メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「イタリアナス種」検索結果。

イタリアナス種の商品検索結果全16件中1~16件目

ナス:白ナス(イタリア野菜)[人気のシロナス 茄子 野菜タネ]

園芸ネット プラス

415

ナス:白ナス(イタリア野菜)[人気のシロナス 茄子 野菜タネ]

タネ・小袋 1〜3月まきナス:白ナス(イタリア野菜)[人気のシロナス 茄子 野菜タネ]外皮の真っ白なナスです。皮から色が出ないので、料理の色を汚さないのが特徴です。食味は米ナスに似ており、炒め物やフライ、てんぷらに適します。彩をいかして小さな果実で収穫しピクルスや、スライスしてサラダにも利用できます。果熟になると、外皮は黄色になります。泥はねよけに敷きわらやマルチを利用するときれいな果実が収穫できます。まき時 : 1月〜3月収穫:6月〜10月内容量:約30粒日照 : 日当りを好む 発芽までの日数(目安):7〜12日発芽に適した温度(目安):20〜30℃種まき:トロ箱か平床で8cm間隔の条まきにします。育苗期間中はビニールで覆い、本葉2枚の頃に鉢上げをして、本葉6枚ぐらいの苗に育てます。育て方:霜の心配がなくなった頃、元肥として1平米あたり苦土石灰2握り、完熟堆肥2kg、油かす3握り、化成肥料3握りを施して深耕します。整枝は3本仕立て。支柱をして、ひもで枝吊りをします。追肥は1番果収穫の少し前から、化成肥料1握りを10〜14日ごとに施します。ナス:白ナス(イタリア野菜)[人気のシロナス 茄子 野菜タネ]の栽培ガイド種まきのコツ手作りのシード・テープ春から始める、ベランダ菜園種まきの方法:容器の選び方夏野菜作型表種まきの方法:色々なタネ

【輸入種子】イタリアナス ロッサビアンコ藤田種子

Ivy

540

【輸入種子】イタリアナス ロッサビアンコ藤田種子

コメント: 美味しいイタリアの伝統的品種のナスです。 直径12cmぐらいの実は、肉厚でアクが少なく、クリーミーな味わいです。 オイルとの相性が良く、ステーキ・揚げ物・肉詰め・グラタンなどがお勧めです。 学名、科名: Solanum melongena ナス科ナス属 英名: Eggplant 和名: 茄子(ナス) 別名: 落蘇、崑崙紫瓜、オウバージン 種類: 一年草 味わい方: ステーキ・揚げ物・肉詰め・グラタンなど 播種時期: 2〜5月 収穫時期: 発芽適温: 20〜30℃ 発芽日数: 7〜12日 播種深さ: 生産地: 米国 内容量: 20粒 発芽率: 約75%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: なすは苗づくりに55〜60日くらいの日数を要するので、じっくり育てて健苗を作るのがポイントです。 3月下旬頃にポリポットに種を蒔きビニールトンネルをかけて育てます。 育て方: 5月中〜下旬に、地温が上昇してから、畦間180cmに60cm株間とし植えつけます。 主枝の8〜9節に一番果がつくので、その下から出る強い側枝2本を残し、他はかきとり、主枝共に3本立てとして、日当たりのよくなるように誘引する。 追肥の回数は多めに行い、幼、小果収穫を励行して、大果にしないようにします。 備考: ・裏面には種のまき方などの日本語訳が付いております。 ・生産国の気候を基にしているため、日本の育て方と異なることがあります。 ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ...

【種子】なすコレ グリルでイタリアトキタ種苗のタネ

Ivy

486

【種子】なすコレ グリルでイタリアトキタ種苗のタネ

コメント: 果重最大580g、長さ16cm、直径14cm、栽培しやすい。 果皮は艶のある紫で、果肉は綺麗な白色で肉厚・柔らか・水分が少なめ。 草勢強く、適期栽培では収量が高いので、栽培が簡単。 ズッキーニと同じ感覚でソテー、ステーキ、グリルでおしゃれに。 学名、科名: Solanum melongena ナス科ナス属 英名: Eggplant 別名: 落蘇、崑崙紫瓜、オウバージン 和名: 茄子(ナス) 種類: 一年草 味わい方: ソテー、ステーキ等 播種時期: トンネル栽培:1月上旬 露地栽培:1月中旬〜3月中旬 収穫時期: トンネル栽培:5月下旬〜9月上旬 露地栽培:6月上旬〜11月上旬 発芽適温: 発芽日数: 播種深さ: 生産地: 中国 内容量: 約20粒 発芽率: 約75%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 育て方: 2本仕立てならば株間45cm前後、3〜4本仕立てならば 65cmを目安に120cm前後の畝に1条植えとします。 1平方メートルあたり苦土石灰150〜200g、完熟堆肥を5リットル。 元肥の程度化成肥料(N:P:K=8:8:8)を 平方メートルあたり150〜1880g全層施肥。 定植後1週間、十分活着したら程度化成肥料を平方メートルあたり30〜40g、 展開している葉先の下あたりに施し、覆土します。 樹勢判断は、花のめしべの長さを見て判断し、 めしべの柱頭がおしべより長い花が多ければ順調、短い花が多ければ、 弱まっているので追肥を求めるサインです。 次々となるので、収穫のタイミングで少量追肥するくらいの感覚でもよいでしょう。 特に夏の地温を和らげるため敷きわらやマルチングが有効です。 1番果は早めに収穫する。 備考: ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ...

【FRANCHI社】【90/43】白丸ナス・トンダ ビアンカ 【郵送対応】

日光種苗

669

【FRANCHI社】【90/43】白丸ナス・トンダ ビアンカ 【郵送対応】

FRANCHI社 【白丸ナス・トンダ ビアンカ】 横8cm、縦10cm程度に成長するとても大きなラウンド型のナスです。かすかに紫がかった白いナスでかわいらしいです。味も大変よく、イタリアでは人気の品種のひとつです。 【種まき】日当たり、水はけがよく有機質に富んだ肥沃な土で育苗ポット等に3〜4粒をまき、間引き(徒長を防ぎ、健全な株を育てる)を重ね1本を残します。発芽までの1−2週間は強い日差し、雨風を防ぎます。高温多湿を好み乾燥には弱いので、たっぷりと水やりをします。コンテナ栽培は大型に1−2株が目安で多肥タイプで有機肥料多めに、水切れに要注意です。 【収穫】本葉が7−8枚に育成した頃(発芽後30−40日)株間50cm、畝間1.5mを目安に植えつけ有機肥料を多めに与え、支柱を立て緩めに誘引します。定植後60−70日で蕾ができ、その後約1週間で開花します。開花から約1ヶ月前後が収穫適期です。実付きよくするためには、1番花は切り落とし、下のわき芽を3つ残して全てかきとります。収穫は始めの1〜3個は小さいうちに摘み取りその後の実を充実させます。 ●種まき 2月中旬−3月中旬 ●植えつけ 5月 ●収穫 7−10月 ■生産地:イタリア 内容量:3g こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

FRANCHI社(GL)イタリア野菜の種【食用ホオズキ】

ミセスリビング

514

FRANCHI社(GL)イタリア野菜の種【食用ホオズキ】

●種まき 4-6月 ●収穫 6-11月 非耐寒性・一年草 【種まき】 ポットか育苗トレーに培養度を入れ、あらかじめ土を湿らせておきます。種をばらまきし、うっすらと土をかけ、発芽までは土を乾燥させないように管理します。 成長に従って順次間引きをして、本葉4枚くらいになったら植え付けをします。 【移植】 日当たりのいい場所に堆肥などを混ぜ込み、約40cm間 隔で移植します。根鉢を崩さないようにしてください、また、連作障害を防ぐため、植えつける場所で近年ナス科植物を栽培していなかったか確認してください。 乾燥を嫌うため夏期、土を乾かさないことがポイントです。成長に従って支柱を立て枝をサポートします。 【特徴】 さほど手間もかからず栽培しやすいです。大き目のコンテナ栽培も可能です。 薄い紙のような提灯型の殼の中に入っているオレンジの果実を食用します。果物の感覚でチョコレートにディップして食べたり、ジャムにしたりと甘酸っぱくておいしいホオズキです! ■生産地 イタリア 内容量2g発芽率85% 種子の薬品消毒はしておりません【食用ホウズキ】はイタリアではわりと普通に食べられている野菜(果物)です。 薄い紙のような提灯型の殻の中に入っているオレンジ色の果実を食用にします。 果物のような感覚でチョコレートにディップして食べたり、ジャムにして食べたりするとおいしいですよ♪

【種子】マウロの地中海トマトカラフルコレクションピッコラ カナリアサンファームのタネ

Ivy

430

【種子】マウロの地中海トマトカラフルコレクションピッコラ カナリアサンファームのタネ

コメント: マウロの地中海トマトとは トマトをこよなく愛する生粋のイタリア人育種家、 マウロと日本の種苗メーカーが日本の皆様のために開発したブランドです。 橙色ミニトマト、Brix9〜11%、濃厚でとろける食感。 一般のオレンジ種よりもベータカロテンを2.5倍も多く含有(女子栄養大学調べ) 極早生、中小葉でやや伸び採光性が良い。 花数は15〜20花/房、やや縦長果で15〜20g/果。 ※ToMV(Tm2a型)に抵抗性 作りやすさ:初心者にオススメ 作りやすい 学名、科名: Solanum lycopersicum ナス科ナス属 英名: tomato 和名: トマト 別名: 唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり) 種類: 一年草 味わい方: 生食、料理用 播種時期: 寒地・寒冷地:3月中旬〜4月中旬 一般地:3月上旬〜4月下旬 温暖地:2月下旬〜5月下旬 収穫時期: 寒地・寒冷地:7月下旬〜10月上旬 一般地:7月上旬〜10月中旬 温暖地:6月上旬〜11月上旬 発芽適温: 25〜30℃ 発芽日数: 5〜7日 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 4粒 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 1.直まきよりも「種まき用培土」を使用し、 種まき用「プラグトレー」や「9cmポリポット」にまく。 2.蒔いた種子が隠れるくらい(種子の厚さの約3倍)培土を薄くかけ、 十分に水を与え、表面を新聞紙などで覆う。 5〜7日後に発芽したら新聞紙を取ります。 ※発芽までは新聞紙が飛ばないよう押さえ、 水は多くかけると発芽しない原因となるので発芽するまで水を与えない。 ※発芽地温は20℃〜30℃が一般。(気温が低い場合ビニールを掛けて保温。) 3...

【種子】マウロの地中海トマトカラフルコレクションピッコラ ルージュサンファームのタネ

Ivy

430

【種子】マウロの地中海トマトカラフルコレクションピッコラ ルージュサンファームのタネ

コメント: マウロの地中海トマトとは トマトをこよなく愛する生粋のイタリア人育種家、 マウロと日本の種苗メーカーが日本の皆様のために開発したブランドです。 濃赤色ミニトマト、Brix9〜11%、果肉が粘質でしっかりとしており 濃厚なコクが凝縮されている。 中生、中葉で採光性が良く管理しやすい。 花数は15〜20花/房、球形で15〜20g/果。 ※萎ちょう病(F1)、半身萎ちょう病(V)、ToMV(Tm2a型)に抵抗性 作りやすさ:やや難しい 学名、科名: Solanum lycopersicum ナス科ナス属 英名: tomato 和名: トマト 別名: 唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす) 蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり) 種類: 一年草 味わい方: 生食、料理用 播種時期: 寒地・寒冷地:3月中旬〜4月中旬 一般地:3月上旬〜4月下旬 温暖地:2月下旬〜5月下旬 収穫時期: 寒地・寒冷地:7月下旬〜10月上旬 一般地:7月上旬〜10月中旬 温暖地:6月上旬〜11月上旬 発芽適温: 25〜30℃ 発芽日数: 5〜7日 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 4粒 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 1.直まきよりも「種まき用培土」を使用し、 種まき用「プラグトレー」や「9cmポリポット」にまく。 2.まいた種子が隠れるくらい(種子の厚さの約3倍)培土を薄くかけ、 十分に水を与え、表面を新聞紙などで覆う。 5〜7日後に発芽したら新聞紙を取ります。 ※発芽までは新聞紙が飛ばないよう押さえ、 水は多くかけると発芽しない原因となるので発芽するまで水を与えない。 ※発芽地温は20℃〜30℃が一般。 (気温が低い場合ビニールを掛けて保温。) 3.苗の本葉が5枚...

【種子】マウロの地中海トマトエロティカコレクションアマルフィの誘惑サンファームのタネ

Ivy

554

【種子】マウロの地中海トマトエロティカコレクションアマルフィの誘惑サンファームのタネ

コメント: マウロの地中海トマトとは トマトをこよなく愛する生粋のイタリア人育種家、 マウロと日本の種苗メーカーが日本の皆様のために開発したブランドです。 赤色の中玉トマト、また探したくなる官能的な美味しさ。 中生、中葉でやや伸び採光性が良い。花数は10〜15花/房程度、球形で35〜40g/果。 酸味と甘味のバランスが良く、Brix7〜8度 ※萎ちょう病(F1)、半身萎ちょう病(V)、ToMV(Tm型)に抵抗性 作りやすさ:ふつう 学名、科名: Solanum lycopersicum ナス科ナス属 英名: tomato 和名: トマト 別名: 唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり) 種類: 一年草 味わい方: 生食、料理用 播種時期: 寒地・寒冷地:3月中旬〜4月中旬 一般地:3月上旬〜4月下旬 温暖地:2月下旬〜5月下旬 収穫時期: 寒地・寒冷地:7月下旬〜10月上旬 一般地:7月上旬〜10月中旬 温暖地:6月上旬〜11月上旬 発芽適温: 25〜30℃ 発芽日数: 5〜7日 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 4粒 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。 発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 1.直まきよりも「種まき用培土」を使用し、 種まき用「プラグトレー」や「9cmポリポット」にまく。 2.まいた種子が隠れるくらい(種子の厚さの約3倍)培土を薄くかけ、 十分に水を与え、表面を新聞紙などで覆う。 5〜7日後に発芽したら新聞紙を取ります。 ※発芽までは新聞紙が飛ばないよう押さえ、 水は多くかけると発芽しない原因となるので発芽するまで水を与えない。 ※発芽地温は20℃〜30℃が一般。(気温が低い場合ビニールを掛けて保温。) 3.苗の本葉が5枚...

【FRANCHI社】【97/150】食用ホオズキ 【郵送対応】

日光種苗

514

【FRANCHI社】【97/150】食用ホオズキ 【郵送対応】

FRANCHI社 【食用ホオズキ】 ナス科 非耐寒性・一年草 アメリカ大陸原産で、高温短日の気候を好みます。日本で栽培の場合には、短日の1〜3月に加温してハウス栽培で育てるのがおススメです。大きめのコンテナ栽培も可能です。薄い紙のような提灯型の殻の中に入っているオレンジの果実を食用します。果物の感覚でチョコレートディップして食べたり、ジャムにしたりと甘酸っぱくておいしいホオズキです。 【種まき】ポットか育苗トレーに培養土をいれ、あらかじめ土を湿らせておきます。種をバラまきし、うっすらと土をかけ、発芽までは土を乾燥させないように管理します。成長に従って順次間引きをして、本葉4枚くらいになったら植え付けをします。 【移植】日当たりのいい場所に堆肥などを混ぜ込み、約40cm間隔で移植します。根鉢を崩さないようにしてください。また、連作障害を防ぐため、植えつける場所で近年ナス科植物を栽培していなかったか確認してください。乾燥を嫌うため、夏期に土を乾かさないことがポイントです。成長に従って支柱を立て枝をサポートします。 ●種まき 4−6月 ●収穫 6−11月 ■生産地 イタリア ■内容量約2g こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

【HORTUS社】イタリアントマト・サンマルツァーノ[4361] 【郵送対応】

日光種苗

486

【HORTUS社】イタリアントマト・サンマルツァーノ[4361] 【郵送対応】

イタリアントマト・サンマルツァーノ ナス科 S.Marzano 3 ●種まき 3〜5月 ●植え付け 5〜6月 ●収穫 6〜10月 【種まき】 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十分湿らせ、育苗ポット等に3〜4粒を点まきにします。発芽までの約7〜10日は強い日差しや雨から守り、表面が乾燥しないように丁寧に水やりをします。2〜3度の間引きを重ね、徒長を防ぎ、健全な株が育つようにします。 【植えつけ】 5月ころ十分暖かくなり、苗が本葉6-7枚になったら根土ごと有機肥料と一緒に植え付け土寄せをして支柱を立てます。 【収穫】 播種後70〜80日、100g前後の細長い中玉、果肉が厚くて水分、種が少なく酸味と甘味のバランスが良く、加熱調理する事でコクの深いトマトソースができます。イタリア料理の定番中の定番、ドライトマト用として、また、グルタミン酸などのアミノ酸も豊富です。 ■生産地 イタリア 内容量 1g こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

【種子】マウロの地中海トマトクッキングコレクションロッソナポリタンサンファームのタネ

Ivy

554

【種子】マウロの地中海トマトクッキングコレクションロッソナポリタンサンファームのタネ

コメント: マウロの地中海トマトとは トマトをこよなく愛する生粋のイタリア人育種家、 マウロと日本の種苗メーカーが日本の皆様のために開発したブランドです。 Brix9〜11%、生食兼用の調理用ミニトマト 極早生、小葉でやや伸び採光性が良い。 花数は25花/房、濃赤縦長果、10〜15g/果 シシリアンルージュと同形果で裂果が少なく、赤色が更に濃い。 ヘタは取れやすいのでヘタなしでの販売に適する。 ヘタを残して収穫する場合は、ハサミでカットする必要がある。 耐暑・耐寒性があり、幅広い作型で栽培できる。 ※萎ちょう病(F1)、半身萎ちょう病(V)、ToMV(Tm2型)に抵抗性 作りやすさ:キング・オブ・作りやすい 学名、科名: Solanum lycopersicum ナス科ナス属 英名: tomato 和名: トマト 別名: 唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり) 種類: 一年草 味わい方: 生食、料理用 播種時期: 寒地・寒冷地:3月中旬〜4月中旬 一般地:3月上旬〜4月下旬 温暖地:2月下旬〜5月下旬 収穫時期: 寒地・寒冷地:7月下旬〜10月上旬 一般地:7月上旬〜10月中旬 温暖地:6月上旬〜11月上旬 発芽適温: 25〜30℃ 発芽日数: 5〜7日 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 4粒 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 1.直まきよりも「種まき用培土」を使用し、 種まき用「プラグトレー」や「9cmポリポット」にまく。 2.まいた種子が隠れるくらい(種子の厚さの約3倍)培土を薄くかけ、 十分に水を与え、表面を新聞紙などで覆う。 5〜7日後に発芽したら新聞紙を取ります。 ※発芽までは新聞紙が飛ばないよう押さえ、 ...

【HORTUS社】イタリアントマト・リオグランデ[4631] 【郵送対応】

日光種苗

486

【HORTUS社】イタリアントマト・リオグランデ[4631] 【郵送対応】

イタリアントマト・リオグランデ ナス科 ●種まき 3〜5月 ●植え付け 5〜6月 ●収穫 6〜10月上旬 【種まき】 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十分湿らせ、育苗ポット等に3〜4粒を点まきにし、発芽までの約7〜10日は強い日差し、雨から守り、表面が乾燥しないように丁寧に潅水をします。2〜3度の間引きを重ね徒長を防ぎ、健全な株が育つようにします。 【植えつけ】 5月頃花芽が付いたら40cm間隔に間引くか、育苗ポットから根土ごと丁寧に植え込み土寄せをし、支柱を立てます。同時に有機肥料をたっぷりと与えます。植えつけから30〜40日で(実がより充実するために)花芽は1枝に2〜3個とし、他は摘み取ります。 【収穫】 完熟してから、ハサミ等でカットします。ずんぐりとした約8cmの洋ナシ型、収穫量の高いトマトです。ソースやペースト、ジュースに最適です。病害虫に強く、丈夫で育てやすい品種です。 ■生産地 イタリア 内容量 1g こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

【HORTUS社】イタリアントマト(ミニトマト)・レッドチェリー[4471] 【郵送対応】

日光種苗

486

【HORTUS社】イタリアントマト(ミニトマト)・レッドチェリー[4471] 【郵送対応】

イタリアントマト(ミニトマト)・レッドチェリー ナス科 Red Cherry ●種まき 3〜5月 ●植え付け 5〜6月 ●収穫 6〜10月上旬 【種まき】 日当たり、水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十分湿らせ、育苗ポット等に3〜4粒を点まきにし、発芽までの約7〜10日は表面が乾燥しないように丁寧に水やりをし、強い日差し、雨を防ぎます。2〜3度の間引きを重ね徒長を防ぎ、健全な株が育つようにします。 【植えつけ・収穫】 5月頃花芽が付いたら40cm間隔に間引くか、育苗ポットから根土ごと植え込み、支柱を立て同時に有機肥料を多めに与えます。植えつけから30〜40日で(実がより充実する為に)花房の下のわき芽を残し、他は摘み取り、ひも等で誘引をします。収穫は完熟してからハサミ等でカットします。1個20〜25gのこの品種は糖度も高く、皮も比較的薄いタイプです。 ☆ポイント☆ メキシコ原産で野生種にちかく家庭菜園でも手軽に栽培が可能ですが、長雨が苦手で、水遣りは乾いたら少量を回数多く。トマトの赤色はリコピンで発ガン抑制効果に注目です!! ■生産地 イタリア 内容量 1g こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

こちらの関連商品はいかがですか?

【藤田種子】食用アイスプラント プリアン野菜のタネ

藤田種子株式会社

432

【藤田種子】食用アイスプラント プリアン野菜のタネ

南アフリカ原産のツルナ科の多肉植物です。 葉や茎の表面にある液胞が水晶の用にキラキラして、独特の歯ざわりがあります。 【栽培方法】 ≪露地栽培の場合≫ 1、タネ蒔き(関西地方)4月中旬〜5月下旬、8月下旬〜9月下旬 発芽適温15℃〜20℃ “種蒔き培土"など、水持ちが良く肥料分の少ない土にタネ蒔きして下さい。また、タネの大きさが非常に小さいので、播種直後の水やりは、霧吹きなどを利用して優しくかけて下さい。 2、本葉3〜4枚で育苗ポット、本葉5〜6枚で本圃へ定植 株間25〜30cm、水はけの良い土に植えて下さい。過湿に弱いです。生育最低温度は5℃ 根が弱いので、移植の時は優しく取り扱って下さい!! 3、プランターや鉢植えでは、収穫前は水やりを控えめにして乾燥気味にすることにより、プラッダー細胞がはっきりと現れ(葉のぷちぷちの液胞)、日中気孔を閉じるので、収穫後の日持ちが若干良くなると言われています。 ≪ハウス栽培の場合≫ 1、タネ蒔き(関西地方)8月下旬〜5月下旬 発芽適温15℃〜20℃ 他、露地栽培をご参照下さい。 【注意】 土壌栽培の場合、工場地帯・工場跡地では土壌中の重金属がプリアンに蓄積される可能性がありますので、ご注意ください。 【まき時期(一般地域・露地栽培)】 4月中旬〜5月下旬・8月下旬〜9月下旬 【発芽難易度】中級者向 【容量】0.1mL(約380粒)

【輸入種子】シナモンバジル藤田種子のタネ

Ivy

270

【輸入種子】シナモンバジル藤田種子のタネ

コメント: シソ科の一年草。 シナモンに似た芳香があり、葉茎を料理やハーブティーに利用します。 また、ポプリにしてもおすすめです。 学名、科名: Ocimum basilicum シソ科メボウキ属 英名: Basil 和名: 目箒(メボウキ) 別名: バジリコ 種類: 一年草 草丈: 利用方法: ポプリやサラダ、ハーブティーに 播種時期: 4月〜5月 収穫時期: 発芽適温: 発芽日数: 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 約0.5ml 発芽率: 約60%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 春、霜の危険がなくなってから種をまきます。 ポットなどで育苗し本葉5〜6枚に育ったら約20〜30cm間隔に定植します。 育て方: 日当たり、適度な湿り、肥料があれば良く育ちます。 乾燥しすぎたり、肥料不足になると葉は固くなるので注意してください。 備考: ・裏面には種のまき方などの日本語訳が付いております。 ・生産国の気候を基にしているため、日本の育て方と異なることがあります。 ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ・モニターの設定等により実物と色が違って見えることがあります。 藤田種子【種子】シナモンバジル

【輸入種子】レモンバジル藤田種子のタネ

Ivy

269

【輸入種子】レモンバジル藤田種子のタネ

コメント: その名の通りレモンの香りのするバジルです。 通常のバジルより葉が小さく、葉色も薄めの緑色で美しく、寄せ植えにも使いやすい品種です。 魚料理や鳥料理、ハーブティ、パスタ、サラダなど様々に楽しめます。 ポプリや入浴剤にもどうぞ! 観賞用として花壇にも利用できます。 学名、科名: Ocimum basilicum Rubin シソ科メボウキ属 英名: Basil 和名: 目箒(メボウキ) 別名: バジリコ 種類: 多年草 味わい方: 料理、ポプリ、入浴剤など 播種時期: 4〜5月 収穫時期: 発芽適温: 約20〜25℃ 発芽日数: 花言葉: 「好意」「好感」 生産地: イタリア 内容量: 0.3ml 発芽率: 約60%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 春、霜の危険がなくなってからタネをまきます。 ポットなどで育苗し本葉5〜6枚に育ったら約20〜30cm間隔に植えつけます。 育て方: 日当たりがよい場所を好みます。 弱アルカリ性の良く肥えた土が最適です。 芯を止めると分岐が増え株がこんもりとします。 花をつけると葉が硬くなります。 ハーブとして利用する場合は花をこまめに摘み取りましょう。 備考: ・裏面には種のまき方などの日本語訳が付いております。 ・生産国の気候を基にしているため、日本の育て方と異なることがあります。 ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ...

【輸入種子】レタスバジル藤田種子のタネ

Ivy

324

【輸入種子】レタスバジル藤田種子のタネ

コメント: シソ科の一年草です。 肉厚の波打った大きな葉で、料理の敷物やサラダなどに利用します。 香りは通常のバジルよりもやわらかく癖がありません。 別名ナポリターナとも呼ばれています。 学名、科名: Ocimum basilicum シソ科メボウキ属 英名: Basil 和名: 目箒(メボウキ) 別名: バジリコ 種類: 一年草 草丈: 30〜50cm 利用方法: 肉厚の葉はやわらかく、サラダなどに利用します。 大きな葉を活かして具材を巻いて食べるのもおすすめです。 香りはやや薄いです。 播種時期: 4〜5月 収穫時期: 発芽適温: 約20〜25℃ 発芽日数: 播種深さ: 生産地: イタリア 内容量: 約0.5ml 発芽率: 約60%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 春、霜の危険がなくなってから苗床に種まきし、7〜8cm位に育ってから20cm間隔に植え付けます。 育て方: 日当たりがよい場所を好みます。 弱アルカリ性の良く肥えた土が最適です。 芯を止めると分岐が増え株がこんもりとします。 花をつけると葉が硬くなります。 ハーブとして利用する場合は花をこまめに摘み取りましょう。 備考 ・裏面には種のまき方などの日本語訳が付いております。 ・生産国の気候を基にしているため、日本の育て方と異なることがあります。 ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ...

【輸入種子】トマティーヨ藤田種子のタネ

Ivy

270

【輸入種子】トマティーヨ藤田種子のタネ

コメント: メキシコ料理に使われるゴルフボール大のホウズキで、袋状の皮の中に緑色のトマトそっくりの果実が出来ます。 この酸味のある果実は生食しても美味しく、サラダや酢漬け、ピクルス、ジャム、タコスソースなどに使います。 収穫は外皮が乾燥して茶色になった時です。 緑色の果実は酸味があり、完全に熟した黄色い果実には甘みがあります。 学名、科名: Physalis philadelphica ナス科ホオズキ属 英名: tomatillo 和名: オオブドウホオズキ 別名: トマティージョ、トマティロ、トマテ・ベルデ 種類: 一年草 味わい方: サラダ、ジャム、ピクルス等 播種時期: 3月〜5月 収穫時期: 7月〜10月 発芽適温: 発芽日数: 約2週間 播種深さ: 生産地: アメリカ 内容量: 30粒 発芽率: 約70%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 発芽には約2週間かかります。 寒い時期に種をまくときは温度管理に注意してください。 育て方: 本葉5〜6枚の頃、約60〜90cmの間隔に定植します。 収穫は包皮が乾燥して中の実が太ってきた時ですが、 完熟させると包皮が裂け果実が見えてきて自然に落下します。 備考: ・裏面には種のまき方などの日本語訳が付いております。 ・生産国の気候を基にしているため、日本の育て方と異なることがあります。 ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ...

【輸入種子】ダイヤーズカモミール藤田種子のタネ

Ivy

324

【輸入種子】ダイヤーズカモミール藤田種子のタネ

コメント: キク科の多年草で、草丈は50〜70cm位になります。 鮮やかに黄色の花を咲かせ、その頭状花が染色用に用いられます。 日当たりよく水はけのよい場所に植えるとよく育ちます。 花壇やドライフラワー、切花等に使用されます。 学名・科名: Anthemis tinctoria キク科アンテミス属 英名: Dyer's chamomile 和名: コウヤカミツレ(紺屋カミツレ) 別名: ゴールデンマーガレット 種類: 多年草 草丈: 50〜70cm 利用方法: 花壇、ドライフラワー、切花など 播種時期: 3月〜6月、9月〜11月 収穫時期: 発芽適温: 15〜25℃ 生育適温: 15〜25℃ 発芽日数: 14〜18日 生産地: 内容量: 0.3ml 発芽率: まき方: タネは細かいので平鉢などにまいて、受け皿を敷いて水を張り、鉢底から水を吸わせます。 葉っぱが6枚ほどになったら1本ずつ小さな鉢に植え替え、さらに大きく育ったら鉢や花壇に植え付けます。 育て方: 日当たりのよい場所で育てましょう。 乾燥に弱いので真夏は直射日光の直接あたる場所に置くのは避けましょう。 寒さには強いので、特に冬には防寒などをする必要はありません。 備考: ・裏面には種のまき方などの日本語訳が付いております。 ・生産国の気候を基にしているため、日本の育て方と異なることがあります。 ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。 商品の成長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ...

【輸入種子】ラベンダー トルー藤田種子のタネ

Ivy

324

【輸入種子】ラベンダー トルー藤田種子のタネ

コメント: シソ科の多年草で、草丈60〜100cm。開花は6〜8月で、花色はラベンダーブルーです。種は冷蔵庫に1〜2週間入れてからまくと発芽しやすいです。 ラベンダーの中で最も香りの良い品種で、マイルドな独特の香りがあり、ハーブの女王と呼ばれています。株を弱らせないために花は適宜刈り取ってください。利用部位は花・葉・茎。 お茶やお風呂に入れると、疲労回復し、気分をリラックスさせ、安眠を誘うといわれています。殺菌や防虫、育毛の効果もあるとされています。 ポプリ・押し花・切花に、リネン・アロマテラピーなどにも利用します。 学名・科名: Lavandula angustifolia シソ科ラヴァンドラ属 英名: Lavender 和名: ラベンダー 別名: ラワンデル 種類: 耐寒性常緑樹 草丈: 60〜100cm 利用方法: ハーブティやポプリなど、利用方法は一般のラベンダーと同じです。 お茶はお風呂に入れると気分がリラックスし安眠を誘います。 殺菌や防虫の効果もあるとされています。 播種時期: 3〜6月、9〜10月 収穫時期: 6〜8月 発芽適温: 約20〜25℃ 発芽日数: 播種深さ: 花言葉: 「期待」 生産地: イギリス 内容量: 0.5ml 発芽率: 10%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 1ヶ所に2〜3粒まく点まきをします。 溝の両側から土をかぶせるようにして、ごく薄く土をかぶせたっぷりと水やりをします。 育て方: 日当りを好みます。夏はできるだけ風通しの良い場所に置いて、温度が上がらないように工夫しましょう。 冬は0℃以上あれば枯れることはありませんので、戸外においていても特に防寒などの必要はありません。 高温多湿に弱いため、梅雨前には株が蒸れないように混み合っている部分を切り落としま...

スポンサーリンク
スポンサーリンク