メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「花期の長い宿根草」検索結果。

花期の長い宿根草の商品検索結果全17件中1~17件目

【人気商品】(宿根草) ペンステモン ハットウィジーチュブラーベル レッド[二年草 種子 多年草 種 宿根草]

IDE SHOKAI ONLINE 楽天市場店

214

【人気商品】(宿根草) ペンステモン ハットウィジーチュブラーベル レッド[二年草 種子 多年草 種 宿根草]

※実店舗でも販売をしておりますので、在庫切れになる場合もございます。在庫切れの場合は、お取り寄せ後の発送となりますのでご了承ください。 ※お取り寄せに時間がかかる場合や取り寄せが難しい場合(製造終了・デザイン変更等)には、店舗よりご連絡させていただきます。(宿根草) ペンステモン ハットウィジーチュブラーベル レッド 一度蒔くだけで毎年花が楽しめる!! ■ペンステモン ハットウィジー チュブラーベル レッドの特徴 ●長い花期と耐暑性 ●枝元の分枝、魅力的な葉 ●5~6寸の鉢植えに最適 ■播種・栽培適期など ■その他詳細 科/属 ゴナノハグサ科/ペンステモン属 生産地 オランダ 発芽率 82% 内容量 約5粒 播種適正温度 18-22℃ 生育適正温度 14-18℃ ■(参考) 宿根草の種子のまき方(例) 鉢(若しくはトレー/ポット)、土、新聞紙を用意します。 ・宿根草種子は非常に小さいため、露地への播種はお勧めしません。 ・使用する土は市販の種蒔用の土をお勧めします。 容器に土を入れます。軽く上から押さえて平らにしましょう。 ・その後、底面から水を充分にしみこませます。 播種後、種子袋記載の温度を保ってください。 ・定期的に新聞紙を取り、発芽していないか確認してください。 ・土が乾いている場合は底面から水を与えてください。 ・播種後は新聞紙を取ってください。 播種後、種子袋記載の温度を保ってください ・定期的に新聞を取り、発芽していないか確認してください。 ・土が乾いている場合は底面から水を与えて下さい ・発芽後は新聞紙を取ってください。 ポイントは下記2点です。この点に注意すれば問題なく発芽します。 1.覆土は施さないでください。(ただし新聞紙による蓋が必要) 2.播種後の温度管理を徹底しましょう。 ...

源平小菊(エリゲロン)

おぎはら植物園

324

源平小菊(エリゲロン)

■ キク科 宿根草(耐寒性多年草)冬期落葉種 ■ 学 名 : Erigeron Karvinskianus ■ 別 名 : エリゲロン カルビンスキアヌス 源平小菊(ゲンペイコギク) ペラペラヨメナ など ■ 花 期 : 晩春・初夏~秋 ■ 草 丈 : 30cm前後 (生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 約-15℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向~やや半日陰 ■ 原産地 : 南アメリカ ■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗 低く広がり初夏から初冬までとても長く咲く白とピンクを帯びた花が同時に咲き二色咲きのようで美しい グランドカバーにおすすめ花後切り戻すと姿が整い、再びよく咲く 花壇や石垣などのふちどりにも最適です ~担当スタッフのコメント~ 主張しすぎない、かわいらしい花を長く咲かせる宿根草ガーデンの名脇役です。可憐な小花で、様々な草花と相性が良く、美しく引き立ててくれます。寄せ植え、ハンギングなどにも適しています。 宿根草は花期が短いものが多い中、この花は驚くほど花期が長いです。こちら長野では6月から11月末まで約6ヶ月ほど次々と咲き、一般的な一年草よりも長く咲くのでは?と思います。 しかも性質強健で放任でもよい花ですので手間がかかりません。適地ではこぼれダネでもふえます。 ただ、伸びすぎて姿が乱れる事がありますので、伸びて花が減ってきたら短くカットすると再び咲き、株姿もコンパクトに整います。 「花が終わったら切る」としたい所ですが、なかなか花が止みませんので、伸びすぎたら咲いていても、思い切って短くカットしてください。夏の蒸れ防止の為にも暑い時期は切り戻しをおすすめします。 ベルギーにて撮影 石垣の間に植えてありました お届けする苗について(当店は寒冷地です) 通年...

コレオプシス“レッドシフト"3.5号苗

千草園芸

604

コレオプシス“レッドシフト"3.5号苗

17年8月25日に入荷。季節によって状態は変化します。178d 耐寒性、耐暑性に強く花期の長いのが特徴です。 乾燥にはある程度強いのですが過湿に弱いところがありますので、夏場の過湿は避けるようにします。 黄色から赤へ色がシフトしていきます。 遮光ネット 山野草の土12L 油かす 500g ※「専門用土12L1袋(3L4袋)」や「肥料500g4袋」及び「5号サイズの苗約2個」程度は、同じ送料で同梱できます。 (九州~東北まではヤマト以外で648円です。)コレオプシス 分類: キク科ハルシャギク属(コレオプシス属)の宿根草 学名: Coreopsis 原産: アメリカ大陸、熱帯アフリカ 開花期: 5~10月利用: 花壇、テラコッタ、寄せ植え、草丈: 0.3~1m コレオプシスは北アメリカを中心として分布する草花で一年草タイプのものと、多年草タイプのものがあります。一年草タイプで代表的な品種はハルシャギクやキンケイギク、多年草タイプはグランディフロラやイトバハルシャギク、ロセアなどがあります。 丈夫な性質で増えすぎて自然のバランスを崩すので栽培が禁止されているオオキンケイギクもコレオプシスの仲間です。 こごは宿根草タイプのものの説明になります。 1. グランディフロラ(C. grandiflora) 北アメリカ中央~南部にかけて分布。草丈は60cmで花色は濃い黄色で大輪の花を咲かせます。 2. ロセア〔C. rosea〕 北アメリカ東部原産。草丈は約60cm、花は大輪の淡いピンク色の花を咲かせます。 3. イトバハルシャギク〔C. verticillata〕 葉が細く草丈は60cm~90cm。夏に黄色い花を咲かせます。 4. アウリクラタ〔C. auriculata〕 南アメリカ原産で、立ち上がる茎とほふく茎を出し黄色い花を咲かせます。...

カリオプテリス `サマーソルベット'

おぎはら植物園

432

カリオプテリス `サマーソルベット'

■ クマツズラ科 宿根草(耐寒性多年草)冬期落葉種 ■ 学 名 : Caryopteris × clandonensis 'Summer Sorbet' ■ 別 名 : 花式部(ハナシキブ)など ■ 花 期 : 初夏~秋 ■ 草 丈 : 90cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 約-15℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向~やや半日陰 ■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗 カラーリーフとして花期以外も楽しめる斑入りの花式部 秋は黄色い斑が深みを増し、より鮮やか 冬の間に短く剪定しておくと翌年も姿良い ~担当スタッフのコメント~ 一般にハナシキブと呼ばれるカリオプテリスの斑入りタイプで、性質がとても丈夫で育てやすい品種です。 鮮やかなライム色の斑が入り、周年楽しめるうえ、花期には青い花が段になって咲き、コントラストが美しいです。 特に新芽は鮮やかで、剪定するたびにきれいな新葉が楽しめます。 観賞期間が長い植物ですので、低めの生垣や刈り込んで花壇の縁取り、丸くカットしてトピアリー、寄せ植え、などなど楽しみ方は色々です。 ↑まぶしいほど鮮やかな春の新芽 ↑刈り込んで整えると花壇のふちどりや小さな生垣として利用できます お届けする苗について(当店は寒冷地です) 通年、栽培管理を行いながら販売しておりますので、お届けの季節により苗の状態は様々です。おおよそ下記のとおりですのでご参照ください 春~夏 芽吹き~開花前~開花中もしくは花後剪定済み 秋~冬 紅葉中~落葉の途中 冬~春 低温管理していますので冬は地上部落葉中 (小さな冬芽が少し出ています) ↑苗の様子 晩夏頃 ↑苗の様子 秋頃 ※季節により姿は大きく変化しますので参考程度にご覧下さい 基本的な管理 日 照 寒冷地 日向 暖 地 日向 耐乾性 普 通...

ヒューケレラ `プラム カスケード'

おぎはら植物園

432

ヒューケレラ `プラム カスケード'

■ 学名 : Heucherella 'Plum Cascade' ■ ユキノシタ科 宿根草(冬期常緑~半常緑) ■ お届けの規格 7.5cmポット苗 ■ 主な花期 : 晩春~初夏 ■ 草 丈 : 40cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 強 ■ 耐暑性 : 中 ■ 日 照 : やや半日陰 ■ 代表的な原産地 : 北アメリカ ヒューケレラには少ない紫系の品種 広がるような草姿で、夏には葉色がシルバーに変化する 花色は明るいピンクで、繰り返し咲き、花期が長い ~担当スタッフのコメント~ 這性ヒューケレラでは初めての紫葉の品種です。寄せ植えやハンギングで枝垂れさせたり、ガーデンの手前に這わせたり、色が良いアクセントになるので、明るい葉色や草花と組み合わせると、特に引き立ちます。 葉色は春に紫が濃く、ピンクの可愛い花を咲かせた後、夏に向けてクールなシルバーに変化します。 性質がとても丈夫で、育てやすい品種です。 本種はツボサンゴ(ヒューケラ)とティアレラの交配種です。名前が似ているので紛らわしいですが、「ヒューケレラ」と「ヒューケラ」は厳密には異なります。 (ヒューケラ×ティアレラ=ヒューケレラ) 花や葉は両種の中間的な形で、両種の「良い所取り」の品種も多く、おすすめの系統です。 栽培方法などはツボサンゴに準じます。 お届けする苗について(当店は寒冷地です) 通年、栽培管理を行いながら販売しておりますので、お届けの季節により苗の状態は様々です。おおよそ下記のとおりですのでご参照ください 春~夏 開花前~開花中または花後剪定済 ※ムレ防止の為、花後は短くカットしてあります 秋~冬 紅葉中~落葉の途中 冬~春 低温管理していますので こちら寒冷地では冬~早春はやや落葉し葉は少ないです ↑苗の様子 秋頃 ...

ツボサンゴ(ヒューケラ)`グレープソーダ'

おぎはら植物園

432

ツボサンゴ(ヒューケラ)`グレープソーダ'

■ 学名 : Heuchera 'Grape Soda'■ 別名 : コーラルベル、コーラルフラワー(英名)など■ ユキノシタ科 宿根草(冬期常緑~半常緑) ■ お届けの規格 7.5cmポット苗 ■ 主な花期 : 晩春~初夏 ■ 草 丈 : 50cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 強 ■ 耐暑性 : 中 ■ 日 照 : やや半日陰 ■ 代表的な原産地 : 北アメリカ ■ 花色 : ピンク ■ 葉色 : 季節により様々に変化します 日照、水分によっても変わります 春の新葉は赤みが強く、ピンクを帯び、夏以降は紫色に変化する 多花性で花上がりが良いため、気温が合うとピンクの小花を繰り返し咲かせ、長期間楽しめる ~担当スタッフのコメント~ 葉色が鮮やかな新しい品種です。 最新の改良種なので花上がりが良く、花茎もコンパクトです。 条件が合うと周年花を上げる四季咲き性があり、花期が長いのも魅力です。 手前:エレクトラ 奥:グレープソーダ お届けする苗について(当店は寒冷地です) 通年、栽培管理を行いながら販売しておりますので、お届けの季節により苗の状態は様々です。おおよそ下記のとおりですのでご参照ください 春~夏 開花前~開花中または花後剪定済 ※ムレ防止の為、花後は短くカットしてあります 秋~冬 紅葉中~落葉の途中 冬~春 低温管理していますので こちら寒冷地では冬~早春はやや落葉し葉は少ないです ↑苗の様子 早春頃 ※季節により姿は大きく変化しますので参考程度にご覧下さい 基本的な管理 日 照 寒冷地 日向(適湿)~半日陰 暖 地 半日陰 耐乾性 やや弱い 向きません 強乾燥により本来の色は出ず 葉が小さくなります 耐湿性 普 通 ある程度耐えますが水分が多すぎると 根腐れの原因になります 剪...

カンパニュラ `アイボリーベルズ'

おぎはら植物園

432

カンパニュラ `アイボリーベルズ'

■ キキョウ科 宿根草(耐寒性多年草) ■ 学 名 : Campanula alliariifolia 'Ivory Bells' ■ 別 名 : カンパニュラ(カンパヌラ) アリアリフォリア(学名) コーニッシュベルフラワーなど ■ 花 期 : 初夏 ■ 草 丈 : 40cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 強 ■ 耐暑性 : 中 ■ 日 照 : 日向~やや半日陰 ■ 原産地 : ヨーロッパ(原種の主な自生地) ■ お届けの規格 10.5cmポット苗 白の小輪を並ぶようにたくさん咲かせる 原種に比べコンパクトで花立ちがよく、花期の姿が揃うのでとてもきれい カンパニュラの中では乾燥に耐え、半日陰から日向まで幅広く植えられる ~担当スタッフのコメント~ カンパニュラの中では性質が丈夫で育てやすいタイプです。広がるように生育して、花立ち良いので一斉に花が立ち上がり、美しい姿になります。きれいに整列した花は順々に咲き進み、観賞期間が長いところも魅力です。 時期により苗の様子は異なりますが、基本的に開花見込みの苗をお届けさせて頂きます。 お届けする苗について(当店は寒冷地です) 通年、栽培管理を行いながら販売しておりますので、お届けの季節により苗の状態は様々です。おおよそ下記のとおりですのでご参照ください 春~夏 芽吹き~開花前~開花中もしくは花後剪定済み 秋~冬 花後剪定済み~紅葉中~落葉の途中 冬~春 低温管理していますので冬は葉が少ないもしくは地上部落葉中 ↑苗の様子 秋頃 ※季節により姿は大きく変化しますので参考程度にご覧下さい 基本的な管理 日 照 寒冷地 日向~明るい日陰 暖 地 昼過ぎから半日陰が理想 耐乾性 普 通 ある程度耐えます 耐湿性 普 通 ある程度耐えます 剪 定...

クレマチス 『篭口(ロウグチ)』 インテグリフォリア系 9cmポット苗

土っ子倶楽部

780

クレマチス 『篭口(ロウグチ)』 インテグリフォリア系 9cmポット苗

「篭口(ろうぐち)」は、インテグリフォリアとレティキュラータの交配種で、濃い青紫色です。四季咲き性が強く花型は釣鐘型です。半つる性で、夏に繰り返し良く咲き花期も長い品種です。鑑賞価値も高く国内外で人気のあるクレマチス。 新枝咲き・強剪定。 ・9cmポット苗でお届けします。高さ;10~15cm・カラーラベル付き。・冬季落葉のため、お届け時には茎のみの場合があります。・お届け株の写真は見本ですので、草姿が異なることがあります。・花の写真はイメージです。気温や栽培環境により色形が写真とは若干異なることがあります。・開花;5~10月(地域によって異なります)・花色;濃い青紫色・草丈;1m~(つる性)・用途;鉢、コンテナ、花壇、庭・キンポウゲ科の耐寒性落葉多年草(宿根草)・全国栽培可 ※お届けする苗に時折、「茎折れ」「茎割れ」がありますが、生育に支障はありません。茎折れや 茎割れによる返品、交換は対応しておりません。ご了承お願い致します。 ※冬でも屋外で育ててください。寒さにあてないと花芽が付きません。 ※3月中旬以降は短く剪定してお届けする場合があります。ご了承お願いいたします。 ▼この商品にピッタリです▼ おすすめの培養土!万能型培養土園芸の土『土一番』 おすすめの植木鉢!のびのび育つ【スリット鉢】18cm(6号)国内外で評価が高いベル型の人気品種!花付きも良く長期間楽しめます!

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,329

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品情報商品名:ヤナギラン(やなぎらん)和名:柳蘭別名:ヤナギソウ学名:Epilobium angustifolium【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 ●商品説明ヤナギランという名前は、葉の形が「柳」に似て、花は「蘭」のようなのでつけられました。「蘭」と付いていますがラン科ではなく、アカバナ科の植物です。ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど生息地は広く、火事跡に群生することからFire weed(火の草)」と呼ばれています。山を切り開いた跡地などにも群生を作ります。「蘭」の名前が入っているだけあって、その花はとても鮮やかで、明るい日差しの中で沢山のヤナギランが咲き誇る様子は、思わずため息が出るほどです。ヤナギランは他の植物が増えると、その勢いに負けて消滅してしまいます。特に背の高い草や木などが生えてくると、太陽が好きなヤナギランは十分な光を受けられず、花を咲かせることが出来なくなります。そのため、秋になると綿毛でたくさんの種を飛ばし、常に新天地を目指します。●草丈40~120cm●科・属名アカバナ科ヤナギラン属●特性多年草●開花時期6~8月●育て方根(ランナー)で育ちます。秋に掘り起こすと鉛筆よりも細い根がびっしりと繁殖し育っています。根には翌年の芽がついており、1芽ごとに切り離し植えておくと翌年また増やすことが出来ます。盛んに増えるので、鉢植えよりも庭植えに向いています。畑で育てると、肩のあたりまで大きくなります。丈夫で育てやすい植物ですが、元々高原の植物なので、高温に弱いです。真夏は涼しい場所に植えましょう。風通しの良い日向が最適です。冬は地上部が枯れて見えなくなりますが、翌春に新しい芽が顔を出します。

山野草:タチツボスミレ (立壺菫) 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

476

山野草:タチツボスミレ (立壺菫) 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【日本自生種】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生していると言われており、代表的な品種がこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレと一般的なスミレとの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は最大で高さ20cm前後になり、高く伸びた後は花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄くてきれいなハート形。葉のつけ根に1輪ずつ直径1~2cmの薄紫色の花を咲かせます。(※芳香はあまりありません。) 東北では桜のお花見の頃、参道でよく見かけることができます。花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿は、心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* ...

山野草:ノアザミ (野薊) 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

571

山野草:ノアザミ (野薊) 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明草原や河川敷に生えるとても丈夫な植物です。アザミ属の植物は種類が多く区別がつきにくいのですが、春に咲くアザミはこの「ノアザミ」だけなので、間違えることはありません。花が咲く頃には茎や葉に棘が出てきて、触ると痛いほど。茎の先に桃紫色の美しい花を咲かせます。「すっとした立ち姿は凛として日本的な趣を感じます。鮮やかな色の花は人の目を引きつけるばかりでなく、多くの昆虫たちも呼び寄せます。「美しい花には棘がある」といいますが、うっかり手を伸ばさないように気をつけて。この棘は、草食動物から身を守るためといわれています。 北東北、特に青森県では新葉を山菜として食します。新葉にはそれほどトゲがありません。食すために、ゆでたり揚げたりするとトゲはなくなります。汁の実やおひたし、ごま和えなど、クセがなく美味しい山菜として愛されています。旬は、雪どけ後。放射状に開いた若葉を根を抜かないようにナイフで切り取って採ります。手袋があると便利です。 ※葉、茎に細かいトゲがありますので、扱う際には厚手の手袋をして下さい。●草丈50cm~1m●科・属名キク科アザミ属●特性多年草●開花時期5~7月●管理場所日向●育て方日向に植え付けましょう。丈夫な植物なので、根付けば手間はかかりません。トゲがあるので、植える場所を選びましょう。また大きくなるので株間にも注意します。花が終わったあとは、来季に向け茎を切り株に栄養分を蓄えさせましょう。

山野草:ツバメオモト (燕万年青) 10.5cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

713

山野草:ツバメオモト (燕万年青) 10.5cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明早春に咲くツバメオモト。艶やかな葉にくるまれ芽吹き出します。芽吹きだし~開花までの様子がとても可愛らしく、人気があるお花です。15~30cmの長楕円形の緑の葉は、肉厚で柔らかな光沢があり、そこから伸びる30cm弱の細い茎の先に、白い小さな花を咲かせます。散状に咲く花は可憐で見るものを癒します。お盆の頃に、瑠璃色の実をつけ、その様子はとても美しいものです。実は、熟すと黒に変わります。和名の由来は、葉が観葉植物のオモトに似ていることと、夏につける実の色をツバメの頭に見立て、この名がつけられたといわれますが、ツバメの意味は他にも諸説があるようです。●草丈20~30cm●科・属名ユリ科ツバメオモト属●特性多年草●開花時期5~7月●育て方林内に自生する植物のため、木漏れ日の当たるような半日陰で育てましょう。直射日光に当てるとすぐに弱ってしまいます。植え付けは落葉樹の下などが良いでしょう。暑さに弱いため、猛暑の地域には向きません。乾燥しないように注意します。植え替えは休眠期中の秋~早春(芽吹かないうち)。この期間に植え付けてあげると根が落ち着き、育ちやすいです。

山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

654

山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報 商品名:リョウメンシダ(りょうめんしだ)和名:両面羊歯別名:ニネングサ、ニネンソウ、アキシラズ、フユシラズ学名:Arachniodes standishii ●商品説明日本各地の山の樹林下の空中湿度の高いところに群生する常緑多年草シダ植物。初夏から葉がしっかり展開し始め、大形の葉を一面に広げ、美しいレース状の葉模様を見せてくれます。面の色合いや光沢のようすが表・裏ともほとんど同じで変わらないことからリョウメンシダ(両面シダ)の名がつけられました。涼しい地域(東北など)では冬葉は落葉し休眠し翌春にまた新葉がでてきます。関東以西の暖かい地域では1年を通して常緑のため、グランドカバーなどに最適です。初夏から葉がしっかり展開し始め、大変美しい葉模様を見せてくれます。●科名・特性オシダ科 カナワラビ属 多年草●管理場所湿り気のある半日陰 ※日向は避けましょう●植え付け適期春か晩秋●育て方半日陰、または日照時間の短い日陰で育ててください。湿り気のある場所を好むため、乾燥しやすい場所は避け、水やりはたっぷりとやりましょう。空中湿度の高い場所生息するため、霧吹きで葉に散水してやるのもよいでしょう。性質は大変丈夫で育てやすい品種です。

山野草:青花アヤメ(文目) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

594

山野草:青花アヤメ(文目) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【切り花向き】商品名:アヤメ(あやめ)和名:菖蒲、文目、綾目学名:Iris sanguinea●商品説明日本各地の乾き気味の草原に自生しています。初夏によく庭先で見かける昔ながらのアヤメです。サキガケアヤメに比べ開花が若干遅く、草丈も低めなのが特徴です。●草丈30~60cm●科・属名アヤメ科アヤメ属●特性多年草●開花時期5~7月●植え付け適期涼しくなった秋か、早春真夏の植え替えは避けましょう。●管理場所日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰)●育て方*庭植えの場合*日当たりの良い場所に植えます。丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。*鉢植えの場合*日当たりの良い場所で管理しましょう。風通しの良い場所を好みます。水はけがよく通気性の良い土が適しています。根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。鉢植えの場合は1株4号鉢以上、プランターの場合は株間は20cm以上あけましょう。*鉢植えの水やり*表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。*肥料*3月と秋に置き肥

山野草:白ヨモギ(白蓬) 9cmポット苗2ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

951

山野草:白ヨモギ(白蓬) 9cmポット苗2ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品詳細学名:Artemisia stelleriana和名:白蓬(シロヨモギ)【宿根草】【強健植物】【海岸に自生】【カラーリーフ】●商品説明主に海岸に自生する白いヨモギです。芽出しの頃はまだ緑が強めの白さですが、夏に近づくにつれ全体的に白くないます。ヨモギよりも葉は厚く全体的に白い細い毛にお覆われています。葉の白さから雪の結晶のようにも見えます。香りはヨモギより控えめです。全体的にこんもりと葉を広げるため、カラーリーフとしてもお使いいただけます。お庭に植えてヨモギだと言ったら皆さん驚かれるでしょうね。雑草のヨモギと違い観賞価値は抜群にありますよ。このヨモギは観賞用とされ、食用という話は聞いたことがありません。スタッフが生の葉をかじってみましたが、葉が厚く細毛があるためか美味しいものではありませんでした。●科・属名キク科ヨモギ属●特性多年草●草丈20cm~60cm●開花時期8~10月●植え付け適期春か秋 いつ植え付けても成長しますが、真夏の植え替えは避けましょう。●管理場所日向~半日陰●育て方海岸の砂場に自生する植物です。植え付ける場所へは砂土を使用するとよく育ちます。当店の山野草培土でも可能です。とても丈夫な植物で暑さ・寒さに強い植物です。

山野草:絞り咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:絞り咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはピンクと白の絞り咲き品種。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山野草:薄黄花ホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:薄黄花ホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはほんのりとした黄花。黄花ですが白に近い淡い色合いです。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山野草:青花アヤメ (文目) 15cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,320

山野草:青花アヤメ (文目) 15cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【切り花向き】商品名:アヤメ(あやめ)和名:菖蒲、文目、綾目学名:Iris sanguinea●商品説明日本各地の乾き気味の草原に自生しています。初夏によく庭先で見かける昔ながらのアヤメです。サキガケアヤメに比べ開花が若干遅く、草丈も低めなのが特徴です。●草丈30~60cm●科・属名アヤメ科アヤメ属●特性多年草●開花時期5~7月●植え付け適期涼しくなった秋か、早春真夏の植え替えは避けましょう。●管理場所日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰)●育て方*庭植えの場合*日当たりの良い場所に植えます。丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。*鉢植えの場合*日当たりの良い場所で管理しましょう。風通しの良い場所を好みます。水はけがよく通気性の良い土が適しています。根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。*鉢植えの水やり*表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。*肥料*3月と秋に置き肥

【紫桜館山の花屋】日本イブキジャコウソウ 9cmポット苗 (10ポットセット)

Amazon

2,911

【紫桜館山の花屋】日本イブキジャコウソウ 9cmポット苗 (10ポットセット)

●商品説明 葉の香りを麝香(ジャコウ)にたとえ、伊吹山に多く自生することから名付けられたイブキジャコウソウ。葉に触れると良い香りがします。日本では北海道から九州まで、比較的涼しい場所を好み、日当たりの良い岩地などに自生します。 初夏から夏にかけてピンクの可憐な花を咲かせます。葉や茎に触れるとはすがすがしく甘い香りがあり、百里先まで香るとの表現から百里香(ヒャクリコウ)とも呼ばれます。また、タイムと種類がごく近いので日本のタイムとも呼ばれ、ハーブの仲間でもあります。細い茎が地表を這うように伸び、雑草防除にもなることからグラウンドカバーとしても栽培されます。●科・属名シソ科イブキジャコウソウ属●特性多年草●開花時期6~8月●管理場所日向●育て方暑さや寒さに強く、とても剛健で、日当たり、水はけ、風通しの良い場所であれば放任で育ちます。低く横に這うように育つため、株と株の間は30センチほど離しましょう。日向が好きな植物のため、お庭の道脇などに植え付けても良いでしょう。冬場は葉が落ち、枯れ茎だけが残ります。この時に、茎を短く切り詰めると来年コンパクトに花をつけます。冬は雪の中で冬越します。

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】※4/12開花中

Amazon

950

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】※4/12開花中

商品名:サンカヨウ(さんかよう)和名:山苛葉学名:Diphylleia grayi花言葉:親愛の情【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】【雨の日が楽しみになるガラス花】最近テレビで紹介されることが多くなり、ジワジワとファンが増えているサンカヨウ。通常は白いお花ですが、朝露や小雨が半日以上降り続いた時に花びらが透けてガラスのように透明になります。神秘的な美しさです。写真はまだ半透明ですがもう少しねばったら透明な写真が撮れたはず・・・。サンカヨウのガラス花の写真をお客様に見て頂きたく、雨上がりの朝や小雨が降り続いた日にカメラを持って走り回ったのですがこれが限界でしたm(__)m北海道から本州中部以北のやや湿り気がある場所に自生しています。茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個咲かせます。花後、ブルーベリーのような濃い青紫色で白い粉を帯びた美しい実をつけます。この実は食用にもなります。食べてみましたが少し酸味のある甘さでした。●科・属名メギ科サンカヨウ属●特性多年草●草丈30~70cm●開花時期4~6月(実は花後約1~2か月後に付きます)●管理場所半日陰 ※西日は嫌います●育て方湿気があり涼しい場所がお気に入りです。西日は嫌うので朝日があたり午後は日陰になるような場所、または木漏れ日が射すような落葉樹の木陰などを選び植え付けをお願いします。鉢植えの場合も同様に、西日が当たらない場所で管理をお願いします。用土は黒土または山野草培土。庭上の場合、庭土が固いようでしたら、耕し鹿沼土を混ぜ込むとなおいいでしょう。寒さには強く、暑さには弱いです。蕗に似た大きな葉を広げるので水切れのないよう気を付けます。庭植えの場合は、植えつけ1週間ほどは朝か夕方にたっぷり水やりをし、それ以降は雨で十分です。夏場雨が降らない日が続く際は水やりをお願...

【紫桜館山の花屋】ムラサキツユクサ 紫花9cmポット苗 (2ポットセット)

Amazon

950

【紫桜館山の花屋】ムラサキツユクサ 紫花9cmポット苗 (2ポットセット)

●商品情報商品名:ムラサキツユクサ 紫花(むらさきつゆくさ)和名:紫露草学名:Tradescantia ohiensis花言葉:快活、ひとときの幸せ【宿根草】【学校の実験材料】●商品説明 北アメリカ原産の園芸種で、全国各地で見られます。見かけは花の大きいツユクサのようですが、道端で見るツユクサとは全く別のものです。草丈は50cmほどで、6月の梅雨時にたくさんのつぼみをつけ、一斉に花を咲かせます。花色は紫花、白花、桃花があります。ずっと長く咲いている印象がありますが、朝咲いて、午後にはしぼんでしまう一日花です。曇った梅雨空下でも次々と花を咲かせ、特に雨上がりや朝露に濡れた姿は可憐でとても綺麗です。花は一日でしぼんでしまいますが、次々咲くので長く楽しめます。このムラサキツユクサの放射能感知能力は国内外でも認められており、各地の原子力発電所に安全確認のため植えてあるそうです。また、理科の実験にもよく利用されます。お急ぎのお客様はご注文時にお知らせください。出来るだけご希望に添えるよう発送いたします。●草丈30~70cm●科・属名ツユクサ科トラデスカンティア属●特性多年草●開花時期6月●育て方性質は大変丈夫で、半日陰や湿った場所でもよく育ちます。日当たりのよい場所の方が花つきがよくなります。増えやすい植物で、庭植えをお勧めします。日向か半日陰の風通しの良い場所で管理します。草丈が大きくなるので、他の小さめの植物との寄せ植えも魅力的です。春には株分けができます。

山菜苗:コシアブラ (漉油) 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

4,482

山菜苗:コシアブラ (漉油) 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品説明近年、山菜として注目を浴び始めたコシアブラ。タラノキと同じウコギ科の植物で、春先に出てくる若葉を食用にします。主な食べ方は天ぷら、おひたし、和え物など。味はタラノメよりまろやかで、天ぷらにするととても美味です。タラノキと違うのは、高さ10メートルから20メートルと、とても大きく育つこと。枝分かれをあまりせず、すっと天に向かって伸びていくその姿は、独特の雰囲気をかもし出しています。タラノキと違って棘が無いので、庭や畑に植えてもトゲによる怪我をする心配もありません。●科・属名ウコギ科ウコギ属●特性落葉高木●開花時期7~8月●収穫適期4~5月●育て方庭植えの場合は、日当たりおよび水はけが良い場所を選びましょう。根付くまではたっぷり水を与え、根付いてからは適度に雨を浴びていれば充分です。植え付け後2年~3年は、充分に肥料を与えてください。堆肥で良いでしょう。春か秋に苗の周りにまきます。 ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。植え付け直後は、まめに水やりをしてあげて下さい。

山野草:桃花二重咲きホタルブクロ 紅衣 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

594

山野草:桃花二重咲きホタルブクロ 紅衣 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。濃い桃花の二重咲き品種です。草丈も30cm前後と低め。風に揺れても倒れにくく、お庭を綺麗に飾ってくれます。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈20~40cm●特性多年草●開花時期5~6月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,911

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

山野草:晩秋ワレモコウ 10.5cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

476

山野草:晩秋ワレモコウ 10.5cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】通常の赤穂のワレモコウですが、開花が晩秋からと遅めのタイプです。北東北の場合、雪が降り始める11月下旬ころまで咲いています。冬場は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。●草丈50cm~1m●科・属名バラ科ワレモコウ属●特性多年草●開花時期10~11月●植え付け適期春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。●管理場所水はけの良い日向●育て方日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。

山菜苗:ネマガリタケ(根曲がり竹)[姫竹] 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

4,482

山菜苗:ネマガリタケ(根曲がり竹)[姫竹] 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

栽培をご検討中のお客様へネマガリタケは、冬の間の積雪に押し潰されるため、竹の芽だし部分が曲がった状態で地面から出てくるため、この名で呼ばれます。そのため、積雪がない地方での栽培には不向きな植物です。冬の積雪と寒さ、そして湿度が十分にないと食べられるまでに成長することができませんのでご注意願います。必ず地植えにし、風通しの悪い湿度がある場所で栽培をお願いいたします。鉢やプランター栽培には不向きです。●商品情報商品名:ネマガリタケ(根曲がり竹)別名:ヒメタケ(姫竹)、チシマザサ(千島笹)、コウライザサ(高麗笹)、アサヒザサ●商品説明ネマガリタケとは、冬に積もった雪に押しつぶされ、曲がって生えてくることから名づけられました。そのため積雪のない地方で栽培すると、曲がらずに生えてきます。歯ごたえ、香り共に人気のある山菜です。アクが少ないため、色々な料理に向きます。●科名・特性イネ科 多年草 ●収獲時期5~6月頃(岩手県山間部の場合)●管理場所風通しの悪い日陰~半日陰●育て方必ず地植えで栽培をお願いします。黒土の日陰~半日陰の場所に植え付けます。涼しければ涼しいほど良いでしょう。風通しは悪いほうが良いです。密集して自生している植物のため、湿度を必要とします。寒冷地に自生する植物なので、冬越しも植え付けたままで大丈夫です。秋に植え付けられる場合は、積雪が始まる1か月前までに植え付けを完了するといいでしょう。繁殖力も旺盛です。

山野草:マツモトセンノウ(松本仙翁) 12cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

594

山野草:マツモトセンノウ(松本仙翁) 12cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明九州阿蘇の草原にのみ自生する多年草。夏に鮮やかな朱色の美しい花を咲かせます。茎は赤茶で花が朱色のコントラストが他に類を見ない色合いになっています。山野草の中でも朱色は珍しく、センノウ属によくみられますが、マツモトセンノウほどはっきりとした朱色が出る種類はありません。花びらはナデシコ科特有の深い切れ込みがみられます。マツモトセンノウは、花が美しいため江戸時代から庭園に植えられてきた名花です。切花や茶花に最適です。名前の由来は、花の形が松本幸四郎の紋所「四つ花菱」に似ていることから、中国や朝鮮半島より渡来し在来種を広めたのが信濃松本、また、センノウ(仙翁)は、京都・嵯峨の仙翁寺で最初に見られたから、など諸説あります。●草丈30~90cm●科・属名ナデシコ科センノウ属●特性多年草●開花時期6~8月●管理場所半日陰●育て方*庭植えの場合*半日陰で風通しの良い場所を選び植え付けましょう。落葉樹の下などが理想です。*鉢植えの場合*半日陰で風通しの良い場所で管理しましょう。花に水がかかると痛むので注意が必要です。風が強いと成長期間中は折れてしまう場合があります。その時は移動させましょう。*鉢植えの水やり*水表土が乾いたらたっぷりとあたえましょう。水が好きです。

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 12cmポット2芽株苗【紫桜館山の花屋】※4/11開花中

Amazon

1,426

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 12cmポット2芽株苗【紫桜館山の花屋】※4/11開花中

商品名:サンカヨウ(さんかよう)和名:山苛葉学名:Diphylleia grayi花言葉:親愛の情【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】【雨の日が楽しみになるガラス花】最近テレビで紹介されることが多くなり、ジワジワとファンが増えているサンカヨウ。通常は白いお花ですが、朝露や小雨が半日以上降り続いた時に花びらが透けてガラスのように透明になります。神秘的な美しさです。写真はまだ半透明ですがもう少しねばったら透明な写真が撮れたはず・・・。サンカヨウのガラス花の写真をお客様に見て頂きたく、雨上がりの朝や小雨が降り続いた日にカメラを持って走り回ったのですがこれが限界でしたm(__)m北海道から本州中部以北のやや湿り気がある場所に自生しています。茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個咲かせます。花後、ブルーベリーのような濃い青紫色で白い粉を帯びた美しい実をつけます。この実は食用にもなります。食べてみましたが少し酸味のある甘さでした。●科・属名メギ科サンカヨウ属●特性多年草●草丈30~70cm●開花時期4~6月(実は花後約1~2か月後に付きます)●管理場所半日陰 ※西日は嫌います●育て方湿気があり涼しい場所がお気に入りです。西日は嫌うので朝日があたり午後は日陰になるような場所、または木漏れ日が射すような落葉樹の木陰などを選び植え付けをお願いします。鉢植えの場合も同様に、西日が当たらない場所で管理をお願いします。用土は黒土または山野草培土。庭上の場合、庭土が固いようでしたら、耕し鹿沼土を混ぜ込むとなおいいでしょう。寒さには強く、暑さには弱いです。蕗に似た大きな葉を広げるので水切れのないよう気を付けます。庭植えの場合は、植えつけ1週間ほどは朝か夕方にたっぷり水やりをし、それ以降は雨で十分です。夏場雨が降らない日が続く際は水やりをお願...

果樹苗:モミジイチゴ 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

713

果樹苗:モミジイチゴ 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

【栽培担当スタッフからのお知らせ】当店で販売しているのは岩手県自生のモミジイチゴを増殖した苗になります。主に東日本に自生する品種です。良く似た品種に「ナガバモミジイチゴ」があります。ナガバモミジイチゴは近畿以西(九州など)に自生する品種で、当店で販売しているモミジイチゴとは異なる品種になります。●商品情報 【樹木】【果樹苗】和名:紅葉苺別名:キイチゴ学名:Rubus palmatus var. coptophyllus●商品説明山へ行かなければ食べられない野イチゴ。この実を食べれるならどんな道でも歩く価値があるほどに美味しい。持ち帰ろうとすると柔らかいのですぐに崩れてしまいます。だからこそ、採りたてを頬張れることに幸せを感じます。※茎にトゲがありますので、厚手の手袋をして扱って下さい。●科・属名バラ科キイチゴ属●特性落葉低木●開花時期4~5月●植え付け適期春の桜の時期か、秋の紅葉の時期●育て方庭植えをオススメします。ただし、トゲがあるので普段歩く場所の近辺は避けましょう。真夏を除く、早春から秋までの間に植えることができます。風通しの良い明るい半日陰で、肥沃な場所を選びましょう。腐葉土を用い、湿気を保つと良いでしょう。黒土の崖のような場所にはえています。

湿地性植物:ミズバショウ(水芭蕉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

749

湿地性植物:ミズバショウ(水芭蕉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品規格:10.5cmポット今季花芽無し苗定植後1年後(2018年度)の開花見込株です●商品説明花後に芭蕉に似た葉を出すことからこの名前がつきました。春に雪解け水の中に咲いている群生は見事。場所を選べば、栽培は容易な植物です。春に花を咲かせた後は急激に葉が大きく広がります。このことを考慮したうえで植える場所(管理場所)を選ぶことをお勧めします。【担当スタッフからアドバイス】寒冷地でしか育たないと思われがちですが、九州阿蘇山麓や岡山県などでも根付き花を咲かせていると購入いただいたお客様より報告を受けております。植え付けは早春3月頃~ゴールデンウィークあたりまでが適期です。こちらの苗は種から栽培しているため、開花まで年月はかかりますが根がしっかり回っていておすすめです。●科名・特性サトイモ科ミズバショウ属 湿地性多年草●開花時期4~5月●育て方庭植え(土植え)をお勧めします。明るい半日陰の湿った場所に植えます。湿気のある川辺、湧水の上、池のほとりなどが理想です。なるべく涼しい場所を選びましょう。水芭蕉は、苗が自分で土の中にもぐったり出てきたりします。

湿地性植物:斑入りミズバショウ(斑入り水芭蕉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,426

湿地性植物:斑入りミズバショウ(斑入り水芭蕉) 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品規格:10.5cmポット今季花芽無し苗定植後1年後の開花見込株です●商品説明花後に芭蕉に似た葉を出すことからこの名前がつきました。春に雪解け水の中に咲いている群生は見事。さらに、春から秋まで葉に模様が入るため長く楽しめるのも魅力です。場所を選べば、栽培は容易な植物です。春に花を咲かせた後は急激に葉が大きく広がります。このことを考慮したうえで植える場所(管理場所)を選ぶことをお勧めします。【担当スタッフからアドバイス】寒冷地でしか育たないと思われがちですが、九州阿蘇山麓や岡山県などでも根付き花を咲かせていると購入いただいたお客様より報告を受けております。植え付けは早春3月頃~ゴールデンウィークあたりまでが適期です。こちらの苗は種から栽培しているため、開花まで年月はかかりますが根がしっかり回っていておすすめです。●科名・特性サトイモ科ミズバショウ属 湿地性多年草●開花時期4~5月●育て方庭植え(土植え)をお勧めします。明るい半日陰の湿った場所に植えます。湿気のある川辺、湧水の上、池のほとりなどが理想です。なるべく涼しい場所を選びましょう。水芭蕉は、苗が自分で土の中にもぐったり出てきたりします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク