メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「秋に咲く球根の花」検索結果。

秋に咲く球根の花の商品検索結果全34件中1~34件目

オリジナル品種!ネリネ`秋の夜灯' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

3,000

オリジナル品種!ネリネ`秋の夜灯' 球根 1球

マゼンタと純白のコントラストが目に鮮やか!花姿も整い、見応え十分の逸品です。 学名 Nerine cv.`Aki no Yotoboshi' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

オリジナル品種!リコリス `ティンク ピンク'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `ティンク ピンク'球根 1球

学名 Lycoris cv.`tink pink' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行い、花茎が現れるまでは10日に1度程度の間隔で水やりを行ってください。

個性的な花姿!キルタンサス ファルカタス×エラツス 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

個性的な花姿!キルタンサス ファルカタス×エラツス 球根 1球

両種の長所を確実に受け継いだ、とても個性的で美しい花姿です。花色はソフトオレンジ、俯き加減に付く花姿は個性的で趣があります。 学名 Cyrtanthus falcatus × elatus 原産地 南アフリカ 花期 秋 草丈 40~50cm 耐寒性 中(-5℃)(室内やコールドハウスでの冬越しをお勧めします) 耐暑性 強 日照 日向から半日陰を好みます 特徴・用途など 花がぶら下がって咲くファルカタスと、ふっくらとした星型のエラツス(別名George Lily)の交配種です。いずれの種も性質強靭のため、本種もとても栽培しやすくなっています。 管理 植え付け時は球根の首元が露出するように植え、春から夏にかけては十分な水分が必要です。水はけの良い土壌に植え付け、しっかりと灌水をしてください。休眠期の冬は水やりを止めます。多少の雪や霜には耐えますが、やはりそれらから守られた場所での栽培の方が良い結果が出ます。肥料は、寒肥えとして窒素分の少ない化成肥料を適量与えます。 発送状態 1球を掘り上げて発送いたします。屋外で管理する場合は、遅霜の心配がなくなる頃まで風通しの良い場所に保管してください。屋内・温室などの場合はこの限りではありません。

優美な花姿! リコリス `ヘイスパー'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

優美な花姿! リコリス `ヘイスパー'球根 1球

本種はH.haywardiiとH.chinensis`Sperry'の交配種です。 ゆったりと咲く花姿、とても優美です。 学名 Lycoris cv.`Haysper' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

オリジナル品種!リコリス `ミッドサマー クリーム'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,000

オリジナル品種!リコリス `ミッドサマー クリーム'球根 1球

爽やかな花色、軽やかな花姿です。花は8月初旬から咲き始めます。 学名 Lycoris cv.`Midsummer Cream' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

オリジナル品種!リコリス `雁渡' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `雁渡' 球根 1球

黒味を帯びた赤の花弁はとてもシックです。 学名 Lycoris cv.`Kariwatashi' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら...

秋咲きのスノーフレーク!アキス・オータムナリス(リューコジャム・オータムナーレ)球根 5球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

秋咲きのスノーフレーク!アキス・オータムナリス(リューコジャム・オータムナーレ)球根 5球

俯いて儚げに咲くその姿、つい見入ってしまします。 学名 Acis autumnalis(Leucojum autumnale) 原産地 南ヨーロッパ 花期 8~9月 草丈 10~20cm 耐寒性 中(無加温のハウスで栽培可能です) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など これまで「リューコジャム・オータムナーレ」として流通してきましたが、現在はアキス属に分類され、「アキス・オータムナリス」が正式な学名となっています。 華奢な草姿と俯いて咲く花がとても愛らしく、また純白の花と赤い花茎とのコントラストも美しい品種です。 管理 耐寒性があまり強くないため、 関東以北の地方では鉢植えをお勧めします。 水はけの良い土壌に球根を植え付け、 生長期は鉢が乾いたらたっぷりと灌水を行います。 花が終わると葉が展開しますので、 この期間に厳しい寒さに株が晒されないよう、 無加温のハウスなどで管理します。 6月頃から地上部が枯れ始め、休眠に入ります。 球根は掘り上げず、鉢に植えたまま水を切って管理します。 関東地方以西では、水はけが良く、 寒風や霜の当たりにくい場所で露地植えが可能です。 冬期にマルチングを施すと尚効果的です。 発送状態 5球をお送りいたします。お手元に球根が届きましたら、なるべく早く植え付けを行ってください。

見事なフリル弁! オリジナル品種!ネリネ`秋の英傑'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

700

見事なフリル弁! オリジナル品種!ネリネ`秋の英傑'球根 1球

真紅の花弁にはフリルが入ります。妖艶な花姿、是非お手元でじっくりとお楽しみください! 学名 Nerine cv.`Aki no Eiketsu' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

オリジナル品種!ネリネ`秋の爽風'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ネリネ`秋の爽風'球根 1球

ピュアなピンクの花弁が上品に輝く`秋の爽風'。花弁中央には太めの白いラインが入ります。秋空の下、時を忘れて見とれてしまう美しさです! 学名 Nerine cv.`Aki no Sofu' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は...

オリジナル品種!ネリネ`秋の舞姫' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

オリジナル品種!ネリネ`秋の舞姫' 球根 1球

小輪で丸みを帯びた花姿、淡いシェルピンクの花弁がとても柔らかな印象の逸品です。 学名 Nerine cv.`Aki no Maihime' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

オリジナル品種!ネリネ`秋の栄光'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

700

オリジナル品種!ネリネ`秋の栄光'球根 1球

真紅の華やかな花姿、とても魅力的です。 学名 Nerine cv.`Aki no Eikou' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10-10(N...

オリジナル品種!ネリネ`秋の空' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種!ネリネ`秋の空' 球根 1球

やや厚みのある、愛らしいピンクの花姿です。花弁中央には白のラインが入ります。 学名 Nerine cv.`Aki no Sora' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~40cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。...

オリジナル品種!極小品種!ネリネ`秋の絵絹'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

700

オリジナル品種!極小品種!ネリネ`秋の絵絹'球根 1球

約4cmの小さな花姿、花丈も低く、鉢植えでコンパクトに楽しめます。 学名 Nerine cv.`Aki no Ekinu' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 15~25cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で...

オリジナル品種!ネリネ`秋の礼装' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

オリジナル品種!ネリネ`秋の礼装' 球根 1球

大ぶりの華やかな花姿、当園でも人気の逸品です! 学名 Nerine cv.`Aki no Reisou' 原産地 南アフリカ 花期 10~11月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(0℃程度まで大丈夫です) 耐暑性 中(夏は半日陰の風通しの良い場所で管理しましょう) 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など ネリネの最大の魅力である、キラキラと輝く花弁を楽しむには、やはり切花にして楽しむのが良いでしょう。花持ちも良く、1輪目が咲いてから2週間は咲き続けます。暗い室内よりも、少し日の差す場所に置いた方が、より光り輝く花姿を楽しむことができます。※ネリネは、十分な開花球でも、毎年必ず開花するとは限らず、 年によっては開花しないこともあります。 管理 ネリネは鉢植えでの栽培、特に鉢に球根が ぎっしりと詰まった状態を好みます。球根の増殖に従って鉢のサイズを変えますが、3~4年放置した方が調子よく咲くようです。 根腐れを防ぐため、深鉢への植え付けは避けましょう。 培養土は、硬質の鹿沼土の中粒を主体に1~2割の川砂・ピートの混合土が良いでしょう。球根の半分程度が土の上に出るようにして植え付けます。 植え付けの適期は7月上旬~8月下旬です。植え付け後に水やりをすると球根が腐りますので、球根が動き出すまでは水やりをせず、風通しの良い軒下などで管理します。 9月下旬頃、葉や花の芽が出てきたら、たっぷりと水を与えます。その後の水やりは1週間に2回程度行い、乾燥気味に管理します。 花が終わると、冬から春にかけて球根が生長します。球根を凍らせないよう、0℃以上の場所で管理しましょう。 翌年5月頃から地上部が枯れてきますので、徐々に水やりを減らします。6月以降の休眠期は、球根が乾き切らない程度に時折散水します。 また肥料の与え過ぎは禁物で、1球当たり3-10...

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

園芸ネット プラス

3,741

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。秋に咲く真っ赤な花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。モグラよけにもなるので、田畑の土手などによく植えられます。また、アレロパシー作用(他感作用・害虫が嫌がる効果)の強い植物なので、菜園の近くに植えると病虫害を防ぐ効果があると言われています。原産国:中国花期:8月下旬~9月中旬草丈:30~50cm日照:日向向き栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。3.5号(直径10.5cm)ポット入り、1ポット3~4球植え、8ポットセットです。お届け時期により地上部のない状態、または開花後となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。グランドカバーとして植える場合、1平米に20~36株を目安にしてください。コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)の栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

大ぶりな花姿、鮮やかなゴールデンイエローの花色、見応え十分の逸品です! 学名 Lycoris aurea 原産地 日本・中国など 花期 10月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(霜の降りない場所でしたら露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

彼岸花と異なり、稔性の貴重な赤花種です。 学名 Lycoris radiata var. pumila 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種!リコリス `晩夏の宴'球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種!リコリス `晩夏の宴'球根 1球

マゼンタレッド鮮やかな花弁、花は8月半ばに咲き誇ります。 学名 Lycoris cv.`Banka no Utage' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします...

冬咲き・さくさくチューリップ:オレンジ3.5号ポット

園芸ネット プラス

721

冬咲き・さくさくチューリップ:オレンジ3.5号ポット

春咲きよりも長く咲く!真冬の庭を明るく長く彩る、冬咲きチューリップです。12月~1月に開花するよう調整して生産されたチューリップの苗で、植え付け3週間で花が咲き、そのまま冬の屋外で1~2ヶ月間花が楽しめます。クリスマスや、寒さでほとんどの花が休んでしまう真冬のウインターガーデンを明るく楽しみましょう。球根で秋に植えると一般的には4月に開花し、1週間で花が終わってしまいますが、このクリスマスチューリップは最新の方法で加工されており、お届け後に植えつけて3週間で花が咲きます。温暖な地方であれば11月中旬頃に植えつけて、12月上~中旬から花を咲かせ、クリスマス~年末年始に花を楽しむことができます。開花時期(北海道・東北以外)12月~1月草丈30~40cm用途花壇、鉢植え、プランター(戸外で育ててください)栽培方法:根をばらさずそのままお庭や大き目の鉢に植えつけて、戸外のよく日のあたる場所で管理してください。花はまだ咲いていませんが、生育中ですので、水はしっかり与えてください。涼しい気候の下では最大2ヶ月間ほど花が持ちますが、異常気象などで気温が上昇すると開花期間が短くなる場合がありますので、ご注意ください。暖地ではなるべくおそめ(11月下旬頃)に植えつけてください。直径10.5cmポット入り、1ポット3本立ちポット苗です。写真は開花時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。冬咲き・さくさくチューリップ:オレンジ3.5号ポットの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

送料無料
【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ 10.5cmポット 20本セット 送料無料 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

10,800

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ 10.5cmポット 20本セット 送料無料 【あす楽対応】

→単品はこちらヒガンバナ 商品一覧10.5cmポット500円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じヒガンバナ科ヒガンバナ属の商品キツネノカミソリナツズイセンヒガンバナシロバナヒガンバナリコリス/オーレア【ヒガンバナ】読み:ひがんばな学名:Lycoris radiataヒガンバナ科ヒガンバナ属球根【商品説明】ヒガンバナは秋の彼岸のころに一斉に咲く鮮やかな紅色の花が美しい品種です。花後から春先までは光沢がある緑色の葉が見れます。日当たりがよい場所を好み芝生や土手などに適します。全体に毒がありますので植え付けには考慮が必要です。夏場は球根のみになります。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。春に葉をつけているため多雪地区や冷え込みが厳しい場所では生育が悪くなります。特別手入れをしなくても毎年咲きます。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=10月剪定時期=7~8月開花時期=9~10月果実=無し用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 25~44鉢/1m2【その他】ヒガンバナは赤い花が特徴的です。一度根付けば毎年咲いてくれます。

冬咲き・さくさくチューリップ ホワイト3.5号ポット

園芸ネット プラス

714

冬咲き・さくさくチューリップ ホワイト3.5号ポット

春咲きよりも長く咲く!真冬の庭を明るく長く彩る、冬咲きチューリップです。12月~1月に開花するよう調整して生産されたチューリップの苗で、植え付け3週間で花が咲き、そのまま冬の屋外で1~2ヶ月間花が楽しめます。クリスマスや、寒さでほとんどの花が休んでしまう真冬のウインターガーデンを明るく楽しみましょう。球根で秋に植えると一般的には4月に開花し、1週間で花が終わってしまいますが、このクリスマスチューリップは最新の方法で加工されており、お届け後に植えつけて3週間で花が咲きます。温暖な地方であれば11月中旬頃に植えつけて、12月上~中旬から花を咲かせ、クリスマス~年末年始に花を楽しむことができます。開花時期(北海道・東北以外)12月~1月草丈30~40cm用途花壇、鉢植え、プランター(戸外で育ててください)栽培方法:根をばらさずそのままお庭や大き目の鉢に植えつけて、戸外のよく日のあたる場所で管理してください。花はまだ咲いていませんが、生育中ですので、水はしっかり与えてください。涼しい気候の下では最大2ヶ月間ほど花が持ちますが、異常気象などで気温が上昇すると開花期間が短くなる場合がありますので、ご注意ください。暖地ではなるべくおそめ(11月下旬頃)に植えつけてください。直径10.5cmポット入り、1ポット3本立ちポット苗です。写真は開花時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。冬咲き・さくさくチューリップ ホワイト3.5号ポットの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

冬咲き・さくさくチューリップ ピンク3.5号ポット

園芸ネット プラス

643

冬咲き・さくさくチューリップ ピンク3.5号ポット

春咲きよりも長く咲く!真冬の庭を明るく長く彩る、冬咲きチューリップです。12月~1月に開花するよう調整して生産されたチューリップの苗で、植え付け3週間で花が咲き、そのまま冬の屋外で1~2ヶ月間花が楽しめます。クリスマスや、寒さでほとんどの花が休んでしまう真冬のウインターガーデンを明るく楽しみましょう。球根で秋に植えると一般的には4月に開花し、1週間で花が終わってしまいますが、このクリスマスチューリップは最新の方法で加工されており、お届け後に植えつけて3週間で花が咲きます。温暖な地方であれば11月中旬頃に植えつけて、12月上~中旬から花を咲かせ、クリスマス~年末年始に花を楽しむことができます。開花時期(北海道・東北以外)12月~1月草丈30~40cm用途花壇、鉢植え、プランター(戸外で育ててください)栽培方法:根をばらさずそのままお庭や大き目の鉢に植えつけて、戸外のよく日のあたる場所で管理してください。花はまだ咲いていませんが、生育中ですので、水はしっかり与えてください。涼しい気候の下では最大2ヶ月間ほど花が持ちますが、異常気象などで気温が上昇すると開花期間が短くなる場合がありますので、ご注意ください。暖地ではなるべくおそめ(11月下旬頃)に植えつけてください。直径10.5cmポット入り、1ポット3本立ちポット苗です。写真は開花時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。冬咲き・さくさくチューリップ ピンク3.5号ポットの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

(観葉植物)ユリ球根 カノコユリ 黄カノコユリ 1球詰(1袋)

charm 楽天市場店

590

(観葉植物)ユリ球根 カノコユリ 黄カノコユリ 1球詰(1袋)

荘厳で誇らしげに咲く! カノコユリと言う名は、花弁に鹿の子模様の斑点があることに由来していると言われています。反り返るように開く花弁と、下向きに咲く花が特長で、古くから観賞用として栽培されています。カサブランカを代表とするオリエンタルユリも、ヨーロッパに渡ったカノコユリやヤマユリが交配されて育成されたものです。ユリ球根 カノコユリ 黄カノコユリ 1球詰(1袋)科名ユリ科英名Lily原産地なし(交配種)用途花壇、鉢植え、切り花草丈90~150cm性質半耐寒性鱗片球用土有機質が多い水はけのよい土植え付け期10月~3月開花期8月~9月植える水はけが良く、午後から日陰となるような場所を選びます。30cm以上深く耕した場所に、深さが10~15cmぐらいになるように植えつけます。ゆりは、球根にかぶせる土に肥料を含んだ土を入れておくとよく育ちます。風通しがよくなるよう、植え付けの間隔を空けましょう。育てる下根は秋の間に伸長がはじまり、球根の安定をはかります。冬の間でも乾かさないように注意します。地上発芽後に上根が伸長し、養分を吸収します。ユリの大敵はアブラムシです。粒剤などを株元にまき、早めに防除します。楽しむ咲き終わった花がらは摘み取ります。切り花にする場合、茎の途中から葉を残して切ると翌年も楽しめます。生産地新潟県 ※キャプタン・チウラムチオファネートメチル・DMTP剤生産地処理取り扱いの注意※乳幼児、子児の手の届かないところに保管してください。 ※本種は鑑賞用ですので、球根や栽培した植物を食用、飼料用に使用しないでください。 ※誤食をふせぐため、食用の植物とは栽培場所を分けてください。 ※万が一、誤って球根や栽培した植物を食した場合は、植物の種類と部位を医師に告げて診察を受けてください。 ※アレルギー体質の方や肌荒れ性の方は...

球根/ヘレニウム:ルビーチューズデー裸苗袋詰め

園芸ネット プラス

493

球根/ヘレニウム:ルビーチューズデー裸苗袋詰め

ヘレニウムはユニークな形の花と鮮やかな色合いで、花の少ない初夏から秋の庭を彩ります。病虫害の少ない丈夫な宿根草です。強い光や高温、雨に強く、よく分枝してたくさんの花をつけ、初夏から秋まで次々に開花します。長い間楽しめるのが魅力です。暑さに強い品種です。草丈が高く枝分かれして多数の花を咲かせるのでボリュームがあり、花壇の背景としての利用にも向きます。切花にも向きます。ルビーチューズデーは落ちついた深紅色の花。通常のダンゴギクのように上部に花がかたまって咲かず、小輪の花がスプレー状に咲くナチュナルタイプで、他の草花とあわせやすい品種です。学名:Helenium 'Ruby Tuesday'タイプ:キク科ヘレニウム属原産地:北アメリカ草丈:50~100cm株張り:30~50cm開花期:7~9月耐寒性:強い耐暑性:強い用途:花壇、ボーダー、切り花日照:日なた栽培方法:日当たりと、水はけのよい場所に元肥を施してから植えます。株間は30~40cmが最適です。鉢の場合は、5号鉢に赤玉土6、腐葉土3、乾燥牛糞1の割合に混ぜた土を用いて植え、元肥に緩効性肥料を少量与えます。土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにします。夏の乾燥する時期には夕方にたっぷりと水を与えます。乾燥しすぎに注意し、1~2日に一回は与えるようにしましょう。元肥に有機化成肥料と堆肥を施し、土とよく混ぜてから植えます。芽が動きだしてきたらさらに、窒素分を控えめ、リン酸、カリ分を多目の肥料を施しますが、与えすぎると繁り過ぎて倒れるので、控えめに施します。写真は開花時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。ヘレニウム:ルビーチューズデー裸苗袋詰めの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根苗類のお届け形態について

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ 10.5cmポット 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

540

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ 10.5cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらヒガンバナ 商品一覧10.5cmポット500円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じヒガンバナ科ヒガンバナ属の商品キツネノカミソリナツズイセンヒガンバナシロバナヒガンバナリコリス/オーレア【ヒガンバナ】読み:ひがんばな学名:Lycoris radiataヒガンバナ科ヒガンバナ属球根【商品説明】ヒガンバナは秋の彼岸のころに一斉に咲く鮮やかな紅色の花が美しい品種です。花後から春先までは光沢がある緑色の葉が見れます。日当たりがよい場所を好み芝生や土手などに適します。全体に毒がありますので植え付けには考慮が必要です。夏場は球根のみになります。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。春に葉をつけているため多雪地区や冷え込みが厳しい場所では生育が悪くなります。特別手入れをしなくても毎年咲きます。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=10月剪定時期=7~8月開花時期=9~10月果実=無し用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 25~44鉢/1m2【その他】ヒガンバナは赤い花が特徴的です。一度根付けば毎年咲いてくれます。

こちらの関連商品はいかがですか?

球根/コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ(合計16球入り)

園芸ネット プラス

824

球根/コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ(合計16球入り)

異なる品種の組み合わせを楽しむコンビネーション球根セットです。水仙の黄色とムスカリの青で印象的な演出を!テタテタは草丈も花もかわいい、ミニチュア水仙。シクラメン咲きの黄花品種。ごく小型で大変丈夫な品種です。ムスカリとほぼ同じ高さ・開花時期なので、2種の相性が抜群です。花壇やコンテナでの寄せ植えにピッタリ。1袋の内容は、水仙6球とムスカリ10球です。植え時期:9~12月花期:3月~4月用途:花壇・コンテナ栽培方法:球根での植えつけ適期は秋~年末です。日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は開花時のイメージです。 コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ(合計16球入り)の栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え小球根のネット植え球根の植付け秋植え球根

球根/ディケロステンマ:コンゲスタム6球入り

園芸ネット プラス

432

球根/ディケロステンマ:コンゲスタム6球入り

ディケロステンマは北アメリカ西海岸の明るい丘陵地などに自生する球根植物。別名をブローディア・イダマイアとも呼ばれ、ブローディア(トリテレイア)に雰囲気が似ています。青いベルのような花が手毬状にまとまっていくつも咲きます。花持ちがよく、また花茎が長いので、フラワーアレンジメントにはぴったりの花です。学名:Dichelostemma タイプ:ユリ科の球根植物原産地:北アメリカ草丈:40~60cm植え時:9~11月開花時期:5~6月用途:花壇、鉢植え、切り花栽培方法:土質は特に選びませんが、水はけが良く、日の当る山土を好みます。1~2月に薄い液肥を与えると花に元気が出ますが、多肥は腐る原因になるためご注意ください。芽が出るのが比較的遅いので、霜害の心配はあまりありません。栽培はとても簡単です。野生種に近いので、手をかけすぎるとかえって逆効果の場合があります。肥料も控えめにして、2~3年植えっぱなしのほうが元気よく咲いてくれます。※写真は開花時のイメージです。ディケロステンマ:コンゲスタム6球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根【秋植え球根】植えつけ深さの目安

球根/オリエンタルリリー:コルコバード(オレンジカサブランカ)1球入り

園芸ネット プラス

338

球根/オリエンタルリリー:コルコバード(オレンジカサブランカ)1球入り

華やかで主役となるオリエンタルリリー。芳しい香りと優美な花姿をお楽しみください。コルコバードは橙色のオリエンタルリリーで、1本でも存在感がありますが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。植えつけ適期:9~4月開花期:6~9月草丈:80~120cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。この商品は球根でのお届けです。写真は成長・開花時のイメージです。 オリエンタルリリー:コルコバード(オレンジカサブランカ)1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:ミレッシモ1球入り

園芸ネット プラス

360

球根/オリエンタルリリー:ミレッシモ1球入り

白い花弁にピンクの縁取りが愛らしいオリエンタルリリーのミレッシモ。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:ミレッシモ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:マーロン1球入り

園芸ネット プラス

324

球根/オリエンタルリリー:マーロン1球入り

ピンクに白の覆輪が入る花色が印象的なオリエンタルリリーのマーロン。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:マーロン1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかし百合:ロリポップ 2球入り

園芸ネット プラス

392

球根/すかし百合:ロリポップ 2球入り

鉄砲ゆりとアジアティックハイブリッドとの交配から生まれたすかしユリ。まっすぐに伸びた茎の上にたくさんの花を咲かせます。プランターや庭植えで楽しんだり、切花にしてギフトにしてもすてきです。花壇や庭なら放任栽培しても毎年花を咲かせます。ロリポップは、白と濃桃でかわいいポップカラーの二色咲き。早咲きで人気の高い品種です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付期:10~3月花期:5~6月草丈:40~60cm栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。すかし百合:ロリポップ 2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入り

園芸ネット プラス

324

球根/オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入り

ピンクの花弁に中心部と縁取りが白いオリエンタルリリーのクイーンフィッシュ。同じグループのカサブランカとはまた違った、優美な印象です。1本でも存在感のあるユリですが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:80~100cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:クイーンフィッシュ1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ブローディア:ヒヤシンシナ5球入り

園芸ネット プラス

259

球根/ブローディア:ヒヤシンシナ5球入り

清々しい白花のブローディア。切花に最適です。ブローディアは別名トリテレイア。北アメリカ原産の丈夫な球根植物です。秋植え球根としては開花が遅めで、初夏に花を咲かせた後休眠します。植えっぱなしでもよく育ち、自然に分球して殖えていきます。学名:Triteleiaタイプ:ユリ科の耐寒性球根植物草丈:約30~50cm植え時:10~11月開花時期:5~6月頃用途:鉢植え、庭植え、切り花栽培方法:5号鉢に3~5球で深さ3cm、地植えの場合は5~7cm感覚で、深さ7~10cmに植えつけてください。土質は特に選びませんが、水はけのよい山土を好みます。草丈が低いので、花壇では前景に植えてください。1~2月に薄い液肥を与えると花に元気が出ますが、多肥は腐る原因になるためご注意ください。栽培はとても簡単です。野生種に近いので、手をかけすぎるとかえって逆効果の場合があります。肥料も控えめにして、2~3年植えっぱなしのほうが元気よく咲いてくれます。掘りあげる場合は6月頃に行い、乾燥貯蔵して10月頃再度植えつけてください。※写真は開花時のイメージです。ブローディア:ヒヤシンシナ5球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/すかしユリ:デリケートジョイ2球入り

園芸ネット プラス

338

球根/すかしユリ:デリケートジョイ2球入り

おしべが花びら状に変化した従来のユリとは印象が異なる八重咲き品種。花粉がないので切花としても扱いやすいタイプです。デリケートジョイは複色咲きの印象的な花色です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付期:暖地10月~翌4月位、寒地10月~翌5月位開花時期:6月頃草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。すかしユリ:デリケートジョイ2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

リコリス球根 スクアミゲラ(ピンク) 2球入り

千草園芸

864

リコリス球根 スクアミゲラ(ピンク) 2球入り

17年7月18日入荷しました。177c 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、開花後葉を出します。冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。施肥も行います。油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 リコリス・スクアミゲラ 学名: Lycoris squamigera 原産: 中国、東アジア 花期: 7~9月 夏に花を咲かせるので、「夏水仙(ナツズイセン)」とも呼ばれます。 耐寒性、耐暑性も強く日本の本州、四国、九州では半野生化したものも見られるようです。 花は彼岸花に先駆けて関西では早いものでは7月中旬から咲き始めます。 9月に入ってから咲くものもありますが球根は7月ころから販売されるので、8月上旬までに植え付けしないと購入された年の開花は期待できないと思ってください。 植えると秋から根は出ますが、葉が出るのは晩秋...

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

千草園芸

1,026

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

17年7月18日入荷しました。177c 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 1球入りです。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔...

球根/オリエンタルリリー:カサブランカ特大球1球入り

園芸ネット プラス

463

球根/オリエンタルリリー:カサブランカ特大球1球入り

華やかで主役となるオリエンタルリリー、カサブランカです。芳しい香りと優美な花姿をお楽しみください。1本でも存在感がありますが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。カサブランカは球根の大きさで花数が決まります。通常、大球(球周28~30cm未満)・特大球(30cm以上)・超特大球(35cm以上)等の規格で出荷されますが、この球根は特大球です。植えつけ適期:9~4月開花期:5~8月草丈:80~100cm栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージです。 オリエンタルリリー:カサブランカ特大球1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/食用ユリ:コオニユリの球根1球

園芸ネット プラス

515

球根/食用ユリ:コオニユリの球根1球

コオニユリは食用に栽培されている品種です。灰汁(アク)が少なくおいしい食用百合。オレンジ色に黒い斑点のある花弁をもつコオニユリ。山野や渓谷沿いなどに自生する百合です。名前は「小さなオニユリ(鬼百合)」の意ですが、この2種は非常に良く似ています。オニユリはムカゴができてそれが地面に落ちて増えていきますが、コオニユリはムカゴができません。鱗茎(ユリ根)は茶わん蒸しやてんぷらにすると美味です。★球根(裸球)でのお届けです。パッケージはありませんので、栽培方法はこのページを参照してください★タイプ:ユリ科ユリ属の耐寒性球根植物開花期:夏香り:なし草丈:120~150cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向~明るい半日陰が適しています。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。食用ユリ:コオニユリの球根1球の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/ポットアマリリス:一重 橙(オレンジ)1球 直径14cm鉢植え

園芸ネット プラス

1,442

球根/ポットアマリリス:一重 橙(オレンジ)1球 直径14cm鉢植え

春咲きの球根植物の王様と言われるアマリリス。球根1球をポットに植え込んだ状態でお届けします。室内で栽培でき、お手入れは水やりだけなので手軽です。開花調整してありますので、栽培開始から短期間で花が咲きます。冬から春先の花が少ない時期に美しい大輪の花を楽しめます。室内の南向きの明るい窓辺などで、手軽に栽培できます。ギフトにもおすすめです。タイプヒガンバナ科の半耐寒性球根植物栽培適期11~3月(11月~4月に開花するよう温度による調整処理がしてあります)開花冬~春(発芽から6~7週間後)草丈40cm生産地オランダ栽培方法:暖かく明るい室内で栽培してください。秋~初春は、光がよく当たる窓辺が良いでしょう。最初に、箱から鉢を取り出し水をやります。その後は週に1~2回、土が乾燥しない程度に水をやります。なるべく日中の気温20度以上を保ちます。10度を下回ると球根が傷むのでご注意ください。開花まで肥料は不要です。栽培開始から数日~数週間で芽が出ます。開花は発芽から6~7週間後です。翌年以降も花を楽しむ場合は、開花終了後に一回り大きな鉢に新しい土を入れて植え替えてください。翌年以降は初夏に開花します。ポットアマリリス:一重 橙(オレンジ)1球 直径14cm鉢植え の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根ミリオンを使って「春・秋植え球根の楽しみ方」

球根/オリエンタルリリー:クシマヤ1球入り2袋セット

園芸ネット プラス

1,003

球根/オリエンタルリリー:クシマヤ1球入り2袋セット

神秘的な色合いのネパレンセ交配種のクシマヤ。ネパレンセとはネパールの意味で、インド北部から中国にかけて自生するユリです。2010年にオランダキューケンホフ公園リリーパレードにおいて「技術革新賞」に輝いた逸品です。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:6~9月草丈:90~120cm用途:花壇、鉢植え、切り花栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。写真は開花時のイメージとなります。 オリエンタルリリー:クシマヤ1球入り2袋セットの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え

園芸ネット プラス

771

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え

球根が大きい!球周20cmの大球でのお届けです。フリチラリア・ペルシカは西アジア原産の品種。フリチラリアの中でも大型で、草丈が1m程になります。トールガーデン向き。切り花にしても存在感があります。宿根性なので、植えっぱなしでも翌年も開花します。学名:Fritillaria persica alba ivoly bellタイプ:ユリ科バイモ(フリチラリア)属の球根植物植付け適期:9~11月開花時期:4~5月草丈:約75~100cm用途:鉢植え、庭植え日照:明るい日陰栽培方法:植えつけ適期は秋です。花を咲かせるためには寒期(‐2度~0度)が必要ですので、9~11月頃に植え付け、戸外で冬越しさせてください。日当たりのよい場所または半日陰の場所で、土をよく耕し、間隔は3センチ以上で、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。球根の表面が鱗状になっていますので、はがれないように丁寧に扱ってください。水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。極寒地では花壇や鉢をワラで覆って寒さから守ってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は成長・開花時のイメージです。 フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル特大球1球植え の栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル5球セット

園芸ネット プラス

3,824

球根/フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル5球セット

球根が大きい!球周20cmの大球でのお届けです。フリチラリア・ペルシカは西アジア原産の品種。フリチラリアの中でも大型で、草丈が1m程になります。トールガーデン向き。切り花にしても存在感があります。宿根性なので、植えっぱなしでも翌年も開花します。学名:Fritillaria persica alba ivoly bellタイプ:ユリ科バイモ(フリチラリア)属の球根植物植付け適期:9~11月開花時期:4~5月草丈:約75~100cm用途:鉢植え、庭植え日照:明るい日陰栽培方法:植えつけ適期は秋です。花を咲かせるためには寒期(‐2度~0度)が必要ですので、9~11月頃に植え付け、戸外で冬越しさせてください。日当たりのよい場所または半日陰の場所で、土をよく耕し、間隔は3センチ以上で、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。球根の表面が鱗状になっていますので、はがれないように丁寧に扱ってください。水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。極寒地では花壇や鉢をワラで覆って寒さから守ってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は成長・開花時のイメージです。 フリチラリア:ペルシカアルバ・アイボリーベル5球セットの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

スポンサーリンク
スポンサーリンク