メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「苦土石灰」検索結果。

苦土石灰の商品検索結果全628件中1~60件目

専門店おすすめ 園芸用 肥料 8-8-8 苦土1% 5000g

バラ苗・野菜苗・さいじょう緑花

2,300

専門店おすすめ 園芸用 肥料 8-8-8 苦土1% 5000g

店長おすすめのポイント 元肥 追肥 お礼肥えにも使える 万能有機入り粒状肥料 バランスの良い 8-8-8 さらに 苦土(マグネシウム)が1%入って いることが、 肥料吸収の相乗効果を高めていると思われます。 一度使うと効果がわかります。 繰り返し使いたくなる肥料です。 野菜や花壇など多くの植物に使える肥料です。 当店のクレマチスやバラ苗などにも使用しています。 少し匂いがありますので、室内にはあまりむかないかもしれません。 生育期は使用後1から2週間程度で葉の色がかわってくるのがわかります。 チッソ:8 リン酸:8 カリ:8 +苦土1 肥料やけしにくく、比較的多くの植物に使用できる肥料です。 肥料をあまり必要としない芝や草花でも使用できます。 ペレット状に加工した肥料だから手が汚れにくくまきやすい肥料です。 使用目安は6号鉢で30g程度 原材料 植物油粕類、硫酸アンモニア、硫酸カリ、化成肥料、重過りん酸石灰、魚粉類、硫酸カリ苦土、混合有機質肥料、動物かす粉末類 2000g 肥料の特徴 自然に産する動植物有機質肥料を主原料とし、造粒工程において低温乾燥処理をしたところに大きな特徴があります。 そのため有機質肥料中の成分組成は全く変質せず土壌中での微生物の繁殖を著しく旺盛にし、土壌の物理性を維持増進させるので肥効が持続し、流亡が少なく地力を高め、連続施肥が可能となり安定した作物の増収と品質の向上が得られます。 さらに、無機質肥料の速効性と有機質肥料の遅効性とが理想的にかみ合っており、作物に基本的な栄養分を完全に供給します。 ◎苗との同時梱包可能です。元肥 追肥 お礼肥えにも使える 万能有機入り粒状肥料 バランスの良い 8-8-8 さらに 苦土(マグネシウム)が1%入って いることが、 肥料吸収の相乗効果を高めていると思われます。...

貝化石(シェルフミン) (20kg2個)

Amazon

3,800

貝化石(シェルフミン) (20kg2個)

大昔のぼくたち(貝、ヒトデ・海草)が肥料になりました。 大昔海底に棲息した貝類及び魚介類・海藻類などが、 生きたまま化石化したものを乾燥・粉砕した肥料です。 1、アルカリ分が35%以上と高く、土壌の酸度矯正に効果があり、その効果は 緩効的で持続性に優れ、土壌の深層部まで浸透し酸度を矯正します。 2、土壌に腐食質を補給し団粒化をはかり、土壌の通気性が高まり保育力が 増大し肥効が持続することで根の健全な生育を促進します。 3、珪酸分が含まれていますので、病害虫抵抗を高め作物を健全に生育させます。 4、上記のほかに苦土、鉄、マンガン、石灰(カルシウム)、ホウ素等の各種微量要素も 補給し良質な作物の収穫に貢献します。 5、粉状ですが、施肥時のまいあがりが少なく衣服等の汚れが少ない肥料です。 6、施肥後すぐ、播種、定植が出来ます。 7、有害成分・重金属が含まれていません。 酸性土壌では程度に応じて増肥して下さい。 EMぼかし肥料等で無農薬栽培をされている方は生石灰、消石灰の替わりにご利用下さい。 (石灰は殺菌作用が強いためEM菌(有用微生物)が死滅減少します。 EM農法では石灰は使用しないで変わりに貝化石を使用することをお勧めします。

ジギタリス:パープレアアルバ3号ポット(フォックスグローブ) 6株セット ノーブランド品

Amazon

2,087

ジギタリス:パープレアアルバ3号ポット(フォックスグローブ) 6株セット ノーブランド品

和名はキツネノテブクロ。イギリスの伝統的なコテージ・ガーデンの宿根草です。草丈が大きく伸び、花茎の周囲にいっぱいの花をつけるので、花壇で引き立ちます。切花にも適しています。暑さ寒さに強く、やせ地、半日陰や窪んだ場所でもよく育ちます。毒性があるので、葉や根、花を食べないようにご注意ください。冬季はロゼット状です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。タイプ:ゴマノハグサ科キツネノテブクロ属の耐寒性宿根草草丈:60~150cm開花期:5~6月植え付け適期:10~4月用途:花壇、切花日照:日向または半日陰むき栽培方法:日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。酸性土壌を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰をふり、元肥を入れてよくすきこんでください。水は土が乾いたらたっぷりと与えます。湿気を嫌うので、過湿にならないように注意してください。成長期に1000~2000倍に薄めた液体肥料を月に2~3回施します。宿根草ですので、花後は花茎を切り落とし、植えたままにしておくと毎年殖えていきます。冬季、寒い場所では敷き藁等をして霜よけしてください。※写真はイメージです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク