メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「花姫ライラック」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

観葉植物/ガジュマル7号鉢植え(根上がり)

園芸ネット プラス

5,151

観葉植物/ガジュマル7号鉢植え(根上がり)

根元がユニークなガジュマルは、ベンジャミンの仲間ですが葉っぱに光沢があるのが特徴です。ベンジャミンより強健で、明るい場所を好みます。沖縄ではガジュマルの古い巨木にはキジムナーという名の精霊が住むという言い伝えがあります。キジムナーは体長1m位で真っ赤な髪の毛のいたずら好きですが、家に住み着くとその家が栄え多くの幸福をもたらすとも言い伝えられています。タイプ:クワ科の常緑性高木原産地:東南アジアから沖縄、インド日照:半日陰耐寒温度:5℃以上栽培方法:耐陰性はありますが、きれいな葉をつけるには、明るい場所での管理をおすすめ致します。5〜10月は生育期のため土が乾いたら水をたっぷり与えます。また、この期間は2ヶ月に1度観葉植物用の置き肥を根元に施してください。やや湿度を好む植物ですが、冬は室内で管理し、水遣りも控えめにしてください。7号(直径21cm)鉢植え、全体の高さは鉢から上が約30cm、葉張り約25cmです。写真はイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・メッセージカードの添付・代金引換決済■寒さに弱いため、冬季は寒冷地へのお届けができない商品です。■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 ガジュマル7号鉢植え(根上がり)の栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付き

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11.5cm、セメント製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰〜日陰水やり乾いたら植え替え頻度2〜3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2〜3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付きの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付き

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11.5cm、セメント製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰〜日陰水やり乾いたら植え替え頻度2〜3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2〜3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付きの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/緑の楽園:ガジュマル曲がり7号鉢植え(受け皿付き)

園芸ネット プラス

6,480

観葉植物/緑の楽園:ガジュマル曲がり7号鉢植え(受け皿付き)

生き生きとした葉と力強い枝が魅力的な、ガジュマルの曲がり仕立て鉢植え。ベンジャミンの仲間ですが葉っぱに光沢があるのが特徴です。太くしっかりした根と濃緑色の葉は生命力あふれる印象で、人気の観葉植物です。ベンジャミンより強健で、明るい場所を好みます。沖縄ではガジュマルの古い巨木にはキジムナーという名の精霊が住むという言い伝えがあります。キジムナーは体長1m位で真っ赤な髪の毛のいたずら好きですが、家に住みつくとその家が栄え多くの幸福をもたらすとも言い伝えられています。ギフトにもおすすめです。7号(直径21cm)プラ鉢植えです。サイズ(約):鉢底からの全体の高さ75cm、樹高55cm、枝張り30cm個体差がありますので、樹高等は多少変動することがあります。※写真はイメージです。学名:Ficus microcarpaタイプ:クワ科フィカス属の常緑性高木原産地:東南アジアから沖縄、インド日照:半日陰耐寒温度:5℃以上栽培方法:耐陰性はありますが、きれいな葉をつけるには、明るい場所での管理をおすすめ致します。5〜10月は生育期のため土が乾いたら水をたっぷり与えます。また、この期間は2ヶ月に1度観葉植物用の置き肥を根元に施してください。やや湿度を好む植物ですが、冬は室内で管理し、水遣りも控えめにしてください。ギフト対応について緑の楽園:ガジュマル曲がり7号鉢植え(受け皿付き)の栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径9.5cm、高さ11cm、陶器製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰〜日陰水やり乾いたら植え替え頻度2〜3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2〜3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)の栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/(難あり)フィカス:ウンベラータ5号スリット鉢植え

園芸ネット プラス

2,203

観葉植物/(難あり)フィカス:ウンベラータ5号スリット鉢植え

インテリア雑誌掲載率No.1!ウンベラータは熱帯アフリカ原産の常緑高木で、大きなハート型の葉が美しい観葉植物です。葉は長さ30cm、幅20cmにもなり、大型の観葉植物として大人気です。インドゴムの木と同様に管理してください。★葉の縁に多少傷みがありますので、あらかじめご了承ください。★学名:Ficus umbellata タイプ:クワ科フィカス属の非耐寒性常緑中高木越冬温度:5〜10度管理方法:水はけのよい土に植えてください。本来は日光を好む樹木ですが、耐陰性も強く、年間を通して明るい室内で楽しむことができます。 春から秋は戸外でも管理できますが、強い日光にあたると葉焼けを起こすことがありますので、半日陰となる場所で管理してください冬季は室内で管理しますが、あまり暗い場所だと日光不足になるので、なるべく南向きの窓辺など明るい場所で管理します。 サイズ(約):樹高50〜60cm、葉張り40cm、鉢底からの全体の高さ65〜75cm(サイズは多少前後することがあります)スリット鉢入りです。お手持ちの鉢カバーなどに入れて管理してください。(難あり)フィカス:ウンベラータ5号スリット鉢植えの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/アガベ(リュウゼツラン):ベネズエラ5号鉢植え

園芸ネット プラス

1,908

観葉植物/アガベ(リュウゼツラン):ベネズエラ5号鉢植え

アガベはリュウゼツランと同じアガベ属の多年草で、品種は数百種あり、一部は繊維やテキーラの材料として利用されています。耐寒性の高い品種が多く、欧米や日本で観葉植物として利用されています。形の面白さから最近特に人気がでてきました。数年〜十数年に一度、高さ3mくらいの花茎を伸ばし、すずらんに似た形の花を多数咲かせますが、花の咲いた株は花後枯れ死します。ベネズエラは葉が肉厚でブルーグレーの色合いです。葉をロゼット状に展開し独特のフォルムが魅力的です。この商品は埼玉県の農場で自家増殖して育てているもの。株により葉にトゲがあるもの、ないもの、葉の縁にうっすらと覆輪が入るものなど個体差がありますが、見計らいでのお届けとなりますので、ご了承ください。学名:Agave タイプ:リュウゼツラン科リュウゼツラン属の耐寒性常緑多年草草丈(成長時):1m日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所を好みます。強健で土質を選ばずどんな場所でも繁茂しますが、もともと乾燥地に自生する品種なので、排水のよい場所に植えてください。鉢植えの場合はピートモスや砂などを混ぜた水はけのよい土を使用してください。関東以北や寒冷地では冬季霜よけ・雪除けをしてください。葉に鋭いとげがあり、また大きく育ちますので、植え場所は十分なスペースのある場所を選んでください。大きい株の根元に子株ができますので、5〜6月に株分けして殖やしてください。5号(直径約15cm)鉢植え、高さ約40cm(鉢下より55cm)、葉張り約25cmでのお届けです。お届け時期により高さは前後することがございます。 ※写真はイメージです。アガベ(リュウゼツラン):ベネズエラ5号鉢植えの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/(花無し株)アデニウム・オベスム 砂漠のバラ5号鉢植え

園芸ネット プラス

2,289

観葉植物/(花無し株)アデニウム・オベスム 砂漠のバラ5号鉢植え

★2017年6月現在、花・蕾はついていません★アデニウムは南アフリカ、カラハリ砂漠近辺の一部の地域に自生する低木の仲間。乾燥に強い多肉植物です。木の基部が膨らんで個性的な樹形となり、観葉植物(塊根植物・コーデックス)として人気です。また、厳しい環境の中で花を咲かせることから、デザートローズ(砂漠のバラ)と呼ばれ、世界の名花のひとつに数えられます。日本の気候に適応しにくくなかなか開花しないため、幻の名花といわれていました。この品種は四国にて長年にわたり品種改良を繰り返し、日本の風土にあうように改良された優れた品種で、大輪で花色が濃くやさしく、気品に満ちた花を咲かせます。一輪の花は約1週間咲きます。温度があれば周年花をつける四季咲き性で、花持ち抜群です。学名:Adenium obesumタイプ:キョウチクトウ科アデニウム属の半耐寒性低木多肉植物原産地:東アフリカ草丈:100〜150cm開花期:3〜5月(20度以上保てば周年開花)花径:4〜6cm用途:鉢植え日照:日なた栽培方法:水はけのよい用土で鉢植えにして、風が当たらず直射日光があたる場所に置きます。水やりは少なめにしますが、7月〜9月の成長期は4〜5日に1度たっぷり与えて下さい。冬は室内の暖かい場所にとりこみ、水を切ることで5度ほどで冬越をします。成長期の7〜9月に2ヶ月に1回程度、緩効性肥料を与えてください。成長期以外の時期には肥料を与えないでください。5号(直径15cm)鉢植えです。鉢の形状は写真と異なる場合があります。(花無し株)アデニウム・オベスム 砂漠のバラ5号鉢植えの栽培ガイド観葉植物の管理方法

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク