メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「榊栽培」検索結果。

榊栽培の商品検索結果全4件中1~4件目

【現品】榊(サカキ) 特大 1.6m 03

千草園芸

9,504

【現品】榊(サカキ) 特大 1.6m 03

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184a-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)榊 サカキ 【分類】ツバキ科サカキ属の常緑小高木 【学名】Cleyera japonica 【原産】茨城県、石川県以西、四国九州、済州島、台湾、中国 【開花期】6月(秋に結実) 【別名】ホンサカキ、マサカキ 【樹高】 6~7m 【栽培適地】東北南部以南 ●榊(サカキ)の特徴● サカキの語源は、神と人との境であることから「境木(さかき)」の意であるとされます。 古くから神事に用いられ家庭では神棚にお供えする木として用いられています。 関西地方では普通 榊を用いますが、関東地方ではヒサカキが定着していてこちらも榊の名前で販売されているようです。 混同を避けるために関東地方では榊のことを「ホンサカキ」と呼ばれているようです。 園芸品種に斑入り(フクリンサカキ)の榊があります。 6月頃には白い花を咲かせます。 11月~12月頃には黒い実をつけます。 ●育て方のポイント● 日当たりでも育ちますが、強い直射で葉やけを起こすこともあり、冬には葉が紫色に変色して巻きやすいので、半日陰の場所での栽培が適しています。 自生地は谷筋のいつも湿った日陰の場所です。 肥沃で湿った半日陰で育てると緑の美しい葉になります。 耐暑性は比較的強いですが、日差しが強い場所や乾燥する場所では栽培には適していません。 また、寒さにもあまり強くありませんので、東北南部以北では露地植えには向かないと思われます。積雪は30cm程度なら問題ありません。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、高く伸びすぎた枝や間延びした枝を切ります。比較的芽吹きやすい木ですので、強めの剪定でお好きな樹形に整えることも可能...

こちらの関連商品はいかがですか?

【榊(サカキ)本榊(ホンサカキ)真榊(マサカキ)】樹高1.2m前後  18cmポット

植木生産販売専門店 芝樹園

1,274

【榊(サカキ)本榊(ホンサカキ)真榊(マサカキ)】樹高1.2m前後 18cmポット

お届けの 商品の状態 樹高1.2m前後 (根鉢を含む) 6号ポット(直径約18cm) 入り 1~4月頃のお届けの場合は、冬季の寒さの影響で葉に赤黒い斑点が有る場合が有ります。なお、新芽が伸びだす頃には消えてきます。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "さかき、ほんさかき、まさかき" 商品の特徴 科属名:ツバキ科サカキ属常緑広葉樹 花期:5~6月頃に白い小花 10~11月頃に小さな黒紫色に熟す実。 特徴:葉は深い緑で光沢があり、春の芽出しは赤みを帯びて美しい。 正式名は榊(サカキ)ですが、本榊(ホンサカキ)とか真榊(マサカキ)または神榊(カミサカキ)とも言われます。 病虫害は少なく特に目立ったものは無い。 萌芽力があり生垣にも使用される。 古来から神事に使われ、神社の境内などに植えられている。 1梱包で 送れる商品 この商品は、日本郵便での発送の場合は、1梱包に2本までは発送できます。なお、発送可能な梱包のサイズの関係で、梱包の高さが1.2~1.3mになり植木の先端部を剪定したり(先端部は剪定しても伸びてきます)先端部を曲げた状態での梱包になる場合が有りますが、ご了承お願い致します。 西濃運輸での発送の場合は、6本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【現品発送】特大ドウダンツツジ樹高1.8-2.0m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

16,800

【現品発送】特大ドウダンツツジ樹高1.8-2.0m(根鉢含まず)

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: DA61(樹高1.7m) 新着! 商品番号: DA62(樹高1.8m) 新着! 商品番号: DA63(樹高1.7m) 新着! 商品番号: DA64(樹高1.8m) 新着! 商品番号: DA65(樹高1.9m) 新着! 商品番号: DA66(樹高1.9m) [S2]ドウダンツツジ 壺形のとっても可愛らしい花♪ ドウダンツツジ(白花) ドウダンツツジ(紅更紗) ドウダンツツジ(紅葉) ドウダンツツジは、壺形の愛らしい花を咲かせます。花の可愛らしさ、秋の鮮やかな紅葉、冬の枝の繊細な美しさを楽しめる。 分類 植栽適地 落葉低木 東北~沖縄 種類 紅サラサ(更紗)ドウダンツツジ 濃い赤色の小花を咲かせる シロバナ(白花)ドウダンツツジ 白色の花を咲かせる 鑑賞ポイントと時期 3月中旬~5月中旬頃 春にかわいらしい壺状の花を咲かせる 秋頃 真っ赤に鮮やかな紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地で、排水性のよい土壌を好む。半日陰でも育ちますが、秋の美しい紅葉を楽しむ為には夏の日照が必要です。 乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて保水性を高めて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料 2~3月頃に寒肥(有機質肥料)、花後に追肥(緩効性化成肥料)を与える。 基本の剪定 5月~6月頃に剪定を行う。

【5本セット】 サカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 シンボルツリー 常緑樹

植木通販 季の香

2,880

【5本セット】 サカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 シンボルツリー 常緑樹

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ゆうパックまたはヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.5m前後セット数: 5本シンボルツリー シンボルツリー常緑樹 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 サカキ(5本セット) 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 サカキ(5本セット) 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 6-7月ごろ花色 白実なり10月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がらない最終樹高 8m程度用途生け垣、など●育て方・性質など性質常緑高木適応地域東北~沖縄耐寒性強い成長速度30cm/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40-30cmこの商品はお得なセット商品がございますサカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さか…¥880【5本セット】 サカキ 樹高0.5m前後 15c…¥2,880■送料無料■【10本セット】 サカキ 樹高0.5…¥7,780...

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.6m 22402

千草園芸

6,912

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.6m 22402

写真の番号の商品をお送りします。 写真は18年2月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。182d-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)キンモクセイ 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Lour.var.aurantiacas Makino 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】4m 【栽培適地】関東地方以南 ●特徴と育て方のポイント● 玄関先のシンボルツリーとしても人気のキンモクセイですが、成長が遅く節が詰まっているので生垣などにも利用できます。 雌雄異株ですが、日本には雄株しか導入がなく、種をつけることはありません。 香りの強いことで知られ、香水やアロマオイルにも利用されています。分類上はギンモクセイの変種とされています。 植える場所は、水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。 性質が強く、通常の庭木として気を使うこともなく栽培できます。水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えてあげましょう。 肥料は骨粉や鶏糞、草木灰などリン酸やカリの多い肥料を与えます。 窒素分の多い肥料を与えすぎると花付が悪くなりますので注意しましょう。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え、風通しをよくしてあげましょう。病気は特にありませんが、アブラムシ、カイガラムシが付くことがあります。 あまり発生はありませんので、見つけたら殺虫剤を散布します。また、新芽の展開時期にはハマキムシ、シンクイムシ、アオムシ類が発生することもあります。 この時期にオルトラン粒剤を根元にまいておくと予防できます。夏場には...

【現品】ハクモクレン(白木蓮) 苗木 1.6m 31906

千草園芸

5,400

【現品】ハクモクレン(白木蓮) 苗木 1.6m 31906

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183c-u 送料はL-2サイズです(商品ページ下部の送料表を参照してください) 開花期の状態です。 学名 Magnolia heptapeta 成木の樹高 15m 開花期 3月下旬~4月上旬モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です...

【現品発送】ミツバツツジ樹高1.6m-1.9m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

12,800

【現品発送】ミツバツツジ樹高1.6m-1.9m(根鉢含まず)

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着 商品番号: MT81(1.6m) 新着 商品番号: MT82(1.7m) 新着 商品番号: MT83(2.0m) 新着 商品番号: MT84(2.0m) 新着 商品番号: MT85(1.6m) 新着 商品番号: MT86(1.6m) 新着 商品番号: MT87(1.7m) 新着 商品番号: MT88(1.7m)ミツバツツジ(三葉躑躅) 早春を彩る花 ミツバツツジ(三葉躑躅) ミツバツツジ(三葉躑躅)は、紅紫色の花を咲かせ、早春のお庭を彩る。葉に先立って綺麗な花を咲かせ、花後に3枚の輪生した葉をつける。“ミツバ"は、“三つ葉"からきている。 分類 植栽適地 落葉低木 南北海道~沖縄 鑑賞ポイントと時期 3~4月頃 紅紫色の美しい花が咲く 秋頃 紅葉を楽しめる 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日陰で、保水性が良く、排水の良い土壌を好みます。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 2月頃に寒肥(緩効性化成肥料)を根元周りに与える。 基本の剪定 花後(5~6月頃)に、樹形を乱している伸びすぎた枝は切り詰めて、込み合った部分の枝を間引いてあげる。

【現品発送】タイサンボク(リトルジェム)樹高1.4m-1.6m(根鉢含まず)

ぐりーんぐりーん

9,800

【現品発送】タイサンボク(リトルジェム)樹高1.4m-1.6m(根鉢含まず)

送料は全国一律1700円です。 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: LI51(1.4m) 新着! 商品番号: LI52(1.5m) 新着! 商品番号: LI53(1.6m) 新着! 商品番号: LI54(1.4m) 新着! 商品番号: LI55(1.4m) 新着! 商品番号: LI56(1.5m) 新着! 商品番号: LI57(1.4m) 新着! 商品番号: LI58(1.4m) [S1.0]タイサンボク(リトルジェム) 春から秋まで花を楽しめる “タイサンボク"は、春から秋まで花を楽しむことが出来ます。白い花からは綺麗な香りがします。葉には光沢があります。 「リトルジェム」は矮性(わいせい)の品種ですので、手入れが楽です。若木のうちから花を楽しむことができます。四季咲き性があり、春から秋まで花の開花を楽しむことが出来ます。 分類 植栽適地 常緑高木 南東北~九州 鑑賞ポイントと時期 6月頃 白い花を楽しむことが出来る 管理のポイント 植えつけ 日向地~半日向地で、排水性のよい土壌を好む。乾燥気味の土壌では、堆肥や腐葉土等を混ぜて植えつけを行うとよい。 水やり →水遣りのページをご参照ください(ここをクリック)← 肥料→肥料とは 肥料を与える場合は2月頃に寒肥(有機質肥料)を与える。 基本の剪定 あまり剪定の必要はない。剪定する場合は、樹形を乱している枝や混みすぎた部分をまびきする。

【現品発送】チシオモミジ (千染紅葉) 1.6m 落葉樹 庭木 植木

千草園芸

11,880

【現品発送】チシオモミジ (千染紅葉) 1.6m 落葉樹 庭木 植木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は18年4月7日に撮影しました。 木の状態は季節により変化いたします。183d-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 上の写真のように春の芽だしのときは真っ赤な色の新芽が出ます。 6月 葉はやがて青くなり、秋には紅葉します。 葉のある季節に発送する場合は、葉をしごいてお送り致します。活着後にはすぐに新しい葉が出てきます。チシオモミジ(千染紅葉) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Chisio" 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】2~4m 【開花期】4月~5月 品種の特徴 春の新葉を展開する季節は真っ赤な葉を出します。 気温の上昇に伴って葉は次第に青くなり、夏には青い葉になります。。 下は4月下旬の新葉と7月の葉です。 秋には紅葉し、四季の変化を楽しめるモミジです。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生、夏に乾燥させたり、肥料不足などで生育不良にならないようにしておくことが大切です。 病害虫 病気にはウドンコ病の発生が見られます。 発生前、または発生時にベンレートなどの殺菌剤を散布するか...

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 月光 1.6m 31701

千草園芸

7,128

【現品】常緑山法師(常緑ヤマボウシ) 月光 1.6m 31701

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183c-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)常緑ヤマボウシ ホンコンエンシス 「月光」 【分類】ミズキ科ミズキ属の常緑中高木 【学名】Cornus hongkongensis 'Gekkou' 【原産】中国原産の常緑ヤマボウシの実生選抜品種 【開花期】5月~6月 【樹高】4m~5m 【栽培適地】関東地方以南 花はやや小ぶりで大変花付きが良く、 クリームホワイトの花を枝一面に咲かせます。 秋に甘く熟す実も付きやすく、冬季に赤銅色になる葉色も楽しめます。 たくさんの花が咲いた後の10月頃には、色鮮やかな赤い実がたくさんなり、食して楽しむこともできます。 特徴的な形をした実は熟すと赤くなり、果肉はマンゴーのようなオレンジ色をしています。 果肉は甘く、ジャムや果実酒としても加工できます。 ●育て方のポイント● ある程度の耐寒性があり、関東地方以南の地域では露地植えは問題ありません。 寒風の強く当たる場所では葉が傷む事があります。 日当たり、水捌けのよい場所を好みます。 自然樹形で、美しい樹形を維持しますから、あまり強い剪定はしないのが基本です。 秋に弱剪定を行います。肥料も好みますから春と秋に与えるようにします。 ●剪定と病害虫対策● 生育は早く、よく新芽を伸ばしますので、樹形を整えるためにも毎年剪定が必要です。樹形を整えるためには、開花後すぐに剪定をします。 樹形は立ち性でよく整った形で成長しますので、大きくしたい場合は剪定は特に必要ありません。伸びすぎた枝をカットするくらいです。 耐病性も強く病害虫もほとんどありませんが、風通しの悪い場所ではウドンコ病が発生することがあります。多い場合は...

【現品】ドウダンツツジ1.6m 11301

千草園芸

11,880

【現品】ドウダンツツジ1.6m 11301

※写真の商品をお送りします。 写真は17年11月30日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり...

送料無料
【現品】ドウダンツツジ 特大 1.8m 1161【送料無料】

千草園芸

21,600

【現品】ドウダンツツジ 特大 1.8m 1161【送料無料】

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月14日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b-u 北海道へは別途送料が必要です。大型荷物のため沖縄、離島へはお送りができません。ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の属落葉低木 【学名】Enkianthus perulatus 【原産】日本(関東以西~九州の限られた山地)台湾 【用途】庭木、生垣、公園樹、街路樹等 【開花期】4月~6月 【成木】2m~3m 【栽培適地】東北中部以南 ●四季折々の姿を見せる「ドウダンツツジ」● 灯台の脚に枝が分枝する姿が似ているところから「灯台ツツジ」と言われ、それが変形し名づけられた「ドウダンツツジ」。春には白い釣鐘状の花を咲かせ、 秋の紅葉も非常にきれいで、日本の風土にもよく合い、全国的に人気のある植物です。ドウダンツツジの中には、ベニサラサドウダンやベニドウダンなど紅花の種類も人気があります。立性でこんもりした樹形を形成する性質から、庭や路地の脇役として幅広く植えられています。枝が密に着き、刈り込んでも芽吹きやすい性質から樹形をコントロールしやすいのが特徴です。丸く刈り込まれて庭などによく植栽されています。小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の真っ赤な紅葉と季節の変化を感じさせます。幹が太くなると見られる模様も趣のあるものです。 春にはたくさんの白い釣鐘状の花を咲かせます。 ⇒ 開花後からは青々と茂ったドウダンを楽しめます。 ⇒ 秋には赤く染まった紅葉がお庭を彩ります。紅葉後は落葉期をむかえます。 ●育て方と剪定のポイント● 植える場所は、日当たり、水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。耐寒性や耐暑性にも強いので、育てやすい樹木です。 日のあたらない場所では、紅葉が出にくくなったり...

【現品】 サルスベリ ピンク 1.6m 01093

千草園芸

8,100

【現品】 サルスベリ ピンク 1.6m 01093

※写真の商品をお送りします。 写真は18年1月9日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1712c-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)サルスベリ 【分類】ミソハギ科サルスベリ属 の落葉中高木 【学名】Lagerstroemia indica L 【別名】百日紅=ヒャクジツコウ 【原産】中国 【用途】庭植え、鉢植え 【開花期】7月-10月 【成木】2m~10m 【栽培適地】東北地方以西 サルスベリは、猿も滑り落ちてしまうくらいのつるつるとした幹が名の由来です。中国南部を原産とし、春に伸びた枝の先端に夏から秋の長期間花を咲かせます。 必要以上に巨大化しないことから、公園などにもよく植えられています。 サルスベリの仲間(ラジェルストリーミア属)は熱帯アジアを中心として、アジア、オーストラリアにおよそ30種が分布します。 樹皮が秋から冬はがれて滑らかになり縞模様が現れます。暑さには強いのですが、落葉樹であるにもかかわらず寒さには弱く東北地方北部以北の寒冷地での植栽は不向きとなります。 ●育て方のポイント● 日当たりのよい肥沃な土壌を好みます。暑さに強く、寒さにもある程度は強いのですが、霜に当たると葉っぱが茶色くなって枯れこむことがあります。 剪定は落葉期に行います。大きくしたい場合は、外しに伸びた枝を残し風通しを悪くしないように混み合った枝を切り取ります。 花は良く伸びた枝の先端に立派な花を咲かせますから細い小さい枝はあまり残さないようにします。 剪定を毎年同じ位置で繰り返すと、切り口が肥大してげんこつのようなこぶになります。げんこつ仕立てとも呼ばれますが、こぶが大きくなると見た目に良くないので数年に1回はこぶを切り落とすとよいでしょう。 太い枝を切った場合は...

