メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「柿苗」検索結果。

柿苗の商品検索結果全4件中1~4件目

こちらの関連商品はいかがですか?

ヘーゼルナッツの苗木 2品種セット

Amazon

6,830

ヘーゼルナッツの苗木 2品種セット

お菓子などに使われる隠れた人気果樹、ヘーゼルナッツ(西洋ハシバミ)の苗木です。ローストしたナッツは大変香ばしく栄養価も高い健康食品としても知られています。樹高も2~3m程で意外と育てやすい植物です。 異品種2本セットです。品種は入荷状況に合わせて当店おまかせとなります。 ヘーゼルナッツの苗木サイズ:高さ50~80cm前後(樹高や樹形は、季節や入荷時期により異なります) 収穫まで:鉢植え:4~5年 地植え:10~15年 収穫期:9月~10月頃 最大樹高:2~3m 備考:1年生の苗木です。 カバノキ科の落葉樹 受粉樹:1本ではなりにくいので異なる品種があった方が良い。 ヘーゼルナッツ苗木の育て方・栽培方法 樹勢が強く、放任栽培でも良く育つ。日当たりのよい場所で育てます。寒さには強く北海道南部までは耐えられる。肥料は寒肥として油かすや鶏ふん等を与えて下さい。 果樹苗木のご注意事項 植物は生き物ですので、個体差や季節等により商品画像と姿、形が異なる場合がございます。ご了承ください。 特に果樹苗は時期により、葉っぱ、枝がついていない棒状の苗を送らさせていただく場合がございます。これは、落葉や休眠の時期の姿ですのでご安心ください。現在の状態がご覧になりたい場合は、お気軽にお問合せください。, メーカー: 北山ナーセリー

レモン 苗木 リスボンレモン(石田系) 15cmポット苗 れもん苗

Amazon

2,570

レモン 苗木 リスボンレモン(石田系) 15cmポット苗 れもん苗

レモン 苗木 リスボンレモン(石田系) 15cmポット苗 れもん 苗 檸檬 リスボンレモン(石田系)は、香りがよく、果汁が多い品種です。 ◆レモンといえばリスボンレモン…というくらいメジャーな品種です◆ 原産地はポルトガルですが、寒さや風に強いことから日本でも栽培されるようになりました。とてもメジャーな品種で、有名な「サンキストレモン」もリスボンレモンをたくさん出荷しています。 果汁が多く酸味が強い、想像通りのレモンの味です。ジュースやお酒に入れたり、塩の代用にしたりと、様々な用途があります。 豊産性ですので、実がよくなります。 ◆育て方◆ 耐寒性・耐暑性が比較的高く、育てやすい品種です。 レモンは柑橘類の中では寒さにやや弱いのですが、暖地と太平洋側の一般地なら露地栽培できます。-3度以下にならない場所なら戸外で冬越しできます。 庭植えの場合は、日当たりと水はけがよく、風の当たらない場所を選んでください。また、根付くまでの期間(最初の一年くらい)は水をたっぷり与えます。鉢植えの時も、日の当たる場所で育てます。 3月から6月ごろまでが植え付け適期です。鉢植えの場合は、大きめの鉢を選ぶと、それだけ成長し、育つ実も大きくなります。 庭植えでも鉢植えでも、夏に水を切らすことがないよう注意してください。 鋭いトゲに注意が必要です。 1本で結実します。 開花時期:5~6月 収穫時期:9~12月 最終樹高:2~3m 栽培適地:関東~九州 ※写真は参考写真(見本)になります。 ※植物ですので多少の個体差があります。 時期によっては花や実、葉は付いてない場合があります。

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,329

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク