メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「球根ダリア」検索結果。

球根ダリアの商品検索結果全70件中1~60件目

巨大輪ダリア エレジー(5号)

緑の風yamashoku

1,620

巨大輪ダリア エレジー(5号)

キク科 ダリア属 非耐寒性球根植物 花期:5~11月頃 従来の切り花より格段に長く花が楽しめます。 今までの大輪ダリアは背丈が伸びてしまうため、鉢花としては仕立てが困難でしたが、最新のバイオ技術によりコンパクトな樹形に仕立てることが可能となりました。 強い枝に花がつきそれが咲き終わると次に強い花の花首が伸び、高い位置で開花、順次続けて開花します。 日当たりと風通しのよいところで育ててください。花が咲き終わるたびにピンチを繰り返すと脇芽が出て大きくなり次々と花を咲かせます。鉢土がしっかりと乾いてから水を与えるようにしてください。葉が少々しおれていても水をたっぷり与えれば回復しますので、水のやり過ぎのほうに注意してください。冬は地上部は枯れますが凍らせなければ戸外で越冬します。 花は咲き進みます。ご注文のタイミングによっては一番花の終わった状態でのお届けとなる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。入荷日:11月14日 樹形、花色、葉色に多少個体差があります。 鉢の形態:5号プラ鉢(鉢は他の色になることもあります) 全体サイズ:幅約38~42cm 高さ33~36cm(鉢を含むサイズです)

ブラックフライデー
【新品種】皇帝ダリア ハイブリッド ガッツァリア 「ローズ(一重赤花)」4号ポット苗(f14 f15)

千草園芸

1,512

【新品種】皇帝ダリア ハイブリッド ガッツァリア 「ローズ(一重赤花)」4号ポット苗(f14 f15)

写真は17年5月24日に撮影しました。季節によって状態は変化します。175d 同梱可能数量:10皇帝ダリア 【分類】キク科ダリア属 『半耐寒性』 【学名】Dahlia imperialis 【原産】メキシコ、コスタリカ、コロンビアなどの高山帯 【別名】木立ダリア、インオエリアルダリア、天竺牡丹等 【用途】花壇、鉢植え等 【開花】11月(短日性植物) 【草丈】3m~5m ダリアはメキシコの国花としても有名で約2万種類ともいわれ、花の形、色、花の大きさ等、多く分類されています。 おもに宿根性のものと球根性のものがあります。 皇帝ダリアは、よく成長すると屋根よりも高くなって大きな花を咲かせます。 春5月頃に芽を出し気温の上昇とともに生育して秋にはときには3~4mになって花を咲かせます。 普通のダリアは球根で冬を越しますが、このダリアの球根は大きくならず、普通の根よりも少し太い程度です。繁殖は主に茎を挿し木して増殖されます。 下は滋賀県大津市内で2015.11.18 (植え込み) 春の寒さが去った4月中旬から苗が販売されます。鉢栽培は赤玉土、鹿沼土など保水性のある用土を混合して用います。すぐに大き目の鉢に植え替えていただいたほうが管理が楽になり、木も早く大きくなます。 露地植えする場合は日当たりの良い肥沃な土壌を用意します。腐葉土などを多く入れた柔らかな用土で植えつけます。 (秋~冬の管理) 皇帝ダリアは短日性植物で昼間の時間が短くなると花をつけ始めます。関東関西地方では11月になります。 近くに明るい看板などがあって夕方に暗くならない場所では花をつけないことがありますので、植えるときに注意します。 また、冬の訪れが早い年は開花するまでに寒波が襲うとそのまま枯れてしまうこともあります。 枯れた後は枯れた軸をきりとり...

ブラックフライデー
【新品種】皇帝ダリア ハイブリッド ガッツァリア 「ダブルピンク(八重ピンク花)」4号ポット苗(f14 f15)

千草園芸

1,512

【新品種】皇帝ダリア ハイブリッド ガッツァリア 「ダブルピンク(八重ピンク花)」4号ポット苗(f14 f15)

写真は17年5月24日に撮影しました。季節によって状態は変化します。175d 夏野菜と同じで寒さに弱いので、暖かくなるまで(夜間の最低気温が5度以上になるまで)は屋内にいれて、鉢に植えて管理してください。 巨大!!木立ダリア 英名・ツリー・ダリア 原産地・メキシコ 花期・秋(9月下旬~11月上旬開花) 短日性・半年で2~3m 花径・約12~15cm皇帝ダリア 【分類】キク科ダリア属 『半耐寒性』 【学名】Dahlia imperialis 【原産】メキシコ、コスタリカ、コロンビアなどの高山帯 【別名】木立ダリア、インオエリアルダリア、天竺牡丹等 【用途】花壇、鉢植え等 【開花】11月(短日性植物) 【草丈】3m~5m ダリアはメキシコの国花としても有名で約2万種類ともいわれ、花の形、色、花の大きさ等、多く分類されています。 おもに宿根性のものと球根性のものがあります。 皇帝ダリアは、よく成長すると屋根よりも高くなって大きな花を咲かせます。 春5月頃に芽を出し気温の上昇とともに生育して秋にはときには3~4mになって花を咲かせます。 普通のダリアは球根で冬を越しますが、このダリアの球根は大きくならず、普通の根よりも少し太い程度です。繁殖は主に茎を挿し木して増殖されます。 下は滋賀県大津市内で2015.11.18 (植え込み) 春の寒さが去った4月中旬から苗が販売されます。鉢栽培は赤玉土、鹿沼土など保水性のある用土を混合して用います。すぐに大き目の鉢に植え替えていただいたほうが管理が楽になり、木も早く大きくなます。 露地植えする場合は日当たりの良い肥沃な土壌を用意します。腐葉土などを多く入れた柔らかな用土で植えつけます。 (秋~冬の管理) 皇帝ダリアは短日性植物で昼間の時間が短くなると花をつけ始めます...

ブラックフライデー
ダリア `ドーバー'

おぎはら植物園

432

ダリア `ドーバー'

記事 ~2017年 11/21~ 気温が下がり、紅葉、落葉が始まりました これから徐々に落葉し、葉は少なくなります ※庭植え、植え替え等可能です ■ 学名 : Dahlia 'Dover' ■ キク科 球根植物 ■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗 ■ 主な花期 : 春~秋 ■ 草 丈 : 50cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 約-6℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向 ■ 代表的な原産地 : 中南米 宿根性ダリア 可憐な淡いピンクの花を銅葉が 引き立てる 寄せ植え、花壇におしゃれな色彩 驚くほど花期が長く春から秋遅くまで楽しめる 生育が早いので、ある程度咲いたら短くカット すると姿良く繰り返し開花する ~担当スタッフのコメント~ お庭の定番植物のダリア。本種はピンクの花で、 花型が整っていて、可憐な雰囲気を持ちます。 葉色が濃く、黒っぽい銅葉が花色を引き立てて、とてもおしゃれなコントラストを見せてくれます。 花期もとても長く、真夏の切り戻し期間以外は 咲き続けますので、春から晩秋まで楽しむことが できます。 咲き進むと淡い色に変化します ◆生育の様子と管理方法 春の芽吹きから深い葉色です この頃に緩効性 肥料を少量与えると生育が良いです ダリアは 全体にウドンコ病にかかりやすい植物ですから、 この頃から消毒を開始します(バラなどと同時に 行うと楽です) 初夏頃に満開になり、楽しんだ後は短くカット (当店では15cmほど残してカットします)して 肥料と消毒を行います この後、夏の終わり、晩秋に繰り返し咲きますので 開花時期の花がら摘み、花後の強剪定+肥料+ 消毒を繰り返し行うと、とても長く、美しく楽しめます ※肥料をあげすぎると間伸びして風などで折れ やすくなりますので...

ブラックフライデー
ダリア `ミッドナイトムーン'(ブラックナイト)

おぎはら植物園

432

ダリア `ミッドナイトムーン'(ブラックナイト)

記事 ~2017年 11/21~ 気温が下がり、紅葉、落葉が始まりました これから徐々に落葉し、葉は少なくなります ※庭植え、植え替え等可能です ■ 学名 : Dahlia 'Midnight Moon' ■ キク科 球根植物 ■ お届けの規格 9~10.5cmポット苗 ■ 主な花期 : 春~秋 ■ 草 丈 : 50cm前後(生育後の高さで花丈も含む) ■ 耐寒性 : 約-6℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向 ■ 代表的な原産地 : 中南米 人気の銅葉、黄花の宿根性ダリア 驚くほど花期が 長く春から秋遅くまで楽しめる 生育スピードが とても早いので、ある程度咲いたら短くカットすると 次の開花姿も整う 寄せ植え、花壇におしゃれな コントラストが映えて美しい おすすめの優良種 ~担当スタッフのコメント~ お庭の定番植物のダリア。花色が黄色と派手めの 色ですが、黒に近い銅葉がきっちりと花の色を まとめ上げてくれます。花色と葉色の対比が すばらしく、明るい花色ながら、シックで優美な、 良い雰囲気があります。 花つきも抜群です カラーリーフとして葉色だけでも充分に楽しめます ◆生育の様子と管理方法 春の芽吹きから深い葉色です この頃に緩効性 肥料を少量与えると生育が良いです ダリアは 全体にウドンコ病にかかりやすい植物ですから、この頃から消毒を開始します(バラなどと同時に 行うと楽です) 初夏頃に満開になり、楽しんだ後は短くカット (当店では15cmほど残してカットします)して 肥料と消毒を行います この後、夏の終わり、晩秋に繰り返し咲きますので開花時期の花がら摘み、花後の強剪定+肥料+ 消毒を繰り返し行うと、とても長く、美しく楽しめます ※肥料をあげすぎると間伸びして風などで折れ やすくなりますので...

ブラックフライデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク