メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「鹿沼土」検索結果。

鹿沼土の商品検索結果全676件中1~60件目

大輪で圧巻の花姿!アマリネ・チュベルゲニー`ザーネンバーグ'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

大輪で圧巻の花姿!アマリネ・チュベルゲニー`ザーネンバーグ'球根 1球

本種はアマリリス・ベラドンナ(ベラドンナリリー)とネリネ・ボーデニーとの交配で生まれた品種です。両種の長所を受け継ぎ、花は直径20cm以上にもなります。花弁の質感はしっかりとしており、花には芳香もあります。またネリネ同様花期も長く、見応え十分の逸品です。 学名 x Amarine tubergenii `Zwanenburg' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 40~60cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 発送状態 球根1球をお送りいたします。商品がお手元に届きましたら...

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ブラキアエタイプ)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ブラキアエタイプ)球根 1球

N.brachiae は現在 N.humilis に統合されているようですが、当園のブラキアエタイプは、フミリスに比べて葉が若干細く、濃くなっています。 学名 Nerine humilis(brachiae type) 原産地 南アフリカ 冬雨地区 花期 11~12月 草丈 20~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 南アフリカの冬雨地区原産のフミリス。広範囲に自生しているため、変異が激しいのが特徴です。現地では半日陰の岩場や礫地に育ち、山火事の後に一斉に生長します。花弁は大きく反り返り、縁は細やかなフリルが入ります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N...

■良品庭木■西洋シャクナゲヒラノ白4.5号ポット苗

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

1,380

■良品庭木■西洋シャクナゲヒラノ白4.5号ポット苗

大きく豊かな色合いの花が見ごたえある花木です。 ■ 送料区分:A2 (送料表はこちら)[20130312][20131105] ■ 形状・サイズ他 Φ13.5cmポット 鉢上 およそ30~40cm ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 ■ 備考 樹形等に個体差があります。 優良品を厳選してお届けしますので、 あらかじめご了承ください。 花の付いていない苗木のお届けになります。 別名ロードデンドロン。日本原産のものを日本シャクナゲ、ヨーロッパで改良されたものを西洋シャクナゲと呼んで区別しています。西洋シャクナゲは日本のものに比べ、花が大きく色が豊富で品種が多いことが特徴。 ヒラノ白は平野農園さん作出の純白の西洋シャクナゲ、生産量が少ないのでこの機会にどうぞ。丈夫で花付きの良い品種。鉢植えでも見ごたえがあります。 ■育て方 ツツジ科の花木。花時期は4月~5月。 日当たり、風通しの良いところで育ててください。強い日差し、寒風は避けましょう。水はけのよい、肥沃な土を好みます。微酸性の土が適しているので植え込む土に鹿沼土を混ぜておくとよいでしょう。終わった花はすぐ摘み取るようにします。せん定はほとんど必要ありません。肥料は3月頃と9月頃に油かすや骨粉などの有機肥料を与えてください。実り楽しい果樹 コニファー・庭木 季節の花木 オリーブ グランドカバー シャクナゲ・ツツジコレクション♪ 西洋シャクナゲ ヒラノ白 西洋シャクナゲ マーキータズプライズ マレーシアシャクナゲ ハイランドイエロー マレーシアシャクナゲ ハイランドオレンジ ツツジ 紫光 レンゲツツジ 黄帝 唐船ツツジ ツツジ 富士の雪 ミツバツツジ らんまん ツツジ 元ノ助...

【秋植え球根】ヒヤシンス 混合5球 福花園種苗

花まるマーケット

1,059

【秋植え球根】ヒヤシンス 混合5球 福花園種苗

●科名:ユリ科 ●植時:9~12月 ●花時:2~4月 ●草丈:20~45cm ●花言葉:あなたとなら幸せ ●原産:地中海沿岸 -育て方- 水はけがよく、日当たりの良い場所を好みます。ヒヤシンスは一定期間低温で育てることによって花をつけるので、水栽培でも凍らない程度の環境で育ててください。植える付ける場所には腐葉土やピートモスを混ぜましょう。寒い時期だからといって水を控え乾燥させると土の中の球根が弱ります。土の表面が乾いたら水をやるようにしましょう。葉や花に水がかかると病気が発生することがあるのでなるべく土にやります。水栽培では一週間に1回水を替えます。花が終わった後カリウム中心の肥料を施し、球根を太らせると翌年咲きやすくなります。 【花壇で】 深さ30~50cmくらい耕します。15cmくらいに肥料を混ぜた土を入れます。鹿沼土などを混ぜた土を入れ、8cmくらいの深さ・12cm間隔で球根を植え付けます。その上に5cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。 【鉢で】 4号(12cm)に1球、プランターなら7~8球くらい植えるときれいになります。 鉢の穴を網等でふさぎ、ゴロ土や小石を3cmくらい詰めます。肥料を混ぜた土を半分くらい入れ、鹿沼土などを混ぜた土を少しかぶせます。球根を植え付け3cmくらい土をかぶせ、十分水をやります。 【水栽培で】 なるべく大きな球根を育てましょう。球根はよく水洗いし容器に入れ、球根の下部が少しだけ触れる程度に水につけ暗いところに置きます。12月くらいまでは外の寒さにあてるようにします。根が伸びてくるにつれ水を減らします。芽が伸びてきたら明るいところに出し、5℃くらい(水が凍らない程度)の場所で育てます。水は一週間に1度替えるようにします。 ※画像はイメージです。 ※乳幼児、小児の手の届かない所に保管してください。...

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ツルバゲンシスタイプ)球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・フミリス(ツルバゲンシスタイプ)球根 1球

N.tulbaghensis は現在 N.humilis に統合されているようですが、当園のブラキアエタイプは、フミリスに比べて葉がかなり細く、葉色も濃く、草姿もコンパクトになっています。 学名 Nerine humilis(tulbaghensis type) 原産地 南アフリカ 冬雨地区 花期 11~12月 草丈 20~30cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 南アフリカの冬雨地区原産のフミリス。広範囲に自生しているため、変異が激しいのが特徴です。現地では半日陰の岩場や礫地に育ち、山火事の後に一斉に生長します。花弁は大きく反り返り、縁は細やかなフリルが入ります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー アルバ 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。当園の種はコールドハウス内で冬でも常緑を保ちます。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii alba 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10~11月 草丈 40~60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬~4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

南アフリカの原種!ネリネ・ボーデニー 球根 1球

切花として大変重宝するボーデニー。性質強靭で関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine bowdenii 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10~11月 草丈 40~60cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬~4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

【ヒラドツツジ(平戸つつじ)赤花】樹高90cm前後 根巻き苗

植木生産販売専門店 芝樹園

1,922

【ヒラドツツジ(平戸つつじ)赤花】樹高90cm前後 根巻き苗

お届けの 商品の状態 樹高90cm前後(根鉢を含む)地上部分が80cm前後 根巻き苗 花色は赤色ですが、商品画像の花色と若干違う場合が有りますが、ご了承お願い致します。 今季の開花は殆ど終わりましたので、花につきましては、来季以降の開花を楽しみに育てて下さい。(2017/05) 秋から冬にかけて、新陳代謝の為に古い葉が黄葉して落葉する場合が多いです。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "平戸躑躅 アカバナ 、ひらどつつじ あかばな" 商品の特徴 【科属名】 ツツジ科ツツジ属の常緑広葉樹 【花期】 開花期は5月頃で赤色の花を咲かせる。 【用途】 庭園、花木、刈込み、ボーダー、生垣、根締めなどに利用される。 【特徴】 日本の気候に合う為に古くから栽培された品種で、和風の庭・洋風の庭どちらにも合います。 ツツジ類の中では生長は早い方です。 樹勢は強く、刈り込みにも耐え、排気ガスや潮風にも強い。 枝が多数分岐して株立ち状になります。 根が細い為に根腐れを起こすことが有りますので、植栽は排水の良い場所に植えるか、高植えにしてください。 植え穴にはピートモスや鹿沼土を土に混ぜると根どりが良くなります。 日向から半陰地で栽培できますが、夏の強い西日の当たらない場所に植えられた方が良く、 夏に根元に日が当たる場合はマルチングをされた方が良い。 移植は容易です。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 北海道南部から沖縄県まで栽培可能です。 【剪定】 萌芽・復元性あり、強剪定に耐えますが、 花芽が7月ごろに枝先に着くため、花が終わった後早めに刈り込まないと花芽も一緒に切ってしまいます。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1...

プラント 栽培上手な培養土 40L

Amazon

1,780

プラント 栽培上手な培養土 40L

プラント 用途に合わせて選べる培養土 ラインアップ製造国…日本(国内生産)画像商品名かるい培養土花と野菜の有機培養土花と野菜の土栽培上手な培養土栽培上手な培養土栽培上手な培養土規格14L20L14L14L25L40Lオススメの使用場所室内、屋外兼用ハンギング屋外の植物屋外の植物室内・屋外兼用プランター・鉢植え畑や花壇等主な原料バーク堆肥ココピートパーライトバーミキュライトクンタン・鹿沼土軽石・有機石灰ツムランド(生薬)バーク堆肥ココピートパーライトバーミキュライトボラ土クンタンバーク堆肥ココピートパーライトクンタン軽石ゼオライトバーク堆肥ココピートパーライトバーミキュライトクンタン・鹿沼土ボラ土・軽石ゼオライト肥料緩効性肥料有機質肥料緩効性肥料培養土ブレンド中身商品特長ツムランド(生薬)のTP菌効果で土壌環境を改善し土壌がふかふか。バーク堆肥をベースに配合した培養土。好気性微生物で1年以上じっくりと熟成醗酵させたサラブレッド堆肥を使用。連作障害を軽減。有機質肥料を配合。固くならない土質で、ふかふか。発根作用が増進し根張りが良くなる。ほとんどの植物に使える万能培養土。排水性・通気性・保水性・保肥力が抜群で根張りも良くなる。かるい。赤玉土を1割程度入れると排水性・通気性・保肥力がよりUPする。 適用植物草花苗等◎◎◎◎◎◎ハーブ苗等◎○○◎◎◎野菜苗等◎◎◎◎◎◎果樹・花木等◎◎◎◎◎◎観葉植物等◎△△◎◎◎球根等◎◎◎◎◎◎バラ苗等◎○○◎◎◎※ ◎最適 ○適している △やや適してない

南アフリカの原種!ネリネ・ウンドゥラタ(クリスパ) 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

900

南アフリカの原種!ネリネ・ウンドゥラタ(クリスパ) 球根 1球

以前は Nerine crispa の名称で呼ばれていましたが、現在は N.undulata に統合されました。細く華奢な花弁がとても愛らしい品種です。関東平野部以西の暖地では露地植え可能です。 学名 Nerine undulata(Nerine crispa) 原産地 南アフリカ 夏雨地区 花期 10~11月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(関東平野部以西の暖地では露地植え可能です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は3月下旬~4月です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 高温時の夏に短い休眠期がありますが、本種はほぼ常緑で生長します。特に夏が冷涼な地方では常緑となります。しかし夏場の灌水で球根が腐ることはありません。球根が乾き切らない程度に時折散水します。 肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N.P.K.)を2本指で一つまみ程度を表土に与えれば十分です。 また、本種は関東平野部以西の暖地で露地植えができます。鉢植え同様、肥沃な土壌を嫌います。 発送状態 容器から掘り上げた状態の球根をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク