メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「サルスベリ白」検索結果。

サルスベリ白の商品検索結果全8件中1~8件目

送料無料
サルスベリ 苗木 ブラックパール ホワイト(白) 6号ポット植え(k07)

千草園芸

4,950

サルスベリ 苗木 ブラックパール ホワイト(白) 6号ポット植え(k07)

写真は見本品です。 苗の写真は21年10月5日に撮影したものです。 季節によって状態は変化します。2110a-u ■ホワイト 白花と濃紫の葉のコントラストが魅力的。樹形は直立開帳型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は...

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ライトピンク(白)  苗木 1.4m 80282

千草園芸

13,200

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ライトピンク(白) 苗木 1.4m 80282

写真の商品をお送りします。 写真は21年8月28日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。216c-u ■ライトピンク ピンク色がかった白花と鮮烈な黒葉が特徴。樹形は直立開帳型です。最初は白い花ですが、咲き進むにつれてピンクがかってきます。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落...

送料無料
◆送料無料◆ サルスベリ 苗 【サルスベリ (白)】 5号ポット苗 (ニーム小袋付き) 百日紅 苗木 シンボルツリー 庭木 落葉樹 ※北海道・沖縄は送料無料適用外です。

総合植物プロショップ花ひろば

2,464

◆送料無料◆ サルスベリ 苗 【サルスベリ (白)】 5号ポット苗 (ニーム小袋付き) 百日紅 苗木 シンボルツリー 庭木 落葉樹 ※北海道・沖縄は送料無料適用外です。

お届けする商品について苗木+ニーム核油粕 50g入り×1袋ポット含め高さ0.7m前後で5号ポット(直径15cm)に仮植してあります。※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。この商品は、本州から九州まで送料無料です。送料無料適用外の、北海道・沖縄の送料は以下のとおりです。北海道…2530円沖縄…4340円送料無料適用外の地域からのご注文、または商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。「サルスベリ 白花」 ≪「サルスベリ 白花」の特長 夏を代表する花木で夏から秋にかけて白の花を咲かせます。成木で満開になると見応えがあります。花後は実を付け冬は落葉します。最大の特徴である樹皮がはがれ落ち木自体がツルツルになるところから「猿も滑って落ちる」→「サルスベリ」となったと言われています。強健で栽培しやすいのでシンボルツリーにおすすめです。

送料無料
サルスベリ 苗木 ブラックパール ライトピンク(白) 7号(k05)

千草園芸

7,700

サルスベリ 苗木 ブラックパール ライトピンク(白) 7号(k05)

写真は見本品です。 写真は21年8月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。216d-u ■ライトピンク ピンク色がかった白花と鮮烈な黒葉が特徴。樹形は直立開帳型です。最初は白い花ですが、咲き進むにつれてピンクがかってきます。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよ...

【選べる現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ライトピンク(白) 苗木 樹高1.5m 8号

千草園芸

15,400

【選べる現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ライトピンク(白) 苗木 樹高1.5m 8号

番号の商品をお送りします。 21年7月31日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約150cmです。 木の状態は季節により変化いたします。216c-u こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。 ■ライトピンク ピンク色がかった白花と鮮烈な黒葉が特徴。樹形は直立開帳型です。最初は白い花ですが、咲き進むにつれてピンクがかってきます。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと...

送料無料
サルスベリ 苗木 ブラックパール ライトピンク(白) 6号ポット植え(k07)

千草園芸

4,950

サルスベリ 苗木 ブラックパール ライトピンク(白) 6号ポット植え(k07)

写真は見本品です。 苗木の写真は21年10月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2110a-u ■ライトピンク ピンク色がかった白花と鮮烈な黒葉が特徴。樹形は直立開帳型です。最初は白い花ですが、咲き進むにつれてピンクがかってきます。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落...

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ライトピンク(白) 苗木 樹高1.3m 105

千草園芸

12,100

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ライトピンク(白) 苗木 樹高1.3m 105

写真の商品をお送りします。 写真は21年11月13日に撮影しました。記載の高さに剪定しております。 季節によって状態は変化します。216c-u ■ライトピンク ピンク色がかった白花と鮮烈な黒葉が特徴。樹形は直立開帳型です。最初は白い花ですが、咲き進むにつれてピンクがかってきます。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが...

花木 庭木の苗/サルスベリ:ブラックパール レッド5号ポット

園芸ネット プラス

2,798

花木 庭木の苗/サルスベリ:ブラックパール レッド5号ポット

百日紅 印象的な黒葉のサルスベリ花木 庭木の苗/サルスベリ:ブラックパール レッド5号ポットサルスベリ:ブラックパールシリーズは印象的な黒葉のサルスベリ。シックな葉色と鮮やかな花色の対比がすばらしく美しい品種です。ブラックパールレッドは深い赤色の花と鮮烈な黒葉の品種。樹形は直立性となります。日当たりの良い場所で育てると花付きがよく、葉色もきれいに出ます。うどん粉病に耐性を持ち、育てやすい品種です。(環境により多少発生するケースはございます)シンボルツリー、庭木、鉢植えにおすすめです。耐寒性も強く、マイナス17度まで耐えられます。※咲き始めは白〜ピンクとなる場合があります。学名:Lagerstroemia 'Ebony Flame'タイプ:耐寒性落葉中高木開花期:7〜9月樹高:3〜3.5m葉張り:2.5m用途:庭植え、鉢植え、切花栽培方法日当たり・水はけのよい場所に植え付けてください。鉢植えの場合は、ひどく乾燥させると花つきが悪くなりますので、水を切らさないように管理してください。9月と2〜3月に根元付近に固形肥料を施します。また、剪定は12月〜3月の間に、細くて短い枝は付け根から切り落とし、太い枝は短く切り詰めます。病虫害はカイガラムシに注意します。発生した場合は指でこすり落としたり、冬にマシン油乳剤を散布して駆除します。植え替えは3月または11月が適期です。苗が小さいうちは花の色が薄くなる場合がございますが、成長に伴って本来の色が出るようになります。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット植えです。樹高や樹形は変動することがあります。品種特性上、樹形は多少曲がりなどがある場合があります。お届け時期により、葉がきれいでない状態や、多少の虫食いの跡があることがあります。冬季は落葉の状態でのお届けとなります。写真は成長...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
サルスベリ 苗木 ブラックパール ルビー(赤系) 6号ポット苗(k07)

千草園芸

4,950

サルスベリ 苗木 ブラックパール ルビー(赤系) 6号ポット苗(k07)

写真は見本品です。 苗木の写真は21年10月5日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2110a-u ■ルビー 鮮明な赤花とワイン色がかった黒葉が特徴。樹形は花瓶型です。サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m〜10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう...

送料無料
サルスベリ(百日紅) ブラックパール ルージュ(赤花) 苗木 6号(k13)

千草園芸

8,030

サルスベリ(百日紅) ブラックパール ルージュ(赤花) 苗木 6号(k13)

写真は見本品です。 写真は21年8月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。216d-u ■ルージュ 真紅の花と鮮烈な黒葉が大変魅力的。樹形は球型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう...

花木 庭木の苗/サルスベリ(百日紅):ブラックパール ホワイト5号ポット

園芸ネット プラス

2,798

花木 庭木の苗/サルスベリ(百日紅):ブラックパール ホワイト5号ポット

黒葉のサルスベリ新品種花木 庭木の苗/サルスベリ(百日紅):ブラックパール ホワイト5号ポットブラックパールシリーズは美しい黒葉のサルスベリです。シックな葉色と鮮やかな花色の対比がすばらしく印象的な品種です。ブラックパールホワイトは鮮明な白い花と鮮烈な黒葉のコントラストが美しく、樹形は直立型となります。日当たりの良い場所で育てると花付きがよく、葉色もきれいに出ます。うどん粉病に耐性を持ち、育てやすい品種です(環境により多少発生する場合はあります)。シンボルツリー、庭木、鉢植えにおすすめです。耐寒性も強く、マイナス17度まで耐えられます。学名:Lagerstroemia 'Ebony and Ivory'タイプ:耐寒性落葉中高木開花期:7〜9月樹高:3〜3.5m葉張り:2.5m用途:庭植え、鉢植え、切花栽培方法日当たり・水はけのよい場所に植え付けてください。鉢植えの場合は、ひどく乾燥させると花つきが悪くなりますので、水を切らさないように管理してください。9月と2〜3月に根元付近に固形肥料を施します。また、剪定は12月〜3月の間に、細くて短い枝は付け根から切り落とし、太い枝は短く切り詰めます。病虫害はカイガラムシに注意します。発生した場合は指でこすり落としたり、冬にマシン油乳剤を散布して駆除します。植え替えは3月または11月が適期です。苗が小さいうちは花の色が薄くなる場合がございますが、成長に伴って本来の色が出るようになります。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット植えです。樹高は時期により変動します。品種特性上、樹形は多少曲がりなどがある場合があります。お届け時期により、葉がきれいでない状態や、虫食い跡があることがあります。冬季は落葉状態でのお届けです。写真は成長・開花時のイメージです。※花の画像は印刷物のため...

送料無料
矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ チェリー(ピンク) 苗木 6号(k12)

千草園芸

4,180

矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ チェリー(ピンク) 苗木 6号(k12)

写真は見本品です。 写真は21年7月31日に撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。216a サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。施肥は冬に行います。 ●病害虫対策●...

送料無料
矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ キス(濃いピンク)  6号 苗木(k12)

千草園芸

4,070

矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ キス(濃いピンク) 6号 苗木(k12)

写真は見本品です。 写真は21年7月31日に撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。215b-u サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。施肥は冬に行います。 ●病害虫対策●...

送料無料
サルスベリ(百日紅) ダイナマイト (赤花) 苗木 6号(J12)

千草園芸

4,730

サルスベリ(百日紅) ダイナマイト (赤花) 苗木 6号(J12)

※写真は見本品です。 写真は21年8月18日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 218c-u ■サルスベリ・ダイナマイトの特徴 7〜9月にかけて噴水状に真紅の花が次々と開花します。赤花系品種の中でも真紅色に輝くような花穂の長い花が特徴で、直立性で花付きもよい品種です。秋には、美しいオレンジ色に紅葉します。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります...

矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ エターナル(紫花) 5号 苗木(k12)

千草園芸

2,970

矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ エターナル(紫花) 5号 苗木(k12)

写真は見本品です。 写真は21年8月1日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 217b-u サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。施肥は冬に行います。 ●病害虫対策●...

サルスベリ  ペパーミントレース 夏祭り(ナツマツリ) 苗木 5号(k01)

千草園芸

1,980

サルスベリ ペパーミントレース 夏祭り(ナツマツリ) 苗木 5号(k01)

写真は見本品です。 写真は21年7月20日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。216b-u サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。施肥は冬に行います。 ●病害虫対策●...

サルスベリ ブラックパール レッド(赤) 苗木 樹高1.4m

千草園芸

14,300

サルスベリ ブラックパール レッド(赤) 苗木 樹高1.4m

写真は見本品です。 写真は21年7月20日に撮影したものです。 木の状態は季節によって変化いたします。216d-u こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。 ■レッド 生き生きとした赤色の花と黒葉が印象的。樹形は直立型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが...

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ルージュ(赤花) 苗木 樹高1.5m 72051

千草園芸

19,800

【現品】サルスベリ(百日紅) ブラックパール ルージュ(赤花) 苗木 樹高1.5m 72051

写真の商品をお送りします。 苗の写真は21年7月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。217d-u ■ルージュ 真紅の花と鮮烈な黒葉が大変魅力的。樹形は球型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は...

送料無料
フェイジョア  マンモス 苗木 7号ポット植え(z02-2)

千草園芸

7,700

フェイジョア マンモス 苗木 7号ポット植え(z02-2)

「マンモス」 中生品種。自家結実性がないので他の品種と掛け合わせる事が好ましいです。大果。多汁質で香り高い。 収穫時期 11月上旬〜11月中旬ごろ 写真は見本品です。 21年9月21日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。219c-uフェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月〜7月(果実の収穫は晩秋) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 3〜5m 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木で葉も美しく花も咲き果実も食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 生育は非常に早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。夏の終わりか秋に本年伸張した枝を半分くらいに切り詰めます。 寒さに強く−10℃近くの低温にも耐えると言われていますが、寒風の当たる場所では落葉しやすいです。 寒風の当たらない場所が適していますが、当たる場合は藁などで覆って防風対策が必要です。 多少落葉しても春には回復しますが、しないに越したことはありません。 また、積雪の多い地方では積雪対策が必要です。枝はしなることは無く、非常に折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 果実を収穫するには他品種との交配が必要ですから、2品種植えることをお勧めします。肥料は好みますので...

サルスベリ 苗 【サルスベリ (紫)】 5号ポット苗 百日紅 苗木 植木 花木 庭木 シンボルツリー 落葉樹 高木

総合植物プロショップ花ひろば

1,100

サルスベリ 苗 【サルスベリ (紫)】 5号ポット苗 百日紅 苗木 植木 花木 庭木 シンボルツリー 落葉樹 高木

お届けする商品について苗木ポット含め高さ0.9m前後で5号ポット(直径15cm)に仮植してあります。※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。この商品の送料は160cmサイズとなります。関東・信越・東海・北陸・関西…1820円南東北・中国…1920円北東北・四国・九州…2020円北海道…2530円沖縄…4340円商品の注文個数によって送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。サイズが異なる他の商品を注文した場合、その中の最大サイズの送料になります。できる限り送料のご負担が少なくなるよう梱包を工夫いたしますが、内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。「サルスベリ 紫花」 ≪「サルスベリ 紫花」の特長 夏を代表する花木で夏から秋にかけてムラサキの花を咲かせます。成木で満開になると見応えがあります。花後は実を付け冬は落葉します。最大の特徴である樹皮がはがれ落ち木自体がツルツルになるところから「猿も滑って落ちる」→「サルスベリ」となったと言われています。強健で栽培しやすいのでシンボルツリーにおすすめです。

カルミア ヤンキードードル 5号苗木(k07)

千草園芸

3,520

カルミア ヤンキードードル 5号苗木(k07)

写真は見本品です。 21年10月26日に入荷しました。 季節により状態は変化いたします。 2110dKalmia latifolia L 「分類」ツツジ科カルミア属の常緑低木 「原産」北アメリカ東部 「耐寒性」−5度 「開花時期」5〜6月 「成木の樹高」約10m 「栽培適地」北海道南部以南 春に木いっぱいに花を咲かせるツツジ科の植物です。多少の日陰でも育ちますが、日が当たる場所のほうが花つきはよくなります。 自生地は岩や砂質用土の森林地帯で、水捌けのよい酸性土壌を好みます。 水捌けを非常に好み、露地植えのほか、鉢栽培では粗い鹿沼土を使用するとよく出来ます。 花色は本来白〜ピンクですが多くの園芸品種が作られています。 1.オスボレッド「Ostbo Red」よく知られた赤色。 2.グッドリッチ「Good Rich」赤褐色。 3.アルバ「Alba」白花。 4.クレメンタインチャーチル「Clementine Churchil」赤花大輪種。 5.フスカタ「Fuscata」白地に紫褐色の輪がはいる。 6.ガーネットクラウン「Garnet Crown」濃い赤に白の輪が入る。 7.マホガニークラウン「Mahogany Croun」茶褐色に白い輪が入る。 8.ニックマック「Nipmuck」つぼみは赤いが開花時にはピンクになる。 9.オリンピックピンク「Olympic Pink」明るいピンク系の赤色。 10.ピンクチャーム「Pink Charm」美しいピンク。 11.レッドクラウン「Red Croun」白地に赤い輪が入る。 ■栽培方法 日当たりと水はけの良い場所が最適です。 庭上の場合は、植え場所を丁寧に耕し、ピートモスと鹿沼土などを土を良く混ぜ、根の間によく土が入る様に植えつけます。 剪定は、ほとんど必要ありませんが...

カルミア ピンクボール 5号苗木(k07)

千草園芸

3,520

カルミア ピンクボール 5号苗木(k07)

写真は見本品です。 写真は21年5月11日に撮影。 状態は季節によって変化いたします。215aKalmia latifolia L 「分類」ツツジ科カルミア属の常緑低木 「原産」北アメリカ東部 「耐寒性」−5度 「開花時期」5〜6月 「成木の樹高」約10m 「栽培適地」北海道南部以南 春に木いっぱいに花を咲かせるツツジ科の植物です。多少の日陰でも育ちますが、日が当たる場所のほうが花つきはよくなります。 自生地は岩や砂質用土の森林地帯で、水捌けのよい酸性土壌を好みます。 水捌けを非常に好み、露地植えのほか、鉢栽培では粗い鹿沼土を使用するとよく出来ます。 花色は本来白〜ピンクですが多くの園芸品種が作られています。 1.オスボレッド「Ostbo Red」よく知られた赤色。 2.グッドリッチ「Good Rich」赤褐色。 3.アルバ「Alba」白花。 4.クレメンタインチャーチル「Clementine Churchil」赤花大輪種。 5.フスカタ「Fuscata」白地に紫褐色の輪がはいる。 6.ガーネットクラウン「Garnet Crown」濃い赤に白の輪が入る。 7.マホガニークラウン「Mahogany Croun」茶褐色に白い輪が入る。 8.ニックマック「Nipmuck」つぼみは赤いが開花時にはピンクになる。 9.オリンピックピンク「Olympic Pink」明るいピンク系の赤色。 10.ピンクチャーム「Pink Charm」美しいピンク。 11.レッドクラウン「Red Croun」白地に赤い輪が入る。 ■栽培方法 日当たりと水はけの良い場所が最適です。 庭上の場合は、植え場所を丁寧に耕し、ピートモスと鹿沼土などを土を良く混ぜ、根の間によく土が入る様に植えつけます。 剪定は、ほとんど必要ありませんが、開花後の花がら摘みが大切です。 ...

送料無料
矮性サルスベリ ペチートサンシャイン レッドイムプ(赤花) 苗木 7号(e08)

千草園芸

4,400

矮性サルスベリ ペチートサンシャイン レッドイムプ(赤花) 苗木 7号(e08)

※写真は見本品です。 21年6月18日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 209b-u ■サルスベリ・ペチートシリーズの特徴 7〜9月にかけて枝先に多数の花をつけて豪華です。 秋には、丸味のある葉が、明色から黄金色まで彩り豊かに紅葉します。 病性が強く、樹性強健で栽培も容易です。小鉢から大鉢、プランターまたは花壇の主役まで用途として使えます。 日当たりのよいところで、鉢植えや庭で!! 年に数回、油粕や化成肥料を与えてください。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小...

ハトヤバラ苗 6号苗木(k12)

千草園芸

4,400

ハトヤバラ苗 6号苗木(k12)

写真は見本品です。開花時の写真は5月頃撮影のものです。 管理の為植え替え等によりポットでのお届けとなる場合がございます。 21年10月26日に入荷。(写真2枚目) 状態は季節によって変化いたします。 2110d ■開花:5月〜7月ナニワイバラ 分類: バラ科バラ属の耐寒性のつる性低木、 学名: Rosa laevigata 分布: 中国中部東部南部、台湾 別名: ロサ・ラビガータ 草丈: 5〜10m 開花期: 4月下旬〜 耐寒温度: 0℃ 江戸時代に難波(なにわ)の商人によってもたらされこのような名前になったといわれています。 原種に近い性質とされ、丈夫でほとんど病気にならない育てやすいバラです。 鋭いとげがつきますから、人の通る場所からは離して植えたほうがよいでしょう。 温暖な地域では野生化している地域もあるようです。 ナニワイバラの育て方 水はけのよい日当たりの肥沃な土壌を好みます。 丈夫なバラですからあまり手間はかかりません。 よく成長しますから、剪定は3年以上の古い枝を、株元から切ります。 まれに黒点病、ウドンコ病になることがありますが、窒素分の多い肥料のあたえすぎたと気になりやすいので、 暑い季節に窒素肥料を与えるのは避けたほうがよいでしょう。 ハトヤバラ Rosa Laevigata Rosea ナニワイバラのピンクのものを「ハトヤバラ」といわれます。 いつどこで作出されたのかは不明で、来歴は神秘的なバラです。 ナニワイバラの枝代わりではないかといわれていますが、本当のところは分かっていません。 このバラの名前は埼玉県鳩ヶ谷で最初に商業生産されたことで付けられたようです。 ナニワイバラと同じ一重の一期咲きバラで、長く枝を伸ばしてよく繁殖します。 ナニワイバラはウドンコ病や黒点病にはほとんどなりませんが...

サルスベリ 紫花 5.5号 苗木(e06)

千草園芸

1,760

サルスベリ 紫花 5.5号 苗木(e06)

写真は見本品です。 写真は21年9月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。219b-u サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。施肥は冬に行います。 ●病害虫対策●...

送料無料
矮性サルスベリ 苗木 ポコモック 7号(y05)

千草園芸

5,500

矮性サルスベリ 苗木 ポコモック 7号(y05)

写真は見本品です。 21年9月10日に再入荷しました。 21年7月13日に入荷しました。 木の状態は季節により変化いたします。217b-u サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。施肥は冬に行います。 ...

送料無料
【選べる現品】クロロウバイ(黒ロウバイ)アフロディーテ 苗木 6号ポット苗 (k01)

千草園芸

5,500

【選べる現品】クロロウバイ(黒ロウバイ)アフロディーテ 苗木 6号ポット苗 (k01)

※写真は見本品です。 21年5月27日に入荷・撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 215d-u フルーティな甘い芳香のある、マグノリアに似た大きな花を咲かせるクロロウバイの仲間です。開花を始めてから1ヶ月程の間に次々と花が咲きます。手入れが簡単で、日当たりの良い場所と水はけの良い土を好みます。 開花期:5月〜6月カリカンサス(クロロウバイ) アフロディーテ 【分類】ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木 【学名】Calycanthus 'Aphrodite' 【原産】北アメリカ東部 【別名】カリカンサス アフロディーテ 【用途】庭木、公園樹、生け花等 【開花】5月〜6月【栽培敵地】東北地方中部以南 【樹高】3〜5m アフロディーテは中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)と北米原産のクロバナロウバイ(Calycanthus floridus var. glaucus) との属間交配によって生まれた最新の園芸品種です。 ナツメウバイの大型の花形と、クロバナロウバイの花色を受け継いで、すばらしい花が誕生しました。 アメリカで作出された品種で成木の最終樹高は5m程度となります。 花は直径約4cmと大きく、香りがよく濃いワインレッド色の花を5月〜6月に咲かせます。 樹高は最終的には5mになり、排水のよい土壌では、日当たりから半日陰でよく育ちます。 生育も早いのですが樹形は乱れやすいので、冬に剪定します。暑さ寒さに強く栽培容易な花木です。 冬に咲くロウバイのように太い木にはならず、株立ち状に生育します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 耐寒性耐暑性にも強く病害虫もほとんどありません。

送料無料
椿(ツバキ) 岩根絞り(イワネシボリ) 6号 苗木 (g07-3)

千草園芸

4,950

椿(ツバキ) 岩根絞り(イワネシボリ) 6号 苗木 (g07-3)

※写真は見本品です。 写真は21年10月4日に撮影しました。木の状態は季節によって変化いたします2110a-u ■岩根縛り 絞りの美しい椿の代表種です。 豊満な花容に、白斑の鮮やかな品種。 生長は大変遅く、大きくなるのに年月がかかります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害しま...

オオデマリ 6号ポット苗木(z02-1)

千草園芸

2,200

オオデマリ 6号ポット苗木(z02-1)

写真は見本品です。 21年10月26日に入荷しました。状態は季節により変化いたします。2110d □純白で清楚な手毬のような花が咲き乱れます。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて固定してください。オオデマリ (分類)スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木 (学名) Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum (原産)日本(北海道南部〜九州まで植栽可) (開花)5月〜6月 (別名)ビバーナム、テマリバナ (成木の高さ)3〜5m 初夏に大きい手まり状の花をつながるように咲かせます。オオデマリはヤブデマリの園芸種とされています。ヤブデマリの中央部の両性花(雄しべと雌しべがあり、交配して種を付けることができる花)のすべてが装飾花に変化したため、美しい球状の花になっています。両性花が無いために種を作ることはできません。 花を観賞するため庭の脇役として、よく植栽されます。葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化も楽しめます。 ■栽培 肥沃で乾燥しない日当たり、水はけのよい場所を好みます。 乾燥を嫌うので夏の乾燥には十分注意してください。肥沃な土壌を好みますので、寒肥として、また花後に油粕または配合肥料を与えてください。 生育は早く、鉢植では根詰まりしやすいので落葉期に毎年植え替えが必要です。 樹形が乱れやすいのでお好みの形に剪定できます...

送料無料
ポポー 苗木 実生苗 7号(e07)

千草園芸

5,500

ポポー 苗木 実生苗 7号(e07)

※写真は見本品です。 ※接木ではなく、実生苗ですから品種名はありません。 写真は21年10月19日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2110c-u 学名 Asimina triloba Dunal 成木の樹高 6〜10m 栽培適地 東北地方〜九州 開花期 5上旬〜中旬 結実期 8〜10月 ポポーの実 輸送や貯蔵がむずかしいので商業的に流通はしませんが、豊富な栄養とアミノバランスに優れているため最近注目されるようになっています。 不飽和脂肪酸、ビタミンA.C.鉄分、カリウムなどの豊富な栄養素を含んでいます。 果実は大型で甘味が多く、豊産性。果肉は鮮やかな黄色です。ポポー 分類: バンレイシ科 ポポー属 の 落葉高木 学名: Asimina triloba 原産: 北アメリカ大陸の広い範囲に分布 別名: アケビガキ 利用: 食用 収穫期: 9〜10月 樹高: 5〜10m性質: 極めて丈夫な性質です。 栽培敵地: 東北北部〜九州 ポポーの特徴 4月に葉の出ていないころから小さい緑色の蕾をつけ、次第に紫色に変わっていき、開花します。 花は中央部にめしべがあり、その奥に球型に雄しべらしい部分に花粉が見えます。 毎年風の良く当たる上部は落果して葉の中に隠れる場所の果実だけが残って大きくなります。 自家不和合性(1本では結実しない。)とされていますが、我が家では近くにポポーは無いのに1本でもよく実がなります。 1本しか植えてないのによく実がなるというのは他でも聞いたことがあります。 14年8月12日。滋賀県大津市。 ただ、別の木があればもっと実がなるのかもしれません。 9月11日、3個成っていた房の実が落ちていました。 果実は完熟すると木から自然に落下し、その後数日間が食べごろです。 熱帯果実のような甘い香りがあり...

送料無料
ジャカランダブルーブロッサム ビューイング 6号ポット苗木(h34)

千草園芸

7,700

ジャカランダブルーブロッサム ビューイング 6号ポット苗木(h34)

写真は見本品です。。 21年9月17日に入荷・写真撮影しました。 季節によって状態は変化します。219b-uジャカランダ ブルーブロッサム ビューイング (分類)ノウゼンカズラ科ジャカランダ属の常緑高木(学名)Jacaranda mimosifolia(原産)園芸種(別名)(開花期) 6〜7月(成木樹高) 1〜1.5m 低木性のジャカランダで、日本育成品種です。普通のジャカランダは大きく生育しますが、この種は1〜1.5mの高さで花を観賞できる低木性のジャカランダです。 熱帯性のジャカランダは落葉しませんが、この種は冬は落葉します。かつ新芽が出るのが5〜6月と遅めです。 花色は従来の種に比べて濃い青紫色で、露地植えだけでなく鉢植えでも栽培できます。 水はけのよい日当たりを好み、従来のジャカランダよりも耐寒性は強いので暖地(霜の降りない地域)では露地植えが出来ます。 耐寒性はある程度ありますから関東以南では凍らせない程度の要霜よけをすることで冬越しができます。 鉢植えでは赤玉土主体のものに腐葉土などを加えた用土にし、根をあまり切らないように植えつけます。肥料は生育期(4〜10月)に1〜2ヶ月に一度リン酸、カリ分の多いもの(骨粉入りの発行油粕など)を与えます。

ハスカップ 4号ポット 苗木(e03)

千草園芸

1,650

ハスカップ 4号ポット 苗木(e03)

写真は見本品です。 21年9月28日に入荷・撮影しました。 木の状態は、季節により変化します。 219d-uハスカップ 分類: スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木学名: Lonicera caerulea var.emphyllocalyx 原産: 東シベリア、中国東北部、朝鮮半島、日本 別名: クロミノウグイスカグラ開花期: 4〜5月樹高: 1.5-2m栽培敵地: 九州中部以北 「ハスカップ」は、アイヌ語で「低木にたくさん実がついている」という意味です。 完熟果は青黒色で日持ちが悪いために市販されることはありません。 野趣に富んだ風味が好まれ、生食のほか加工に用いられ、特に果実酒では色や味わいも絶品といわれています。 結実までの期間が短く、小さい木でも実をつけます。 性質 耐寒性に強く、耐暑性にやや弱い性質で水はけのよい土壌を好みます。 乾燥を嫌い、日当たり、風通しのよい場所で管理します。 下部から出るシュートは2〜3本残して切り取り、5年毎に更新するようにします。 生食のほか、ジャムやジュース、果実酒に利用されます。 病害虫 葉にウドンコ病、灰色カビ病が発生しやすくトップジンM水和剤等で防除します。 害虫ではカイガラムシ、ハマキムシなどが発生することがありますが特に問題にはなりません。

椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ)  4.5号ポット苗木(g07-1)

千草園芸

1,320

椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ) 4.5号ポット苗木(g07-1)

※写真は見本品です。 写真は21年11月1日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111a-u ツバキ wt hi 花期:11月〜3月 ■シロワビスケ 清楚な純白のワビスケで茶花として人気が高い品種です。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 学名 Camellia wabisuke Kitamura'Wabisuke' 作出 ツバキの交雑種で母種は不詳。江戸時代から栽培されている。 特長 花は純白の小型で樹形は立ち性。京都の金閣寺と大徳寺に古木があります。 開花期 12〜4月 成木の樹高 4〜5m 早咲き性で、12月ころから開花します。樹形は立ち性で伸びやすい性質ですから剪定で樹形を整えるようにします。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり...

送料無料
フェイジョア 株立ち 実生苗 6号 果樹 苗木(k02)

千草園芸

6,600

フェイジョア 株立ち 実生苗 6号 果樹 苗木(k02)

写真は見本品です。 ※実生苗は2本以上植えることで結実しやすくなります。 21年12月2日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。216a-u 実生苗ですので特定の品種名はございません。フェイジョア 分類: フトモモ科フェイジョア属の常緑低木、 学名: Feijoa sellowiana 原産: 南米ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル南部 別名: パイナップルグアバ 開花期: 5月〜7月(果実の収穫は晩秋) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 3〜5m 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木で葉も美しく花も咲き果実も食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 生育は非常に早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。夏の終わりか秋に本年伸張した枝を半分くらいに切り詰めます。 寒さに強く−10℃近くの低温にも耐えると言われていますが、寒風の当たる場所では落葉しやすいです。 寒風の当たらない場所が適していますが、当たる場合は藁などで覆って防風対策が必要です。 多少落葉しても春には回復しますが、しないに越したことはありません。 また、積雪の多い地方では積雪対策が必要です。枝はしなることは無く、非常に折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 果実を収穫するには他品種との交配が必要ですから、2品種植えることをお勧めします。肥料は好みますので、多めに与えるとよく成長しますが...

ムクゲ フレンチキャバレー パープル 苗木 6号(k12)

千草園芸

4,400

ムクゲ フレンチキャバレー パープル 苗木 6号(k12)

写真は見本品です。 花が咲き進むと色合いは変化します。 写真は21年9月10日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。219b-uムクゲ mk bpムクゲ 【分類】アオイ科フヨウ属の耐寒性落葉中木 【学名】Hibiscus syriacus L. 【原産】中国 【別名】ハチス 【用途】庭木、街路樹等 【開花】7月?9月 【成木】3m?5m 【栽培敵地】北海道南部?沖縄 夏の花の少ない季節に長期にわたって花を咲かせます。 花の色は咲きはじめと夕方や翌日とは色が変わるものが多く、咲くときの季節によっても変わるものがあります。 また、花の大きさも品種だけではなく、木の生育条件によっても大きく異なります。 木が若くて育ちのよいときは大きい花を咲かせます。 原産地はインド、日本を含む東アジアなどと書かれているものもありますが、 信頼される専門書では中国とされていますので、こちらが正しいと思われます。 日本へは奈良時代に中国から渡来し、渡来時には和歌山県や山口県に野生のムクゲがあったとの記録があることから もっと古い時代に伝わり野生化したものではないかと思われます。 ムクゲはハイビスカスの仲間ですが寒さにも強く比較的寒地での栽培にも適しています。 ムクゲの育て方 日当たり、水はけ、肥沃な土壌を好みます。 耐暑性、耐寒性、また乾燥に強いので、やや荒れ地でも育つことから、 街路樹等にも利用されています。 剪定は、落葉期に行いましょう。生育が早く枝が伸びやすいので、 伸びすぎた枝、込み枝などを整理して、新芽がでてきても風通しをよい状態にしましょう。 また、花芽は新梢につくので、小柄にしたいときは太枝を切って枝の更新をはかりましょう。 切った枝は、挿し木して増やせます。 ★園芸品種は多く花は一重咲き、半八重咲き、八重咲きのものがあります。 ...

マルバチャイニーズホーリー(クリスマスホーリー) 4.5号ポット植え(i06)

千草園芸

1,045

マルバチャイニーズホーリー(クリスマスホーリー) 4.5号ポット植え(i06)

写真は入荷時の見本品です。ご購入の時期によっては実はありません。 21年11月2日に入荷しました。 木の状態は季節により変化いたします。2111a xmshチャイニーズホーリー 分類: モチノキ科モチノキ属の常緑小高木、雌雄異株 学名: Ilex cornuta 原産: 中国東北部,朝鮮半島 別名: シナヒイラギ、ヒイラギモチ,ヒイラギモドキ、 開花期: 4月〜5月(秋〜冬に実が色づく) 樹高: 2〜5m 栽培敵地: 北海道南部以南 「ホーリー」とは、モチノキ科モチノキ(イレックス)属の中の西洋ヒイラギ(イングリッシュホーリー)、アメリカヒイラギ(アメリカンホーリー)、そしてこの「ヒイラギモチ(チャイニーズホーリー)」の3種に分類されますが、どちらもクリスマスホーリーと呼ばれて混同して流通しているのが現状です。 セイヨウヒイラギは赤い実を付けますが、日本のヒイラギは葉はよく似ていますが、モクセイ科モクセイ属に属する種で実は熟すと黒くなります。 雌雄異株ですが、単為結果といって雌株だけでも実はなります。 上はチャイニーズ・ホーリーの花。16.3.15 ただ、実ができても発芽しないかもしれません。 日差しが強い場所、乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さ暑さにある程度は強く関東関西地方での露地栽培には問題ありません。 育て方のポイント 1.植え付け適期: 周年可 鉢植えのものはいつでも可能。 2.日当り: 半日陰を好む。 3.水はけ: 普通。 4.土の性質: 肥沃な土壌を好む。 5.移植後の水やり 普通 乾燥しないようにあたえる。 6.移植後の注意 特になし 7.耐寒性: 強い。 8.耐寒風: 普通。土の乾燥に注意。 9.積 雪: 普通。 積雪30cmなら問題ない。 10...

矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ ベイブ(淡いピンク)5.5号苗(k10)

千草園芸

2,860

矮性サルスベリ ウィズラブシリーズ ベイブ(淡いピンク)5.5号苗(k10)

秋〜冬場は落葉期のため葉がない状態でのお届けとなります。 写真は見本品です。 21年9月22日に再入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。219c-u サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は、切り口に癒合剤を塗っておきましょう...

白南天(シロナンテン)苗木 12号鉢植え

千草園芸

11,000

白南天(シロナンテン)苗木 12号鉢植え

鉢の色をお選びください 写真は見本品です。 鉢を含めた高さは約120cmです。※2〜5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。 木の状態は季節により変化いたします。 南天 10号鉢植えはこちら 他のサイズ商品はこちら xmshナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがあり...

斑入り青木(フイリアオキ) ピクチュラータ 苗木 6号

千草園芸

3,300

斑入り青木(フイリアオキ) ピクチュラータ 苗木 6号

※写真は見本品です。 写真は21年11月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2011a-u ■直射が強いと葉やけを起こしたり、葉が黄色くなりますので、半日陰〜日陰の庭に適しています。シェードガーデンで明るく見せたいところに植えると良いでしょう。 ■栽培方法 やや湿り気のある土壌を好むので、腐葉土や堆肥を多めに混ぜこんでから植えつけましょう。 夏は日陰、冬は半日陰になる場所を好みますので落葉樹の下などがよいでしょう、 夏場や鉢植えの場合は、水切れに注意しましょう。自然に樹形がまとまるので若木のうちは剪定はあまり行わなくてよいです。青木(アオキ) 【分類】ミズキ科アオキ属 『雌雄異株』 【学名】Aucuba joponica 【分布】日本全土(北海道南部〜沖縄) 【由来】葉や茎が青いことから、「アオキ」と名付けられました。 【別名】アオキバ、アウクバ 【樹高】1.5〜2m 【用途】日陰の庭園、公園、観葉等 【開花期】3月〜5月 【結実期】12月〜3月 □日本に生息するアオキは、江戸時代の頃から、日陰の庭園に利用されていて重宝されています。日陰でもよく育ち、常に青々とし生命力があることからか欧州人に特に人気です。日陰で開いてる庭のスペースや玄関先の路地植えにオススメです。 また、実が黄色の「キイロミアオキ」という品種や、雪の多い日本海側に生息する小型の葉の「ヒメアオキ」という品種もあります。 左上は雄花で、右上が雌花です。12年4月15日大津市荒川で 雌株は交配すると赤い実を付けます。 ■栽培方法 日陰、半日陰で湿り気、肥沃な土壌を好みます。 日当たりがよすぎると葉やけを起こし、変色することがあるので、夏場の直射日光は特に避けましょう。

送料無料
フイリヤツデ(斑入りヤツデ) 苗木 6号

千草園芸

5,500

フイリヤツデ(斑入りヤツデ) 苗木 6号

※写真は見本品になります 写真は21年11月6日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111a ヤツデ 分類: ウコギ科ヤツデ属の常緑低木学名: Fatsia japonica原産: 本州の福島より南〜沖縄別名: テングノハウチワ 開花期: 11月〜12月樹高: 2〜3m栽培敵地: 東北地方北部以南 葉の特徴的な姿から、テングノハウチワの別名があります。 手のような大きな葉が人を招く「千客万来」の縁起を担いで玄関先や門の脇によく植えられます。 ヤツデ(八手)の「八」は末広がりで縁起の良い文字でもあることからも縁起のよい木とされてきました。 生育環境にはよく適応し日当たりでも育ちますが、日の当たらない日陰でもよく育つので、日陰の庭にも植えられます。 冬に白い花を枝先にたくさん咲かせ、春に実が付きます。 ●育て方のポイント● 湿った場所でよく育ちますが、水はけの悪い停滞水は根グサレを起こすので水はけのよい環境で育てます。乾燥しない肥沃な土壌を好みます。 耐暑性にも耐寒性にもつよく氷点下5度程度までは耐えます。 日当たりでも日陰でもよく育ちますが、日陰で管理したものを直射に当てると黒く葉やけを起すので鉢植では日陰で管理したほうがよいでしょう。 病害虫 害虫ではロウムシ(カイガラムシ)が発生することがあります。 病気はあまり見られませんが「ヤツデそうか病」が発生することがあります。3月〜4月の新葉が展開する季節に葉や茎にかさぶた状の斑点が生じるもので、土の中の糸状菌から雨滴の飛沫により伝染するもので、土跳ねをなくすようにマルチングをすることで予防します。発生した場合は病犯部を取り除き殺菌剤を噴霧します。 その他まれになる病気 ・「黄色紋羽病」 若木や苗木の地上部が急にしおれ、 葉は水気が抜け黄緑色になって下垂する。 ・「炭そ病...

送料無料
【現品】なつめ(ナツメ) 8号苗木 401(e07)

千草園芸

11,000

【現品】なつめ(ナツメ) 8号苗木 401(e07)

写真の商品をお送りいたします。 写真は21年9月7日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。219a-uナツメ (分類) クロウメモドキ科ナツメ属の落葉中高木 (学名) Ziziphus jujuba (原産) 中国、西アジア (樹高) 5〜10m (開花期) 6〜8月(収穫期) 9〜10月 (利用) 庭植え、鉢植え (栽培敵地) 全国 日本への渡来は奈良時代以前とされています。 生食が一般的ですが、乾燥果にすると1年は保存ができ、甘味が倍増して大変おいしく1年中食べられます。 また、調理例としてシロップ漬け、ジュース、サラダ、スープ、てんぷら、煮物などと多様に調理可能です。 ナツメの育て方 水捌けのよい肥沃な土壌を好み、暑さ寒さに強く用土は選ばない強健種です。 受粉樹はいらないので、1本で実をつけ、早ければ翌年からの結実が期待できます。 肥料は好みますので多めに与えたほうが成長がよくなります。 その年に伸びた新枝に花が咲き、実が付きますから剪定は落葉期に強めに行います。 (植え付け) 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。

グニーユーカリ 6号鉢 苗木(c12)

千草園芸

3,300

グニーユーカリ 6号鉢 苗木(c12)

※写真は見本品です。 21年10月26日撮影。季節によって状態は変化します。2110d 日当たりと水はけのよい場所を好みます。 ■ユーカリは、明治に日本に渡ってきて、世界中に約600種類以上あり、葉は薬用や香料などに利用されています。 シルバーブルーの葉は美しく切り葉として色々なアレンジに使えます。ブーケやリースなど使い方色々です。ユーカリ グニー 【分類】フトモモ科ユーカリ属『常緑高木』 【原産】オーストラリア南東部、ニュージーランド、タスマニアなど 【学名】Eucalyptus gunnii. 【別名】グニーユーカリ. 【特徴】ユーカリは約500種があるとされ、オーストラリアに分布する樹木の4分の3がユーカリの仲間と言われています。小さな丸葉をもつユーカリグリー。シルバーリーフが美しく大きくなっても大きい葉にはなりません。 成長がとても早く、現地では50〜70mの大木になるそうです。 グニーユーカリは成長が早く枝がよく伸びるので毎年の剪定が必要です。 【栽培】水はけのよい土に植え、日当たりのよいところであればよく育ちます。 乾燥には比較的強いですが過湿には弱いので湿潤な場所には適しません。 鉢植えなどで販売されていますが、室内管理には向きません。日当たりの良い屋外で管理しましょう。 小さいうちは高温多湿の季節にはウドンコ病や斑点の出る病気が発生することがあります。 雨粒の跳ね返りがしないようにバークチップでマルチをしたり、梅雨になるころに殺菌剤を散布する等の予防をしておくと良いでしょう。 【栽培上の注意】幼木のうちに支柱を立てて、樹形をまっすぐに立てておきます。 幼木の間は寒さに弱いので、冬氷点下になる地域では、室内管理がよいでしょう。 関東地方以南での露地植えが可能ですが、小さいうちは寒さに弱いので木が木質化するまでは冬は室内が...

送料無料
ポポー 実生苗 苗木 6号(f04)

千草園芸

4,950

ポポー 実生苗 苗木 6号(f04)

※写真は見本品です。 ※接木ではなく、実生苗ですから品種名はありません。 苗木の写真は21年10月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2110a-uポポー 分類: バンレイシ科 ポポー属 の 落葉高木 学名: Asimina triloba 原産: 北アメリカ大陸の広い範囲に分布 別名: アケビガキ 利用: 食用 収穫期: 9〜10月 樹高: 5〜10m性質: 極めて丈夫な性質です。 栽培敵地: 東北北部〜九州 ポポーの特徴 4月に葉の出ていないころから小さい緑色の蕾をつけ、次第に紫色に変わっていき、開花します。 花は中央部にめしべがあり、その奥に球型に雄しべらしい部分に花粉が見えます。 毎年風の良く当たる上部は落果して葉の中に隠れる場所の果実だけが残って大きくなります。 自家不和合性(1本では結実しない。)とされていますが、我が家では近くにポポーは無いのに1本でもよく実がなります。 1本しか植えてないのによく実がなるというのは他でも聞いたことがあります。 14年8月12日。滋賀県大津市。 ただ、別の木があればもっと実がなるのかもしれません。 9月11日、3個成っていた房の実が落ちていました。 果実は完熟すると木から自然に落下し、その後数日間が食べごろです。 熱帯果実のような甘い香りがあり、やわらかい果肉がクリームのようです。 早速二つに切ってみました。 甘い香がする柔らかい果肉の中に2列に並んだ大きい種があります。味は甘い中に少しの酸味があるクリームのような不思議な味です。 明治時代に日本に持ち込まれた果樹です。果実は日持ちがしないので、流通はほとんどなく、果実はほとんど販売されていません。 葉は秋に黄色く紅葉します。2015.10.30.京都市内で ポポーの育て方 1本でも実がなりますが...

送料無料
ムクゲ ローズオブシャロン ラズベリー 6号 苗木(e11)

千草園芸

4,400

ムクゲ ローズオブシャロン ラズベリー 6号 苗木(e11)

写真は見本品です。 21年8月20日に撮影、再入荷しました。 樹木の状態は季節によって変化します。218d-u ムクゲ mk prムクゲ 【分類】アオイ科フヨウ属の耐寒性落葉中木 【学名】Hibiscus syriacus L. 【原産】中国 【別名】ハチス 【用途】庭木、街路樹等 【開花】7月〜9月 【成木】3m〜5m 【栽培敵地】北海道南部〜沖縄 夏の花の少ない季節に長期にわたって花を咲かせます。 花の色は咲きはじめと夕方や翌日とは色が変わるものが多く、咲くときの季節によっても変わるものがあります。 また、花の大きさも品種だけではなく、木の生育条件によっても大きく異なります。 木が若くて育ちのよいときは大きい花を咲かせます。 原産地はインド、日本を含む東アジアなどと書かれているものもありますが、 信頼される専門書では中国とされていますので、こちらが正しいと思われます。 日本へは奈良時代に中国から渡来し、渡来時には和歌山県や山口県に野生のムクゲがあったとの記録があることから もっと古い時代に伝わり野生化したものではないかと思われます。 ムクゲはハイビスカスの仲間ですが寒さにも強く比較的寒地での栽培にも適しています。 ムクゲの育て方 日当たり、水はけ、肥沃な土壌を好みます。 耐暑性、耐寒性、また乾燥に強いので、やや荒れ地でも育つことから、 街路樹等にも利用されています。 剪定は、落葉期に行いましょう。生育が早く枝が伸びやすいので、 伸びすぎた枝、込み枝などを整理して、新芽がでてきても風通しをよい状態にしましょう。 また、花芽は新梢につくので、小柄にしたいときは太枝を切って枝の更新をはかりましょう。 切った枝は、挿し木して増やせます。 ★園芸品種は多く花は一重咲き、半八重咲き、八重咲きのものがあります。 交雑しやすく...

斑入りタニウツギ フロリダバリエガータ 苗木 6号 (e2)

千草園芸

2,860

斑入りタニウツギ フロリダバリエガータ 苗木 6号 (e2)

写真は見本品です。21年4月20日に撮影しました。状態は季節により変化いたします。204d □分類:スイカズラ科/落葉低木 □別名:ウェイゲラ フロリダエガータ ■花色が白から濃いピンクへと色移りするので2色咲きとなり、クリーム色の斑が入った葉とのコントラストが抜群です。斑入りの品種ですので、花が終わった後もカラーリーフとして楽しめます。 ■栽培方法 日当たり、半日陰でよく育つので、戸外で管理してください。美しい斑を保つには、夏は半日陰にすると良いでしょう。 また、緑葉が出たら枝ごと取り除いてください。 鉢植えの場合は、花が終わったらひとまわり大きな鉢に植えましょう。 肥料は、春から秋に緩効性のものを施してください。 □開花:4月〜5月 □草丈:約2m ●写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。また、季節により木の状態は変化いたします。 冬場は落葉した状態でのお届けとなります。タニウツギ 分類: スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木 学名: Weigela hortensis 別名: ベニウツギ 原産: 北海道〜九州(タニウツギ属には、世界(北アメリカ、中国、朝鮮半島、日本)で約12種が分布) 開花期: 5月中旬〜6月 樹高: 2m-3m 利用: 庭木、 性質: 栽培しやすく日本全国で栽培できます。 キレイなピンクの花がラッパ状にシダレて咲かせ、木は花いっぱいになり見事です。 耐暑性、耐寒性、、耐病性、耐陰性ともに強く、北海道南部〜沖縄まで栽培できます。 基本色はピンクですが、濃い朱赤色ものや斑入り種などの園芸品種があります。 軸の中心部が空洞になっているところからウツギの名前がつけられました。 斑入りタニウツギ フロリダ バリエガータ 分類: スイカズラ科タニウツギ属の落葉低木 学名: Weigela...

送料無料
クロソヨゴ(黒ソヨゴ) 5号ポット 苗木メス木 常緑樹 植木 庭木 r(k01)

千草園芸

6,050

クロソヨゴ(黒ソヨゴ) 5号ポット 苗木メス木 常緑樹 植木 庭木 r(k01)

写真は見本品です。 21年10月26日に入荷しました。 季節によって状態は変化します。2110d-uクロソヨゴ 分類: モチノキ科モチノキ属の常緑小低木 学名: Ilex sugerokii 分布: 本州中部(山梨県)以西から四国の太平洋側の 限定された場所 利用: 庭木、鉢栽培 性質: 常緑性 栽培敵地: 東北地方以南の低地 常緑で、高さ2mほどになる小低木です。 6月頃に花を咲かせ、その後実を付けます。 ソヨゴと同じく、モチノキ属の常緑小低木(雌雄異株)ですが、成長も遅く全体的に小ぶりです。 樹肌が黒い事からクロソヨゴと呼ばれています。 葉はソヨゴより小さく、縁がノコギリ状になっています。実はソヨゴのような赤い実を付けます。 本州の山梨県以西と四国の山地の尾根や岩場に分布しますが、個体数は少なく高さも2m程度のものが多いようです。 近縁種にはアカミノイヌツゲ(別名:ミヤマクロソヨゴ)があり、北海道および本州の中部以北の亜高山帯に自生します。こちらはさらに小型で葉を密につけ葉や実の付き方はよく似ていますが、樹形はこんもりと横に広がり立性ではありません。 栽培 基本的にはソヨゴと同じですが、小型であることから鉢栽培に適しています。 ただ、自生している環境から予想して当店では粗い鹿沼土などを加えた水はけと水持ちのよい用土を使用して肥料も多めに与えて栽培しています。 生育は良好です。

送料無料
斑入りクチナシ(フイリクチナシ) 金峰(キンポウ) 6号 苗木 (h44)

千草園芸

4,400

斑入りクチナシ(フイリクチナシ) 金峰(キンポウ) 6号 苗木 (h44)

写真は見本品です。 21年11月29日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。210aクチナシ (分類)アカネ科クチナシ属の常緑低木、 (学名)Gardenia jasminoides (原産)日本(本州・四国・九州・沖縄) 、中国、台湾 (開花期) 6月〜7月(実 熟) 11月〜12月 (栽培敵地)関東地方以南 暖地性の樹木で寒さに弱い花木なので、常緑樹ですが冬は葉が少なくなり、寒風のあたる場所では痛みが出ることがあります。 また、斑入り葉の品種は葉の一部が枯れたりします。 日当たりの悪いところでは花つきが悪くなりますので日当たりが適していますが、夏に強い直射日光の当たる所では、葉やけを起こしたり黄色くなったりしますので、 適度な半日陰が最適です。 植栽されるクチナシは八重のものが多いのですが基本種は一重で、八重のものは変種か改良されて種で、雄しべが花弁に変化しているため結実しません。 芳香花木の代表で、開花時にはすばらしい香りを漂わせます。 また「くちなし」の名前は「朽ち無し」=朽ちることがないという意味で、縁起のよい樹種としてよく庭に植栽されます。 実はサフランの色素の成分と同じカロチノイドの一種クロシンが含まれ、乾燥させて黄色の着色料として用いられていました。 また、漢方薬としても利用されています。 上は京都等持院の庭に植栽されていた実成りクチナシ2015.15.5 病害虫 害虫ではオオスカシバの大きい幼虫がよく付きます。 数は多くはないので、手で取り除くか、予防にオルトラン粒剤などの浸透移行性殺虫剤を撒いておきます。

椿(ツバキ)那須の誉(ナスノホマレ) 6号 苗木(花芽ナシ)

千草園芸

4,400

椿(ツバキ)那須の誉(ナスノホマレ) 6号 苗木(花芽ナシ)

※写真は見本品です。 写真は21年10月4日に撮影しました。木の状態は季節によって変化いたします2110a-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ) 弁天神楽(ベンテンカグラ)6号 苗木(b)

千草園芸

3,630

椿(ツバキ) 弁天神楽(ベンテンカグラ)6号 苗木(b)

写真は見本品です。 写真は21年11月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111a-u ツバキ ya miツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ)覆輪侘介(フクリンワビスケ)5号ポット 苗木(b)

千草園芸

1,815

椿(ツバキ)覆輪侘介(フクリンワビスケ)5号ポット 苗木(b)

写真は見本品です。 21年10月5日に入荷しました。 状態は季節によって変化いたします。2110a-u ツバキ mi hiツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ)福娘(フクムスメ) 5号苗木 (g07-2)

千草園芸

2,530

椿(ツバキ)福娘(フクムスメ) 5号苗木 (g07-2)

※写真は見本品です。 写真は21年10月4日に撮影しました。木の状態は季節によって変化いたします2110a-u ツバキ pk yaツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ)貴婦人(キフジン)4号ポット 苗木(g03-1)

千草園芸

1,320

椿(ツバキ)貴婦人(キフジン)4号ポット 苗木(g03-1)

※写真は見本品です。 21年10月5日に入荷。 木の状態は季節によって変化いたします 2110b-u ツバキ pk hiツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

榊(サカキ) 4.5号 苗木(k12)

千草園芸

1,540

榊(サカキ) 4.5号 苗木(k12)

写真は見本品です。 写真は21年8月25日に撮影。 状態は季節によって変化いたします。218d榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能です。 病害虫は、まれに斑点病が出ることがあります。発生の多い梅雨や秋雨時期の前に...

送料無料
マンゲツロウバイ(満月蝋梅) 苗木 8号苗(k12)

千草園芸

8,250

マンゲツロウバイ(満月蝋梅) 苗木 8号苗(k12)

写真は見本品です。 苗木の写真は21年11月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2111a-uロウバイ(蝋梅) 【分類】ロウバイ科ロウバイ属 【学名】Chimonanthus(=冬の花)praecox(=早咲きの) 【原産】中国 【別名】カラウメ(唐梅)、トウバイ(唐梅) 【用途】庭木、公園樹、生け花等 【開花】12月〜3月 【最終樹高】2m〜5m 【栽培適地】東北以南 □蝋燭でつくられた花みたいで、梅の花に似ていることから名付けたロウバイ。 日本では古くから栽培され、お正月の生け花などに用いられます。 雪のふる中でも花を咲かせます。 花の少ない冬に咲く花として有名です。特に、12月下旬から正月に咲く品種の「満月ロウバイ」に人気があります。その他見分けがつきづらいのですが、ロウバイにはいくつか品種があります。 1.トウロウバイ(Meratia praecox Rehd.et Wils.var.grandiflora Rehd.et Wils.) ロウバイの変種。花の中央が濃赤芯で、巾がやや広くふっくらしている。 九州地方では、こちらが満月ロウバイと呼ばれることがあるため、九州満月ともいいます。 2.ソシンロウバイ(Meratia praecox Rehd.et Wils.var.concolor Mkino) 花弁の中央部分が黄色く、満月ロウバイより花弁が小さく、黄色が薄い。 ロウバイの中でも優しい色から、茶花として利用されている。 3.マンゲツロウバイ ソシンロウバイの変種。ソシンロウバイより花が大きく、鮮やかな黄色をしたもの。 近年増殖され、関西地方では正月に開花し、早春まで長期間咲きつづづける。 ロウバイの育て方 日当たり、やや湿り気の肥沃な土壌を好みます。半日陰でも育ちますが...

アベリア 苗木 マジックチョコレート 5号ポット(e06)

千草園芸

2,200

アベリア 苗木 マジックチョコレート 5号ポット(e06)

写真は入荷時の見本品です。 21年10月26日に入荷しました。季節によって状態は変化します。2110dアベリア (分類): スイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑低木(学名): Abelia × grandiflora(園芸種) (原産): 東アジア、メキシコ(別名): ハナツクバネウツギ (開花期): 5月〜10月(樹高): 0.5〜3m(栽培適地): 北海道南部以南 生垣や街路樹でよく植えられているのは半常緑性のグランディフローラ種です。 グランディフローラ種は中国原産のキネンシス種〔A. chinensis〕とユニフローラ種〔A. uniflora〕を交配して作られた園芸種です。 開花期は春から秋までの長い季節にわたって楽しめます。花は小さな釣鐘状で色は白やピンクがあります。極端に寒い地域では冬は落葉します。 写真は7月上旬の状態です。 病害虫が少なく丈夫で枝をよく出し、刈りこんで色々な形に仕立てられるので生垣の他、公園や道路脇の植え込みにもよく植えられます。 高さは1m程度の低い生垣に向いています。 背丈の高くなりにくい品種はグランドカバーにも用いられます。 主な品種 エドワード・ゴーチャー〔A. × grandiflora 'Edward Goucher'〕 花付きがよくて成長が遅いのが特長です。性質も強く生垣にもグランドカバーにも用いられます。花色はピンクです。 フランシス・メイソン〔A. × grandiflora 'Francis Masson'〕 葉に黄色い縁取りが入ります。花色は白で、グランドカバーや寄せ植えに利用されます。 サンライズ〔A. × grandiflora 'Sunrise'〕 若葉は黄色い縁取りが入り、その縁取りが秋頃に赤オレンジ色に変わる姿が美しいです。花色は白で...

ドウダンツツジ 苗木 4号(a13)

千草園芸

1,980

ドウダンツツジ 苗木 4号(a13)

写真は見本品です。 写真は21年6月22日に撮影しました。 10月5日に再入荷しております。 季節によって状態は変化します。2110a-uドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西〜九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月〜6月 【成木】2m〜3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり、枝が枯れんだりすることがあります。 剪定は、11月下旬以降に基本樹形を作り...

アベリア 苗木 ヴェルデブーケ 5号ポット(e06)

千草園芸

2,200

アベリア 苗木 ヴェルデブーケ 5号ポット(e06)

写真は入荷時の見本品です。 21年10月26日に入荷しました。季節によって状態は変化します。2110dアベリア (分類): スイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑低木(学名): Abelia × grandiflora(園芸種) (原産): 東アジア、メキシコ(別名): ハナツクバネウツギ (開花期): 5月〜10月(樹高): 0.5〜3m(栽培適地): 北海道南部以南 生垣や街路樹でよく植えられているのは半常緑性のグランディフローラ種です。 グランディフローラ種は中国原産のキネンシス種〔A. chinensis〕とユニフローラ種〔A. uniflora〕を交配して作られた園芸種です。 開花期は春から秋までの長い季節にわたって楽しめます。花は小さな釣鐘状で色は白やピンクがあります。極端に寒い地域では冬は落葉します。 写真は7月上旬の状態です。 病害虫が少なく丈夫で枝をよく出し、刈りこんで色々な形に仕立てられるので生垣の他、公園や道路脇の植え込みにもよく植えられます。 高さは1m程度の低い生垣に向いています。 背丈の高くなりにくい品種はグランドカバーにも用いられます。 主な品種 エドワード・ゴーチャー〔A. × grandiflora 'Edward Goucher'〕 花付きがよくて成長が遅いのが特長です。性質も強く生垣にもグランドカバーにも用いられます。花色はピンクです。 フランシス・メイソン〔A. × grandiflora 'Francis Masson'〕 葉に黄色い縁取りが入ります。花色は白で、グランドカバーや寄せ植えに利用されます。 サンライズ〔A. × grandiflora 'Sunrise'〕 若葉は黄色い縁取りが入り、その縁取りが秋頃に赤オレンジ色に変わる姿が美しいです。花色は白で...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク