メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「殺虫剤エルサン」検索結果。

殺虫剤エルサンの商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

住友化学園芸 ムカデ粉剤 1kg

Amazon

690

住友化学園芸 ムカデ粉剤 1kg

[商品スペック] 内訳:内容量:1kg入 [商品詳細] 「ムカデ粉剤 1kg」は、いやなムカデを直接退治する殺虫剤 ムカデ用です。細かいパウダーがまとわりつきます。通り道、侵入口、家、庭、花壇などのまわりにまいて、夜間動き回るムカデに接触させて退治します。粉立ちを抑えているので、まきやすいです。臭いはほとんどありません。土に馴染むナチュラルカラー(褐色タイプ)なので、家のまわりでも気になりません。水に濡れても成分が土にとどまるので殺虫効果が持続します。 使用方法 効果のある不快害虫:ムカデ、ヤスデ、ゲジ、ダンゴムシ、ワラジムシ、ゴミムシ、タカラダニ、クロアリ、アカアリ、アルゼンチンアリ 効果持続の目安:約2週間(*持続効果を期待する場合は150g/平方メートル散布します。) ●口を下に向け、軽く容器を押しながら振るように散布してください(軽く一押し5-10gです)。 ●使用量は不快害虫の発生量に応じて加減してください。 ●天候を見極めて、少なくとも丸一日以上降雨のない時に散布してください。散布直後の降雨により本剤が流れてしまうと効果が劣ります。 ●使用状況、気温、降雨などの条件により、効果持続期間は変動します。 【使用方法】 ●不快害虫に直接散布するか、害虫の通り道や侵入口の周囲など、よく見かける場所に全面散布します。 ●帯状に散布する場合は、家・庭・花壇などのまわりを囲むように、壁ぎわや花壇などの縁に、幅5cm程度、厚さ5mm程度で散布します。…

日産化学工業 ポルトフロアブル 500ml

Amazon

1,933

日産化学工業 ポルトフロアブル 500ml

●10葉期のイネ科雑草でも、しっかり枯らすことができます。 ※だいずの全域(北海道を除く)の場合。その他は6葉期又は8葉期まで ●そのため、梅雨や天候不順、作業の忙しさなどから「撒き遅れ」が生じても、柔軟に対応できます。 ●登録作物には安全性が高いので、全面散布が可能です。 [効果・薬害等の注意] ●散布液の調製に当たっては、本剤の所要量を所定量の水にうすめ、良くかき混ぜてから散布してください。 ●本剤の使用に当っては、展着剤の加用は必要ありません。 ●広葉雑草及びカヤツリグサ科には効果が期待できないので、イネ科雑草優占圃場で使用してください。なお、広葉雑草などが混在する場合は、これらの雑草に有効な土壌処理型除草剤との体系で使用してください。 ●イネ科雑草を完全に枯殺するまでに約1週間を要するので、誤ってまき直しなどしないように注意してください。 ●冬期の低温時や出穂期以降など、雑草の生育が停止している場合には、効果が劣ることがあるので使用をさけてください。 ●激しい降雨の予想される場合は使用をさけてください。 ●作物の生育期に使用する場合、散布前後の気象が低温、寡照であると生育抑制をおこすおそれがあるので注意してください。 ●イネ科作物には薬害があるので、周囲にイネ科作物がある場合は、薬剤が飛散しないように注意して散布してください。 ●水源池等に本剤が飛散・流入しないよう十分に注意してください。

日本化薬 殺虫剤 ダイアジノン粒剤5 3kg

Amazon

1,825

日本化薬 殺虫剤 ダイアジノン粒剤5 3kg

ダイアジノン粒剤は畑作物で重要な土壌害虫を中心に各種作物の害虫に対して幅広く利用できます。 ダイアジノン粒剤は適用作物の種類も多く、使いやすい薬剤です。 畑の害虫防除の常備薬として、いつも用意しておきたいコストパフォーマンスに優れた殺虫剤です。 【使用上の注意】 1. 使用量に合わせ秤量し、使い切ること。 2. 畑作物の土壌害虫防除に使用する場合は下記の事項に注意すること。 ・使用薬量は全面処理の場合の薬量であるので、作条処理の場合は処理面積に応じて薬量を減ずること。 ・植付前又は播種前に土壌全面又は作条に処理し、土壌とよく混和すること。なお、タネバエおよびコガネムシ類幼虫に対して作物の生育期に使用する場合は作条処理し軽く覆土すること。 3. とうもろこしのアワノメイガの防除に使用する場合には、できるだけ穂、茎葉にかかるように散布すること。 4. とうもろこし及び飼料用とうもろこしに茎葉散布する場合には、部分的に薬剤が集まると薬害を生じる恐れがあるので、葉の付け根など1ヶ所に固まることのないように均一に散布すること。降雨や朝露などで葉上に水滴があると薬害を助長するので、朝夕や降雨の前後には使用しないこと。 5. 芝のシバツトガ、スジキリヨトウ、シバオサゾウムシの防除に使用する場合、土壌表面、芝表面にまきむらのないように散布すること。 6. ビニールハウス等の同一施設内において、収穫期が異なる作物を栽培している場合、本剤を土壌表面散布で使用しないこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク