メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「落葉低木」検索結果。

落葉低木の商品検索結果全1,292件中1~60件目

ノリウツギ苗 ピンキーウィンキー【落葉低木】(落葉中)

バラ苗・野菜苗・さいじょう緑花

2,480

ノリウツギ苗 ピンキーウィンキー【落葉低木】(落葉中)

商品:ノリウツギ 品種:ピンキーウィンキー 13.5号POT 特長 ベルギー発の国際パテント品種。 30~40cmもの大きな花房を持つ豪華な穂咲き品種です。 咲き始めは白で、花の終わりにピンク色に変化します。 他のノリウツギよりも若干早く開花しはじめ、初秋まで花をお楽しみいただけます。 日当たりが弱いと色の変化が見られない場合がありますので、 日当たりのよい場所でお育てください。 ノリウツギの茎や根には太い随が通っており ストローのようになっているので、 それを利用して煙管(パイプ)やステッキなどが作られ 北海道や日光の名産品にもなっています。 和名はかつてこの木の皮から製紙用の糊(のり)を とったことから、糊を取るウツギ(中が空の木)に由来するほか、 ノリノキ(糊の木)、ネリキ、トロロノキなどとも呼ばれています。 ノリウツギは樹高は1から2m程になるので、 夏から冬に適宜に選定されるといいでしょう。 一度植えたら植え放しで大丈夫です。 新芽に花がつくので剪定も秋から冬にして大丈夫です。 タイプ:ユキノシタ科アジサイ属の耐寒性落葉低木 開花期:7~9月 高さ:1.5~2mになる 用途:庭植え 日照:日当たり 個体により樹形が違う場合があります。) 注意事項:他の商品との同時梱包可 ※大型商品との同時梱包は不可、送料別途必要

八重ヤマブキ(八重山吹) L

千草園芸

1,296

八重ヤマブキ(八重山吹) L

↑↑2015年8月下旬の様子です。 ←写真は見本品です(4月に撮影) 季節によって状態は変化し、選定されている場合がございます。154-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ヤマブキは本来は一重が基本種ですが園芸品種としての八重が美しいのでよく植えられるようになりました。冬季は落葉した状態です。ヤマブキ (分類):バラ科ヤマブキ属(本種のみの一属一種)の落葉低木 (学名):Kerria japonica (L.) (原産):北海道~九州の低山・中国 春に黄色の花を咲かせる低木で、ランナーで増殖します。庭の脇役として植えられます。 山地の明るい傾斜地に自生し、株立ち状に育つ元気な樹木です。 近縁種にはシロヤマブキ(Rhodotypos scandens(Thumb.) Makino)があります。 こちらは名前はよくにていますが、別の属に分類されるものです。純白の花はきれいです。 下はシロバナヤマブキ。クリーム色の山吹です。 (植え付け) 落葉期の移植が適していますが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて、腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植え終えた後は支柱を立てて固定してください。 ↑開花期の状態。鮮やかな八重咲き黄色花です。

八重ヤマブキ M (八重山吹)

千草園芸

1,080

八重ヤマブキ M (八重山吹)

写真は見本品です。 季節によって状態は変化します。184e-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) ヤマブキは本来は一重が基本種ですが園芸品種としての八重が美しいので よく植えられるようになりました。冬季は落葉した状態です。ヤマブキ (分類):バラ科ヤマブキ属(本種のみの一属一種)の落葉低木 (学名):Kerria japonica (L.) (原産):北海道~九州の低山・中国 春に黄色の花を咲かせる低木で、ランナーで増殖します。庭の脇役として植えられます。 山地の明るい傾斜地に自生し、株立ち状に育つ元気な樹木です。 近縁種にはシロヤマブキ(Rhodotypos scandens(Thumb.) Makino)があります。 こちらは名前はよくにていますが、別の属に分類されるものです。純白の花はきれいです。 下はシロバナヤマブキ。クリーム色の山吹です。 (植え付け) 落葉期の移植が適していますが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて、腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植え終えた後は支柱を立てて固定してください。 ↑開花期の状態。鮮やかな八重咲き黄色花です。

一重ヤマブキ 5号苗(f4)

千草園芸

1,188

一重ヤマブキ 5号苗(f4)

写真は見本品です。 苗の写真は18年4月24日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184d-u 冬季は落葉した状態です。 学名 Kerria japonica 成木の樹高 1~2m 栽培適地 北海道~九州 開花期 4~5月 abcdヤマブキ (分類):バラ科ヤマブキ属(本種のみの一属一種)の落葉低木 (学名):Kerria japonica (L.) (原産):北海道~九州の低山・中国 春に黄色の花を咲かせる低木で、ランナーで増殖します。庭の脇役として植えられます。 山地の明るい傾斜地に自生し、株立ち状に育つ元気な樹木です。 近縁種にはシロヤマブキ(Rhodotypos scandens(Thumb.) Makino)があります。 こちらは名前はよくにていますが、別の属に分類されるものです。純白の花はきれいです。 下はシロバナヤマブキ。クリーム色の山吹です。 (植え付け) 落葉期の移植が適していますが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて、腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植え終えた後は支柱を立てて固定してください。 ↑開花期の状態。鮮やかな八重咲き黄色花です。

【現品】アメリカデイゴ(カイコウズ) 10号 50222 r

千草園芸

18,360

【現品】アメリカデイゴ(カイコウズ) 10号 50222 r

※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月22日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします。 185a-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名 Erythrina crista-galli L 分類 マメ科エストリナ属の落葉中高木 原産 南アメリカ 性質 毎年春から新枝を伸ばしてその先に花をつけます。 気温の高い季節は次々と枝を伸ばして開花します。 病害虫 特に目立った病害虫はありません。 栽培のポイント 日当たりのよい関東以南の暖地での露地植えが可能です。アメリカデイゴ 分類 マメ科デイゴ属の非耐寒性落葉中低木 学名 Erythrina crista-galli L. 原産 ブラジル~アルゼンチン (デイゴはインド原産) この仲間には耐寒性のあるものとしてアメリカデイゴ(別名カイコウズ)、アメリカデイゴを片親に改良されたサンゴシトウErythrina x bidwillii Lindl. (別名ヒトツバデイゴ) があります。 どちらも比較的耐寒性もあり関東地方以南では冬期に霜が降りる地方でも防寒すれば育てることができます。 (植え付け) 水捌けのよい日当たりを好みます。強い日射しが長時間当たる場所が理想的です。太い幹を土にに刺して増殖されているので、また根が十分に育っていないことも多く、植え付け後はしっかりした支柱を立てて固定してください。 冬に寒風の当たる場所は避けてください。春の気温が高くなる季節から、生育を始め、夏の終わりころから開花します。 下は大阪府内に植栽されていたカイコウズ(15.9.23)季節が遅く花は咲いていません。 (栽培) 庭植えのものは真夏に極端に乾かなければ水は特に与える必要はないでしょう。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと...

【現品】 アメリカデイゴ(カイコウズ) 8号 50223 r

千草園芸

9,180

【現品】 アメリカデイゴ(カイコウズ) 8号 50223 r

↑開花期には赤い花が咲きます。 ※写真の商品をお送り致します。 写真は18年5月22日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします。 185a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名 Erythrina crista-galli L 分類 マメ科エストリナ属の落葉中高木 原産 南アメリカ 性質 毎年春から新枝を伸ばしてその先に花をつけます。 気温の高い季節は次々と枝を伸ばして開花します。 病害虫 特に目立った病害虫はありません。 栽培のポイント 日当たりのよい関東以南の暖地での露地植えが可能です。アメリカデイゴ 分類 マメ科デイゴ属の非耐寒性落葉中低木 学名 Erythrina crista-galli L. 原産 ブラジル~アルゼンチン (デイゴはインド原産) この仲間には耐寒性のあるものとしてアメリカデイゴ(別名カイコウズ)、アメリカデイゴを片親に改良されたサンゴシトウErythrina x bidwillii Lindl. (別名ヒトツバデイゴ) があります。 どちらも比較的耐寒性もあり関東地方以南では冬期に霜が降りる地方でも防寒すれば育てることができます。 (植え付け) 水捌けのよい日当たりを好みます。強い日射しが長時間当たる場所が理想的です。太い幹を土にに刺して増殖されているので、また根が十分に育っていないことも多く、植え付け後はしっかりした支柱を立てて固定してください。 冬に寒風の当たる場所は避けてください。春の気温が高くなる季節から、生育を始め、夏の終わりころから開花します。 下は大阪府内に植栽されていたカイコウズ(15.9.23)季節が遅く花は咲いていません。 (栽培) 庭植えのものは真夏に極端に乾かなければ水は特に与える必要はないでしょう...

【可憐な山アジサイ・お任せ5品種セット】3号・落葉低木・庭木

花工房たんぽぽ こだわりの宿根草

2,138

【可憐な山アジサイ・お任せ5品種セット】3号・落葉低木・庭木

[お届け商品サイズ] 3号ポット小苗×5品種 *個体によって差があります。 山アジサイ ・・・[ユキノシタ科 アジサイ属 落葉低木] [別名] 沢アジサイ [花ことば] 乙女の愛、切実な愛 [原産地] 日本全土にかけて、ほか [花期] 6~7月頃(地域による) [耐寒性] 普通 [耐暑性] 普通 [特徴] 普通のアジサイに比べ葉は薄くて小型。 つるつるではなく、毛が生えていてざらざらしていることが多い。 [栽培] 半日陰のやや湿り気のある場所が好きです。 鉢植えは水はけ良くするとともに、乾いたらたっぷり水をやります。 庭木としても、鉢植えとしても人気があります。 [剪定] 必ずする必要はありません。 咲き終わった花を取るだけでも十分です。 (盆栽のようにきれいに作るときは、それに合ったやり方をします。) [肥料] 花後と冬に少し。 [植え替え] 小鉢は毎年、中~大鉢は 2~3年に一度。 落葉しているときが適期です。 【可憐な魅力♪山アジサイセット】★山アジサイは、日本人好みの楚々とした姿で、最近は外国でも人気です。 ★お届けは、下の写真のような小苗を5品種でお届けです。 ★おまかせですのでお買い得! (2018/4/1) ★アジサイは、土壌の酸度によって色が変わることがありますので、ご注意ください。 ★植物ですので、同じ種類でも個体差があります。また、植物は生長しています。お届けしたものが写真より育っていたり、少し暴れていることがありますが、植物の特徴ですのでご了承ください。

【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ エンジェルスプラッシュ 5号苗【17年自然開花見込み株】(a8)

千草園芸

2,700

【花終わり】【あじさい苗】ピラミッドアジサイ エンジェルスプラッシュ 5号苗【17年自然開花見込み株】(a8)

こちらは現在花が終わっております。 苗としてご利用ください。 (7月31日更新 177d) ※写真は見本品です。 写真は17年7月1日に撮影しました。 花芽が少しづつ付いております。 ハイドランジア パニキュラータ エンジェルスプラッシュ ヨーロッパの人気のノリウツギ 始めは白い花で、次第にピンク色になります。 季節によって状態は変化します。176d 176e ★使用用途 鉢植え、苗、 地植え、花壇、品種、花苗、など ※送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照) ★HITワード Hydrangea ユキノシタ科 アジサイ属 ハイドランジア 紫陽花、アジサイ開花株 アジサイ鉢植え 品種 切花ノリウツギ 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ハイドランジア パニキュラータ エンジェルスプラッシュ ヨーロッパの人気のアジサイブランド“LIVING CREATIONS"のシリーズ ヨーロッパでも流通量が少なく、始めは白い花で、次第にピンク色になります。

コデマリ 1.2m

千草園芸

2,700

コデマリ 1.2m

※写真は見本品です。 写真は18年4月30日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184e-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)コデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

コデマリ(小手毬) 6号苗(f5)

千草園芸

2,700

コデマリ(小手毬) 6号苗(f5)

写真は見本品です。 写真は18年5月10日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。185d-u 送料はMサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)コデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

八重咲きコデマリ(小手毬) 6号苗(j9)

千草園芸

2,700

八重咲きコデマリ(小手毬) 6号苗(j9)

18年2月9日に入荷しました。木の状態は季節により変化いたします。 182bコデマリ 分類: バラ科シモツケ属の落葉低木 学名: Spiraea cantoniensis 原産: 中国中南部 別名: スズカケ 開花: 3~4月 利用: 庭植え、鉢植え 樹高: 1.5m-2m 栽培敵地: 東北地方以南 中国原産の落葉低木で、手入れしやすいので家庭や公園などにも広く植栽されています。 種小名のカントニエンシス(cantoniensis)は「広東産の」の意味で自生地に由来します。 変種に八重咲きのヤエコデマリSpiraea cantoniensis Lour. f. plena (Koidz.) 。 園芸品種に斑入り葉の「ピンクアイス」があります。新芽の生育期から開花期までは白い斑が現れます。 よく対比されるオオデマリ〔Viburnum plicatum var. plicatum〕は名前こそ近いですが、全く別の植物です。 コデマリの育て方 日当たりのよい肥沃な土壌を好みますが、ある程度の日陰でも育ちます。 寒さや暑さに強く丈夫で育てやすい樹木です。 春に芽を出して成長し、新しく伸びた短い枝に花を咲かせますが、前年の9月には既に花芽が形成されています。 剪定は花が咲き終わったときすぐに行います。 風通しの悪くなったところをすかしたり、古くなった枝は取り除き、太くなった古くてかたそうな枝は根元から切り落とします。 施肥は冬に行います。 病害虫はあまりありませんが、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。 ブラシなどでこすり落とすか、冬の間に石灰硫黄合剤を散布します。

ピラミッドアジサイ リトルライム 5号苗(a3)

千草園芸

2,700

ピラミッドアジサイ リトルライム 5号苗(a3)

※写真は開花時の見本品です。4月22日現在まだ花は咲いておりません。 写真は17年10月13日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710b ※送料はMサイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照)ノリウツギ(糊空木・ピラミッドアジサイ) 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 ピラミッドアジサイ ライムライト 学名: Hydrangea paniculata `Limelight' 「ピラミッドアジサイ ミナズキ」と似ていますが、 名前のとうり、咲き始めはきれいなライムグリーンです。 花の色はライムグリーンから次第にクリーム色に変わり、色の変化が楽しめます。 肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での路地植えが出来ます。 ノリウツギ リトルライム ノリウツギ"ライムライト"のワイ性品種です。 グリーンから咲き始めた花は、白く開花し、夏にはソフトグリーンに、秋にはピンクからワイン色へと変化します。

【現品】久留米ツツジ(クルメツツジ) 0.5m ピンク 4219

千草園芸

2,916

【現品】久留米ツツジ(クルメツツジ) 0.5m ピンク 4219

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)久留米ツツジ(クルメツツジ) 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron Kurume Group 【原産】園芸種 九州久留米地方 【用途】庭木、鉢植え 【開花】4月中旬~5月中旬 【成木】0.5m~2m(品種や栽培環境により異なる) 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【栽培敵地】関東以南 クルメツツジは、小型のツツジの園芸品種で数多くの品種があります。開花時は木一面が花で覆われ見事な景観を作る庭木です。 性質も日本の気候と良く合い、容易に鉢植えでも庭植えでも楽しむことができます。 花色は豊富で鮮やかなものが多く、鉢植えのほか庭木として広く利用されています。 古くは江戸末期から作出され、明治から大正にかけて多くの品種がつくられ、現在300数品種が残っているといわれています。 江戸時代に九州の久留米地方で改良されたものが多く、鹿児島県などを原産とするキリシマツツジと大隅半島や薩摩半島に自生するサタツツジが元になっています。 サタツツジが小輪多花で久留米ツツジはその性質を受け継いでいます。 ●育て方のポイント● 水はけのよい保水性のある酸性土壌を好み、関東地方以北の土の凍てつく寒地での栽培には適していません。 植える場所は、日当たり又は半日陰の水はけのよい酸性土壌を好みます。植えこみ時に、腐葉土をよく混ぜ、土づくりをしておきましょう。 過湿と乾燥を嫌うので、傾斜地では夏の乾燥に気をつけ保水性の良い土を使用し、平地ではやや高めに植え付け、根元に堆肥やピートモスを敷いて保護しましょう。 鉢植えでは鹿沼土を使用し...

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.2m 41658

千草園芸

8,424

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.2m 41658

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) メロンやマスカットを思わせる甘い香りのするクロバナロウバイの黄花種で、成木は2mを超えるまでの背丈になります。 開花期はクロバナロウバイよりも少し早めで4~5月です。ニオイロウバイ`アテネ' 分類: ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木 学名: Calycanthus floridus L. `Athens' 原産: 北アメリカ南東部原産のクロバナロウバイ(別名:ニオイロウバイ)の園芸種 別名: キバナロウバイ・アテネ、 開花期: 5月~6月 用途: 庭木、公園樹、生け花等 樹高: 2~3m 栽培敵地: 北海道南部以南 ニオイロウバイは、クロバナロウバイの園芸種でクロバナロウバイよりも大型で、甘い芳香があるライムグリーンの花を咲かせます。 栽培は容易で、寒さ暑さに強く、毎年よく花をつけます。 クロバナロウバイ属は、4種からなるグループで、北アメリカに分布する落葉低木で、中枢神経麻痺させる有毒植物です。 日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。水はけが悪いと枯れ枝が出たりして生育が良くありません。 中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)に近縁で、近年では両種の属間の交配種もつくられ、流通し始めています。 普通のロウバイのように太い木にはならず、ランナーで増殖します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 ●育て方のポイント● ○生育について○ ・ 植え付け適期 … 周年可 根回し(一度移植してあるもの)はいつでも可能です。 ・ 日当り … 半日陰でも良く育つ/td> ・ 水はけ … 普通 よい場所を好む ・...

斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

千草園芸

3,024

斑入りノリウツギ ヤマアジサイ 雪化粧 5号(a6)

17年10月6日入荷いたしました。 状態は季節により変化いたします。 1710a-uノリウツギ 分類: アジサイ科アジサイ属の落葉低木 学名: Hydrangea paniculata 原産: 北海道、本州、四国、九州、千島から樺太、中国 開花期: 7月~9月 樹高: 2~5m 栽培敵地: 日本全国 ノリウツギは全国の山地に分布する落葉低木ですが、軸を長く伸ばして他の木により掛かり、つる植物のようにも見えます。 花期は7月から9月で、小さな両性花が円錐状に多数つき、その中に花弁4枚の装飾花をつけます。 基本種は一重ですが、園芸品種の改良元になり、数多くの園芸種が作られています。 和名は樹液を和紙をすくときの糊に利用したことからつれられたものです。 斑入ノリウツギ 雪化粧 「ピラミッドアジサイ ライムライト」と似ています。 斑入りの美しい葉に、花は白い花が咲きます。 四季咲き性の強いアジサイですから花が終わりかけると本年枝を2/3位残して剪定すると新梢が伸びてまた花を咲かせます。肥料は好みますから路地植えにするか鉢植えで管理する場合は大きい鉢に植え替えをして肥料を与えておく事が大切です。 耐寒性の強いアジサイですからよほどの寒地以外での露地植えが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク