メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「秋の球根」検索結果。

秋の球根の商品検索結果全295件中1~60件目

サフラン球根 30球セット

Amazon

2,766

サフラン球根 30球セット

夏に植えて、秋に花を咲かせる、秋咲き球根です。植えてすぐに花を楽しめるので、冬が終わるのを待たなくてもよい、魅力的な花です。 サフランは気温が下がれば机の上などに置いておくだけで開化します。プランターにまとめて植えたり、ロックガーデンにおススメです 【植える】 日当たりと水はけのよい場所にうえつけます。 5~10cmの間隔で、深さは5cm前後にします。 18cm鉢に5球程度が適当です。 【育てる】 高温乾燥化の夏場は、休眠しており、気温が下がり 涼しくなるころに芽が伸び始め、開花します。 暗いところでも開花しますが、光の当たる場所で 栽培すると、美しい鮮明な色になります。 【楽しむ】 卓上などに置いておくと、球根の力だけで、花を咲かせます。 花が終わってから、花壇や畑にうえると、翌年は開花するような大きな球根になりませんが、2~3年養成すると大きな球根になり、開花します。(観賞用・球根は食用禁止) おススメ 地中海料理のブイヤベースやパエリアに欠かせないサフラン。古くから薬用の香辛料として重宝されてきました。是非この秋は、球根栽培とともにパエリアなどのお料理にもチャレンジしてみませんか ・花が開いているうちに赤い雌しべを摘み取ります。 ・めしべは5~6本もあればOK。ホイルに包み、フライパンに入れ、弱火で2分程度火を通します。 ・パリッとしてから細かくもみ砕いて、魚介のスープに入れれば食欲をそそる芳香が加わります サフランがあれば、冬場の定番魚介鍋も洋風ブイヤべースに。

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

秋咲き原種アマリリス カリプトゥラタム球根 1球

原産地の中米では樹木などに着生して育ち、蝶や鳥を誘う蜜を出します。秋咲き、芳香性です。種から育てました。変異種が咲く事もあり、楽しめます。 学名 Hippeastrum calyptratum 原産地 中南米 花期 10〜11月(秋咲き) 草丈 60〜80cm 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 有名な秋咲きのグリーンアマリリスです。春植え種とは違い、秋から翌年6月ごろまでが生育期になります。 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の8月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・5〜6月頃から断水し、株を休眠させます。8月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い、なるべく高温多湿の場所で管理します。盛夏は午前中以降半日陰で管理します。 ...

オリジナル品種! 秋咲きアマリリス‘フォールスター’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

オリジナル品種! 秋咲きアマリリス‘フォールスター’球根 1球

秋の夜空に浮かぶ星のような花形です。煉瓦色の筋模様に、味わい深いグリーンが魅力的! 学名 Hippeastrum cv.‘Fall Star’ 原産地 中南米 花期 8〜10月(晩夏〜秋咲き) 花の直径 10〜15cm 1茎に付く輪数 2〜4輪 花弁の形状 細弁 草丈 60cm以上 耐寒性 中(5℃程度) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など Hippeastrum aulicum と Hippeastrum calyptrataの交配種で、性質は大変強靭です。切花でも大人気の品種です! 管理 ★アマリリスは熱帯の植物です。寒い時期に水をあげると球根が腐敗するので注意が必要です。 このポイントさえ押さえれば、病虫害にも強く、誰でも簡単に栽培できます!★ ●植え付け・植え替え ・大輪は6号鉢に1球、中輪〜小輪は4〜5号鉢に1球植え付けます。 ・元肥の緩効性化成肥料を施した、水はけの良い用土 (赤玉土2:腐葉土1:バーミキュライト1など)を鉢に入れ、球根の肩が出るくらいに浅く植えます。・鉢植えの場合、数年後根詰まりしたら、花後に植え替えて肥培すれば毎年楽しめます。 ●水やり ・表土を触ってカラカラに乾いたら水を与えます。葉には時折シャワーのように水をかけます。 ・生育期の8月から翌年の5〜6月頃まで、水を切らさないように管理します。初夏咲き種と違い、冬期も水やりを続けてください。 ・5〜6月頃から断水し、株を休眠させます。8月頃、新葉や蕾が出てきたら水やりを再開します。 ●開花後の管理 ・冬期も生長を続けるため、無加温のハウスや室内など、土が凍らない場所(5℃以上が目安)で管理します。 ・開花後は、種子を採る場合以外は速やかに株元から花茎を切り落とし、球根を充実させます。 ・風通しの良い...

オリジナル品種!リコリス ‘連雁’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス ‘連雁’ 球根 1球

とてもクリアなゴールデンイエローの花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は−5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.‘Renngan’ 原産地 日本・中国など 花期 9〜10月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。...

オリジナル品種!リコリス ‘大麓’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,500

オリジナル品種!リコリス ‘大麓’ 球根 1球

ゴールドオレンジの大ぶりな花姿、花の直径は20cmほどあり、見応え十分です。性質は半耐寒性で、当園では無加温のハウスで栽培しています。冬場の最低気温は−5℃ほどまで下がります。また、葉は秋に出現します。 学名 Lycoris cv.‘Dairoku’ 原産地 日本・中国など 花期 9〜10月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

オリジナル品種!リコリス ‘満月’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス ‘満月’ 球根 1球

幅の広い花弁、大輪系で見事に咲き誇ります。花色はクリアなレモンイエローから、咲き進むとアイボリーホワイトへ変化します。 学名 Lycoris cv.‘Mangetsu’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

オリジナル品種!リコリス ‘ミッドサマー クリーム’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

オリジナル品種!リコリス ‘ミッドサマー クリーム’球根 1球

爽やかな花色、軽やかな花姿です。花は8月初旬から咲き始めます。 学名 Lycoris cv.‘Midsummer Cream’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

【6か月枯れ保証】【球根】斑入りギボウシ P10.5cm 100本セット

Amazon

100,000

【6か月枯れ保証】【球根】斑入りギボウシ P10.5cm 100本セット

【斑入りギボウシ】 学名:Hosta 'albomarginata' ユリ科ギボウシ属 多年草 【商品情報】 ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 鉢/1m2 【その他】 斑入りギボウシは人気がある品種です。葉に綺麗な斑が入ります。斑の入り方は個体差があり、多く入るものと少ない入るものがあります。

オリジナル品種!リコリス ‘牽愁(けんしゅう)’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

オリジナル品種!リコリス ‘牽愁(けんしゅう)’ 球根 1球

クリームイエローの花弁は、咲き進むととてもクリアなアイボリーに変化します。花丈も高く、壮観な花姿です。 学名 Lycoris cv.‘Kensyu’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 40〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/オーレオマルギナータ 12cmポット 100本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/オーレオマルギナータ 12cmポット 100本セット

【ギボウシ/オーレオマルギナータ】() 学名:Hosta montana'Aureomarginata' ユリ科ギボウシ属 多年草 別名: 【商品情報】 ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 9~25鉢/1m2 【その他】 ギボウシ/オーレオマルギナータは縁に黄色斑入り品種です。剛健ですので放任で綺麗に維持できます。

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/クリフォードフォレストファイヤー 15cmポット

Amazon

5,724

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/クリフォードフォレストファイヤー 15cmポット

【ギボウシ/クリフォードフォレストファイアー】 学名:Hosta montana ユリ科ギボウシ属 多年草 【商品情報】ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=~ 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【その他】 クリフォードフォレストファイヤーは大型品種で人気のサガエの変種になります。青みがかった緑葉にクリームイエローの幅広な外斑が入ります。サガエより高さがコンパクトに収まります。冬場は地上部が枯れ球根状態になります。

オリジナル品種!リコリス ‘クリーム アンド ピーチ’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス ‘クリーム アンド ピーチ’球根 1球

ほんのりと淡い桃色に染まるクリームホワイトの花弁、とても繊細で上品な花色です。 学名 Lycoris cv.‘Cream and Peach’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L【楽天24】[花ごころ 用土]

楽天24

552

花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L【楽天24】[花ごころ 用土]

※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。商品説明「花ごころ ガーデンシクラメン・シクラメンの土 5L」は、花付きを良くするリン酸成分を配合した用土です。有機由来のカルシウム成分やカリ成分がシクラメンの生長をサポートします。水を腐りにくくするゼオライトを配合しました。使用方法●植え付け(秋に購入したガーデンシクラメン)1.プランターの底に鉢底土を入れ、「ガーデンシクラメン・シクラメンの土」を入れます。2.苗をポットから外して、根鉢を崩さずに植え付けます。3.苗の周りに「ガーデンシクラメン・シクラメンの土」を入れます。球根の1/3が土の上に出るようにします。 4.鉢底の穴から流れ出てくるまで、たっぷりと水を与えます。●植え替え(花が終わって夏越ししたシクラメン)シクラメンを鉢から出し、根を1/3から1/2くらいほぐして植え付けます。植え付け後は、鉢底の穴から流れ出てくるまで、たっぷりと水を与えます。●管理のポイント・咲き終わった花や黄色くなった葉は、こまめに取り除きます。茎をまわしながらひっぱるようにして抜き取り、ハサミは使いません。・水やりは、土の表面が乾いたら、鉢底の穴から流れ出てくるまでたっぷりと与えます。葉にできるだけ水をかけないように、葉を持ち上げて与えるようにします。・肥料は、植え付け、植え替えの2週間後から与え始めます。・冬場、ガーデンシクラメンは雪や霜の当たらない日当たりの良い場所、シクラメンは室内の日当たりの良い場所で管理します。・夏場、葉数が減ってきたら木陰に移し、水やりだけを続けます。もし、葉が全て無くなったら、水やりも止め、雨の当たらない日陰で休眠させます。 主原料木質堆肥、ピートモス、赤玉土、バーミキュライトブランド:花ごころ楽天24>DIY・ガーデン>ガーデニング>用土>用土>花ごころ...

オリジナル品種!リコリス ‘オーガスト ローズ’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス ‘オーガスト ローズ’球根 1球

しっかりとしたローズピンクの広い花弁、見事です!花は8月終わりごろから咲き始めます。 学名 Lycoris cv.‘August Rose’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス ‘櫂歌’ 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス ‘櫂歌’ 球根 1球

濃厚なコーラルピンクの弁先では、空色からインクブルーに変化するグラデーションが展開されます。趣のある花姿、是非じっくりとお楽しみください。 学名 Lycoris cv.‘Kaika’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績...

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ P12cm 15本セット

Amazon

10,800

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ P12cm 15本セット

【ギボウシ】 学名:Hosta montana ユリ科ギボウシ属 多年草 【商品情報】 ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 9~25鉢/1m2 【その他】 ギボウシは人気がある品種です。花が美しいですが広い葉も観賞価値が高いです。様々な品種があります。

オリジナル品種!リコリス ‘オクトーバー ブロンズ’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

オリジナル品種!リコリス ‘オクトーバー ブロンズ’球根 1球

とても味わい深いブロンズオレンジの花姿、その名の通り、10月開花の晩生種です。 学名 Lycoris cv.‘October Bronze’ 原産地 日本・中国など 花期 10月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/ブルーカデット 12cmポット

Amazon

1,296

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/ブルーカデット 12cmポット

【ギボウシ/ブルーカデット】() 学名:Hosta 'Blue Cadet' ユリ科ギボウシ属 多年草 別名: 【商品情報】 ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 9~25鉢/1m2 【その他】 ギボウシ/ブルーカデットは青みがかった葉色になります。剛健ですので放任で綺麗に維持できます。

芳香あり!アマルクリナム‘ドロシー ハンニバル’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

芳香あり!アマルクリナム‘ドロシー ハンニバル’球根 1球

性質強靭で育てやすく、花は秋咲きで芳香あり!お庭の貴重な彩りとなること間違いなしです。 学名 × Amarcrinum ‘Dorothy Hannibal' 原産地 南アフリカ 花期 9〜10月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など アメリカ・カリフォルニアの球根界の大御所、故 L.S.Hannibal氏が1952年に作出した品種です。40年ほど前に日本に導入された最初の1球の子孫です。当時のハンニバル氏の話では、ガロンポットで育てることの出来るアマクリナムを作出し、娘の名前を取ってドロシーと名付けたと言って1球贈ってくれました。クリナムの各品種に比べて株姿が乱れにくく、お庭のアクセントとして最適です。比較的移植を嫌うため、植え付けの際には広いスペースを確保しましょう。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種!リコリス ‘オクトーバー オレンジ’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス ‘オクトーバー オレンジ’球根 1球

晩生種で鮮やかなオレンジの花を付けます。群生で咲き誇る姿は圧巻です! 学名 Lycoris cv.‘October Orange’ 原産地 日本・中国など 花期 10月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜7月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合がありますが、きちんと管理を行えば翌年は立派な花を咲かせます。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行い、花茎が現れるまでは10日に1度程度の間隔で水やりを行ってください。

優美な花姿! リコリス ‘ヘイスパー’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

優美な花姿! リコリス ‘ヘイスパー’球根 1球

本種はH.haywardiiとH.chinensis‘Sperry’の交配種です。 ゆったりと咲く花姿、とても優美です。 学名 Lycoris cv.‘Haysper’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜60cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

芳香あり!アマルクリナム・ハワーディ球根 1球

南アフリカ原産のAmaryllis belladonnaとCrinum mooreiとの属間交雑種です。両親ともに甘い芳香があり、本種も素晴らしい香りです。株姿の美しい、秋咲き品種のため、お庭の貴重な彩りとなること間違いなしです! 学名 × Amarcrinum howardii 原産地 南アフリカ 花期 9〜10月 草丈 80〜120cm 耐寒性 中(最低気温が−2℃以上の関東以西では露地栽培可) 耐暑性 強 日照 日当たりを好みます。 特徴・用途など アメリカのF. Howard氏によって1920年代に作出された品種です。両親の良い点を受け継ぎ、花もちが良く、素晴らしい芳香もあります。更に鮮やかなアップルグリーンの葉は美しく、太く頑丈な茎の印象を和らげてくれます。クリナムの各品種に比べて株姿が乱れにくく、お庭のアクセントとして最適です。比較的移植を嫌うため、植え付けの際には広いスペースを確保しましょう。 管理 気温の上がる4月以降、球根の頭が3分の1程度出る程度に浅植えします。水はけが良く、肥沃で腐食に富む土を好みます。鉢植えの場合、生長期(春〜秋)には水分を切らさないように管理し、開花後は湿度を保ちます。冬期は株が休眠状態ですので、水やりを止めます。寒風の当たらない軒先や、無加温ののハウスなどで冬超しをします。球根が地上から少し出ているため、球根が凍結しないように注意しましょう。 露地植えの場合、植え付け後の水分管理は必要ですが、根付いた後は殆ど管理の必要がありません。植え付け場所は、あまり直接風の当たらない、日当たりの良い場所を好みます。最低気温が-2℃以下になる際には、簡単な防寒対策をすると良いでしょう。冬の間に枯れた葉を除去せず、そのまま置いておくのも球根を寒さから守る一つの手段です。 発送状態...

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/外斑入り 10.5cmポット 200本セット

Amazon

120,000

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/外斑入り 10.5cmポット 200本セット

【ギボウシ/外斑入り】() 学名:Hosta' ' ユリ科ギボウシ属 多年草 別名: 【商品情報】 ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=1m 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【地被植物 用途一覧】 [グランドカバー] 平面=@ 斜面=@ 茎による増殖= 陰地に適する= 植付目安 9~25鉢/1m2 【その他】 ギボウシ/外斑入りは縁に白い斑が入ります。剛健ですので放任で綺麗に維持できます。

オリジナル品種!リコリス ‘セプテンバー シンプルサーモン’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

オリジナル品種!リコリス ‘セプテンバー シンプルサーモン’球根 1球

見飽きることのない、愛らしいサーモンの花弁、是非お手元でお楽しみください! 学名 Lycoris cv.‘September Simple Salmon’ 原産地 日本・中国など 花期 9〜10月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。...

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/グレートエクスペクテーションズ 12cmポット 10本セット

Amazon

11,664

【6か月枯れ保証】【球根】ギボウシ/グレートエクスペクテーションズ 12cmポット 10本セット

【ギボウシ/グレートエクスペクテーションズ】 学名:Hosta montana ユリ科ギボウシ属 多年草 【商品情報】ギボウシは山間に自生している、花が美しい品種です。変種が出来やすく数多くの品種があります。日本だけではなく海外でも人気がある品種です。葉は根本から大きく広がります。発色がよく日栄えがします。花は初夏から秋にかけて咲きます。花がでると一日足らずでしぼんでしまう、寿命の短い花です。斑入り品種や花の色が違う品種があります。冬になると葉がすべて枯れて球根だけになります。春になるとまた新芽が出てきます。 【育て方】 半日陰から日陰で適湿な場所を好みます。日にあたり過ぎると葉が焼けます。強健で殆ど手をかけずに成長します。冬は球根だけになります。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=円形 最終樹高=~ 施肥時期=4月 剪定時期=3~4月 開花時期=5~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【その他】 グレートエクスペクテーションズは黄緑色に周辺は青みがかった濃い緑の丸みがかった葉が特徴です。白い花が咲きます。冬場は地上部が枯れ球根状態になります。

オリジナル品種!リコリス ‘オーガスト ゴールド’球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,800

オリジナル品種!リコリス ‘オーガスト ゴールド’球根 1球

輝く花姿、是非お手元でじっくりとお楽しみください!花は8月終わりごろから咲き始めます。 学名 Lycoris cv.‘August Gold’ 原産地 日本・中国など 花期 8〜9月 草丈 30〜50cm 耐寒性 中〜強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏〜秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6〜8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6〜7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク