メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山野草」検索結果。

山野草の商品検索結果全652件中1~60件目

原種シクラメン コウム紫系 【山野草】

ファーム フローラル

1,680

原種シクラメン コウム紫系 【山野草】

花の色はわかりませんが原種だけに 暑さ寒さに非常に強く育てやすいです。 ホント可愛らしい花をつけるので楽しみです。 基本的に鉢栽培の場合は年間を通して室外です。 出来れば雨風の直接あたらない場所が良い。気温が30度を超えるようになる ゴールデンウィークあたりには(暑くなり始めるたら)徐々に遮光をするか、 半日陰に移動する。木の下等。 週に2〜3回程度用土が乾き始めたら、たっぷりと与える。 ※用土の配合にもよるので、一概には言えない。葉が黄色くなり、 暑くなり始めるたら徐々に休眠し始めるので、徐々に水やりを 控えて乾かし気味にする。 5月中旬ごろ完熟したタネを採種し、徐々に休眠に入るので 黄色くなった枯れ葉を取り除く。原種シクラメンは ほとんど肥料を必要としないが、植替えを行ってない鉢などは この時期にハイポネックス1000倍などを水代わりに与えると良い。 アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ、ハマキムシなどが発生したら捕殺し 、害虫にあった薬を散布して害が広がらないように注意する。 ※完熟したタネは茶色くなり、やがて袋が割れる。 特にこの時期、鉢植えのものは雨が直接当たらない 風通しの良い半日陰に移動する。軒下や、木の根元など比較的良い。 乾き気味で管理するが、乾かし過ぎない程度に水を控えめに 週1回程度与える。鉢の中の温度を上げないという意味で、 夕方さっと湿らす程度の潅水するのが良い。水のやり過ぎよりは、 やらな過ぎのほうがこの時期は良い。 枯れた葉をていねいに取り除き整理をする。 ほとんどの種類が休眠中なので鉢が小さくなった株や、 鉢を替えたい場合はこの時期に植替える。 花、葉が動き出す時期なので、徐々に慣らすように遮光を外したり、 明るめの場所に移す。特にこの時期に葉が展開する種は 間延び(萌やし)しないように、少々暑くても...

山野草の苗/ツワブキ:銀月(ギンゲツ)5号ポット

園芸ネット プラス

1,602

山野草の苗/ツワブキ:銀月(ギンゲツ)5号ポット

葉が白くなる小型な石蕗山野草の苗/ツワブキ:銀月(ギンゲツ)5号ポット銀月(ギンゲツ)は葉が白くなる葉芸をもつやや小型の品種です。ツワブキは日本人にはなじみの深い定番品種です。清楚で落ち着いた感じの花を咲かせます。丈夫で日陰の植栽に向き、玄関わきや樹陰を明るく彩り、秋の庭では貴重な花となります。つやのある大きく丸い葉が一年中青々として、コンパクトな室内観葉植物としても楽しめます。葉模様の美しさをお楽しみください。タイプキク科の耐寒性常緑宿根草開花期10〜12月草丈約40〜60cm花径3cm植付け適期春または秋栽培方法:丈夫で栽培しやすい植物ですが、最も適しているのは水はけのよい腐植質に富んだ半日陰です。耐寒性、耐暑性とも強く、寒冷地以外なら一年中美しい葉を楽しめますが、夏の強光で葉焼けを起こすことがありますので注意してください。4〜5年に一度植え替えをしてください。株分けまたは種まきにより殖やすことができます。ご注意:ツワブキの葉芸についてツワブキは古典植物のひとつとして、江戸時代からその変異種が収集栽培されてきました。品種により葉芸(斑や葉の変形などの品種特性)の出現する季節が異なり、年間を通して葉芸が楽しめるものもあれば、限られた季節のみに出現するものもあります。春と秋では葉芸が異なる品種もあります。また、ツワブキの芸は株が小さいときや力がないときは表れにくく、株が充実するとはっきり表れます。苗の大きさやお届け時期により状態が異なりますので、ご了承ください。5号(直径15cm)ポット植えです。写真はイメージです。ツワブキは冬季、古葉を切り取ってご発送する場合がございます。春になると美しい新芽が出てきます。ツワブキ:銀月(ギンゲツ)5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 素掘り苗2株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,544

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 素掘り苗2株

商品名:サンカヨウ(さんかよう) 和名:山苛葉 学名:Diphylleia grayi 花言葉:親愛の情 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 【雨の日が楽しみになるガラス花】 最近テレビで紹介されることが多くなり、ジワジワとファンが増えているサンカヨウ。通常は白いお花ですが、朝露や小雨が半日以上降り続いた時に花びらが透けてガラスのように透明になります。神秘的な美しさです。 写真はまだ半透明ですがもう少しねばったら透明な写真が撮れたはず・・・。サンカヨウのガラス花の写真をお客様に見て頂きたく、雨上がりの朝や小雨が降り続いた日にカメラを持って走り回ったのですがこれが限界でしたm(__)m 北海道から本州中部以北のやや湿り気がある場所に自生しています。茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個咲かせます。花後、ブルーベリーのような濃い青紫色で白い粉を帯びた美しい実をつけます。この実は食用にもなります。食べてみましたが少し酸味のある甘さでした。 ●分類 メギ科サンカヨウ属 ●分類 多年草 ●草丈 30〜70cm ●開花時期 4〜6月(実は花後約1〜2か月後に付きます) ●管理場所 半日陰 ※西日は嫌います ●育て方 湿気があり涼しい場所がお気に入りです。西日は嫌うので朝日があたり午後は日陰になるような場所、または木漏れ日が射すような落葉樹の木陰などを選び植え付けをお願いします。鉢植えの場合も同様に、西日が当たらない場所で管理をお願いします。 用土は黒土または山野草培土。庭上の場合、庭土が固いようでしたら、耕し鹿沼土を混ぜ込むとなおいいでしょう。 寒さには強く、暑さには弱いです。蕗に似た大きな葉を広げるので水切れのないよう気を付けます。庭植えの場合は、植えつけ1週間ほどは朝か夕方にたっぷり水やりをし...

スポンサーリンク
スポンサーリンク