メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「紫万年青」検索結果。

紫万年青の商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

観葉植物/[縁起物・新居祝いやギフトに!]万年青 (おもと):福の光 陶器鉢植え(皿付)/ステララウンド白S

園芸ネット プラス

5,193

観葉植物/[縁起物・新居祝いやギフトに!]万年青 (おもと):福の光 陶器鉢植え(皿付)/ステララウンド白S

そのまま飾れる植え込みタイプ。ギフトにもオススメです。福の光は、黄金色の曙が中心から昇り、福々しい姿の縁起物。実はほぼ付かないタイプで、地植えも可能です。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11cm、陶器製、底穴あり・受け皿付※素材がアンティークテラコッタのため、欠け・くぼみがある作りになっています。貫入部分より陶土に含まれている塩分が噴き出す場合がありますが、その都度ふき取って頂ければ商品自体に問題はございませんので、予めご了承ください。※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰~日陰水やり乾いたら植え替え頻度2~3年に一回植え替え適期春か秋肥料油粕もしくは化成肥料・遅効性のものを春と秋に少し病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き日照半日陰向き 管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします...

観葉植物/[縁起物・新居祝いやギフトに!]万年青 (おもと):剣舞陶器鉢植え(皿付)/ロゼッタボウル黒SS

園芸ネット プラス

4,240

観葉植物/[縁起物・新居祝いやギフトに!]万年青 (おもと):剣舞陶器鉢植え(皿付)/ロゼッタボウル黒SS

そのまま飾れる植え込みタイプ。剣舞は、剣の様な鋭い葉(剣葉けんば)を出すのが特徴的で、子上げがよくおもとの中で特に丈夫な品種です。実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ8cm、陶器製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰~日陰水やり乾いたら植え替え頻度2~3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き日照半日陰向き 管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2~3年に1回です。ギフト対応について[縁起物・新居祝いやギフトに!]万年青 (おもと):剣舞陶器鉢植え(皿付)...

観葉植物/万年青 (おもと):剣舞 白丸型陶器鉢Sサイズ植え・角受け皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):剣舞 白丸型陶器鉢Sサイズ植え・角受け皿付き

剣舞は、剣の様な鋭い葉(剣葉けんば)を出すのが特徴的で、子上げがよくおもとの中で特に丈夫な品種です。実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。お届けするのは直径11cm、高さ9cmの陶器鉢植え、受け皿(10cm角)付きです。鉢の色はオフホワイトです。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。タイプ:キジカクシ科オモト属冬の状態:常緑開花期:夏頃管理場所:半日陰~日陰水やり:乾いたら植え替え頻度:2~3年に一回植え替え適期:春か秋肥料:遅効性のものを春と秋に病害虫:春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント:比較的寒さに強く作りやすい用途:鉢植え・単品植え向き日照:半日陰向き 管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2~3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):剣舞 白丸型陶器鉢Sサイズ植え...

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径9.5cm、高さ11cm、陶器製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰~日陰水やり乾いたら植え替え頻度2~3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2~3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)の栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付き

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11.5cm、セメント製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰~日陰水やり乾いたら植え替え頻度2~3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2~3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付きの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付き

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11.5cm、セメント製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰~日陰水やり乾いたら植え替え頻度2~3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2~3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付きの栽培ガイド観葉植物の管理方法

[ギフトに]ユッカ エレファンティペス 8号鉢植え(青年の木) ノーブランド品

Amazon

6,010

[ギフトに]ユッカ エレファンティペス 8号鉢植え(青年の木) ノーブランド品

ユッカエレファンティペスはメキシコ南東部原産。生命力が強く、次々と新芽を出す元気な品種で、青年の木とも呼ばれます。太い幹から葉が芽吹く力強い樹姿はインテリア・グリーンとしてとても人気があります。比較的寒さにも強く、葉が広がらないので場所をとりません。丈夫で育てやすい品種です。越冬は3度以上を保ってください。タイプ:リュウゼツラン科ユッカ属日照:半日陰~日向管理方法:耐陰性がありますが、本来は光線を好む木です。春から秋は戸外や日光の当たる窓際などできるだけ明るい場所に置いてください。水やりは、春から秋の生育期は、土の表面が乾いたらたっぷりと与え、寒い時期は土の表面が乾いてから4~5日待って給水します。乾燥には強いので過湿にならないよう注意しましょう。肥料は春~夏の成長期に施します。月に一回ほど少量の置き肥をすれば十分です。寒さに強く、関東以西の暖地では直接霜に当てなければ戸外でも越冬します。植え替えは2~3年に一度植え替えます。鉢底から根が出てきたら植え替えのサインです。観葉植物用の土などを使い、植え替えてください。8号(直径24cm)プラ鉢植え、樹高約90cmです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク