メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「暖地桜桃」検索結果。

暖地桜桃の商品検索結果全10件中1~10件目

サクランボ 暖地 苗 6号

千草園芸

1,782

サクランボ 暖地 苗 6号

写真は見本品です。 実のついた写真は16年5月10日 開花時の写真は17年3月27日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。173c-u 送料はLサイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 暖地サクランボは、桜より早く3月中旬に花が咲き、5月の上旬に実が色付きます。 学名 Prynus L. 成木の樹高 3~5m 栽培適地 東北地方~九州 開花期 4月 結実期 5~6月 特性 暖地サクランボは受粉樹がなくても実をつける栽培しやすい品種です。実も割合大きく、家庭栽培には最適と言えます。 商品の高さ 高さは約1mくらいです。 お届けする商品 写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。また、季節により木の状態は変化いたします。サクランボ 暖地 (分類) バラ科サクラ属の落葉中低木 (学名) Cerasus pseudocerasus (原産) 西アジア地方、ヨーロッパ地方 (別名) 中国桜桃(チュウゴクオウトウ)、シナミザクラ (樹高) 2~3m (開花期) 3月中旬 (収穫期 5月中旬~6月中旬) (利用) 鉢植え、露地植え (栽培適地) 関東地方以南 果実は小ぶりですが、栽培も比較的容易で、1本だけでもよく結実するため、家庭向きの品種です。 開花が3月中旬と、普通のサクランボの4月中旬に比べひときわ早く、開花期に-2℃以下の低温に合うと、雌しべが凍死して結実しませんので寒地での栽培には不向きです。 剪定時期は12~3月に行います。強剪定は避け、込み合った枝を透かす程度にします。

果樹の苗/サクランボ:だんちおうとう(暖地桜桃)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/サクランボ:だんちおうとう(暖地桜桃)接木苗4~5号ポット

さくらんぼは一般に夏の高温多湿が比較的苦手なのですが、暖地桜桃は特に暖かい地域で結実性が高いタイプ。実は小粒ですが、毎年よくなり、鈴なりになります。自家結実性がありますので、1本でも植えられます。また、鉢植え栽培もできます。樹勢は強健で、耐病性もあり、家庭園芸用には最適な品種です。成熟期は6月はじめと極早生です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:不要(但しほかの品種を近くに植えたほうがより収量が増えます)日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗で、結実開始は4~5年後からとなります。樹高はお届け時期により多少前後することがあります。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合...

【1年間枯れ保証】【春・夏に収穫する果樹】サクランボ/高砂 15cmポット  【あす楽対応】

トオヤマグリーン

3,240

【1年間枯れ保証】【春・夏に収穫する果樹】サクランボ/高砂 15cmポット 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらサクランボ/高砂 商品一覧15cmポット3000円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じバラ科サクラ属サクランボ系の商品サクランボ/高砂サクランボ/佐藤錦サクランボ/暖地さくらんぼサクランボ/ナポレオンサクランボ/アメリカンチェリーサクランボ/大将錦サクランボ/紅さやかサクランボ/紅秀峰サクランボ/南陽【サクランボ/高砂】(桜桃)読み:さくらんぼ/たかすな学名:Prunus pseudo-cerasusバラ科サクラ属落葉高木別名:オウトウ【名前の由来】桜の実を意味する「桜の坊」から。【商品情報】サクランボは10mになる落葉高木です。原産はアジア西部が原産です。葉は互生し楕円卵形の縁は鋸状でギザギザしています。花はサクラに似ており、白色の5枚の花弁を持つ花を咲かせます。自家結実しない品種が多いため、相性の良い異種類を一緒に植えると良いです。樹勢がとても強く大きくなりやすいので広い場所に植えると良いです。サクランボは栽培が大変難しく花芽を付けさせることと受粉がコツです。剪定で大きな枝を切ってしまった時は、切り口に木工ボンドなどを付けて切り口をカバーしてください。もぎたての果実は市販のものと比べ皮にハリがあり大変美味です。【育て方】日当たりが良くやや乾燥気味の土壌を好みます。落葉時期は水を与え過ぎないようにすると良いです。雨で果実が落ちたり、傷つくことがあるので雨よけの対策を取ると良いです。太い枝を剪定すると枯れやすいので、剪定し過ぎないように注意しましょう。適地=全国日照り=日向樹形=開心自然形最終樹高=10m施肥時期=3.7.12月剪定時期=1~2月開花時期=4月果実=6~7月用途=果樹【その他】※果物の写真は分類の見本になります。実際の品種の果物と違う場合があります。"

こちらの関連商品はいかがですか?

果樹の苗/サクランボ:たかさご(高砂)接木苗4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/サクランボ:たかさご(高砂)接木苗4~5号ポット

高砂(たかさご)はアメリカから導入された品種で収穫期が早いのが特徴です。果肉は軟らかく、味は佐藤錦より少し酸味が効いていますが、熟してくると濃厚な味になり豊産です。暖地に向く品種です。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。相性のよい組み合わせはナポレオン、佐藤錦、南陽などです。成熟期は6月中旬頃です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:必要日照:日向むき栽培方法:よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。7月頃、その年に伸びた枝のもとの葉腋に花芽がつき、翌年開花・結実します。5~6月にこの新梢の下部を5~6芽残して摘芯すると、実付がよくなります。また、花数が多すぎると翌年の花付が悪くなりますので、多すぎる場合は摘蕾します。開花後40~50日で実が熟します。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1~2年生苗です。結実までの年数は4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏...

果樹の苗/サクランボ:佐藤錦4~5号ポット

園芸ネット プラス

915

果樹の苗/サクランボ:佐藤錦4~5号ポット

佐藤錦はナポレオンと黄玉の交配から生み出され、数あるさくらんぼの中でも最高級と評される品種です。糖度14%から20%を超えることもある極甘品種で、酸味も調和し、種が小さいので食べ応えがあります。実は6~10g。樹姿は直立性で、樹勢は旺盛、花の着生も多く豊産性です。結実も安定しています。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。受粉樹としてはナポレオンや高砂が適しています。収穫時期は満開時から40~50日で、一般平暖地では6月上旬から中旬です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m耐寒性:マイナス30度植え付け最適期:12月~3月(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期(11月~2月)が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。自家結実性はありませんので、ほかの品種を近くに植えてください。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1~2年生苗です。結実までの年数は4~5年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございますのでご了承ください。※商品のお取り寄せに数日かかる場合がございますのでご了承...

果樹の苗/サクランボ2種セット:佐藤錦・ナポレオン接木1年苗

園芸ネット プラス

1,794

果樹の苗/サクランボ2種セット:佐藤錦・ナポレオン接木1年苗

大人気のさくらんぼの苗。互いに受粉する相性のよい組み合わせで、2品種をセットにしました。佐藤錦、ナポレオン それぞれ接木1年苗4~5号ポット入り、各1株です。さくらんぼはごく一部の品種を除き自家結実性がありませんので、異なる品種を組み合わせて植える必要があります。この2種は相性がよく、互いによく受粉します。佐藤錦(さとうにしき)ナポレオンと黄玉の交配から生み出され、さくらんぼの中でも最高級と評される品種です。甘味、酸味が調和し、種が小さいので食べ応えがあります。実も大きく豊産で、結実も安定しています。成熟期は6月上旬から中旬です。ナポレオン果皮が厚く、すばらしい香りをもち、甘みと酸味が調和して多肉多汁の極上品種。実も大きく豊産性です。成熟期は6月末から7月はじめの晩生種です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:必要日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期(11月~2月)が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します。剪定により枝葉が混むのを避け、枯れ葉や切り枝はこまめに除去して予防してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポットの接木1年苗3種セットです。結実開始までの年数は3~5年です。樹高につきましては...

果樹の苗/クランベリー(ツルコケモモ)4号ポット

園芸ネット プラス

801

果樹の苗/クランベリー(ツルコケモモ)4号ポット

赤い実がかわいい小果樹、クランベリー。日本名はオオミノツルコケモモ。細い枝を這うように横に伸ばす、北アメリカの寒冷地に生育するツルコケモモ科の小果樹です。実はジュースや料理用ソース、ドライフルーツ、菓子などに利用され、特に七面鳥料理にはクランベリーソースが欠かせないものとなっています。果実にはアントシアニンやカテキンが含まれ、抗ガン作用のあるフルーツとして注目されています。また、ドライクランベリーには、食物繊維も豊富に含まれるといわれます。家庭での栽培も容易で、小さな鉢植えでも赤い実をつけます。赤い果実の付いている木はかわいらしく、観賞用にもおすすめ。秋の実ものとしても人気です。タイプ:ツツジ科スノキ属の耐寒性常緑低木樹高:約30cm(半つる性)適地:日本全国収穫:8月~10月栽培方法:鉢植えでお楽しみ下さい。日向でも半日陰でも大丈夫です。酸性土を好みますので、ブルーベリー用の酸性培養土や酸度調整をしていないピートモスを混ぜ込んだ培養土に植え込み、水を切らさないように管理します。枝が蔓状に長く伸びますが、剪定はしないで下さい。自家結実性がありますので、一本の木でも実をつけます。苗ですので、開花・結実は翌シーズンからとなります。冬は戸外で十分に寒さにあててください。これにより花芽が形成されます。収穫・利用法:赤く色づいた実を収穫します。果実にはビタミンが多く、ジャムや果実酒に適しています。4号ポット入りです。お届け時期により結実後の状態となる場合がございます。10月下旬以降は実が落ち始めた状態となり、11月以降は実無しでのお届けです。写真は結実時のイメージです。クランベリー(ツルコケモモ)4号ポットの栽培ガイド7月のベリー類のお手入れ苗類のお届け形態について

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):はなごしょ(花御所)8号鉢植え

園芸ネット プラス

9,073

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):はなごしょ(花御所)8号鉢植え

鉢植え果樹シリーズは、ご家庭で手軽に果樹を育てていただけるように、鉢仕立てでお届けする果樹シリーズです。果樹専業ナーセリーが植え込み用の培養土と鉢に工夫をこらして2年をかけて栽培した特別な苗。植込みに使っている鉢は、「根の旋回現象を防止し健全な根を育成」「用土内の水分を均一化し、中心部に多くの根を育成」「8角(あるいは6角)のコーナーと側面の段差により、根を下方に誘導」「弾力性のある軟質ポリ素材により、樹皮の損傷を防止」などの特徴をもつ実用新案力登録済みのもので、お届け後も鉢のままお育ていただけます。シリーズ中の多くの品種には、結実実績があります(品種・お届け時期により、実がない状態でのお届けとなるものもあります)。柿:花御所極晩生の完全甘柿です。柿の果底部に発生する裂果であるへたすきが富有より強いです。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)・適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)・収穫:11月下旬~12月上旬・栽培方法:お届けした苗の植えられているスリット鉢は、根が空気に触れて太い根の成長が止まり、触粒の成長に有益な細根が伸びてくるので、樹形がコンパクトで良い状態のまま果樹が生長します。お届け後2~3年はこの鉢のままお育ていただけます。お好みの鉢カバーなどにスリット鉢を入れて栽培してください。株の成長に応じて、一回り大きな鉢に植え替えてください。日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します...

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):おおさいじょう(大西条)8号鉢植え

園芸ネット プラス

9,073

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):おおさいじょう(大西条)8号鉢植え

鉢植え果樹シリーズは、ご家庭で手軽に果樹を育てていただけるように、鉢仕立てでお届けする果樹シリーズです。果樹専業ナーセリーが植え込み用の培養土と鉢に工夫をこらして2年をかけて栽培した特別な苗。植込みに使っている鉢は、「根の旋回現象を防止し健全な根を育成」「用土内の水分を均一化し、中心部に多くの根を育成」「8角(あるいは6角)のコーナーと側面の段差により、根を下方に誘導」「弾力性のある軟質ポリ素材により、樹皮の損傷を防止」などの特徴をもつ実用新案力登録済みのもので、お届け後も鉢のままお育ていただけます。シリーズ中の多くの品種には、結実実績があります(品種・お届け時期により、実がない状態でのお届けとなるものもあります)。柿:大西条柿は日本各地に1000種以上の品種があり、地域に適した品種を選ぶのがコツ。大西条は、岡山県北部で多く栽培されている渋柿・西条柿の選抜種。やや晩生で実が大きく、豊産性です。結実は10月下旬~11月上旬で、果重は200~250gとたいへん大きく、長円筒形です。糖度14~18度。外観が美しく、早くからよく実がつく品種です。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)・適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)・収穫:10月上旬から10月下旬・栽培方法:お届けした苗の植えられているスリット鉢は、根が空気に触れて太い根の成長が止まり、触粒の成長に有益な細根が伸びてくるので、樹形がコンパクトで良い状態のまま果樹が生長します。お届け後2~3年はこの鉢のままお育ていただけます。お好みの鉢カバーなどにスリット鉢を入れて栽培してください。株の成長に応じて...

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):たいげつ(太月)8号鉢植え

園芸ネット プラス

11,362

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):たいげつ(太月)8号鉢植え

鉢植え果樹シリーズは、ご家庭で手軽に果樹を育てていただけるように、鉢仕立てでお届けする果樹シリーズです。果樹専業ナーセリーが植え込み用の培養土と鉢に工夫をこらして2年をかけて栽培した特別な苗。植込みに使っている鉢は、「根の旋回現象を防止し健全な根を育成」「用土内の水分を均一化し、中心部に多くの根を育成」「8角(あるいは6角)のコーナーと側面の段差により、根を下方に誘導」「弾力性のある軟質ポリ素材により、樹皮の損傷を防止」などの特徴をもつ実用新案力登録済みのもので、お届け後も鉢のままお育ていただけます。シリーズ中の多くの品種には、実がついた実績があります(品種・お届け時期により、実がない状態でのお届けとなるものもありますのでご了承ください)。太月は黒熊×太秋の交配種で栽培しやすく大果となる中生種です。樹勢が強く、樹形は開張性となります。自家結実性があり、1本で結実します。タイプ:カキ科の落葉高木適地:北関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)果重:450g果形:扁平果肉:やや粗糖度:15度成熟期:11月上旬~中旬(岡山標準)日照:日向むき・栽培方法:お届けした苗の植えられているスリット鉢は、根が空気に触れて太い根の成長が止まり、触粒の成長に有益な細根が伸びてくるので、樹形がコンパクトで良い状態のまま果樹が生長します。お届け後2~3年はこの鉢のままお育ていただけます。お好みの鉢カバーなどにスリット鉢を入れて栽培してください。株の成長に応じて、一回り大きな鉢に植え替えてください。日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾...

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):しんしゅう(新秋)8号鉢植え

園芸ネット プラス

9,073

果樹の苗/鉢植え果樹 カキ(柿):しんしゅう(新秋)8号鉢植え

鉢植え果樹シリーズは、ご家庭で手軽に果樹を育てていただけるように、鉢仕立てでお届けする果樹シリーズです。果樹専業ナーセリーが植え込み用の培養土と鉢に工夫をこらして2年をかけて栽培した特別な苗。植込みに使っている鉢は、「根の旋回現象を防止し健全な根を育成」「用土内の水分を均一化し、中心部に多くの根を育成」「8角(あるいは6角)のコーナーと側面の段差により、根を下方に誘導」「弾力性のある軟質ポリ素材により、樹皮の損傷を防止」などの特徴をもつ実用新案力登録済みのもので、お届け後も鉢のままお育ていただけます。シリーズ中の多くの品種には、結実実績があります(品種・お届け時期により、実がない状態でのお届けとなるものもあります)。柿:新秋新秋は完全甘柿で、樹勢強健で耐病性は強いほうです。花着きが良く、豊産性です。果重は約240gで、果形は扁円、果肉は密で糖度は17~18度です。収穫期は10月中~下旬ごろです。暖かい地域での栽培または、ハウス栽培に向いています。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)・適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)・収穫:10月~11月・栽培方法:お届けした苗の植えられているスリット鉢は、根が空気に触れて太い根の成長が止まり、触粒の成長に有益な細根が伸びてくるので、樹形がコンパクトで良い状態のまま果樹が生長します。お届け後2~3年はこの鉢のままお育ていただけます。お好みの鉢カバーなどにスリット鉢を入れて栽培してください。株の成長に応じて、一回り大きな鉢に植え替えてください。日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に...

果樹の苗/サクランボ3種セット:佐藤錦・高砂・ナポレオン接木1年苗

園芸ネット プラス

2,664

果樹の苗/サクランボ3種セット:佐藤錦・高砂・ナポレオン接木1年苗

大人気のさくらんぼの苗。互いに受粉する相性のよい組み合わせで、3品種をセットにしました。佐藤錦、高砂、ナポレオン それぞれ接木1年苗4~5号ポット入り、各1株です。さくらんぼはごく一部の品種を除き自家結実性がありませんので、異なる品種を組み合わせて植える必要があります。この3種は相性がよく、互いによく受粉します。佐藤錦(さとうにしき)ナポレオンと黄玉の交配から生み出され、さくらんぼの中でも最高級と評される品種です。甘味、酸味が調和し、種が小さいので食べ応えがあります。実も大きく豊産で、結実も安定しています。成熟期は6月上旬から中旬です。高砂(たかさご)アメリカから導入された品種で収穫期が早いのが特徴です。果肉は軟らかく、味は佐藤錦より少し酸味が効いていますが、熟してくると濃厚な味になり豊産です。暖地に向く品種です。成熟期は6月中旬頃です。ナポレオン果皮が厚く、すばらしい香りをもち、甘みと酸味が調和して多肉多汁の極上品種。実も大きく豊産性です。成熟期は6月末から7月はじめの晩生種です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木樹高:3~4m植え付け最適期:晩秋~春先(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:6月受粉樹:必要日照:日向むき栽培方法よく日のあたる場所で、4~9月に雨の少ない、比較的冷涼な気候を好みます。排水のよい砂質土壌が適しています。酸性土壌を嫌いますので、植付け時には苦土石灰を施し、肥料も硫安はさけます。落葉後から芽出し前の休眠期(11月~2月)が植え付け適期です。混み合った枝や平行に伸びた枝を剪定して樹形を整えますが、大きな枝を切ると癒合が悪いので、なるべく苗木のうちに形を整えます。病害には果実が腐る灰星病がありますので、予防薬などを散布します...

果樹の苗/リンゴ2種セット:ふじ(富士)と津軽(つがる)

園芸ネット プラス

2,130

果樹の苗/リンゴ2種セット:ふじ(富士)と津軽(つがる)

リンゴは他の木の花粉で結実しますので、2品種以上を組み合わせて栽培する必要があります。相性のよい2品種をセットにしました。富士(ふじ):「国光」と「デリシャス」の交配種で、甘味と酸味がほどよく、荷重が多くて食味がたいへん優れたりんごの代表的な品種です。家庭でも育てやすいのでおすすめです。満開後150日くらいで収穫できます。果重300~350g、糖度15度です。樹勢は強健で開帳型の樹形となります。津軽(つがる):ゴールデンデリシャスの交配種で、受精画強健で果実が大きい品数です。甘味は少なめですが果汁が多く、味わいがあります。豊産性です。寒冷地から暖地まで、幅広い地域で栽培できます。受粉樹デリシャス、ふじ、紅玉、世界一などがおすすめです。9月に収穫期となる中生種です。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:9月下旬~10月中旬樹高:2.5~3m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介し...

果樹の苗/カキ(柿):とねわせ(刀根早生)4号ポット

園芸ネット プラス

1,488

果樹の苗/カキ(柿):とねわせ(刀根早生)4号ポット

平核無(ひらたねなし)の枝変りで、平核無より10~15日ほど早く実をつける早生品種。果重は150~200gで糖度は18~20度。偏平で四角に角張っている形が特徴で、平核無と同じくタネはありません。甘み、果汁とも豊富でおいしい品種です。樹形は開帳性となり、収穫期は9月下旬~10月上旬となります。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。利用法:へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木1~2年苗、樹高約60cmです。結実開始までの年数は約4~5年です。1年生苗は発芽が梅雨明けになる場合があります。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。カキ(柿):とねわせ(刀根早生)4号ポット の栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお...

果樹の苗/カキ(柿):さいじょう(西条)4号ポット

園芸ネット プラス

1,488

果樹の苗/カキ(柿):さいじょう(西条)4号ポット

西条は中果の渋柿で、中国地方で古くから栽培されてきました。実はロケット型で、果重180~200g。渋抜きをしたあとの甘みがたいへん強い品種で、さわし柿、干し柿にも最適です。収穫期は10月上旬~11月下旬の中生です。収穫量は普通ですが、食味濃厚で樹勢が強い品種です。樹形は直立性となります。自家結実性がありますが、受粉樹として雄花をつける他品種の木があったほうが果実の肥大や成熟などに有効です。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫期:10月上旬~11月下旬日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。利用法:へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木1~2年苗、樹高約60cmです。結実開始までの年数は約4~5年です。1年生苗は発芽が梅雨明けになる場合があります。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります...

果樹の苗/[完全渋柿・9月下旬収穫]鉢植え果樹 カキ(柿):わせさいじょう(早生西条)8号鉢植え

園芸ネット プラス

9,073

果樹の苗/[完全渋柿・9月下旬収穫]鉢植え果樹 カキ(柿):わせさいじょう(早生西条)8号鉢植え

ご家庭で手軽に果樹を育てていただけるように、鉢仕立てでお届けする果樹シリーズです。果樹専業ナーセリーが培養土と鉢に工夫をこらして2年をかけて栽培した特別な苗。鉢は、「根の旋回現象を防止し健全な根を育成」「用土内の水分を均一化し、中心部に多くの根を育成」「8角(あるいは6角)のコーナーと側面の段差により、根を下方に誘導」「弾力性のある軟質ポリ素材により、樹皮の損傷を防止」などの特徴をもつ実用新案力登録済みのもので、お届け後も鉢のままお育ていただけます。シリーズ中の多くの品種には、結実実績があります(品種・お届け時期により、実がない状態でのお届けとなるものもありますのでご了承ください)。柿:早生西条西条は渋柿で、中国地方で古くから栽培されてきました。実はロケット型で、果重180~200g。渋抜きをしたあとの甘みがたいへん強い品種です。干し柿に最適です。早生西条は収穫期は9月下旬からの早生品種。収穫量は普通ですが、食味濃厚で樹勢が強い品種です。樹形は直立性となります。自家結実性がありますが、受粉樹として雄花をつける他品種の木があったほうが果実の肥大や成熟などに有効です。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け最適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫期:9月下旬~10月上旬日照:日向むき・栽培方法:お届けした苗の植えられているスリット鉢は、根が空気に触れて太い根の成長が止まり、触粒の成長に有益な細根が伸びてくるので、樹形がコンパクトで良い状態のまま果樹が生長します。お届け後2~3年はこの鉢のままお育ていただけます。お好みの鉢カバーなどにスリット鉢を入れて栽培してく...

果樹の苗/キウイ(オス木):ロッキー4~5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

果樹の苗/キウイ(オス木):ロッキー4~5号ポット

雌花の結実を助ける役目の雄木です(キウイは雄雌異株のため、受粉用として雌木に雄木が必要です)。「トムリ」よりも早期に開花します。開花期が同じ時期のメスのキウイ(ゴールデンキング)の受粉樹用です。メス木5~6本に1本の割合でオス木を混植します。※地域や気候により目的とする雌木との開花期がずれる場合がございます。その場合は雄木の花粉を採取の上、貯蔵してご利用ください。植えつけ時期:10月中旬~4月下旬収穫時期:9月中旬~11月中旬栽培方法:温暖な気候を好みます。用土は水はけの良い土でないと根腐れを起こしやすくなります。乾燥に弱い点もあります。なるべく、根の張りやすい柔らかい土壌に植えてください。落葉期に植え付けます。縦横40~50cm、深さ40~50cmの植え穴を掘り、元肥や堆肥、腐葉土、ピートモスなどを混ぜます。根に肥料があたらないように土を3cm程入れてから苗を植えつけます。2mほどの支柱に誘引します。雌木だけでは実がならないので、雄木も同じ棚に誘引できるように植えましょう。水:植え付け後1~2年はときどき灌水して生育を促しますが、それ以降は、雨が少なくて土が乾いたら十分に与えます。鉢植えでは特に乾燥しやすいので毎日一回与えます。肥料:植え付け時に、元肥として緩効性肥料を200gぐらいと、堆肥、小バケツ1~2杯を混ぜたものを施し、冬にも寒肥として同じものを与えます。実の付け方:雌花が五分咲きの時と満開時の2回行います。開花したばかりのめしべの先に、よく花粉の出た雄花のおしべをつけてやります。病虫害:特にありませんが、根にこぶができる根頭がん腫病にはコサイドボルドー水和剤を散布します。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット苗です。樹高は、お届け時期により多少前後します。お届け時期により葉がきれいでない状態の場合がございますの...

果樹の苗/カキ(柿):すなみ4号ポット

園芸ネット プラス

1,158

果樹の苗/カキ(柿):すなみ4号ポット

富有柿の枝変わりで、実の大きい甘柿です。「ジャンボ富有」として流通している場合もあります。晩生で、形は偏平です。果重は約330gで、果肉はやや粗く、糖度は16~17度です。収穫期は10月下旬~11月上旬ごろです。タイプ:カキ科の落葉高木植え時:11月~3月適地:北関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)樹高:3~5m収穫:10月下旬~11月上旬日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。・収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。4号(直径12cm)ポット植えの接木苗、樹高約50~80cmです。結実までの年数は約4~5年です。1年生苗は発芽が梅雨明けになる場合があります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。写真は一般的な甘柿のイメージです。※種苗登録出願済み品種ですので...

果樹の苗/リンゴ:つがる(津軽)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,087

果樹の苗/リンゴ:つがる(津軽)4~5号ポット

ゴールデンデリシャスの交配種で、樹勢が強健で果実が大きい品種です。甘味は少なめですが果汁が多く、味わいがあります。豊産性です。寒冷地から暖地まで、幅広い地域で栽培できます。9月に収穫期となる中生種です。主要品種との交雑和合性が高く、受粉樹として利用できます。他の木の花粉で結実しますので、2品種以上を組み合わせて栽培してください。受粉樹デリシャス、ふじ、紅玉、世界一などがおすすめです。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:9月下旬~10月中旬樹高:2.5~3m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき・栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し、発生時にはダイセンなどを散布してください。病気は雨にあたった後に発生しやすいので...

果樹の苗/モモ(桃):八幡白鳳4号ポット

園芸ネット プラス

1,361

果樹の苗/モモ(桃):八幡白鳳4号ポット

八幡白鳳(やはたはくほう)は山梨県で発見された白鳳の枝変わり品種です。早生の白鳳系の中では糖度が高く、食味が良い品種です。果実は扁円形で、果重は250g前後です。果汁が多く、上品な味わいが楽しめます。タイプ:耐寒性落葉高木成熟期:7月上旬~中旬植付け適期:11月~2月適地:年平均気温11~15度の地域果実の大きさ:200g日照:日なたを好む用途:庭植え、鉢植え栽培方法:1年生の接木苗で、植えつけから3~4年で結実します。日当たり・水はけのよい場所で育てましょう。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。新梢(1年枝)に花芽ができます。開花後30日くらいで整理落果が終わるので、摘果をして実数を調整します。実1個に対して25~30枚の葉が必要です。5~6月ころ、病虫害予防のため実に袋かけをし、収穫3~4日前に外します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。日照不足になると下枝が枯れますので、混み合った側枝を間引き、枝の間に日光がはいるようにします。5~10月にコスカシバの幼虫が幹に入ることがあります。幹に糞がつくので、木槌でたたいて圧死させます。防除は8月下旬~9月下旬にスミチオン乳剤を太い幹に数回散布してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木苗、結実開始までの年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございます。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。モモ(桃):八幡白鳳4号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について桃(モモ)ピーチ&ネクタリン

暖地サクランボ H1000~1200 【RCP】05P03Dec16

SORA

3,540

暖地サクランボ H1000~1200 【RCP】05P03Dec16

【商品規格】 さくらんぼ 暖地サクランボ H1000~1200mm(鉢底より) 【商品説明】 1本の樹で実をつける珍しいサクランボ 結実が簡単なので家庭園芸向けです お届サイズは、H1000~1200mm(鉢底より)または21cmポットです 【注意事項】 花色の指定はできません 写真は見本になります形状などご参照ください タイトルや商品説明に記載している高さの商品発送となります 植物ですので多少の個体差があります 時期によって画像にある花や実、葉は付いてない場合があります また、植物のため時期や切戻しによりサイズ違いがある場合があります 【送料】 全国一律3,000円となります) 1本での送料となります。 沖縄・離島の場合は別途中継料金がかかる場合があります  サクランボ暖地サクランボ H1000~1200mm   ・バラ科 サクラ属 落葉 高木 ・暖地でも栽培しやすいサクランボ ・最終樹高は、5~6m程。 ・1本の樹で結実する珍しいサクランボです。                 ラベル     葉     根元       実の形状の参考写真です。 葉は柔らかく明るい緑色です。 果樹苗の根元のイメージです。     豆知識   ・可愛らしい果実が人気で別名「オウトウ」といいます ・収穫期に雨がたくさん降ると実が割れることがあります ・病害虫の被害があるので見つけ次第駆除してください     分布図   ・関東以南での栽培が可能です。   &nbsp...

果樹の苗/オニユズ(鬼柚子)4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

果樹の苗/オニユズ(鬼柚子)4.5号ポット

鬼ユズは獅子ユズに似たごつごつとした実となる品種です。実の形がほぼ同じなので獅子ユズとして流通していますが、獅子ユズよりも実が小さく別種です。鬼ユズは実つきのよい品種で、枝にはトゲがあり、葉が細めです。ダイダイのように正月に玄関の飾り物に使われるなど、観賞用に使われることが多い果物です。実は酸味が強く、生食にはむきません。ジャムやマーマレード、ゆず酒などに利用できます。ある程度の耐寒性はありますが、本柚子などに比べると弱めです。成長すると3~5mになりますが、小さく仕立てることも可能です。自家結実性があるので、1本で実をつけます。庭植えのほか、鉢でも育てられます。タイプ:半耐寒性常緑樹栽培可能地域:南東北地方以南植えつけ最適期):10月中旬~4月下旬(ポット植えの苗ですので、真夏と真冬を除きほぼ年間を通して植え付け可能です)収穫:7月~10月栽培方法:日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで植えつけます。3月と9月下旬に根元に有機肥料などを施します。樹勢が強いため、放任しておくと枝が上に伸びて花がさきにくくなることがあります。支柱などを使って枝を横に広げるように(開心樹形に)誘引してください。剪定は3月はじめ、芽が動き出すころに行ってください。あまり強く切り返さず、懐枝や立ち枝を間引く程度にしてください。4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗、結実までの年数は3~4年くらいです。移植等、状況により変わる場合があります。冬季は寒さで多少葉の色が黄色くなったり落葉している場合があります。※柑橘類の苗は入荷時にトゲで葉に傷がついたり、多少の虫食いの痕がある場合がございますが、生育には問題ありません。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。オニユズ(鬼柚子)4.5号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け...

果樹の苗/スモモ(プラム):大石早生4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/スモモ(プラム):大石早生4~5号ポット

大石早生(おおいしわせ)は日本スモモの代表的な品種のひとつ。スモモの中で最も早く結実します。果皮の色は鮮紅色、果肉は淡黄色です。程よい甘酸っぱさで、極早生の優良品種。ソルダムやサンタローザの受粉樹としても最適です。自家結実性がありませんので、異品種を近くに植えてください。暖地に向く品種です。樹形は開帳型です。市販の果実は未熟なうちに収穫されているため酸味が強いのですが、家庭で完熟させると、とても甘くてジューシーなフルーツです。桃よりも耐寒性が強く、北海道から九州まで栽培可能。土壌親和性も強く、栽培しやすい果樹です。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花:3月~4月樹高:2.5~3m収穫:6月中旬~下旬果重:75~115g日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えの場合は2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入り苗です。結実開始は約4~5年後からとなります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。スモモ(プラム)...

果樹の苗/ナシ(梨):あきあかり4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,351

果樹の苗/ナシ(梨):あきあかり4.5号ポット

あきあかりは2003年に品種登録された日本梨で、400g程度の赤梨です。肉質がち密で多汁、糖度は13%以上です。幸水より日持ちが優れる品種です。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植えてください。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:8月下旬~9月上旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は、4.5号(直径13.5cm)ポット入り、樹高約50~70cmです。結実開始までの年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合がございますのでご了承ください...

果樹の苗/木いちご(キイチゴ):ブラックベリー ボイソンベリー4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/木いちご(キイチゴ):ブラックベリー ボイソンベリー4~5号ポット

ボイソンベリーは赤紫色で大きな実のブラックベリーで、6~7月に成熟する早生品種。植えつけ後1,2年で収穫できます。つる性(ほふく性)の品種で、フェンスやトレリスに這わせたり、または鉢植えであんどん仕立てがおすすめです。トゲなしの品種ですが、まれに先祖がえりでトゲが出る場合がございます。ブラックベリーは比較的温暖な地域を好みます。ブルーベリーの約6倍のアントシアニンと抗酸化能力があり、健康フルーツとして注目されています。自家結実性があるので、1本でも実をつけます。学名:Rubus 'Boysenberry'タイプ:耐寒性落葉低木樹形:つる性(ほふく性)樹高:1~1.5m植えつけ適期:10月~4月末(最適期は上記のとおりですが、ポット入りの苗ですので、真夏を除き年間を通して植え付け可能です)開花期:5月下旬~6月上旬収穫時期:6~7月日照:日向むき栽培方法:日当たり、風通しのよい場所に植えつけます。土壌は特に選びません。よく繁殖するので、庭植えでは数年で広範囲に広がります。鉢植えは5~6号鉢でも栽培できますが、8号以上の大きい鉢に植えたほうが実付がよくなります。2月と収穫後に速効性化成肥料を、11月上旬に腐葉土や堆肥などの有機肥料(鉢植えの場合は固形の油かすを数個程度)を施します。植えつけてから1,2年で開花結実します。実は前年に株元からでるシュート(勢い良く伸びる新梢)につきますので、このシュートを短く切りすぎないようにします。生育期(6月頃)に、庭植えは株元から1m前後、鉢植えは60cm程度で切り詰めると側枝が発生し、翌年の結果量が増えます。また、冬期は2月に、昨年実のなった枯れ枝を取り除き、弱い枝も間引きます。果実は開花から1ヶ月程度で完熟します。果実に色がつき柔らかくなれば収穫できます。果実の利用法:2...

果樹の苗/クリ(栗):ぽろたん4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,831

果樹の苗/クリ(栗):ぽろたん4~5号ポット

電子レンジやオーブントースターで加熱するだけで皮がぽろっとむける画期的な日本栗の新品種です。果実は約30gと大実で、実は粉質で甘味、香気があっておいしい上に、加熱すると渋皮を簡単にむくことができます。茨城県の果樹研究所で食味がよく皮がむきやすい栗を目標に、長い年月をかけて交雑・選抜を繰り返して誕生した品種です。食べ方:破裂しないように鬼皮にナイフ等で果肉まで達する程度の傷を数本つけた後、電子レンジ(700W)で2分間または、オーブントースター(180度)で15分間加熱してください。タイプ:ブナ科クリ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国(年間平均気温7度~17度)樹高:3~4m植え時:11月~3月中旬果重:30g収穫:9月上旬~中旬日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。自家結実性はありませんので、2品種以上を一緒に植えてください。肥料が不足すると落果しやすいので、冬の間に有機質の肥料を根元に施します。7~8月頃にネスジキノカワ、モモノメイガの被害が出た場合は、スミチオンかマラソン乳液の1000倍液を2~3回散布します。剪定は冬の間に、太い枝を間引いて内部に太陽光線が入るようにします。収穫・利用法:殻がはじけたら収穫適期です。自然落果したものが最もおいしいので、収穫期には1~2日おきに根元を見回り、収穫します。果実にはクリミガなどの害虫が入りやすいので、なるべく早く収穫しましょう。0度で2週間ほど貯蔵するとより甘みが増します。茹栗、甘露煮、マロングラッセなどに利用を。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木1~2年生苗、樹高約60~90cmです。樹高は、お届け時期により多少前後します。写真は結実時のイメージです。※種苗登録出願済み品種ですので、営利栽培はできません。...

果樹の苗/セイヨウナシ(西洋梨):ジェイドスイート4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,944

果樹の苗/セイヨウナシ(西洋梨):ジェイドスイート4.5号ポット

北海道で「マルゲリット・マリーラ」と「ブランディワイン」を交雑して育成された早生の大果品種。糖度は約13~15度、果重は290g程度で追熟性に優れ、甘みが多くて果汁が多く、食味は良好です。「バートレット」とほぼ同時期に収穫でき、8月下旬から収穫可能で、育成地では9月上~中旬に収穫適期となります。異なる品種を受粉樹として近くに植えたほうが結実性は高くなります。バートレットやラフランス、ブランディワインと交配和合性があります。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月収穫期:8月下旬~9月中旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。収穫後、追熟は室温で20日ほどです...

果樹の苗/リンゴ:コウギョク(紅玉)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,373

果樹の苗/リンゴ:コウギョク(紅玉)4~5号ポット

アメリカ原産。酸味があってアップルパイやジャム、ケーキに欠かせない品種です。自家製なら少農薬で栽培できます。樹高2m程度で栽培・収穫が可能です。1本の成木に3.3平米あれば大丈夫です。満開後150日くらいで収穫できます。他の木の花粉で結実しますので、2品種以上を組み合わせて栽培してください。受粉樹としては、デリシャス、ふじ、つがる、王林、世界一、千秋などがおすすめです。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実に赤い色がつきにくくなります。開花期:4月収穫期:9月下旬~10月中旬樹高:2.5~3m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し、発生時にはダイセンなどを散布してください。病気は雨にあたった後に発生しやすいので...

果樹の苗/アケビ:五葉(ゴヨウ)アケビ4~5号ポット

園芸ネット プラス

972

果樹の苗/アケビ:五葉(ゴヨウ)アケビ4~5号ポット

五葉アケビはアケビの代表的な品種です。1品種でも実はつきますが、受粉樹に白アケビや三つ葉アケビをあわせていただくとより収穫量が増えます。果実が熟すと果皮が裂けて中から白い実があらわれます。甘味のある実はそのままお召し上がりください。若い芽や果皮は油いためや、茹でてごまあえなどにするとおいしくお召し上がりいただけます。タイプ:耐寒性落葉樹(つる性)開花期:4~5月収穫期:10月草丈:10~20m植えつけ最適期):10月中旬~6月下旬(ポット植えの苗ですので、真夏と真冬を除きほぼ年間を通して植え付け可能です)日照:日向むき用途:フェンス、トレリス、鉢植え(あんどん仕立て)栽培方法:日本の原野や山間地に自生していたものなので、栽培は容易です。地植え、または大きな鉢に植え替える場合は、腐植質が多く水はけのよい土に植えます。日当たりを好みますが、半日陰でもよく育ちます。蔓を棚やフェンスにからませて育ててください。蔓は晩秋に1,2本を残して剪定すると、株元がよく育ちます。秋にはうどん粉病、春にはアブラムシがつきやすいので、スミチオン剤などで防除してください。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット、樹高約40~60cmの実生苗です。結実までには3~4年くらいかかります。ポットサイズ、樹高や樹形、幹の太さは、お届け時期により多少前後します。夏~秋、また冬季の落葉前は葉がきれいでない状態となりますのであらかじめご了承ください。写真は結実時のイメージです。※実生で生産を行っている苗のため、四葉や五葉が出てくる場合がございます。また、苗の生産上剪定での管理を行っており、剪定した後の枝に多少の枯れこみなどが見られる場合がありますが、生育には支障はございません。あらかじめご了承ください。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。アケビ:五葉...

果樹の苗/かわちばんかん(河内晩柑)4.5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

果樹の苗/かわちばんかん(河内晩柑)4.5号ポット

河内晩柑(かわちばんかん)は、熊本市河内町で発見されたザボンの一品種。ジューシーで飽きのこないさっぱりした味わいが特徴です。美生柑(みしょうかん)、天草晩柑、ジューシーフルーツ、ジューシーオレンジなどと呼ばれています。朝のジュースに最高です!冬も暖かい地域での栽培が適しているため、生産地は九州・四国の一部の地域に限られ、愛媛県愛南町が日本一の産地です。外観はレモンイエローで、その外観から「和製グレープフルーツ」とも呼ばれますが、グレープフルーツのような苦みはなくすっきりした風味です。5月の開花から次の年の夏まで最長16ヶ月もの間樹になっている不思議なみかんで、収穫は開花の翌年3月頃からで、最長9月頃まで随時行えますが、5月を超えると徐々に品質が落ちるため、主に3~5月頃に行います。 タイプ:半耐寒性常緑低木収穫期:3~9月果重:250~500g糖度:10度結実年数:3~5年栽培方法:年平均気温16℃以上の場所が適しています。日当たりがよく土の深いところを選んで植えてください。大きな果実をならせるため、風あたりの少ない場所が適しています。60~70葉に1果の割合になるよう8月ごろ摘果し、肥料は2~3月、6~7月、8~9月、11月の年4回に分けて与えます。剪定は3月ごろに、ミカンよりやや軽めにしましょう。果物の収穫は1月~3月ごろ行います。自家結実しにくい性質がありますので、甘夏、麻豆文旦、ハッサクなどの花粉を採取し、開花を待って人口受粉を行うと結実が良くなります。お届けする苗は4.5号(直径13.5cm)ポット植え接木1~2年苗です。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがありますのでご了承くださいませ。※柑橘類の苗は入荷時にトゲで葉に傷がついたり、多少の虫食いの痕がある場合がございます...

果樹の苗/ユズ(柚子):とげなしユズ4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,946

果樹の苗/ユズ(柚子):とげなしユズ4~5号ポット

ゆずは酢ミカン類の代表的な品種で、7月下旬ころの青い実から10月まで収穫できて便利です。耐寒力もあり、丈夫です。東北地方まで育てられます。本柚は高い香りが特徴です。苗木を植えてから収穫できるようになるまでに数年かかることがあります。成長すると3~5mになりますが、小さく仕立てることも可能です。自家結実性があるので、1本で実をつけます。庭植えのほか、鉢でも育てられます。とげなし柚子は本柚子(木頭ユズ)のとげのない枝を接木して選抜、育成した品種で、本柚子よりも実の大きさはやや小ぶりになります。若木のうちはトゲがありますが、成長して樹勢が落ち着いてくるとトゲが少なくなっていきます。タイプ:半耐寒性常緑樹栽培可能地域:南東北地方以南植えつけ最適期):10月中旬~4月下旬(ポット植えの苗ですので、真夏と真冬を除きほぼ年間を通して植え付け可能です)収穫:7月~10月栽培方法:日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで植えつけます。3月と9月下旬に根元に有機肥料などを施します。樹勢が強いため、放任しておくと枝が上に伸びて花がさきにくくなることがあります。支柱などを使って枝を横に広げるように(開心樹形に)誘引してください。剪定は3月はじめ、芽が動き出すころに行ってください。あまり強く切り返さず、懐枝や立ち枝を間引く程度にしてください。4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗、結実までの年数は3~4年くらいです。移植等、状況により変わる場合があります。樹高や樹形は入荷時期により異なります。また冬季は寒さで多少葉の色が黄色くなったり落葉している場合があります。写真はイメージです。※お届け時期により葉が少なく、芽が伸び始めたばかりの状態となる場合がございます。1年生の商品は鉢上げして時間が経過していないため...

果樹の苗/リンゴ:オウリン(王林)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,030

果樹の苗/リンゴ:オウリン(王林)4~5号ポット

果汁が多く芳香があり、風味のある黄色のリンゴです。貯蔵性も高い品種です。受粉樹としては、デリシャス、ふじ、つがる、紅玉、世界一、千秋などがおすすめです。満開後150日くらいで収穫できます。他の木の花粉で結実しますので、2品種以上を組み合わせて栽培する必要があります。タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉樹植え付け最適期:10月半ば~3月末(鉢植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:比較的冷涼な地域。東北以北および中部地方の高冷地。適切な管理を行えば全国で栽培可能ですが、暖地では実がきれいに色づきにくくなります。開花期:4月収穫期:9月下旬~10月中旬樹高:2.5~3m用途:庭植え、鉢植え(鉢植えの場合は7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法:日当たりと排水のよい場所に植えます。夏の暑さに弱いので、西日のあたる場所は避けてください。植え穴を大きく掘り、堆肥10kgを土とよく混ぜて入れます。接木の部分を地上に出して植え付けてください。苗木には丈夫な支柱を深く埋めて立てます。肥料は5月下旬、7月下旬と12月に有機肥料を中心に根元に施します。4月下旬に開花後、35日以内に摘果して40~70枚の葉に1個の割合で実をのこします。摘果後は害虫防除のため袋がけされることが多いのですが、味が多少落ちます。家庭用なら無袋の方がおいしくなります。りんごは病虫害に弱いので、栽培ガイドなどの薬剤散布暦に従って防除してください。特に、庭木のカイヅカイブキなどのビャクシン類は赤星病を仲介しますので、近くに植えないように注意し、発生時にはダイセンなどを散布してください。病気は雨にあたった後に発生しやすいので、鉢植えで育てる場合は雨にあてないようにすると防ぐことができます。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入りの接木苗です...

果樹の苗/スモモ(プラム):サンタローザ4~5号ポット

園芸ネット プラス

973

果樹の苗/スモモ(プラム):サンタローザ4~5号ポット

サンタローザは日本スモモの代表的な品種。果皮は鮮紅色、果肉は黄色で、糖度15度、1個100~150gの大果です。肉質がよく、酸味が中くらいで品質良好です。花粉が多いので、ソルダムや大石早生の受粉樹としても最適です。収穫は7月中旬~下旬です。自家結実性が強く、1本で実をつけます。スモモは酸っぱいというイメージですが、それは市販の果実が未熟なうちに収穫されているため。家庭で完熟させると、とても甘くてジューシーなフルーツです。桃よりも耐寒性が強く、北海道から九州まで栽培可能。土壌親和性も強く、栽培しやすい果樹です。タイプ:バラ科スモモ属の耐寒性落葉高木植付け最適期:11月~12月末、1月中旬~4月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花:3月~4月収穫:7月中旬~下旬樹高:2.5~3m日照:日向むき栽培方法:日当たり・水はけのよい場所が適しています。地植えで数本植える場合は株間を2m以上離してください。有機肥料を元肥えとして施して植え付けます。鉢植えでも育てられます。果実のなり方は梅のように枝の先端または10センチくらいの短い枝にたくさんつきますので、細い枝、短い枝は剪定しないようにしてください。剪定は11月~1月または5~6月に太い枝、強い枝を間引く程度にしてください。発芽期はアブラムシ、結実後は灰星病に注意してください。予防薬を散布するとよいでしょう。未熟果は酸味が強いので、よく熟してから収穫してください。お届けする苗は、4~5号(直径12~15cm)ポット植えの接木1~2年生苗です。結実開始は4~5年後からとなります。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。スモモ(プラム):サンタローザ4...

果樹の苗/ナシ(梨):かほり接木苗4号ポット

園芸ネット プラス

2,404

果樹の苗/ナシ(梨):かほり接木苗4号ポット

梨の中でも最大級の大玉品種。実の大きさは1個550~2300gと子供の頭くらいあります。しかも芳香があり、糖度も16度と梨の中でも最高の甘さでおいしい品種です。収穫期は10月上旬~下旬の晩生種です。果実はあまり日持ちしないため、店頭には出回りません。家庭での栽培ならではの味覚をお楽しみください。同じ品種の花粉では結実しないので、異品種を近くに植える必要があります。交配品種としては新興、豊水、二十世紀などがおすすめです。タイプ:バラ科ナシ属の耐寒性落葉中高木耐寒性:マイナス20度まで植付け最適期:11月半ば~2月(ポット植えの苗の場合は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)開花期:4月結実期:8月中~下旬樹高:2.5~3m栽培:庭植え、鉢植え(鉢の場合7号鉢以上)日照:日向むき栽培方法冬から春先の落葉期に植え付けます。植え場所は深く耕し、腐葉土や堆肥、緩効性化成肥料を多めにすきこんで植え付けます。鉢植えの場合は7~8号鉢に、赤玉土6対腐葉土4の割合で混ぜた土に植え付けます。樹形は立木仕立てか棚仕たてにしますが、コンパクトに育てる場合は立木仕立てが適しています。直立した幹を育て、地上から60cmくらいの間隔で四方に枝を張らせるようにします。剪定は2月に、横枝から出ている50cm以下の枝は切らないようにし、それ以上に長く伸びた枝は先端を切り詰めます。また、混み合ったところは間引くように根元から切り取ります。開花後なるべく早く、木の大きさに応じて摘果をおこない、結実数を調整します。目安は葉の枚数20~30枚に果実1個の割合です。施肥は2月、6月、10月に、根元に油粕や鶏糞、化成肥料を施します。赤星病が出やすいので、開花期前後にダイセン水和剤を散布します。木につけたまま完熟させるとおいしく味わえます。お届けする苗は...

果樹の苗/ビワ:涼峰(リョウホウ)4号ポット

園芸ネット プラス

3,434

果樹の苗/ビワ:涼峰(リョウホウ)4号ポット

「楠」に「茂木」を交配して長崎県で育成された早生品種。育成地で5月中旬~6月初旬頃に成熟します。果実は卵型で大きめ、果皮はやや薄い橙黄色です。果汁が多くて酸味が少なく、適度な甘さでさっぱりした食味。とてもおいしい品種です。自家結実性なので、1本で実をつけます。また、びわの葉はアミグダリン(ビタミンB17)を多く含んでいます。古来から民間療法にはよく用いられ、葉を刻んで煎じ出し、お茶として飲んだり、葉を洗って細かく刻み、蜂蜜を加えてホワイトリカーにつけ、薬用酒とするなどの形で利用することもできます。寒い場所、水はけの悪い場所ではうまく育ちませんので、なるべく温かく、排水よくして栽培してください。鉢植えでも栽培できます。タイプ:バラ科の耐寒性常緑高木栽培適地:関東地方以南開花期:11~1月収穫期:5~6月植付け・植え替え:3~4月剪定:9月栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植えてください。家庭では樹高を低く育てたほうが手入れをしやすいので、好みの高さで横枝を4~5本四方に向けて横に寝かせるように誘引し、樹形を作ります。花芽をたくさんつけますが、そのまま放任すると、大きな果実の収穫は望めません。隔年結果の原因にもなりますので、10月中~下旬ごろを目安に摘蕾します。弱い枝、小さい枝の花房から取り除き、目安として全体の約半分を取り除き(摘果)ます。時期は早いほうが効果があります。最終的に果実は1花房に3~5果になるようにしてください。摘果が終わり次第新聞紙などで袋かけを行い、虫害に遭わないようにします。肥料は2~3月にリン酸、カリなど実つきをよくするものを主体に施し、また初夏(収穫直前)は窒素、リン酸、カリの配合肥料を、秋には窒素主体の配合肥料と堆肥を根元に施します。病気は鉢巻病といって、果樹の成熟期に褐色の病班が鉢巻状に果実の表面に現れる...

果樹の苗/アケビ:三つ葉(ミツバ)アケビ4~5号ポット

園芸ネット プラス

972

果樹の苗/アケビ:三つ葉(ミツバ)アケビ4~5号ポット

あけびといえば五葉アケビが一般的ですが、これは珍しい「三つ葉アケビ」です。黒紫の花が特徴で、実は紫色を帯びた長楕円形です。受粉樹には五葉や白アケビをあわせてください。果実が熟すと果皮が裂けて中から白い実があらわれます。甘味のある実はそのままお召し上がりください。若い芽や果皮は油いためや、茹でてごまあえなどにするとおいしくお召し上がりいただけます。タイプ:耐寒性落葉樹(つる性)開花期:4~5月収穫期:10月草丈:10~20m植え付け適期:10月~6月日照:日向むき用途:フェンス、トレリス、鉢植え(あんどん仕立て)栽培方法:日本の原野や山間地に自生していたものなので、栽培は容易です。地植え、または大きな鉢に植え替える場合は、腐植質が多く水はけのよい土に植えます。日当たりを好みますが、半日陰でもよく育ちます。蔓を棚やフェンスにからませて育ててください。蔓は晩秋に1,2本を残して剪定すると、株元がよく育ちます。秋にはうどん粉病、春にはアブラムシがつきやすいので、スミチオン剤などで防除してください。お届けする苗は、4~5号(直径12~15cm)ポット植えの実生苗です。受粉樹としては別売の五葉アケビをご利用ください。結実までには3~4年くらいかかります。ポットサイズ、樹高や樹形、幹の太さは、お届け時期により多少前後します。夏~秋、また冬季の落葉前は葉がきれいでない状態となりますのであらかじめご了承ください。写真は結実時のイメージです。※実生で生産を行っている苗のため、四葉や五葉が出てくる場合がございます。また、苗の生産上剪定での管理を行っており、剪定した後の枝に多少の枯れこみなどが見られる場合がありますが、生育には支障はございません。あらかじめご了承ください。アケビ:三つ葉(ミツバ)アケビ4~5号ポット の栽培ガイド苗類のお届け形態についてアケビ...

果樹の苗/アケビ:バナナアケビ(白あけび)4号ポット

園芸ネット プラス

1,602

果樹の苗/アケビ:バナナアケビ(白あけび)4号ポット

果皮が白い「白アケビ」の苗です。実が白く、新葉の色もやや白っぽい品種です。受粉樹には五葉や三つ葉アケビをあわせてください。果実が熟すと果皮が裂けて中から白い実があらわれます。甘味のある実はそのままお召し上がりください。若い芽や果皮は油いためや、茹でてごまあえなどにするとおいしくお召し上がりいただけます。タイプ:耐寒性落葉樹(つる性)開花期:4~5月収穫期:10月草丈:10~20m植え付け適期:10月~6月日照:日向むき用途:フェンス、トレリス、鉢植え(あんどん仕立て)栽培方法栽培は容易です。日当たり・水はけのよい場所に植えて支柱でつるを誘引してください。地植え、または大きな鉢に植え替える場合は、腐植質が多く水はけのよい土に植えます。日当たりを好みますが、半日陰でもよく育ちます。蔓を棚やフェンスにからませて育ててください。蔓は晩秋に1,2本を残して剪定すると、株元がよく育ちます。秋にはうどん粉病、春にはアブラムシがつきやすいので、スミチオン剤などで防除してください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット植えの苗、樹高約30~40cmです。樹高につきましては、お届け時期により多少前後することがあります。また、夏~秋のお届け時は葉が少なかったり、きれいでない状態の場合がございますのでご了承ください。冬季は落葉の状態でのお届けです。写真はイメージです。アケビ:バナナアケビ(白あけび)4号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてアケビの料理

果樹の苗/シークワーサー(ヒラミレモン)4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,831

果樹の苗/シークワーサー(ヒラミレモン)4~5号ポット

沖縄に自生するミカン科の植物です。果実はビタミンC、B1が豊富で、昔から酢のかわりや、香りづけ、ジュースなどに利用されてきました。お料理では三杯酢などに使うと風味が生きます。さわやかなジュースも最高の味。カクテルなどにもぴったりです。寒さに弱いので、露地栽培は関東地方以南の太平洋側が適しています。学名:Citrus depressaタイプ:ミカン科ミカン属の半耐寒性常緑中高木樹高:3~5m開花期:6~7月結実・収穫期:10~11月耐寒性:0度まで日照:日なた栽培方法:土質は特に選びませんが、排水がよく、有機質に富んだ土をご利用ください。常緑樹なので、土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。肥料は4月、6月上旬、9月中旬に根元に固形肥料などを置き肥します。冬季は0度でも越冬しますが、0度前後になる場所ではなるべく鉢植えにして室内の日当たりのよい場所で管理してください。収穫・利用方法:果実は11月ころに、ピンポン玉程度の大きさになったら収穫します。ジュースや刺身、焼き魚、酢の物にかけたり、レモンの代わりに使います。ジュースはグラス1杯の水に2、3個分の果汁を絞り、ガムシロップや蜂蜜を入れて飲んでください。沖縄では洗濯やしみ抜きにも利用されています。お届けする苗は4~5号(直径12~15cm)ポット入り、樹高約70~80cmです。樹高は、お届け時期により多少前後します。 ※柑橘類の苗は入荷時にトゲで葉に傷がついたり、多少の虫食いの痕がある場合がございますが、生育には問題ありません。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。シークワーサー(ヒラミレモン)4~5号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について柑橘(カンキツ)類

果樹の苗/ホームフルーツの鉢栽培セット:シークワーサー(ヒラミレモン)*

園芸ネット プラス

4,423

果樹の苗/ホームフルーツの鉢栽培セット:シークワーサー(ヒラミレモン)*

鉢植え栽培が可能な果樹の苗木と、果樹栽培用の専用土・専用鉢をセットにしました。お届け後すぐに苗木を植えつけていただけば、栽培スタート!日当たりのよい場所で、水やり・肥料などを切らさないように管理してください。1~2年後から開花・結実し始め、おいしいフルーツが収穫できます。セット内容:シークワーサー(ヒラミレモン)4.5号ポット × 1果樹・花木の土12リットル入り(培養土)[プロトリーフ] × 1果樹鉢:ブラック 310型(12号)[直径31cm、高さ32cm 果樹・花木用] × 1赤玉土:二本線硬質赤玉土中粒5リットル入り × 1 シークワーサー(ヒラミレモン) 沖縄に自生するミカン科の植物です。果実はビタミンC、B1が豊富で、昔から酢のかわりや、香りづけ、ジュースなどに利用されてきました。お料理では三杯酢などに使うと風味が生きます。さわやかなジュースも最高の味。カクテルなどにもぴったりです。寒さに弱いので、戸外での栽培は関東地方以南の太平洋側が適しています。学名:Citrus depressaタイプ:ミカン科ミカン属の半耐寒性常緑中高木樹高:3~5m開花期:6~7月結実・収穫期:10~11月耐寒性:0度まで日照:日なた 果樹・花木の土12リットル入り 花木や果樹の植え付け・植え替えはこの土でOK!誰でも簡単に樹木を栽培できます。樹木が育つための保水性と排水性を兼ね備え、初期栄養分を配合済みの培養土です。原材料:赤玉土・鹿沼土・ピートモス・腐葉土、くん炭等。12リットル入り 赤玉土:(中粒)5リットル入り 茨城産の二本線硬質赤玉土。天日乾燥で崩れにくく、粒が均一、植えつけた植物の根張りがよくなります。粒の大きさ13~20.0mm前後。植え付け方法:果樹・花木の土に赤玉土を混ぜて植えつけ用土とし、果樹鉢に入れます...

果樹の苗/グーズベリー(すぐり):ピクスウェル4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

果樹の苗/グーズベリー(すぐり):ピクスウェル4~5号ポット

初夏に透明感のある白い果実をつけるアメリカスグリの園芸種です。果実は直径1~2cm、最初は白色で熟すると赤紫色になります。酸味か少なく、ジャムやシロップ、サラダなどの料理に幅広く利用できます。自家結実性のある落葉小低木で、庭植え、鉢植えに向き、家庭で育てやすい品種です。スグリの中では比較的暑さにも強く、関東以西でも栽培しやすい品種です。品種特性上、生育期でも葉が赤く紅葉しているような状態になる場合がございます。タイプ:ユキノシタ科の耐寒性落葉低木開花期:5月植えつけ適期:10月下旬~5月中旬結実期:7月下旬~8月上旬栽培適地:北海道北部と、四国・九州の南部以南をのぞく全国日照:日向または半日陰むき(強い西日を避ける)栽培方法日当たり・水はけがよく、夏は涼しく半日陰になる場所が適しています。元肥として腐葉土や堆肥を植え穴に施して苗を植え付け、十分に水遣りします。日当たりが少ないと実をつけなくなるので注意してください。施肥は10月に、根元に緩効性肥料を施します。2月に剪定を行いますが、すぐりの花芽は前年に伸びた枝の葉腋につきますので、剪定するのは3年生以上の古い枝や混み合った枝、勢いの弱い枝を間引く程度とし、1年生の元気な枝は残すようにします。夏の暑さと乾燥には弱いので、強い日差しが続く時期は日よけなどで半日陰にし、毎朝水遣りし、根元の乾燥防止にわらなどでマルチングします。夏にハダニがつくことがありますので、早めに殺ダニ剤を葉の裏によく散布して防除してください。お届けする苗は4号(直径12cm)ポット植えの挿木苗、樹高約30~50cmです。若い苗のため、冬季~春先のお届けの場合は、芽吹きが遅い場合がございます。また、お届け時期により葉の色が黄色くなっていたり(肥料が少ない状態)や葉焼け、斑点等できれいでない状態の場合がございますのでご了承...

果樹の苗/モモ(桃):あかつき4~5号ポット

園芸ネット プラス

1,602

果樹の苗/モモ(桃):あかつき4~5号ポット

果汁が多く、糖度が高くて食味・品質良好な品種です。生理的落果・核割れが少なく、結実性が高いのが特長です。収穫時期は7月上~中旬の中生種。豊産性で、樹勢がやや強く、樹形は開帳型となります。着果過多になりやすいので摘果してください。花粉が多いので授粉樹にも向きます。日持ち良好です。タイプ:耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国樹高:2.5~3m植え時:晩秋~早春(ポット入りの苗木の場合は真夏を除いて周年植え付け可能)果重:250~300g収穫:7月上旬~中旬日照:日向むき栽培方法:1年生の接木苗で、植えつけから3~4年で結実します。日当たり・水はけのよい場所で育てましょう。肥料は窒素分を控えて有機肥料を中心に、5月、収穫後の8月下旬、そして12月に寒肥を根元に施します。新梢(1年枝)に花芽ができます。開花後30日くらいで整理落果が終わるので、摘果をして実数を調整します。実1個に対して25~30枚の葉が必要です。5~6月ころ、病虫害予防のため実に袋かけをし、収穫3~4日前に外します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。日照不足になると下枝が枯れますので、混み合った側枝を間引き、枝の間に日光がはいるようにします。5~10月にコスカシバの幼虫が幹に入ることがあります。幹に糞がつくので、木槌でたたいて圧死させます。防除は8月下旬~9月下旬にスミチオン乳剤を太い幹に数回散布してください。お届けする苗は接木苗の4~5号(直径12~15cm)ポット植え、結実開始までの年数は約3~4年です。樹高は、お届け時期により多少前後します。また、夏~秋のお届け時は葉の状態がきれいでない場合があります。※商品のお取り寄せに数日かかる場合があります。モモ(桃):あかつき4~5号ポットの栽培ガイド7月の果樹のお手入れ苗類のお届け形態について桃...

果樹の苗/カキ(柿):つかもとわせ(塚本早生)5号ポット

園芸ネット プラス

1,856

果樹の苗/カキ(柿):つかもとわせ(塚本早生)5号ポット

塚本早生は松本早生の大玉系品種。松本早生の枝変わりで最大の特徴は最大400gになる大玉系であることです。熟期は松本早生富有の熟期の中で中ごろになり、富有の収穫時期につなぐ品種として有望です。受粉樹として禅寺丸、筆柿、西村早生などの品種を近くに植えつけておけば、ミツバチなどにより受粉します。市街地など虫が少ない場所では人工授粉が必要です。この品種は隔年結果性が強いので、摘果で調整します。タイプ:カキノキ科の耐寒性落葉高木樹高:2~5m植え付け適期:10月半ば~3月末(ポット植えの苗は真夏をのぞきほぼ年間を通して植え付け可能です)栽培適地:関東地域以南(東北以北でも植えられますが、秋に気温が低いと成熟不足となり、渋が抜けない場合があります)収穫:10月~11月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい場所で育てましょう。肥料は開花後の7月はじめと12月に寒肥を根元に施します。柿は放っておくとよく実がなる表年とあまりならない裏年を1年おきに繰り返す(隔年結果)ので、摘蕾・摘果で果実数を調整します。5月頃、開花前の雌花の蕾を、1枝に1,2個になるように摘み取ります。さらに、6月下旬に1枝1個に摘果します。また、木が大きくなるので、毎年12月~2月の間に剪定を行います。混み合った側枝を間引き、さらにその年に結果した枝には翌年よい花芽がつきにくいので、古い枝を間引きます。大きくなった木をコンパクトに仕立て直すには、数年かけて幹や太枝を少しずつ切り詰めることもできます。収穫・利用法:完全甘柿でも成熟前は渋があります。万一、低温などにより渋がぬけない場合は、へたの部分をしょうちゅうに浸し、ビニール袋に入れて中の空気を抜き、密閉します。20度くらいの場所に1週間ほど置くと渋が抜けます。お届けする苗は、5号(直径15cm)ポット入りの接木苗...

果樹の苗/モモ(桃)2種セット:あかつきと白桃(はくとう)

園芸ネット プラス

2,538

果樹の苗/モモ(桃)2種セット:あかつきと白桃(はくとう)

桃は自家結実性のある果樹ですが、品種により花粉が少ない、またはほとんどない品種があり、授粉樹が必要な場合があります。これは花粉が少ない品種と多い品種の苗木を組み合わせた受粉セット。2本の苗木を近くに植え、開花時に人工授粉させてください。セット内容:モモ(桃):あかつき4~5号ポット[豊産で味が良い中生種 花粉が多く授粉樹にも向く] × 1モモ(桃):白桃(はくとう)4~5号ポット[食味の良い大果晩生種][苗木] × 1あかつき果汁が多く、糖度が高くて食味・品質良好な品種です。生理的落果・核割れが少なく、結実性が高いのが特長です。収穫時期は7月上~中旬の中生種。豊産性で、樹勢がやや強く、樹形は開帳型となります。着果過多になりやすいので摘果してください。花粉が多いので授粉樹にも向きます。日持ち良好です。収穫:7月上旬~中旬白鳳(ハクホウ)家庭果樹としても育てやすく人気の品種。大きさは200~250gの中玉で玉ぞろいがよく整った円形です。日持ちはあまりよくありません。糖度は約11~13度。肉質も緻密で甘味の強い品種、豊産性です。また、3月に咲くピンク色の花も美しく、鑑賞価値があります。樹勢がやや強く、樹形は開帳型です。自家結実性です。収穫:7月中旬~下旬タイプ:バラ科サクラ属の耐寒性落葉高木栽培適地:日本全国樹高:2.5~3m日照:日向むき植え付け:落葉後の11月から春の3月頃までに植えつけます。温暖な気候を好みますが、よく日の当たる場所で、排水さえよければ、本州どこでも問題ありません。排水不良な土地を最も嫌うので、排水、通気性のよいやや肥沃な砂壌土が好適地です。縦横深さ80cmの植え穴を掘り、掘り上げた土に苦土石灰をカップ一杯ほど混ぜておきます。穴の底へは完熟堆肥か牛糞をポリバケツ1/4ほど入れ、厚さ3cmほど土をかぶせて...

スポンサーリンク
スポンサーリンク