのページの下部をご覧ください 日本人に最も親しまれている植物の一つ、ツツジ。数多くの園芸品種が作り出され、ピンクや紅色、白色と花色が豊富で、剪定にも強いため垣根にも利用されています。日本に自生する野生種をもとに改良されているので、日本の気候に合い栽培が簡単で、庭植えでも鉢植えでも育てることができます。

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)5号苗(g7)

千草園芸

1,166

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)5号苗(g7)

18年2月13日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。182cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

ヤクシマシャクナゲ『中斑の斑消え』 R1094 接ぎ木2年 蕾付き 大きさ25cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

富士園芸楽天市場店

1,980

ヤクシマシャクナゲ『中斑の斑消え』 R1094 接ぎ木2年 蕾付き 大きさ25cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 約25cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。 葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色、葉の美しさから国内外のシャクナゲ愛好家の垂涎の的となっています。 本種はその中斑個体でしたが斑がきえ通常の屋久島シャクナゲになってしまいました。中斑個体の葉は丸みを帯びており葉が小さくまとまるため人気です。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.25m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.0m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。 葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色...

斑入りコデマリ ピンクアイス(桜でまり) 3号ポット苗(i4)

千草園芸

540

斑入りコデマリ ピンクアイス(桜でまり) 3号ポット苗(i4)

※写真は見本品です。 写真は18年3月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183bコデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

赤星シャクナゲ(アカボシシャクナゲ)『大岳』R1036 B6-4 2018年7月3日撮影です

富士園芸楽天市場店

2,980

赤星シャクナゲ(アカボシシャクナゲ)『大岳』R1036 B6-4 2018年7月3日撮影です

詳細 ツツジ科 樹高 約25cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年7月3日撮影です。 商品説明 とても丈夫なシャクナゲ『赤星シャクナゲ』の濃色、斑入り個体です。 ※台木の赤星シャクナゲの葉が葉焼けしていますが、上部は元気ですので生育に問題ありません。ご了承のうえお買い求めください。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【花期】4-5月 【樹高】約25cm 【撮影日】2018年7月3日撮影です。 【商品説明】とても丈夫なシャクナゲ『赤星シャクナゲ』の濃色、斑入り個体です。 ※台木の赤星シャクナゲの葉が葉焼けしていますが、上部は元気ですので生育に問題ありません。ご了承のうえお買い求めください。 この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。 時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』R1049 蕾付きです 接木2年目です 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

富士園芸楽天市場店

5,800

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』R1049 蕾付きです 接木2年目です 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 20cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。 開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。本種は御岳山近郊で発見されたといわれるホンシャクナゲの八重咲き個体ですが、八重咲というよりダブル咲き(花びらが2枚重なって咲く)です。 『立山桜』に比べ蕾の付きは良くないですが開花するとダブル咲になる完全八重咲個体です。『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代はまだ接ぎ木技術がなくシャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは幻のシャクナゲといわれなかなか手に入れることができずお値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲシャクナゲ 『御岳牡丹』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.20m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日...

椿(ツバキ)プリンセス雅子(プリンセスマサコ) 4号苗(g5)

千草園芸

864

椿(ツバキ)プリンセス雅子(プリンセスマサコ) 4号苗(g5)

18年2月16日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。182cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

椿(ツバキ) 正義(マサヨシ) 4号苗 (g5)

千草園芸

648

椿(ツバキ) 正義(マサヨシ) 4号苗 (g5)

17年10月25日に入荷。 季節によって状態は変化します。1710d-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

アヅマ系シャクナゲ『只見シャクナゲ 紅色』R1032 B5-2 2018年7月3日撮影です

富士園芸楽天市場店

12,800

アヅマ系シャクナゲ『只見シャクナゲ 紅色』R1032 B5-2 2018年7月3日撮影です

詳細 ツツジ科 樹高 約15cm 葉張り 花期 4-5月 撮影日 2018年7月3日撮影です。 商品説明 福島県と新潟県境の奥只見山系の極狭い地域に生息しアズマシャクナゲと呼ばれておりましたが葉の裏にほとんど毛がなく、地域では古来から別名「只見石楠花」と呼んでいます。アズマシャクナゲとホンシャクナゲか白山シャクナゲの自然交雑により生まれたものかと思います。 本種はその只見シャクナゲの中でもでも花色、咲き方が良いものを選別、接木により増殖したものです。 ※台木の赤星シャクナゲの葉が葉焼けしていますが、上部は元気ですので生育に問題ありません。ご了承のうえお買い求めください。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。【詳細】ツツジ科 【樹高】約15cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】4-5月 【商品撮影日】2018年7月3日撮影です。 【商品説明】福島県と新潟県境の奥只見山系の極狭い地域に生息しアズマシャクナゲと呼ばれておりましたが葉の裏にほとんど毛がなく、地域では古来から別名「只見石楠花」と呼んでいます。アズマシャクナゲとホンシャクナゲか白山シャクナゲの自然交雑により生まれたものかと思います。 本種はその只見シャクナゲの中でもでも花色、咲き方が良いものを選別、接木により増殖したものです。 ※台木の赤星シャクナゲの葉が葉焼けしていますが、上部は元気ですので生育に問題ありません。ご了承のうえお買い求めください。...

ヤクシマシャクナゲ『牛若丸』R1085 接ぎ木2年目 大きさ20cm前後 蕾なし 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

富士園芸楽天市場店

5,800

ヤクシマシャクナゲ『牛若丸』R1085 接ぎ木2年目 大きさ20cm前後 蕾なし 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 約15cm 葉張り 約25cm 花期 5-6月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで 日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色、葉の美しさから国内外のシャクナゲ愛好家の垂涎の的となっています。 本種はその小葉性、矮性種のヤクシマシャクナゲです。数多くあるシャクナゲの品種の中でも特別葉が小さく伸びにくい性質のようです。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】約15cm(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】 【花期】5-6月 【撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで 日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 ヤクシマシャクナゲは樹形や花色...

椿金世界(ツバキキンセカイ)4.5号苗(g5)

千草園芸

972

椿金世界(ツバキキンセカイ)4.5号苗(g5)

※写真は見本品です。 写真は18年7月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 187d-u 送料はS サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を...

椿(ツバキ)冬牡丹 4.5号苗(g5)

千草園芸

1,296

椿(ツバキ)冬牡丹 4.5号苗(g5)

※写真は見本品です。 写真は18年1月12日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 181a 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺す...

椿(ツバキ)玉牡丹(タマボタン) 4.5号苗(g5)

千草園芸

1,296

椿(ツバキ)玉牡丹(タマボタン) 4.5号苗(g5)

※写真は見本品です。 花の写真はラベルです。 実際の色とラベルの色が 多少異なる場合がございます。 18年2月22日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 182d ●玉牡丹(タマボタン) 花は、鮮紅色地に白の糸覆輪。 千重~牡丹咲き、中輪。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ)4.5号苗(g5)

千草園芸

918

椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ)4.5号苗(g5)

※写真は見本品です。 18年1月9日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 181a-u 花期:12月~3月 細くて長い花びらは、筒状の形を長く崩さないので茶花として多く利用されているワビスケツバキのひとつです。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

送料無料
ロドレイア/ロドレイヤ(シャクナゲモドキ)(樹高:2.4m内外)2016.11月撮影

ガーデニングショップ四季の里

39,960

ロドレイア/ロドレイヤ(シャクナゲモドキ)(樹高:2.4m内外)2016.11月撮影

エキゾチックな花が魅力的♪ 紅色の花を咲かせ柔らかい常緑の丸い葉が印象的なロドレイアはガーデニングや洋風庭園にはピッタリの常緑樹です。 3月中旬頃から4月下旬まで、次々と美しい花を咲かせていきます。 冬場が-5℃以下になる所では、枝枯れをする事があります。 四季の姿 下垂れの蕾がユニーク 3月~5月に花を咲かせます 光沢のある葉 商品詳細 商品情報/規格 ■マンサク科シャクナゲモドキ属(ロドレイア)常緑広葉樹 小高木 ■樹高:2.4m ■花色:ローズレッド(濃赤) ■花期:3月~5月 用途 シンボルツリー(庭植え)・鉢植え・切り花 手入れ 刈り込みに強いですが、剪定せずに放任しても美しい大株に育ちます。 開花期が終わったら剪定を行い形を整えます。剪定は7月下旬以降が適期です。 植え付け 日光を好みます。西日が強く乾燥する場所より半日陰程度の方が生育が良いです。 水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 年に一度、冬期(1月頃)に有機質肥料を与えます。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(関東以南~) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

藪椿(ヤブツバキ)ときひめ4.5号苗(g7)

千草園芸

1,620

藪椿(ヤブツバキ)ときひめ4.5号苗(g7)

写真は、17年10月13日。 木の状態は、季節により変化します。 1710bツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。...

斑入り山吹(ヤマブキ)吹雪錦 4.5号苗(J9)

千草園芸

1,296

斑入り山吹(ヤマブキ)吹雪錦 4.5号苗(J9)

※写真は見本品です。 写真は18年3月9日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a 白と黄色の花を咲き分けます。(木が小さいうちは咲き分けの性質が現れにくいのですが、大きくなるとはっきり現れます。)葉には少しだけ白腑が入ります。 学名 Kerria japonica"Fubuki nishiki" 成木の樹高 1~2m 栽培適地 北海道~九州 開花期 4~5月ヤマブキ (分類):バラ科ヤマブキ属(本種のみの一属一種)の落葉低木 (学名):Kerria japonica (L.) (原産):北海道~九州の低山・中国 春に黄色の花を咲かせる低木で、ランナーで増殖します。庭の脇役として植えられます。 山地の明るい傾斜地に自生し、株立ち状に育つ元気な樹木です。 近縁種にはシロヤマブキ(Rhodotypos scandens(Thumb.) Makino)があります。 こちらは名前はよくにていますが、別の属に分類されるものです。純白の花はきれいです。 下はシロバナヤマブキ。クリーム色の山吹です。 (植え付け) 落葉期の移植が適していますが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて、腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植え終えた後は支柱を立てて固定してください。 ↑開花期の状態。鮮やかな八重咲き黄色花です。

シャクナゲ 『袴咲』R1130 B 接ぎ木1年目 蕾なし? 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。台木の葉や昨年の葉は傷んでいる可能性がありますが生育には問題ありませんが気になる方...

富士園芸楽天市場店

3,980

シャクナゲ 『袴咲』R1130 B 接ぎ木1年目 蕾なし? 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。台木の葉や昨年の葉は傷んでいる可能性がありますが生育には問題ありませんが気になる方...

詳細 ツツジ科 樹高 20cm前後 葉張り 花期 5-6月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 ヤクシマシャクナゲの交配種でダブル咲品種です。ヤクシマシャクナゲの葉の裏のように毛がたくさんあります。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.20m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】 昔、新潟県のシャクナゲの珍品を多く取り扱う業者様より譲りうけたものです。『袴咲』ということで譲り受けました。ダブル咲まではいかない咲き方をします。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします。時期によって状態が変わりますので撮影日時を確認してから注文してください。

ヤクシマシャクナゲ『小葉性』R1074 接木2年目 蕾なし 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

富士園芸楽天市場店

3,980

ヤクシマシャクナゲ『小葉性』R1074 接木2年目 蕾なし 大きさ20cm前後 商品画像は2018年8月上旬撮影です。

詳細 ツツジ科 樹高 20cm前後 葉張り 花期 4-5月 撮影日 商品画像は2018年8月上旬撮影です。 商品説明 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。花色は咲き始めは薄いピンク色で満開になるころには色が抜け白くなります。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。 小葉性のヤクシマシャクナゲです。極小葉とのことですが『牛若丸』に比べ葉は大きめです。矮性種でコンパクトに育ちます。蕾の付きも大変良いです。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。画像1枚目/葉の様子:画像2枚目/商品画像 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.20m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】m 【花期】4-5月 【撮影日】商品画像は2018年8月上旬撮影です。 【商品説明】 鹿児島県屋久島の標高1500m以上の高地にだけ野生するのシャクナゲで、日当たりの良いミズゴケの生える湿原や岩間に点々と群落を形成しています。花色は咲き始めは薄いピンク色で満開になるころには色が抜け白くなります。葉は披針形で光沢のある濃緑色、新葉は両面に淡褐色の綿毛に被われて美しく、表面の毛はやがて脱落し、裏面の毛は厚く密生して残り、葉縁は葉の裏側に反り返ります。...

花木 庭木の苗/ロドレイヤ(シャクナゲモドキ):ヘンリー樹高1.5m葉張り0.6m根巻きまたは地中ポット

園芸ネット プラス

16,027

花木 庭木の苗/ロドレイヤ(シャクナゲモドキ):ヘンリー樹高1.5m葉張り0.6m根巻きまたは地中ポット

大型花木 庭木の苗/ロドレイヤ(シャクナゲモドキ):ヘンリー樹高1.5m葉張り0.6m根巻きまたは地中ポット 【大型送料商品】ロドレイヤは3~4月にローズレッドの花を下向きに咲かせる常緑花木です。葉は光沢のある滑らかな革質葉、花が枝先に集まって咲く雰囲気や樹性がシャクナゲに似ているので、和名は「シャクナゲモドキ」。強健で栽培容易です。庭木におすすめ。中国原産。タイプ:マンサク科の耐寒性常緑低木栽培適地:北海道南部以南樹高:2~3m開花期:3~4月植え付け適期:10~3月日照:日向または半日陰むき用途:庭植え、鉢植え栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に腐葉土をたっぷり施して植えてください。やや盛り土気味に植え付け、根元はピートモスなどで覆って乾燥防止してください。剪定は可能ですが、自然樹形のままのほうがきれいにまとまります。花芽分化は7~8月なので、この頃以降はなるべく枝を切らないようにしてください。肥料は、1~3月に寒肥として根元に腐葉土などを施し、花後の5月、7月下旬から8月上旬、10月にそれぞれ追肥として緩効性化成肥料を施してください。樹高は入荷時期により多少変動いたします。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・日曜祝日指定・時間帯指定(ただし、地域により午前・午後のご指定はお受けできる場合がございます)・メッセージカードの添付・代金引換決済■お届け地域について ・北海道へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。沖縄・離島へのお届けはできません。 ロドレイヤ(シャクナゲモドキ):ヘンリー樹高1.5m葉張り0.6m根巻きまたは地中ポット の栽培ガイド屋上とベランダでのガーデニング その2 植栽の実際花木...

スポンサーリンク
スポンサーリンク