メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「秋の山野草」検索結果。

秋の山野草の商品検索結果全26件中1~26件目

山野草:絞り咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

499

山野草:絞り咲きホタルブクロ 9cmポット苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明袋型の花がとても愛らしいホタルブクロ。コチラはピンクと白の絞り咲き品種。名前の由来は諸説ありますが、花の中に蛍を入れて遊んだという説と、「火垂る袋(ちょうちんの古い呼び名)」に似ているからという説が浸透しているようです。昔は花の中に蛍を入れたり、風船のようにしたりして遊んだそうです。ホタルブクロが咲きだすと、夏が来るのだと感じますね。とても育てやすく、増やしやすいため、初心者にも人気のお花です。●草丈30~50cm●特性多年草●開花時期6~7月●育て方とても丈夫で、病気も少なく、育てやすい植物です。日当たりに植え付けましょう。暑い地域は半日陰の方がいいでしょう。秋に花が終わり枯れ始めると、来年用の芽をその苗の周りから出します。そのため、鉢の中心に植えても、放っておくといつの間にか鉢の淵に苗が移動してしまいます。毎年、もしくは2年に1度は植え替えをしましょう。適期は花茎が枯れ終わる頃の10~11月頃がいいでしょう。根の成長が活発なので、鉢は深いものを選びましょう。根づまりに要注意(株が弱ってしまいます)。ここだけ気を付けてあげてください。

山菜苗:コゴミ [クサソテツ] 12cmポット大株仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

832

山菜苗:コゴミ [クサソテツ] 12cmポット大株仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●収穫の目安大株でのお届けのため、植え付け後すぐに収穫可能です。■秋に植え付けた場合■翌春には収穫が出来ます。収獲は全体の半分ほどに留めておきましょう。■早春に植え付けた場合■春に収穫が出来ます。ただし、春に植え付けた場合は株が十分に土に馴染めていないため、3分の1ほどの収獲で留めておきましょう。●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【シダ植物】【お庭の下草】林内や半日陰の原野や河原などに自生するシダ植物です。アク抜きの必要のない手間がかからない人気の山菜です。葉が伸びきる前の姿はとても美しく、魅力的です。●科名・特性イワデンダ科クサソテツ属 多年草●管理場所半日陰●育て方【庭植えの場合】半日陰の湿り気のある場所を選びます。育てやすい植物ですが、暑さに弱いので気をつけましょう。元肥として腐葉土をすき込んで植え付けます。【鉢植えの場合】水はけの良い用土を使い、植え込みます。通年半日陰で管理します。【鉢植えの場合の水やり】表土が乾いたらば充分にあげます。過湿は嫌うので気を付けます。休眠期の冬場は、様子を見てあたえます。【肥料】堆肥(鶏糞)

こちらの関連商品はいかがですか?

もみじ盆栽 青しだれもみじ  盆栽紅葉

Amazon

5,000

もみじ盆栽 青しだれもみじ 盆栽紅葉

もみじは 春と秋 冬と 樹姿が 季節によって変わります。 もみじの 紅葉の条件 紅葉の色合いというのは、毎年違うものです。色合いのすばらしい年もあれば、悪い年もあります。 紅葉の進み具合が早かったり遅かったりもします。違いがおこる要因に影響が大きいのは、その年の気象等に大きく関係します。 紅葉するために必要な「アントシアン」の合成には、空気中の温度や光の条件がとくに重要な条件の一つです 紅葉がより美しくなる条件には、「夜間の急激な冷え込みがあること」「大気の乾燥による地中水分の減少」「直射日光の強弱」が大きく紅葉には影響します 紅葉の紅葉する気温は、1日の最低気温8℃以下になると紅葉が始まるといわれています。さらに5~6℃以下になると一気に紅葉が進みます。 鮮やかに紅葉する条件は、日中の気温が20~25℃、夜間は5~10℃くらいで、昼夜の気温の差が大きいことが一番の重要な要素となります。温度差が15℃あると飛躍的に進といわれています。 条件が揃うことによって紅葉が始まりますが 光合成を十分行えない場所や、大気汚染のひどい土地、大気中の適度な湿度がないなどの場合、美しい紅葉を楽しめないことがあります。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク