メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「オキザリス球根」検索結果。

オキザリス球根の商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

リアトリス コボルト 2球入【春植球根】サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

486

リアトリス コボルト 2球入【春植球根】サカタのタネ【野放し球根】

別名ユリアザミともいい、細い茎の先に穂状の小さな花をたくさん咲かせます。 一般に穂状に開花させる植物は、普通下から上へ開花しますが、リアトリスは上から下へと開花します。 ・科名:キク科 ・草丈:40〜60cm/性質:耐寒性塊茎 ・生産地…オランダ/原産:北アメリカ ・植えつけ期…9〜10月/開花期…4〜5月 ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…有機質に富んだ水はけのよい土 ◆植える◆ 耐寒性があり、栽培も容易なので土地は選びません。 日当たりがよく、保水性と排水性のある場所に植えます。植え付ける前によく耕し、腐葉土や堆肥などの有機質と、緩効性肥料(ゆっくりと長く効く肥料)をよく混ぜます。15〜20cm間隔で深さ10cmに植え付けます。 球根が乾きやすいため、植え付けは早めに行います。 ◆育てる◆ 生育中はアブラムシが付きやすいので、見つけ次第殺虫剤を散布します。 株が込んできたら、10月頃に株分けをして植えなおします。 ◆楽しむ◆ 実生でも栽培が可能です。タネは5〜6月にまき、秋まで苗で育ててから10月頃に定植します。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないで下さい。 球根の肥料はこちらから

ゼフィランサス 10球入ピンク&ホワイト 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

443

ゼフィランサス 10球入ピンク&ホワイト 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

★ゼフィランサスは高温と乾燥が続いた後、 雨が降ると一斉に開花するので別名レインリーとも呼ばれています。 ★桃・白・黄などのバリエーションが豊富で強健で人気の高い球根です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…インド ・植えつけ期…3月〜5月/ 開花期…9〜10月頃 断続的に開花します ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

ゼフィランサス 10球入たますだれ 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

443

ゼフィランサス 10球入たますだれ 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

★ゼフィランサスは高温と乾燥が続いた後、 雨が降ると一斉に開花するので別名レインリリーとも呼ばれています。 ★桃・白・黄などのバリエーションが豊富で強健で人気の高い球根です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…タイ・インド ・植えつけ期…3月中頃〜5月中頃/ 開花期…9〜12月頃 断続的に開花します ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

ゼフィランサス 10球入シトリナ 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

443

ゼフィランサス 10球入シトリナ 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

★ゼフィランサスは高温と乾燥が続いた後、 雨が降ると一斉に開花するので別名レインリーとも呼ばれています。 ★桃・白・黄などのバリエーションが豊富で強健で人気の高い球根です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…インド ・植えつけ期…3月〜5月/ 開花期…9〜10月頃 断続的に開花します ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

ゼフィランサス 10球入ロゼア 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

443

ゼフィランサス 10球入ロゼア 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

★ゼフィランサスは高温と乾燥が続いた後、 雨が降ると一斉に開花するので別名レインリーとも呼ばれています。 ★桃・白・黄などのバリエーションが豊富で強健で人気の高い球根です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:10〜15cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…インド ・植えつけ期…3月〜5月/開花期…8〜9月頃 ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

ゼフィランサス 10球入カリナータ 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

443

ゼフィランサス 10球入カリナータ 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

★ゼフィランサスは高温と乾燥が続いた後、 雨が降ると一斉に開花するので別名レインリーとも呼ばれています。 ★桃・白・黄などのバリエーションが豊富で強健で人気の高い球根です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…インド ・植えつけ期…3月〜5月/開花期…6〜10月頃 ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

ゼフィランサス 10球入ピンク&イエロー 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

443

ゼフィランサス 10球入ピンク&イエロー 春植球根サカタのタネ【野放し球根】

★ゼフィランサスは高温と乾燥が続いた後、 雨が降ると一斉に開花するので別名レインリーとも呼ばれています。 ★桃・白・黄などのバリエーションが豊富で強健で人気の高い球根です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…インド ・植えつけ期…3月〜5月/ 開花期…9〜10月頃 断続的に開花します ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

ハブランサス チェリーピンク 7球入春植球根 サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

486

ハブランサス チェリーピンク 7球入春植球根 サカタのタネ【野放し球根】

ゼフィランサスと似た性質を持ちますが、ゼフィランサスの花茎が直立し上向きに花を付けるのに対して、ハブランサスの花茎はしなやかに曲がり、横向きに複数の花を咲かせるのが特徴です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米/生産地…タイ ・植えつけ期…3月中頃〜5月中頃 ・開花期…6月中頃〜10月頃 断続的に開花します ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合10〜15cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ アマリリスに似たかわいらしい小さいな花を咲かせます。 1つの花の開花時期は3〜6日程度ですが、初夏から秋にかけ何回か花茎があがってくるので長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

【花球根】ゼフィランサス 混合 10球入

Ivy

409

【花球根】ゼフィランサス 混合 10球入

コメント: 植えっぱなしでよく増え、花壇の縁取りなどに最適です。 丈夫で手間もかかりません!ロックガーデンに最適で、夏花壇に涼しさを与えてくれます。 学名、科名: Zephyranthes ヒガンバナ科ヒガンバナ亜科タマスダレ属 英名: Pink Rain lily 種類: 多年草 別名: レインリリー、サフランモドキ 和名: 玉簾(タマスダレ) 草丈: 10〜20cm 花色: 黄、桃、白の混合 用途: 花壇、プランター、鉢 植え付け時期: 3月〜6月 開花時期: 6月〜10月 発芽適温: 発芽日数: 植え付けの深さ: 2〜3cm 開花までの日数: 花言葉: 「汚れなき愛」「潔白な愛」「清純な愛」「期待」「便り」 生産地: 内容量: 10球入り 植え方: ●プランター植え 市販の培養土を使い、元肥をしっかり混ぜます。 表面の土が乾いたら水やりを忘れずに。 ●花壇植え 陽の良く当たる場所を選びます。 植え付け場所は良く耕し、元肥をしっかり混ぜます。 花後、葉が枯れたら球根を掘り下げて貯蔵するか、植えたままでは霜除けが必要です。 育て方: 表面の土が乾いたら水やりを忘れずに行ないましょう。 草丈や花時期、色あいを考え、草花や球根との混植もオススメです。 密植して花壇の縁取りや前景用などに最適です。 備考: ・この球根を食べたり、動物等に与えないで下さい。 ・輸送中に球根の傷みなどが発生する場合があったり、 厚さの規定等の理由がありますので、球根は基本的にメール便での発送をお断りしております。 ・球根によっては薬剤処理加工している場合もございます。植え込み後は手を良く洗ってください。 ・球根は商品到着後すぐに開封して風通しのよいところで保管してください。 ・植え付け後の栽培条件、天候などにより結果が異なります。 ...

ゼフィランサスプレミアムハイブリッドピンクビーチ 5球サカタのタネ【野放し球根】

花まるマーケット

519

ゼフィランサスプレミアムハイブリッドピンクビーチ 5球サカタのタネ【野放し球根】

従来のゼフィランサスとは違い、天候に左右されずに安定して開花するハイブリッド(交配種)です。 ・科名:ヒガンバナ科 ・草丈:15〜20cm/性質:半耐寒性球根 ・原産地…中南米 ・植えつけ期…3月〜5月/開花期…8〜10月頃 ・用途…鉢植え 花壇 ・用土…保水性、排水性のある土 ◆植える◆ 霜が降りなくなる3月〜5月頃の植え付けが適期です。 保水性と排水性があり日当たりがよい場所を選びます。 土は多少湿り気があるものを好み、乾燥が続くと花が咲きにくくなります。 肥料は少なめに与えます。植え付け時に1球ずつ植えるのではなく、1か所に4〜5球植えると見栄えがします。 花壇植えの場合15〜20cm間隔で深さ3〜5cmに植え付けます。 鉢植えの場合は15cm鉢に4〜5球密植えとします。 ◆育てる◆ 開花の始まる梅雨明けから秋にかけては、乾燥しすぎないように水を十分与えます。 球根は前年に出た根が活動している間に、新しい根が出る性質があります。 このため、毎年球根を掘り上げると根を傷め花が咲かないことがあるので、数年間植えたままにします。 ◆楽しむ◆ 花1輪1輪は3日程度しかもちませんが、初夏から秋にかけて、ひとつの球根から何回か茎が上がってくるので、長期間楽しむことが出来ます。 忘れたころに一斉に開花するので花壇がにぎやかになります。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。 ※本種は観賞用ですので球根や栽培した植物を食用・飼料用に使用しないでください。 球根の肥料はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク