メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「種のサカタ」検索結果。

種のサカタの商品検索結果全1,501件中1~60件目

サカタ交配 りんか409   サカタのタネの大玉トマト品種です。

GREEN DEPOT

21,300

サカタ交配 りんか409 サカタのタネの大玉トマト品種です。

「りんか409トマト」は、低段から品質が安定する味の良い高品質な大玉トマトです。 りんか409は、従来のトマトよりも低い段から糖度がのりやすく、全体的に収量性が高いトマト品種です。 スタミナがあり、着果性が良いトです。 味は、甘くてトロッした食感のトマトです。 粘質の肉質のトマトです。 糖度は安定的に高くコクもあります。 寒い時期はより甘みが増すようです。 色上がりも良く、肉質もしっかりしていますので市場での評価も高いトマトです。 りんか409は、果肉の固さ、食味、店もち、色上がり、収量とバランスの良い品種です。 プロのトマト農家に超おすすめの大玉トマトです。 「りんか409トマト」味と品質で勝負できる大玉トマトを出荷したいプロの農家におすすめ品種です。 りんか409トマトは、葉カビ病、斑点病、萎凋病、半身萎凋病に抵抗性です。 ネマトーダに耐虫性です。 りんか409トマト栽培ポイント ○高温期で赤熟状態で水分を吸収していくと皮が割れることがあります。 王様トマトではありませんので、完熟前に収穫した方がよいでしょう。 ○草勢が良いトマトなので、追肥などで樹勢を維持してください。 りんか409の栽培時期(サカタのタネのカタログより) 一般地では、抑制栽培(5月末~7月末に種まき)、半促成栽培(10月10日頃~11月上旬に種まき)に向いています。 暖地では、抑制栽培(6月中旬~7月中旬に種まき)に向いています。 高冷地では、夏秋栽培(2月中旬~4月上旬に種まき)に向いています。

ニンジン ベーターリッチ ペレット1万粒 【人参種子】【サカタのタネ】

吉谷農芸 楽天市場店

4,679

ニンジン ベーターリッチ ペレット1万粒 【人参種子】【サカタのタネ】

☆内容量:ペレット1万粒☆ 特徴 1. 晩抽性で耐暑性、耐寒性、低温肥大性および低温着色性にすぐれ、周年栽培可能な中生種です。 2. 根形は、なで肩長めの円筒形で調理しやすいです。肉質かたく、根色、芯色ともに濃鮮紅色で、青果および加工用として広く利用できます。 3. 吸い込み性にすぐれ、青首はほとんどありません。皮目は小さく、肌はなめらかです。そろい極良で秀品率が高いです。 4. しみ腐病、斑点細菌病に耐病性です。 5. 小葉で草丈低く極立性で、株間約5cmの密植少肥栽培用品種です。 6. カロテン含量が多く、糖度が高く甘みがあり、ニンジン臭が少ないです。加熱調理のほか、ジュースや生食など用途幅が広いです。 ※ペレット種子はタネまき後にたっぷりと散水すると発芽が良好となります。 ご注文前にご確認下さい 注)メーカー在庫品になります! ご注文後にメーカーへ在庫確認・発注をいたします。 その為、納品までにお時間がかかる場合や商品品切れとなる場合がございます。品切れの場合は残念ながらキャンセルとなりますので、予めご了承願います。 注)宅急便での配送になります。4種郵便(ポスト投函)はご利用いただけませんので予めご了承願います。注)まき時期をご確認の上、ご注文をお願い致します。幸せの鳥コウノトリが住む町 兵庫県豊岡市からお届けします! (;^ω^) 作りやすく食味最高級 吉谷のタネ!

【種子】アスパラガス・ウェルカムサカタのタネ

Ivy

6,318

【種子】アスパラガス・ウェルカムサカタのタネ

コメント: 早生、多収の交配種。 草勢強く生育のそろいが特によく作りやすい。 若茎は頭部のしまりよく形がまとまり、緑色が濃く鮮やかである。茎は太くて、太細のばらつきが少ない上物率が高い。 根から入るフザリウム菌やさび病などに強い。 冷涼地の露地栽培はもちろん、一般地、暖地の雨よけハウス栽培や早期出荷をねらう伏せこみ栽培でとくに能力を発揮する。 学名、科名: Asparagus L クサスギカズラ科クサスギカズラ属 英名: Asparagus 種類: 多年草 別名: 和名: 阿蘭陀(和蘭)雉隠(オランダキジカクシ)、阿蘭陀(和蘭)独活(オランダウド)、松葉独活(マツバウド) 味わい方: ゆでる、油炒め など 播種時期: 1月下旬~3月上旬 収穫時期: 3月下旬~10月下旬 発芽適温: 約25℃以上 発芽日数: 約21~35日 播種深さ: 約3cm 採種国: アメリカ 容量: 約20ml 発芽率: 約75%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 撒き方: ポット育苗では良質床土を使い、初期生育を高める。 発芽には25℃程度の温度で15日程度かかる。 育て方: 圃場は初期生育と長期にわたり株の活動力を保つため、十分な堆肥の施用と深耕が特に大切である。 冬季は茎葉が枯れるので刈り取って下さい。 全部食べると株が弱るので、5~6本茎を残して株を養成してください。 備考 ・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ・種子は本質上100%の純度は望めません。 ・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。商品の生長後や収穫物に対する補償はいたしかねます。 ・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク