メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「石灰硫黄合剤 500ml」検索結果。
お客様が入力された検索条件に該当する商品が見つかりませんでした。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
電動噴霧器 充電式 20L フルセット バッテリー式 背負い式 動噴 電動 噴霧器

Amazon

11,000

電動噴霧器 充電式 20L フルセット バッテリー式 背負い式 動噴 電動 噴霧器

本体:H590 X W340 X D230mm ノズル:500mm 本体重量:7.9kg(乾燥重量) 電源:シールドバッテリー12V8AH(充電約6時間で作業時間5時間程度) 充電:AC100V(専用充電器付属) 噴霧量:1.2-1.8L/min 【注意事項】 ※充電作業は可燃性の液体・ガス・粉塵のある場所で行わないでください。 ※バッテリーや充電部・スイッチ部など電気にかかわる部分に水がかからないように気を付けてください。 ※噴霧の力が弱くなってきたと感じたら使用を停止し、充電してください。電圧表示機能はありません。 ※強酸性の薬剤や塗料・シンナー・ガソリン・ベンジンなどの薬物は使用しないでください。 使用不可薬剤の例:防蟻薬剤・クレゾール・ホルマリン系殺菌剤・ケルセン水和剤・ゴーゴーサン・トレファノサイド・スタム・DDVP・石灰硫黄合剤など ※空運転はポンプを痛めますので薬液が無くなったら速やかにスイッチをお切りください。 ※作業終了後は速やかに薬液を排出し、ホース内・ノズル内も含め、しっかりと洗浄してください。 ※長期保管する場合、バッテリー保護のため、1か月に1時間程度は充電してください。 ◆取扱説明書は付属しておりません。 ◆輸入品につき本体に僅かなキズ・スレ・さび汚れなどがつく場合があります。 ◆入荷時期により予告無くデザイン・色・サイズなど、細かな仕様が変更される場合がございます。 ◆初期不良対応期間5日間 ※ご購入前に必ず「出品者情報」をご確認・ご理解の上、ご購入下さい。

送料無料
ヒバ抽出・ヒノキチオール500ml

Amazon

1,800

ヒバ抽出・ヒノキチオール500ml

不眠でお悩みの方へ 疲れているのに眠れない。 薬なしでは眠れなくなってしまった。・・・ つらいですよね。 でも大丈夫ですよ。ヒノキチオールをご存じですか?高価ですが独自製法で格安にできましたのでご紹介致します。 まずは、ヒノキチオールの4大効果 1,精神安定効果 2,抗菌効果 3,防虫・防ダニ効果 4,消臭・防臭効果 ・・・他多数効果あり。 1,精神安定効果だけを分かり易くお伝えすれば、「桧の香りは90%以上の方に好まれる香りであり、嗅ぐとα波が出て脳が休まる。」というものです。長年レンドルミン等の入眠剤を服用していた方が、ヒノキの香りで正常な眠りを取り戻されています。正常な眠りとはレム(浅い)・ノンレム(深い)を交互に繰り返す眠りです。これで本当に疲れが取れます。 使用法は、ヒノキチオールを容器に入れタオルにスプレーし寝る前に嗅ぐ。夜トイレに起きた後に嗅ぐ。これだけであなたに豊かな眠りが訪れます。あなたも是非お試し下さい。 天然国産材料100% 昔青森の木こりは山でけがをした時に、ヒバの樹液を付けたと言います。 今特別な製造法により、ヒノキチオールは高価な『神のしずく』ではなくなりました。 日常のちょっとした場面で、 ○寝付けない時枕にちょっと一吹き。 ○口内炎の時うがいするコップにちょっと一吹き。 ○カビがはえてしまった床をぞうきんに・・・ ○花粉症のマスクに・・・ ○アトピーの子の肌や下着に・・・ ○水虫に・・・ ○ペットのダニ予防に・・・ ○ゴミ箱の消臭に・・・ ○蚊が来る網戸に・・・ 『ヒノキチオール』がある生活をお楽しみ下さい。

トレボンEW 500ml 作物の害虫防除に

Amazon

2,158

トレボンEW 500ml 作物の害虫防除に

水稲、野菜、花、樹木の幅広い作物の害虫防除に活用できます。 水をベースにした薬剤で、有機溶剤の臭いがない。 【使用上の注意】 1)使用量に合わせ薬液を調製し、使いきること。 (2)使用前によく振ってから使用すること。 (3)ねぎのシロイチモジヨトウの防除に使用する場合は、食入前の若令幼虫期に散布すること。 (4)本剤を本田の水稲に対して希釈倍数300倍で散布する場合は、所定量を均一に散布できる乗用型の速度連動式地上液剤少量散布装置を使用すること。 (5)蚕に対して長期間毒性があるので、近くに桑園がある場合には絶対に桑葉にかからないようにすること。 (6)散布器具、作業衣などは桑用と必ず区別すること。 (7)ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。 1. ミツバチの巣箱及びその周辺に飛散する恐れがある場合には使用しないこと。 2. 養蜂が行われている地区や受粉等を目的としてミツバチ等を放飼している地区で使用する場合は、関係機関(都道府県の畜産部局や病害虫防除所等)への連絡を徹底し、ミツバチ等の危害防止に努めること。 (8)本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意すること。とくに適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク