メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「花木庭木」検索結果。

花木庭木の商品検索結果全1,231件中1~60件目

ハイポネックス マグァンプK 中粒 1.3kg

Amazon

1,539

ハイポネックス マグァンプK 中粒 1.3kg

約1年間、効果の続く肥料です。草花、球根、観葉植物、洋ランなど、いろいろな植物の植えつけ、植え替え時に土に混ぜ込むだけで、 ゆっくり長く効き続け、植物の生育を良くします。 リンサン(P)の効果で、花・実つきを良くし、根の伸長を促進する効果もあります。 草花・球根・プランターなど、いろいろな植物に適しています。 【商品の特長】 花や緑を長く楽しめます。効き目は約1年間(中粒)植物の植えつけ、植え替え時に混ぜ込むだけで必要な確かな効き目を発揮します。植物が肥料を必要とした時に必要な量だけ溶けて、植物の生育を促進します。約1年間、ゆっくり効いて効き目長持ちします。 根の伸長と花つきに効果的なリンサンを多く配合しています。丈夫な根は植物の基本です。マグァンプKは根の伸長促進と花・実の充実に不可欠なリンサンを多く含んでいますから、花をつぎつぎと咲かせます。 栄養が濃縮されていて、一粒一粒に植物の生育に必要なチッソ(N)、リンサン(P)、カリ(K)成分がバランス良く含まれています。 【適用植物】 草花・鉢花・野菜・球根・観葉植物・シンビジューム・洋ラン・セントポーリア・花木・ 果樹・芝生・庭木・グランドカバーなど様々な植物 ・チッソ6-リンサン40-カリ6-マグネシウム15 ※洋ランなどの置肥(鉢土の上に置くこと)として使用する場合は、植え替え3~4週間後に与えます。 ※植物や土、育て方などの条件により効きめの期間が異なります。 ※追肥として、液肥「ハイポネックス」をお使いいただくとさらに効果的です。 重量:1.3kg

カットするだけ!「切り接ぎ職人DX」【代引き手数料無料】

夢みつけ隊 ONLINE SHOPPING

5,122

カットするだけ!「切り接ぎ職人DX」【代引き手数料無料】

果樹や花木の生育に欠かせない接ぎ木面倒な切り込みが一発でできる業務用接ぎ木バサミ枝を挟むだけで面倒な切り込みができる接ぎ木バサミが登場しました。接ぎ木は、果樹や花木の成長に欠かせない繁殖方法。近縁の植物に接合癒着させることで、より生育を旺盛にし病害虫にかからないようにすることができます。それにはナイフや切り出しを使って台木と穂木に切り込みを入れ、両方をくっつけるためにテープなどで巻くのですが、その切り出しがなかなか難しいのです。このハサミを使えば、カットするだけで見事な形の接ぎ木が完了。大切な庭木や鉢植えをいつまでも元気に育てましょう。●セット内容/本体(刃付)、刃2枚●サイズ/縦21.5×幅12cm●材質/ナイロン、PVC、SKS7(刃)●中国製●重さ/302g●対応可能な枝・茎の太さ:約3〜8mm、刃:3種(細い枝用・中等太さの枝用・太い枝用) アイコンの詳細はこちらご購入前にこちらをご確認ください。台木、穂木となる枝をそれぞれハサミにセットしてカットするだけで簡単に切り込みが完成します。接ぎ木した後にテープで巻きます。刃の種類は3種類V(細い枝用)、U(中等太さの枝用)、Ω(太い枝用/ 特に室外の花木用)接ぎ木とは果樹・花木の繁殖や収穫期間の短縮、病害虫対策などを目的として、2本の枝を人為的に作った切断面で結合すること。

キンモクセイ 単木 樹高2.0m前後

ガーデンタウン

8,100

キンモクセイ 単木 樹高2.0m前後

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られ...

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

ガーデンタウン

12,960

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.8m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

ドウダンツツジ 樹高30cm前後 ポット苗 5本セット

ガーデンタウン

2,700

ドウダンツツジ 樹高30cm前後 ポット苗 5本セット

ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 商品説明 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、品がとても良く高級感があり、開花期にはとても見応えがあります!秋の紅葉した木姿もとても綺麗です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月〜5月【実期】−−−−−−【紅葉】9月〜11月 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 夏場の水やりに注意して下さい。 用途 生垣・庭木ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 栽培適地 東北以南 植栽時期 2〜3月or10月下旬〜12月 花色 白花 ※更紗ドウダンは赤花 肥料 油粕or化成肥料 最終樹高 2〜3m 用途 生垣or庭木or花木 ドウダンツツジはこんな植物 春に可愛らしい壺状の花を咲かせる。秋の真っ赤な紅葉も見事。 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、 品がとても良く高級感があり、開花期には愛らしい花が咲きとても見応えがあります! 秋の紅葉した姿も見ごたえがあり、落葉樹の代表的な名脇役として古くから愛されてきました。 針金のような細い枝に丸い葉を沢山つけた姿が洋風な雰囲気にもよく調和します。 ドウダンツツジの仲間で「更紗ドウダン(サラサドウダン)」という品種がありますが、 この更紗ドウダンは花が鐘の形をし、白ベースの花に紅色の筋が縦に入り、通常の白花のドウダン とは違った花色のコントラストが楽します。また、耐寒性があり寒い地方での栽培にも向きます。 サラサドウダンツツジは刈り込みにはあまり向かないため、自然樹形で育てるのがおすすめです。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ単木 2.3m露地 2本セット

Amazon

40,608

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ単木 2.3m露地 2本セット

【ヤマボウシ】(山法師) 読み:やまぼうし 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木です。自然な美しい樹形と白い花が咲きます。樹勢が強いため刈り込みにも耐えます。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ株立ち 2.3m露地

Amazon

20,304

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ株立ち 2.3m露地

【ヤマボウシ】(山法師) 読み:やまぼうし 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木です。自然な美しい樹形と白い花が咲きます。樹勢が強いため刈り込みにも耐えます。

ヤマアジサイ(赤花)苗木 5本セット

ガーデンタウン

3,780

ヤマアジサイ(赤花)苗木 5本セット

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが...

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】アベリア 1.0m露地 8本セット

Amazon

12,960

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】アベリア 1.0m露地 8本セット

【アベリア】(衝羽根空木) 読み:あべりあ 学名:Abelia spathulata スイカズラ科ツクバネウツギ属 半常緑低木 別名:ツクバネウツギ、ハナツクバネウツギ 【名前の由来】 19世紀のイギリス植物学者エイブルに由来します。 【商品情報】 アベリアは6m程度までなる常緑低木です。春から秋にかけて長い間、鐘形の小さい花が咲いています。花の香りも強く、街路樹や生垣に多様されています。葉は小さいですが一年中付いています。寒さが厳しい地区では葉が落ちることます。様々な園芸品種が作り出されていて斑入りや赤花品種など多く種類があります。 【育て方】 日あたりが良い場所を好みますが半日陰でも成長します。剛健な品種で放任していても成長します。萌芽力が強いため刈り込みにも耐えます。定期的な剪定を行い樹形を維持します。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=株立ち 最終樹高=4m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=12~3月 開花時期=5~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 アベリアは長い期間咲く花が美しい品種です。強健なため生垣等によく利用されます。芳香もいいです。

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.0m前後

ガーデンタウン

2,160

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.0m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ株立ち 2.3m露地 2本セット

Amazon

40,608

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ株立ち 2.3m露地 2本セット

【ヤマボウシ】(山法師) 読み:やまぼうし 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木です。自然な美しい樹形と白い花が咲きます。樹勢が強いため刈り込みにも耐えます。

ドウダンツツジ 樹高80cm前後

ガーデンタウン

3,780

ドウダンツツジ 樹高80cm前後

ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 商品説明 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、品がとても良く高級感があり、開花期にはとても見応えがあります!秋の紅葉した木姿もとても綺麗です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月〜5月【実期】−−−−−−【紅葉】9月〜11月 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 夏場の水やりに注意して下さい。 用途 生垣・庭木ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 栽培適地 東北以南 植栽時期 2〜3月or10月下旬〜12月 花色 白花 ※更紗ドウダンは赤花 肥料 油粕or化成肥料 最終樹高 2〜3m 用途 生垣or庭木or花木 ドウダンツツジはこんな植物 春に可愛らしい壺状の花を咲かせる。秋の真っ赤な紅葉も見事。 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、 品がとても良く高級感があり、開花期には愛らしい花が咲きとても見応えがあります! 秋の紅葉した姿も見ごたえがあり、落葉樹の代表的な名脇役として古くから愛されてきました。 針金のような細い枝に丸い葉を沢山つけた姿が洋風な雰囲気にもよく調和します。 ドウダンツツジの仲間で「更紗ドウダン(サラサドウダン)」という品種がありますが、 この更紗ドウダンは花が鐘の形をし、白ベースの花に紅色の筋が縦に入り、通常の白花のドウダン とは違った花色のコントラストが楽します。また、耐寒性があり寒い地方での栽培にも向きます。 サラサドウダンツツジは刈り込みにはあまり向かないため、自然樹形で育てるのがおすすめです。

送料無料
【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ単木 2.3m露地

Amazon

20,304

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ単木 2.3m露地

【ヤマボウシ】(山法師) 読み:やまぼうし 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木です。自然な美しい樹形と白い花が咲きます。樹勢が強いため刈り込みにも耐えます。

トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.0m前後

ガーデンタウン

1,404

トキワマンサク(青葉・白花)樹高1.0m前後

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.5m前後

ガーデンタウン

7,560

常緑ヤマボウシ/ヒマラヤ 株立 樹高1.5m前後

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜10月 最終樹高 7m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 常緑性のヤマボウシ"ヒマラヤ" 花はもちろん、果実も楽しめます。1本でもお庭の主役になる! 初夏に白〜クリーム色の花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 花付きも良く、秋の真っ赤な果実も見所です! 1年を通して鑑賞できるので、近年人気が急上昇中の樹木で、大変おすすめです! 花と果実で観賞価値も高く、当店でも大変人気がある樹木です。 是非お試しください☆ 植え付け 日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。 耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化します。 落葉性のものは2〜3月、常緑性は3〜6月、及び10月頃が適期です。 植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。 剪定・管理...

ドウダンツツジ 樹高60cm前後

ガーデンタウン

2,700

ドウダンツツジ 樹高60cm前後

ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 商品説明 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、品がとても良く高級感があり、開花期にはとても見応えがあります!秋の紅葉した木姿もとても綺麗です。 花・実期 紅葉時期 【花期】4月〜5月【実期】−−−−−−【紅葉】9月〜11月 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。 夏場の水やりに注意して下さい。 用途 生垣・庭木ドウダンツツジ ツツジ科 ドウダンツツジ属 落葉低木 栽培適地 東北以南 植栽時期 2〜3月or10月下旬〜12月 花色 白花 ※更紗ドウダンは赤花 肥料 油粕or化成肥料 最終樹高 2〜3m 用途 生垣or庭木or花木 ドウダンツツジはこんな植物 春に可愛らしい壺状の花を咲かせる。秋の真っ赤な紅葉も見事。 スズランに似た真白な花が下向きに咲きます。小さな花ですが、枝先に多くたれ下がり、 品がとても良く高級感があり、開花期には愛らしい花が咲きとても見応えがあります! 秋の紅葉した姿も見ごたえがあり、落葉樹の代表的な名脇役として古くから愛されてきました。 針金のような細い枝に丸い葉を沢山つけた姿が洋風な雰囲気にもよく調和します。 ドウダンツツジの仲間で「更紗ドウダン(サラサドウダン)」という品種がありますが、 この更紗ドウダンは花が鐘の形をし、白ベースの花に紅色の筋が縦に入り、通常の白花のドウダン とは違った花色のコントラストが楽します。また、耐寒性があり寒い地方での栽培にも向きます。 サラサドウダンツツジは刈り込みにはあまり向かないため、自然樹形で育てるのがおすすめです。

送料無料
【送料無料】アベリア/エドワードゴーチャー ポット苗 30本セット

ガーデンタウン

22,032

【送料無料】アベリア/エドワードゴーチャー ポット苗 30本セット

アベリアスイカズラ科 ツクバネウツギ属 常緑低木________________________________________________________________________________________________________________________夏から秋にかけて愛らしい小花が次々と咲きます。アベリアは樹勢が強く公園や街の植え込みには欠かせない木のひとつ。生長期間中であればいつどこで切っても、また萌芽して花を咲かせますから、庭木としても便利な花木で、多彩な葉色で人気が上昇中の常緑低木です。アベリアは開花期も長く、初夏から秋まで咲き続けるのが特徴です。手入れをせず自然仕立てにしたり、刈り込んでグランドカバーや生垣に用いたりと用途は多様おすすめ品種★アベリア“エドワードゴーチャー”“エドワードゴーチャー”はアベリアの桃色品種よりも花色が濃く、花つきも良い品種です。★アベリア”ホープレイズ”アベリアの斑入りの品種で、特徴は葉に斑が入り黄色っぽく、丸みを帯びた形をしています。普通のアベリアに比べると矮性であまり大きくならないので管理が簡単な品種です。鮮やかな色の葉と、5〜10月の長期間に白く可愛らしい花を咲かせる優れた品種です。★アベリア“コンフェッティ”白色の覆輪斑の葉が特徴のアベリアで、寒さにあうと淡紅色に変色します。★アベリア“フランシスメイソン”フランシスメイソンは、新芽が黄金色で鮮やかな印象があります。明るい黄金色の葉に緑色の斑が入り、花色は淡いピンク色です。植え付け日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みますが日陰でも生育します。植え穴は大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせます。剪定・管理剪定は12〜3月に行います。強い刈り込みにも耐えます...

アジサイ/アナベル 樹高1.0m前後

ガーデンタウン

8,100

アジサイ/アナベル 樹高1.0m前後

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが...

久留米ツツジ/マヤフジン 樹高0.2m前後 ポット苗

ガーデンタウン

1,058

久留米ツツジ/マヤフジン 樹高0.2m前後 ポット苗

春を鮮やかに彩るツツジ。花付きが良いクルメツツジ! クルメツツジ(久留米ツツジ)ツツジ科 ツツジ属 常緑低木栽培適地日本全国植栽時期2〜4月or9〜10月花色赤・白・紫・ピンク・絞り咲き等肥料油かすor堆肥or化成肥料最終樹高2m用途生垣orグランドカバーor盆栽or花木クルメツツジはこんな植物色鮮やかな花が魅力♪花付きがよく、和・洋を問わず人気の樹木です!クルメツツジはキリシマツツジとサタツツジをもとに江戸末期以後に久留米で改良された品種群です。花は平戸ツツジ等に比べて小さいが、小輪多花性で、花付きがよいため昔から人気の高い花木です。樹冠全体が花に覆われるように咲きます♪株を覆うように咲くので満開時はすばらしい景観となります。久留米ツツジも花色が豊富で、紫紅、桃、白、紅、紫、絞り咲き品種など多彩にあります♪色鮮やかな品種が多く海外でも人気の高い庭木として広く栽植されています。庭木や街路樹として野外でも広く利用されますが、鉢植えや盆栽にも好適な種類です。>特に暖地での栽培が適しており、木の伸びもよく古くから日本人に親しまれてきたツツジです。開花時期は品種によって異なりますが、4月中旬〜6月上旬が一般的です。単体でも十分に存在感がありますが、違う花色の品種を交互に植えたり、開花期の異なる品種(サツキ類)も混ぜて植栽すると春〜初夏にかけてとても鮮やかな景観が楽しめます!日本の気候に向いてますのでおすすめの一品です。

ツルアジサイ 苗木 5本セット

ガーデンタウン

4,320

ツルアジサイ 苗木 5本セット

アジサイはこんな植物梅雨時の庭を爽やかに彩る。誰もが知っている日本生まれの代表的な花木アジサイの仲間は両性花がなく、ほとんどが装飾花の大きな散房花序を新梢の先につける美しい花です。若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。古くから栽培されてきた日本を原産地とする代表的な花木で、非常に多くの園芸品種があります。その後、ヨーロッパに渡り改良がなされて、今では欧米、オセアニア、その他多くの地域の人々に愛されています。花の少ない雨季の季節に咲き、半日陰地にも適するなど、庭木として使い勝手のよい特徴を備えています。ヤマアジサイの特徴ガクアジサイに比べて全体が小さく、細い枝、先の尖った光沢のない薄い葉、花序も小さいのが特徴です。西洋アジサイのような豪華な花と比べ、花も樹形もコンパクトで根付きが良いので、取木や挿し木で容易に盆栽に仕立てることができます。植え付け植え付け適期は2〜3月頃。陽光を半分ほど遮れる所がよいです。土質はほとんど選びませんが、植え穴は大きめに掘り、堆肥や腐葉土、ピートモスなどを加え、根が乾燥しないように水を加えながら植えつけます。剪定・管理放任してもむやみに大きくなることはありませんが、古い幹立ちは切り取って若い枝でまとめるとよいです。1〜2月に花芽を確認しながら古い枝を切り取るか、切りつめるかします。四季の管理多肥の必要はありませんが、土壌の科学的性質が花色に影響を及ぼします。酸性土壌ではブルー系は美しい色を発しますが、赤系の品種は濁りのある色になってしまいます。ブルー系の品種には酸度調節をしていないピートモス(酸性)でマルチングをしたり、園芸用の硫黄華をひとつまみ施します。これに対し、赤系の品種には中性に近い土壌がよいので、石灰を少し根本にまいてあげると鮮やかな花色が楽しめます。病害虫特に病害虫はありませんが...

トキワマンサク(赤葉・赤花)樹高80cm前後 10本セット

ガーデンタウン

10,800

トキワマンサク(赤葉・赤花)樹高80cm前後 10本セット

トキワマンサクってこんな木今どきの生垣と言えば、やっぱり常盤マンサクでしょう!びっくりするほどの花が咲き乱れます!和・洋どちらにも合いますよ♪トキワマンサクは成長が早く、葉がよく茂るので最近では生垣によく使われています。花付きが良く、4月〜5月にかけて細長い小さな花を枝いっぱいに咲かせます。華やかな赤色系の花が導入されてから急激に人気が出た花木です。熊本県ではこのトキワマンサクを生垣にされている所を本当によく見かけますが、花期には全体が花で覆われていて鮮やかでとても綺麗です♪生垣はもちろん、庭木、シンボルツリーなど幅広く使用されていてとても人気のある樹木です。洋風・和風など、どんな場面でも合い、1本でも存在感があります。庭の雰囲気や好みの色で選びましょう!混合して植えられるのもおすすめです。「ガーデンタウン」では丹精こめて苗から育てています!!ご注文を頂きましてから、元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣の場合は1mに約3本間隔で植え込みます。庭木の場合は周りの樹木と離して植えてください。植え付けは4月及び9〜11月が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日当たりのよく、水はけのよい場所を好みます。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。支柱は必要に応じて。生育期は水をよく吸い上げるので、水切れには注意してください。関東より南の暖地では庭木として仕様できます。冬の間は屋内で管理するのが望ましいです。剪定・管理生垣や寄せ植えにする場合は剪定をして形を整える必要があります。長く伸びた枝は2〜3年後には花をつけるようになるので、2〜3月か12月に切りつめておきます。基本的な刈り込みは花の咲き終わった直後に行います。トキワマンサクは成長が早いので手入れをしないと幅も出てどんどん大きくなります...

スポンサーリンク
スポンサーリンク