メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「利休梅」検索結果。

利休梅の商品検索結果全6件中1~6件目

【現品】リキュウバイ(利休梅) 苗木 株立ち 樹高1.6m 101950

千草園芸

17,600

【現品】リキュウバイ(利休梅) 苗木 株立ち 樹高1.6m 101950

※落葉期につきましては葉を無くした状態での発送となります。写真の商品をお送りします。 写真は、21年10月19日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.6mです。 季節によって状態は変化します。2110d-u利休梅(リキュウバイ) 【分類】バラ科ヤナギザクラ属の落葉中低木 【学名】Exochorda racemosa 【原産】中国揚子江下流域 【開花期】4〜5月 【別名】マルバヤナギザクラ、パールブッシュ 【最高樹高】4〜5m ●利休梅の特徴● 春に白い一重の花を咲かせる丈夫な落葉樹で、庭の脇役として、また茶花としてもよく使用されます。 小さいうちは軸が立ち上がりますが、ある程度大きくなるとたれてくる枝ができ、茶花として利用できます。 古くから茶花として広められてきた背景から、「利休梅」と名づけられたのが由来とされています。 滋賀県大津市内で。4月18日 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えつけ後は支柱を立てて固定してください。 下は大きく育ったリキュウバイです。

【選べる現品】リキュウバイ(利休梅) 株立ち 樹高1.2m~1.3m

千草園芸

8,800

【選べる現品】リキュウバイ(利休梅) 株立ち 樹高1.2m~1.3m

※落葉期につきましては葉を無くした状態での発送となります。番号の商品をお送りします。 21年10月19日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.2m~1.3mです。 2110d-u 木の状態は季節によって変化いたします。利休梅(リキュウバイ) 【分類】バラ科ヤナギザクラ属の落葉中低木 【学名】Exochorda racemosa 【原産】中国揚子江下流域 【開花期】4〜5月 【別名】マルバヤナギザクラ、パールブッシュ 【最高樹高】4〜5m ●利休梅の特徴● 春に白い一重の花を咲かせる丈夫な落葉樹で、庭の脇役として、また茶花としてもよく使用されます。 小さいうちは軸が立ち上がりますが、ある程度大きくなるとたれてくる枝ができ、茶花として利用できます。 古くから茶花として広められてきた背景から、「利休梅」と名づけられたのが由来とされています。 滋賀県大津市内で。4月18日 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えつけ後は支柱を立てて固定してください。 下は大きく育ったリキュウバイです。

花木 庭木の苗/リキュウバイ(利休梅)4〜4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,399

花木 庭木の苗/リキュウバイ(利休梅)4〜4.5号ポット

清楚な純白の花花木 庭木の苗/リキュウバイ(利休梅)4〜4.5号ポット利休梅は桜のあとに咲き始める花木で、枝先に10個ほどの純白の花を穂状につけ、株全体が花で覆われ美しい品種です。清楚な白花はどんな庭にも調和し、ほかの植物を引き立ててくれます。比較的低木なので狭い庭での栽培にも適しています。数株をまとめて植えると見栄えがします。シンボルツリーとしてもおすすめです。タイプ:バラ科の耐寒性落葉低木開花期:4月半ば〜5月半ば樹高:5m植付け適期:11月〜3月栽培適地:東北地方以南日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい、土壌が肥えた場所を選びます。植え穴を大きめに掘り、腐葉土バケツ1杯とや化成肥料を堀土に混ぜて底に敷き、少し肥料の入っていない土を重ね、その上に植えます。竹などで支柱を立てて幹の途中を数箇所結束します。植付け後は水をたっぷり与えて根と土を密着させます。樹形を小型に保ちたい場合は花後に剪定してください。春先や夏場の乾燥する季節には水遣りしてください。寒肥として、2月に根元に粒状化成肥料を施します。花後と7月ころにも同様に施すと花つきが良くなります。お届けする苗は4〜4.5号(直径12〜13.5cm)ポット植え、樹高約30〜50cmです。樹高につきましては入荷時期により変動することがあります。夏以降は葉がきれいでない状態の場合がございます。冬季は落葉の状態でのお届けとなります。 写真は成長時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合がございます。

送料無料
☆送料無料☆ 庭木:利休梅(リキュウバイ)* 大株良品!樹高:約160cm 佐川急便大型商品発送!

遊恵盆栽 楽天市場店

12,000

☆送料無料☆ 庭木:利休梅(リキュウバイ)* 大株良品!樹高:約160cm 佐川急便大型商品発送!

商品情報 樹種:りきゅうばい 撮影日:4月 落葉低木樹。 4月頃に真っ白な花が咲きます。茶花として人気の樹種です。*根巻き(ポット無)でのお届けとなります。 *数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高(根鉢を含まない):約160cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 送料無料!佐川急便発送 大型植木サイズ (※北海道・沖縄県は配送できません。) よくあるご質問 ラッピングはできますか? メッセージカードは付きますか? 配達日時指定はできますか? ×申し訳ございません。 ラッピング無しでも心を込めて、綺麗に包装いたします! ○無料で定型カードかオリジナルメッセージのいずれかをお選びいただけます。 ×大型ヤマト便配送となりますので、日時指定をお受けできません。ご了承くださいませ。 送り主を連名にできますか? 複数個の場合、送料はどうなるの?...

■良品花木苗■利休梅リキュウバイ4号ポット植え

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

880

■良品花木苗■利休梅リキュウバイ4号ポット植え

清楚な花を圧倒されるほど咲かせる! ■ 形状・サイズ他 高さ およそ30c〜40m Φ12cmポット苗 ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。 離島など一部お届けできない地域があります。 ■ 備考 入荷時期により、樹形、樹高等に個体差があります。 季節により葉のボリュームに差があります。 画像は標準的な株です。 秋〜冬季は紅葉・落葉しています。 屋外で栽培しているため葉の擦れ等ございます。 別名バイカシモツケ。茶花として広く知られる利休梅。春にに4cmほどの梅に似た形の小さな花を咲かせます。新緑のやわらかい陽光に映える白い花を、芽吹きとともに咲かせます!満開時には咲く姿は、圧倒されるほどにもかかわらず、清楚、控えめで品のある雰囲気。鉢植えに、切り花に、庭のシンボルツリーとして、洋風な庭にもよく映える貴重な花木です!強健で育てやすい木です。 育て方 開花時期は4月〜6月。日当たり〜半日蔭のところに植えてください。水はけのよいやや湿り気のある土を好みます。定植する場合は土をくずさないようにします。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと。肥料は市販の肥料を花ごと早春に適量与えてください。庭植えの場合には肥料はほとんど与えませんが、1年に1回、1月〜2月に腐葉土などを軽くすき込みます。生育よく強健な品種なので多少強めのせん定でもOKです。実り楽しい果樹 コニファー・庭木 季節の花木 オリーブ グランドカバー 茶花として広く知られる利休梅。満開時には咲く姿は、圧倒されるほどにもかかわらず、清楚、控えめで品のある雰囲気。鉢植えに、切り花に、庭のシンボルツリーとして、洋風な庭にもよく映える貴重な花木です!強健で育てやすい木です。

あす楽
線香 プリザーブドフラワー セット 贈答用 和み お供え ギフト 供花 喪中見舞い 喪中はがき プレゼント お線香 お花 詰め合わせ あす楽

和み仏壇 INABA

4,500

線香 プリザーブドフラワー セット 贈答用 和み お供え ギフト 供花 喪中見舞い 喪中はがき プレゼント お線香 お花 詰め合わせ あす楽

商品名 和み セット内容 プリザーブドフラワー 1個 お線香 1個 ※お選びいただいた1種類を1個お付けします 箱サイズ 高さ136× 横196× 縦130 mm お花サイズ 高さ 約115× 幅 約90 mm ※お花のサイズは個体差があります お線香容器サイズ 高さ 105×直径 65mm お線香燃焼時間 約 20分 (長さ 90mm) お線香は単品もございます さくらの香り 梅の香り 一葉 利休茶「仏壇が有るのかわからないからお線香は・・・」 そんな方々のご要望をいただき、 当店がオリジナルで制作したギフトの品です。 新発売につき 数量限定 送料無料にてお届けいたします お線香 桜、梅、一葉のパッケージが変わりました。とっても可愛らしい 明るいパッケージです。 枯れないお花「プリザーブド フラワー」と 部屋焚き香としても使える「お線香」を詰め合せました。 お線香 4種類(桜、梅、一葉、利休茶)の中からお選びいただき、 のし・包装の仕方をご指定ください。 (無料にて受け賜ります) 今だけお花(プリザーブドフラワー)の一部を変更してます 4つの中から、お好きなお線香をひとつをお選びください 桜のかおり 梅のかおり 一葉 利休茶 ※香皿は付属しておりません(別売り)こちらのお線香は、従来のお線香とはまったく違います。 お部屋の芳香剤としても使える「梅のかおり」「桜のかおり」 香りが少ない方がいいという方には「一葉」 また、ほのかな抹茶の香り「利休茶」 どれも大変人気のあるお線香です 桜 …漢方生薬に十種の花の精油を調香し、桜のように上品で華やかな香りのお線香です。 梅 …漢方生薬七種と梅の実を精製・調香し梅のように爽やかで気品のある香りです。 一葉 …竹炭を配合し作られたお線香。消臭効果もありますので部屋焚き香としてもおすすめです。...

こちらの関連商品はいかがですか?

【現品】 アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高1.6m 110254

千草園芸

26,400

【現品】 アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高1.6m 110254

※写真の商品をお送りします。 21年11月2日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.6mです。 記載の高さに剪定しております。 木の状態は季節により変化いたします。 2111c-uアオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木(雄雌異株) 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【特徴】樹高は普通5m程度ですが、まれに樹高が10m以上太さは50cm程になるようですが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 丈夫で樹形は自然にまとまりやすく、樹皮は滑らか(白っぽいまだら模様ができる)なことからか庭木や公園樹に利用されます。 名前の由来は、雨上がりに樹皮が緑青色になる、枝を水につけておくと水が青を帯びる、 黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用された、青い染料に利用されたことなど諸説ありはっきりしません。 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【現品】ニオイロウバイ(蝋梅) アテネ  苗木 株立ち 樹高1.3m 50802

千草園芸

19,800

【現品】ニオイロウバイ(蝋梅) アテネ 苗木 株立ち 樹高1.3m 50802

写真の商品をお送りします。 写真は21年5月8日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 215b-u メロンやマスカットを思わせる甘い香りのするクロバナロウバイの黄花種で、成木は2mを超えるまでの背丈になります。 普通のロウバイのように太い木にはならず、ランナーで増殖します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 開花期はクロバナロウバイよりも少し早めで4〜5月です。ニオイロウバイ`アテネ' 分類: ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木 学名: Calycanthus floridus L. `Athens' 原産: 北アメリカ南東部原産のクロバナロウバイ(別名:ニオイロウバイ)の園芸種 別名: キバナロウバイ・アテネ、 開花期: 5月〜6月 用途: 庭木、公園樹、生け花等 樹高: 2〜3m 栽培敵地: 北海道南部以南 ニオイロウバイは、クロバナロウバイの園芸種でクロバナロウバイよりも大型で、甘い芳香があるライムグリーンの花を咲かせます。 栽培は容易で、寒さ暑さに強く、毎年よく花をつけます。 クロバナロウバイ属は、4種からなるグループで、北アメリカに分布する落葉低木で、中枢神経麻痺させる有毒植物です。 日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。水はけが悪いと枯れ枝が出たりして生育が良くありません。 中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)に近縁で、近年では両種の属間の交配種もつくられ、流通し始めています。 普通のロウバイのように太い木にはならず、短いランナーで株立ち状に成長します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 ●育て方のポイント● 肥沃で水はけのよい日当たりを好みます。 多少の半日陰でも育ちますが、日陰では花つきが悪くなりがちです。 耐寒性、耐暑性の強く丈夫な植物です...

【現品】姫シャラ(ヒメシャラ) 株立ち 苗木  樹高1.8m 51901

千草園芸

19,800

【現品】姫シャラ(ヒメシャラ) 株立ち 苗木 樹高1.8m 51901

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月6日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 191b-u ヒメシャラ 【分類】ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木 『雌雄同株』 【学名】Stewartia monadelpha 【原産】神奈川県以西の山地、四国、九州 【別名】サルタノキ、コナツツバキ 【用途】庭木、木材、炭等 【開花】4月〜6月 【結実】10月〜11月 【成木】10m〜15m ヒメシャラの由来は、ナツツバキ(シャラノキ)と比べ、葉や花が小さいことから、名づけられたと言われています。ちなみに花の直径は、約2cmでナツツバキの半分です。 特徴としては、木肌が赤褐色で光沢があることから開花の時期以外にも観賞できる庭木として人気です。幹が太くなると百日紅のように模様ができるのに比べてヒメシャラは黄金色のつやが出てきます。 また、主幹がナツツバキと比べ、直立することから、きれいな樹形をしています。 下は滋賀県守山市の少林寺境内のヒメシャラ2016.1.3 ヤクシマには直径が1mを超えるものが林内にそびえています。 ■栽培方法 半日陰〜日当たり、肥沃で湿潤地を好みます。乾燥に弱い面もあるので表土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。夏場が決め手です。 自然樹形を楽しむものですが、そのまましておくと大きくなりますので、適当な位置で芯を止めてもよいでしょう。 花は、前年枝の先につくので、込み枝などの不要枝は、枝の根元から間引いてください。 ★栽培適地:関東以南 (剪定) 本来自然樹形を楽しむ木ですから、余り行いません。伸びすぎた枝や邪魔な枝をカットする程度にとどめます。下に枝を残したい場合は、下まで日が差し込むように上の枝をカットします。余り大きくしたくない場合は上のほうの枝をカットします。 季節は初夏...

【現品】ナギノキ(梛) 特大 株立ち 苗木 樹高1.8m 102551

千草園芸

27,500

【現品】ナギノキ(梛) 特大 株立ち 苗木 樹高1.8m 102551

※写真の商品をお送りします。 ※冬場は寒さの影響により、一時的に葉が一部黄色くなりますが生育に問題はありません。暖かくなると新しい葉が茂ってきます。 ※一部、樹皮がはがれた個所がございますが生育には問題ございません。念のため保護剤を塗布してお送りします。 21年5月11日に撮影しました。 根鉢を除いた地上部の樹高は約1.8mです。 木の状態は季節により変化いたします。2110c-uナギノキ 分類: マキ科マキ属の常緑高木(雌雄異株)学名: Podocarpus nagi Zoll. et Moritz 原産: 日本、台湾別名: チカラシバ、ベンケイノチカラシバ開花期: 5月樹高: 15m栽培敵地: 関東以南 神社の境内などでよく植栽されている木で、つやのある深い緑の葉と堅そうな黒い幹が特徴です。 イチョウと同じ裸子植物に属し、雌雄異株、5〜6月に松の雄花に似た花をつけ、11月ころに粉白色を帯びた丸い実をつけます。 ↑実の写真です。 ナギの木は各地で大切に守られ、大きいものは天然記念物として神社の境内でよく見かけますが、自然の中では見かけません。 奈良の春日大社の境内にあるナギの純林はよく知られていますが、それは古い時代に春日大社へ植えられたものが増えて林になったものではないかと言われています。 このナギの林は他の場所では見られない貴重なものであることから国の天然記念物に指定されています。 古代の植物の性質をそのまま受け継いでいるようで、新芽の成長時の姿などは他の植物には見られないような特徴があります。 「チカラシバ」ともいわれ、葉の繊維がとても強く、引っ張っても簡単には切れないところから 愛し合う男女のあいだを結びつける力になぞらえ、 万葉の女性たちは、ナギの葉をしのばせ、愛する人との縁が切れないように願ったそうです。...

【現品】ヤツデ  苗木 株立ち 樹高1.6m 909

千草園芸

14,300

【現品】ヤツデ 苗木 株立ち 樹高1.6m 909

※写真の商品をお送りします。 21年4月7日に撮影。 根鉢を除いた樹高は約1.6mです。 木の状態は季節によって変化いたします 214a-uヤツデ 分類: ウコギ科ヤツデ属の常緑低木学名: Fatsia japonica原産: 本州の福島より南〜沖縄別名: テングノハウチワ 開花期: 11月〜12月樹高: 2〜3m栽培敵地: 東北地方北部以南 葉の特徴的な姿から、テングノハウチワの別名があります。 手のような大きな葉が人を招く「千客万来」の縁起を担いで玄関先や門の脇によく植えられます。 ヤツデ(八手)の「八」は末広がりで縁起の良い文字でもあることからも縁起のよい木とされてきました。 生育環境にはよく適応し日当たりでも育ちますが、日の当たらない日陰でもよく育つので、日陰の庭にも植えられます。 冬に白い花を枝先にたくさん咲かせ、春に実が付きます。 ●育て方のポイント● 湿った場所でよく育ちますが、水はけの悪い停滞水は根グサレを起こすので水はけのよい環境で育てます。乾燥しない肥沃な土壌を好みます。 耐暑性にも耐寒性にもつよく氷点下5度程度までは耐えます。 日当たりでも日陰でもよく育ちますが、日陰で管理したものを直射に当てると黒く葉やけを起すので鉢植では日陰で管理したほうがよいでしょう。 病害虫 害虫ではロウムシ(カイガラムシ)が発生することがあります。 病気はあまり見られませんが「ヤツデそうか病」が発生することがあります。3月〜4月の新葉が展開する季節に葉や茎にかさぶた状の斑点が生じるもので、土の中の糸状菌から雨滴の飛沫により伝染するもので、土跳ねをなくすようにマルチングをすることで予防します。発生した場合は病犯部を取り除き殺菌剤を噴霧します。 その他まれになる病気 ・「黄色紋羽病」 若木や苗木の地上部が急にしおれ、...

【現品】 クロモジ(黒文字) 苗木 樹高1.3m 株立ち 112953

千草園芸

20,350

【現品】 クロモジ(黒文字) 苗木 樹高1.3m 株立ち 112953

※写真の商品をお送りいたします。 21年11月29日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.3mです。 木の状態は季節によって変化いたします 2111e-u クロモジ(黒文字) (分類) クスノキ科クロモジ属の落葉中低木 (学名) Lindera umbellate (原産)本州〜九州の低山 (成木の樹高)約3m (栽培適地)東北地方以南 (利用)庭木(シンボルツリー)など。紅葉、花 まだ花の少ない春先に黄色い花を咲かせ、森を彩ります。 上左は雄花、右は雌花です。4月15日、大津市荒川近くです。 花を観賞するほか、立性で樹形を形成する性質から、渋い庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな新緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます 下は滋賀県大津市で11月19日 ■植え付け 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物です。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。 必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ■移植 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、 秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です ■剪定 本来自然樹形を楽しむ木ですから、剪定は行わないほうが良いです。 伸びすぎた枝や邪魔な枝をカットする程度にとどめます。時期は落葉期または初夏に行います。

【選べる現品】 アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高1.4m

千草園芸

18,150

【選べる現品】 アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高1.4m

※写真の商品をお届けいたします。番号でお選びください。 写真は21年11月2日に撮影。 記載の高さに剪定しております。 木の状態は季節によって変化いたします 2111a-uアオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木(雄雌異株) 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【特徴】樹高は普通5m程度ですが、まれに樹高が10m以上太さは50cm程になるようですが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 丈夫で樹形は自然にまとまりやすく、樹皮は滑らか(白っぽいまだら模様ができる)なことからか庭木や公園樹に利用されます。 名前の由来は、雨上がりに樹皮が緑青色になる、枝を水につけておくと水が青を帯びる、 黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用された、青い染料に利用されたことなど諸説ありはっきりしません。 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【選べる現品】 アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高1.5~1.6m

千草園芸

25,300

【選べる現品】 アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高1.5~1.6m

※写真の商品をお届けいたします。番号でお選びください。 写真は21年11月2日に撮影。 記載の高さに剪定しております。 木の状態は季節によって変化いたします 2111a-uアオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木(雄雌異株) 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【特徴】樹高は普通5m程度ですが、まれに樹高が10m以上太さは50cm程になるようですが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 丈夫で樹形は自然にまとまりやすく、樹皮は滑らか(白っぽいまだら模様ができる)なことからか庭木や公園樹に利用されます。 名前の由来は、雨上がりに樹皮が緑青色になる、枝を水につけておくと水が青を帯びる、 黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用された、青い染料に利用されたことなど諸説ありはっきりしません。 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【現品】ジューンベリー ロビンヒル(ピンク) 苗木 本株立ち 樹高1.8m 806

千草園芸

28,600

【現品】ジューンベリー ロビンヒル(ピンク) 苗木 本株立ち 樹高1.8m 806

写真の商品をお送りします。 21年11月4日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.8mです。 木の状態は季節により変化いたします。215b-uジューンベリー ロビンヒル 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier x grandiflora 'Robin Hill' 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 【落葉期】10月〜4月 ●希少品種の桃花種「ロビンヒル」● ジューンベリーでは非常に珍しい待望の桃花種の登場です。 桃色のつぼみから咲き進むにつれて淡い桃色、白へと変化していきます。 花、果実、紅葉と季節ごとに楽しませてくれるすばらしい樹木です。 開花期は4〜5月で樹形は立性。高性種です。 まれに秋にも花を咲かせることがありますが、季節はずれに咲く花はなぜかピンクにはなりません。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。...

【現品】姫シャラ(ヒメシャラ) 苗木 株立ち 特大  樹高1.9m 50803

千草園芸

22,000

【現品】姫シャラ(ヒメシャラ) 苗木 株立ち 特大 樹高1.9m 50803

※写真の商品をお送りします。 写真は21年11月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111b-uヒメシャラ 【分類】ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木 『雌雄同株』 【学名】Stewartia monadelpha 【原産】神奈川県以西の山地、四国、九州 【別名】サルタノキ、コナツツバキ 【用途】庭木、木材、炭等 【開花】4月〜6月 【結実】10月〜11月 【成木】10m〜15m ヒメシャラの由来は、ナツツバキ(シャラノキ)と比べ、葉や花が小さいことから、名づけられたと言われています。ちなみに花の直径は、約2cmでナツツバキの半分です。 特徴としては、木肌が赤褐色で光沢があることから開花の時期以外にも観賞できる庭木として人気です。幹が太くなると百日紅のように模様ができるのに比べてヒメシャラは黄金色のつやが出てきます。 また、主幹がナツツバキと比べ、直立することから、きれいな樹形をしています。 下は滋賀県守山市の少林寺境内のヒメシャラ2016.1.3 ヤクシマには直径が1mを超えるものが林内にそびえています。 ■栽培方法 半日陰〜日当たり、肥沃で湿潤地を好みます。乾燥に弱い面もあるので表土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。夏場が決め手です。 自然樹形を楽しむものですが、そのまましておくと大きくなりますので、適当な位置で芯を止めてもよいでしょう。 花は、前年枝の先につくので、込み枝などの不要枝は、枝の根元から間引いてください。 ★栽培適地:関東以南 (剪定) 本来自然樹形を楽しむ木ですから、余り行いません。伸びすぎた枝や邪魔な枝をカットする程度にとどめます。下に枝を残したい場合は、下まで日が差し込むように上の枝をカットします。余り大きくしたくない場合は上のほうの枝をカットします。 季節は初夏...

【現品】ジューンベリー 株立ち 特大 苗木 樹高1.8m 102683

千草園芸

17,600

【現品】ジューンベリー 株立ち 特大 苗木 樹高1.8m 102683

写真の商品をお送りします。 写真は21年10月26日に撮影しました。季節によって状態は変化します。2110c-uジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。 肥料は主として春と秋、そして冬に与えます。 ...

【現品】イロハモミジ 株立ち 樹高1.6m 64《新緑の涼しさと紅葉を楽しめる苗木》

千草園芸

17,600

【現品】イロハモミジ 株立ち 樹高1.6m 64《新緑の涼しさと紅葉を楽しめる苗木》

写真の商品をお送りします。※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。 写真は21年11月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。213a-uモミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 ↑春の新芽〜夏〜秋の紅葉と季節の色合いが楽しめます。↑ モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【選べる現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 樹高1.5m~

千草園芸

9,900

【選べる現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 樹高1.5m~

番号の商品をお送りします。 写真は21年10月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。215d-uジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。 肥料は主として春と秋、そして冬に与えます。 ...

【現品】イロハモミジ 株立ち 苗木  樹高1.8m 55

千草園芸

20,900

【現品】イロハモミジ 株立ち 苗木 樹高1.8m 55

※写真の商品をお送りします。 21年12月2日に撮影しました。支柱で樹形を整えております。 木の状態は季節によって変化いたします。 2112a-u葉のある季節は、葉をしごいてお送りさせて頂きます。ご了承くださいませ。モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 ↑春の新芽〜夏〜秋の紅葉と季節の色合いが楽しめます。↑ モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので...

【現品】ジューンベリー 株立ち 苗木 樹高1.9m 33

千草園芸

18,150

【現品】ジューンベリー 株立ち 苗木 樹高1.9m 33

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2111d-uジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。 肥料は主として春と秋、そして冬に与えます。 ...

【現品】ジューンベリー 株立ち 苗木 樹高1.8m 34

千草園芸

18,700

【現品】ジューンベリー 株立ち 苗木 樹高1.8m 34

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2111d-uジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。 肥料は主として春と秋、そして冬に与えます。 ...

【現品】シマトネリコ 苗木 株立ち 樹高1.7m 101853 庭木 シンボルツリー

千草園芸

16,500

【現品】シマトネリコ 苗木 株立ち 樹高1.7m 101853 庭木 シンボルツリー

※冬は寒さの影響により、一時的に葉が少なくなり変色などが見られますが、生育には問題ありません。春になると新芽が出て葉が茂ってきます。 ※写真の商品をお送りします。 21年10月18日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.7mです。 記載の高さに剪定しております。 木の状態は季節により変化いたします。2110c-u シンボルツリー 常緑樹 庭木 植木 生垣 苔玉 シマトネリコ 丈夫で成長が早く、葉の色も美しく夏に涼しい木陰を作ります。 病気や害虫もほとんど無く栽培は比較的簡単です。 シマトネリコはモダンな建物にもよく合います。 【分類】モクセイ科トネリコ属 『雌雄異株』 【学名】Fraxinus Griffithii 【原産】沖縄、中国、台湾 【別名】タイワンシオジ 【利用】庭木、シンボルツリー、鉢植え、街路樹 【樹高】15〜20m 【開花期】4〜6月 【結実期】7月〜10月 □基本情報 光沢のある葉は、輝いて美しいものです。また、葉には癒し効果や空気浄化などの作用もあるといわれています。 成木になると白い小花を密に咲かせます。比較的寒さにも強く丈夫なので屋外の観葉植物として注目されています。 関東以南の地域では屋外での冬越しが可能ですから、庭木としての利用に人気があります。 関西地方では株立ち状のものを庭の主木「シンボルツリー」としてよく利用しています。 似た名前で、本州中部以北に生える落葉高木の「トネリコ」(トネリコ属)Fraxinus japonica Blがありますが、 シマトネリコとは異なる品種になります。 ■育て方 1、大変丈夫な樹木ですので、管理も比較的容易です。年間を通して移植可能な樹木で、 ...

【現品】マルバノキ 株立ち 苗木 樹高1.5m 101964

千草園芸

14,300

【現品】マルバノキ 株立ち 苗木 樹高1.5m 101964

※写真の商品をお送りします。 写真は21年10月19日に撮影。 根鉢を除いた樹高は約1.5mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2110d-uマルバノキ 分類: マンサク科マルバノキ属の落葉低木 学名: Disanthus cercidifolius Maxim 原産: 中部、近畿、四国 別名: ベニマンサク(紅万作) 開花期 : 11月 樹高: 3〜4m 栽培敵地: 東北中部〜九州 ハート型の葉が美しく、秋には真っ赤に紅葉することから庭木としてよく用いられます。 →写真の小さい赤い花も魅力的です。赤くてマンサクに似た花(あまり似ていません)が咲くことから、ベニマンサクと呼ばれることがあります。 ■栽培 日当たりと水はけのよい場所を好みます。半日陰でも大丈夫です。 西日の当たる場所、地面に直射が当たり、根元の地温が高くなる場所、夏に乾燥する場所では育ちません。このような場所に植えつける場合は、十分にマルチをして乾燥防止と地温が高くならないようにすることが必要です。 水はけの悪い場所では根グサレしやすく育てることはできません。植え場所を高くして水はけが十分できるようにしてから植えるようにしてください。土には腐葉土などを入れて保水性、通気性をよくしておくことも大切です。 もともとが山の傾斜地の水はけがよく乾燥しない場所に育っていたものですから、一般的な庭木に比べて平地での栽培には十分な注意が必要です。どこでも簡単に栽培できる木ではありませんので、以上の点を理解してから植栽してください。

【現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 樹高1.5m 208

千草園芸

12,100

【現品】ジューンベリー 苗木 株立ち 樹高1.5m 208

写真の商品をお送りします。 写真は21年10月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 2110c-uジューンベリー 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier lamareckii 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 近年、シンボルツリーとして大変人気のある庭木です。四季を通じて様々な姿を見せてくれる樹木です。 果実の名から、ジューンベリーと呼ばれています。果実は6月頃に収穫でき、甘くておいしい果実が房なりにつきます。シンプルにそのまま食すか、ジャムなどにも利用できます。 自家結実性で一本でも実がなります。春には、桜のような白花が一面に咲き、秋は紅葉も楽しめます。 耐寒性や耐暑性も強く、比較的丈夫で育てやすい植物です。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。 肥料は主として春と秋、そして冬に与えます。 ...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 月光(ゲッコウ) 株立ち 苗木 樹高1.8m 12064

千草園芸

22,000

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 月光(ゲッコウ) 株立ち 苗木 樹高1.8m 12064

写真の商品をお送りします。 写真は21年12月6日に撮影しました。支柱で樹形を整えております。 季節によって状態は変化します。2112b-u常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス 「月光」 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 'Gekkou' 【原産】中国原産の常緑ヤマボウシの実生選抜品種 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 花はやや小ぶりで大変花付きが良く、 クリームホワイトの花を枝一面に咲かせます。 秋に甘く熟す実も付きやすく、冬季に赤銅色になる葉色も楽しめます。 たくさんの花が咲いた後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がたくさんなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● ある程度の耐寒性があり、関東地方以南の地域では露地植えは問題ありません。 寒風の強く当たる場所では葉が傷む事があります。 日当たり、水捌けのよい場所を好みます。 自然樹形で、美しい樹形を維持しますから、あまり強い剪定はしないのが基本です。 秋に弱剪定を行います。肥料も好みますから春と秋に与えるようにします。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。 耐病性も強く病害虫もほとんどありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。多い場合は、殺菌剤の散布をおすすめします。 木の移植時に...

【現品発送】ノムラモミジ(野村紅葉) 株立ち 樹高1.5m お庭のアクセントに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木 11303r

千草園芸

17,600

【現品発送】ノムラモミジ(野村紅葉) 株立ち 樹高1.5m お庭のアクセントに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木 11303r

※写真の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。 ご了承ください。 写真は21年11月3日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2111c-uノムラモミジ 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acer palmatum Thunb. Var.sanguineum Nakai 【原産】園芸種 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4〜5m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 江戸時代から知られる品種で年中ワインレッドの色をしていることでよく知られたモミジです。 よく種をつけ、実生でも同じように赤い色の葉のもみじができますが、濃淡などでばらつきがあります。 ほとんどがよい性質を持った品種を接木で増殖されています。色が鮮明に出ることから「出猩々」などと 区別されて販売されます。樹高は4mくらいになり、成長はやや早めです。 下は春の芽出し4月の状態です。 下は夏の直前6月の状態です。 下は8月下旬です。このころは緑色が 出てきます。気温の高い平地では もっと緑色になることもありますが、 高原などの寒冷地では赤紫のままで 緑にはなりません。 下は11月13日。紅葉が始まりました。 ノムラモミジの育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所では マルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されます。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 ...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120216《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

25,300

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120216《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】ソヨゴ 株立ち メス株(雌株) 樹高1.9m 120212《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

18,700

【現品】ソヨゴ 株立ち メス株(雌株) 樹高1.9m 120212《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120214《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

18,700

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120214《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120219《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

19,800

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120219《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120215《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

28,600

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120215《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.3m 11131 《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

18,700

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.3m 11131 《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月13日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2111c-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.7m 120213《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

26,400

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.7m 120213《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120218《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

20,900

【現品】ソヨゴ メス株(雌株) 株立ち 樹高1.8m 120218《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります...

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ルージュ(赤花) 苗木 樹高1.6m 72052

千草園芸

23,100

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ルージュ(赤花) 苗木 樹高1.6m 72052

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月8日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。217d-u ■ルージュ 真紅の花と鮮烈な黒葉が大変魅力的。樹形は球型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は...

【現品】シマトネリコ 株立ち 苗木 特大サイズ 樹高1.8m 101851 【庭木 シンボルツリー】

千草園芸

19,800

【現品】シマトネリコ 株立ち 苗木 特大サイズ 樹高1.8m 101851 【庭木 シンボルツリー】

※冬は寒さの影響により、一時的に葉が少なくなり変色などが見られますが、生育には問題ありません。春になると新芽が出て葉が茂ってきます。 ※写真の商品をお送りします。 21年10月18日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.8mです。 木の状態は季節により変化いたします。2110d-u シンボルツリー 常緑樹 庭木 植木 生垣 苔玉 シマトネリコ 丈夫で成長が早く、葉の色も美しく夏に涼しい木陰を作ります。 病気や害虫もほとんど無く栽培は比較的簡単です。 シマトネリコはモダンな建物にもよく合います。 【分類】モクセイ科トネリコ属 『雌雄異株』 【学名】Fraxinus Griffithii 【原産】沖縄、中国、台湾 【別名】タイワンシオジ 【利用】庭木、シンボルツリー、鉢植え、街路樹 【樹高】15〜20m 【開花期】4〜6月 【結実期】7月〜10月 □基本情報 光沢のある葉は、輝いて美しいものです。また、葉には癒し効果や空気浄化などの作用もあるといわれています。 成木になると白い小花を密に咲かせます。比較的寒さにも強く丈夫なので屋外の観葉植物として注目されています。 関東以南の地域では屋外での冬越しが可能ですから、庭木としての利用に人気があります。 関西地方では株立ち状のものを庭の主木「シンボルツリー」としてよく利用しています。 似た名前で、本州中部以北に生える落葉高木の「トネリコ」(トネリコ属)Fraxinus japonica Blがありますが、 シマトネリコとは異なる品種になります。 ■育て方 1、大変丈夫な樹木ですので、管理も比較的容易です。年間を通して移植可能な樹木で、 植え込み直後は水をたっぷりとあげて下さい...

【現品】ソヨゴ 株立ち 樹高1.8m 120211《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

17,600

【現品】ソヨゴ 株立ち 樹高1.8m 120211《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

写真の商品をお送りします。 写真は21年12月2日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2112a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり...

【現品】シマトネリコ 株立ち 樹高1.6m 92451 【庭木 シンボルツリー】

千草園芸

14,300

【現品】シマトネリコ 株立ち 樹高1.6m 92451 【庭木 シンボルツリー】

※冬は寒さの影響により、一時的に葉が少なくなり変色などが見られますが、生育には問題ありません。春になると新芽が出て葉が茂ってきます。 ※写真の商品をお送り致します。 根鉢を除いた樹高は約1.6mです。 21年9月24日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 219d-u シンボルツリー 常緑樹 庭木 植木 生垣 苔玉 シマトネリコ 丈夫で成長が早く、葉の色も美しく夏に涼しい木陰を作ります。 病気や害虫もほとんど無く栽培は比較的簡単です。 シマトネリコはモダンな建物にもよく合います。 【分類】モクセイ科トネリコ属 『雌雄異株』 【学名】Fraxinus Griffithii 【原産】沖縄、中国、台湾 【別名】タイワンシオジ 【利用】庭木、シンボルツリー、鉢植え、街路樹 【樹高】15〜20m 【開花期】4〜6月 【結実期】7月〜10月 □基本情報 光沢のある葉は、輝いて美しいものです。また、葉には癒し効果や空気浄化などの作用もあるといわれています。 成木になると白い小花を密に咲かせます。比較的寒さにも強く丈夫なので屋外の観葉植物として注目されています。 関東以南の地域では屋外での冬越しが可能ですから、庭木としての利用に人気があります。 関西地方では株立ち状のものを庭の主木「シンボルツリー」としてよく利用しています。 似た名前で、本州中部以北に生える落葉高木の「トネリコ」(トネリコ属)Fraxinus japonica Blがありますが、 シマトネリコとは異なる品種になります。 ■育て方 1、大変丈夫な樹木ですので、管理も比較的容易です。年間を通して移植可能な樹木で、 植え込み直後は水をたっぷりとあげて下さい...

【現品】モクレン 苗木  金寿(キンジュ) 樹高1.6m 80301

千草園芸

17,600

【現品】モクレン 苗木 金寿(キンジュ) 樹高1.6m 80301

写真の商品をお送りします。 21年9月29日に撮影しました。 鉢を除いた地上部の樹高は約1.6mです。 木の状態は季節により変化いたします。215c-uモクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り、伸びすぎた枝などもカットしてください。 また...

【現品】イロハモミジ 株立ち 樹高1.5m 63《新緑の涼しさと紅葉を楽しめる苗木》

千草園芸

14,850

【現品】イロハモミジ 株立ち 樹高1.5m 63《新緑の涼しさと紅葉を楽しめる苗木》

写真の商品をお送りします。※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。 写真は21年11月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。213a-uモミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 ↑春の新芽〜夏〜秋の紅葉と季節の色合いが楽しめます。↑ モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品】ソヨゴ 株立ち 樹高1.9m 10026《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

24,200

【現品】ソヨゴ 株立ち 樹高1.9m 10026《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

写真の商品をお送りします。 写真は21年10月2日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2110a-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 雄、雌の割合では雄が少なく、メス単木でも実はできます。(発芽するかは不明) ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり...

送料無料
【選べる現品発送】アメリカハナズオウ シルバークラウド 苗木(樹高1.2m)

千草園芸

16,500

【選べる現品発送】アメリカハナズオウ シルバークラウド 苗木(樹高1.2m)

※写真の番号の商品をお送りします。 ※斑の入り方は時期や個体差があります。品種特性上、環境などにより緑の葉が多い状態となる場合もあります。 苗木は21年11月11日に撮影しました。 ポットを除いた樹高は約1.2mです。 木の状態は季節により変化いたします。2111b-uハナズオウ 【分類】マメ科ハナズオウ属(落葉中低木) 【学名】Cercis chinensis 【原産】中国北部〜朝鮮半島 【開花期】4月〜5月 【樹高】3〜5m 【栽培敵地】北海道中部〜九州 ハナズオウは丈夫な木で、水はけなどに考慮すれば比較的育てやすい樹木です。 春には気品ある赤紫の小花を多数咲かせます。高級感のある樹形と共に、幅をとる枝分かれが少ないので狭い場所にも適した樹木です。 花後の葉は、ハート型の葉(アメリカハナズオウ)やシルバークラウド(斑入り葉)など種ごとに特徴があります。夏にはマメ科らしい鞘の形の実をつけます。 ●育て方のポイント● 水はけがよく日当たりの良い場所を好みます。剪定は主に冬が主で、夏〜秋は枝先を整える程度にとどめます。 日当たりの良い方が花つきがよくなります。日陰でも育ちますが、花つきが悪くなり、生育も遅くなります。 植え替えする際は、冬の落葉時に行うことが好ましいです。 花つきが悪くなってしまうため、肥料をやり過ぎにも注意してください。 「シルバークラウド」 葉っぱが新芽が淡いピンクで白の斑入りに変化していく、変化を楽しめる品種です。 →「シルバークラウド」はこちら

【現品】ハクモクレン(白モクレン) 苗木 樹高1.3m 110265

千草園芸

8,800

【現品】ハクモクレン(白モクレン) 苗木 樹高1.3m 110265

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月2日に撮影しました。樹高は約1.3mです。 季節によって状態は変化します。2111a-uモクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り、伸びすぎた枝などもカットしてください。 また、接ぎ口より下から出る芽は台木からの芽ですので...

【選べる現品】斑入り榊(フイリサカキ)苗木 樹高1.2m

千草園芸

9,900

【選べる現品】斑入り榊(フイリサカキ)苗木 樹高1.2m

写真の商品をお届けいたします。番号でお選びください。 写真は21年9月21日に撮影しました。 樹高は根鉢を除いて約1.3mです。 季節によって状態は変化します。219d-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能です...

【現品】榊(サカキ) 苗木 樹高1.4m 11081

千草園芸

8,800

【現品】榊(サカキ) 苗木 樹高1.4m 11081

※写真の商品をお送りします。 写真は21年11月8日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2111c-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能です。 病害虫は、まれに斑点病が出ることがあります...

【選べる現品】モミの木(モミノキ)苗木 樹高1.2m

千草園芸

16,500

【選べる現品】モミの木(モミノキ)苗木 樹高1.2m

番号の商品をお送りします。 苗木の写真は21年11月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2111a-u xmshモミノキ 【分類】マツ科モミ属『常緑高木』 【学名】Abies firma(ウラジロモミ:Abies homolepis) 【分布】秋田県〜屋久島(ウラジロモミ:福島県〜四国) 【利用】シンボルツリー、公園樹、鉢植え 【栽培】全国各地で栽培可能です。 耐寒性があり、暑さにはやや弱い部分もあります。 乾燥を嫌いますので、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりを してください。また通気性を好みます。 植え替えは、2〜3年に1度すればよいでしょう。 また、害虫は基本的につかない樹木です。 【剪定】新芽の出る前の春先がよいでしょう。 成木は15m〜45mまでになります。 高さを調整する場合、植替え後、2〜3年経った後に、必要な 高さまで枝を枝元で切り取るとよいでしょう。 【モミとトウヒの違い】 属:モミ属とトウヒ属。 葉:モミのほうが、葉の1本1本ががっちりしていて堅い。 実:モミは直立し、トウヒは下に垂れ下る。 成長:モミのほうが、成長がやや遅い。 モミノキ トウヒ プンゲンストーヒ 【特徴】日本原産のモミの近縁種にはウラジロモミAbies homolepisと シラビソ Abies veitchii、オオシラビソ Abies mariesii、 トドマツ Abies sachalinensisなどがあります。 それぞれ分布は異なりますが幼苗では区別のむずかしいものです。 当店で植木の「モミノキ」として販売しているモミ木は正しくは 「ウラジロモミ」です。ウラジロモミは最も生産量の多いモミです。 ...

【現品】赤南天(ナンテン) 苗木 大株 樹高1.0m 12461

千草園芸

13,200

【現品】赤南天(ナンテン) 苗木 大株 樹高1.0m 12461

写真の商品をお送りします。 写真は21年12月4日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約100cmです。 季節によって状態は変化します。2112a-uナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 ●剪定と病害虫対策● 葉や枝が込み合ってきたら剪定します...

【現品】台湾椿(タイワンツバキ)苗木 樹高1.0m  113051

千草園芸

9,900

【現品】台湾椿(タイワンツバキ)苗木 樹高1.0m 113051

※写真の商品をお送りします。 写真は21年11月30日に撮影。 根鉢を除いた樹高は約1.0mです。 木の状態は季節によって変化いたします 2111e-u ツバキ wt hi台湾椿(タイワンツバキ) (分類)ツバキ科タイワンツバキ属の常緑高木 (学名)Polyspora axillaris (Roxb. Ex Ker Gawl.) Sweet ex G. Don 以前はGordoniaに分類されGordonia axillarisとされていましたが、Polyspora属は北米原産のゴードニア ラシアンサスGordonia lasianthusと 関連していないことが判明したため、独自の属に移されています。 (原産)中国南部からインドシナ半島、台湾 の標高100〜800 mの森林や雑木林 (別名)四川大頭茶、ゴードニア アクミナータ (開花期)11月〜2月 (樹高)8-15m (利用)シンボルツリー、鉢植え (栽培敵地)関東地方以南 11月頃から直径10cmくらいの黄色味を帯びた白い花を次々咲かせ続けます。 樹形は立ち性で生育は早いほうです。 葉幅は広くて長い形状をしており、皮質で光沢があり大変丈夫な樹木です。 日当たりを好みますが半日陰でも適応し良く育ちます。 ↓ 蕾はたくさん付きますが、全部咲くわけではありません。 寒風にさらされた場合や移植したりした場合は多くが落蕾します。 日当たりと水はけのよい場所でよく育ちます。。 米国南東部の原産地は暖地ですから寒さに弱いようですが、当店は滋賀県中部の積雪のある地方ですが問題なく冬越します。 栽培 水はけの良い場所に腐葉土や堆肥をすきこんで植えつけてください。 夏までに花芽が分化するので、剪定は花後すぐに行い、夏以降は枝を切らないようにしてください。...

送料無料
【現品】白南天(シロナンテン) 苗木 樹高1.0m 102253

千草園芸

4,510

【現品】白南天(シロナンテン) 苗木 樹高1.0m 102253

写真の商品をお送りします。 写真は21年10月22日に撮影しました。 根鉢を除いた地上部の樹高は約1.0mです。 季節によって状態は変化します。2110d-u 3〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。...

【現品】サンゴカクモミジ (珊瑚閣紅葉) 苗木 樹高1.8m 11302

千草園芸

16,500

【現品】サンゴカクモミジ (珊瑚閣紅葉) 苗木 樹高1.8m 11302

※写真の商品をお送り致します。 気温の高い時期は葉を少なくして発送させていただきます。 写真は21年11月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111b-uモミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 ↑春の新芽〜夏〜秋の紅葉と季節の色合いが楽しめます。↑ モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品】榊(サカキ) 苗木 樹高1.3m 12063

千草園芸

9,350

【現品】榊(サカキ) 苗木 樹高1.3m 12063

※写真の商品をお送りします。記載の高さに剪定しております。(写真は剪定後)冬の寒さの影響により、一部葉に変色がありますが、今後の生育に問題はありません。(写真3枚目参照) 写真は21年12月6日に撮影しました。 根鉢を除いた地上部の樹高は約1.3mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 216d-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ...

【選べる現品】キンモクセイ(金木犀) 樹高1.5m 苗木

千草園芸

13,200

【選べる現品】キンモクセイ(金木犀) 樹高1.5m 苗木

商品番号をお選びください。写真の商品をお送りします。 写真は21年10月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2110c-uキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてくださ...

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 樹高1.5m「12306」r

千草園芸

19,800

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 樹高1.5m「12306」r

※写真の商品を御送りします。 写真は21年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111d-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

【現品】ハクモクレン(白モクレン) 苗木 樹高1.5m 110266

千草園芸

11,000

【現品】ハクモクレン(白モクレン) 苗木 樹高1.5m 110266

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月2日に撮影しました。樹高は約1.5mです。 季節によって状態は変化します。2111a-uモクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月〜4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3〜15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り、伸びすぎた枝などもカットしてください。 また、接ぎ口より下から出る芽は台木からの芽ですので...

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 樹高1.4m「12305」

千草園芸

24,200

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 樹高1.4m「12305」

写真の商品をお送りします。 21年12月2日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約140cmです。 木の状態は季節により変化いたします。2111d-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

【現品】四季咲きモクセイ(シキザキモクセイ) 苗木 樹高1.5m 11206

千草園芸

14,300

【現品】四季咲きモクセイ(シキザキモクセイ) 苗木 樹高1.5m 11206

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2111d-u四季咲きモクセイ (分類): モクセイ科モクセイ属の常緑低木 (学名): Osmanthus fragrans Lour. (原産): 熊本県南部、鹿児島県中北部 (樹高): 4m(栽培適地): 関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 正しくは「ウスギモクセイ」ですが、「四季咲きモクセイ」のほうがよく知られた名前になっています。 中国産のキンモクセイやギンモクセイよりも軸の伸びが短く、生育は遅いほうです。成木でも少し小さめです。 花は春と秋のほか、生育条件によっては温暖な季節には不定期に花芽をつけます。 雌雄異株で耐寒性はキンモクセイより少し弱いとされていますが、当地滋賀県では普通に路地植えでよく育ちます。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。 水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 ...

【現品】ジューンベリー ロビンヒル(ピンク) 苗木 本株立ち 樹高2m 805

千草園芸

30,800

【現品】ジューンベリー ロビンヒル(ピンク) 苗木 本株立ち 樹高2m 805

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月3日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2111b-uジューンベリー ロビンヒル 【分類】バラ科ザイフリボク属の落葉低木 【学名】Amelanchier x grandiflora 'Robin Hill' 【原産】カナダ東部、北アメリカ東部 【栽培敵地】北海道〜九州 【開花期】4月〜5月 【結実期】6月 【落葉期】10月〜4月 ●希少品種の桃花種「ロビンヒル」● ジューンベリーでは非常に珍しい待望の桃花種の登場です。 桃色のつぼみから咲き進むにつれて淡い桃色、白へと変化していきます。 花、果実、紅葉と季節ごとに楽しませてくれるすばらしい樹木です。 開花期は4〜5月で樹形は立性。高性種です。 まれに秋にも花を咲かせることがありますが、季節はずれに咲く花はなぜかピンクにはなりません。 ●育て方のポイント● 水はけ・日当たりのよい場所を好みますが、ある程度の耐陰性があるので、西日が強く当たり乾燥する場所などは避け、逆に半日陰でもよいでしょう。 腐葉土などを混ぜて土をやわらかくして植えつけます。植え方は植え方を参考してください ⇒植木の植え方 植えた後は3本の支柱でしっかりと固定することが大切です。 夏場の乾燥には弱いので水は切らさないように注意します。 移植は落葉期が望ましいですが、落葉期に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 耐寒性や耐暑性はありますが極端な乾燥を嫌い、乾燥すると実付きが悪くなるので注意しましょう。 鉢植えで栽培する場合は排水性、保水性のよい用土を使用し、夏場乾燥の激しいときなどは日陰で管理します。 また、開花期が梅雨期に当たるので、開花中は鉢を軒下に入れると結実がよくなります。 肥料は主として春と秋...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク