メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アカヤシオ」検索結果。

アカヤシオの商品検索結果全9件中1~9件目

送料無料
【現品発送】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 樹高60cm 葉張45cn 50656

千草園芸

13,200

【現品発送】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 樹高60cm 葉張45cn 50656

※写真の商品をお送りします。 根鉢を除いた、樹高約60cm、葉張約45cmです。 22年11月20日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。2211d-uアカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

あす楽
【 蕾なし 】 アカヤシオ (アカギツツジ) 12cmポット 1株 実生6-7年 樹高約20cm 季節(10月頃〜4月)により葉が落葉していますので予めご了承ください

富士園芸楽天市場店

3,580

【 蕾なし 】 アカヤシオ (アカギツツジ) 12cmポット 1株 実生6-7年 樹高約20cm 季節(10月頃〜4月)により葉が落葉していますので予めご了承ください

詳細 ツツジ科 花期 4−5月 商品説明 ソメイヨシノが咲く少し前に淡いピンク色の花を咲かせます。栃木県の県花としても有名な人気のアカヤシオです。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7〜8月なので、剪定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。アカヤシオ (アカギツツジ) 12cmポット 屋外(ハウス外)で育てておりますので、株としては非常に丈夫ですが、一部虫食いのある箇所もございます。ご了承ください。 上記のシロヤシオ・アカヤシオの見分け方は豆知識として覚えておくと面白いです! お手元に両方の株があり、どっちがどっちかわからなくなってしまったとき、葉芽をよ〜く見比べてみてください!! 一般に、シロヤシオ・アカヤシオツツジは、花が見られるのは実生20年以上といわれています。 開花画像のイメージを載せておりますが、こちらの株が花をつけるのは、最低でも5〜10年以上とお考えいただき、葉を楽しんでいただく株と捉えていただければと思います。 もちろん、育て方次第ではきれいなお花をご覧いただけるかと思います。 お買い得な3株セット、また、アカヤシオ・シロヤシオセットもご用意しております!!

あす楽
【3株セット 蕾なし】アカヤシオ (アカギツツジ) 12cmポット 画像は1株ですが3株まとめての発送です 実生6-7年  樹高約15cm 季節(10月頃〜4月)により葉が落葉していますので予めご了承...

富士園芸楽天市場店

9,580

【3株セット 蕾なし】アカヤシオ (アカギツツジ) 12cmポット 画像は1株ですが3株まとめての発送です 実生6-7年 樹高約15cm 季節(10月頃〜4月)により葉が落葉していますので予めご了承...

詳細 ツツジ科 花期 4−5月 商品説明 ソメイヨシノが咲く少し前に淡いピンク色の花を咲かせます。栃木県の県花としても有名な人気のアカヤシオです。 栽培方法 高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。 ・花芽分化は7〜8月なので、剪定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。【3株セット】アカヤシオ (アカギツツジ) 12cmポット 実生5〜6年苗 屋外(ハウス外)で育てておりますので、株としては非常に丈夫ですが、一部虫食いのある箇所もございます。ご了承ください。 上記のシロヤシオ・アカヤシオの見分け方は豆知識として覚えておくと面白いです! お手元に両方の株があり、どっちがどっちかわからなくなってしまったとき、葉芽をよ〜く見比べてみてください!! 一般に、シロヤシオ・アカヤシオツツジは、花が見られるのは実生20年以上といわれています。 開花画像のイメージを載せておりますが、こちらの株が花をつけるのは、最低でも5〜10年以上とお考えいただき、葉を楽しんでいただく株と捉えていただければと思います。 もちろん、育て方次第ではきれいなお花をご覧いただけるかと思います。 お買い得な3株セット、また、アカヤシオ・シロヤシオセットもご用意しております!!

ツツジ 苗 アカヤシオ 根巻苗

花ひろばオンライン

6,421

ツツジ 苗 アカヤシオ 根巻苗

苗木部の配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・通常梱包(宅配便)です。 ※送料は購入手続きにて配送先住所を指定した際に表示されます。※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。送料についてはこちらお届けする商品について商品について商品は根巻き苗です。根鉢の部分も含め高さ約35cmです。根鉢の大きさは直径約22cmです。ツツジ アカヤシオの育て方植え方・用土基本的に移植や植え付けは11月〜入梅までに行います。水はけの良い、肥沃な酸性土壌に植えます。植え付けの際は鹿沼土とピートモスを配合した土に植えましょう。日当たりを好みますが根が浅く乾燥に弱いので夏は半日陰くらいのほうが調子いい。2〜3時間の日光でも大丈夫。春と秋の日当たりが悪くなるにつれ、花付や葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。春の植え付け方法水切れしやすいので早めに植えます。根はほぐさずにそのまま植えます。3月中の植え付けであれば植え付け後の水やりは雨任せにします。4月に入ってからの植え付けでは雨がない日は毎日水やりをし、9月中旬ごろまでは水切れに注意です。夏の植え付け方法植え付けできますが乾燥しやすいので植え付け後9月ごろまでは水切れに注意してください。秋の植え付け方法秋が一番植え付け適期。根をほぐさずに植えます。冬の植え付け方法冬は根をたたいて根を少しほぐして植えます。根巻き苗は根をほぐさずに植えてください。水やり地植えした場合は雨が当たる場所では水やりは雨に任せ、よほど雨が降らないときだけ土が乾いたら与えます。ツツジは根が浅いので水切れに注意です。4月下旬から5月が最も水切れしやすいので注意です。鉢植えでは土が良く乾いたら水をたっぷり鉢底から流れ出るくらい与えます。土が乾いていなければ与えません。夏の水分不足による葉やけを起こさせないように...

送料無料
アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 樹高40cm

千草園芸

7,150

アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 樹高40cm

写真は見本品です。 樹高は約40cmです。 写真2枚目は22年5月4日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2111b-uアカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

送料無料
【現品/花芽2個確認】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 大株 w50cm×40cm H50cm 19

千草園芸

13,750

【現品/花芽2個確認】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 大株 w50cm×40cm H50cm 19

写真の商品をお送りします。 写真は22年11月17日に撮影しました。花芽が2個確認できております。 幅は約50cm×約40cm、樹高は約50cmです。 季節によって状態は変化します。2211b-uアカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

送料無料
【選べる現品発送】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 樹高40cm~

千草園芸

7,700

【選べる現品発送】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 樹高40cm~

※番号の商品をお送りします。 写真は22年11月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2211d-uアカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

送料無料
【現品】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 w40cm×40cm H40cm 18

千草園芸

11,000

【現品】アカヤシオツツジ(赤八汐) 苗木 w40cm×40cm H40cm 18

写真の商品をお送りします。 写真は22年11月17日に撮影しました。 幅は約40cm×約40cm、樹高は約40cmです。 季節によって状態は変化します。2211b-uアカヤシオツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】 Rhododendron pentaphyllum var. nikoense 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県の山地 【栽培適地】東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】4月 【利用】庭木 アカヤシオはアケボノツツジの変種で、別名アカギツツジとも言います。 ピンクの大形の花を咲かせるツツジで、生育は早くありませんので庭木にも適しています。 ●育て方のポイント● アカヤシオツツジは山地の急な傾斜地に自生していますので、植える場所は落ち葉の腐った酸性土壌で、常に湿っている水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならず、木陰にもなる場所になります。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。 根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。

ツツジ 苗木 販売 【アカヤシオ】 根巻き苗 ツツジ さつき 苗 植木 花木 庭木 シンボルツリー 紅葉 雑木 落葉樹 中木

総合植物プロショップ花ひろば

4,400

ツツジ 苗木 販売 【アカヤシオ】 根巻き苗 ツツジ さつき 苗 植木 花木 庭木 シンボルツリー 紅葉 雑木 落葉樹 中木

お届けする商品について苗木土玉含め高さ0.4m前後の根巻き苗です。麻布は土に帰るので、外さずにそのままに植えてください。※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。この商品の送料は160cmサイズとなります。関東・信越・東海・北陸・関西…1870円南東北・中国…1970円北東北・四国・九州…2070円北海道…2580円沖縄…4390円商品の注文個数によって送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。サイズが異なる他の商品を注文した場合、その中の最大サイズの送料になります。できる限り送料のご負担が少なくなるよう梱包を工夫いたしますが、内容が複雑でわかりづらい場合は、ご注文前でもお気軽にお問い合わせくださいませ。「アカヤシオ」 ≪「アカヤシオ」の特長 5〜6月にピンクの丸みのある可愛らしいハナを咲かせます。樹高は1.0〜2.0mで立ち性の美しい樹形です。栃木県や群馬県に多く分布し各地に名所があります。アカギツツジとも呼ばれます。

こちらの関連商品はいかがですか?

【選べる現品発送】モミの木(モミノキ)苗木 樹高90cm~

千草園芸

13,200

【選べる現品発送】モミの木(モミノキ)苗木 樹高90cm~

※番号の商品をお送りします。 苗木は22年11月8日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約90cm~約100cmです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211b-u xmshモミノキ 【分類】マツ科モミ属『常緑高木』 【学名】Abies firma(ウラジロモミ:Abies homolepis) 【分布】秋田県〜屋久島(ウラジロモミ:福島県〜四国) 【利用】シンボルツリー、公園樹、鉢植え 【栽培】全国各地で栽培可能です。 耐寒性があり、暑さにはやや弱い部分もあります。 乾燥を嫌いますので、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりを してください。また通気性を好みます。 植え替えは、2〜3年に1度すればよいでしょう。 また、害虫は基本的につかない樹木です。 【剪定】新芽の出る前の春先がよいでしょう。 成木は15m〜45mまでになります。 高さを調整する場合、植替え後、2〜3年経った後に、必要な 高さまで枝を枝元で切り取るとよいでしょう。 【モミとトウヒの違い】 属:モミ属とトウヒ属。 葉:モミのほうが、葉の1本1本ががっちりしていて堅い。 実:モミは直立し、トウヒは下に垂れ下る。 成長:モミのほうが、成長がやや遅い。 モミノキ トウヒ プンゲンストーヒ 【特徴】日本原産のモミの近縁種にはウラジロモミAbies homolepisと シラビソ Abies veitchii、オオシラビソ Abies mariesii、 トドマツ Abies sachalinensisなどがあります。 それぞれ分布は異なりますが幼苗では区別のむずかしいものです。 当店で植木の「モミノキ」として販売しているモミ木は正しくは ...

送料無料
【現品発送】スズランノキ(すずらんの木)苗木 樹高80cm「12018」

千草園芸

12,100

【現品発送】スズランノキ(すずらんの木)苗木 樹高80cm「12018」

写真の商品をお届けいたします。 写真は22年12月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2211d-uスズランの木 【分類】ツツジ科オクシデンドルム属の落葉中高木 【学名】Oxydendrum arboreum 【原産】北アメリカ 【開花期】7〜8月 【別名】オキシデンドルム 【栽培適地】北海道〜九州 【樹高】5〜10m ●スズランの木の特徴● 初夏にその名の通りスズランに似た白い釣鐘形の花をつけます。 この木はニシキギ・ニッサとともに世界三大紅葉樹といわれています。 近年では庭木のシンボルツリーとして人気があります。 7月〜8月にアセビに似た穂状の鮮やかな白い花を付けます。 秋には紅葉が楽しめ、暖地でも美しく紅葉します。 Zenobia pulverulentaもスズランノキと呼ばれ、すずらんのような花を咲かせる小型の樹木ががあります。 これも同じツツジ科ではありますが樹高は最大でも1.5mにしかならない別の樹木です。 ここでいう「スズランノキ」は大きくなる木で、太いシュートのような軸が出て大きくなります。 下のほうの細い枝は大きくならず、他の樹木と成長の仕方が異なっています。 大きくしたい場合は太い主軸は切らずに育てるようにします。

送料無料
【現品】ニオイロウバイ(蝋梅) アテネ  苗木 樹高60cm 01

千草園芸

6,600

【現品】ニオイロウバイ(蝋梅) アテネ 苗木 樹高60cm 01

写真の商品をお送りします。 写真は22年9月19日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 229a-u メロンやマスカットを思わせる甘い香りのするクロバナロウバイの黄花種で、成木は2mを超えるまでの背丈になります。 普通のロウバイのように太い木にはならず、ランナーで増殖します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 開花期はクロバナロウバイよりも少し早めで4〜5月です。ニオイロウバイ`アテネ' 分類: ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木 学名: Calycanthus floridus L. `Athens' 原産: 北アメリカ南東部原産のクロバナロウバイ(別名:ニオイロウバイ)の園芸種 別名: キバナロウバイ・アテネ、 開花期: 5月〜6月 用途: 庭木、公園樹、生け花等 樹高: 2〜3m 栽培敵地: 北海道南部以南 ニオイロウバイは、クロバナロウバイの園芸種でクロバナロウバイよりも大型で、甘い芳香があるライムグリーンの花を咲かせます。 栽培は容易で、寒さ暑さに強く、毎年よく花をつけます。 クロバナロウバイ属は、4種からなるグループで、北アメリカに分布する落葉低木で、中枢神経麻痺させる有毒植物です。 日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。水はけが悪いと枯れ枝が出たりして生育が良くありません。 中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)に近縁で、近年では両種の属間の交配種もつくられ、流通し始めています。 普通のロウバイのように太い木にはならず、短いランナーで株立ち状に成長します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 ●育て方のポイント● 肥沃で水はけのよい日当たりを好みます。 多少の半日陰でも育ちますが、日陰では花つきが悪くなりがちです。 耐寒性...

送料無料
【選べる現品発送】スズランノキ(すずらんの木)苗木 樹高70cm

千草園芸

10,450

【選べる現品発送】スズランノキ(すずらんの木)苗木 樹高70cm

写真の商品をお届けいたします。番号でお選びください。 22年12月2日に入荷・撮影しました。 樹高は根鉢を除いて約70cmです。 木の状態は季節により変化いたします。2211d-uスズランの木 【分類】ツツジ科オクシデンドルム属の落葉中高木 【学名】Oxydendrum arboreum 【原産】北アメリカ 【開花期】7〜8月 【別名】オキシデンドルム 【栽培適地】北海道〜九州 【樹高】5〜10m ●スズランの木の特徴● 初夏にその名の通りスズランに似た白い釣鐘形の花をつけます。 この木はニシキギ・ニッサとともに世界三大紅葉樹といわれています。 近年では庭木のシンボルツリーとして人気があります。 7月〜8月にアセビに似た穂状の鮮やかな白い花を付けます。 秋には紅葉が楽しめ、暖地でも美しく紅葉します。 Zenobia pulverulentaもスズランノキと呼ばれ、すずらんのような花を咲かせる小型の樹木ががあります。 これも同じツツジ科ではありますが樹高は最大でも1.5mにしかならない別の樹木です。 ここでいう「スズランノキ」は大きくなる木で、太いシュートのような軸が出て大きくなります。 下のほうの細い枝は大きくならず、他の樹木と成長の仕方が異なっています。 大きくしたい場合は太い主軸は切らずに育てるようにします。

送料無料
【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高90cm 101201

千草園芸

3,850

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高90cm 101201

※写真の商品をお送りします。 22年10月7日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。229d-uキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 ...

【現品発送】サルスベリ 苗木 ブラックパール レッド(赤) 株立ち 樹高1.6m 85

千草園芸

19,800

【現品発送】サルスベリ 苗木 ブラックパール レッド(赤) 株立ち 樹高1.6m 85

※写真の商品をお送りします。 写真は22年11月4日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.6mです。 木の状態は季節により変化いたします。2211a-u ■レッド 生き生きとした赤色の花と黒葉が印象的。樹形は直立型です。font color="red"> サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1...

送料無料
【選べる現品発送】ヤマモモ(山桃) 森口(モリグチ)苗木 樹高90cm

千草園芸

6,050

【選べる現品発送】ヤマモモ(山桃) 森口(モリグチ)苗木 樹高90cm

森口(モリグチ) 6月下旬〜7月上旬に熟する中生種で、豊凶の差は多少あるが、毎年結実します。果実は極大で、完熟すると暗赤色になります。酸味が少なく、果肉は柔らかく、種が小さく舌触りがよいです。酸味は少なめで果汁が多く、糖度も高い。生食に向いた品種の山桃。 ※番号の商品をお送りします。 写真は22年10月3日に撮影しました。 鉢を除いた樹高は約90cmです。 木の状態は季節により変化いたします。 2210b-u 山桃(ヤマモモ) 分類: ヤマモモ科ヤマモモ属の常緑高木 学名: Morella rubra 原産: 中国大陸や日本 別名: 山桜桃 利用: 食用 鑑賞 実はイチゴノキの実に似ています。 開花期: 4月(果実の収穫は6〜7月) 耐寒温度: -10℃ 樹高: 10〜15m(自然環境の場合の樹高です。宅地の場合はこれほど大きくなりません。) 栽培敵地: 東北地方中部以南 常緑性の樹木です。小さいな花も咲き、果実は食用にできる樹木として家庭の庭によく植えられるようになりました。 亜熱帯性の果樹に分類されますが、寒さにも比較的強く、寒さで葉が少なくなることがありますが、関東地方以南の地域での露地栽培は問題ありません。 耐寒性は幼木は弱いのですが、大きくなると強くなり、仙台市や青森の弘前市にも植栽されているそうです。 日当たりのよい水はけのよく肥沃な土壌を好みます。日当たりが悪いと新芽は垂れ下がりがちになりだらしなく成長しますから、下のほうまでよく日が差し込むように剪定をします。 根にはバクテリア(マメ科の根粒菌とは異なり放線菌の仲間の窒素固定菌)が着生するので根粒ができます。 根粒菌が共生するおかげでマメ科の植物と同じで窒素分を固定するので、やせ地でも育ちます。施肥をするとさらによく育ちます。 生育は非常に早く...

送料無料
【現品発送】マホニア・チャリティー  苗木 樹高70cm 79

千草園芸

7,150

【現品発送】マホニア・チャリティー 苗木 樹高70cm 79

※写真の商品をお送りします。 写真は22年11月10日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約70cmです。 状態は季節により変化いたします。2211b-u ヒイラギナンテンによく似ていますが、軸が太く立ち性でまっすぐです。マホニア チャリティー 分類: メギ科 ヒイラギナンテン属の常緑低木 学名: Mahonia ×media 'Charity' 原産: 中国 開花: 11月-2月 用途: 庭植え、鉢植え 最終樹高: 3m 栽培敵地: 東北南部以南 冬に花を咲かせます。ヒイラギナンテンと同じ葉をしていますが、性質は軸がしっかり立ち上がる点で大きく異なります。 ヒイラギ南天の近縁種でヒイラギナンテンと台湾原産のマホニア・ロマリフォーリアを掛け合わせて作られたものとされています。 ヒイラギナンテンとよく似ていますが、より大型で軸がしっかりして上に向かって立ち上がる性質があります。 大変丈夫で、日当たりでの植栽が適しています。 最終樹高は3m位になるようです。 和風から洋風まで利用範囲も広い樹木です。 耐寒性は強いのですが寒冷地には適していません。東北地方南部以南での植栽に適しています。 マホニア チャリティーの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 花も大型でよく目立ちます。 背丈が高くなりすぎたら低めに剪定すると下枝が出てよく茂ります。 あまり手入れは必要ありません。 病害虫ではまれにカイガラムシがつくことがある程度です。 カイガラムシ対策はこちらをご覧ください。

送料無料
【現品発送】椿(ツバキ)初黄(ショコウ)樹高80cm 苗木「111662」

千草園芸

22,000

【現品発送】椿(ツバキ)初黄(ショコウ)樹高80cm 苗木「111662」

※写真の商品をお届けいたします。 22年11月16日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約80cmです。 木の状態は季節によって変化いたします 2211b-u ツバキ ot hi椿 初黄 学名: Camellia japonica 'Shigitatusawa' x C. chrysantha 開花期: 2〜4月 草 丈: 2〜3m程度 淡黄色一重ラッパ咲き小輪。 鴫立沢と金花茶の交配から山口湛夫氏によって作出さ、1989年に発表された新しいツバキです。 金花茶からは「黄色」を 鴫立沢からは花型を受け継ぎ、淡い黄色ですが黄色系の交配椿の中では濃い黄色です。 金花茶は寒さに弱いのですが、初黄も強くなったといっても日本の椿よりも弱いので、氷点下になる地域では冬は室内に入れたほうが安全です。。 黄色いツバキ・金花茶が日本に導入されたのは1980年(昭和55年)でした。 その後金花茶を交配親にして多くの品種が作られました。 ショコウはその中の最も優れた品種のひとつです。 淡黄色の一重咲き小輪の「鴫立沢」(西王母の自然実生で中輪白)と中国産の「金花茶」を交配させて生まれた品種です。 キンカチャは鮮黄色のつやのあるツバキですが寒さに弱く、日本ではよほどの暖地で無いと路地植えができません。日本産のツバキと交配することによって色はキンカチャほど濃くはありませんが ある程度の寒さに耐える黄色いツバキが誕生しました。

【選べる現品発送】アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高90cm~

千草園芸

17,600

【選べる現品発送】アオダモ (トネリコ属) 株立ち 苗木 樹高90cm~

※番号の商品を御送りします。 苗木は22年11月16日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約90cm~1.0mです。 木の状態は季節により変化いたします。 2211c-uアオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木(雄雌異株) 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【特徴】樹高は普通5m程度ですが、まれに樹高が10m以上太さは50cm程になるようですが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 丈夫で樹形は自然にまとまりやすく、樹皮は滑らか(白っぽいまだら模様ができる)なことからか庭木や公園樹に利用されます。 名前の由来は、雨上がりに樹皮が緑青色になる、枝を水につけておくと水が青を帯びる、 黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用された、青い染料に利用されたことなど諸説ありはっきりしません。 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【現品発送】紫銀葉アカシア プルプレア 苗木 10号鉢植え(樹高1.7m葉先まで)「112902」

千草園芸

17,600

【現品発送】紫銀葉アカシア プルプレア 苗木 10号鉢植え(樹高1.7m葉先まで)「112902」

写真の商品をお届けいたします。 苗木は22年11月29日に撮影。 当店で植え替えをしておりますので、しばらくはそのまま観賞していただけます。 季節によって状態は変化します。2211d-uアカシア プルプレア (分類): マメ科アカシア属の常緑高木 (学名): Acacia baileyana `Purpurea' (原産): オーストラリア南東部 (開花期): 3月〜4月上旬 (別名:) 紫葉アカシア、ゴールデンミモザ'プルプレア' (開花期) 2月下旬〜3月 (最終樹高) 5-10m (栽培敵地) 関東地方以南 ギンヨウアカシア (Acacia baileyana) 変種の紫葉で、新芽の成長している枝葉には特に顕著に現れます。 木質化していない軸も紫色になり、古い葉は粉を吹いているようにも見えます。 新芽の紫色は春は顕著に現れますが、夏以降は緑が強くなり葉の成熟にしたがって緑になります。 枝の伸びはギンヨウアカシアより遅めで、幹の太りも遅めです。同じ色の花を咲かせますが、こちらも少し少なめです。 樹形も太い幹にはなりにくくギンヨウアカシアよりやや小ぶりです。 下は滋賀県下でのアカシア プルプレア2021.11月 この木の魅力はやはり新しい枝が紫を帯びて成長するところです。 栽培についてはギンヨウアカシアと同じで水はけのよい日当たりが適しています。 成長が早いので鉢栽培よりも露地栽培が適しています。 病気はありませんが害虫ではカイガラムシ(オーストラリア原産のイセリアカイガラムシIcerya purchasi =ワタフキカイガラムシ )がつくことがあります。

【現品発送】なつめ(ナツメ) 樹高1.2m 苗木 92313

千草園芸

7,700

【現品発送】なつめ(ナツメ) 樹高1.2m 苗木 92313

写真の商品をお送りします。 写真は22年9月29日に撮影しました。樹高は約1.2mです。現在実はついておりません。落葉期に入ってきております。 季節によって状態は変化します。223a-uナツメ (分類) クロウメモドキ科ナツメ属の落葉中高木 (学名) Ziziphus jujuba (原産) 中国、西アジア (樹高) 5〜10m (開花期) 6〜8月(収穫期) 9〜10月 (利用) 庭植え、鉢植え (栽培敵地) 全国 日本への渡来は奈良時代以前とされています。 生食が一般的ですが、乾燥果にすると1年は保存ができ、甘味が倍増して大変おいしく1年中食べられます。 また、調理例としてシロップ漬け、ジュース、サラダ、スープ、てんぷら、煮物などと多様に調理可能です。 ナツメの育て方 水捌けのよい肥沃な土壌を好み、暑さ寒さに強く用土は選ばない強健種です。 受粉樹はいらないので、1本で実をつけ、早ければ翌年からの結実が期待できます。 肥料は好みますので多めに与えたほうが成長がよくなります。 その年に伸びた新枝に花が咲き、実が付きますから剪定は落葉期に強めに行います。 (植え付け) 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。

【選べる現品発送】マンゲツロウバイ(満月蝋梅) 苗木 樹高1.3m

千草園芸

16,500

【選べる現品発送】マンゲツロウバイ(満月蝋梅) 苗木 樹高1.3m

※番号の商品をお送りします。 苗木は22年11月16日に入荷・撮影しました。 季節によって状態は変化します。2211c-uロウバイ(蝋梅) 【分類】ロウバイ科ロウバイ属 【学名】Chimonanthus(=冬の花)praecox(=早咲きの) 【原産】中国 【別名】カラウメ(唐梅)、トウバイ(唐梅) 【用途】庭木、公園樹、生け花等 【開花】12月〜3月 【最終樹高】2m〜5m 【栽培適地】東北以南 □蝋燭でつくられた花みたいで、梅の花に似ていることから名付けたロウバイ。 日本では古くから栽培され、お正月の生け花などに用いられます。 雪のふる中でも花を咲かせます。 花の少ない冬に咲く花として有名です。特に、12月下旬から正月に咲く品種の「満月ロウバイ」に人気があります。その他見分けがつきづらいのですが、ロウバイにはいくつか品種があります。 1.トウロウバイ(Meratia praecox Rehd.et Wils.var.grandiflora Rehd.et Wils.) ロウバイの変種。花の中央が濃赤芯で、巾がやや広くふっくらしている。 九州地方では、こちらが満月ロウバイと呼ばれることがあるため、九州満月ともいいます。 2.ソシンロウバイ(Meratia praecox Rehd.et Wils.var.concolor Mkino) 花弁の中央部分が黄色く、満月ロウバイより花弁が小さく、黄色が薄い。 ロウバイの中でも優しい色から、茶花として利用されている。 3.マンゲツロウバイ ソシンロウバイの変種。ソシンロウバイより花が大きく、鮮やかな黄色をしたもの。 近年増殖され、関西地方では正月に開花し、早春まで長期間咲きつづづける。 ロウバイの育て方 日当たり、やや湿り気の肥沃な土壌を好みます...

【現品発送】榊(サカキ) 苗木 樹高1.4m 112605

千草園芸

9,350

【現品発送】榊(サカキ) 苗木 樹高1.4m 112605

※写真の商品をお送りします。 写真は22年11月29日に撮影しました。 根鉢を除いた地上部の樹高は約1.4mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211c-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能です。...

【現品発送】カリン(花梨) 苗木 樹高1.2m 112231

千草園芸

11,000

【現品発送】カリン(花梨) 苗木 樹高1.2m 112231

◆写真の商品をお送りしますす。 写真は22年11月22日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.2mです。 季節によって状態は変化します。223b-uカリンノキ(花梨の木) 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉中高木 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 原産は中国東部 別名: カリントウ 開花: 4月〜5月果実熟期 9月〜10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 日本には古くから持ち込まれ、東北地方以南の本州、四国、九州で植栽されています。 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲きません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは花は咲いてもほとんどが雄花です。 露地植えで木が大きくなっても実がつかないことはあまりありませんが鉢植えで実をつけるのは十分な肥料を与えて元気な木にしておかないと雌花が咲きにくいものです。 1本でも結実するのですが花が咲いても結実しない原因の多くは雌花が付いていないからです。 上に向かってよく枝が伸びますから、適度に剪定が必要です。 伸びきらない新芽が翌年はとげになり...

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.3m  70

千草園芸

16,500

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.3m 70

※写真の商品をお届けいたします。 写真は22年9月26日に撮影。 鉢を除いた樹高は、約1.3mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 229e-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

【現品発送】藪椿(ヤブツバキ)苗木 樹高1.4m 3211

千草園芸

8,800

【現品発送】藪椿(ヤブツバキ)苗木 樹高1.4m 3211

※写真の商品をお送りします。 写真は22年10月14日に撮影。根鉢を除いた樹高は、約1.4mです。木の状態は季節によって変化いたします2210c-u 藪椿(ヤブツバキ)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【選べる現品発送】ベニドウダンツツジ(紅ドウダンツツジ) 苗木 樹高1.3m

千草園芸

14,300

【選べる現品発送】ベニドウダンツツジ(紅ドウダンツツジ) 苗木 樹高1.3m

※写真の商品をお送りします。 22年10月27日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.3mです。 季節によって状態は変化します。2210d-u紅ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus cernuus f. rubens 【原産】日本固有種で本州関東地方以南、四国、九州。 【開花期】5月〜6月 【別名】チチブドウダン(秩父灯台)Enkianthus cernuus var. matsudaeと別種とされることもある 【成木】2m〜3m 春に釣鐘状の紅花を垂れ下げて咲かせます。 花を観賞するほか、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には真っ赤に紅葉します。 サラサドウダンツツジに似ていますが、樹形は縦に伸びやすく花は一回り小ぶりで花数が多いの花が特徴です。 花の色の濃淡や木の性質には産地により違いがあります。 育て方のポイント ドウダンツツジとは異なり、ベニドウダンはより排水性のよい土壌を好み、耐暑性もドウダンツツジより劣ります。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は、根穴にたっぷり水を入れてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で、上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。 下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり...

【現品発送】斑入り榊(フイリサカキ)苗木 樹高1.4m 112211

千草園芸

14,300

【現品発送】斑入り榊(フイリサカキ)苗木 樹高1.4m 112211

※写真の商品をお送りします。 写真は22年11月22日に撮影しました。 根鉢を除いた地上部の樹高は約1.4mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211d-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能です。...

【現品発送】榊(サカキ) 苗木 樹高1.4m 112604

千草園芸

9,350

【現品発送】榊(サカキ) 苗木 樹高1.4m 112604

※写真の商品をお送りします。 写真は22年11月29日に撮影しました。 根鉢を除いた地上部の樹高は約1.4mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211c-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能です。...

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.7m 110217

千草園芸

25,300

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.7m 110217

写真の商品をお届けいたします。 22年11月3日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.7mです。 木の状態は季節により変化いたします。2211d-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

送料無料
【現品】常緑エゴノキ(トキワエゴノキ)苗木 樹高80cm 101512

千草園芸

8,800

【現品】常緑エゴノキ(トキワエゴノキ)苗木 樹高80cm 101512

※移植の影響により、一時的に葉が少ない状態となっておりますが今後の生育に問題はありません。春になると新芽が出て葉は茂ってきます。※写真の商品をお送りします。 写真は22年10月29日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2111c-u常緑エゴノキ(トキワエゴノキ) (分類): 常緑中低木 (学名): (原産): (開花期): 5〜6月 (栽培適地): 関東地方以南 常緑性のエゴノキで、しなやかな立ち性の姿 が好まれます。 黒っぽい幹と小さめの葉っぱとのバランスも よく整った樹形になりやすい樹木です。 エゴノキの名前が付けられていますが、ハイノキに近いものではないかと思います。 5〜6月には芳香のあるハイノキを連想させるような花を咲かせます。 木の性質はハイノキよりも強く、暑さにも強く、当地滋賀県でも寒風の当たる場所に植えても落葉することなく、冬越ししています。 秋の紅葉 晩秋になり気温が低下すると葉は紅葉します。 冬の状態 冬の冷え込みが強いと葉に斑点ができることがあり、落葉が多くなります。 春になると新しい葉が出て、綺麗になります。 他の品種に淡紅色の「ピンク チャイム」や枝が垂れ下がる「シダレエゴノキ」などがあります。

送料無料
【選べる現品】筆柿の木(フデガキ)苗木 樹高90cm~

千草園芸

9,900

【選べる現品】筆柿の木(フデガキ)苗木 樹高90cm~

※番号の商品をお送りします。 写真は22年11月29日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。219b-u (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。筆柿 筆柿は江戸時代より愛知県三ヶ根山麓に自生していた品種で、筆の形をしているところから名づけられたものです。 非常にたくさん実をつける品種で、大きくなるとたわわに実をつけます。 また、他の柿に比べて早生種で、9月下旬〜10月下旬に収穫されます。 春には下記のようなかわいらしい花を咲かせます。 果肉は富有ガキよりも柔らかく、味もよく大変食べやすい柿です。 もともと甘い柿ですが、受粉が不十分で種ができない実は渋くなることがあります。 (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。根に比べて上の方が大きいので植えおえた後は支柱を3本立ててしっかり固定してください。

送料無料
【選べる現品】スズランノキ(すずらんの木)苗木 樹高80cm

千草園芸

11,000

【選べる現品】スズランノキ(すずらんの木)苗木 樹高80cm

写真は見本品です。 苗は22年12月2日に入荷・撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。2211dスズランの木 【分類】ツツジ科オクシデンドルム属の落葉中高木 【学名】Oxydendrum arboreum 【原産】北アメリカ 【開花期】7〜8月 【別名】オキシデンドルム 【栽培適地】北海道〜九州 【樹高】5〜10m ●スズランの木の特徴● 初夏にその名の通りスズランに似た白い釣鐘形の花をつけます。 この木はニシキギ・ニッサとともに世界三大紅葉樹といわれています。 近年では庭木のシンボルツリーとして人気があります。 7月〜8月にアセビに似た穂状の鮮やかな白い花を付けます。 秋には紅葉が楽しめ、暖地でも美しく紅葉します。 Zenobia pulverulentaもスズランノキと呼ばれ、すずらんのような花を咲かせる小型の樹木ががあります。 ゼノビアはこちら これも同じツツジ科ではありますが樹高は最大でも1.5mにしかならない別の樹木です。 ここでいう「スズランノキ」は大きくなる木で、太いシュートのような軸が出て大きくなります。 下のほうの細い枝は大きくならず、他の樹木と成長の仕方が異なっています。 大きくしたい場合は太い主軸は切らずに育てるようにします。

【現品発送】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 苗木 樹高1m 13052

千草園芸

8,800

【現品発送】椿(ツバキ) 紅侘助(ベニワビスケ) 苗木 樹高1m 13052

※写真の商品をお送りします。 22年10月11日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.0mです。 木の状態は季節によって変化いたします。2210c-u ツバキ rd hiツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫...

送料無料
【選べる現品発送】ポポー(ポーポー) NC-1 接ぎ木苗樹高70cm 《果実を楽しめる苗木》

千草園芸

16,500

【選べる現品発送】ポポー(ポーポー) NC-1 接ぎ木苗樹高70cm 《果実を楽しめる苗木》

NC−1 カナダで作出された早生大実品種。濃厚な甘さで寒さに強い。果実の大きさは約400gくらい。 ※番号の商品をお送りします。 22年5月11日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。225b-u 学名 Asimina triloba Dunal 成木の樹高 6〜10m 栽培適地 東北地方〜九州 開花期 5上旬〜中旬 結実期 8〜10月 ポポーの実 輸送や貯蔵がむずかしいので商業的に流通はしませんが、豊富な栄養とアミノバランスに優れているため最近注目されるようになっています。 不飽和脂肪酸、ビタミンA.C.鉄分、カリウムなどの豊富な栄養素を含んでいます。 果実は大型で甘味が多く、豊産性。果肉は鮮やかな黄色です。ポポー 分類: バンレイシ科 ポポー属 の 落葉高木 学名: Asimina triloba 原産: 北アメリカ大陸の広い範囲に分布 別名: アケビガキ 利用: 食用 収穫期: 9〜10月 樹高: 5〜10m性質: 極めて丈夫な性質です。 栽培敵地: 東北北部〜九州 ポポーの特徴 4月に葉の出ていないころから小さい緑色の蕾をつけ、次第に紫色に変わっていき、開花します。 花は中央部にめしべがあり、その奥に球型に雄しべらしい部分に花粉が見えます。 毎年風の良く当たる上部は落果して葉の中に隠れる場所の果実だけが残って大きくなります。 自家不和合性(1本では結実しない。)とされていますが、我が家では近くにポポーは無いのに1本でもよく実がなります。 1本しか植えてないのによく実がなるというのは他でも聞いたことがあります。 14年8月12日。滋賀県大津市。 ただ、別の木があればもっと実がなるのかもしれません。 9月11日、3個成っていた房の実が落ちていました。 果実は完熟すると木から自然に落下し、その後数日間が食べごろです...

【現品発送】モミジ 獅子頭(シシガシラ) 8号鉢植え 苗木「21601」樹高70cm

千草園芸

8,800

【現品発送】モミジ 獅子頭(シシガシラ) 8号鉢植え 苗木「21601」樹高70cm

写真は見本品です。 写真は22年4月23日に撮影しました。 落葉時の写真は2月に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 222b-uモミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10〜15m 【開花期】4月〜5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。...

【選べる現品】サルスベリ ブラックパール レッド(赤) 苗木 樹高1.6m~

千草園芸

18,150

【選べる現品】サルスベリ ブラックパール レッド(赤) 苗木 樹高1.6m~

※番号の商品をお送りさせていただきます。 写真は22年8月25日に撮影したものです。 鉢を除いた樹高は約1.6m~約1.7mです。 木の状態は季節によって変化いたします。228d-u ■レッド 生き生きとした赤色の花と黒葉が印象的。樹形は直立型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り...

【選べる現品発送】斑入り榊(フイリサカキ) 苗木 樹高1.2m~

千草園芸

8,800

【選べる現品発送】斑入り榊(フイリサカキ) 苗木 樹高1.2m~

※写真の商品をお届けいたします。番号でお選びください。 写真は22年10月15日に撮影しました。 樹高は根鉢を除いて約1.2m~約1.3mです。 季節によって状態は変化します。2210c-u榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6〜7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月〜12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので...

【現品発送】椿(ツバキ)かぎろひ 苗木 樹高1.2m 91816

千草園芸

12,100

【現品発送】椿(ツバキ)かぎろひ 苗木 樹高1.2m 91816

※写真の商品をお送りします。 写真は22年9月22日に撮影。花芽は確認できておりません。 木の状態は季節によって変化いたします 229d-u ツバキ ot yaツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことがで...

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.6m 110215r

千草園芸

17,600

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.6m 110215r

写真の商品をお届けいたします。 22年11月3日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.5mです。 木の状態は季節により変化いたします。2211d-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

【現品発送】ソヨゴ 苗木 株立ち 雌株(メス株) 樹高1.8m 102808

千草園芸

28,600

【現品発送】ソヨゴ 苗木 株立ち 雌株(メス株) 樹高1.8m 102808

※写真の商品をお送りします。 苗木は22年10月28日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.8mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2210d-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります。...

【現品】サルスベリ 苗木 ブラックパール レッド(赤) 株立ち 樹高1.4m 80114

千草園芸

24,200

【現品】サルスベリ 苗木 ブラックパール レッド(赤) 株立ち 樹高1.4m 80114

※写真の商品をお送りします。 写真2~4枚目は22年11月4日に撮影しました。 写真5枚目は22年8月1日に撮影したものです。 根鉢を除いた樹高は約1.4mです。 木の状態は季節により変化いたします。2211a-u ■レッド 生き生きとした赤色の花と黒葉が印象的。樹形は直立型です。 サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m?10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが...

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.4m 101208

千草園芸

13,200

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.4m 101208

※写真の商品をお送りします。 22年10月16日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。2210d-uキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 ...

【訳あり/現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.5m 10617

千草園芸

13,750

【訳あり/現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.5m 10617

※上部の葉が少ない状態となっておりますが今後の生育に問題はありません。 ※写真の商品をお送りします。 22年10月10日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。229d-unesaキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます...

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.3m 101209

千草園芸

11,000

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.3m 101209

※写真の商品をお送りします。 22年10月17日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は約1.3mです。 木の状態は季節により変化いたします。2210b-uキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には...

【選べる現品発送】キリラ ラセミフローラ(ナイアガラツリー)苗木 樹高1.3m

千草園芸

6,050

【選べる現品発送】キリラ ラセミフローラ(ナイアガラツリー)苗木 樹高1.3m

※写真の商品をお送りいたします。 写真は22年11月11日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。2211b-uキリラ ラセミフローラ 分類: キリラ科キリラ属 の常緑樹、半常緑樹、または遅落葉樹(日本では落葉低木) 学名: Cyrilla racemiflora L. 原産: 北アメリカ南東部〜南アメリカのブラジル北部 別名: ナイアガラツリー開花期: 5〜7月、 最終樹高: 10m 栽培敵地: 関東地方以南(日本では高さ1〜3mの落葉低木) 日当たり~半日陰の場所、水はけのよい湿った土壌を好みます。 熱帯地方では常緑樹で最大で15メートルになりますが、温帯地域では高さ4メートルくらいの低木にしかならないようです。 耐寒性は-5度程度とされ関東以南では露地植可能ですが寒冷地では鉢植えで栽培し、冬は室内に置くことが必要です。 原産地では川の近くや湿地に育っているようで湿った場所を好むとされていますが、 当店では他の樹木と同じ条件下でよく育っていますのでそれほど気にする必要はないでしょう。 大きくなるとねじれたリョウブのような灰色からオレンジ系茶色の滑らかな幹になります。リョウブの仲間ではなく、別科別属の1種です。 蜜源植物としても利用されます。

【現品発送】アオダモ 株立ち(トネリコ属) 苗木 樹高1.7m 112555

千草園芸

33,000

【現品発送】アオダモ 株立ち(トネリコ属) 苗木 樹高1.7m 112555

※写真の商品を御送りします。 写真は22年11月25日に撮影。 根鉢を除いた樹高は、約1.7mです。 木の状態は季節によって変化いたします 2211d-uアオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木(雄雌異株) 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【特徴】樹高は普通5m程度ですが、まれに樹高が10m以上太さは50cm程になるようですが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 丈夫で樹形は自然にまとまりやすく、樹皮は滑らか(白っぽいまだら模様ができる)なことからか庭木や公園樹に利用されます。 名前の由来は、雨上がりに樹皮が緑青色になる、枝を水につけておくと水が青を帯びる、 黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用された、青い染料に利用されたことなど諸説ありはっきりしません。 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.5m 110213r

千草園芸

19,800

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.5m 110213r

写真の商品をお届けいたします。 写真は22年11月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2211b-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

【選べる現品発送】ギンバイカ(銀梅花) 苗木 樹高1.0m~

千草園芸

9,900

【選べる現品発送】ギンバイカ(銀梅花) 苗木 樹高1.0m~

※番号の商品をお送りします。 苗木は22年11月1日に入荷・撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。2211aギンバイカ 分類: フトモモ科ギンバイカ属の常緑低木学名: Myrtus communis原産: 中近東、地中海沿岸別名: マートル、ギンコウバイ、ギンコウボク、イワイノキ 開花期: 5月-7月樹高: 2m-3m栽培敵地: 関東地方以南 葉は揉むとユーカリに似た強い芳香を放つことから、「マートル」という名でハーブとして扱われていることもあります。 5月ころから梅に似た白い花を咲かせ秋には黒い実をつけます。果実も芳香と甘みがあり食べることができます。 刈り込みにも良く耐えるので、生垣に利用されることもあります。 品種は、葉に白い覆輪がある斑入り品種のバリエガタ、枝葉の細かいヒメギンバイカ(コンパクタ、姫銀梅花)等があります。 ギンバイカの育て方 水はけの良い肥沃な土壌と日当たりを好みます。 寒風のあたる場所での植栽には向いていません。 成長の早い木ですから、年に何度も剪定が必要です。 根を切るのはよくありませんから、定植するときは、土を崩さないように注意してください。 鉢栽培で植え替える場合も根鉢はあまり崩さないように一回り大きい鉢に植え替えるようにします。

【現品発送】オオデマリ(ビバーナム) ジェミニ 苗木  株立ち  樹高1.8m 223

千草園芸

20,900

【現品発送】オオデマリ(ビバーナム) ジェミニ 苗木 株立ち 樹高1.8m 223

※写真の商品をお送りします。 写真は22年12月2日に撮影。 根鉢を除いた樹高は、約1.7mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2212a-u ※「オオデマリ ジェミニ」は、ピンクと白と咲き分けるのが特徴ですが、株によって、白のみや、ピンクのみの花しか付かない場合があります。 ピンクの花が咲くオオデマリをご希望の場合は、「ピンクオオデマリ」と表記している商品をお求めください。オオデマリ (分類)スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木 (学名) Viburnum plicatum var. plicatum f. plicatum (原産)日本(北海道南部〜九州まで植栽可) (開花)5月〜6月 (別名)ビバーナム、テマリバナ (成木の高さ)3〜5m 初夏に大きい手まり状の花をつながるように咲かせます。オオデマリはヤブデマリの園芸種とされています。ヤブデマリの中央部の両性花(雄しべと雌しべがあり、交配して種を付けることができる花)のすべてが装飾花に変化したため、美しい球状の花になっています。両性花が無いために種を作ることはできません。 花を観賞するため庭の脇役として、よく植栽されます。葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化も楽しめます。 ■栽培 肥沃で乾燥しない日当たり、水はけのよい場所を好みます。 乾燥を嫌うので夏の乾燥には十分注意してください。肥沃な土壌を好みますので、寒肥として、また花後に油粕または配合肥料を与えてください。 生育は早く、鉢植では根詰まりしやすいので落葉期に毎年植え替えが必要です。 樹形が乱れやすいのでお好みの形に剪定できます。自然の樹形を残すようにしたほうが、よいでしょう。剪定は花後(混み合った枝を間引く程度)、または落葉期に行います。 ■病害虫 病気はほとんどありませんが...

送料無料
【選べる現品発送】ベニバナトチノキ 苗木 樹高80cm~

千草園芸

8,800

【選べる現品発送】ベニバナトチノキ 苗木 樹高80cm~

※番号の商品をお送りします。 苗木は22年11月1日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約80cm~約90cmです。 季節によって状態は変化します。2211a-uベニバナトチノキ 【分類】トチノキ科 トチノキ属の落葉高木 【学名】Aesculus x carnea 【原産】園芸種(トチノキの分布は日本を含む温帯地方) 【別名】ベニバナマロニエ 【用途】公園樹、街路樹、庭木。トチノキは実を食用、材は工芸、 【開花】5月 【樹高】8~10m 【栽培敵地】北海道中部〜九州中部 トチノキは日本では古く縄文時代から実を食料や非常食として利用されてきたことから各地で古木が保存されています。 花は蜜源植物として養蜂家の間では重要な樹種とされています。 実は有毒成分を含みますが水であく抜きをしたものが加工され、「トチモチ」の原料となります。 近縁種でヨーロッパ産のセイヨウトチノキ (Aesculus hippocastanum) が、フランス語名「マロニエ:marronnier」として知られ、 街路樹などに利用されています。 ベニバナトチノキはヨーロッパ原産の西洋栃の木 (セイヨウトチノキ)と北アメリカ原産のアメリカ紅花栃の木(アメリカベニバナトチノキ) Aesculus paviaの交配種で濃いピンクの花を咲かせます。 成長は普通のマロニエに比べて成長は遅めでずんぐりとした樹形になります。 良く似たピンクから赤い花を咲かせるトチノキには濃い紅色のアメリカベニバナトチノキAesculus pavia、 北米南部及び東部を原産で花が小さめのアカバナアメリカトチノキAesculus glabraがあります。

【選べる現品発送】モミの木(モミノキ)苗木 樹高1.0m~

千草園芸

14,850

【選べる現品発送】モミの木(モミノキ)苗木 樹高1.0m~

※番号の商品をお送りします。 苗木は22年11月8日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.0m~約1.1mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211b-u xmshモミノキ 【分類】マツ科モミ属『常緑高木』 【学名】Abies firma(ウラジロモミ:Abies homolepis) 【分布】秋田県〜屋久島(ウラジロモミ:福島県〜四国) 【利用】シンボルツリー、公園樹、鉢植え 【栽培】全国各地で栽培可能です。 耐寒性があり、暑さにはやや弱い部分もあります。 乾燥を嫌いますので、土の表面が乾いたら、たっぷり水やりを してください。また通気性を好みます。 植え替えは、2〜3年に1度すればよいでしょう。 また、害虫は基本的につかない樹木です。 【剪定】新芽の出る前の春先がよいでしょう。 成木は15m〜45mまでになります。 高さを調整する場合、植替え後、2〜3年経った後に、必要な 高さまで枝を枝元で切り取るとよいでしょう。 【モミとトウヒの違い】 属:モミ属とトウヒ属。 葉:モミのほうが、葉の1本1本ががっちりしていて堅い。 実:モミは直立し、トウヒは下に垂れ下る。 成長:モミのほうが、成長がやや遅い。 モミノキ トウヒ プンゲンストーヒ 【特徴】日本原産のモミの近縁種にはウラジロモミAbies homolepisと シラビソ Abies veitchii、オオシラビソ Abies mariesii、 トドマツ Abies sachalinensisなどがあります。 それぞれ分布は異なりますが幼苗では区別のむずかしいものです。 当店で植木の「モミノキ」として販売しているモミ木は正しくは ...

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.5m 10609

千草園芸

12,650

【現品発送】キンモクセイ(金木犀) 苗木 樹高1.5m 10609

※写真の商品をお送りします。 22年10月7日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。224e-uキンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9〜10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には、蓑虫が付いていることがあるので取り除いてください。 ...

【現品発送】アオダモ 株立ち(トネリコ属) 苗木 樹高1.0m 111511

千草園芸

18,700

【現品発送】アオダモ 株立ち(トネリコ属) 苗木 樹高1.0m 111511

※写真の商品を御送りします。 苗木は22年11月16日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.0mです。 木の状態は季節によって変化いたします 2211c-uアオダモ 【分類】モクセイ科トネリコ属の落葉中高木(雄雌異株) 【原産】日本、南千島、朝鮮半島 【学名】Fraxinus lanuginosa 【別名】アオタゴ、コバノトネリコ 【特徴】樹高は普通5m程度ですが、まれに樹高が10m以上太さは50cm程になるようですが成長は早くありません。 春には白い小花を咲かせます。 材木は堅くて強く、粘り気があることから、器具材や機械材のほか、 野球のバットや、スキー板、テニスのラケットなどに使用されます。 【開花期】4月〜5月 丈夫で樹形は自然にまとまりやすく、樹皮は滑らか(白っぽいまだら模様ができる)なことからか庭木や公園樹に利用されます。 名前の由来は、雨上がりに樹皮が緑青色になる、枝を水につけておくと水が青を帯びる、 黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用された、青い染料に利用されたことなど諸説ありはっきりしません。 春に白い穂状の花を咲かせます。花を観賞するというより、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の黄葉と季節の変化を感じさせます。また、幹に見られる模様も趣のあるものです。

【現品発送】椿(ツバキ)デザイア 苗木 樹高1.1m「111659」

千草園芸

18,150

【現品発送】椿(ツバキ)デザイア 苗木 樹高1.1m「111659」

※写真の商品をお届けいたします。 22年11月16日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.1mです。 木の状態は季節によって変化いたします2211b-u ツバキ pk mi yaツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

【現品発送】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち  苗木 樹高1.7m 28

千草園芸

23,100

【現品発送】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 株立ち 苗木 樹高1.7m 28

※写真の商品をお送りします。 写真は22年9月6日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.7mです。暖地以外では冬は葉が少なくなります。 季節によって状態は変化します。229b-u ↑植木と一緒にお庭を彩る↑↑グランドカバー低木セット↑ 常緑ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 【原産】中国 【開花期】5月〜6月 【樹高】4m〜5m 【栽培適地】関東地方以南 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけ・日当たりのよい所を好みます。多少の日陰でもよく育ちますが、少し伸び気味になり、花付も悪くなります。 花付は、木一面を覆うくらいに付きますので、水やりも少し少なめのほうがよいかもしれません。 夏の暑さにも強く、葉も大変よく茂ります。秋にはたくさんの花芽をつけて冬をむかえます。 寒さに弱く-5℃の低温にも耐えると言われていますが、関西では冬はかなり落葉しまます。 防寒するほどではありませんが、寒風のよくあたる場所では落葉樹のように落葉することもあります。 しかし、多少落葉しても春の回復力は強く、5月以降は驚くほどの回復を見せて木一面に花を咲かせます。 積雪の多い地方では積雪対策が必要です。 枝は折れやすいので、剪定をしたりコモなどで覆うなどの対策を行ってください。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。 耐病性も強く病害虫もほとんどありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。多い場合は、殺菌剤の散布をおすすめします...

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.5m 110214r

千草園芸

19,800

【現品発送】ハイノキ(灰の木) 株立ち 苗木 樹高1.5m 110214r

写真の商品をお届けいたします。 写真は22年11月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 2211b-uハイノキ (分類)ハイノキ科ハイノキ属の常緑小高木 (学名)Symplocos myrtacea (原産)近畿地方以西、四国、九州 (栽培適地)関東地方以南の暖地(耐寒性は氷点下2〜3℃程度は大丈夫です。 (開花期)4月 (別名)イノコシバ (利用)材は緻密で硬いので細工物に。名前の由来はこの植物の灰汁を媒染剤に使ったことによります。 幹は艶のある滑らかな肌で、濃い緑の小さい葉はやさしく風になびきます。まとまりのある 自然樹形を形成し、生長は遅いのですが、成木は5〜10m位になります。 4月下旬に純白の花を咲かせます。 ・ハイノキの育て方 暖地性の樹木ですから関東地方での庭植えで越冬可能ですが、あまりに寒いと落葉が多くなって育ちません。 一方夏の暑さには強いのですが、根元に直射が当たるのは地温が上昇して枯れる原因になります。 根が浅いせいか乾燥に弱いところがありますからマルチをしくなどをして乾燥と地温上昇防止対策が必要です。 日当たりが適しているのですが(木の生産地では日当たりの良い場所で栽培されている。)、 種々の要因から半日陰のほうが適しているといえるかもしれません。 水はけの良い場所に植えて、乾燥しないようにして育てることが大切です。 腐葉土などは多めに混ぜたほうが良いでしょう。 移植をすると翌春には古い葉が落葉します。 常緑樹ですが、古い葉が落葉しても新しい葉が多く出ると目立たないのですが、 1年目の新芽は出る量が少なくなりますから、全体の葉が少ない状態になります。 活着後は肥料を施し樹勢の回復に努めるようにします。 病害虫はほとんどありません。

送料無料
【現品発送】フイリヤツデ(斑入りヤツデ) 苗木 H40cm×W60cm×W50cm 1011

千草園芸

17,600

【現品発送】フイリヤツデ(斑入りヤツデ) 苗木 H40cm×W60cm×W50cm 1011

※写真の商品をお送りします。 写真は22年10月11日に撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約40cm。葉張りは約50cm×約60cmです。 木の状態は季節によって変化いたします 2210c-uヤツデ 分類: ウコギ科ヤツデ属の常緑低木学名: Fatsia japonica原産: 本州の福島より南〜沖縄別名: テングノハウチワ 開花期: 11月〜12月樹高: 2〜3m栽培敵地: 東北地方北部以南 葉の特徴的な姿から、テングノハウチワの別名があります。 手のような大きな葉が人を招く「千客万来」の縁起を担いで玄関先や門の脇によく植えられます。 ヤツデ(八手)の「八」は末広がりで縁起の良い文字でもあることからも縁起のよい木とされてきました。 生育環境にはよく適応し日当たりでも育ちますが、日の当たらない日陰でもよく育つので、日陰の庭にも植えられます。 冬に白い花を枝先にたくさん咲かせ、春に実が付きます。 ●育て方のポイント● 湿った場所でよく育ちますが、水はけの悪い停滞水は根グサレを起こすので水はけのよい環境で育てます。乾燥しない肥沃な土壌を好みます。 耐暑性にも耐寒性にもつよく氷点下5度程度までは耐えます。 日当たりでも日陰でもよく育ちますが、日陰で管理したものを直射に当てると黒く葉やけを起すので鉢植では日陰で管理したほうがよいでしょう。 病害虫 害虫ではロウムシ(カイガラムシ)が発生することがあります。 病気はあまり見られませんが「ヤツデそうか病」が発生することがあります。3月〜4月の新葉が展開する季節に葉や茎にかさぶた状の斑点が生じるもので、土の中の糸状菌から雨滴の飛沫により伝染するもので、土跳ねをなくすようにマルチングをすることで予防します。発生した場合は病犯部を取り除き殺菌剤を噴霧します。

【現品】シロヤシオツツジ(白八汐) 大株 W80cm×D50cm×H70cm 31605

千草園芸

29,700

【現品】シロヤシオツツジ(白八汐) 大株 W80cm×D50cm×H70cm 31605

写真の商品をお送りします。 写真は22年5月6日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 225a-u 幅は約80cm×約50cm×、樹高は約70cmです。シロヤシオ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉中低木 【学名】 Rhododendron quinquefolium 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県、四国の太平洋側の山地栽培適地:東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】5月頃に、葉と同時に白色の花を枝先の葉の下側につけます。 【利用】 庭木 白い大形の花を咲かせるツツジです。生育は早くありませんので、狭いお庭などにも適しています。 自生地は限られ、多くの道府県のレッドリストの絶滅危惧種に指定されている希少品種です。 開花期以外にも丸みを帯びた葉や秋には紅葉も楽しむことができます。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、山地の急な傾斜地に自生していますので、落ち葉の腐った酸性土壌の常に湿っていて水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならない、木陰になる場所です。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。 土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。

送料無料
シロヤシオツツジ(白八汐)  苗木 30cm

千草園芸

6,600

シロヤシオツツジ(白八汐) 苗木 30cm

写真は見本品です。 2枚目の写真は22年5月5日に撮影しました。 22年11月21日、再入荷しました。 季節によって状態は変化します。2211d-uシロヤシオ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉中低木 【学名】 Rhododendron quinquefolium 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【原産】福島県から兵庫県、四国の太平洋側の山地栽培適地:東北地方中部〜九州までの水はけのよい場所 【開花期】5月頃に、葉と同時に白色の花を枝先の葉の下側につけます。 【利用】 庭木 白い大形の花を咲かせるツツジです。生育は早くありませんので、狭いお庭などにも適しています。 自生地は限られ、多くの道府県のレッドリストの絶滅危惧種に指定されている希少品種です。 開花期以外にも丸みを帯びた葉や秋には紅葉も楽しむことができます。 ↑4月の状態です。新芽が非常にきれいです。 ↑秋には鮮やかな紅葉がお庭を彩ります。 ●育て方のポイント● 植える場所は、山地の急な傾斜地に自生していますので、落ち葉の腐った酸性土壌の常に湿っていて水はけがよい場所が適しています。 夏はあまり暑くならない、木陰になる場所です。生育環境から非常に水はけのよい場所に植えることが必要です。 寒さには強いのですが、夏は根元に直射が当たるのはよくありません。根元にはマルチをして地温の上昇をなくすこと、乾燥を嫌うので決して水切れは起こさないことが大切です。 土には多目の腐葉土を入れて酸性土壌にしておくことも必要です。

送料無料
【現品発送】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 樹高50cm 52354

千草園芸

7,700

【現品発送】黒船ツツジ(クロフネツツジ) 樹高50cm 52354

※写真の商品をお送りします。 1~2枚目の紅葉時の写真は22年11月7日に撮影しました。 3~5枚目の写真は22年5月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。225d-u 特性・水はけのよい酸性土壌を好みます。鉢植えでは粗い鹿沼土を用います。クロフネツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron schlippenbachii 【原産】中国東北部、ロシア極東部および朝鮮半島 【別名】カラツツジ 【開花】4-5月 【利用】庭植え、鉢植え【樹高】1m-4.5m 【栽培敵地】 北海道中部〜九州 大輪の花を咲かせ、「ツツジの女王」と呼ばれることもあります。日本には江戸時代に朝鮮半島から渡来したとされています。 黒船に乗って渡来したとツツジ、黒船来航のころに渡来したツツジから名づけられたようです。 葉の展開後すぐに、淡い桃色の大形の花を咲かせます。 ●育て方のポイント● 耐暑性耐寒性に強く栽培しやすいツツジです。生育は遅く、大きくなるのに年月がかかります。 日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。用土は、水はけの良い土壌に鹿沼土やピートモスを2〜3割以上混ぜた用土を使います。鉢植えでもよく生育します。 肥料は、冬と花後に化成肥料または油粕を与えます。 ●病害虫対策● 病気はほとんどありませんが、暖地ではグンバイ虫が発生しがちです。 新芽の展開する5月〜6月には、浸透移行性の殺虫剤オルトラン粒剤などを撒いて予防します。

【現品】斑入りタイサンボク 苗木 樹高50cm 263

千草園芸

8,800

【現品】斑入りタイサンボク 苗木 樹高50cm 263

写真の商品をお送りします。 写真は22年8月26日に撮影。木の状態は季節によって変化いたします228dタイサンボク 分類: モクレン科モクレン属の常緑高木 原産: 北米中南部 学名: Magnolia grandiflora 別名: ハクレンボク(白連木) 開花期: 5〜7月 樹高: 10-20m 栽培敵地: 関東地方以南 北米原産で、大きい皮質の光沢のある葉が特徴で、6月ころにモクレンのような白い大きな花を咲かせます。 タイサンボクはアメリカ合衆国南部を象徴する花木とされ、ミシシッピ州とルイジアナ州の州花に指定されています。 自然分布域はフロリダ半島を中心にしたメキシコ湾沿岸の暑い地方ですが、ヨーロッパの比較的寒い地方でもよく栽培されていて耐寒性、耐暑性もあり、日本では東北地方南部以南で栽培可能とされています。 成木は樹高は20m位になります。 (栽培) 水はけのよい日当たりを好みます。特に剪定しなくても整った樹形になりますが、あまり大きくしたくない場合は、剪定して生育を抑制します。 土質を選ばず、あまり肥料も必要としませんが、乾燥は嫌いますので、移植してある程度根が張るまでは乾燥しないようにしてください。 近縁種に花や樹形の一回り小さい「ヒメタイサンボク」Magnolia glaucaがあります。 こちらも北米原産で、5〜6月に少し黄みがかった小さい花を咲かせます。 本来は常緑樹ですが、関西地方では冬季にはほとんど葉が落ちるようです。 高さ4〜mで花を咲かせるタイサンボク`プラエコックス ファスティギアータ'Magnolia grandidflora `Praecox Fastigiata'もあります。 こちらは6月より8月の開花期のほか秋にも花を咲かせます。 園芸品種の'リトルジェム'は樹高の低い矮性種(わいせいしゅ...

【選べる現品発送】ノムラモミジ(野村紅葉) 苗木 樹高1.8m~  お庭のアクセントに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木

千草園芸

18,700

【選べる現品発送】ノムラモミジ(野村紅葉) 苗木 樹高1.8m~ お庭のアクセントに最適な苗木 落葉樹 植木 庭木

※番号の商品をお送りします。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。 ご了承ください。 22年11月22日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211d-u ↑植木と一緒にお庭を彩る↑↑グランドカバー低木セット↑ノムラモミジ 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acer palmatum Thunb. Var.sanguineum Nakai 【原産】園芸種 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4〜5m 【栽培敵地】北海道〜九州 品種の特徴 江戸時代から知られる品種で年中ワインレッドの色をしていることでよく知られたモミジです。 よく種をつけ、実生でも同じように赤い色の葉のもみじができますが、濃淡などでばらつきがあります。 ほとんどがよい性質を持った品種を接木で増殖されています。色が鮮明に出ることから「出猩々」などと 区別されて販売されます。樹高は4mくらいになり、成長はやや早めです。 下は春の芽出し4月の状態です。 下は夏の直前6月の状態です。 下は8月下旬です。このころは緑色が 出てきます。気温の高い平地では もっと緑色になることもありますが、 高原などの寒冷地では赤紫のままで 緑にはなりません。 下は11月13日。紅葉が始まりました。 ノムラモミジの育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所では マルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されます。 水はけのよい場所を好みます...

【現品発送】ソヨゴ 苗木 株立ち 雌株(メス株) 樹高1.5m 111911《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

千草園芸

22,000

【現品発送】ソヨゴ 苗木 株立ち 雌株(メス株) 樹高1.5m 111911《シンボルツリーに最適な苗木 植木 庭木》

※写真の商品をお送りします。 苗木は22年11月19日に入荷・撮影しました。 根鉢を除いた樹高は、約1.5mです。 木の状態は季節によって変化いたします。 2211d-u 学名 Ilex pedunculosa Miq. 原産 本州(関東以西)、四国、九州、中国、台湾 分類 モチノキ科モチノキ属の常緑中低木 成木の樹高 5〜8m 栽培適地 関東地方〜九州ソヨゴ 【分類】モチノ科モチノキ属の常緑中高木 【分布】関東以西、四国、中国、台湾 【学名】Llex pedunculosa 【別名】フクラシ、フクラシバ 【開花期】5月〜6月 【結実期】10月〜12月 【名前の由来】風が吹くと葉がそよぐことから『ソヨゴ』と名づけられたようです。 ソヨゴは雄雌異株の関東地方・新潟県以西の本州、および四国・九州に分布する常緑中高木です。 年中さわやかな緑の葉を保ち、寒さや暑さにも強く、日本の気候風土によくなじんだ樹木です。 ・植え付け 春、または秋に移植することが望ましいのですが、敵期に移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定してます。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 ・栽培上の注意…水遣り 植えつけてから、最初の夏越しが大変重要です。 根が十分に伸びていないことで水枯れを起こすことが多いからです。水枯れを起こすと、葉が黄色くなり、落葉が多くなります。...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク