メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「西洋ニワトコ」検索結果。

西洋ニワトコの商品検索結果全8件中1~8件目

エルダーフラワー 西洋ニワトコ ブラックレース 9cmポット苗 鉢植え可 ガーデニング 庭

土っ子倶楽部

1,380

エルダーフラワー 西洋ニワトコ ブラックレース 9cmポット苗 鉢植え可 ガーデニング 庭

別名西洋ニワトコブラックレース。葉がレース状になる美しい品種で、花は淡いピンク色でとてもいい香りを漂わせます。黒い葉と淡いピンクの花がシックでとってもおしゃれ。イングリッシュガーデンには欠かせない一品です)^o^( さらに食用としての特性もあり、葉、枝、根にいたるまですぐれた栄養価をもちあわせております。主に香り良い花と、風味良い実をハーブとして、シロップ漬けや、ジュースなどに利用できます。エルダーフラワーといえば、巨木で将来的に10メートルにもなるイメージですが、ブラックレースは、コンパクトにまとまるので剪定すれば、1.5メートルくらいにすることができますので、栽培するのに、あまり広いスペースはいりません)^o^( 従来のエルダーフラワーに比べ、耐寒、耐暑性にもすぐれており、地植えでもよく育ちます。 《お届け時の状態》 ・ポットサイズ:9cmポット ・お届け時高さ:約10~15cm(容器含む) 《開花》4~5月頃(地域差あり) 《花色》淡ピンク 《果実》10~11月頃(地域差あり) 《栽培適地》全国栽培可(北海道、沖縄地方除く) 《樹高》1.5~2m 《科名》スイカズラ科 《園芸分類》耐寒性落葉低木 《用途》庭植え、鉢植え 《開花までの目安》約3年 ※写真はイメージです。 ※気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 冬期は落葉します。主に日向を好みますが、高温多湿を嫌いますので、夏場は、混み合った枝や葉を間引いて、風通し良くして頂き、鉢植えの場合は、半日陰で管理してください。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!園芸の土『土一番』 5リットル おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】6号エルダーフラワーブラックレース 9cmポット苗 ※このページは 9cmポット苗の販売ページです。

送料無料
2個セット エルダーフラワー(西洋ニワトコ)『オーレア』 9cmポット苗 鉢植え可 ガーデニング 庭 ハーブ

土っ子倶楽部

2,980

2個セット エルダーフラワー(西洋ニワトコ)『オーレア』 9cmポット苗 鉢植え可 ガーデニング 庭 ハーブ

西洋ニワトコ「オーレア」は葉が黄緑で葉色に特徴があります。日向、または半日陰の湿った場所を好みます。繁殖は挿し木か、株元に生えた若い芽を株分けします。 エルダーはハーブ、薬用植物として扱われ、花をシロップ漬けした「コーディアル」、ハーブティ、化粧水、花と実のサプリメントなど、現在、エルダーフラワー関連の商品はかなり市販されているようです。ヨーロッパではエルダージュースが市販されていて、これが爽やかな味で美味しいのだとか。日本ではなかなか結実しにくいそうなので、家庭で採取した若い芽をピクルスに、花や葉を入浴剤に利用しても良いでしょう。飲用、食用する場合は、乾燥させた花、熟した実を使います。日向、または半日陰の湿った場所を好みます。繁殖は挿し木か、株元に生えた若い芽を株分けします。 ・9cmポット苗でお届けします。高さ;約25~30cm ・開花;6~7月(地域によって異なります)・花色;白・結実;夏~秋・樹高;庭植えで4~8m・用途;鉢、庭・スイカズラ科・耐寒性落葉低木・栽培適地;全国栽培可 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ※冬季は落葉して、枝だけになります。 ※栽培上の都合で短く剪定してお届けする場合があります。ご了承お願いします。 ※薬効を考えたエルダーの花のティーの飲み方・1日数回、乾燥させた花を3~5gカップに入れて、250mlの熱湯を注ぎ、蓋をして10~15分待ってから飲みます。 細葉品種のエルダーもチェック! エルダーフラワー(西洋ニワトコ) 9cmポット苗エルダーフラワー(西洋ニワトコ)、別名「花のジュース」の木。

エルダーフラワー(西洋ニワトコ)『オーレア』 9cmポット苗 鉢植え可 ガーデニング 庭 ハーブ

土っ子倶楽部

980

エルダーフラワー(西洋ニワトコ)『オーレア』 9cmポット苗 鉢植え可 ガーデニング 庭 ハーブ

西洋ニワトコ「オーレア」は葉が黄緑で葉色に特徴があります。日向、または半日陰の湿った場所を好みます。繁殖は挿し木か、株元に生えた若い芽を株分けします。 エルダーはハーブ、薬用植物として扱われ、花をシロップ漬けした「コーディアル」、ハーブティ、化粧水、花と実のサプリメントなど、現在、エルダーフラワー関連の商品はかなり市販されているようです。ヨーロッパではエルダージュースが市販されていて、これが爽やかな味で美味しいのだとか。日本ではなかなか結実しにくいそうなので、家庭で採取した若い芽をピクルスに、花や葉を入浴剤に利用しても良いでしょう。飲用、食用する場合は、乾燥させた花、熟した実を使います。日向、または半日陰の湿った場所を好みます。繁殖は挿し木か、株元に生えた若い芽を株分けします。 ・9cmポット苗でお届けします。高さ;約25~30cm ・開花;6~7月(地域によって異なります)・花色;白・結実;夏~秋・樹高;庭植えで4~8m・用途;鉢、庭・スイカズラ科・耐寒性落葉低木・栽培適地;全国栽培可 ※写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは多少異なることがあります。 ※冬季は落葉して、枝だけになります。 ※栽培上の都合で短く剪定してお届けする場合があります。ご了承お願いします。 ※薬効を考えたエルダーの花のティーの飲み方・1日数回、乾燥させた花を3~5gカップに入れて、250mlの熱湯を注ぎ、蓋をして10~15分待ってから飲みます。 細葉品種のエルダーもチェック! エルダーフラワー(西洋ニワトコ) 9cmポット苗エルダーフラワー(西洋ニワトコ)、別名「花のジュース」の木。

こちらの関連商品はいかがですか?

アカシア:ギンヨウ(銀葉)アカシア4号ポット ノーブランド品

Amazon

1,087

アカシア:ギンヨウ(銀葉)アカシア4号ポット ノーブランド品

アカシアはオーストラリア大陸に多く分布する常緑樹。銀白色の羽毛のような葉が美しく、お庭のシンボルツリーに最適です。早春に黄色の小さな花が集まった花房を枝いっぱいに咲かせ、輝くような明るさです。切花としても美しく、楽しめます。繊細なイメージですが生育力は旺盛です。庭植えでは樹高3~10mにも育ちますが、コンテナでコンパクトに育てることもできます。寒さには多少弱いので、寒地では鉢栽培にして冬は軒下にとりこんでください。タイプ:マメ科アカシア属の常緑低木樹高:5~8m花期:3月栽培方法日当たり、排水、風通しののよい場所で育ててください。やや寒さに弱いので、庭植えは関東地方以西で、冬に寒風のあたらない場所に植えてください。寒い地域では鉢植えにして冬は室内にとりこんでください。2月から3月と9月下旬から10月に緩効性の化成肥料を与えます。庭植えの場合は生育がよいので、適度に剪定をしてください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入り、樹高約30~50cm前後の苗です。樹高につきましてはお届け時期により多少前後いたしますので、ご了承ください。写真は成長時(開花時)のイメージです。

牡丹(ぼたん):笑獅子(わらいじし)3年生苗6号ポット[絞り系人気品種] ノーブランド品

Amazon

2,060

牡丹(ぼたん):笑獅子(わらいじし)3年生苗6号ポット[絞り系人気品種] ノーブランド品

笑獅子は藤紅色で白覆輪が入る品種。八重咲きの大輪花です。タイプ:ボタン科ボタン属の落葉樹花期:5月植え付け適期:11月~5月(寒冷地では厳冬期の植付けは避けてください)用途:花壇、鉢植え、切花日照:日向むき栽培方法:1日3時間以上日光が当たる日当たりの良い場所で、排水の良い土を好みます。深さ40cmほど穴を掘り、元肥として堆肥や腐葉土を底土によく混ぜ込んで植え付け、十分水を与えます。鉢植えの場合は8~10号の深鉢が最適です。堆肥や油粕を混ぜた土に植えつけてください。どちらの場合も、なるべく深く植えます。冬はわらなどで根元をマルチングします。蕾が多数付いた場合は、1つだけ残して他を摘み取ると見事な花になります。盛夏は過湿にならないよう気をつけてください。春の芽が出始めたときと開花後、秋の3回、油粕や化成肥料を追肥します。植付け後数年間は植え替えずに育てると株が大きくなり、花数が増えて豪華になります。4~5年に1回は堀りあげ、株の更新をかねて株分けしてください。お届けする苗は、3年生苗1~2本立ち、6号ポット入りです。樹高は多少変動することがあります。写真は成長時のイメージです。

ヤマブキ(山吹):八重咲 黄斑3.5号ポット ノーブランド品

Amazon

1,144

ヤマブキ(山吹):八重咲 黄斑3.5号ポット ノーブランド品

本格的な春の訪れを感じさせてくれる花木。日本各地の山野に自生していて、暑さ寒さに強くたいへん丈夫な花木です。しなやかな枝先にびっしりと花をつけ、秋には紅葉も楽しめます。葉に黄斑が入り、黄色の八重咲きの花が咲く珍しい品種です。斑の入り方には個体差があります。庭植えのほか、鉢植えにも適しています。タイプ:バラ科ヤマブキ属の落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:4月植付け適期:春または秋樹高:約2m日照:日向~半日陰用途:庭木、根締め栽培方法:日当たりのよい、水もちのよい場所を好みます。乾燥には弱いので乾きやすい場所では春から秋の間適宜水遣りします。明るい日陰でもよく育つので、木漏れ日のあたるような場所も適しています。ただし全くの日陰では花数が少なくなります。植えつけ、植替えの適期は3月です。2月と5月、7月に根元に鶏糞や油かすをほどこしてください。剪定は2~3月に行います。3.5号(直径10.5)cmポット入り、樹高約45~80cmです。樹高は多少変動することがあります。また、夏以降は葉がきれいでない状態や落葉でのお届けの場合がございます。写真は成長、開花時のイメージです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク