メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「沈丁花ジンチョウゲ」検索結果。

沈丁花ジンチョウゲの商品検索結果全22件中1~22件目

ジンチョウゲ `前島'

おぎはら植物園

1,296

ジンチョウゲ `前島'

記事 ~2018年 1/29~ 再販売開始しました 今回は15cm鉢またはポットで高さは25cm前後です 下記、苗の画像よりも大きく、ツボミもたくさん着いています 状態良好で、おすすめです ■ 学名 : Daphne odora 'Maejima' ■ 別名 : 輪丁花、七里香など ■ ジンチョウゲ科 耐寒性低木 常緑樹 ■ 原種の代表的な原産地 : 中国南部 ■ お届けの規格 12cmポット苗(高さ15~20cm内外) ■ 主な花期 : 冬~早春 ■ 生育後の高さ : 1m前後 ■ 耐寒性 : 約-10℃ ■ 耐暑性 : 強 ■ 日 照 : 日向 ■ 用 途 : 庭木 生垣 寄せ植え 盆栽 など 葉に深い斑の入るジンチョウゲ 光沢のある濃い緑に、はっきりと太い黄斑が入り、とても鮮やか 花期には葉色が赤い花を引き立てるうえ、花期以外もカラーリーフとして観賞価値が高い銘品 ~担当スタッフのコメント~ 古くからお庭で親しまれている沈丁花ですが、本種は黄斑が綺麗に入り、花、葉色、香りと 三拍子が揃った優秀品種です。 周年常緑なので多くの用途で使用できます。 葉色が濃く、カラーリーフとしても優秀な為、上記写真のように黒い鉢でシックに 盆栽仕立てにして和風に、など庭植え以外でもお洒落な雰囲気で楽しむことができます。 和風な庭はもちろんですが、洋風にもマッチする美しい葉が魅力です。 株が大きくなった際、花後の剪定によって株全体に日光を当てて、通気を保つと、姿の良い充実した株になります。ただし、生育がゆっくりなので、剪定は軽めに行います。 お届けする苗について (当店は寒冷地です) 年間通して栽培・管理しながら販売しております。お届けの季節により 姿、状態は様々で、およそ下記の通りになります。ご参照ください...

沈丁花(ジンチョウゲ)LL

千草園芸

3,564

沈丁花(ジンチョウゲ)LL

写真は見本品です。 18年2月16日再入荷しました。 季節によって状態は変化します。182c-uジンチョウゲ(沈丁花) 【分類】ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Daphne odora Thumb 【原産】中国中部から雲南省、ヒマラヤにかけて 【用途】庭木等 【栽培適地】関東以南 【開花】2月~4月 【成木の高さ】約1m 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めましょう。 春か秋に移植することが望ましいのですが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて固定してください。 沈香と丁字の香りを合わせたような香りのよい花として名づけられたジンチョウゲ。中国からは室町時代に日本に入ったものとされています。 雌雄異株で、日本に導入されたものはすべて雄木で、実をつけることはありません。しかしたまに赤い実をつけるものがあるそうです。それは、この木はもともと両性花だったものが単性花へと分化したのですが、中には分化が不完全なものがあり、そのような株が結実することがあると言う説と、明治以降に導入された数少ない雌株が結実しているとする説があります。 花の色の基本花は赤(花弁ではなくガク)で外側が赤紫色で、花が開くと内面は白色です。そのほか、白花や斑入り葉などの園芸種があります。 ジンチョウゲはあまり寿命の長い木ではありませんので、大きくなると枯れるのは仕方ありません。...

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):赤花7号鉢植え

園芸ネット プラス

5,724

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):赤花7号鉢植え

ジンチョウゲ科の常緑樹です。3月から4月にかけて、香りのよい小花を房状に咲かせ、庭木として人気です。赤(花弁の裏側がピンク、内側が白)花品種です。葉の縁に少し覆輪が入る場合もあります。タイプ:ジンチョウゲ科の耐寒性常緑樹栽培適地:南東北地方以南植付け適期:秋~春樹高:1~1.3m開花期:3月上旬~4月上旬(地域により時期には幅があります)日照:日向むき用途:庭園、根締め栽培方法:日向を好みます。植付けの際に植え穴に腐葉土や堆肥などを施してください。移植を嫌いますので、定植や植替えは小株のうちに行います。株のさし渡しが30cm以上の大きな株になると移植は難しく、うまく根付かずに枯れてしまうことがあります。施肥は5月、8月、12月に根元に緩効性肥料を施します。剪定は花の直後、4月半ば~5月半ばに行います。咲き終わった花の根元から花がらを切り取ってください。その他、形を整えるために不要な枝を切り取るのもこの時期で大丈夫です。7月に来年の花芽が分化しますので、それ以降は剪定しないようにしてください。また、強い剪定は枯れの原因になりますので、弱剪定としてください。挿木でふやすことができます。花後すぐに花がらを摘み取り、枝を6~9cmに切って挿木してください。日陰において乾かさないように注意し、冬は霜よけをしてそのまま冬越しさせ、4月頃に植え替えます。7号(直径21cm)鉢植え、樹高約50~60cmです。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがありますので、ご了承ください。写真は開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合がございます。沈丁花(ジンチョウゲ):赤花7号鉢植えの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):深覆輪種(前島)3号ポット

園芸ネット プラス

1,144

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):深覆輪種(前島)3号ポット

ジンチョウゲ科の常緑樹です。3月から4月にかけて、香りのよい小花を房状に咲かせ、庭木として人気です。葉に黄色い覆輪が入る品種です。従来種の斑入り沈丁花よりも覆輪が大きく、より印象的です。花は赤(濃ピンク)です。(斑の入り方は苗によって程度の差がございます)タイプ:ジンチョウゲ科の耐寒性常緑樹栽培適地:南東北地方以南植付け適期:秋~春樹高:1m前後開花期:3月上旬~4月上旬(地域により時期には幅があります)日照:日向むき用途:庭園、根締め栽培方法:日向を好みます。植付けの際に植え穴に腐葉土や堆肥などを施してください。移植を嫌いますので、定植や植替えは小株のうちに行います。株のさし渡しが30cm以上の大きな株になると移植は難しく、うまく根付かずに枯れてしまうことがあります。施肥は5月、8月、12月に根元に緩効性肥料を施します。剪定は花の直後、4月半ば~5月半ばに行います。咲き終わった花の根元から花がらを切り取ってください。その他、形を整えるために不要な枝を切り取るのもこの時期で大丈夫です。7月に来年の花芽が分化しますので、それ以降は剪定しないようにしてください。また、強い剪定は枯れの原因になりますので、弱剪定としてください。挿木でふやすことができます。花後すぐに花がらを摘み取り、枝を6~9cmに切って挿木してください。日陰において乾かさないように注意し、冬は霜よけをしてそのまま冬越しさせ、4月頃に植え替えます。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植え、樹高5~10cm前後の苗です。樹高は多少変動することがあります。写真は成長時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合がございます。沈丁花(ジンチョウゲ):深覆輪種(前島)3号ポットの栽培ガイド花木・果樹苗の植え付け方苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):赤花(斑入り)4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,831

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):赤花(斑入り)4.5号ポット

★葉が少ない状態となっています★ジンチョウゲ科の常緑樹です。3月から4月にかけて、香りのよい小花を房状に咲かせ、庭木として人気です。赤花(花弁の裏側がピンク、内側が白)で葉のふちにクリーム色の斑が少し入る品種です。(斑の入り方は苗により異なり、目立たない場合もございます)タイプ:ジンチョウゲ科の耐寒性常緑樹栽培適地:南東北地方以南植付け適期:秋~春樹高:1~1.3m開花期:3月上旬~4月上旬(地域により時期には幅があります)日照:日向むき用途:庭園、根締め栽培方法:日向を好みます。植付けの際に植え穴に腐葉土や堆肥などを施してください。移植を嫌いますので、定植や植替えは小株のうちに行います。株のさし渡しが30cm以上の大きな株になると移植は難しく、うまく根付かずに枯れてしまうことがあります。施肥は5月、8月、12月に根元に緩効性肥料を施します。剪定は花の直後、4月半ば~5月半ばに行います。咲き終わった花の根元から花がらを切り取ってください。その他、形を整えるために不要な枝を切り取るのもこの時期で大丈夫です。7月に来年の花芽が分化しますので、それ以降は剪定しないようにしてください。また、強い剪定は枯れの原因になりますので、弱剪定としてください。挿木でふやすことができます。花後すぐに花がらを摘み取り、枝を6~9cmに切って挿木してください。日陰において乾かさないように注意し、冬は霜よけをしてそのまま冬越しさせ、4月頃に植え替えます。お届けする苗は4.5号(直径13.5cm)ポット植え、樹高約20~30cm前後です。樹高は多少変動することがあります。またお届け時期により葉がきれいでない状態の場合がございますのでご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合があります。沈丁花(ジンチョウゲ):赤花(斑入り...

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):白花4.5~5号ポット

園芸ネット プラス

1,831

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):白花4.5~5号ポット

ジンチョウゲ科の常緑樹です。3月から4月にかけて、香りのよい小花を房状に咲かせ、庭木として人気です。この品種は白花で、葉の縁に少し白覆輪が入る場合もあります。タイプ:ジンチョウゲ科の耐寒性常緑樹栽培適地:南東北地方以南植付け適期:秋~春樹高:1~1.3m開花期:3月上旬~4月上旬(地域により時期には幅があります)日照:日向むき用途:庭園、根締め栽培方法:日向を好みます。植付けの際に植え穴に腐葉土や堆肥などを施してください。移植を嫌いますので、定植や植替えは小株のうちに行います。株のさし渡しが30cm以上の大きな株になると移植は難しく、うまく根付かずに枯れてしまうことがあります。施肥は5月、8月、12月に根元に緩効性肥料を施します。剪定は花の直後、4月半ば~5月半ばに行います。咲き終わった花の根元から花がらを切り取ってください。その他、形を整えるために不要な枝を切り取るのもこの時期で大丈夫です。7月に来年の花芽が分化しますので、それ以降は剪定しないようにしてください。また、強い剪定は枯れの原因になりますので、弱剪定としてください。挿木でふやすことができます。花後すぐに花がらを摘み取り、枝を6~9cmに切って挿木してください。日陰において乾かさないように注意し、冬は霜よけをしてそのまま冬越しさせ、4月頃に植え替えます。お届けする苗は4.5~5号(直径13.5~15cm)ポット植え、樹高約20~30cm前後です。樹高は多少変動することがあります。また時期により葉がきれいでない状態の場合がございますのでご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合があります。沈丁花(ジンチョウゲ):白花4.5~5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

“蕾付き苗"【沈丁花(ジンチョウゲ)赤花】樹高60cm前後 根巻き苗

植木生産販売専門店 芝樹園

2,678

“蕾付き苗"【沈丁花(ジンチョウゲ)赤花】樹高60cm前後 根巻き苗

お届けの 商品の状態 樹高60cm前後(根鉢を含む) 根巻き苗 12~4月頃のお届けの場合は、冬期の寒さの影響で葉が茶色がかっている部分が有る場合が有りますが、ご了承お願いいたします。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑広葉樹 【花期】 花期は3~4月頃、早春に香り高い花を付ける。 【用途】 庭園、花木、根締め、添景樹、などに利用される。 【特徴】 早春に強い芳香を放つ小さな花がかたまりになって咲く。 生長は遅い。 東北地方から沖縄まで植栽可能です。 排水の悪い場所では根腐れを起こすことが有りますので、高植えなどの対応が必要です。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 7月~9月頃に花芽が出来るので、花後に不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品 この商品は、6本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):赤花 3.5号ポット

園芸ネット プラス

801

花木 庭木の苗/沈丁花(ジンチョウゲ):赤花 3.5号ポット

ジンチョウゲ科の常緑樹です。3月から4月にかけて、香りのよい小花を房状に咲かせ、庭木として人気です。赤(花弁の裏側がピンク、内側が白)花品種です。葉の縁に少し覆輪が入る場合もあります。タイプ:ジンチョウゲ科の耐寒性常緑樹栽培適地:南東北地方以南植付け適期:秋~春樹高:1~1.3m開花期:3月上旬~4月上旬(地域により時期には幅があります)日照:日向むき用途:庭園、根締め栽培方法:日向を好みます。植付けの際に植え穴に腐葉土や堆肥などを施してください。移植を嫌いますので、定植や植替えは小株のうちに行います。株のさし渡しが30cm以上の大きな株になると移植は難しく、うまく根付かずに枯れてしまうことがあります。施肥は5月、8月、12月に根元に緩効性肥料を施します。剪定は花の直後、4月半ば~5月半ばに行います。咲き終わった花の根元から花がらを切り取ってください。その他、形を整えるために不要な枝を切り取るのもこの時期で大丈夫です。7月に来年の花芽が分化しますので、それ以降は剪定しないようにしてください。また、強い剪定は枯れの原因になりますので、弱剪定としてください。挿木でふやすことができます。花後すぐに花がらを摘み取り、枝を6~9cmに切って挿木してください。日陰において乾かさないように注意し、冬は霜よけをしてそのまま冬越しさせ、4月頃に植え替えます。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット植えの苗です。樹高は多少変動することがあります。また時期により葉がきれいでない状態の場合がございますのでご了承ください。写真は成長・開花時のイメージです。お届け時期により開花後となる場合があります。沈丁花(ジンチョウゲ):赤花 3.5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

斑入り沈丁花(フイリジンチョウゲ)赤花 3.5号鉢

千草園芸

648

斑入り沈丁花(フイリジンチョウゲ)赤花 3.5号鉢

18年1月19日に入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 181b 他のジンチョウゲはこちらジンチョウゲ(沈丁花) 【分類】ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木(雌雄異株) 【学名】Daphne odora Thumb 【原産】中国中部から雲南省、ヒマラヤにかけて 【用途】庭木等 【栽培適地】関東以南 【開花】2月~4月 【成木の高さ】約1m 排水のよい土壌と日当たりを好み大きくなると自然に樹形が球型に整います。大きくなってからの移植は嫌いますのでよく考えてから植える場所を決めましょう。 春か秋に移植することが望ましいのですが、一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、冬や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えおえた後は支柱を立てて固定してください。 沈香と丁字の香りを合わせたような香りのよい花として名づけられたジンチョウゲ。中国からは室町時代に日本に入ったものとされています。 雌雄異株で、日本に導入されたものはすべて雄木で、実をつけることはありません。しかしたまに赤い実をつけるものがあるそうです。それは、この木はもともと両性花だったものが単性花へと分化したのですが、中には分化が不完全なものがあり、そのような株が結実することがあると言う説と、明治以降に導入された数少ない雌株が結実しているとする説があります。 花の色の基本花は赤(花弁ではなくガク)で外側が赤紫色で、花が開くと内面は白色です。そのほか、白花や斑入り葉などの園芸種があります。 ジンチョウゲはあまり寿命の長い木ではありませんので、大きくなると枯れるのは仕方ありません。...

こちらの関連商品はいかがですか?

フッキ草(フッキソウ) 斑入り(白覆輪) 「2個セット」(b6)

千草園芸

864

フッキ草(フッキソウ) 斑入り(白覆輪) 「2個セット」(b6)

日陰の庭のグランドカバーにもよく適応します。 ランナーで増殖し、少しづつ背丈も高くなりますが、5cm位で刈り込むと低いグランドカバーになります。 商品写真の上は夏の状態。下は冬の状態です。 青葉はこちらからフッキソウ(富貴草) ■学名■Pachysandra terminalis ■原産国■日本~中国北部 ■分類■ツゲ科フッキソウ属の常緑小低木 ■別名■キッショウソウ、キチジソウ ■草丈■20cm-30cm ■開花期■4月~5月 ■用途■コンテナ・グランドカバー 地下茎がよく伸びて、そこから茎葉を直立させて広がる性質があり、広い範囲に茂り日陰でもよく育つので庭園の下草として利用されてきました。 日本原産のグランドカバー向き植物です。 葉の周りに不規則な白い斑が入るフイリフッキソウ(ヴァリエガタ〔'Variegata'〕)と呼ばれる園芸品種があります。 「富貴草」の名前は常緑性で青葉が周年絶えないところから、その姿を繁栄になぞらえたとされます。 下は滋賀県草津市の「水の森公園」で2015.10.7 フッキソウの育て方 半日陰~日陰の適度な湿気のある肥沃な土壌を好みます。 北海道でも自生していることから、耐寒性は強く防寒対策は必要ありません。 高さをできるだけ低く抑えたいときは春に背丈の高くなった部分を刈り込むと下のランナーからよく芽が出て低く茂らせることができます。 斑入り品種は、まれに緑葉ばかりの茎がでますが、それは見つけたら取り除いてください。

クッキングアップル ブラムリー(最新矮性台木JM系)苗木 苗「☆」

日本花卉ガーデンセンター

2,873

クッキングアップル ブラムリー(最新矮性台木JM系)苗木 苗「☆」

■クッキングアップルとは?■ 日本ではリンゴは生で食べるデザートアップルが主流ですが、欧米では料理用の品種があり、これらの品種はクッキングアップルと呼ばれ、熱を加えることで香りが際立ち、また爽やかな酸味がリンゴらしい味わいをもたらします。 ■最新矮性台木JM系を使用■ クッキングアップルシリーズには、(独)農研機構、果樹研究所が育種・開発した最新矮性台木JM系(PVP)を使用していますので、小スペースなお庭やコンテナ、鉢等でコンパクトに栽培が可能です。 ■クッキングアップル ブラムリー■ イギリスで200年前に少女が播いたリンゴの種がやがて大きくなり、その林檎は栽培しやすくたくさんの果実を付けることで評判になりました。林檎の木は持ち主のブラムリー氏の名前を付け販売され、コンテストでも優勝するなどしてイギリス全土に広がりました。日本でも長野県小布施で生産され、ブラムリーファンクラブもあります。果実は酸味が強く糖分が少なく加熱すると滑らかに煮溶けるので、アップルパイなどにはそのまま使えます。また加熱後も香りが持続し、ビタミンCを豊富に含みます。 ■お届けの状態■ 最新矮性台木JM系 接ぎ木苗 ポット植え 開花時期:4月ごろ 収穫時期:8月下旬~9月ごろ 耐寒性:あり 自家結実性:なし(受粉樹として他の品種を混植してください)

スポンサーリンク
スポンサーリンク