メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「春まきの花の種」検索結果。

春まきの花の種の商品検索結果全1,255件中1~60件目

送料無料
【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒 3個まとめ買いセット

e-たねや

11,790

【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒 3個まとめ買いセット

こちらの商品は、まとめ買い商品です。 『【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒×3個まとめ買いセット』 通常販売価格より、お買い得となっております。 商品名:『【ほうれん草種子】 ハンター M3万粒 通常販売価格:4320円(税込) ⇒3個セット 販売価格:11790円(税込) 【1個当たり3930円】 1個当たり通常購入より 【390円】お得!! さらにまとめ買い商品の送料は無料でのお届けとなります!! まとめ買いをご検討のお客様は、大変お得な商品となっております。 是非この機会にご利用くださいませ。 葉肉が軟らかく、食感が良い 独特の光沢があり、品質最高!    【ほうれん草】 ハンター (カネコ種苗) 特長  ベト病(R-1~7)に抵抗性があります。 草姿は立性で、葉形は尖り型で、葉幅が広く、株張りが良好です。 葉色が濃く、葉身と葉柄の光沢が強く、新鮮感があります。 葉数が多く、在圃性があるので、秋まきから春まきまで幅広く栽培できます。 葉肉が軟らかく、アクが少なく、食味が良いです。  管理のポイント (1)高温条件下での栽培は避ける 晩夏から初秋まき栽培では、高温による生育の停滞があるので、この時期の栽培は避けます。 (2)低温期の栽培は乾燥に注意する 低温期に乾燥が続く場合は、葉面の縮みが生じることがあるので、適時灌水を行ってください。 (3)温暖期は換気を行う 春まき等の気温の上昇期は、徒長が少ない方ですが、葉肉を厚くするために、こまめな換気を行います。 (4)病害虫防除 例年、中間地及び冷涼地の冬から早春まき栽培で、べと病の発生が多く見られます。これらの時期に『ハンター』を使いことにより、べと病の被害を回避することができます。しかし...

【ほうれん草種子】 【サカタのタネ】 リビエラM3万粒

e-たねや

4,070

【ほうれん草種子】 【サカタのタネ】 リビエラM3万粒

べと病R1~5抵抗性。極濃緑、立性で、耐暑、耐湿性にすぐれる晩夏~秋まき品種 【ホウレン草】 リビエラ (サカタのタネ) 【特長】 1.やや広葉で葉先がとがり、欠刻がシャープに入ります。極濃緑で光沢も強く、商品価値が高いです。 2.草姿は立性で、収穫調整しやすいです。 3.耐湿性が強く、湿害による黄化が出にくいです。 4.秋まき用品種としては抽だいが遅く、比較的じっくりと生育し、高温期でも徒長しにくいです。冷涼地の8~9月まき、および一般地、暖地での8月~10月中旬、年が明けての2~4月上旬まきに適しています。  【適応性】 土壌適応性は広く、しかも耐湿性が強いため、火山灰土から水田裏作まで幅広く栽培することができます。 気温が高い晩夏~秋口は、まだホウレンソウがつくりづらい時期です。しかし当品種は耐暑性にすぐれ、軟弱徒長することもなく、しっかりとした株ができます。葉色や照りも10月まきと比べてもほとんど変わりありません。同様に早春まきも、生育後半の抽だいや徒長が問題になることが多く、意外とつくりにくい作型です。「リビエラ」は抽だいが遅く、適度な速度で生育を続けるので、この作型にも向いています。冬期は生育がかなりゆっくりとなります。10月中旬以降の露地まきでは、天候によっては収穫がかなり遅れることもあります。  【土づくりと肥料】 完熟堆肥の施用と深耕は、ホウレンソウづくりの基本です。連作障害を回避し高品質のホウレンソウを生産するために、普段から土づくりに心がけてください。 最近葉菜類の硝酸態窒素が問題視されていますので、窒素肥料の投与は適量を守って下さい。「リビエラ」は多量に窒素分を施さなくても、十分葉色が濃くなります。  【播種】 条間15~20、株間3~5のスジまきとします...

緑肥用種子 黄花のちから 1kg【生物くん蒸】【緑肥、景観用の種】【タキイのタネ】

吉谷農芸 楽天市場店

1,685

緑肥用種子 黄花のちから 1kg【生物くん蒸】【緑肥、景観用の種】【タキイのタネ】

注)店舗在庫キレ、メーカー在庫キレ等によりご注文を キャンセルまた多少お時間頂く場合がございますので誠に恐れ入りますが、あらかじめご了承頂きますようよろしくお願い致します。 注)まき時期をご確認の上、ご注文をお願い致します。 特徴 初期生育が早く、短期間で高収量が得られる。 花は黄色で、開花期の草丈は1m以上になる。耐倒伏性も強い。 生物くん蒸作物として利用した場合、トマト青枯病、ホウレンソウ萎凋病の抑制効果が認められる。 ビートのシストセンチュウに汚染された畑に利用。 春(または秋)に美しい黄色の花をつけるので、景観用にも最適。 播種期 中間地・暖地:9~10月(開花3~4月)、3~4月(開花5~6月)。 冷涼地:5~6月(開花7~8月)、8月上下旬(開花9月中旬~)。 開花期:秋まきの場合翌年春。春まきの場合播種後50~60日。 播種量 2~3kg/10a。条まきかバラまきし、軽く覆土をして鎮圧する。 施肥基準 10a当たりチッソ10kg、リンサン4~5kg、カリ4 ~5 kg。石灰を施して、pH6~7に矯正する。 草丈・100cm~150cm幸せの鳥コウノトリが住む町 兵庫県豊岡市からお届けします! (;^ω^) 作りやすく食味最高級 吉谷のタネ! 土壌燻蒸剤の代替に緑肥植物を!! 生物くん蒸とは? 施設などで連作を続けると、土壌中の微生物のバランスが崩れて病気が多発するようになります。 これまでは土壌くん蒸剤が使われていましたが、最もよく使われていた臭化メチルがオゾン層保護(モントリオール議定書)のため、ごく一部(不可欠用途)を除いて使用が禁止されました。また、クロルピクリン剤は周辺環境や作業者自身に及ぼす影響が問題となっており、代替技術の開発が求められています。 最近、『緑肥用からしな』『チャガラシ』などを利用した...

【種子】Prime Perennial Collectionアストランチャ マヨールLife with Green

Ivy

398

【種子】Prime Perennial Collectionアストランチャ マヨールLife with Green

コメント: セリ科の耐寒性宿根草(約-30℃)です。 クッション状の花を咲かせます。花色には幅があります。 桃色がかった白い花びらに見える部分は苞で、花は単性花と両性花が混在して中央に放射状につきます。 名前は花の形にちなみ、ギリシア語で星という意味があります。 切花としても楽しめます。 上級者向けの花になります。 科名: Astrantia セリ科アストランティア属 英名: master wort 種類: 耐寒性多年草 別名: アストランティア 和名: 草丈: 約75cm 花色: 桃色 用途: 花壇、プランター、切花 播種時期: 寒冷地:春まき 3月上旬~4月下旬 秋まき 9月上旬~10月下旬 温暖地:春まき 2月上旬~4月下旬 秋まき 9月上旬~11月下旬 開花時期: 寒冷地:春まき 5月~10月 秋まき 翌年5月~10月 温暖地:春まき 5月~10月 秋まき 翌年5月~10月 発芽適温: 約18~20℃ 耐寒性: -15℃まで 播種深さ: 開花までの日数: 花言葉: 「愛の渇き」「知性」「星に願いを」 生産地: オランダ 内容量: 約5粒 発芽率: 撒き方: 一定の寒さに当て越冬に似た条件にすると発芽のスイッチが入るようです。 発芽するまで1~3ヶ月かかり、花が咲くまで丸2年近くかかります。 育て方: 高温多湿にやや弱いので、風通しのよい日当りの良い場所で管理します。 土壌はやや湿り気味を好むので、水切れをしないように注意しましょう。 酸性土壌を嫌いますので、植え付け場所には石灰などを混ぜておきましょう。 植え替えや株分けは3~4月か10月頃に行います。 追肥は夏を除く春~秋に、少量の固形肥料を施します。(多肥は株が乱れます) 花がらはこまめに摘み取りましょう。...

【種子】宿根かすみ草 ピレネーピンクサカタのタネ

Ivy

216

【種子】宿根かすみ草 ピレネーピンクサカタのタネ

コメント: 原産地はアルプス、ピレネー地方で耐寒性はとても強く、地をはいながら分枝していきます。 開花は初夏から秋にかけて枝の先端にピンクの花が数多くつき、コンテナやロックガーデンに適します。 科名: Gypsophila repens ナデシコ科ギプソフィラ属 英名: Creeping Gypsophila 種類: 1年草 別名: ハナイトナデシコ ムレナデシコ 和名: 宿根かすみ草 草丈: 約10~15cm 花色: ピンク 用途: 花壇、コンテナ 播種時期: 春まき:4月上旬~6月下旬 秋まき:8月下旬~10月下旬 開花時期: 春まき:翌5月上旬~7月下旬 秋まき:翌5月上旬~7月下旬 発芽適温: 約20℃前後 発芽日数: 5~10日くらい 播種深さ: 開花までの日数: 花言葉: 「思えば慕われる」 生産地: オランダ 内容量: 約0.1mlこの袋で育つ苗の本数はおよそ45本です。 発芽率: 約65%以上おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 春まきは翌年の開花ですので秋、ススキの穂が出始めるころが適期です。 タネまき用土を入れた箱に薄くバラまきし隠れる程度の土をかけます。 本葉2~3枚のころ小鉢やポットに植え替えます。 生育が遅いので雨などに注意します。 タネまきに便利なジフィーピートバンもご利用ください。 育て方 「Gypsophila(石灰を好む)」という学名の通り、石灰質の土壌を好みます。移植を嫌うので、根を崩さないように移植してください。 土質は選びませんが、多湿を嫌うので水はけのよいところに、暖かい地域では霜の降る前、寒い地域では冬場凍らないように管理して春に霜のおそれがなくなったころ株間約25cmで植え付けます。 気温の高い時期は花が休みますが涼しくなると再び咲き始めます。...

春まき種の苗つくりセット:スイカ:タヒチ

園芸ネット プラス

1,242

春まき種の苗つくりセット:スイカ:タヒチ

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・スイカ:タヒチ[大玉すいか 風味・甘さ・食感が抜群!] の種 × 1袋品種説明:スイカ:タヒチ[大玉すいか 風味・甘さ・食感が抜群!]甘さといい、姿といい強烈な存在感。黒皮の大玉スイカの超人気品種です。病気に強くてつくりやすく、重さは7~8kgにもなります。鮮やかな紅赤色、糖度は約12度、肉質はしまり、日もち・食味がとくに優れています。まき時:寒地4~5月頃、温暖地3~4月頃、暖地3~4月頃収穫期 : 寒地7~8月頃、温暖地7~8月頃、暖地6~8月頃内容量:14粒[タネまき~植えつけ]ポットに1~2粒まきし、本葉4~5枚のところにマルチを敷いた3mのうねに、株間1mで植えつけます。連作畑では、接木苗の使用をおすすめします。[畑づくりと栽培管理]1平方メートル当たり苦土石灰150g、完熟堆肥3kgと有機配合肥料50gを施してよく耕します。親づると子づる2本の3本仕立てとし、果実は15節以降の親づると子づるのうち1本に1果で計2果着けます。[収穫]開花後、トンネル栽培では45日、露地栽培では30~35日ごろが収穫の目安です。果皮の表面がべとつき、ザラザラしだし、果実の肩が張って尻がくぼんできたら収穫の適期です。ジフィーの各製品について、詳しくは種まきかんたん...

春まき種の苗つくりセット:コキア(ほうき草)

園芸ネット プラス

1,492

春まき種の苗つくりセット:コキア(ほうき草)

人気品種の種と、育苗用の種まき容器・培養土のセット。種まき初心者でも失敗なく苗を育てることができます。お値段もオトクなセットです。セット内容:ジフィーバーゲンガーデン(種まきスタートセット)[種まき・育苗用品] × 1コキア(ほうき草)[タネ 小袋][4~6月まき] × 1コキアは別名ホウキグサ・ホウキのような葉を鑑賞する草花です。春~夏は明るいライトグリーンの葉、秋は紅葉を楽しめます。また、熟した実は「トンブリ」として食用にも利用できます。昔は、夏に地上部を切り取って逆さにして陰干しし、乾燥したら実際にホウキに仕立てて利用していたそうです。花壇やコンテナのアクセントおすすめです。まきどき:4~6月頃開花期:7~10月頃(まいた時期によりかわります)発芽適温:20℃前後草丈:約70~100cm内容量:0.5ml(この袋で育つ苗の本数:約60本)桜の開花するころがタネまきの適期です。タネはやや細かく、清潔な土に保水性を持たせるために腐葉土やピートを混ぜた苗床に、3cm×3cmの大きさに3~4粒点まきし、5mmほどの土をかけます。発芽まで乾かさないように注意します。発芽がそろったら小鉢やポットに植え替え、日当たりのよいところで管理します。根が十分回った若苗を日当りのよい場所に株間約40cmで植えつけます。日当りが悪いと秋の色つきが悪くなります。肥料は完熟堆肥や腐葉土などの有機質だけで十分です。環境がよいと草丈は1m以上に伸びます。ジフィーバーゲンガーデン(種まきスタートセット)[種まき・育苗用品]種まき、さし芽が手軽にできる簡単栽培セット。ベーストレーに穴あきトレーをセットし、ジフィーミックス(さし芽タネまきの土)を入れて種をまきます。ベーストレーに入れた水を底面給水しますので、水切れの心配もなく、安心して苗を育てることができます...

春まき種の苗つくりセット:ズッキーニ:グリーントスカ

園芸ネット プラス

1,026

春まき種の苗つくりセット:ズッキーニ:グリーントスカ

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・ズッキーニ:グリーントスカ[つるが伸びず作りやすい]の種 × 1袋品種説明:ズッキーニ:グリーントスカ[つるが伸びず作りやすい]生育旺盛で簡単に作れる、つるが伸びないズッキーニ。場所を取らず、強健でつくりやすいので家庭菜園向きです。果実は濃緑色の円筒形、次々と収穫出来ます。天ぷら・煮物、油炒めのほか、欧風料理ラタトゥーユなどに利用できます。まき時:寒地4~5月頃、温暖地3~5月頃、暖地2~5月頃収穫:寒地7~9月頃、温暖地6~8月頃、暖地5~8月頃内容量:5ml(この袋で育つ苗の本数:約10本)[タネまき~植えつけ]育苗はポットに2粒まき本葉1枚のところに、直まきは3~5粒まき本葉3枚までに1株に間引きます。120cmのうねに株間70cmで、マルチをして植えます。大き目のプランターでは45cmに1株植えです。[畑づくりと栽培管理]1平方メートル当り苦土石灰100g、完熟堆肥3kgと化学肥料150gを施してよく耕します。花が咲くころから追肥をします。防風とウイルス・うどんこ病対策に努めます。[収穫]開花後4~5日、長さ20cm前後で収穫します。大きくなると味が落ち、株に負担がかかりやすくなるので、とり残さないように注意します。ジフィーの各製品について、詳しくは種まきかんたん...

春まき種の苗つくりセット:青しそ

園芸ネット プラス

1,459

春まき種の苗つくりセット:青しそ

ハーブや野菜の苗作りが簡単にできる種まきセット。種まき用の育苗ポットと種まきの土、種をセットにしてお届けします。セット内容:さし芽種まきの土5リットル入り × 1ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入り[育苗ポット] × 1青しそ[タネ 小袋][3~6月まき] × 1青しそビタミン、ミネラルいっぱいの大葉シソ。香り豊かな多収種です。葉はやわらかく、花穂も漬けものなどに広く利用されます。生育旺盛で家庭菜園に適します。まき時 3月~6月 収穫 5月~10月 内容量 1,500粒種まき:高温性で生育適温は25℃程度。種子に休眠があり、3月以前は発芽しない場合があります。5cm角ポットに数粒ずつ種をまき、本葉が出始めの頃に間引いて株間1.5cmくらいにし、本葉2枚の頃株間9cm程度になるよう畑や鉢に移植します。最終的に株間30~60cm程度で、1箇所に2株ずつになるよう定植し、株の周りにたっぷりと潅水します。収穫:葉は、主枝の葉が10枚以上になった頃から、下のほうから上に向かって順に摘み取ります。花穂じそは、花軸のつぼみが下のほう30%位開花した頃、摘み取り、穂じそは、下のほうが実を結び、上のほうに少し開花中のものが残る頃のものを摘み取ります。さし芽種まきの土5リットル入り上質の培養土です。生長促進剤と多孔質パーライト配合で水はけがよく、キレート鉄が根張りを促進。発芽・発根をスムーズにしてくれます。主原料:国産ピート、バーミキュライト、パーライト、鹿沼土ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入りピートモスを主原料とした育苗ポットです。5cm角のポットが12個連結された状態になっています。12個連結シートが5枚入っていますので、1パッケージで合計60本の苗を育てることができます。さし芽種まきの土を入れ、種をまいて苗を育ててください...

春まき種の苗つくりセット:トマト:ミニトマト アイコ

園芸ネット プラス

1,242

春まき種の苗つくりセット:トマト:ミニトマト アイコ

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・トマト:ミニトマト アイコ[うまみとコクたっぷりの人気品種!]の種 × 1袋品種説明:トマト:ミニトマト アイコ[うまみとコクたっぷりの人気品種!]果肉が厚くてゼリーが少ない長卵形ミニトマトです。病気に強くて果実の割れも少なく、実つきが良いので沢山取れます。まき時:寒地3~4月頃、温暖地3~4月頃、暖地2~5月頃収穫期:寒地7~10月頃、温暖地6~10月頃、暖地6~11頃内容量:18粒[タネまき~植えつけ]育苗箱にスジまきし、発芽したら葉が重ならない程度に間引き、本葉が2~3枚のころポットに移植します。その後、1段目の花房が見え始めたころを目安に株間50cmで植えつけます。[畑づくりと栽培管理]1平方メートル当たり苦土石灰150g、完熟堆肥3kgと有機配合肥料80gを施してよく耕し、支柱を立てて紐で軽く結びます。果実が大きくなり始めたら、株の様子を見ながら控えめに追肥します。[収穫]開花後35日くらいで色づきます。果実は20g前後、ツヤのある黄色、糖度は8度以上にもなります。割れにくいので真っ赤に熟してから収穫します。ジフィーの各製品について、詳しくは種まきかんたん!ジフィーシリーズをご覧ください。 春まき種の苗つくりセット:トマト:ミニトマト アイコの栽培ガイド種まきの方法...

春まき種の苗つくりセット:エンサイ(空芯菜)

園芸ネット プラス

1,515

春まき種の苗つくりセット:エンサイ(空芯菜)

ハーブや野菜の苗作りが簡単にできる種まきセット。種まき用の育苗ポットと種まきの土、種をセットにしてお届けします。セット内容:さし芽種まきの土5リットル入り × 1ジフィーストリップ5cm12個連結5枚入り[育苗ポット] × 1エンサイ(空芯菜) × 1エンサイ(空芯菜)[エンツァイ・クウシンサイ]カンコン、アサガオナとも呼ばれます。高温多湿を好み、真夏の緑の少ない時期に収穫できる便利な葉もの野菜。強健で強い直射日光にもよく耐え、摘み取りながらわき芽を伸ばして長く収穫できます。やわらかい芽先をゆでておひたしに、油いためにすると美味です。まき時:3月~9月発芽適温:20~25度数量:10ml入り用途:おひたし、油炒め栽培方法:5cmポットに数粒ずつ種をまいてください。芽が出て育ってきたら大きいものを残して小さい苗は間引き、プランターや畑に定植します。原産地では湿地に自生し、水面につるを伸ばして成長しますので、柔らかく育てるには鉢で育てて湿地状態にするとよいでしょう。具体的には、鉢を大きめのバケツなどに入れ、用土の表面が少し浸るぐらいの水位になるよう水を入れて管理します。成長してきたら水深を少し深くします。普通の畑やプランターで、水に浸さない状態でも大きく育ちますが、若干茎が硬めになります。15cmくらいに伸びたら摘芯してわき芽を伸ばします。成長に応じて摘芯をくりかえしていくと、こんもりした草姿になりますので、随時新芽を10cmくらい切って収穫します。成長が早いので、定期的に固形肥料を追肥してください。寒くなると枯れますが、温室に入れて冬越しさせれば翌年も収穫できます。さし芽種まきの土5リットル入り上質の培養土です。生長促進剤と多孔質パーライト配合で水はけがよく、キレート鉄が根張りを促進。発芽・発根をスムーズにしてくれます。主原料...

春まき種の苗つくりセット:トマト:グリーントマト(グリーンゼブラ)

園芸ネット プラス

1,242

春まき種の苗つくりセット:トマト:グリーントマト(グリーンゼブラ)

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・トマト:グリーントマト(グリーンゼブラ)[外皮が縞模様・アメリカの人気品種]の種 × 1袋品種説明:トマト:グリーントマト(グリーンゼブラ)[外皮が縞模様・アメリカの人気品種]外皮が黄色・黄緑・緑色の縞模様がある、作り易く、米国で人気の「緑色のトマト」。直径5~6cmで、爽やかな酸味と独特の食感があります。スライスしてサラダの色どりにどうぞ。まき時:3~4月内容量:20粒発芽までの日数(目安):5~12日発芽に適した温度(目安):20~30℃ 栽培方法一般のトマトと同じように栽培します。過湿に弱いので高畦にし、水はけ・風通しを良くします。元肥にカルシウムを十分に施します。本葉5~6枚の頃、60cm間隔で定植します。ジフィーの各製品について、詳しくは種まきかんたん!ジフィーシリーズをご覧ください。 春まき種の苗つくりセット:トマト:グリーントマト(グリーンゼブラ)の栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方苗類のお届け形態について種まきの方法:色々なタネ

[春・秋まき 花タネ]春まき種の苗つくりセット:ナスタチューム:フロリッシモダブルローズ

園芸ネット プラス

1,674

[春・秋まき 花タネ]春まき種の苗つくりセット:ナスタチューム:フロリッシモダブルローズ

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・ナスタチューム:フロリッシモダブルローズ × 1品種説明:ナスタチューム:フロリッシモダブルローズフランスの花の種です。珍しい鮮やかなピンク色のナスタチュームです。花壇、ボーダー、コンテナなどに使えます。とても美しい絵袋ですので、プレゼントにもお薦めです。裏面に簡単な栽培方法が記載してあります。まき時:3~7月、9~11月(暖地)開花:4~10月(まいた時期により変わってきます)発芽適温:10℃~30℃草丈:約30cm内容量:約4g絵袋サイズ:菱形 1辺約12.5cm★保存期間は2年以上と長く、ヨーロッパの中でも非常に品質の良い種です。ただし、種の保管状態によって数値は変わってまいります。種は高温多湿に弱いので、冷暗所で保管して下さい。保存期間は長いですが、なるべく早めにご使用いただく事をおすすめします。ジフィーの各製品について、詳しくは種まきかんたん!ジフィーシリーズをご覧ください。[春・秋まき 花タネ]春まき種の苗つくりセット:ナスタチューム:フロリッシモダブルローズの栽培ガイド種まきの方法:容器の選び方苗類のお届け形態について種まきの方法:色々なタネ

春まき種の苗つくりセット:花オクラ(トロロアオイ)

園芸ネット プラス

1,134

春まき種の苗つくりセット:花オクラ(トロロアオイ)

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・花オクラ(トロロアオイ)[ハナオクラ 粘り気のある花を食べる野菜 紙すきにも利用 春まき]の種 × 1袋品種説明:花オクラ(トロロアオイ)[ハナオクラ 粘り気のある花を食べる野菜 紙すきにも利用 春まき]ビタミン・ミネラルの豊富な健康野菜です。8月ごろ開花する直径20~30cmほどの黄色い花を食べ、実は食べません。味は淡白で、オクラの実と同じように粘り気があり、ポン酢、しょうゆ、塩、ドレッシングなどであえて食べると美味しいです。黄色・大輪の花はムクゲやフヨウとおなじく1日花ですが、観賞用にもすぐれ、庭植えで楽しめます。根には粘液をもち、製紙用の糊として利用されたり、胃腸炎や咽頭炎の薬としても使われています。タイプ:アオイ科トロロアオイ属の1年草まき時:4月~5月 収穫:6月~10月 容量:1ml発芽までの日数(目安):4~10日発芽に適した温度(目安):20~30℃種まき:寒さに弱いので、早くまく場合は室内で苗床まきをします。戸外に直播する場合はゴールデンウィーク後頃の、地温が十分に上がるまで待ってから行ってください。苗床まきの場合は箱かプランターに湿った培養土を入れ、種をまいて薄く土をかぶせます。18℃~25℃で湿った状態を保ちながら発芽させます。育て方...

春まき種の苗つくりセット:トマト:大玉トマト 麗夏(れいか)

園芸ネット プラス

1,242

春まき種の苗つくりセット:トマト:大玉トマト 麗夏(れいか)

コンパクトサイズで使い方かんたん!生育抜群のタネまき土ポット(ジフィーセブン)と保温・保湿に効果がある栽培トレー&ドームがセットになった「ジフィーハンディーガーデン」と種のセットです。新聞、ラジオ等でも取り上げられ、注目を集めているタネまき資材を使って、簡単に花・野菜の栽培ができます。トレー&ドームは繰り返し利用できますので、2回目以降の栽培は別売のジフィーセブン42mmをご利用ください。セット内容:・ジフィーハンディーガーデン(種まきミニ温室)× 1セット・トマト:大玉トマト 麗夏(れいか)[大玉トマトの超定番人気種!]の種 × 1袋品種説明:トマト:大玉トマト 麗夏(れいか)[大玉トマトの超定番人気種!]株で熟して収穫出来る!果肉が丈夫な赤熟トマト。農林水産大臣賞に輝く、生育力が強く病気に強い、着果性のよい大玉トマトです。果肉はしっかりとして日持ちがよく、果実の割れは殆ど発生しません。まき時:寒地3~4月頃、温暖地3~4月頃、暖地2~5月頃収穫期:寒地7~10月頃、温暖地6~10月頃、暖地6~11月頃内容量:23粒[タネまき~植えつけ]育苗箱にスジまきし、発芽したら葉が重ならない程度に間引き、本葉が2~3枚のころポットに移植します。その後、1段目の花房が2~3花咲いたころを目安に株間50cmで植えつけます。[畑づくりと栽培管理]1平方メートル当たり苦土石灰150g、完熟堆肥3kgと有機配合肥料80gを施してよく耕し、支柱を立ててひもで軽く結びます。果実がピンポン玉大のころから株のようすを見ながら追肥します。[収穫]開花後45日くらいで色づきます。果肉が丈夫ですので、果実が割れにくく、株で真っ赤に熟して収穫することができます。赤熟トマトの味を楽しんでください。ジフィーの各製品について、詳しくは種まきかんたん...

【取寄品】サラダホウレンソウ1L

農家の店 みのり

2,698

【取寄品】サラダホウレンソウ1L

■特性 草姿は極立性、葉型は切れ込みが浅くきれいに入る剣葉種で、 品質がよく、生食に適するF1種です。 葉は鮮緑色で光沢があり、アクやエグミが少なく、サラダに して味が良好です。 ■栽培上の注意 抽苔性は中位で、晩春、夏まきでは抽苔し易いが、秋から春まきまでは 一般の青果栽培も可能です。サラダ用の栽培には、普通の青果栽培 (通常、株間4から6cm)よりやや密植とします。 冬期はハウスやトンネル栽培とし、乾燥に注意して順調に生育させる ことが大切です。 ■播き時期 8月~3月 ※11月頃からはトンネルやガードマンでべた掛けなどをすると葉痛みせず 良品が収穫できます。晩抽性の品種ではないので、春先から初夏にかけては 大株になると抽たいの危険性があります。 ■栽培方法 ◇直まきの場合、本葉1-2枚の時と3-4枚の時に間引きをして株間5-6cmに なるようにします。 ◇植え付け 株間5-6cm条間15cmが標準です。大きくなったものから順次、間引き収穫 します。ベビーリーフとしても利用できます。 ◇土壌条件 排水の悪い畑の場合はやや高うねにしましょう。酸性に弱いので苦土石灰 などを施用します。 ◇肥料 元肥として完熟堆肥3kg/平方メートル植え付けの2週間前くらいには混ぜて 土となじませておきます。低度化成肥料も80-100g/平方メートル程度を与え よく混和します。 ◇収穫 葉が20-25cmになれば大株として収穫できます。根元から引き抜きます。 大きくなったものから順次間引き収穫します。サラダ、炒め物、おひたしで おいしく食べられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク