メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「沈丁花ジンチョウゲ」検索結果。

沈丁花ジンチョウゲの商品検索結果全4件中1~4件目

斑入り沈丁花(フイリジンチョウゲ)赤花 3.5号鉢(f13)

千草園芸

648

斑入り沈丁花(フイリジンチョウゲ)赤花 3.5号鉢(f13)

18年1月19日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 181b 他のジンチョウゲはこちらジンチョウゲ(沈丁花) 【分類】ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Daphne odora Thumb 【原産】中国中部から雲南省、ヒマラヤにかけて 【用途】庭木等 【栽培適地】関東以南 【開花】2月~4月 【成木の高さ】約1m 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めましょう。 春か秋に移植することが望ましいのですが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて固定してください。 沈香と丁字の香りを合わせたような香りのよい花として名づけられたジンチョウゲ。中国からは室町時代に日本に入ったものとされています。 雌雄異株で、日本に導入されたものはすべて雄木で、実をつけることはありません。しかしたまに赤い実をつけるものがあるそうです。それは、この木はもともと両性花だったものが単性花へと分化したのですが、中には分化が不完全なものがあり、そのような株が結実することがあると言う説と、明治以降に導入された数少ない雌株が結実しているとする説があります。 花の色の基本花は赤(花弁ではなくガク)で外側が赤紫色で、花が開くと内面は白色です。そのほか、白花や斑入り葉などの園芸種があります。 ジンチョウゲはあまり寿命の長い木ではありませんので、大きくなると枯れるのは仕方ありません。...

こちらの関連商品はいかがですか?

「ヒュウガナツ(日向夏)」 ポット苗

グリーンロケット

3,240

「ヒュウガナツ(日向夏)」 ポット苗

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律1780円 ※沖縄、離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒュウガナツ(日向夏) Citrus tamurana ミカン科ミカン属 【タイプ】 常緑高木 【鑑賞時期】 花:5月 実:2~6月 【日照条件】 日向~半日陰 【場所】 関東以南 別名ニューサマーオレンジとも呼ばれビタミンがたっぷりの実をつけます。 大きさはみかんより一回りくらい大きく、果皮、果肉ともに明るい黄色をしていて、甘さと酸味は控えめで爽やかな口当たりです。 果実の白い皮のような部分もそのまま食べることができます。 手入れがほぼ必要がなく初心者でも簡単に育てることが出来ます。 育て方 日光を好みます。日当たりがよく、水はけの良い場所が適しています。 冬の寒さが苦手なので、霜よけや雑草よけにマルチングをするといいでしょう。 受粉樹として甘夏やナツミカンを近くに植えると実の付きがよくなります。 品番 【K4052】 同じ品番の商品はコチラ »

からしなの種(カラシナ) 「黄花のちから」 1kg

千草園芸

2,300

からしなの種(カラシナ) 「黄花のちから」 1kg

※こちらはメーカー直送品になります。 ※メーカー直送品を複数ご注文いただいた場合、メーカーに在庫のあるもののみの発送となります。 ■特徴 1.初期成育が早く、短期間でよく茂ります。 2.花は、黄色で耐倒伏性も強いです。 3.開花期の背丈は1m以上になります。 4.生物くん蒸作物として利用した場合、トマト青枯病、ホウレンソウ萎凋病の抑制効果が認められる ■栽培ポイント ◆播種期 「中間地・暖地」 3月、10月下旬~11月 「冷涼地」 4月~6月、7月下旬~8月中旬 ◆開花期 秋まきの場合翌年春 春まきの場合播種後50~60日 ◆播種量 2~3kg/10a(0.2g/1平方メートル) 条まきかバラまきし、軽く覆土をして鎮圧する ◆すき込み 「寒地」 6月~10月 「暖地」 11月~4月 ※開花前(開花後は早めに)すき込む。 ◆施肥基準 10aあたりチッソ10kg、リンサン4~5kg、カリ4~5kg、石灰を施してPH6~7に矯正する。 前作の残存肥料を消費して、塩類濃度を低下させる必要がある場合は、原則として肥料は施さない。 ●春または秋に美しい黄色の花をつけるので、景観用にも最適です。 ■上記の効果を利用した有効な使用、防除法 1.播種期は、上記の期間に行います。 播種量は、土壌消毒の場合、多くすき込む必要があるので、5kg/10a(0.5g/1平方メートル)位、蒔きます。 2.刈り込む時期は、開花前に行います。 (開花すると辛味成分が減ってしまうため) 3.土壌にすき込むからしなの茎葉量は、5kg/1平方メートル以上で、施肥もまとめて行います。 この際、水をたっぷりと与え、保水性を高めるため、ビニールを上からかぶせます。 4.3~4週間そのままの状態にしてから、作物の種を蒔きます。 ハウス栽培での...

スポンサーリンク
スポンサーリンク