メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「球根カタクリ」検索結果。

球根カタクリの商品検索結果全3件中1~3件目

(山野草)カタクリ(片栗) 1球入り 2.5号(1ポット)

charm 楽天市場店

530

(山野草)カタクリ(片栗) 1球入り 2.5号(1ポット)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。薄紫の花を咲かせる春の妖精!カタクリは山地の林内に見られるユリの仲間で、早春を彩る花として親しまれています。栽培は夏期の高温に注意が必要で、栽培難易度は高い部類になります。花後、地上部は枯れるので、球根を掘り上げ冷暗所に保管するか、鉢ごと涼しい環境に移します。球根を掘り上げた場合は秋には植えつけ必ず寒さに当てないと発芽しません。。種子から栽培する場合は開花するまでに通常7年程度かかります。地上部が展開している間にできる限り栄養を蓄えさせることが重要です。球根は深く潜っていくので深鉢を使用すると良いでしょう。山野草 カタクリ商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 :7.5~10.5cm ※入荷状況や、生長度合いにより高さは異なります。画像はあくまでも目安としてご覧ください。鉢の種類ビニールポット学名Erythronium japonicum別名-分類ユリ科カタクリ属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本 北東アジア開花時期3月~4月置き場所水はけの良い土を好みます。春先日が当り、夏場は木陰になるような場所が適しています。水やり土が乾いてきたら水を与えてください。土が濡れた状態が続きますと、根腐れを起こす可能性があります。参考 (球根の植え方)植え付け時期 : 10月頃 ●庭植えの場合1.球根を植える場所を30~50cmぐらいに耕します。 2.30cm位穴を掘り、山野草培養土を3分の2程度まで入れます。 3.その上に球根を並べます。...

こちらの関連商品はいかがですか?

チューリップ球根 「アイスクリーム」1球ポット植え苗

千草園芸

410

チューリップ球根 「アイスクリーム」1球ポット植え苗

17年11月14日に入荷しました。1711b チューリップの球根は12月中旬までに植えないと綺麗に花が咲きません。植え込み時期が遅れると根が十分に張ることができないからです。ですので年内に植え込むことが大切です。チューリップの植え方・育て方 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌に球根を植えつけます。 砂質の土壌が最適です。 夏の暑さが一段落した9月中旬から12月上旬までが植え時です。 露地に植える場合は球根の高さの2倍の深さに植えるのが基本ですが、鉢植えの場合は根を張る場所を確保するために球根の上部が土にわずかに隠れる程度に浅く植えます。 球根が養分を蓄えているので芽は元気に出ますが、きれいな花を咲かせるためには施肥が必要です。 また、早めに植えて芽が成長するまでに十分な根を出しておくと葉も大きくなって球根が小さくならず、翌年も利用できます。 花は4月ころに咲き、その後5月中旬から下旬には葉も枯れます。 すぐに掘り起こして半日陰で乾燥させ、秋に植えつけます。 栽培条件が悪いと球根は小さくなり、翌年は植えても葉だけが出るだけとなります。 葉だけのものは良く日に当てて施肥も行うと再び花を咲かせる大きさになります。 水はけと日当たりの良い条件の良い場所では植えっぱにしで毎年花を咲かせているところもあります(日照時間の短い場所は無理です。)。 下はパンジーと組み合わせて植えた植栽例です。16.3.10

チューリップ球根 「パープルアイスクリーム」1球ポット植え苗

千草園芸

302

チューリップ球根 「パープルアイスクリーム」1球ポット植え苗

17年11月14日に入荷しました。1711b チューリップの球根は12月中旬までに植えないと綺麗に花が咲きません。植え込み時期が遅れると根が十分に張ることができないからです。ですので年内に植え込むことが大切です。チューリップの植え方・育て方 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌に球根を植えつけます。 砂質の土壌が最適です。 夏の暑さが一段落した9月中旬から12月上旬までが植え時です。 露地に植える場合は球根の高さの2倍の深さに植えるのが基本ですが、鉢植えの場合は根を張る場所を確保するために球根の上部が土にわずかに隠れる程度に浅く植えます。 球根が養分を蓄えているので芽は元気に出ますが、きれいな花を咲かせるためには施肥が必要です。 また、早めに植えて芽が成長するまでに十分な根を出しておくと葉も大きくなって球根が小さくならず、翌年も利用できます。 花は4月ころに咲き、その後5月中旬から下旬には葉も枯れます。 すぐに掘り起こして半日陰で乾燥させ、秋に植えつけます。 栽培条件が悪いと球根は小さくなり、翌年は植えても葉だけが出るだけとなります。 葉だけのものは良く日に当てて施肥も行うと再び花を咲かせる大きさになります。 水はけと日当たりの良い条件の良い場所では植えっぱにしで毎年花を咲かせているところもあります(日照時間の短い場所は無理です。)。 下はパンジーと組み合わせて植えた植栽例です。16.3.10

原種系チューリップ:バタリニーブライトジェム2球植え3号ポット

園芸ネット プラス

343

原種系チューリップ:バタリニーブライトジェム2球植え3号ポット

可憐で小さな原種系チューリップは、大輪の園芸種とは異なるナチュラルな雰囲気が魅力です。ロックガーデンやビオラなどの早春の草花との寄せ植えにも最適です。バタリニ ブライトジェムは、花色が黄色になります。(環境により、若干オレンジがかることがございます。)タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物開花期:3~4月草丈:約15~25cm日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜて植えつけてください。開花中はたっぷり水遣りし、花がらは早めに摘み取るようにします。開花後は化成肥料を追肥し、葉が黄色く変色するまで日光によくあてます。夏は乾燥気味に管理して球根を肥大させます。晴天が続いたら球根をほりあげ、葉や茎を切り落とし、土を落として通風のよい日陰で乾燥させます。その後ネットなどに入れて涼しい場所で管理し、秋になったらまた植えつけてください。子球ができている場合は分けて植えればふやすことができます。原種の場合は、数年間庭に植えたままでも毎年花を咲かせるものもあります。枯れたら地上部の茎を抜き取り、覆土しておきます。お届けするのは3号(9cm)ポット苗です。写真は開花時のイメージです。原種系チューリップ:バタリニーブライトジェム2球植え3号ポットの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え小球根のネット植え球根の植付け秋植え球根

ヒヤシンス:ホワイトパール3球植え4号ポット

園芸ネット プラス

686

ヒヤシンス:ホワイトパール3球植え4号ポット

北欧・フィンランドのクリスマスは国中がヒヤシンスで飾られるとか。通常は春に咲くヒヤシンスを、冬に開花するよう温室で育てた鉢植えです。北欧と同じように、ウィンターシーズンの華やかな室内花としてお楽しみいただけます。お届け後に徐々に葉が伸び蕾が出てきて、数週間後に開花します(管理される環境・部屋の温度などにより開花時期が前後します)。美しい花とすばらしい香りは、冬枯れの季節に一層うれしく感じられるもの。オランダの優良農場で生産された大球球根植え込んだヒヤシンスなので、ボリュームいっぱいの花を咲かせます。★お届け時は苗の状態です。ポットの色は写真と異なる場合があります。★タイプ:ユリ科ヒヤシンス属の耐寒性球根植物草丈:約25cm花期:冬~早春用途:鉢植え、花壇、プランター、水栽培など管理方法:置き場所は暖房のない、または弱暖房のお部屋の明るい場所が適しています。開花終了後は戸外に出して大丈夫です(凍らせたり霜に当てなければOKです)。屋外はもちろん、玄関やトイレ、お車の中でもお楽しみいただけます。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと上げてください。肥料は特に必要ありませんが、開花終了後に葉が枯れるまでの間は1か月に2回程度市販の液肥を与えると球根が充実し、翌年も大きな花が楽しめます。花後は花がらを摘み取り、葉が枯れてから球根を掘り上げて風通しの良い涼しい場所で保管するか、お庭やプランターなどに植え替えたり、水栽培にすることもできます。本来の開花期は3~5月なので、庭に植え替えた場合は翌年から春に咲きます。4号(12cm)カラーポット、3球植えです。★お届け時は苗の状態です。ポットの色は写真と異なる場合があります。★ヒヤシンス:ホワイトパール3球植え4号ポットの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根ヒヤシンスとクロッカ...

ヒヤシンス:ピンクパール3球植え4号ポット

園芸ネット プラス

686

ヒヤシンス:ピンクパール3球植え4号ポット

北欧・フィンランドのクリスマスは国中がヒヤシンスで飾られるとか。通常は春に咲くヒヤシンスを、冬に開花するよう温室で育てた鉢植えです。北欧と同じように、ウィンターシーズンの華やかな室内花としてお楽しみいただけます。お届け後に徐々に葉が伸び蕾が出てきて、数週間後に開花します(管理される環境・部屋の温度などにより開花時期が前後します)。美しい花とすばらしい香りは、冬枯れの季節に一層うれしく感じられるもの。オランダの優良農場で生産された大球球根植え込んだヒヤシンスなので、ボリュームいっぱいの花を咲かせます。★写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。ポットの色は写真と異なる場合があります。★タイプ:ユリ科ヒヤシンス属の耐寒性球根植物草丈:約25cm花期:冬~早春用途:鉢植え、花壇、プランター、水栽培など管理方法:置き場所は暖房のない、または弱暖房のお部屋の明るい場所が適しています。開花終了後は戸外に出して大丈夫です(凍らせたり霜に当てなければOKです)。屋外はもちろん、玄関やトイレ、お車の中でもお楽しみいただけます。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと上げてください。肥料は特に必要ありませんが、開花終了後に葉が枯れるまでの間は1か月に2回程度市販の液肥を与えると球根が充実し、翌年も大きな花が楽しめます。花後は花がらを摘み取り、葉が枯れてから球根を掘り上げて風通しの良い涼しい場所で保管するか、お庭やプランターなどに植え替えたり、水栽培にすることもできます。本来の開花期は3~5月なので、庭に植え替えた場合は翌年から春に咲きます。4号(12cm)カラーポット、3球植えです。★写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。ポットの色は写真と異なる場合があります。★ ヒヤシンス:ピンクパール3球植え4号ポットの栽培ガイド秋植え球根の...

ヒヤシンス:ブルーパール3球植え4号ポット

園芸ネット プラス

686

ヒヤシンス:ブルーパール3球植え4号ポット

北欧・フィンランドのクリスマスは国中がヒヤシンスで飾られるとか。通常は春に咲くヒヤシンスを、冬に開花するよう温室で育てた鉢植えです。北欧と同じように、ウィンターシーズンの華やかな室内花としてお楽しみいただけます。お届け後に徐々に葉が伸び蕾が出てきて、数週間後に開花します(管理される環境・部屋の温度などにより開花時期が前後します)。美しい花とすばらしい香りは、冬枯れの季節に一層うれしく感じられるもの。オランダの優良農場で生産された大球球根植え込んだヒヤシンスなので、ボリュームいっぱいの花を咲かせます。★お届け時は苗の状態です。ポットの色は写真と異なる場合があります。★タイプ:ユリ科ヒヤシンス属の耐寒性球根植物草丈:約25cm花期:冬~早春用途:鉢植え、花壇、プランター、水栽培など管理方法:置き場所は暖房のない、または弱暖房のお部屋の明るい場所が適しています。開花終了後は戸外に出して大丈夫です(凍らせたり霜に当てなければOKです)。屋外はもちろん、玄関やトイレ、お車の中でもお楽しみいただけます。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと上げてください。肥料は特に必要ありませんが、開花終了後に葉が枯れるまでの間は1か月に2回程度市販の液肥を与えると球根が充実し、翌年も大きな花が楽しめます。花後は花がらを摘み取り、葉が枯れてから球根を掘り上げて風通しの良い涼しい場所で保管するか、お庭やプランターなどに植え替えたり、水栽培にすることもできます。本来の開花期は3~5月なので、庭に植え替えた場合は翌年から春に咲きます。4号(12cm)カラーポット、3球植えです。★お届け時は苗の状態です。ポットの色は写真と異なる場合があります。★ヒヤシンス:ブルーパール3球植え4号ポットの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根ヒヤシンスとクロッカス...

リコリス球根 スプレンゲリア 2球(j10)

千草園芸

648

リコリス球根 スプレンゲリア 2球(j10)

17年7月18日入荷しました。177c 8月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 2球入りです。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。 日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7...

スポンサーリンク
スポンサーリンク