【現品】山法師(ヤマボウシ)ミルキーウェイ  株立ち 白花 1.6m 12225

千草園芸

9,720

【現品】山法師(ヤマボウシ)ミルキーウェイ 株立ち 白花 1.6m 12225

写真の商品をお送りします。 写真は17年12月22日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1712c-u ※樹形を整え、高さを調節するため剪定をしております。 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 ヤマボウシ "ミルキーウェイ" ヤマボウシの選抜品種で、クリーム~白色の花を咲かせる大変花付きの良い品種です。 通常のヤマボウシに比べて葉が厚いのが特徴ですので、夏の葉焼けにも強く、シンボルツリーとしても魅力的な樹木です。 鮮やかな花を咲かせた後には、実を楽しむことができます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、 たっぷりと水を与えて乾燥させないように管理することが必要です。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は...

【現品】ミツバツツジ 1.6m 41204

千草園芸

7,560

【現品】ミツバツツジ 1.6m 41204

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月12日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184b-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミツバツツジ 【分類】ツツジ科ツツジ属の落葉低木 【学名】Rhododendron dilatatum 【分布】関東地方から近畿地方東部の太平洋側に分布主にやせた尾根や岩場、里山の雑木林などに生育。トウゴクミツバツツジより、標高の低いところに分布。 【開花期】4~5月 【性質】栽培しやすい。水はけのよい酸性土壌を好む。 【樹高】 2~3m 【栽培適地】東北地方中部以南 ●ミツバツツジの特徴● 春を告げる紫の花が印象的な美しいツツジです。秋には紅葉も楽しむことができ、 和風のお庭だけでなく、洋風のお庭も美しく彩ってくれる樹木です。 品種は多岐にわたり、ミツバツツジの白花品種、朱赤色の花が咲くオンツツジなど珍しい品種もあります。 近縁種に トウゴクミツバツツジやサイコクミツバツツジ、コバノミツバツツジ、 ダイセンミツバツツジ、ユキグニミツバツツジ、キヨスミミツバツツジなどがあり、トサノミツバツツジ、ハヤトミツバツツジなどの地方変種もあります。 それぞれの地方変種に花色には個体差があり、ページに載せさせて頂いている花は一例です。下は白花ミツバツツジ ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけのよい酸性土壌が適しています。 夏場は根元に直射日光が当たらないようにマルチなどをして対策を行ってください。 水やりは、土の表面が乾いてきたらたっぷりと与えてください。土が乾燥する季節以外は、 水のやり過ぎにも注意が必要です。特に剪定の必要はありませんが、剪定は開花後に行ってください。

【現品発送】オリーブの木(チプレッシーノ) 樹高2.1-2.6m(根鉢含まず)8号地中ポット

ぐりーんぐりーん

14,800

【現品発送】オリーブの木(チプレッシーノ) 樹高2.1-2.6m(根鉢含まず)8号地中ポット

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ※オリーブは根を痛めると弱りやすいですが、8号(24cm)地中ポットの商品となりますので、発送の際根を痛めにくくなっています。ポットを外して鉢か地面に植え付けてください。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: CP31(2.4m) 新着! 商品番号: CP32(2.3m) 新着! 商品番号: CP33(2.5m) 新着! 商品番号: CP34(2.4m) 新着! 商品番号: CP35(2.4m) 新着! 商品番号: CP36(2.2m) 新着! 商品番号: CP37(2.6m) 新着! 商品番号: CP38(2.4m) 新着! 商品番号: CP39(2.6m) 新着! 商品番号: CP40(2.4m) 新着! 商品番号: CP41(2.4m) [S2]オリーブ 地中海の雰囲気 オリーブ(ミッション) オリーブ(ネバディロ・ブランコ) 運がよければ、ハート葉が見つかるかも! オリーブ(ハート葉) オリーブは、葉表は濃緑、葉裏は白と、お庭に植えて頂くととても目立ちます。春の新芽の時期には、萌芽力が強くとても綺麗。自家受粉しないものがほとんどの為、実をつける為には開花時期の近い2品種植えつけてあげるとよい。「ネバディロ・ブランコ」と「ミッション」の2品種を一緒に植えつけてあげると実を楽しむことが出来る。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東~沖縄(日本海側を除く) 種類 ネバディロ・ブランコ スペイン系のオイル用の品種。花粉が多く、花の時期が長いので受粉樹として適している。 ミッション カリフォルニア州で発見された、スペイン系の品種。直立性で樹形が整いやすい。...

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-1 落葉樹 庭木 r

千草園芸

16,200

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-1 落葉樹 庭木 r

流泉 イロハモミジ系の枝垂性のモミジ。別称「流星」。 枝が流れるような曲線です。 芽吹きは黄緑色、その後に暗い緑色に変わります。 秋の紅葉も赤紅色になります。 ※写真の商品をお送りします。 ※成長によりダンボールに入りきらない時は、 剪定してお送りする場合がございます。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は17年11月16日撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 1711b-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉モミジ 流泉 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Ryusen" 【用途】鉢植え、盆栽、庭木 【成木の樹高】2~3m 【開花期】4月~5月 従来のシダレモミジよりシダレ性が強くあまり幅を取らずに成長し、自然にまとまりのある姿を形成します。 イロハモミジが強いシダレ性を持った新品種です。 大変丈夫で長くしだれる枝をよく出します。 背丈を高くしたいときは再上部の長くしだれた枝を支柱を使って上に持ち上げて自然な姿になるように固定します。 下に垂れ下がる枝はそのままにしておくと下葉を覆い尽くして中が枯れてしまうので、初夏または落葉後に本年成長した枝を20~30cm残して切り取ります。,br> 翌春は切り口から新芽を出して垂れ下がります。 下は4月の新緑の葉です。 秋には紅(黄)葉します。11月下旬 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

【現品発送】オリーブの木(ミッション) 樹高2.1-2.6m(根鉢含まず)8号地中ポット

ぐりーんぐりーん

14,800

【現品発送】オリーブの木(ミッション) 樹高2.1-2.6m(根鉢含まず)8号地中ポット

送料は全国一律2,800円 (北海道・沖縄・離島の方は送料表を参照ください) ※オリーブは根を痛めると弱りやすいですが、この商品は8号(24cm)地中ポットの商品となりますので安心です。 ポットを外して鉢か地面に植え付けてください。 【現品発送】写真の商品を発送致します。 ※下の写真をクリックすると画像が大きく表示されます。(株元の写真も見れますよ!!) 新着! 商品番号: MS01(2.5m) 新着! 商品番号: MS02(2.1m) 新着! 商品番号: MS03(2.3m) 新着! 商品番号: MS04(2.4m) 新着! 商品番号: MS05(2.1m) 新着! 商品番号: MS06(2.3m) 新着! 商品番号: MS07(2.4m) 新着! 商品番号: MS08(2.5m) 新着! 商品番号: MS09(2.5m) 新着! 商品番号: MS10(2.6m) [S1.5、2.0]オリーブ 地中海の雰囲気 オリーブ(ミッション) オリーブ(ネバディロ・ブランコ) 運がよければ、ハート葉が見つかるかも! オリーブ(ハート葉) オリーブは、葉表は濃緑、葉裏は白と、お庭に植えて頂くととても目立ちます。春の新芽の時期には、萌芽力が強くとても綺麗。自家受粉しないものがほとんどの為、実をつける為には開花時期の近い2品種植えつけてあげるとよい。 分類 植栽適地 常緑高木 南関東~沖縄(日本海側を除く) 種類 フラントイオ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、開帳性。 ネバディロ・ブランコ スペイン系のオイル用の品種。花粉が多く、花の時期が長いので受粉樹として適している。 ミッション カリフォルニア州で発見された、スペイン系の品種。直立性で樹形が整いやすい。 モライオロ イタリア系のオイル用の品種。育てやすく、直立性。 ルッカ...

【現品】椿(ツバキ)白八重 0.6m

千草園芸

3,024

【現品】椿(ツバキ)白八重 0.6m

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月10日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉とともに虫...

【現品】白南天(シロナンテン)1.1m 30851

千草園芸

5,184

【現品】白南天(シロナンテン)1.1m 30851

※写真の商品をお送りします。 写真は18年3月8日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。...

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30252 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.6m 40261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)玉之浦(タマノウラ)1.6m 40261 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:1月~4月ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します...

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30253 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

9,504

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 30253 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン)1.6m 21351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)関戸太郎庵(セキドタロウアン)1.6m 21351 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し...

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-2 落葉樹 庭木 植木 r

千草園芸

15,120

【現品発送】 シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-2 落葉樹 庭木 植木 r

流泉 イロハモミジ系の枝垂性のモミジ。別称「流星」。 枝が流れるような曲線です。 芽吹きは黄緑色、その後に暗い緑色に変わります。 秋の紅葉も赤紅色になります。 ※写真の商品をお送りします。 ※成長によりダンボールに入りきらない時は、 剪定してお送りする場合がございます。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は17年11月16日撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 1711b-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉 植木 庭木 モミジ 流泉 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Ryusen" 【用途】鉢植え、盆栽、庭木 【成木の樹高】2~3m 【開花期】4月~5月 従来のシダレモミジよりシダレ性が強くあまり幅を取らずに成長し、自然にまとまりのある姿を形成します。 イロハモミジが強いシダレ性を持った新品種です。 大変丈夫で長くしだれる枝をよく出します。 背丈を高くしたいときは再上部の長くしだれた枝を支柱を使って上に持ち上げて自然な姿になるように固定します。 下に垂れ下がる枝はそのままにしておくと下葉を覆い尽くして中が枯れてしまうので、初夏または落葉後に本年成長した枝を20~30cm残して切り取ります。,br> 翌春は切り口から新芽を出して垂れ下がります。 下は4月の新緑の葉です。 秋には紅(黄)葉します。11月下旬 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

【現品発送】シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-4 落葉樹 庭木 r

千草園芸

16,200

【現品発送】シダレモミジ(枝垂れ紅葉)「流泉」(リュウセン) 1.6m 01116-4 落葉樹 庭木 r

流泉 イロハモミジ系の枝垂性のモミジ。別称「流星」。 枝が流れるような曲線です。 芽吹きは黄緑色、その後に暗い緑色に変わります。 秋の紅葉も赤紅色になります。 ※写真の商品をお送りします。 ※成長によりダンボールに入りきらない時は、 剪定してお送りする場合がございます。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。ご了承ください。 写真は17年11月16日撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします 1711b-u 送料はL-3 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉樹 紅葉モミジ 流泉 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum"Ryusen" 【用途】鉢植え、盆栽、庭木 【成木の樹高】2~3m 【開花期】4月~5月 従来のシダレモミジよりシダレ性が強くあまり幅を取らずに成長し、自然にまとまりのある姿を形成します。 イロハモミジが強いシダレ性を持った新品種です。 大変丈夫で長くしだれる枝をよく出します。 背丈を高くしたいときは再上部の長くしだれた枝を支柱を使って上に持ち上げて自然な姿になるように固定します。 下に垂れ下がる枝はそのままにしておくと下葉を覆い尽くして中が枯れてしまうので、初夏または落葉後に本年成長した枝を20~30cm残して切り取ります。,br> 翌春は切り口から新芽を出して垂れ下がります。 下は4月の新緑の葉です。 秋には紅(黄)葉します。11月下旬 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり...

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.2m 41707r

千草園芸

3,888

【現品】キンモクセイ(金木犀) 1.2m 41707r

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。銀木犀(ギンモクセイ) 【分類】モクセイ科モクセイ属の常緑小高木 【学名】Osmanthus fragrans Nakai 【原産】中国南西部 【開花期】9~10月 【樹高】5m 【栽培適地】関東地方以南 ●ギンモクセイの特徴● 銀モクセイは、シキザキモクセイより樹高は低い性質で、四季咲きモクセイの歪性種といえます。小さくても開花し、成長は遅く、節が詰まっているので生垣などに利用できます。 香りの強いことで知られている「キンモクセイ」はギンモクセイの変種とされています。花の香りもキンモクセイほどは強くありません。 葉先がとがったヒイラギモクセイもギンモクセイと呼ばれることがありますが、別種のものです。雌雄異株ですが、日本には御株しか導入がなく、種をつけることはありません。 実をつけたとの報告がありますが、種があるのか、発芽したとのニュースは聞いたことが無いので交配でできたものではないと思われます。 開花期は長く、真夏は休みますが、冬期でも10℃あれば咲きつづけます。暖かいときは白い花を咲かせますが、気温が低いと黄色くなります。 ●育て方のポイント● 水はけの良い日当たりを好みます。寒さには弱いので、寒地での栽培には適していません。関東地方以南での露地植えが可能です。 生育は遅めで、背丈は年に20cmくらいしか大きくなりません。性質は強く、普通の庭木として特に気を使うことも無く栽培できます。 ●剪定と病害虫対策● 新芽のふく春前に形を整え...

【現品発送】モミジ 「右近」(ウコン) 1.8m 02224

千草園芸

10,260

【現品発送】モミジ 「右近」(ウコン) 1.8m 02224

右近 別称「青柳」。葉が芽吹きから開葉まで黄緑色です。 秋の紅葉時は、葉の色は黄色に紅葉します。 ※写真の商品をお送り致します。 写真は18年2月23日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 182c-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 上の左が春野芽出し時、右が夏の状態です。 モミジの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 下は滋賀県湖東三山のひとつ金剛輪寺のヤマモミジ2015.11.29 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。...

【現品】ヤマボウシ(山法師)赤花 1.4m 40201

千草園芸

8,640

【現品】ヤマボウシ(山法師)赤花 1.4m 40201

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184a-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。 まだ色がはっきりでていません。↑ 徐々に↓のような色になっていきます。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20...

【現品】ハクモクレン(白モクレン) スノーホワイト  1.7m 32403

千草園芸

7,344

【現品】ハクモクレン(白モクレン) スノーホワイト 1.7m 32403

写真の商品をお送りします。 写真は18年3月24日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。183d-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)モクレン(木蓮) 【分類】モクレン科モクレン属 の落葉中高木 【学名】Magnolia quinquepeta もしくは Magnolia liliiflora 【原産】中国南西部(雲南省、四川省) 【別名】マグノリア 【開花期】3月~4月(開花期が遅い品種もあり) 【樹高】 3~15m 【栽培適地】北海道南部以南 ●モクレンの特徴● 日本では春を告げる花として、古くから愛されています。開花後葉が出て春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋には黄葉を楽しめ、冬には落葉期に入ります。 特徴的な花色や花弁から、記念樹として購入される方も多く、シンボルツリーにオススメです。花は上品で優雅な芳香を楽しむことができます。 蕾をたくさんつけますので、毎年春にはたくさんの花を咲かせます耐寒性や耐暑性も強いので、比較的育てやすく管理のしやすい樹木です。 ●育て方のポイント● 植える場所は、水はけが良く日当たりの良い土壌を好みます。腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 水は日に何度も与えるのではなく、太陽が沈んでから時間をかけて十分に与えるようにしましょう。 耐寒性・耐寒性も強く、氷点下10度程度までは耐えることが可能です。 施肥は、主に冬に行います。 ●剪定と病害虫対策● 剪定は、開花後または落葉期におこなってください。落葉期は、蕾がついている枝に注意しましょう。 モクレンは成長の早い樹木です。背丈を抑制したい場合は高く伸びすぎた枝の切り戻しをします。 その他、込みすぎる枝葉を切り取り、伸びすぎた枝などもカットしてください。 また...

【現品】カリン(花梨)1.7m 12866

千草園芸

7,020

【現品】カリン(花梨)1.7m 12866

※写真の商品をお送りします。 写真は17年3月27日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 173e-u 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 学名 P.sinensis C. K. Schneid. 成木の樹高 8m 栽培適地 東北地方~九州 開花期 4~5月 結実期 10~11月カリン 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉樹 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 中国 別名: カリントウ 開花: 4月~5月果実熟期 9月~10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲かせません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは良くあります。 落葉期に植え替えをして十分な肥料を与えておくと雌花がたくさん咲くようになります。 1本でも雌花が咲けば結実します。 よく枝が伸びますから、適度に剪定が必要です。 伸びきらない新芽が翌年はとげになり、危険ですから、剪定などは注意して行いましょう。 太い幹についたとげ状の枝も切っておいたほうがきれい...

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.3m 102557

千草園芸

4,104

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.3m 102557

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われていま...

【現品】ベニドウダンツツジ(紅ドウダンツツジ) 1.2m 42305

千草園芸

5,616

【現品】ベニドウダンツツジ(紅ドウダンツツジ) 1.2m 42305

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。紅ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus cernuus f. rubens 【原産】日本固有種で本州関東地方以南、四国、九州。 【開花期】5月~6月 【成木】2m~3m ●庭の脇役「紅ドウダンツツジ」● 春に釣鐘状の紅花を垂れ下げて咲かせます。 花を観賞するほか、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の紅(黄)葉と季節の変化を感じさせます。 サラサドウダンツツジに似ていますが、可愛らしい小ぶりの花が特徴です。 花の色の濃淡は産地により違いがあります。 ●育て方のポイント● ドウダンツツジとは異なり、ベニドウダンはより排水性のよい場所を好み、耐暑性もあまり強くありません。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は、根穴にたっぷり水を入れてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で、上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。 下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり...

【現品】紅更紗ドウダンツツジ(ベニサラサ) 苗木 1.3m 42302

千草園芸

5,184

【現品】紅更紗ドウダンツツジ(ベニサラサ) 苗木 1.3m 42302

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 一部剪定をしております(写真は剪定後) 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。紅更紗ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus campanulatus var. rubicundus 【原産】日本固有種で北海道西南部、本州の兵庫県以東、四国の徳島県に分布し、深山の岩地に生育します。 【開花期】5月~6月 【成木】2m~5m ●際立つ大きな紅花「ベニサラサ」● 一般的なサラサドウダンは花の縦縞(たてじま)が更紗模様のように見えるところら名づけられたものです。 紅サラサドウダンは更紗満点星(サラサドウダン)の変種で、花全体が赤みを帯びた大形の花を咲かせる品種です。 比較的広い範囲に分布が見られますが、地方変異が大きいつつじです。 普通のドウダンツツジよりも花が大きく、開花期も半月ほど遅いのが特徴です。 ドウダンツツジの中では大きく、縦縞の入った紅花は、お庭を彩る花の中でも目を引く存在となります。 ●育て方のポイント● ドウダンツツジとは異なり、サラサドウダンはより排水性のよい場所を好み、耐暑性もあまり強くありません。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は...

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.6m 21352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)日本の誉 (ニホンノホマレ) 1.6m 21352 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 ※こちらの商品は写真では鉢に植わっていますが、 お送りするときは根巻きの状態でお送りします。 写真は18年2月13日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 182b 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。...

【現品】椿(ツバキ)吹上絞り(フキアゲシボリ)1.6m 40258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

10,584

【現品】椿(ツバキ)吹上絞り(フキアゲシボリ)1.6m 40258《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年4月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉と...

【現品】ベニドウダンツツジ(紅ドウダンツツジ) 1.3m 42303

千草園芸

4,536

【現品】ベニドウダンツツジ(紅ドウダンツツジ) 1.3m 42303

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月23日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184d-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。紅ドウダンツツジ 【分類】ツツジ科ドウダンツツジ属の落葉低木 【学名】Enkianthus cernuus f. rubens 【原産】日本固有種で本州関東地方以南、四国、九州。 【開花期】5月~6月 【成木】2m~3m ●庭の脇役「紅ドウダンツツジ」● 春に釣鐘状の紅花を垂れ下げて咲かせます。 花を観賞するほか、立性でまとまりのある樹形を形成する性質から、庭の脇役としてよく植栽されます。 小さい葉は春の新緑、夏には涼しげな深緑となり、秋の紅(黄)葉と季節の変化を感じさせます。 サラサドウダンツツジに似ていますが、可愛らしい小ぶりの花が特徴です。 花の色の濃淡は産地により違いがあります。 ●育て方のポイント● ドウダンツツジとは異なり、ベニドウダンはより排水性のよい場所を好み、耐暑性もあまり強くありません。 植え付け場所は水はけの良い日当たりで、直射が根元の土に当たらないようにマルチや下草などを植える等の工夫をしてください。 落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は、根穴にたっぷり水を入れてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で、上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。 下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり...

【現品】リキュウバイ(利休梅)  1.5m 41953

千草園芸

6,480

【現品】リキュウバイ(利休梅) 1.5m 41953

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月19日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) おとなしい純白の花をつける落葉小高木です。 学名 Exochorda racemosa Rehd. 原産 中国 分類 バラ科ヤナギサクラ属の落葉低木 成木の樹高 3~4m 開花期 4~5月利休梅(リキュウバイ) 【分類】バラ科ヤナギザクラ属の落葉中低木 【学名】Exochorda racemosa 【原産】中国揚子江下流域 【開花期】4~5月 【樹高】4~5m ●利休梅の特徴● 春に白い一重の花を咲かせる丈夫な落葉樹で、庭の脇役として、また茶花としてもよく使用されます。 小さいうちは軸が立ち上がりますが、ある程度大きくなるとたれてくる枝ができ、茶花として利用できます。 古くから茶花として広められてきた背景から、「利休梅」と名づけられたのが由来とされています。 滋賀県大津市内で。4月18日 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。 夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 植えつけ後は支柱を立てて固定してください。下は大きく育ったリキュウバイです。

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 1.2m 31005

千草園芸

4,320

【現品】ヤマボウシ(山法師)白花 1.2m 31005

写真の商品をお送りします。 写真は18年4月20日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。184c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) こちらはヤマト便でのお送りとなりますので、日付の指定はできますが、 時間帯の指定ができません。ヤマボウシ 【分類】ミズキ科ヤマボウシ属の落葉中高木 【学名】Benthamidia japonica 【別名】ヤマグワ 【原産】日本(本州~琉球)、朝鮮半島、中国 【用途】庭木、公園樹、街路樹等 【開花期】5月~7月 【結実期】10月 【成木】5m~10m 【栽培適地】東北中部以南 初夏(5月~7月)に白い一重の先のとがった4弁の花を咲かせます。 落ち着いた印象の花は色鮮やかにお庭を彩り、シンボルツリーとしても人気の樹木です。 立性で上のほうで枝の広がる樹形を形成する性質から、庭の主木や街路樹としてもよく植栽されます。 横に広がる葉は春の新緑、初夏の花とのコントラスト、秋の紅葉と季節の変化を感じさせてくれます。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たり・水はけの良い所が適しています。 保水性のある肥沃な土壌を好みます。日照が足りないと、花つきが悪くなります。 夏場や直射のあたる場所では、地温の上昇と乾燥を防ぐことが大切です。 土壌に十分な腐葉土や堆肥等の有機物を入れておくことで、保水力を高め根を温度変化から保護することができます。 また、バークなどのマルチをすることで直射による地温の上昇を防ぎ、乾燥を防止することができます。 移植した年の夏には、特に注意が必要で、乾燥させると枯れ枝ができたり、枯れ死する場合があります。 具体的な対策としては、大きめの穴を掘って土の20%以上の腐葉土を混ぜて植えつけ、夏の晴天時には根元にバークや枯れ葉等のマルチをするほか、...

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 31653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ) 秀蘭(シュウラン) 1.6m 31653 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月16日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。 葉が白い絣のように見えますのでこのとき気づくと葉...

サカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 シンボルツリー 常緑樹(お得なセット販売もございます)

植木通販 季の香

880

サカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 シンボルツリー 常緑樹(お得なセット販売もございます)

【送料について】九州・中国:1,500円関西・四国:1,590円中部・北陸:1,590円関東・信越:1,690円東 北:2,300円北海道:2,600円沖縄:2,800円【お届けについて】ゆうパックまたはヤマト運輸での発送となります。ご注文を頂きましてから、2~3営業日での発送となります。休業日が重なる場合は出荷までお時間を頂く場合がございます。予めご理解の程宜しくお願い致します。発送後、お届けまでの日数は下記をご確認ください。九州・中国・関西・四国・中部発送日+1日北陸・関東・信越・東 北・北海道・沖縄発送日+2日【商品詳細】サイズ: 樹高0.5m前後シンボルツリー シンボルツリー常緑樹 全国有数の植木の里「福岡県田主丸町」から、植木の産地ならではの、自慢の商品をお届け致します。 激安 安い お得 サカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣 サカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さかき ホンサカキ 榊 本榊) 常緑樹 苗木 植木 苗 庭木 生け垣●楽しみ・特徴鑑賞ポイント・特徴洋風・和風・自然風な庭に合わせやすい花つき開花期 6-7月ごろ花色 白実なり10月ごろ葉葉色 緑葉の形 広い樹形樹形 広がらない最終樹高 8m程度用途生け垣、など●育て方・性質など性質常緑高木適応地域東北~沖縄耐寒性強い成長速度30cm/年※環境により異なります日当たり日向~半日陰を好む推奨植え付け間隔40-30cmこの商品はお得なセット商品がございますサカキ 樹高0.5m前後 15cmポット (さか…¥880【5本セット】 サカキ 樹高0.5m前後 15c…¥2,880■送料無料■【10本セット】 サカキ 樹高0.5…¥7,780■送料無料■【15本セット】 サカキ 樹高0.5…...

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 20201

千草園芸

9,720

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 20201

写真の商品をお送りします。 写真は17年4月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ウグイスカグラ 【分類】スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木 【学名】 Lonicera gracilipes 【分布】北海道(南部)、本州、四国、九州 【別名】ウグイスノキ、ヤマウグイスカグラ、ウグイスカグレ 【栽培適地】北海道南部~九州 【開花期】4月~5月 【利用】庭木 春にピンクのかわいい花を咲かせ、初夏には赤い実を楽しむことのできる丈夫な落葉樹です。 自然のおもむきを感じさせる樹形が特徴で、庭の脇役や盆栽などにも使用されます。 春には、ラッパ状の小さな可愛らしい花を咲かせます。花後の初夏には、小さな赤く熟した実がなります。 実は食べると、酸味が少なくほんのり甘い果実です。 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて固定してください。

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.0m 41656 r

千草園芸

8,424

【現品】ニオイロウバイ「アテネ(黄花)」1.0m 41656 r

※写真の商品をお送りします。 写真は18年4月17日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 184b-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) メロンやマスカットを思わせる甘い香りのするクロバナロウバイの黄花種で、成木は2mを超えるまでの背丈になります。 開花期はクロバナロウバイよりも少し早めで4~5月です。ニオイロウバイ`アテネ' 分類: ロウバイ科クロバナロウバイ属の落葉低木 学名: Calycanthus floridus L. `Athens' 原産: 北アメリカ南東部原産のクロバナロウバイ(別名:ニオイロウバイ)の園芸種 別名: キバナロウバイ・アテネ、 開花期: 5月~6月 用途: 庭木、公園樹、生け花等 樹高: 2~3m 栽培敵地: 北海道南部以南 ニオイロウバイは、クロバナロウバイの園芸種でクロバナロウバイよりも大型で、甘い芳香があるライムグリーンの花を咲かせます。 栽培は容易で、寒さ暑さに強く、毎年よく花をつけます。 クロバナロウバイ属は、4種からなるグループで、北アメリカに分布する落葉低木で、中枢神経麻痺させる有毒植物です。 日当たりと水はけの良い肥沃な土壌を好みます。水はけが悪いと枯れ枝が出たりして生育が良くありません。 中国原産のナツロウバイ(Sinocalycanthus chinensis)に近縁で、近年では両種の属間の交配種もつくられ、流通し始めています。 普通のロウバイのように太い木にはならず、短いランナーで株立ち状に成長します。水揚げもよく、切花にも利用されます。 ●育て方のポイント● 肥沃で水はけのよい日当たりを好みます。 多少の半日陰でも育ちますが、日陰では花つきが悪くなりがちです。 耐寒性、耐暑性の強く丈夫な植物です。 ただ、過湿に弱く...

【現品】ミモザアカシア(ギンヨウアカシア) 1.9m 30661

千草園芸

12,420

【現品】ミモザアカシア(ギンヨウアカシア) 1.9m 30661

※写真の商品を御送りします。 写真は18年3月6日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 183a-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ミモザアカシア (英)Green Wattle,Early Black Wattle (分類)マメ科アカシア属 (原産)オーストラリア南東部(タスマニアを除く) (特性)半耐寒性常緑高木(成木では-5~10度) (学名)Acacia Millor decurrens Willd (用途)公園樹、庭木・シンボルツリー、切花 関東以西の低地では街路樹や公園などに多く植栽されています。日当たりと水はけのよい土地を好み、乾燥に強くやせ地でもよく生育します。正しくはアカキア属と言いますがアカキアではなく一般にはアカシアと言います。ニセアカシアも一般的によくアカシアと言われ混同することがあります。 春先に黄色い花を満開につけ、非常に美しい花木ですが、成長が早くすぐに大きくなるので剪定をして樹形を整えることが必要です。 また一度路地植えすると移植はまずできないと考えたほうがよいので植える場所は大きくなると思って計画を持って植えてください。鉢植えの場合も植え替えのときはあまり根鉢は崩さずに行いましょう。 西日本では公園や街路樹によく利用され、強剪定にも耐えてかなり大きく成長します。 春に黄色い玉状の花を木いっぱいに付け、切花やドライフラワーにも利用されます。 ミモザアカシアの近縁種には次のようなものがあります。 1.ギンヨウアカシア(ギンバアカシア、ハナアカシア) (学名) Acacia baileyana F.V.Muell (英) Cootramundra Wattle、Golden mimosa (原産) オーストリアのニューサウスウェールズ州のごく限られた地...

スポンサーリンク
スポンサーリンク