メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「植木組合」検索結果。

植木組合の商品検索結果全33件中1~33件目

ベニカナメ・レッドロビン 生垣用1.2m

千草園芸

1,566

ベニカナメ・レッドロビン 生垣用1.2m

生垣の定番です。軸から芽が吹きやすく、見事な生垣になります。 古くは日本種の紅カナメが用いられていましたが厄介な落葉性の病気が発生してから西洋種が用いられるようになりました。 真っ赤な春の芽だしは大変美しく、若葉の季節を演出してくれます。 写真は見本品です。木の状態は季節により変化いたします。 お送りする商品のポットを含めた高さは約1.2mです。 送料 1620円より(地域により異なります。) 1個の荷物で送れる数量 2個 同送可能商品 5号ポット苗の場合は約7個 備考 レッドロビン レッドロビンはベニカナメモチとオオカナメモチとの交雑種で、新芽が美しい紅色になります。 葉はカナメモチより一回り大きく、新葉の色づきもより赤くなります。 庭木というよりは生垣として最も利用される木です。 〜レッドロビン誕生の秘話〜 古くは日本原産の紅カナメモチが生垣に利用されていましたが、 30年くらい前から葉に赤い斑点ができて落葉し、樹勢が衰えていく 斑点病の一種とされる病気が広がりました。 病気は生産地にも広がったことから、対策には組合を挙げて様々な 取り組みをされたようですが、薬では効果が無かったことから、 『レッドロビン』が導入されました。 ベニカナメモチの生産は今では、ほぼレッドロビンに変えられています 【病害虫】まれに褐斑病とごま色斑点病が発生することがあります。 どちらも殺菌剤を散布します。 害虫では、ヒロシンクイガの被害があります。小型のシンクイムシで、新芽が黒くなり、先端の葉が枯れます。小さい虫ですからあまり大きい被害は発生しませんが、オルトランなどの浸透移行性殺虫剤が効果的です。 「レッドロビンの生垣の作り方」 (用意するもの) ○腐葉土または堆肥 ・生垣用樹木5〜7本につき18L腐葉土1(40L堆肥は1/2) ○クイ ...

送料無料
ベニカナメ・レッドロビン 生垣用 0.8m 24本セット【送料無料】

千草園芸

14,904

ベニカナメ・レッドロビン 生垣用 0.8m 24本セット【送料無料】

※写真は見本品です。 写真は17年5月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175a-u 春には赤い芽を吹きますが、夏以降に出る葉はあまり赤くありません。 ※北海道、沖縄、船賃の必要な離島は、別途送料はかかります。レッドロビン レッドロビンはベニカナメモチとオオカナメモチとの交雑種で、新芽が美しい紅色になります。 葉はカナメモチより一回り大きく、新葉の色づきもより赤くなります。 庭木というよりは生垣として最も利用される木です。 〜レッドロビン誕生の秘話〜 古くは日本原産の紅カナメモチが生垣に利用されていましたが、 30年くらい前から葉に赤い斑点ができて落葉し、樹勢が衰えていく 斑点病の一種とされる病気が広がりました。 病気は生産地にも広がったことから、対策には組合を挙げて様々な 取り組みをされたようですが、薬では効果が無かったことから、 『レッドロビン』が導入されました。 ベニカナメモチの生産は今では、ほぼレッドロビンに変えられています 【病害虫】まれに褐斑病とごま色斑点病が発生することがあります。 どちらも殺菌剤を散布します。 害虫では、ヒロシンクイガの被害があります。小型のシンクイムシで、新芽が黒くなり、先端の葉が枯れます。小さい虫ですからあまり大きい被害は発生しませんが、オルトランなどの浸透移行性殺虫剤が効果的です。 「レッドロビンの生垣の作り方」 (用意するもの) ○腐葉土または堆肥 ・生垣用樹木5〜7本につき18L腐葉土1(40L堆肥は1/2) ○クイ ・約2m間隔で1本 ○横棒(支柱) ・長さ2.4mのものは2mに付き1本(生垣苗木の高さが1.5m以上のときは2または3本) ○棕櫚紐 ・縦クイと横棒をくくりつける量と木を横棒にくくりつける量。 (植え付け準備) 植えつける場所を深く耕し、腐葉土...

リピア ヒメイワダレソウ バラ売り【★雑草を抑える★芝よりカンタン♪】【RCP】

植木組合

184

リピア ヒメイワダレソウ バラ売り【★雑草を抑える★芝よりカンタン♪】【RCP】

※同圃場、同様株をお届けします。 離島・沖縄・北海道など一部地域は別途中継料がかかります。芝生のかわりに 地面に植えて 小花のじゅうたん 芝刈りは大変! リピアは 5cmくらいの草丈で 刈り込み不要♪ 家と外壁の間の 細い通路に、土の部分を 隠したい、 雑草を 防ぐために!いろいろ使えて 手間いらず! 踏 ん で も 大 丈 夫 ♪ こんなかわいい花を 咲かせるのに とっても強いんです♪ * とくに手入れなし。殺虫剤、殺菌剤、除草剤等 かけなくてOK! *温暖化防止に注目されている草花 お庭からエコはじめましょ♪ ◆◆ リピアは 1平米(1m×1m) = 10〜30POT ◆◆ 広がるのを待つという方は少し 少なめでOK! *** リピアの育て方 *** ◆開花期間は5月〜10月 長く咲きます ◆冬期(12月から2月)は休眠期。(場所によって変色しますが、春には緑を回復します) ◆日なた〜明るい半日陰 日陰は×です ◆草丈は踏まないと10cm程度まで厚みが出ます。春に地際でカットすると、より美しく芽吹きます。 ◆耐寒性は非常に強い!北海道でも植栽可能ですが、春の雪解けが長いと根腐れをおこす事例があります。 植木組合はリピアを年間5万個以上生産しています 注文後 生産ハウスで箱詰め発送! ある程度の寒さにあてた、強く新鮮な苗をお届けします ※こちらはバラ売りです※

送料無料
月刊「近代盆栽」2014年11月号

BONSAI 彩都 楽天市場店

1,188

月刊「近代盆栽」2014年11月号

平成26年10月4日(土)発売 移ろいゆく季節を味わう 近代盆栽美術館 創作盆栽の深みと面白さ 未曾有の感性がまた一つ 杜松 類い稀なる幹骨が煌めく 実技:木村正彦 中級〜上級者向け 適期企画 針金かけがもっと楽しくなる!〔松柏篇〕 ●近盆インタビュアー 森 友美の針金かけ挑戦 指導:西川智也 実技:森友美 ●枝操作を容易にする整姿テクニックガイド 特別インタビュー 奇跡の星の植物館プロデューサーに尋ねる 現代のライフスタイルに合わせた盆栽の在り方 辻本智子氏 本誌独占 日本小品盆栽組合連動企画 小品・貴風大オークション直前情報 全国展示会紹介 盆栽清香会/豊樹会・小平豊草会/奈良明治会/豊中小品盆栽会/姫路盆栽愛好会/一葉会・花植木流通センター/神戸盆栽大学/グリーンプラザ美里/鹿沼園芸フェア実行委員会/関東盆栽組合/日本瑞祥愛好会/日本盆栽協同組合東京支部 特別頒布企画 期間限定・特価名品 ザ・バーゲン 名石探訪 監修・解説:一般社団法人日本水石協会 充実の連載ラインナップ ・皐月連載 皐月盆栽の魅力と可能性を探る 矢作清治 ・図解シリーズ 完成樹を目指す 珍樹種の樹づくりにチャレンジ! 群 境介 ・小品連載 プロが教える 小品盆栽の樹づくりと管理の要諦 三浦裕貴 ・名鉢鑑賞「竹本正方鉢・銘「淡雪」/高取焼木瓜式鉢」 ・ホンネで語る盆栽界 徳尾真砂弘 ・盆栽ナゼ?ナニ? 研究室 ・常時販売 盆栽道具 ・月ごとの作業・管理 ・情報関連素材「梅四選」 ・名樹鑑賞 「黒松・銘 聖代」 ・水石の心にふれ石と語る ・読者の広場・お茶をどうぞ ・懸賞キンボン・クイズ ・イベントガイド ・付録「盆栽情報」盆栽の魅力・育て方・楽しみ方を、お伝えする盆栽総合誌です。創刊より30余年、日本国内はもちろん世界各国で「KINBON...

こちらの関連商品はいかがですか?

西洋あじさい高さ40cm

とろばと

864

西洋あじさい高さ40cm

高さ40cm POT径15cm ユキノシタ科アジサイ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 アジサイは、日本原産のがくあじさいが花序全体が装飾花に変化した植物です。 交配が容易だったため欧米で(特にイギリスで)多くの園芸品種がつくり出され、 日本に里帰りしました。 花は枝先に球状に集まってつき、花びらのように見えるのは花弁で、 その中心に小さな花があります。 花色の基本色は青紫ですが、酸性土壌では青みが強く、 アルカリ土壌では赤みが強くなります。 丈夫で病害虫も比較的少なく初心者向きです。 西日の当たらない半日陰を好みますが、日向でも育ちます。 耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 半日陰を好みます。 西洋アジサイは日向でも生育します。 【土壌・土質】 やや湿った肥沃な土壌を好みます。 西洋アジサイは水はけの良い土壌を好みます。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、 アルカリ性の土質ではピンク色や紅色にになります。 【用途】 シンボルツリー・根締め・コンテナ 【植えつけ】 暖地では、11月〜3月の落葉期、 寒冷地では発芽前の3〜4月ごろが適期です。 【肥料】 あまり肥料を必要としません。 施肥を行うときは、チッ素過多に注意が必要 【剪定方法】 2年に1回、のびすぎた枝を切りつめ、倒れた枝を取り除きます。 花芽が形成される9月ごろまでに行います。 葉の根元にある芽の位置を確認してその上で少し長目に切ります。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 大胆に仕立て直しをした場合...

こでまり高さ40cm

とろばと

788

こでまり高さ40cm

高さ40cm POT径15cm バラ科シモツケ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 中国原産の落葉低木で、名前は小さな手毬状の花姿に由来します。 4、5月ごろ真っ白な小さな花が15〜20輪くらい、 手毬のようにかたまって咲きます。 枝先には花がびっしりとつき、弓なりに垂れ下がります。 土地を選ばず、病害虫にも強く丈夫なので、育てやすい花木です。 【植栽適地】 北海道〜九州 【日当たり】 日向を好みますが、半日陰の場所でも問題なく花も咲かせます。 【土壌・土質】 特に土質は選びませんが、水はけの良い砂質土壌で乾燥しない場所を好みます。 粘土質の多い場所では育たないので、気を付けましょう 土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 3月〜4月上旬が適期です。 【肥料】 肥料は2月頃に寒肥を、花後の6月頃にお礼肥を与えます。 寒肥は油粕に骨粉を3割ほど混ぜたものを、お礼肥は化成肥料が適しています。 【剪定方法】 刈り込みをせずに自然樹形のほうが美しい。 枝の切り戻しは花の終わった後すぐに行います。 勢いが強く長く伸びすぎた枝は、下の方の枝が分岐しているあたりで切り落とす。 きれいな樹形にするには細くて枝垂れるような、やわらかい感じの枝振りに仕立てるのがコツです。 また枝の老化などが原因で花付きが悪くなったり、古い枝が枯れ込み、風通しや日当たりを悪くなったりします。 そのような場合、株の若返りを図るため落葉後の11月〜12月にも剪定を行います。 (基本的に古い枝のない若い株はこの作業を行う必要ありません) 太い古枝を株元から切り落とし、間延びした枝や、枝の混み合って重なっているような部分を整理して樹形を整え...

がくあじさい高さ40cm

とろばと

886

がくあじさい高さ40cm

高さ40cm POT径15cm ユキノシタ科アジサイ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本原産ので、多くのアジサイの母種ガクアジサイは、中央の小さな花のまわりに 咲く装飾花がまるで額縁のように見えることから、その名で呼ばれています。 丈夫で病害虫も比較的少なく初心者向きです。 西日の当たらない半日陰を好みますが、日向でも育ちます。 耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 半日陰を好みます。 西洋アジサイは日向でも生育します。 【土壌・土質】 やや湿った肥沃な土壌を好みます。 西洋アジサイは水はけの良い土壌を好みます。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、 アルカリ性の土質ではピンク色や紅色にになります。 【用途】 シンボルツリー・根締め・コンテナ 【植えつけ】 暖地では、11月〜3月の落葉期、 寒冷地では発芽前の3〜4月ごろが適期です。 【肥料】 あまり肥料を必要としません。 施肥を行うときは、チッ素過多に注意が必要 【剪定方法】 2年に1回、のびすぎた枝を切りつめ、倒れた枝を取り除きます。 花芽が形成される9月ごろまでに行います。 葉の根元にある芽の位置を確認してその上で少し長目に切ります。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 【病害虫】 まれに炭そ病や輪班病が発生します。

どうだんつつじ 白花高さ40cm

とろばと

983

どうだんつつじ 白花高さ40cm

高さ40cm POT径12cm ツツジ科ツツジ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 ドウダンツツジは春に咲く白い壺形のかわいらしい小花と、 秋の紅葉(10月中旬から11月)がすばらしい、落葉性の花木です。 葉が出る前に開花します。 日本原産ですが、各地で栽培されているドウダンツツジは小葉の優良個体を選抜したものです。 刈り込みに耐え、小枝が密に出るので、生け垣用として、戦後急速に全国に広まった様です。 野生のドウダンツツジの多くは、栽培されている株よりも葉が大きく、枝の出方が粗めです。 【植栽適地】北海道〜九州 【日当たり】 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよい 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 【土壌・土質】 保湿性のある有機質に富んだ土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】シンボルツリー・並木・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 厳冬期を避けた12〜3月ごろが適期です。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで 深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置になるように植え付けます。 【肥料】 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて 油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料の半分程度の量です。 【剪定方法】 樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、...

どうだんつつじ 紅花高さ40cm

とろばと

1,674

どうだんつつじ 紅花高さ40cm

高さ40cm POT径15cm ツツジ科ツツジ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 新緑の葉影に赤い小花が輝くように咲く、どうだんつつじの赤花品種。 秋の紅葉(10月中旬から11月)もすばらしい、落葉性の花木です。 葉が出る前に開花します。 日本原産ですが、各地で栽培されているドウダンツツジは小葉の優良個体を選抜したものです。 刈り込みに耐え、小枝が密に出るので、生け垣用として、戦後急速に全国に広まった様です。 野生のドウダンツツジの多くは、栽培されている株よりも葉が大きく、枝の出方が粗めです。 【植栽適地】北海道〜九州 【日当たり】 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよい 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 【土壌・土質】 保湿性のある有機質に富んだ土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】シンボルツリー・並木・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 厳冬期を避けた12〜3月ごろが適期です。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで 深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置になるように植え付けます。 【肥料】 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて 油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料の半分程度の量です。 【剪定方法】 樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、...

きんもくせい 高さ40cm

とろばと

788

きんもくせい 高さ40cm

高さ40cm POT径10.5cm キンモクセイ科キンモクセイ属 常緑広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 中国原産の常緑性樹木で、秋に葉のつけ根に 橙黄色の小さな花を蜜につけます。 キンモクセイの一番の特長は花の放つ 心地よい芳香で、日本人には最も馴染みの 深い花の香りのひとつではないかと思います。 西日を避けたり、目隠しのために使われます。 花を愛で、香りを楽しめます。 また丈夫な木ですが、排気ガスや煤煙になどに 非常に弱く、花つきが悪くなるため、大気汚染の 指標木とされるほどです。 また挿し木にしてコンテナで花や香りを楽しめます。 庭木や公用樹として広く植えられており、 ごく普通に見ることができます。 刈り込んで形を整えやすいので、垣根にも適しています。 【植栽適地】 東北南部〜九州 【日当たり】 日向を好みます。 日照不足になると、新しい枝の葉が落ちる事があります。 病害虫より前にちゃんと日照が確保できているかを確認してください。 【土壌・土質】 土質は選びません。 乾かない程度の水はけの良い肥沃な砂質土壌を好みます。 乾燥・多湿を嫌います。 【用途】 シンボルツリー・生け垣・目隠し・コンテナ 【植えつけ】 3月〜4月ごろが適期。土壌の過湿と乾燥に弱いので植える場所に注意します。 枝が広がり葉が茂るので、隣接物から1.5m以上離して植えてください。 また排気ガスなどの大気汚染に敏感で空気が悪い場所だと花芽が付かなかったり、 咲いても香りが弱くなることがあります。 そのような場合、生育期にときどき葉の表面を洗い流すように水をたっぷりとかけると花付きがよくなります。 【肥料】 寒肥としてチッ素分を控えたリン酸・カリ主体の肥料を与えてください。...

むらさきしきぶ高さ40cm

とろばと

551

むらさきしきぶ高さ40cm

高さ40cm POT径10.5cm クマズラカ科ムラサキシキブ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 ムラサキシキブは日本、中国、台湾、朝鮮半島に分布する落葉性の低木で、樹高は2〜3m位になる。 秋に光沢のある紫色の小さな果実を葉の付け根あたりにまとめてつけるのが一番の特徴です。 赤い実をつける日本の樹木は多いですが、紫色の果実をつけるものはそうないでしょう。 6〜7月に淡紫色の小さな花を多数開き、10〜11月に美しい紫色の実が熟します。 【植栽適地】 北海道南部〜九州 【日当たり】 日のよく当たる場所〜やや日陰の場所でよく育ちます。 日当たりが悪いと、花つきがよくないので注意 【土壌・土質】 土質は選びませんが、腐葉土など有機質の入ったやや湿り気のある土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】 添景木・コンテナ・根締め 【植えつけ】 厳寒期を除く11〜3月が適期です。 鉢植えにしているものは生育旺盛ですぐに根づまりをおこしてしまいますので、 1年に1回、一回り大きな鉢に植え替えます。 【肥料】 肥料は特に与えなくてもよいが冬に油かすなどを株元に施すと、春からの生育がよいです。 鉢植えは落葉期の冬と、花が咲く前の春、実が色づく秋の年3回、ゆっくりと効く化成肥料を適量、株元にばらまきます。 【剪定方法】 枝を切る作業は落葉期の冬に行い、樹形を整える程度のします。 芽吹く力が強くてどこで切ってもたいがい芽は吹きますが、あまり短く切り詰めると花付きが悪くなり、 花が少ないと、後にできる果実も少なくなります。 翌年の花付を良くするためにも、軽剪定にとどめておくことをおすすめします。 【病害虫】 特にありませんが、風通しと日当たりが悪いなど...

どうだんつつじ 紅花高さ40cm

とろばと

983

どうだんつつじ 紅花高さ40cm

高さ40cm POT径13.5cm ツツジ科ツツジ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 新緑の葉影に赤い小花が輝くように咲く、どうだんつつじの赤花品種。 秋の紅葉(10月中旬から11月)もすばらしい、落葉性の花木です。 葉が出る前に開花します。 日本原産ですが、各地で栽培されているドウダンツツジは小葉の優良個体を選抜したものです。 刈り込みに耐え、小枝が密に出るので、生け垣用として、戦後急速に全国に広まった様です。 野生のドウダンツツジの多くは、栽培されている株よりも葉が大きく、枝の出方が粗めです。 【植栽適地】北海道〜九州 【日当たり】 日陰だと枝が密生せずに粗くなり、秋の紅葉時期も葉は美しく色づきません。 日当たりの良い場所から半日陰の場所で育てるようにします。 夏の高温時の直射日光や西日にはできれば当たらない場所のほうがよい 冬期は落葉し、耐寒性もあるので特に防寒を行う必要はありません。 【土壌・土質】 保湿性のある有機質に富んだ土壌を好み、乾燥を嫌います。 【用途】シンボルツリー・並木・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 厳冬期を避けた12〜3月ごろが適期です。 細かい根が広く張るので植え穴は大きめにして堆肥や腐葉土を混ぜ込んで 深植えにならないよう地際の部分が少々高い位置になるように植え付けます。 【肥料】 肥料はチッソ分が多いと葉ばかり茂りすぎるので、その点を気をつけて 油かすと骨粉を4:6くらいに混ぜたもの株元に施します。 時期は2月と9月の年2回です。9月に与える肥料は少なめにします。 目安として2月の与える肥料の半分程度の量です。 【剪定方法】 樹形を気にしなければ放任でも比較的花付きのよい樹木です。 自然に近い樹形を楽しみたい場合は、...

紅葉テマリ ディアボロ 7号 Physocarpus opulifolius Diablo【他商品と同梱不可】

ハッピーガーデン

2,786

紅葉テマリ ディアボロ 7号 Physocarpus opulifolius Diablo【他商品と同梱不可】

※他商品との同梱はできません。ご一緒にご注文の場合は梱包が別となり送料が別途かかります。ご注意ください。 ●お届けサイズ:7号サイズ ●草丈約1m前後、幅約30cm前後 ●お届け時期により高さやボリュームの状態が異なります。 ●画像は初夏〜初秋のものです。 ●1年のうちでも、成長に合わせて葉色は濃いグリーンからバーガンディーカラーに変化します。 春は葉が濃いグリーンの時もあります。落葉樹ですので、10月下旬頃から葉が落葉を始めます。冬に枯れて見えるのは落葉樹ですので自然現象となり、春には新たな葉が茂ります。 ●アカバテマリシモツケ(赤葉テマリシモツケ)Physocarpus opulifolius ‘Diablo’ ●耐寒性落葉樹 バラ科/テマリシモツケ属/落葉低木●北アメリカ原産赤葉種 ●寒地向きだが、沖縄等南国向きではない 【学名】Physocarpus opulifolius 'Diablo' ディアボロ 【英名】diablo ninebark An easygoing shrub with superlative color and form ●花時期:初夏 ●育成難易度:簡単 ●植え場所:日当〜半日陰 ●半日陰に植える場合、出来れば午後の日差しのあたる場所がよい、 ●上記の画像は蕾の様子ですが、コデマリの一種で花は株が成熟するとコデマリに似た白い花を咲かせます。落葉樹ですので、お届け時期によって状態は異なります。晩秋には葉が落ちて、枝のみになります、春は新しい枝が成長し始めるので、樹高は、画像とは異なります。あらかじめご了承くださいませ。

西洋あじさい 高さ40cm5本セット

とろばと

4,158

西洋あじさい 高さ40cm5本セット

高さ40cm POT径15cm 5本セット ユキノシタ科アジサイ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 5POT入り。同梱包できません。 アジサイは、日本原産のがくあじさいが花序全体が装飾花に変化した植物です。 交配が容易だったため欧米で(特にイギリスで)多くの園芸品種がつくり出され、 日本に里帰りしました。 花は枝先に球状に集まってつき、花びらのように見えるのは花弁で、 その中心に小さな花があります。 花色の基本色は青紫ですが、酸性土壌では青みが強く、 アルカリ土壌では赤みが強くなります。 丈夫で病害虫も比較的少なく初心者向きです。 西日の当たらない半日陰を好みますが、日向でも育ちます。 耐寒性はありますが、寒風の当たるところでは花芽が凍害を受けやすくなります。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 半日陰を好みます。 西洋アジサイは日向でも生育します。 【土壌・土質】 やや湿った肥沃な土壌を好みます。 西洋アジサイは水はけの良い土壌を好みます。 本来は弱酸性の土質を好み、本来の花色は青や青紫色ですが、 アルカリ性の土質ではピンク色や紅色にになります。 【用途】 シンボルツリー・根締め・コンテナ 【植えつけ】 暖地では、11月〜3月の落葉期、 寒冷地では発芽前の3〜4月ごろが適期です。 【肥料】 あまり肥料を必要としません。 施肥を行うときは、チッ素過多に注意が必要 【剪定方法】 2年に1回、のびすぎた枝を切りつめ、倒れた枝を取り除きます。 花芽が形成される9月ごろまでに行います。 葉の根元にある芽の位置を確認してその上で少し長目に切ります。 アジサイは今年伸びた新しい枝には花芽を付けません。 その下の昨年伸びた枝の葉の付け根に花芽を付けます。 大胆に仕立て直しをした場合、翌年は花を付けないこともあります。 【病害虫】...

【ポイント2倍】実付ブルーベリー サミット 5号サイズ 鉢植え 大粒果実が魅力のブルーベリー 高さ40cm

ガーデニングshop岐阜緑園

1,598

【ポイント2倍】実付ブルーベリー サミット 5号サイズ 鉢植え 大粒果実が魅力のブルーベリー 高さ40cm

同じ種類やサイズ違い、色違いの植物を探してみる!<今すぐクリック>学名 Vaccinium原産地 米国南部科名 ツツジ科属名 スノキ属性状 落葉、半常緑低木花期 4〜5月 収穫期6〜8月お届け商品 5号サイズの鉢植えで実が付いた楽しみな鉢植えになります。フェンス仕立てで、高さ40センチ程の大きさとなります。これから色ずき収穫まじかのブルーベリーです。植物の特性上、樹形など画像と異なることありますので、ご理解の上お願い致します。特徴暖かい地域でも育てやすいサザンハイブッシュ系品種になります。大粒果実が魅力で、完熟すると糖度14〜15程になります。管理法鉢やプランターなどで容易に育てられます。酸性用土を好むので、ブルーベリーの土等の利用がお勧めです。日当たり良い場所で管理し、水は土が乾いたらたっぷりあげて下さい。翌年は、1本では、実付が悪くなるので、他の品種を近くに植え付けると良いです。 管理方法はこちら学名 Vaccinium原産地 米国南部科名 ツツジ科属名 スノキ属性状 落葉、半常緑低木花期 4〜5月 収穫期6〜8月お届け商品 5号サイズの鉢植えで実が付いた楽しみな鉢植えになります。フェンス仕立てで、高さ40センチ程の大きさとなります。これから色ずき収穫まじかのブルーベリーです。植物の特性上、樹形など画像と異なることありますので、ご理解の上お願い致します。特徴暖かい地域でも育てやすいサザンハイブッシュ系品種になります。大粒果実が魅力で、完熟すると糖度14〜15程になります。管理法鉢やプランターなどで容易に育てられます。酸性用土を好むので、ブルーベリーの土等の利用がお勧めです。日当たり良い場所で管理し、水は土が乾いたらたっぷりあげて下さい。翌年は、1本では、実付が悪くなるので、他の品種を近くに植え付けると良いです...

えごのき 高さ50cm

とろばと

594

えごのき 高さ50cm

高さ50cm POT径10.5cm エゴノキ科エゴノキ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本では北海道の一部〜南西諸島まで幅広く分布しており、 山野の日当たりが良い雑木林などでごく当たり前に見かける樹木 5〜6月にたくさんの白い花が垂れ下がった様子は、ひときわ目立ちます。 【植栽適地】 北海道〜沖縄 【日当たり】 強い風の当たらない日当たり〜半日陰の場所を好みます。 鉢植えは用土が限られていて乾燥しやすいですので生長期は水を切らさないことが大切 【土壌・土質】 適湿で肥沃な土壌を好みます。乾燥に弱いです。 乾燥する場所ではあらかじめ腐葉土や堆肥などを混ぜ込んで水もちの良い土に。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 10〜3月厳寒期以外は植え付けできます。 植え付け後は支柱を立てた方が良い。 【肥料】 肥料はさほど多く必要としません。 冬に有機質肥料、花後に緩効性化成肥料を少量施します。 【剪定方法】 枝が横に広がるように開放感のある自然樹形が美しいのであまり枝を刈り込むようなことはせずに、 不要な枝を除き自然樹形に育てます。 枝を切るのは落葉期が適期ですが、間延びした枝を切り落とす程度でしたら開花直後でも可能 【病害虫】 アブラムシ・カミキリムシの幼虫がつく事があります。

やまざくら高さ50cm

とろばと

594

やまざくら高さ50cm

高さ50cm POT径10.5cm バラ科サクラ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 そめいよしのが広まるまでは桜といえばヤマザクラのこと 日本全国の山野に自生し、公園や街路樹など 町のいたるところで観られます。 葉の開く時期と開花が同時。 人里に植えられている園芸品種は300種にもなります。 【植栽適地】 北海道〜沖縄(品種により異なる) 【日当たり】 水はけと日当たりの良い場所を好む 【土壌・土質】 適湿で肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ・並木 【植えつけ】 厳冬期を除く、落葉後12〜3月が適期です。 【肥料】 ほとんど必要としません。 与える場合には、落葉期の2月頃と花の咲き終わった後に 鶏糞と堆肥を混ぜたものを株元から少し離れたところに施します。 【剪定方法】 作業の適期は落葉期の12月〜2月 徒長枝など不要な枝を太くならないうちに取り除きます。 太枝は切り口の表面積が大きく、そこから雑菌が入って最悪の場合、枯れることもある。 太い枝の剪定をやらざるえない場合は、 1)水がたまらないように、切り口が幹にたいして垂直になるように切り落とす。 2)切り口には殺菌剤などをしっかりと塗る。 必要がなければ剪定はしなくてもかまいません。 むしろ、サクラはあまり枝をいじらない方がよいとされます。 【病害虫】 害虫が多く、定期的な薬剤散布が必要です。 オビカレハ(ウメケムシ)…花の咲く頃に発生 モンクロシャチホコ(サクラケムシ)…夏のはじめ〜秋に発生 アメリカシロヒトリ…夏の初めと秋の初めに発生 コスカシバ …樹皮の下に潜り込んで、内部を食害するサクラの大敵 サクラコアブラムシ…葉裏について吸汁します 天狗巣病...

さざんか高さ30cm

とろばと

551

さざんか高さ30cm

高さ30cm POT径10.5cm ツバキ科ツバキ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本の比較的温暖な地域に自生する常緑性の小高木 栽培暦は江戸時代より以前にさかのぼります。 多くの園芸品種が作られています。 暖地ならどこでも栽培可能な花木で、耐陰性・耐潮性があり大気汚染に強く、 刈込みにも強く生け垣などにもちいられます。 【植栽適地】 東北南部〜沖縄 【日当たり】 日当たりのよい暖かい場所でよく育ちます。 半日陰でも育ちますが花付きは悪くなります 【土壌・土質】 水はけの良い用土であれば特に土質を選ばずに育てられます。 【用途】 生け垣・トピアリー・シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 3〜4月・6〜7月・9月〜10月 POT苗は、酷暑・極寒期以外は植え付け可能です。 植えた年、若苗は、凍結や霜に弱いので寒さ対策を忘れずに。 寒さの厳しい地域では落葉することがあります。 【肥料】 寒肥として堆肥・油粕・骨粉などを株から少し葉なれた場所に埋めます。 若木は毎年・成木は隔年でかまいません。 また開花後、緩効性化成肥料を施します。 【剪定方法】 放任しても比較的樹形が整い花も咲くので、基本切り戻し剪定を中心に行います。 新しく伸びた枝の先端に花芽を付ける性質があるので放っておくと花の咲く位置が年毎に少しずつ高くなります。 枝が混み合っていると風通し悪くなって病気や害虫が発生しやすくなります。 混み合った部分は間引き選定を施します。 開花後の3〜4月に行い、この時期以外は樹勢が弱まる場合があるので避けます。 また春に芽吹いて伸びた枝の先端に7〜8月に花芽が形成される(この時点ではまだつぼみは見えません)ので、 基本的に夏以降は枝を切りません。 ...

さざんか高さ50cm

とろばと

691

さざんか高さ50cm

高さ50cm POT径10.5cm ツバキ科ツバキ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本の比較的温暖な地域に自生する常緑性の小高木 栽培暦は江戸時代より以前にさかのぼります。 多くの園芸品種が作られています。 暖地ならどこでも栽培可能な花木で、耐陰性・耐潮性があり大気汚染に強く、 刈込みにも強く生け垣などにもちいられます。 【植栽適地】 東北南部〜沖縄 【日当たり】 日当たりのよい暖かい場所でよく育ちます。 半日陰でも育ちますが花付きは悪くなります 【土壌・土質】 水はけの良い用土であれば特に土質を選ばずに育てられます。 【用途】 生け垣・トピアリー・シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 3〜4月・6〜7月・9月〜10月 POT苗は、酷暑・極寒期以外は植え付け可能です。 植えた年、若苗は、凍結や霜に弱いので寒さ対策を忘れずに。 寒さの厳しい地域では落葉することがあります。 【肥料】 寒肥として堆肥・油粕・骨粉などを株から少し葉なれた場所に埋めます。 若木は毎年・成木は隔年でかまいません。 また開花後、緩効性化成肥料を施します。 【剪定方法】 放任しても比較的樹形が整い花も咲くので、基本切り戻し剪定を中心に行います。 新しく伸びた枝の先端に花芽を付ける性質があるので放っておくと花の咲く位置が年毎に少しずつ高くなります。 枝が混み合っていると風通し悪くなって病気や害虫が発生しやすくなります。 混み合った部分は間引き選定を施します。 開花後の3〜4月に行い、この時期以外は樹勢が弱まる場合があるので避けます。 また春に芽吹いて伸びた枝の先端に7〜8月に花芽が形成される(この時点ではまだつぼみは見えません)ので、 基本的に夏以降は枝を切りません。 ...

やつで高さ30cm

とろばと

886

やつで高さ30cm

高さ30cm POT径10.5cm ウコギ科ヤツデ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本原産の常緑低木で、本州の福島より南〜沖縄まで広く分布します。 日本では古くからごくふつうに親しまれており、庭園や公園にもよく植えられています。 ヨーロッパには1838年に入ってきたという記録が残っており、今では世界で広く栽培されています。 ヤツデの名前は葉が複数に大きく切れ込むところに由来し、漢字で書くと「八つ手」です。 ちなみに「八つ」は数を表しているのではなく「多い」という意味のようです。 また、日本で古来より「八」は末広がりで縁起の良い数字でもあります。 厚みのある葉は深い緑色で、手形のように大きく切れ込んだ葉は、実際には7・9・11の奇数に裂けます。 11月には茎の先端に白色の小花が球状に集まって咲きます。 冬も落葉せずに大きな葉が茂っているので目隠し用の庭木として利用される他、 大きな手のような葉が人を招くという「千客万来」の縁起を担いで玄関先や門の脇に植えられることもあります。 また、大きな葉っぱが魔物を追い払うとも言われています。日陰でも元気に育つので、 あまり日当たりの良くない場所にも植えることができます。。 【植栽適地】 関東〜沖縄 【日当たり】 「陰樹」であまり強い日差しを好まず明るい日陰でよく育つ、耐陰性が非常に強い。 2〜3時間日の光が射し込むような環境が理想的 当たりのよい場所では葉の色つやが悪くなり、葉焼けを起こしてしまうことがあります 【土壌・土質】 水もちのよい土壌を好みます。 【用途】 根締め・コンテナ 【植えつけ】 植え付けの時期は4〜5月で、葉が大きく、そこから水分がどんどん抜けていくので...

えのき高さ80cm

とろばと

691

えのき高さ80cm

高さ80cm POT径10.5cm ニレ科エノキ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOT以上は、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本、台湾、中国南部、東南アジアなどに分布する落葉性の高木 ケヤキに似た樹形だが生長するに従い、枝を横に広げて重厚感のある 樹形になる。 秋に黄葉し、10月ごろ赤褐色に熟す実をつけます。 実は食べることができ、野鳥が好む 材は堅めで裂けにくく曲げやすい性質があり、家具や建築材として利用されています。 【植栽適地】 東北(山間部を除く)〜九州 暖帯に自生する樹木で寒冷地での植栽はあまり適さない 【日当たり】 日当たり〜半日陰の場所でよく育つ。 木が小さい内はよく日の当たる環境を好む。 【土壌・土質】 水はけの良い肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー 【植えつけ】 暖地では、11月〜3月、寒冷地では3〜4月ごろが適期です。 枝が横に張りスペースをとるので、植える場合はスペースをよく考えましょう。 【肥料】 あまり肥料を必要としませんが、植込む時に堆肥等を混ぜた土で植え込みます。 【剪定方法】 自然形が美しいの枯れ枝を取り除く程度。 【病害虫】 特にありませんが、テッポウムシが入ることがあります。

やまざくら高さ30cm

とろばと

497

やまざくら高さ30cm

高さ30cm POT径10.5cm バラ科サクラ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 そめいよしのが広まるまでは桜といえばヤマザクラのこと 日本全国の山野に自生し、公園や街路樹など 町のいたるところで観られます。 葉の開く時期と開花が同時。 人里に植えられている園芸品種は300種にもなります。 【植栽適地】 北海道〜沖縄(品種により異なる) 【日当たり】 水はけと日当たりの良い場所を好む 【土壌・土質】 適湿で肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ・並木 【植えつけ】 厳冬期を除く、落葉後12〜3月が適期です。 【肥料】 ほとんど必要としません。 与える場合には、落葉期の2月頃と花の咲き終わった後に 鶏糞と堆肥を混ぜたものを株元から少し離れたところに施します。 【剪定方法】 作業の適期は落葉期の12月〜2月 徒長枝など不要な枝を太くならないうちに取り除きます。 太枝は切り口の表面積が大きく、そこから雑菌が入って最悪の場合、枯れることもある。 太い枝の剪定をやらざるえない場合は、 1)水がたまらないように、切り口が幹にたいして垂直になるように切り落とす。 2)切り口には殺菌剤などをしっかりと塗る。 必要がなければ剪定はしなくてもかまいません。 むしろ、サクラはあまり枝をいじらない方がよいとされます。 【病害虫】 害虫が多く、定期的な薬剤散布が必要です。 オビカレハ(ウメケムシ)…花の咲く頃に発生 モンクロシャチホコ(サクラケムシ)…夏のはじめ〜秋に発生 アメリカシロヒトリ…夏の初めと秋の初めに発生 コスカシバ …樹皮の下に潜り込んで、内部を食害するサクラの大敵 サクラコアブラムシ…葉裏について吸汁します 天狗巣病...

まゆみ高さ50cm

とろばと

594

まゆみ高さ50cm

高さ50cm POT径10.5cm ニシキギ科ニシキギ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本、朝鮮半島などに分布する落葉性の中低木です。かわいらしい実と美しい紅葉が特長で、 庭木や鉢植えのほか盆栽にも仕立てられます。マユミは漢字で「真弓」と書きます。 木質が緻密でゆがみが少なく耐久性に優れるため、弓の材料として用いられたところに由来します。 枝にぶら下がるように実った鈴なりの果実は非常に可愛らしく、秋〜晩秋にかけての鑑賞価値は高い。 また、同じ時期の紅葉も美しいです 【植栽適地】 北海道〜九州 【日当たり】 日向〜半日陰を好みます。 耐陰性があり、ある程度の日陰でも育てることができます。 日当たりの悪いところでは花が少なく、実付きが悪くなります。 【土壌・土質】 水はけが良く腐葉土のたっぷり入った土が適しています。 土質は選ばずに、やせ地でも比較的よく育ちます。 【用途】 シンボルツリー・添景木・コンテナ 【植えつけ】 植え付けは落葉期の3月です。 根は比較的浅い部分に広く張るので植え穴は大きめに掘ります。 水はけを良くするために山高に植え付けるのがコツです。 【肥料】 2月と8月に油かすに骨粉を2割混ぜたものを株元に一握りていど与えれば充分です。 肥料が多いと葉は良く茂りますが、花付きや実付きが悪くなります。 【剪定方法】 放任してもある程度の樹形は保つので、特に剪定は要りません。むしろ自然樹形の方が美しい どこを切ってもよく芽を出しますのでスペースに応じて好みの大きさに仕立てることができますが、 基本的には樹形が乱れた場合以外はあまりむやみに剪定せず、自然樹形で育てた方がよいでしょう 冬に徒長枝や刈込剪定をするときに...

れんぎょう高さ50cm

とろばと

886

れんぎょう高さ50cm

高さ50cm POT径15cm モクセイ科レンギョウ属 落葉広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 レンギョウはおよそ8種の仲間がある落葉性の低木です。 ほとんどの種は中国、朝鮮半島、日本などに分布しますが、1種のみ東ヨーロッパに産します。 園芸で栽培されるのは主に中国や朝鮮原産の種です。 具体的には、レンギョウ、シナレンギョウ、チョウセンレンギョウ、それに人工的に掛け合わせて作られた インテルメディアを加えた4種が庭木や垣根、切り花などに広く利用されています。 細長い枝を地際からたくさん伸ばして茂ります。開花期は春で、枝を埋め尽くすほどたくさんの黄色い花を咲かせます。 花びらは基部から深く4つに裂けてやや斜めに開きます。 【植栽適地】 北海道〜沖縄 【日当たり】 厳しい暑さにもよく耐えますので一年を通して日当たりの良い場所で育てましょう。 日当たりが悪いと枝が弱々しく伸びて、花つきも悪くなります。 日陰での栽培は適しません。 【土壌・土質】 水はけがよく、有機質に富んだものがよい 地植えの場合は堆肥を充分に混ぜ込んでおくとその後に生育が違う 【用途】 シンボルツリー・生け垣・コンテナ 【植えつけ】 適期は真冬をのぞく11月から3月に行います。 地際からたくさんの枝を伸ばすので深植えはせずに、山高に土を盛って植え付けるようにします。 こうすることで水はけも良くなります。 【肥料】 肥料はそれほど必要ありません。 植え付ける際に堆肥を土に混ぜ込んでおき、追肥として花の終わった後と9月に1回化成肥料を株元にばらまいておけばよい。。 【剪定方法】 花の終わった直後に古い枝や今年花をつけなかった弱い枝を根元から切り落とします。 春から伸びた新しい枝に7...

なんてん 高さ30cm

とろばと

691

なんてん 高さ30cm

高さ30cm POT径10.5cm メギ科ナンテン属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 ナンテンは本州の関東より西、四国、九州など比較的あたたかい地域の山林に自生する常緑もしくは半常緑性の低木です。 丈夫な性質からか植えられたものが野生化したものもよく見られます。 真っ赤な果実が美しく、さほど横に広がらないので場所を取らず、性質が丈夫と言うこともあり、 縁起木として玄関先や庭によく植えられる定番の実もの庭木のひとつ。 晩秋から冬にかけて熟して真っ赤に色づきます。 果実は鳥の好物のようで庭先に植えていると晩秋から冬にかけて実をついばみに来る姿を時折見ます。 庭木の代表的存在です。 【植栽適地】 中部〜沖縄 【日当たり】 日当たり〜半日陰の場所を好みます。 西日の当たる場所はひどく乾燥するので適しません。 【土壌・土質】 堆肥や腐葉土のたっぷり入った水はけと水もちを兼ね備えた、やや粘土質の土が適しています。 【用途】 生け垣・添景木・根締め・コンテナ 【植えつけ】 9〜10月が適期です。 植え付ける場所には堆肥を混ぜ込んでおくと良い 【肥料】 2月頃に油かすや鶏糞、9月頃に化成肥料を株元に与えます。 肥料は多ければよいと言うわけでなく、特に窒素分過多になると実付きが悪くなるので注意 【剪定方法】 2月〜3月が剪定の適期 木が若いうちは放任で枝を伸ばしても特に問題ないのですが、 樹が生長して幹の数が多くなると枝葉が混み合って茂り、雑多で冴えない姿になりますので、 スペースに応じて間引き、幹の本数5〜7本に整理しすっきりと姿に整えます。 先端に花芽の付いていない間延びした枝や実の付いている枝(実の付いた枝は翌年〜3年ぐらい花芽を付けないので)を選んで...

庭木:アメリカコデマリ (ディアボロ)

遊恵盆栽 楽天市場店

1,620

庭木:アメリカコデマリ (ディアボロ)

商品情報 樹種:フィソカルプス‘ディアボロ’ 、赤葉コデマリ、テマリシモツケ 撮影日:2月 花:6月 落葉低木樹。4-5月ごろにややピンク味を帯びた白い花が咲きます。赤黒い葉が特徴的で存在感のある木です。暑さ、寒さ、剪定にも強く育てやすいので生垣、切り花いろいろな用途に利用されます。 *数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約35cm 全高:約45cm 鉢径:約15cm 手入れ まず、深さ50cm、幅は植える大きさの2-3倍ほど掘ります。土が固すぎる、もしくは砂地である場合は、腐葉土やバークを1割ほど混ぜておく。根巻きはビニール紐は取り除きますが、巻いている布のようなものは腐るものですので、そのままつけて植えます。植えた直後にしっかり、たっぷりとお水をあげます。特に晩春から秋ごろは植え付け後1ヶ月は鉢植えと同じように乾き具合を見て、乾いていたら毎日でも水遣りをします。簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国一律 600円 (北海道・沖縄は1,200円になります) 詳しくはこちら。 商品代金合計が1万円以上の場合、送料無料になります。 シモツケ、赤葉コデマリ、紅葉コデマリ、コデマリ、テマリシモツケ、小手毬、でぃあぼろ、アメリカテマリシモツケ、シンボルツリー

送料無料
【送料無料】 庭木:アメリカ花水木(ハナミズキ)* 特大!! 赤花or白花 樹高:約120cm ヤマト便大型商品発送!

遊恵盆栽 楽天市場店

10,260

【送料無料】 庭木:アメリカ花水木(ハナミズキ)* 特大!! 赤花or白花 樹高:約120cm ヤマト便大型商品発送!

商品情報 樹種:アメリカ花水木 撮影日:4月 落葉樹。5月の誕生木です。4-5月、枝先に華やかに花をもちます。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約120cm 根巻:約21cm(写真はプラスティックポットですが、根巻(根と土を麻布で包んだ物)でお届けとなります。)もうすこしお手頃なハナミズキをお探しの方はコチラ 手入れ 水遣り・・・用土の表面が乾いたらあげる。目安は春・秋は1日1-2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。置き場所・・・基本的に室外。日当たり・風通しの良い所。夏は半日陰が良い。冬は風、霜があたらない陽だまりが良い。室内での鑑賞期間の目安は、春から秋は2-3日、冬は1週間です。冷暖房の風が直接あたらないように気をつけてください。 簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日時のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 ※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 送料無料! 花水木、はなみずき、ハナミズキ、アメリカハナミズキ

送料無料
【送料無料】新入荷 庭木:アメリカ花水木(ハナミズキ)ライトイエロー(黄花)* 樹高:約120cm SGW(大型商品)発送!

遊恵盆栽 楽天市場店

12,960

【送料無料】新入荷 庭木:アメリカ花水木(ハナミズキ)ライトイエロー(黄花)* 樹高:約120cm SGW(大型商品)発送!

商品情報 樹種:アメリカ花水木 撮影日:4月 落葉樹。5月の誕生木です。4-5月、枝先に華やかに花をもちます。淡い黄色からクリーム色に変化していきます。*数量ものの為、写真と若干形状が異なる場合がございます。 サイズ 樹高:約120cm 根巻径:約21cm赤花と白花はコチラ 手入れ 水遣り・・・用土の表面が乾いたらあげる。目安は春・秋は1日1-2回、夏1日2回、冬2,3日に1回。置き場所・・・基本的に室外。日当たり・風通しの良い所。夏は半日陰が良い。冬は風、霜があたらない陽だまりが良い。室内での鑑賞期間の目安は、春から秋は2-3日、冬は1週間です。冷暖房の風が直接あたらないように気をつけてください。 簡単な育て方説明書がご入用の方は、備考欄にお書き下さい。 詳しい手入れ方法を知りたい方は、メール等でお問い合わせ下さい。 納期 配達ご希望日のご指定ができます。 お急ぎの場合は午前中までにご注文の場合、即日発送も可能です。 ※当店の在庫状況により ご指定日にお送りできないこともございます。 もし発送が遅延する際は別途メール、お電話にてご連絡させて頂きますので ご了承の程よろしくお願い致します。 送料 全国送料無料!(佐川急便発送となります。) 花水木、はなみずき、ハナミズキ、アメリカハナミズキ

いろはもみじ高さ50cm

とろばと

594

いろはもみじ高さ50cm

高さ50cm POT径10.5cm カエデ科カエデ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 古来より日本人に愛されつづける庭木の代表です。 日本全国にカエデの名所があります。 カエデは、新緑・夏の緑陰・紅葉・落葉後の梢の繊細さまで、 一年中を通して楽しめます。 イロハモミジ/イロハカエデともいい、日本のカエデを代表する木。 葉が5裂けまたは7裂していて、指でイロハニホヘトと数えるときの手に 似ていることから、命名されたと言われる。 【植栽適地】 北海道南部〜沖縄 【日当たり】 日向〜半日陰を好みます。 【土壌・土質】 水はけの良く適湿で肥沃な土壌を好みます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 落葉後の10〜12月が適期です。 【肥料】 2月に寒肥としての即効性の粒状肥料を株の周囲に施します。 イロハモミジを大きくしたくない場合には与える必要がありません。 【剪定方法】 カエデは自然樹形が美しいため、庭植えの場合は本来剪定の必要はありません。 剪定を行う場合には、落葉直後が適期です。 細い枝を残して太めの枝を剪定すると、自然樹形のやわらかさが出ます。 夏の時期は徒長枝がよく出るので、内部に日がはいるように整枝を行うとよい。 【病害虫】 ウドンコ病・アブラムシ等の害虫が発生します。 またテッポウムシ(カミキリ虫の幼虫)が発生すると、 幹の芯が食い荒らされて枯れてしまうので、根元に草や物を置かないようにします。

やまぼうし 高さ30cm

とろばと

497

やまぼうし 高さ30cm

高さ30cm POT径10.5cm ミズキ科ミズキ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 本州、四国、九州の山野や朝鮮半島、中国に分布する高さ10〜15mになる高木で冬に葉を落とします。 5〜6月になると先端の尖った真っ白い花びらを4枚もつ花を枝いっぱいに咲かせます。 前の由来はこの4枚の白い花びらを、頭巾をかぶった法師に見立てて名付けられました。 春の花もよいですが、秋の鮮やかな紅葉も公園などでよく見かけます。 【植栽適地】 東北〜九州 【日当たり】 日当たりの良い場所が適しており、午前中いっぱい日の射す場所でしたら充分育ちます。 【土壌・土質】 水はけがよく適湿で肥沃な土壌を好みます。 地植えの場合、植える場所に堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 適期は落葉期の2月中旬〜3月、もしくは11月下旬〜12月。 日当たりと水はけのよい場所に植えます。 【肥料】 寒肥として根元に油かすと骨粉を混ぜたものを施します。 【剪定方法】 放任でもさほど樹形は乱れずまとまった姿になるので剪定をせずに自然樹形で育てるのが基本です。 特に問題がなければ枯れた枝や株元から勢いよく伸び出てくる枝を切る最小限の作業で充分です。 【病害虫】 ほとんど観られません。

やまぼうし 高さ50cm

とろばと

691

やまぼうし 高さ50cm

高さ50cm POT径10.5cm ミズキ科ミズキ属 落葉広葉樹 高木 ≪ネット梱包出荷≫ 10.5cmPOTは、10POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 本州、四国、九州の山野や朝鮮半島、中国に分布する高さ10〜15mになる高木で冬に葉を落とします。 5〜6月になると先端の尖った真っ白い花びらを4枚もつ花を枝いっぱいに咲かせます。 前の由来はこの4枚の白い花びらを、頭巾をかぶった法師に見立てて名付けられました。 春の花もよいですが、秋の鮮やかな紅葉も公園などでよく見かけます。 【植栽適地】 東北〜九州 【日当たり】 日当たりの良い場所が適しており、午前中いっぱい日の射す場所でしたら充分育ちます。 【土壌・土質】 水はけがよく適湿で肥沃な土壌を好みます。 地植えの場合、植える場所に堆肥や腐葉土を混ぜ込んでおきます。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ 【植えつけ】 適期は落葉期の2月中旬〜3月、もしくは11月下旬〜12月。 日当たりと水はけのよい場所に植えます。 【肥料】 寒肥として根元に油かすと骨粉を混ぜたものを施します。 【剪定方法】 放任でもさほど樹形は乱れずまとまった姿になるので剪定をせずに自然樹形で育てるのが基本です。 特に問題がなければ枯れた枝や株元から勢いよく伸び出てくる枝を切る最小限の作業で充分です。 【病害虫】 ほとんど観られません。

せんりょう高さ30cm

とろばと

1,080

せんりょう高さ30cm

高さ30cm15cmPOT センリョウ科センリョウ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 15cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 日本(主に関東より南〜沖縄)、朝鮮半島、中国、インドなど広い範囲に分布する 常緑性の低木で、常緑樹林下のような一年を通して直射日光の当たらない、 半日陰の場所に自生していることが多いです。 光沢のある緑の葉と、晩秋から真っ赤な実が鮮やかに色づきます。 正月に欠かせない縁起物です。 【植栽適地】 東北南部〜沖縄 【日当たり】 木漏れ日を好みます。西日は避けてください。 一年を通して半日陰の場所が適しています。 暗い日陰でも生長はしますが、実付きは極端に悪くなります。 寒さに弱く寒風や霜に当たると枝枯れを起こすので注意 【土壌・土質】 水はけの良い適湿で肥沃な土壌を好みます。 乾燥地は嫌います。 【用途】 シンボルツリー・添景木・コンテナ 【植えつけ】 植え付けの適期は暖かくなる5月もしくは暑さが和らぐ9月〜10月中旬 地植えの場合は植える場所に腐葉土や堆肥を多めに混ぜ込んでおきます 【肥料】 肥料は年に1回、2月頃に化成肥料や油かすと骨粉を等量混ぜたものを株の周りに少量施します。 あまり多く与えると、枝葉ばかり伸びて茂って実付きも悪くなります。 【剪定方法】 地際からたくさんの枝を出す「株立ち」になりますが、ほとんど枝分かれせずまっすぐ伸びていくので、 放任しておいても姿形が乱れることは少なく剪定の必要はさほどありません。 花は枝先に咲くので、枝先を切りつめるような剪定は避けてください。 枝が茂りすぎると風通しが悪くなり根元が蒸れて葉っぱを落とすことがあるので、 枝数が多く茂りすぎた場合は切り詰めて枝数を減らします。 作業の適期は12月〜1月で...

あせび 白花高さ30cm

とろばと

788

あせび 白花高さ30cm

高さ30cm POT径13.5cm ツツジ科アセビ属 常緑広葉樹 低木 ≪ネット梱包出荷≫ 12cmPOT以上は、5POT入ります。 15cmPOTまでは同梱可能です。 本州(東北より南)、四国、九州に分布する常緑性の低木・小高木です。 樹高は通常3m程度に収まりますが、山地に自生している齢を 経たものは6mもの高さ達することもあります。 葉は濃いグリーンで光沢があり、春にスズランににた丸みを帯びた 壺状の花を、枝にびっしりと咲かせる姿が印象的です。 新芽はやわらかな光沢のある赤色で、花と同じくらい美しいです。 環境適応性の高い花木です。 半日陰のほうがよく育ちますが、花付は日向のほうがよくつきます。 あまり水はけが悪いと弱ります。 庭木の他、生垣や盆栽、鉢植えにして楽しみます。 万葉集にも10首が読まれており、古くから日本で親しまれている花木です。 【植栽適地】 東北〜沖縄 【日当たり】 日向〜日陰まで育成します。 日陰でも成長はしますが、日当たりのよい場所で育てた方が花付きはよいです。 【土壌・土質】 土壌は選びませんが、水はけの悪い場所や粘土質の土壌では根が充分張れないので成長が良くありません。 夏の乾燥を嫌います。水切れや乾燥は生育や花付きに大きな影響を与えます。 生長期に水切れさせると生育が早く止まってしまい、出てくる花穂のつぼみが少なくなることがあります。 【用途】 シンボルツリー・コンテナ・根締め 【植えつけ】 梅雨時期と10月ごろが適期です。 鉢植えの物は、2〜3年に1回3月〜4月に植え替えを行います。 【肥料】 1〜3月に完熟堆肥や有機肥料を施します。 【剪定方法】 込んだ枝や伸びすぎた枝を透かす程度で、 放任していても樹形がよくまとまり、毎年のていれの必要は有りません。 【病害虫】 斑点性病害が発生しやすいです。...

花木 庭木の苗/テマリシモツケ:ルテウス4号ポット15株セット

園芸ネット プラス

9,720

花木 庭木の苗/テマリシモツケ:ルテウス4号ポット15株セット

テマリシモツケは庭園用カラーリーフプランツとして人気となっています。ルテウスは黄金色の美しい葉を持ち、陰の葉はライムグリーンとなるので濃淡のコントラストが美しい品種です。夏以降は緑色が濃くなります。非常に耐寒性の強い低木で、刈り込みをすることにより樹形が整います。初夏には手毬咲きの白いかわいい花を咲かせます。美しい葉色は春から秋まで楽しめます。鉢植えや庭園用におすすめです。学名:Physocarpus opulifolius 'Luteus'タイプ:バラ科の耐寒性落葉低木花期:5月〜6月樹高:1〜2m日照:日向むき栽培方法:よく肥えて湿り気のある土を好みます。植えつけ後は3月と開花後、9月頃に根元に緩効性肥料を施してください。特別な手入れは不要で、剪定も古くなって花つきの悪くなった枝を早春に根元から切り取る程度で大丈夫です。挿木でふやすことができます。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット入り、樹高約20cm15株セットです。樹高は前後することがございます。夏などお届け時期により葉がきれいでない状態の場合がございます。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済 テマリシモツケ:ルテウス4号ポット15株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ツツジ/シャクナゲツツジ 樹高40cm前後

ガーデンタウン

1,296

ツツジ/シャクナゲツツジ 樹高40cm前後

シャクナゲツツジ ツツジ科 常緑低木■ 商品説明 近年、品種改良されたツツジ類になります。他のツツジ類に比べてとても花付きがよくご覧の様な大きなピンク色の花を沢山咲かせます♪そのため「ツツジ属の女王」とも呼ばれています☆珍しい品種となりますので知らない人がほとんどでしょう。ネットショップにもあまり流通していないツツジです。本格的に生産していないため、数量限定での出品です! 本当に綺麗ですよ♪♪ 花・実期 紅葉時期 【花期】3月〜5月【実期】−−−−−−【紅葉】−−−−−− 適地・管理 丈夫で、刈込の剪定以外を特に必要としません。日当たりのよい場所を好みますが、半日程度日が当たれば十分です。夏場の水やりは定期的に行って下さい。 用途 庭園樹・公園樹・生垣・盆栽・鉢植などツツジの女王と呼ばれる理由見て下さい!この花の付き方!!ものすごいでしょう!!こんなにまでビッシリ花を咲かせるツツジはそう他にありません。まさに【女王】と呼ばれるにふさわしい品種です!それにネットショップにもあまり流通していない樹木です。初めて知られる方も多いのでわないでしょうか・・・本格的な生産品ではありませんのでツツジの季節になりますと売り切れの恐れがあります。今期は値下げ↓↓しておりますのでお買い得になっております♪是非この時期から育ててみて下さいませ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク