メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「観葉植物アダン」検索結果。

観葉植物アダンの商品検索結果全3件中1~3件目

(観葉)アダン 4号(1鉢)

charm 楽天市場店

1,550

(観葉)アダン 4号(1鉢)

※年間の発送につきまして、植物の種類により、地上部が枯れた状態、もしくは無い状態(休眠状態)での発送となる場合がございます。また、発送時期、植物の成長状態により、画像と見た目が大きく異なる商品の発送となります。時期により、開花株、開花終了株での発送となります。また、葉が虫食いの状態で欠損している場合があります。ご了承の上お買い求めください。ヤシガニが大好きアダン!トロピカルな果実!山野草 アダンの苗 4号(1ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 12cm※入荷状況や季節・生育度合いにより、高さは画像と異なる場合がございます。あくまでも目安としてご覧ください。鉢の種類プラスチックポット分類タコノキ科タコノキ属/樹木学名タコノキ科 スノキ属 / 多年草 (※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。果期7〜10月置き場所明るい日向水やり常に湿った状態は避け、表土が乾き気味になったらたっぷりの水やり適した用土鹿沼土、赤玉土、腐葉土管理のポイント夏場は、なるべく直射日光を避けて風通しの良い半日陰で管理してください。沖縄以南に生息する種ですので、低温には弱いため秋口からは室内管理がおすすめです。成長すると地上根をタコの脚のようにいくつも伸ばし、マングローブのような光景を楽しむことができます。また、パイナップルのようなトロピカルな香りを漂わす果実がなり、この果実を狙ってヤシガニが集まることが知られています。ご注意※画像はイメージです。画像は若い苗の状態ため、樹の展開はしていませんが、時期により茎が伸び樹が展開された状態で発送となる場合もございます。予めご了承ください。※雌雄異株となります、苗の状態での判別が出来ませんので、雌雄おまかせでの出荷となります。冬期の配送について冬期は配送時に植物が凍ってしまう恐れがあるため...

送料無料
【送料無料】 世界遺産小笠原の固有種「タコの木」の苗【お試し】【観葉植物】【セット】【植木】【花】【栽培】

小笠原フルーツガーデン

680

【送料無料】 世界遺産小笠原の固有種「タコの木」の苗【お試し】【観葉植物】【セット】【植木】【花】【栽培】

名 称 「タコの木」の苗(正式名称タコノキ、パンダナス、アダン) 産地 小笠原父島 数量 1個 発送方法 定形外郵便 栽培方法 上記参照 製造販売 有限会社小笠原フルーツガーデン (楽天市場 小笠原フルーツガーデン) 〒100-2101東京都小笠原父島東町82-2 備 考送料無料☆世界遺産小笠原固有種「タコの木」の苗 タコノキは世界自然遺産小笠原の固有種。 特徴として根が支柱のように幹を取り巻きタコのように見え、初夏に白色の雄花、淡緑色の雌花をつける。 夏には数十個の果実が固まったパイナップル状の実をつける。 果実は秋にオレンジ色に熟し、中の実も天然の島ナッツとして有名で島ラー油や島唐辛子味噌にも使われている。 葉の美しさから観葉植物としても重宝されインテリアとしても最適☆ 世界自然遺産小笠原発 貴重な固有種「タコの木」数量限定販売!! 小皿に乗せるだけでOK♪ 届いたら自宅にある小皿に乗せるだけでお洒落なインテリアに大変身♪乾燥にも強いので水やりも少なくても大丈夫☆根が出たら鉢に植え替えれば立派な観葉植物に☆ 好きな場所へインテリアに最適☆ お部屋の好きな場所へ植え替えれば世界自然遺産小笠原固有の植物があなたの部屋のインテリアとして南国の雰囲気を運んできてくれます☆価値ある貴重な植物を是非♪ 貴重な世界遺産固有の植物 大陸と地続きになった事が一度もない小笠原固有の植物の中でも一番有名で人気の高い「タコの木」その姿形はまさにタコ(笑)葉の美しさから工芸品にも使われています はじめは小さな可愛い芽が→ お好きなグラスに植え替えて♪→ 最後は立派な鑑賞植物に☆ お気に入りのグラスやコップで育ちます。 水は実が乾かない程度の少量にして下さい。 そのまま半年〜1年は楽しめますが容器の中に根が張り きつくなってきたら鉢に植え替えて下さい。...

こちらの関連商品はいかがですか?

世界三大紅葉樹【錦木(ニシキギ)】9号鉢入り苗(樹高1.4m前後)

植木生産販売専門店 芝樹園

2,894

世界三大紅葉樹【錦木(ニシキギ)】9号鉢入り苗(樹高1.4m前後)

お届けの 商品の状態 樹高1.4m前後(根鉢を含む) 9号ポリ鉢入り苗 ★お送るする木の鉢につきましては、退色・傷が有りますが、ご了承お願い致します。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ニシキギ科ニシキギの落葉広葉樹 【花期】 開花期は4〜5月頃、果実は10〜11月頃。 【用途】 庭園、添景樹、生垣、刈込み、根締などに利用される。 【特徴】 樹形は倒卵形で、下部から分岐することもあり株立状のものが多い。 枝にコルク質の翼が生ずる。 10〜11月頃、赤い実と美しい紅葉がよく目立ち、紅葉の美しさから世界三大紅葉樹と称される。秋の紅葉が織物の錦の様にとても優美であることから”ニシキギ”と呼ばれています。 萌芽力ある。 耐寒性、耐暑性が強く、北海道南部から九州まで植栽可能です。 移植は容易です。 【剪定】 剪定をしなくても倒卵形のまとまった樹形になりやすいが、剪定する場合は10〜11頃に不要枝を剪定する。 病虫害に特に目立った物は有りません。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1〜2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1本での発送になります。 なお、他の商品で同一梱包にて発送できる品も有ります。

レモンの木(ラフマイヤー) 5号鉢

ハッピーリーフ 楽天市場店

2,000

レモンの木(ラフマイヤー) 5号鉢

鉢植えで楽しめるレモンの木 〜 ラフマイヤー 〜 一本でも (※) 結実し耐病性に優れた新品種です。 コンパクトにまとまる樹姿に花や新葉から爽やかな香りが漂います✧˖° ビタミンCいっぱいの美味しいレモンを育ててみましょう! 花言葉 : 「誠実な愛」 「思慮分別」 (※) 一本でも実がなる自家結実性ですが2品種以上植えることにより さらに実つきと甘さがよくなります。 5〜6月頃に花を咲かせ 10月上旬頃から収穫時期になります。 美味しいレモンにするためには ほんのり色づいたレモン (青レモン) を収穫し徐々に追熟させてください。 *** 管理の仕方 *** 耐暑性に優れている反面 寒さが苦手です。 寒冷地での栽培は鉢植えを推奨します。 暖地で庭植えにする場合 強風が当たらず日当りのよい場所 そして水はけのよい土壌に植えつけましょう。 *** 水やり *** 鉢植え 庭植えともに水切れに注意が必要です。 特に開花中の水切れは落花の原因となり その後の実つきも悪くなります。 果実が大きくなる6月からは多くの水を必要としますが過湿にすると根腐れを起こし枯れてしまうことも... 鉢植えの場合 表面が乾きかけてきたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水を与えます。 少量の水をちょこちょこと与え続けるのはやめましょう。 庭植えの場合 日照りが続くようなら水やりをしましょう。 *** 肥料 *** よい実をつけるため肥料は欠かせません。 鉢植え : 開花期の5〜6月 / 12〜1月 固形の油かすまたは玉肥を縁に埋め込みます。 開花期に施す肥料はその後の実つきに大きく影響するため肥料切れにならないようにしましょう。 生育の様子をみて9月にも同様の肥料を施します。 庭植え : 9月 / 2月 有機配合肥料を株まわりに施しましょう。...

■良品庭木■ビレア マレーシアシャクナゲ ハイランド オレンジ(スカーレット)4〜4.5号ポット(鉢)

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

1,380

■良品庭木■ビレア マレーシアシャクナゲ ハイランド オレンジ(スカーレット)4〜4.5号ポット(鉢)

■送料区分:A2(送料表はこちら) ■ 形状・サイズ他 14.5cmポット(鉢) 高さおよそ30〜50cm ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 ■ 備考 *樹形等に個体差があります。 優良品を厳選してお届けしますので、 あらかじめご了承ください。 季節により開花していない場合もございます。 *花色が画面と少し異なる場合があります。 熱帯地方の高山に自生するシャクナゲ。他の植物や岩などに着生する性質があります。花色が鮮やかで種類も豊富!様々な花色を集める楽しみがあります。花もちがよいので、長いこと目を楽しませてくれるうれしい花木。四季咲き性です! ハイランドオレンジは、あかるくトロピカルな雰囲気! 育て方 ツツジ科の常緑低木 花時期は4月〜5月、9月〜10月 耐寒温度 約0℃(環境・生育状況により変わります) 日当たりのよいところで育ててください。真夏は半日蔭が良いでしょう。水は土の表面が乾いたらたっぷりと。夏の水切れには十分注意しましょう。土の表面にマルチングを行っておくとよいでしょう。酸性の土を好みます。酸性に傾いていないと、肥料分を吸いにくくなります。土にピートモスを混ぜ込んでおきましょう。肥料は春と秋に固形のものを与えましょう。せん定は春が良く、切り戻す位置は葉がある所が無難です。あまり遅くなると来年の花が楽しめなくなります。冬は霜に当てないように。0℃くらいまでは耐えられます。冬でも5度以上あれば開花します。 花が終わったら必ず花を摘み取ります。そのまま残して種ができると樹勢が弱まり新芽の伸びが悪くなります。実り楽しい果樹 コニファー・庭木 季節の花木 オリーブ グランドカバー 鮮やかなオレンジの花色!あかるくトロピカルな雰囲気!春〜秋に花を咲かせます!

椿(ツバキ)光源氏(ヒカルゲンジ)4号

千草園芸

1,458

椿(ツバキ)光源氏(ヒカルゲンジ)4号

写真は17年3月28日。木の状態は季節により変化いたします。173eツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

ヘデラ(アイビー):ゴールデンチャイルド5号吊鉢ロングタイプ ノーブランド品

Amazon

3,434

ヘデラ(アイビー):ゴールデンチャイルド5号吊鉢ロングタイプ ノーブランド品

空間に潤いと彩りを!つりさげて楽しむロングタイプのヘデラの鉢植えです。ゴールデンチャイルドは黄斑入りの品種。丈夫で成長が早く、耐寒性も高い品種です。学名:Hederahelix'GoldenChild'タイプ:ウコギ科ヘデラ属(キヅタ属)の常緑つる性低木用途:鉢植え、ハンギング、寄せ植え、庭植え、グランドカバー日照:明るい日陰栽培方法:鉢植えは、観葉植物としてもたのしめるように、室内の弱い光にも耐えます。また夏の強い日差しには葉が傷みやすいので室内ならば明るい窓辺に、戸外ならば夏の西日を避けた日当たりから半日陰に置きます。戸外でも冬越ししますが、寒い地域では葉が赤みを帯びるので、室内で管理してください。植付け時に頂部を3〜5cmピンチするとよく分枝します。壁面などを緑化する場合は、壁になるべく近づけて植え付けるとよいでしょう。乾燥には比較的強いのですが、空気が乾くとハダニが発生しやすくなりますので、薬品等で防除してください。肥料は春と秋に各1回緩効性化成肥料を施しますが、多肥にしすぎないよう注意してください。お届けする鉢は鉢5号(直径15cm)吊鉢入りです。※写真はイメージです。

■良品庭木■ヤマボウシ 里美(サトミ・赤花)6号鉢

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

2,180

■良品庭木■ヤマボウシ 里美(サトミ・赤花)6号鉢

淡い紅色の花が艶やかな、ヤマボウシの赤花品種。 ■ 送料区分:A2(送料表はこちら)[20100907] ■ 形状・サイズ他 18cm鉢 高さ およそ60〜90cm ■ お届け予定 お届けは、ご注文を頂いてから3日後以降になります。離島など一部お届けできない地域があります。 樹形等に個体差があります。優良品を厳選してお届けしますので、あらかじめご了承ください。 苞の先がとがったヤマボウシ。よく似たハナミズキは葉が出る前に咲きますが、ヤマボウシは葉が出てから咲くので葉色と花色、爽やかな配色が楽しめます。 サトミは珍しい赤花のヤマボウシ。淡い紅色の、星のような花が流れるように咲き乱れます。形のよい艶やかな花は春の青空に映え、人目を引きます。光沢のある葉は秋には美しく紅葉し、ユニークな形の実は食べられる…一本で四季を通して楽しめる素敵な花木!シンボルツリーにおすすめです!■育て方 ミズキ科の落葉高木。花時期は5月〜6月。樹高300〜1000cm 日当たりと風通しの良いところへ植えてください。夏場の直射日光は苦手です。株元にわらを敷いて、できるだけ乾燥させないようにしましょう。肥料は2月に寒肥として、また、花が終わった後にお礼肥として骨粉や油かすなどの有機肥料を与えましょう。植え替えは12月か2月。せん定もこの時期に行います。なるべく強いせん定は行わずに細い枝や、混み合っている枝を切るようにしましょう。実り楽しい果樹 コニファー・庭木 季節の花木 オリーブ グランドカバー 珍しい赤花のヤマボウシ。淡い紅色の、星のような花が流れるように咲き乱れます。

椿金世界(ツバキキンセカイ)4号

千草園芸

918

椿金世界(ツバキキンセカイ)4号

写真は16年2月2日。木の状態は季節により変化いたします。162a-u ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿 一子侘助(イチコワビスケ)4号

千草園芸

972

椿 一子侘助(イチコワビスケ)4号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-u ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

ヤマアジサイ ハクセン(白扇)4号苗

千草園芸

1,026

ヤマアジサイ ハクセン(白扇)4号苗

苗の写真は17年6月28日に撮影しました。 状態は季節によって変化いたします。176e 季節により状態は変化します。学名・Hydrangea 属名はラテン語で、水「hydor」と、容器「angeion」を結び合わせたラテン語からきています。 分類 ユキノシタ科 アジサイ属 原産 東アジア、北アメリカ東南部から南アメリカ中部 「ハイドランジア」とは、ユキノシタ科アジサイ属の総称ですが、一般的には日本のアジサイを欧米で品種改良したものを「ハイドランジア」と呼んでいます。 (栽培) :早い時期に購入したものは、花は冷たい風に当たると傷みやすいので室内に置いてください。 鉢の大きさに比べて株が大きいものが多く、多くの水を欲しがりますので水切れには注意してください。 ハイドランジアは丈夫で根の生育も早いので、購入した開花株は根がぎっしり張っているはずです。 いわゆる根詰まりの状態ですから、花が長持ちしないばかりか葉も悪くなっていきます。ですから、すぐに植え替えることをお勧めします。 また、花が終わったら早めに花茎を切って植え替えましょう。具体的には、花の下二節目の下で切り葉を2/3くらい残して、根鉢を1/4程度くずして一回り大きい鉢に植え替えます。 置き場所は、梅雨以降は強い直射日光を避けた場所に置き、暑さも去った9月中旬以降からは日光に十分当てるようにします。 様々な品種がございます。 ↓他のヤマアジサイはお探しの方はこちら↓ ヤマアジサイ苗 ■白扇

伊勢日陰ツツジ(イセヒカゲツツジ)4号

千草園芸

1,026

伊勢日陰ツツジ(イセヒカゲツツジ)4号

17年3月14日に入荷しました。 植物の状態は季節により変化いたします。173c-u 多少の日陰でも育ちます。ヒカゲツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Rhododendron keiskei 【原産】関東以西の本州〜九州 【別名】サワテラシ 【用途】庭木(日陰の庭でも可) 【開花】4月〜5月 【成木】1m〜2m 【栽培敵地】関東以南 春にクリーム色の花を咲かせる珍しい色のツツジです。 多少の日陰でも育ちますが、日が当たる場所のほうが花つきはよくなります。 花の無い季節も趣きのある木で、革質の葉にも魅力があります。 日本各地の限られた山地に自生する日本固有種で、山地の崖や岩の上など非常に水はけの良い場所に自生します。産地により、個性があります。 特に個性の強いヒカゲツツジは、「伊勢ヒカゲツツジ」「屋久島ヒカゲツツジ」などと産地の名前が付けられています。 イセヒカゲツツジは矮性品種で、葉が密に茂りやすい性質のものです。 屋久島ヒカゲツツジは極めて生育が遅く、節間がつまってして鉢植えに向く這い性品種です。 また、ツツジの名で知られていますが、実はシャクナゲの仲間で、4月ころに淡い黄色の花を咲かせます。花は枝先に集まってつく性質があります。 自然とコンパクトな樹形を作ることや葉の姿から気品のある植物として庭木に利用されています。 ■栽培方法 日当たり、また半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 鉢植えでは鹿沼土を使用し、根詰まりを起こさないように毎年植え替えます。 肥料は春と秋に固形肥料を与え、剪定は...

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 4号

千草園芸

1,998

椿(ツバキ)マーガレットデイビス 4号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

果樹の苗/クランベリー(ツルコケモモ)4号ポット

園芸ネット プラス

801

果樹の苗/クランベリー(ツルコケモモ)4号ポット

赤い実がかわいい小果樹、クランベリー。日本名はオオミノツルコケモモ。細い枝を這うように横に伸ばす、北アメリカの寒冷地に生育するツルコケモモ科の小果樹です。実はジュースや料理用ソース、ドライフルーツ、菓子などに利用され、特に七面鳥料理にはクランベリーソースが欠かせないものとなっています。果実にはアントシアニンやカテキンが含まれ、抗ガン作用のあるフルーツとして注目されています。また、ドライクランベリーには、食物繊維も豊富に含まれるといわれます。家庭での栽培も容易で、小さな鉢植えでも赤い実をつけます。赤い果実の付いている木はかわいらしく、観賞用にもおすすめ。秋の実ものとしても人気です。タイプ:ツツジ科スノキ属の耐寒性常緑低木樹高:約30cm(半つる性)適地:日本全国収穫:8月〜10月栽培方法:鉢植えでお楽しみ下さい。日向でも半日陰でも大丈夫です。酸性土を好みますので、ブルーベリー用の酸性培養土や酸度調整をしていないピートモスを混ぜ込んだ培養土に植え込み、水を切らさないように管理します。枝が蔓状に長く伸びますが、剪定はしないで下さい。自家結実性がありますので、一本の木でも実をつけます。苗ですので、開花・結実は翌シーズンからとなります。冬は戸外で十分に寒さにあててください。これにより花芽が形成されます。収穫・利用法:赤く色づいた実を収穫します。果実にはビタミンが多く、ジャムや果実酒に適しています。4号ポット入りです。お届け時期により結実後の状態となる場合がございます。10月下旬以降は実が落ち始めた状態となり、11月以降は実無しでのお届けです。写真は結実時のイメージです。クランベリー(ツルコケモモ)4号ポットの栽培ガイド7月のベリー類のお手入れ苗類のお届け形態について

みかん 苗木 こぶみかん ( バイマックルー) 7号 鉢植え コブミカン 観葉植物 果樹 果樹苗木

花ひろばオンライン

5,378

みかん 苗木 こぶみかん ( バイマックルー) 7号 鉢植え コブミカン 観葉植物 果樹 果樹苗木

花ひろばオンラインの配送料金についてこちらの商品の送料区分は・・・通常梱包です。(160サイズ ※小梱包不可) この商品の1梱包に収まる 同梱可能本数は・・・ 2 本 まで。 3本以上 のご注文の場合、送料は 複数梱包 になります。 こちらの商品のまとめ買い時の送料は上記本数でも1本でも同じです。 ※当店の配送料金は1箱 (1梱包あたり) 単位になります。他の商品と複数ごこ購入の際は、商品それぞれに同梱可能本数を設けておりますので、購入時の送料とご請求時の送料が異なる場合がございますので、詳しくはご注文後、当店からの「受付確認メール」を必ずご確認くださいませ。送料についてはこちら同梱可能本数の目安(一覧)はこちらご注文からお届けまでの流れはこちら お届けする商品について 商品について 苗木は実生苗を鉢に仮植してあります。鉢も含め高さ0.7m位です。花や果実は基本的についておりません。 ※こちらの商品は鉢植え栽培をおすすめします。 レモン・ライム の育て方植え付け・用土早い時期からなり始めるので家庭果樹の入門として、おすすめ、人気果樹です。耐寒温度はマイナス5度くらいで、かんきつ類の中で最も寒さに弱いです。関東地方以南の温暖な地域では露地栽培が可能です。秋から6月頃まで販売しております苗木は、冬の低温時期は休眠期になり、ほとんど生長がありません。1〜3月頃にお求めの苗木は、植え付け後も冬の寒さで徐々に落葉したりしてます。春になってから新芽を出すために、接木時点からついていたような古い葉を樹が自ら落として、株の負担を減らそうとしている生理現象です。葉がすべて落ちて丸坊主になったとしても、株に力があれば、芽が吹き育ちますので、心配をかけますが、見守ってやってください。その時期は水は控えめに管理し、土が乾いてからたっぷり与えます。3...

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)4.5号

千草園芸

1,393

椿(ツバキ) 縞千鳥(シマチドリ)4.5号

写真は16年1月19日。木の状態は季節により変化いたします。161cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)貴婦人(キフジン) 4号

千草園芸

1,836

椿(ツバキ)貴婦人(キフジン) 4号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)4.5号

千草園芸

1,890

椿(ツバキ)都鳥(ミヤコドリ)4.5号

写真は16年10月14日。木の状態は季節により変化いたします。1610cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) 太神楽(ダイカグラ)4.5号

千草園芸

1,458

椿(ツバキ) 太神楽(ダイカグラ)4.5号

写真は16年10月18日。木の状態は季節により変化いたします。1610d ※各1袋ずつでしたら、同じ送料で同梱できます。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず...

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

千草園芸

1,242

椿(ツバキ)紅都鳥(ベニミヤコドリ) 4号苗

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172dツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 4号苗

千草園芸

1,458

椿(ツバキ)春の台(ハルノウテナ) 4号苗

※写真は見本品です。 写真は17年3月31日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 花期:4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

椿(ツバキ)佐渡紅覆輪(サドベニフクリン) 4号

千草園芸

1,944

椿(ツバキ)佐渡紅覆輪(サドベニフクリン) 4号

写真は17年2月21日。木の状態は季節により変化いたします。172d 桃色地に紅覆輪と紅色小絞りが入る八重咲き、肉厚、筒しべの大輪。(ラベルの色とは異なった色の花と思われます。)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫...

雪椿(ユキツバキ) 春日山(カスガヤマ)4号

千草園芸

864

雪椿(ユキツバキ) 春日山(カスガヤマ)4号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

果樹の苗/カキ(柿):ユウベニ(夕紅)4号ポット

園芸ネット プラス

1,614

果樹の苗/カキ(柿):ユウベニ(夕紅)4号ポット

夕紅は「富有」の枝変わりで晩生大果の完全甘柿。形はかなり偏平です。果皮色が赤いのが特徴で果実の色と紅葉が鮮やかで美しい品種です。日持ちが良く、雌花のみ着生します。種子形成力がきわめて低く、無核の果実が多く結実します。タイプ:カキ科の落葉高木植え時:11月〜3月適地:北関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)樹高:5〜10m果重:180〜210g果形:扁平果肉:密糖度:17度成熟期:10月中旬〜11月上旬日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月〜2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。・収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。4号(直径12cm)ポット植えの接木苗、樹高約50〜80cmです。結実までの年数は約4〜5年です。1年生苗は発芽が梅雨明けになる場合があります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、お届け時期により葉の状態がきれいでない場合があります...

椿(ツバキ) 錦キリン(ニシキキリン)4号

千草園芸

1,296

椿(ツバキ) 錦キリン(ニシキキリン)4号

17年2月14日入荷。木の状態は季節により変化いたします。172cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

椿(ツバキ) 赤侘助(アカワビスケ)4.5号

千草園芸

1,188

椿(ツバキ) 赤侘助(アカワビスケ)4.5号

写真は見本品です。 写真は16年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1610e-uツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので...

クチナシ 4号鉢

ハッピーリーフ 楽天市場店

1,500

クチナシ 4号鉢

アカネ科 常緑低木 ≪ クチナシ ( 梔子 ) ≫ 香り高い芳香花を楽しむ花木 〜クチナシ〜 やや肉厚の花弁がバラのように花開く八重咲き種です。 その美しい純白花から強めの甘い香りが漂い 夏がすぐそこまで来ていることを感じさせてくれることでしょう。 5号鉢もチェック✧˖° 花言葉 : 「とても幸せです」 「喜びを運ぶ」 「洗練」 「優雅」 *** 管理の仕方 *** 日当り〜半日陰で育てましょう。 耐陰性のある植物ですが日照不足では花つきが悪くなります。 但し 強すぎる日射しは嫌いますので夏は風通りのよい半日陰に移動させ管理しましょう。 寒さに弱く 北陸〜東北地方などの寒冷地では 地植えは避け鉢植えで楽しみましょう。 (関東以南であれば地植え可能) 湿度には強いですが乾燥を嫌います。 鉢土の表面が乾いたら 鉢底から流れ出るくらいたっぷりと水を水を与えましょう。 地植えなら降水のみで十分ですが 夏の暑さなどで乾燥が続くようであれば水を与えます。 鉢植えの場合 花後の8月に化成肥料と油粕を同量混ぜ合わせたものを株元に施しましょう。 (冬に肥料は必要ありません) 地植えの場合 花後の8月と2月に化成肥料と油粕を同量混ぜ合わせたものを株元に施しましょう。 夏以降に肥料を与えすぎてしまうと枝の生長を促し 逆に花芽の生長を阻害してしますので気をつけましょう。 鉢の中が根でいっぱいになる前にひと回り大きな鉢に植え替えましょう。 (植え替え 植え付け適期 : 4〜5月 8〜9月 / 2〜3年に1回程度) 古い土は落とし長くなった根は切りつめてから植え替えましょう。 鉢底から根が伸びてきているようであれば (真冬と真夏を除き) 季節問わず植え替えてあげたほうがよいでしょう。 大きくなった株は根づきにくいため 地植えの植え替えはしない方が無難です。...

【お試しサイズ】 スラリと伸びた オリーブ苗 3.5号サイズ 鉢カバーセット オリーブ 苗 苗木 鉢植え

LAND PLANTS楽天市場店

760

【お試しサイズ】 スラリと伸びた オリーブ苗 3.5号サイズ 鉢カバーセット オリーブ 苗 苗木 鉢植え

【 観葉植物 】 スラリと伸びた オリーブ苗 3号サイズ鉢カバーセット オリーブ ……………………………………………………………… 種類 オリーブ 鉢 3.5号ポット苗(鉢カバー付) ……………………………………………………………… ※鉢カバーの色・形状はイメージです。写真と異なる場合があります ▼size 高さ:約55cm 幅:約15〜20cm (葉の広がりを含むおよその寸法) ▼置き場所 場所:室内・室外OK 日光:日向〜日陰 温度:0℃以上 明るい場所〜半日陰で育てます。 窓から少し離れた、部屋の中程でも管理できます。 ※室内管理の場合は日光浴を。 ▼水やり 回数:1週間に1〜2回程度 分量:500mlのペットボトル4分の1程度 ※乾燥に強い植物です。 ……………………………………………………………… ■ 付属品 土の表面を覆い隠す化粧材(ヤシ繊維) プラスチック製鉢カバー ……………………………………………………………… ★★★ おすすめポイント ★★★ ・丈夫で簡単、初心者の方でもオススメです。 ・小さなオリーブから育てたい方にオススメです! ・プレゼントにも最適!お喜びを頂けること間違いなし! ・室内でお育ていただくことも可能です。 ・鉢やお庭に植えて、成長を楽しみましょう! 【プレゼント包装可能です】※無料病害虫も少なく強い種類の樹です。 少しずつ成長します! 大人気のオリーブの樹の苗木です。 ◎ 地植えをすれば、1年程で *大きく* 成長します! Garden green series

果樹の苗/ナシ(梨):ホウスイ(豊水)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,488

果樹の苗/ナシ(梨):ホウスイ(豊水)4〜5号ポット

豊水は日本梨の赤梨系統の代表的な品種。やや実が大きく、肉質がやわらかく果汁が多く、甘みもたいへん多くて樹上で完熟させた果実は極上のおいしい品種です。収穫期は9月中旬〜下旬です。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植える必要があります。交配品種としては幸水、新水、新興、二十世紀、ヤーリー、ツーリーなどがおすすめです。西洋梨の受粉樹としても利用できます。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば〜2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)果重:350〜400g開花期:4月結実期:9月中〜下旬樹高:2.5〜3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7〜8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20〜30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は、4〜5号(直径12〜15cm)ポットの接木苗...

果樹の苗/カキ(柿):クロガキ(黒柿)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,831

果樹の苗/カキ(柿):クロガキ(黒柿)4〜5号ポット

光沢のある黒い果実の完全甘柿で、果実は整ったくさび型です。鑑賞柿としても珍重されています。果実は1個100gくらいで、糖度16度、収穫は10月下旬です。単為結実性があるので受粉樹はなくても実はつきますが、受粉樹として雄花をつける他品種の木があったほうが果実の肥大や成熟などに有効です。禅寺丸、筆柿、西村早生などの品種を近くに植えつけておけば、ミツバチなどにより受粉します。市街地など虫が少ない場所では人工授粉してください。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2〜5m植え付け最適期:10月半ば〜3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫:10月11月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月〜2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。お届けする苗は4〜5号(直径12...

果樹の苗/キウイ(メス木):紅妃(こうひ)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

果樹の苗/キウイ(メス木):紅妃(こうひ)4〜5号ポット

果実の中心がストロベリーのような紅色に熟す、とっても甘いキウイです。糖度はなんと20度!果実のサイズは80g内外とやや小ぶりですが、なめらかな食味はこれまで味わったことのない美味しさです。授粉用に早咲きタイプの雄木が必要です。早雄など早咲きタイプの雄木ご利用ください。雄木1本で、雌木5〜6本を一緒に植えることができます。※紅妃は早咲きのため、早咲き品種の雄木の場合でも地域により開花期がずれる場合がございます。その場合は雄木の花粉を採取して貯蔵するか、市販のキウイ花粉をご利用ください。タイプ:マタタビ科の耐寒性落葉樹(つる性)植えつけ時期:10月中旬〜4月下旬 収穫時期:9月中旬〜11月中旬 栽培可能地域:南東北から沖縄まで栽培方法:日当たりがよく、できれば西日の当たらない涼しい場所で腐葉土を十分すき込んで植えつけます。油粕に骨粉を混ぜて与えるとよいでしょう。肥料で窒素分が多いと伸長しすぎて、実が熟しきらないことがあるので注意してください。庭植えで大きく育てる場合は、ぶどうのように棚を作って果実をぶら下げるとよいでしょう。小型に仕立てても実が収穫できます。フェンスやアーチなど、いろいろなものにからませて楽しんでください。鉢植えで小型のあんどん仕立てにしても実が収穫できます。毎年つるを長く伸ばしますが、剪定したつるで籠を編んでも素敵です。ヘイワードよりも10日ほど早く収穫できます。※収穫期の昼夜の寒暖差が10〜15℃以上ないと赤くならない場合があります。その場合は、鉢植えでお育て頂き、昼はよく日光が当たる場所、夜はできるだけ涼しい場所など、移動させてお育てください。収穫・保存方法収穫は一度に行います。果実を手で持ち、枝の付け根のところを手で押してはずします。収穫したばかりの果実は硬くて酸味が強いので、直ちに紙箱などに入れ...

果樹の苗/ナシ(梨):コウスイ(幸水)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/ナシ(梨):コウスイ(幸水)4〜5号ポット

日本梨の赤梨系統の代表的な品種。実は中位の大きさで、果汁が多く、甘みもたいへん多くて樹上で完熟させた果実は極上のおいしい品種です。収穫期は8月中旬〜下旬です。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植える必要があります。ただし、「新水」「秀玉」とは交配しないので、ほかの品種をあわせる必要があります。交配品種としては豊水、二十世紀、新興、ヤーリー、ツーリー、晩三吉などがおすすめです。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば〜2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)果重:250〜300g開花期:4月結実期:8月中〜下旬樹高:2.5〜3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7〜8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20〜30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は、4〜5号(直径12...

果樹の苗/クリ(栗):がんね(岸根)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,259

果樹の苗/クリ(栗):がんね(岸根)4〜5号ポット

岸根は、山口県美和町岸根原産の晩生品種。果重25〜30gと実が大きく、双子果、品質良好で食味のよい品種です。収穫期は10月中〜下旬の晩生種で、実の貯蔵性が高い点が特徴です。樹勢が強く、樹形はやや直立型となります。暖地を好み、栽培は関東地方以西向きです。3月と12月に有機質肥料などを施し、また収穫後にも速効性の化成肥料を施してください。クリタマバチへの耐性が強く、栽培しやすい品種です。1本では結実しにくいのでたくさん実をつけるには他の品種と一緒に植えてください。タイプ:耐寒性落葉低木樹高:3〜4m植え時:11月〜2月中旬栽培適地:日本全国(年間平均気温7度〜17度)収穫期:10月上旬〜中旬日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。肥料が不足すると落果しやすいので、冬の間に有機質の肥料を根元に施します。この品種は栗で一番問題となるクリタマバチへの耐虫性があり、育てやすい品種ですが、7〜8月頃にネスジキノカワ、モモノメイガの被害が出た場合は、スミチオンかマラソン乳液の1000倍液を2〜3回散布します。剪定は冬の間に、太い枝を間引いて内部に太陽光線が入るようにします。・収穫・利用法:殻がはじけたら収穫適期です。果実にはクリミガなどの害虫が入りやすいので、なるべく早く収穫しましょう。茹栗、甘露煮、マロングラッセなどに利用を。お届けする苗は4〜5号(直径12〜15cm)ポット入りの接木1〜2年生苗、樹高約70〜100cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。 結実開始までの年数は約3〜4年です。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。クリ(栗):がんね(岸根)4〜5号ポット の栽培ガイド苗類のお届け形態について

果樹の苗/ウメ(梅):豊後(ブンゴ)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,087

果樹の苗/ウメ(梅):豊後(ブンゴ)4〜5号ポット

豊後は果実が大きく、花粉が多い品種。わりあい自家結実しやすく、杏に似た品種です。花は淡い紅色の一重か八重咲きとなり、花梅として楽しめるので、庭木にもおすすめです。古くから親しまれてきた品種です。樹形は直立性で、樹勢が強く、寒さに強いので寒冷地にも向きます。栽培は容易です。梅酒、梅干、梅ジャムなど、楽しみもいろいろです。他品種を近くに植えるとより多く実がつきます。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉中高木樹高:2.5〜3m栽培適地:熊本地方から青森地方あたりまで植え付け最適期:12月〜3月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:3月中旬〜4月上旬収穫:6月上旬〜中旬日照:日向むき栽培方法:日当たり良く風のあまり当たらない庭が向きます。梅には実梅(実を収穫する)と花梅(鑑賞用で、実は利用できない)があります。殆どの品種は自家結実性がないので、実梅種を2品種以上、一緒に植えるのがコツです。植えつけの翌春、伸びてきた枝の3本を残して主枝として形よく広げ、他の枝は剪定します。翌冬にはこの主枝3本を3分の1ほど切り取り、主枝から出た横向きの枝を伸ばします。これを3年ほど繰り返して、形良く扇形に広がった樹形を作ります。その後はこれらの枝から伸びる短中果枝に実をならせます。実付きをよくするためには、開花期に人口受粉します。庭植えの場合は摘果する必要はありませんが、樹勢が弱っている場合や実のつきかたにむらがある場合は4月下旬頃に摘果して実数を調整します。栄養不足になると落果しやすいので、花後の4月半ば〜5月、収穫後の7月はじめ、12月に根元に肥料を施します。梅の実に黒い斑点がつく黒星病が出ることがありますので、4月下旬頃にベンレート水和剤を1,2回散布します。黒い斑点がついても食用にして問題はありません。・収穫...

果樹の苗/モモ(桃):白鳳(ハクホウ)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/モモ(桃):白鳳(ハクホウ)4〜5号ポット

家庭果樹としても育てやすく人気の品種。大きさは200〜250gの中玉で玉ぞろいがよく整った円形です。日持ちはあまりよくありません。糖度は約11〜13度。肉質も緻密で甘味の強い品種、豊産性です。また、3月に咲くピンク色の花も美しく、鑑賞価値があります。樹勢がやや強く、樹形は開帳型です。自家結実性ですので、1本で実が楽しめます。花粉が多いため受粉樹にもなり、花粉が少ない「白桃」などの受粉に最適です。タイプ:耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国樹高:2.5〜3m植え時:晩秋〜早春(ポット入りの苗木の場合は真夏を除いて周年植え付け可能)収穫:7月中旬〜下旬日照:日向むき栽培方法:1年生の接木苗で、植えつけから3〜4年で結実します。日当たり・水はけのよい場所で育てましょう。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。新梢(1年枝)に花芽ができます。開花後30日くらいで整理落果が終わるので、摘果をして実数を調整します。実1個に対して25〜30枚の葉が必要です。5〜6月ころ、病虫害予防のため実に袋かけをし、収穫3〜4日前に外します。また、木が大きくなるので、毎年12月〜2月の間に剪定を行います。日照不足になると下枝が枯れますので、混み合った側枝を間引き、枝の間に日光がはいるようにします。5〜10月にコスカシバの幼虫が幹に入ることがあります。幹に糞がつくので、木槌でたたいて圧死させます。防除は8月下旬〜9月下旬にスミチオン乳剤を太い幹に数回散布してください。お届けする苗は4〜5号(直径12〜15cm)ポット植えの接木苗、結実開始までの年数は約3〜4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏〜秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございます。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります...

椿(ツバキ)東洋の光(トウヨウノヒカリ)4.5号 別名:ドンチョウ

千草園芸

1,350

椿(ツバキ)東洋の光(トウヨウノヒカリ)4.5号 別名:ドンチョウ

写真は16年3月日。木の状態は季節により変化いたします。163cツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月〜5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃〜5℃(品種により異なる) 樹高: 5〜15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫を殺すことができまず、大きくなると全体に広がるので、殺虫剤散布となります。 幼虫は脱皮を繰り返すので...

果樹の苗/ ウメ(梅):なんこう(南高)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,006

果樹の苗/ ウメ(梅):なんこう(南高)4〜5号ポット

花も実も楽しめ、古くから親しまれてきたホームフルーツ。南高は実が大きく、紀州の梅として有名です。果肉が厚く品質良好な豊産性で梅干用・梅酒用品種として優れています。自家結実性は高くありませんので、他の品種を一緒に植えて受粉させます。受粉樹としては花が多くて花期の長い「甲州小梅」や、「梅郷」「稲積」などがおすすめです。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉中高木樹高:2.5〜3m栽培適地:熊本地方から青森地方あたりまで植え付け最適期:12月〜3月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)収穫:6月中旬〜下旬日照:日向むき栽培方法:日当たり良く風のあまり当たらない庭が向きます。梅には実梅(実を収穫する)と花梅(鑑賞用で、実は利用できない)があります。殆どの品種は自家結実性がないので、実梅種を2品種以上、一緒に植えるのがコツです。植えつけの翌春、伸びてきた枝の3本を残して主枝として形よく広げ、他の枝は剪定します。翌冬にはこの主枝3本を3分の1ほど切り取り、主枝から出た横向きの枝を伸ばします。これを3年ほど繰り返して、形良く扇形に広がった樹形を作ります。その後はこれらの枝から伸びる短中果枝に実をならせます。実付きをよくするためには、開花期に人口受粉します。庭植えの場合は摘果する必要はありませんが、樹勢が弱っている場合や実のつきかたにむらがある場合は4月下旬頃に摘果して実数を調整します。栄養不足になると落果しやすいので、花後の4月半ば〜5月、収穫後の7月はじめ、12月に根元に肥料を施します。梅の実に黒い斑点がつく黒星病が出ることがありますので、4月下旬頃にベンレート水和剤を1,2回散布します。黒い斑点がついても食用にして問題はありません。・収穫・利用法:5月半ばから、青梅を梅酒用に収穫します。梅干用には...

果樹の苗/ナシ(梨):しんすい(新水)4号ポット

園芸ネット プラス

1,831

果樹の苗/ナシ(梨):しんすい(新水)4号ポット

新水(しんすい)は果樹研究所育成品種で、幸水より早く収穫できる早生の赤ナシです。成熟期は関東で8月中旬、果実重は250〜300g、糖度は13%前後で高く、酸味も幸水より強く食味は濃厚です。黒斑病に弱いが「二十世紀」よりは強く、無袋栽培でも被害は比較的少ない品種です。果実品質に優れるものの、花芽が少なく、果実が小さく生産性が劣ること等の理由で営利栽培面積は減少しています。幸水、秀玉とは交配不和合です。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば〜2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:8月樹高:2.5〜3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法(下記は梨の一般的な栽培方法です)植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7〜8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20〜30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。お届けする苗は、4号(直径12cm)ポット入りの接木1〜2年苗、樹高約80cm前後です...

果樹の苗/ウメ(梅):しろかが(白加賀)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,087

果樹の苗/ウメ(梅):しろかが(白加賀)4〜5号ポット

白加賀は古くからある品種で、花色は白。果色は淡緑黄色。実が大きく、主に梅干用に栽培されます。梅酒、梅干、梅ジャムなどに利用できます。樹形は開帳型となります。花粉が少ないので、近くに異なる品種を植えたほうが収量が増えます。受粉樹としては、南高、鶯宿、梅郷、稲積などが適しています。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉中高木樹高:2.5〜3m栽培適地:熊本地方から青森地方あたりまで植え付け最適期:12月〜3月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)収穫:6月中旬〜下旬果重:30〜40g日照:日向むき栽培方法:日当たり良く風のあまり当たらない庭が向きます。梅には実梅(実を収穫する)と花梅(鑑賞用で、実は利用できない)があります。殆どの品種は自家結実性がないので、実梅種を2品種以上、一緒に植えるのがコツです。植えつけの翌春、伸びてきた枝の3本を残して主枝として形よく広げ、他の枝は剪定します。翌冬にはこの主枝3本を3分の1ほど切り取り、主枝から出た横向きの枝を伸ばします。これを3年ほど繰り返して、形良く扇形に広がった樹形を作ります。その後はこれらの枝から伸びる短中果枝に実をならせます。実付きをよくするためには、開花期に人口受粉します。庭植えの場合は摘果する必要はありませんが、樹勢が弱っている場合や実のつきかたにむらがある場合は4月下旬頃に摘果して実数を調整します。栄養不足になると落果しやすいので、花後の4月半ば〜5月、収穫後の7月はじめ、12月に根元に肥料を施します。梅の実に黒い斑点がつく黒星病が出ることがありますので、4月下旬頃にベンレート水和剤を1,2回散布します。黒い斑点がついても食用にして問題はありません。収穫・利用法:5月半ばから、青梅を梅酒用に収穫します。梅干用には、梅雨の雨に当たった頃の...

果樹の苗/カキ(柿):まえかわわせじろう(前川早生次郎)4号ポット

園芸ネット プラス

1,373

果樹の苗/カキ(柿):まえかわわせじろう(前川早生次郎)4号ポット

前川早生次郎は、次郎柿の枝変わり種です。熟期は9月中旬〜下旬です。果重200〜250g、糖度16〜18度です。木が小さめで果実が大きいため、鉢植えにも適します。家庭用に育てやすい完全甘柿で、関東以南の広い地域で栽培できる品種です。自家結実性がありますが、違う品種を近くに植えるとより実つきがよくなります。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2〜5m栽培適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫:9月中旬〜下旬果重:約200〜250g日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月〜2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。・収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。4〜5号(直径12〜15cm)ポット入りの接木1〜2年苗、結実開始までの年数は約4〜5年です。1年生苗は発芽が梅雨明けになる場合があります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏...

果樹の苗/モモ(桃):川中島白桃(カワナカジマハクトウ)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,087

果樹の苗/モモ(桃):川中島白桃(カワナカジマハクトウ)4〜5号ポット

玉そろい、着色が極めてよい品種です。肉質が緻密で果汁が多く、味も濃厚。糖度14〜15度です。果重300〜350gの大玉品種。着色もよく、人気の高い品種です。豊産性で樹勢が強く、樹形は開帳型となります。花粉がほとんどなく受粉樹が必要なので、他の品種を近くに植えてください。タイプ:耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国樹高:2.5〜3m収穫:8月中旬〜下旬日照:日向向き栽培方法:1年生の接木苗で、植えつけから3〜4年で結実します。日当たり・水はけのよい場所で育てましょう。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。新梢(1年枝)に花芽ができます。開花後30日くらいで整理落果が終わるので、摘果をして実数を調整します。実1個に対して25〜30枚の葉が必要です。5〜6月ころ、病虫害予防のため実に袋かけをし、収穫3〜4日前に外します。また、木が大きくなるので、毎年12月〜2月の間に剪定を行います。日照不足になると下枝が枯れますので、混み合った側枝を間引き、枝の間に日光がはいるようにします。5〜10月にコスカシバの幼虫が幹に入ることがあります。幹に糞がつくので、木槌でたたいて圧死させます。防除は8月下旬〜9月下旬にスミチオン乳剤を太い幹に数回散布してください。お届けする苗は4〜5号ポット植えの接木1〜2年苗、結実開始までの年数は約3〜4年です。樹高はお届け時期により多少前後することがあります。モモ(桃):川中島白桃(カワナカジマハクトウ)4〜5号ポット の栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について桃(モモ)ピーチ&ネクタリン

果樹の苗/カキ(柿):フデガキ(筆柿)4〜5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

果樹の苗/カキ(柿):フデガキ(筆柿)4〜5号ポット

筆柿は、家庭用に育てやすい不完全甘柿(果肉に褐斑がある品種)で、関東以南の広い地域で栽培できる品種です。昔なつかしい筆の形が特徴で、最近は店頭でも手に入りにくくなったため、家庭菜園用に人気があります。樹形はややわい性で開帳型です。他の柿の授粉樹にも向いています。自家結実性がありますが、違う品種を近くに植えるとより実つきがよくなります。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2〜5m植え付け最適期:10月半ば〜3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫:9月下旬〜11月上旬栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月〜2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。・収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。お届けする苗は4〜5号(直径12〜15cm)ポット入りの接木1〜2年苗、樹高約60cmです。結実開始までの年数は約4〜5年です...

果樹の苗/ナシ(梨):あいかんすい(愛甘水)4号ポット

園芸ネット プラス

2,518

果樹の苗/ナシ(梨):あいかんすい(愛甘水)4号ポット

愛甘水(あいかんすい)は赤なしの早生種、夏から食べられる梨です。愛知県安城市で長寿×多摩から育成され、1990年に品種登録された品種です。味は幸水に似ており、果実は幸水より硬く、糖度13%、果重300〜350g。酸味が少なく食味良好です。樹勢が強く、腋花芽が着生しやすい品種。短果枝は維持しやすいです。黒斑病、黒星病に強い品種です。剪定は短果枝主体の製枝剪定にしてください。受粉樹が必要です。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば〜2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:8月上旬〜下旬樹高:2.5〜3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法(下記は梨の一般的な栽培方法です)植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7〜8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20〜30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。お届けする苗は、4号(直径12cm)ポット入りの接木1〜2年苗、樹高約80cm前後です...

スポンサーリンク
スポンサーリンク