メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「観葉植物耐陰性」検索結果。

観葉植物耐陰性の商品検索結果全571件中1~60件目

アラレア(ディジゴセカ)8号鉢

アヤハディオ ネットショッピング

4,094

アラレア(ディジゴセカ)8号鉢

【商品説明】育てやすい人気の観葉植物です。細長い葉がギザギザしていているのが特徴の観葉植物です。葉色は濃いグリーンで夏場とっても涼しげです。【置き場所】日当りを好む植物ですが、耐陰性があるので明るい日陰でも十分育ちます。日当りが悪い場合は時々、日光浴をさせてあげると良いでしょう。冬場は5度以上保てる室内で管理ください。 【水やり】鉢土の表面が乾いたらたっぷり与えます。夏場の水切れには注意ください。冬場は控えめにします。 【肥料】緩効性の置き肥などを春から秋の生育期に月1回程度与えます。 【サイズ】高さ(鉢底からの):約80cm鉢(直径)サイズ:24cm※プレゼント 誕生日祝い 結婚祝い 開店祝い 移転祝い 新築祝い 内祝い 引越し祝い に最適※写真はイメージです。※お届けまで1週間程かかります。※園芸植物と一般商品の同梱はできません。【サイズ】高さ(鉢底からの):約80cm鉢(直径)サイズ:24cm※プレゼント 誕生日祝い 結婚祝い 開店祝い 移転祝い 新築祝い 内祝い 引越し祝い に最適※写真はイメージです。※お届けまで1週間程かかります。※同梱はできません。メーカー:(株)アヤハディオ【フラワーギフト 誕生日 お祝い 記念日 新築・開店祝い 観葉植物・鉢花 アラリア・エレガンティシマ】 【g-kanyo】

ミリオンバンブー華やか寄せ植え 観葉植物 お祝いにピッタリ!開運・金運を呼ぶ幸せの木

Amazon

23,000

ミリオンバンブー華やか寄せ植え 観葉植物 お祝いにピッタリ!開運・金運を呼ぶ幸せの木

☆縁起のいい名前の植物として親しまれています ミリオンバンブーは別名「開運竹」「万年竹」ともいわれます。本当はドラセナの仲間で竹ではないのですが、葉が落ちた後の茎に残る節が、竹の節に似ていることから竹に見立ててこのような名前で呼ばれているようです。 日本では古来から「竹」は財運を高め、繁栄と富が末永く続く象徴とされ、また、台湾や中国においては神棚の装飾などにも使われるほど縁起がいい植物とされています。 ☆とても丈夫なので手入れが楽です 観葉植物はそのほとんとが明るい陽射しを好みますので、窓際で管理するのがよいのですが、ミリオンバンブーは他の観葉植物より耐陰性がありますので、窓際から少し離れた場所でも元気に育ちます。 ご進物の場合はどこに置かれるかわからないことも多いので、置ける範囲が広いミリオンバンブーなら安心ですね。低温にはやや弱いので冬場でも10℃以上は保てる場所が望ましいでしょう。 ご進物の場合はどこに置かれるかわからないことも多いので、置ける範囲が広いミリオンバンブーなら安心ですね。低温にはやや弱いので冬場でも10℃以上は保てる場所が望ましいでしょう。 ご進物の場合はどこに置かれるかわからないことも多いので、置ける範囲が広いミリオンバンブーなら安心ですね。低温にはやや弱いので冬場でも10℃以上は保てる場所が望ましいでしょう。 ご進物の場合はどこに置かれるかわからないことも多いので、置ける範囲が広いミリオンバンブーなら安心ですね。低温にはやや弱いので冬場でも10℃以上は保てる場所が望ましいでしょう。

観葉植物 ミリオンバンブー・ラッキーバンブー 6号

Amazon

3,800

観葉植物 ミリオンバンブー・ラッキーバンブー 6号

お祝いの贈り物として、人気があります。 古くから縁起の良い植物・幸運の竹とも言われています。 ミリオンバンブーとはドラセナ・サンデリアーナの事で、幹が竹のように見えるので、このような名前で流通しています。台湾、中国などでは開運や金運を呼ぶ観葉植物です。茎を曲げたりした、いろいろな形の物が人気です。 観葉植物ミリオンバンブー鉢植え 6号サイズ 高さ 約60~80cm(鉢底より) 横幅 約40~50cm ※樹木には個体差がございますのでご了承下さい。 ミリオンバンブーの育て方 ●置き場所 木漏れ日の当たるような所を好みます。日差しの柔らかい春や秋はレースカーテン越しなどの日光に、夏は強い日差しを避けた明るい日陰で育てます。日差しが弱い10月下旬から4月頃は日当たりのよい窓辺に置いた方が元気に育ちます。耐陰性はあまりありませんので、冬は暖房の効いた出来るだけ暖かい最低温度8度以上の部屋で管理します。 ●水やり 用土に植えられているものは、生育期の春から秋、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。朝の最低気温が20℃以下になってきたら、だんだん水やり回数を控え、冬になったら乾燥気味に管理します。水の与え過ぎは根腐れの原因になるので、与え過ぎないように注意してください。冬は暖房などでよく空気が乾燥するので、時々霧吹きで葉に水を与えるようにして育てるとよいです。春になって暖かくなってくると、だんだんと水を吸いはじめてますので、表面が乾いたら十分に与えます。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク