メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「日陰で育つ庭木」検索結果。

日陰で育つ庭木の商品検索結果全9件中1~9件目

サザンカ/タチカン赤花 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

サザンカ/タチカン赤花 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

サザンカ・タチカン赤花 ツバキ科 ツバキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 花 ● ● ● ● ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 東北南部以南 植栽適期 3〜4月・9〜10月 開花時期 10〜3月 施肥時期 1〜2月・6〜7月 果実熟期 無し 最終樹高 8m 花 色 つつじ色・赤紫色 用 途 生垣樹木・庭木・シンボルツリー・花木 樹木の特徴 ☆冬の庭を鮮やかに彩ります☆ 生垣におすすめ!! サザンカはその年に伸びた枝の先端近くに花芽をつけます。花の少ない晩秋〜冬に花をつける貴重な樹種です。 古くから日本人に親しまれてきたサザンカは、今ではおよそ300種類もの品種が作り出されています。 日向を好みますが、日陰でも育つ事ができます。(日陰の場合は、花付きが良くありません。) 耐寒性があまりないので、冬の乾いた風には当たらないようにし、冬には防寒対策を施してあげてください。 刈り込みにも強く生垣に最適です。木の成長を促したい場合は、つぼみが発生したら出来るだけ早く摘み取ります。放任しても比較的に樹形が整います。 開花後は花が落ちますので、掃除が必要になります。

クサツゲ(ヒメツゲ)樹高20cm前後 20本セット!常緑低木 刈り込みにつよい!

Amazon

15,120

クサツゲ(ヒメツゲ)樹高20cm前後 20本セット!常緑低木 刈り込みにつよい!

送料無料商品(離島は別途、中継料が必要) クサツゲ(ヒメツゲ) ツゲ科 ツゲ属 常緑低木 刈り込みに適した木。トピアリーや生垣に最適 ツゲ類は昔から細工用材として昔から栽培されてきました。 庭木や緑化樹としての利用が始まったのは昭和40年代以降だそうです。 ただしクサツゲは庭や花壇の布縁取りとして古くから使われていたそうです。 ツゲは、刈り込みに強く、日陰地や寒冷地でも育つことから、生垣や仕立て物 トピアリーによく利用されています。 【おすすめの品種】 クサツゲ 細い枝幹を多数叢生し樹高30~50cm程度の大きさで縁取りに適しています。 セイヨウツゲ(ボックスウッド) 丸くツヤのある明るい葉色が美しいです。寒くなり始めたら紅葉もします。 クサツゲのやわらかい葉は優しげで洋風にも和風にも良く似合います。 刈り込んで生垣にしたり、自然仕立ての生垣や縁取りもキレイにできます 植え付け 根が細かくて非常に根の張りがよく、3~5月および9~10月が 植え付けに適しています。 日当たりが良く水はけの良い肥沃な場所に植え付けてください。 植え穴には腐葉土を入れよく混ぜ込んでください。 整枝・剪定 通常、ツゲの剪定は年に2回程、6~7月と11~12月に行います。 ヒメツゲはほとんど刈り込まなくでもよいでしょう。 管理・肥料等 肥料は2~3月と9月上旬に油粕と粒状化成肥料を等分ずつ混ぜた物を 根元にばらまいて与えます コンパクトに育てるポイント 生長が遅いので、特に必要ありません。 栽培適地:東北以南 果実熟期:3~4月 最終樹高:2m前後 用途:生垣・境栽・トピアリー

花木 庭木の苗/ヤマブキ(山吹):斑入ヤマブキ3.5号ポット20株セット

園芸ネット プラス

13,166

花木 庭木の苗/ヤマブキ(山吹):斑入ヤマブキ3.5号ポット20株セット

ヤマブキは本格的な春の訪れを感じさせてくれる花木。日本各地の山野に自生し、暑さ寒さに強くたいへん丈夫な花木です。しなやかな枝先にびっしりと花をつけ、秋には紅葉も楽しめます。斑入りヤマブキは葉に斑のはいる珍しい品種です。花のない時期もカラーリーフプランつとして楽しめます。庭植えのほか、鉢植えにも適しています。タイプ:バラ科ヤマブキ属の落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:4月植付け適期:春または秋樹高:1〜1.5m日照:日向〜半日陰用途:庭木、根締め栽培方法:日当たりのよい、水もちのよい場所を好みます。乾燥には弱いので乾きやすい場所では春から秋の間適宜水遣りします。明るい日陰でもよく育つので、木漏れ日のあたるような場所も適しています。ただし全くの日陰では花数が少なくなります。植えつけ、植替えの適期は3月です。2月と5月、7月に根元に鶏糞や油かすをほどこしてください。剪定は2〜3月に行います。3.5号(直径10.5)cmポット入り20株セットです。樹高は多少変動することがあります。また、夏以降は葉がきれいでない状態や落葉でのお届けの場合があります。写真は成長時のイメージです。 ■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済ヤマブキ(山吹):斑入ヤマブキ3.5号ポット20株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

花木 庭木の苗/ヤマブキ(山吹) :黄ヤマブキ一重花3.5号ポット20株セット

園芸ネット プラス

13,737

花木 庭木の苗/ヤマブキ(山吹) :黄ヤマブキ一重花3.5号ポット20株セット

本格的な春の訪れを感じさせてくれる花木。日本各地の山野に自生していて、暑さ寒さに強くたいへん丈夫な花木です。しなやかな枝先にびっしりと花をつけ、秋には紅葉も楽しめます。黄ヤマブキは最もスタンダードな一重咲きの品種です。庭植えのほか、鉢植えにも適しています。タイプ:バラ科ヤマブキ属の落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:4月植付け適期:春または秋樹高:1〜1.5m日照:日向〜半日陰用途:庭木、根締め栽培方法:日当たりのよい、水もちのよい場所を好みます。乾燥には弱いので乾きやすい場所では春から秋の間適宜水遣りします。明るい日陰でもよく育つので、木漏れ日のあたるような場所も適しています。ただし全くの日陰では花数が少なくなります。植えつけ、植替えの適期は3月です。2月と5月、7月に根元に鶏糞や油かすをほどこしてください。剪定は2〜3月に行います。3.5号(直径10.5)cmポット入りです。樹高は多少変動することがあります。また、夏以降は葉がきれいでない状態や落葉でのお届けの場合がございますのでご了承ください。写真は成長時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済ヤマブキ(山吹) :黄ヤマブキ一重花3.5号ポット20株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

送料無料
ヤブラン 9cmポット 12個セット(1ポット@300円)【送料無料】

植木・庭木販売GG(ジージー)

3,600

ヤブラン 9cmポット 12個セット(1ポット@300円)【送料無料】

◎サイズ:直径9cmポット ◎数量:12ポット ※北海道・沖縄・離島への発送は別途追加料金が発生致します。 ヤブラン ヤブランの特徴 1年を通して美しい葉を楽しめます。 常緑性の多年草で性質が丈夫で日陰でもよく育つため、グランドカバーとして広く利用されています。 根のところどころに大豆くらいの塊が出来、その塊を乾燥させて煎じたものは民間薬として利用されます。 ヤブランを使ったお庭 見ごろカレンダー 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 1年を通して美しい葉を楽しめます。夏から秋に花茎を伸ばし紫色の小さな花を穂状に咲かせます。 育てやすさチャート 冬に緩効性の肥料(鶏糞や油粕)を与えると効果的です。 ■植木のプロからのアドバイス 水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 日陰や乾寒風が吹きさらす場所は避けるようにします。日陰でも十分育ちますが、フイリヤブランの場合発色が悪くなります。害虫はほとんどつきません。消毒なども必要ありません。新芽の伸びる前に古葉を刈り取ると1年を通して美しい葉を楽しめます。 ヤブランの育て方 植えつけ環境 水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 日陰や乾寒風が吹きさらす場所は避けるようにします。日陰でも十分育ちますが、フイリヤブランの場合発色が悪くなります。 肥料 冬に緩効性の肥料(鶏糞や油粕)を与えると効果的です。 植えつけ時期 春と秋がオススメです。極端に暑い時期や寒い季節は避けるようにします。 害虫・消毒など 害虫はほとんどつきません。消毒なども必要ありません。 剪定方法 特にありません。新芽の伸びる前に古葉を刈り取ると1年を通して美しい葉を楽しめます。

【キンモクセイセット】 キンモクセイ/ヒメウツギ/シモツケ/ノシラン・ビッタータス/フッキソウ 植栽セット

Garden Shop OHANA

10,800

【キンモクセイセット】 キンモクセイ/ヒメウツギ/シモツケ/ノシラン・ビッタータス/フッキソウ 植栽セット

秋に爽やかな香りが広がるキンモクセイがシンボルツリーとなるセットです。 キンモクセイは秋を代表する香りの常緑の花木です。橙色の花が咲きます。公園樹や庭木として人気です。 ヒメウツギはとても頑健で、庭先に植えてあとは放置でもしっかり育ちます。初夏に綺麗な真っ白い花が鈴なりに咲きます。 シモツケは落葉性の低木で、晩春〜初夏、淡い紅色の小さな花をたくさん咲かせ、秋は紅葉します。 ノシラン・ビッタータスは細長い光沢がある葉に白い縦縞が入る品種で白や濃紫の小花が特徴です。剛健で育てやすく、和洋どちらにも合います。グランドカバーとして良く利用されます。 フッキソウは日陰でも育つことからグランドカバーとして古くから利用されてきました。春の若葉は表面に光沢があり美しく、洋風の雰囲気にも合わせやすいです。 根元には四季を彩る低木や下草を植え、和風の家にも、そして洋風の家にもピッタリな植栽セットです。秋に爽やかな香りが広がるキンモクセイがシンボルツリーとなるセットです。 根元には四季を彩る低木や下草を植え、和風の家にも、そして洋風の家にもピッタリな植栽セットです。

花木 庭木の苗/ヤマブキ(山吹):八重咲ヤマブキ3.5号ポット20株セット

園芸ネット プラス

13,737

花木 庭木の苗/ヤマブキ(山吹):八重咲ヤマブキ3.5号ポット20株セット

本格的な春の訪れを感じさせてくれる花木。日本各地の山野に自生していて、暑さ寒さに強くたいへん丈夫な花木です。しなやかな枝先にびっしりと花をつけ、秋には紅葉も楽しめます。この品種は八重咲きです。庭植えのほか、鉢植えにも適しています。八重ヤマブキは若木の時に一重が咲く場合もありますが、年が経つにつれ八重咲きになります。タイプ:バラ科ヤマブキ属の落葉低木栽培適地:北海道南部以南開花期:4月植付け適期:春または秋樹高:1〜1.5m日照:日向〜半日陰用途:庭木、根締め栽培方法:日当たりのよい、水もちのよい場所を好みます。乾燥には弱いので乾きやすい場所では春から秋の間適宜水遣りします。明るい日陰でもよく育つので、木漏れ日のあたるような場所も適しています。ただし全くの日陰では花数が少なくなります。植えつけ、植替えの適期は3月です。2月と5月、7月に根元に鶏糞や油かすをほどこしてください。剪定は2〜3月に行います。お届けする苗は3.5号(直径10.5cm)ポット入り、樹高約15〜20cmです。樹高は多少変動することがあります。また、夏以降は葉がきれいでない状態や落葉でのお届けとなります。写真は成長・開花時のイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済 ヤマブキ(山吹):八重咲ヤマブキ3.5号ポット20株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

アナベル【アジサイ】5号鉢 美しい純白のアジサイです★耐寒性が強く、強健なので育てやすい品種です!アナベル【あじさい】5号鉢

ファーム フローラル

1,707

アナベル【アジサイ】5号鉢 美しい純白のアジサイです★耐寒性が強く、強健なので育てやすい品種です!アナベル【あじさい】5号鉢

植える場所 ●西日の当たらないやや湿地が最適 本来あじさいは半日陰で、湿気の多い所に自生しているので、同じような環境場所に植えることができれば良いが、西日の当たらない木蔭や建物の影などで湿地であれば、問題なく育ちます。しかし、極端な日陰や加湿の所では草丈は徒長したり根腐れの原因になります。 ●短く育てるなら日当たりの良い場所に 日当たりの良い場所でも、常時水やりができるのであれば株も強く花色も良いものになります。 その場合は、節間が詰まりあまり草丈が長くなりません。 土選び ●有機質に富む粘質壌土が最適 比較的強い体質なので、庭木が育つ土なら問題はありません。 しいていうならば、やや粘土質の多い土に、腐葉土などの有機質が含まれた、酸性寄りの土が最適です。 赤系の色を出すには赤土がよく、ピートモスを混ぜれば青系の色がでます。しかし、土質の酸性度と肥料と花色は密接な関係があるので注意が必要です。 増 殖 ●簡単な挿し木と株分け 梅雨に入って新芽が固まったころ頂芽を長さ6〜8cm水平に切り頂芽と次の葉は残し、その次の葉は半分に切る。それ以下は切り取り5分ほど水揚げをする。 鉢に下から大・中・小の鹿沼土あるいは赤玉土を入れ鉢底から水が流れ出すくらい、潅水をする。 挿し穂を半分くらいまで鉢に挿し込み、再び潅水する。 直射日光を避け発根するまでは乾かさないように、水やりをする。 2週間から4週間ほどで発根したら水を控えめにして、少しずつ光線にならす。 鉢上げの場合は赤玉 土4 腐葉土4 川砂2 の土を用い、挿し穂を、根を傷めないように植えかえる。水やりを充分にし、2〜3日は日陰で管理する。 庭に定植するばあいは穴を掘って水を施しておいた植え穴に、挿し穂の根を崩さないように抜き取り植え込む。定着するまで、水やりをする。 肥 料 ●年2回・・...

こちらの関連商品はいかがですか?

常緑ヤマボウシ ヒマラヤ 株立ち 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

21,600

常緑ヤマボウシ ヒマラヤ 株立ち 樹高2.5m前後 常緑高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 東北以南 植栽適期 3〜5月・10〜11月 開花時期 5〜6月 施肥時期 2月・8〜9月 果実熟期 9〜11月 最終樹高 5m 花 色 淡黄色 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 ☆人気の常緑ヤマボウシ♪株立ち☆ 花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。 実もなり紅葉もしますので1年を通して鑑賞できるので、近年人気急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高い樹木です。

イロハモミジ単木 樹高2.5m前後 露地 落葉高木 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

イロハモミジ単木 樹高2.5m前後 露地 落葉高木 シンボルツリー 【木曜日発送】

イロハモミジ カエデ科 カエデ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● 栽培適地 北海道中南部以南 植栽適期 12〜3月 開花時期 4〜5月 施肥時期 1〜2月・6月 果実熟期 5〜10月 最終樹高 20m 花 色 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆四季折々に葉の色を変えるモミジ♪☆ 紅葉がとても綺麗!! モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。 モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。 「イロハモミジ」は、四季折々に葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。 シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです!! 特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。

ヤマボウシ単木 樹高2.5m 落葉高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

ヤマボウシ単木 樹高2.5m 落葉高木 露地 シンボルツリー 【木曜日発送】

ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● 栽培適地 北海道南部以南 植栽適期 12〜3月 開花時期 5〜7月 施肥時期 冬期から早春 果実熟期 9〜11月 最終樹高 10〜15m 花 色 白,ピンク,帯緑色 用 途 シンボルツリー・景観木・公園木・街路樹 樹木の特徴 ☆紅葉、赤い実、綺麗な花が楽しめます♪☆ シンボルツリーに最適です! ヤマボウシは高さ10メートルに達する落葉高木です。 幹は灰褐色で秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は熟すと赤くなり、イチゴのようにも見えます。果肉は柔らかく甘く、食べられます。 花、果実とともに見逃せないのが秋の紅葉で、モミジなどとはまた違った感じで楽しめます♪すが、成木になると毎年開花します。 日向〜半日陰を好みます。ハナミズキに比べ寒冷地にも適しています。 ヤマボウシは乾燥を嫌いますので、湿潤で肥沃な場所に『高植え』にするのが良いです。 日当たりの良い場所を好みます。日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。

カツラ単木!樹高2.5m前後【落葉/高木】【シンボルツリー/庭木】【木曜日発送】

ガーデンタウン

16,740

カツラ単木!樹高2.5m前後【落葉/高木】【シンボルツリー/庭木】【木曜日発送】

カツラ(別名:オカズラ/コウノキ) カツラ科 カツラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________春から夏の涼しげな緑葉、秋の黄葉も美しい落葉樹葉の形も可愛らしいハート型カツラは葉はハート型に似た円形葉が特徴的で、秋には黄色く紅葉します。落葉期の黄葉した葉には醤油に似た芳香があります。樹形は、細い枝を四方に伸ばし、繊細な感じがします。淡緑色の新梢、ハートの葉、秋の美しい黄葉と四季を通じて楽しめます。【特徴】ハートの形の葉が、全体的に可愛らしい印象を与えてくれます。洋風にも和風にも良く合います。植え付け落葉樹なので12〜3月上旬まで行えます。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。半日陰〜日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。剪定・管理剪定は1〜2月に行います枝先を一津に切るようなことがないよう、間引き剪定で樹形を作ります。【肥料】普通の土質であれば施肥の必要はありません。肥料が効き過ぎた土壌だと、葉も大きくなり黄葉も鮮やかになりません。病害虫ときおりテッポウムシの被害が見られますので早めに駆除します。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:日本全国開花時期:4〜5月鑑賞樹高:20〜25m施肥時期:2月と8月用途:シンボルツリー・庭木・景観樹 ...

シンボルツリーに!ソメイヨシノ樹高2.5m前後 日本の代表的な桜 染井吉野【木曜日発送】

ガーデンタウン

18,144

シンボルツリーに!ソメイヨシノ樹高2.5m前後 日本の代表的な桜 染井吉野【木曜日発送】

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

エゴノキ・ピンクチャイム株 樹高2.5m前後 シンボルツリー 落葉樹【木曜日発送】

ガーデンタウン

25,920

エゴノキ・ピンクチャイム株 樹高2.5m前後 シンボルツリー 落葉樹【木曜日発送】

エゴノキ・ピンクチャイム エゴノキ科 エゴノキ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● 栽培適地 北海道南部以南 植栽適期 3月・11〜12月 開花時期 5〜6月 施肥時期 1〜3月・7月 果実熟期 7〜8月 最終樹高 3〜5m 花 色 薄ピンク色 用 途 庭木・シンボルツリー・記念樹 樹木の特徴 ☆柔らかなピンク色の花をたわわに咲かせます☆ シンボルツリーとして人気! エゴノキは雑木風で横に広がる開放感のある自然樹形が美しいので、強い剪定はなるべく避けてください。 ピンクチャイムは普通種に比べるとやや成長が遅く、若い時期の細い幹は曲がってしまうことがあります。 支柱をしっかり立ててあげると、樹形が整い美しい形で育てることができます。 エゴノキは最終樹高が10mに成長しますが、ピンクチャイムは白花種に比べてやや成長が遅く、最高樹高は 3〜5mと小ぶりになります。 5月頃に咲く花は、落下傘状の薄いピンク色です。最盛期には枝が花で埋まるほど沢山の花を咲かせますので、 葉の爽やかな緑色と、薄桃色の花の色のコントラストがとても華やかです。 花が終わると、卵形をした果実をつけます。 この果皮には胃や喉に炎症を起こすサポニンという有毒物質が含まれていますので、口に入れるとえぐみを感じます。 小さなお子様がいらっしゃるご家庭では注意が必要となります。 この果実はヤマガラの大好物ですので、果実の時期になるとヤマガラが果実をついばむ姿が見れるかもしれません。...

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高2.5m前後【木曜日発送】

ガーデンタウン

54,000

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高2.5m前後【木曜日発送】

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜11月 最終樹高 5m〜10m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高いです。 植え付け...

イヌガシ株 樹高2.5m前後 雑木 常緑樹【木曜日発送】

ガーデンタウン

43,200

イヌガシ株 樹高2.5m前後 雑木 常緑樹【木曜日発送】

イヌガシ クスノキ科 シロダモ属 常緑小高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 関東南部以西 植栽適期 7〜8月・12〜1月 開花時期 3〜4月 施肥時期 1〜2月 果実熟期 10〜11月 最終樹高 10m 花 色 暗紅色 用 途 生垣・庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆南国を思わせる赤い花☆ 乾燥・大気汚染・病害虫に強い! イヌガシは漢字で書くと「犬樫」。樫に似ているがそれにあらずの意味です。別名マニラニッケイとも呼ばれています。 葉は対生しています。枝先に集まってつきます。若葉の時には垂れており、色は深緑で薄革質です。 葉身は長さ5〜12cmの倒卵状長楕円形をしています。葉裏は蝋質で粉白色です。 葉の形は海岸近くに多いシロダモによく似ていますが、イヌガシのほうが小型です。芳香もありません。 花被片は紅色で4個、仮雄しべが4個、花糸は紅色、雄しべは1個で淡黄色です。 葉腋の下に密集して並んで咲く花はあまり目立たず、雌花のほうが雄花より小さく、まばらに付きます。 果実は液果で、長さ約1cmの長楕円形。光沢のある黒紫色に熟します。 名前には樫が付きますが、果実の形はどんぐりとは異なりオリーブのような形をしています。 乾燥・大気汚染・病害虫に強く、強い剪定にも耐えますが、寒さにやや弱い樹木です。

常緑ヤマボウシ/ホンコンエンシス月光 樹高2.5m前後(樹高/根鉢含む) 最高品種【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

常緑ヤマボウシ/ホンコンエンシス月光 樹高2.5m前後(樹高/根鉢含む) 最高品種【木曜日発送】

植え付け日当たりと水はけがよく、西日を避けられる肥沃地を好みます。耐寒性があり、半日日陰でもよく育ちます。また、寒い時期には葉が紫色に変化し、紅葉も楽しめます。植え付け適期は落葉性のものは、2〜3月、常緑性3〜6月、10月頃が適期です。植え穴には堆肥や腐葉土を多くすき込み、水はけがよいようやや高めに植えつけます。 成木の移植は秋に根回しして、翌年の秋〜冬に行います。剪定・管理特に剪定をしなくても自然に美しい樹形を保ちます。剪定は樹冠を一律に刈り込むような剪定は避け、枝抜きすることで自然樹形を保ちたい木です。剪定適期:落葉性→1〜2月で常緑性→花の咲き終わった直後に行います。四季の管理植え場所が十分であれば、できるだけ放任して楽しみたいです。施肥は2月と9月に、チッ素、リン酸成分のやや多い遅効性肥料か緩効性肥料を施します。病害虫比較的、病害虫の少ない木ですが、夏に幹の地際にテッポウムシが食い入ることがあります。殺虫剤で駆除します。また、梅雨時にウドンコ病が発生することがありますので殺菌剤等での予防が大切です。 その他花付きがすばらしい常緑性のヤマボウシ/ホンコンエンシス月光花はもちろん、秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる!5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴で、その中でも優秀品種と言われるのが「ホンコンエンシス月光」です。花は、5〜6cmと小輪ですが、ヤマボウシの中でも非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます...

エゴノキ・ピンクチャイム単木 樹高2.5m前後 シンボルツリー 落葉樹【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

エゴノキ・ピンクチャイム単木 樹高2.5m前後 シンボルツリー 落葉樹【木曜日発送】

エゴノキ・ピンクチャイム エゴノキ科 エゴノキ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● 栽培適地 北海道南部以南 植栽適期 3月・11〜12月 開花時期 5〜6月 施肥時期 1〜3月・7月 果実熟期 7〜8月 最終樹高 3〜5m 花 色 薄ピンク色 用 途 庭木・シンボルツリー・記念樹 樹木の特徴 ☆柔らかなピンク色の花をたわわに咲かせます☆ シンボルツリーとして人気! エゴノキは雑木風で横に広がる開放感のある自然樹形が美しいので、強い剪定はなるべく避けてください。 ピンクチャイムは普通種に比べるとやや成長が遅く、若い時期の細い幹は曲がってしまうことがあります。 支柱をしっかり立ててあげると、樹形が整い美しい形で育てることができます。 エゴノキは最終樹高が10mに成長しますが、ピンクチャイムは白花種に比べてやや成長が遅く、最高樹高は 3〜5mと小ぶりになります。 5月頃に咲く花は、落下傘状の薄いピンク色です。最盛期には枝が花で埋まるほど沢山の花を咲かせますので、 葉の爽やかな緑色と、薄桃色の花の色のコントラストがとても華やかです。 花が終わると、卵形をした果実をつけます。 この果皮には胃や喉に炎症を起こすサポニンという有毒物質が含まれていますので、口に入れるとえぐみを感じます。 小さなお子様がいらっしゃるご家庭では注意が必要となります。 この果実はヤマガラの大好物ですので、果実の時期になるとヤマガラが果実をついばむ姿が見れるかもしれません。...

ベニバスモモ樹高2.5m前後 花木・庭木に最適【落葉高木】【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

ベニバスモモ樹高2.5m前後 花木・庭木に最適【落葉高木】【木曜日発送】

ベニバスモモ バラ科 サクラ属 落葉小高木 ________________________________________________________________________________________________________________________赤紫色のカラーリーフを楽しむ。桜に似た花を咲かせます。ベニバスモモは、名前の通り赤い色の葉が特徴の落葉高木樹です。葉が付いている間は赤紫色の葉のままで、秋には美しく紅葉します。葉の展開と共に白い桜の花に似た花を咲かせます。一般的には果樹として扱われますが、そのなかで葉が美しい赤葉のものをベニバスモモと呼び、観賞用として扱われています。なかには果樹としても優秀な品種もあり、日当たりさえ良ければ栽培は容易です。植え付け植え付けは落葉期の12〜2月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。著しく乾く場所ならば堆肥や腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせ、水はけよく高めに植え付け、出来れば支柱をしっかりと取り付けておきます。剪定・管理剪定は12〜1月に行います。太い切り口には保護材を塗ります。移植を好みません。植えつけて5〜6年経過した株の移植は困難です。施肥は油粕と骨粉を半々に混ぜたものを1〜2月上旬頃に与え、5月に粒状化成肥料を追肥します。病害虫比較的に多く見られるので、早め早めに駆除、防除していきます。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:日本全国 開花時期:4〜5月果実熟期:10〜12月鑑賞樹高:5...

クロモジ株立ち!樹高2.5m前後 日陰OK!シンボルツリーなどにどうぞ【木曜日発送】

ガーデンタウン

34,560

クロモジ株立ち!樹高2.5m前後 日陰OK!シンボルツリーなどにどうぞ【木曜日発送】

クロモジクス ノキ科 クロモジ属 落葉低木________________________________________________________________________________________________________________________早春に咲く花は、地味ながら 味わい深い。近年、人気の高い雑木の庭でも名脇役のひとつ。低い山林によく見られる落葉性の樹木です。3〜4月に黄色い花が咲きます。木の姿、花、秋の黄葉など、 一年と通じて楽しむ事ができます。新枝の樹皮は緑色ですが、次第に黒褐色になります。樹皮の模様が文字のように見えるところから、黒文字の和名が付いたそうです。日本庭園はもちろん、洋 風の庭にも合います。また、日当たりの良くない狭いスペースに最適な樹種なので近年人気のある樹木です。クロモジの仲間で『シロモジ』と言う木がありますが、この木は葉が大きく3裂し変 わった葉形をしているのが特徴です。植え付け2〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。半日陰〜日当たりがよく水はけがよい場所を好みます。強い陽光と乾 燥を嫌うので植え付け場所には適しません。植え穴に堆肥を多めに混ぜて水はけよく高めに植え付けます。植え付け後は必要に応じて支柱を取り付けます。剪定・管理 剪定は12月〜2月に行います。地際からよく枝幹を出して大きな株立ちになるので4〜5年生くらいの枝幹は切り取り、更新していくとよいでしょう。肥料は開花前の2月と8月下旬に油粕と粒 状化成肥料を等量ずつ混ぜたものを施します。病害虫病害虫はあまりみられませんが、株が大きくなるとテッポウムシが根元に発生するので、見つけ次第早めに駆除します。 _________________________________________________...

ブルーエンジェル 樹高2.5m前後 常緑中木 コニファー 【木曜日発送】

ガーデンタウン

15,120

ブルーエンジェル 樹高2.5m前後 常緑中木 コニファー 【木曜日発送】

ブルーエンジェル ヒノキ科 ビャクシン属 常緑中木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 花 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 南北海道以南 植栽適期 10月〜梅雨 開花時期 無し 施肥時期 2月・6月・11月 果実熟期 無し 最終樹高 4〜5m 花 色 無し 用 途 生垣・庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆人気のブルー系コニファー☆ 綺麗な葉とスリムな樹形が魅力! ブルーヘブンの突然変異で、さらに細い狭円錐形の樹形で枝葉もしっかりと密に直上します。葉色は美しい灰青緑色(シルバーブルー)です。 成長は比較的遅く、年間20cmほど伸びます。スリムなラインに仕上がるので、狭いスペースに植えたい方にもおすすめです! 青々した葉が綺麗なのでコニファーの中でも人気の品種です。洋風ガーデンにはこの品種をおすすめします♪ コニファー類は美しい葉色を楽しむ樹木です。暑さ、寒さ共に強く、萌芽力が強く刈り込みにも耐えます。日向〜半日陰を好み、適湿で肥沃な土壌に植え込みます。 乾燥を嫌い、水切れさせると葉の先が茶色く枯れ込んでくることがあります。

ヨウコウザクラ 樹高2.5m前後 陽光桜 シンボルツリーに!早咲きの濃いピンク花♪【木曜日発送】

ガーデンタウン

18,900

ヨウコウザクラ 樹高2.5m前後 陽光桜 シンボルツリーに!早咲きの濃いピンク花♪【木曜日発送】

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

ケヤキ株立ち 樹高2.5m前後 紅葉も楽しめる落葉高木樹【木曜日発送】

ガーデンタウン

22,680

ケヤキ株立ち 樹高2.5m前後 紅葉も楽しめる落葉高木樹【木曜日発送】

ケヤキ(別名:ツキ) ニレ科 ケヤキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________街路樹や公園樹で有名なケヤキ。日本の代表的な広葉樹のひとつ。日本の山野に自生するほか、庭木、公園樹、街路樹として植えられています。ケヤキは 落葉樹の中では樹齢が長く、巨木になることで知られています。特に関東地方に多く植えられていて生育もよい。寿命の長い木なので、天然記念物に指定されているものも多く存在しています。 木目が美しい植えに狂いがほとんどなく、扇を広げたような樹冠になります。枝は褐色で細く、屈曲し、細かい白色の軟毛がある。葉は互生し、長さ2〜7cmの卵形または卵状披針形で質はやや薄い。 先は鋭くとがり、基部は円形またはやや心形で、ふちには鋭い鋸歯がある。表面はやや光沢があり、ザラザラしています。葉色は淡緑色。花は4〜5月に開くがあまり目立ちません。生育は旺盛で 、広い場所でのシンボルツリーや、景観樹、緑陰樹に最適です。植え付け11〜12月と2月下旬〜3月が適期。真夏を除いては年中植えつけが可能。風通しと日当たりがよく、水 はけがよい場所を好みます。湿気にもよく耐え保存性が高いので用途が広いです。大きくなるので植え付け場所は考慮して下さい。植え穴は大きめに掘り、腐葉土をよく混ぜて植え付けます。 剪定・管理ケヤキは自然のままの姿を楽しむのが持ち味です。あまり手をかけないよう自然樹形を保つようにします。剪定する場合は、1〜3月の間であれば、どこで切っても 再萌芽します。6月頃切り戻して葉色の変化を再び楽しむ事も出来ます...

月桂樹(ローリエ/ゲッケイジュ)樹高2.5m前後【常緑樹】【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

月桂樹(ローリエ/ゲッケイジュ)樹高2.5m前後【常緑樹】【木曜日発送】

月桂樹(ローリエ) クスノキ科 ゲッケイジュ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● ● 消毒 ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 関東以南 植栽適期 4月〜6月,9月〜10月 開花時期 4月〜5月 施肥時期 1月〜2月・8月〜9月 果実熟期 10月 最終樹高 7m 紅葉時期 - 用 途 庭木・シンボルツリー 樹木の特徴 乾燥した葉は香りづけのスパイスになる! ゲッケイジュは古代ギリシャで協議の勝利者に対し、 月桂樹の黄金波で作った冠をかぶせて賞賛の意を表したことで知られています。 また、スパイスとしても有名ですが、 香りの特徴を生かし防虫剤代わりに使用されることもあります。 植え付け 日当たりの良い場所が望ましいですが、やや日陰でも育ちます。 剪定・管理 樹勢が強いですので、強い剪定にも耐えます。 中の枝が混み合うと蒸れてしまうので、混み合っている場所の枝を剪定してください。 四季の管理 冬の乾燥を嫌いますので注意が必要です。 また、肥料は年に2回、夏・冬に与えてください。 油粕・化成肥料を混ぜたものがお勧めです。 病害虫 害虫がつきやすいです。見つけ次第駆除してください。 予防のためにも、殺菌消毒剤を定期的に散布してください。

ソメイヨシノ樹高3.0m前後 日本の代表的な桜 染井吉野 シンボルツリーに!【木曜日発送】

ガーデンタウン

22,680

ソメイヨシノ樹高3.0m前後 日本の代表的な桜 染井吉野 シンボルツリーに!【木曜日発送】

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高3.0m前後【木曜日発送】

ガーデンタウン

70,200

斑入り常緑ヤマボウシ 樹高3.0m前後【木曜日発送】

————————————— 【チャリティ詳細】 寄付先: 熊本県上益城郡甲佐町役場 住民生活課 寄付金額計算式:ご注文1件につき合計金額の1% (例)ご注文合計金額10000円の場合100円 対象期間:2016年4月25日〜2016年7月31日 寄付予定日:2016年8月初旬 —————————————常緑ヤマボウシ ミズキ科 ミズキ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● ● ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● 栽培適地 九州〜東北 植栽適期 3月〜5月・10月〜11月 開花時期 5月〜6月 施肥時期 2月・8月〜9月 果実熟期 9月〜11月 最終樹高 5m〜10m 紅葉時期 10月〜12月 用 途 シンボルツリー・花木 樹木の特徴 希少な品種!斑入りの常緑ヤマボウシ 花はもちろん、 秋に熟す果実も楽しめます。1本でも庭の主役になる! 5〜7月に遠目に見ても変わる程の白く大きな花を咲かせる代表的な花木です。 病害虫にも強く、古くから庭木として植えられてきました。 ヤマボウシは一般的に落葉性の物が多いですが近年では、常緑性の物も多く進出しています。 また、園芸品種も多く、ピンク花の「サトミ」や斑入りヤマボウシなどもあります。 常緑ヤマボウシは年中葉をつけているのが特徴です。 非常に花付きが良く、秋にも真っ赤な実が沢山つきます。実もなり紅葉もしますので 1年を通して鑑賞できるので近年、人気が急上昇中の樹木です。おすすめです! 花芽がつきやすく全体に咲き誇ります。食べられる赤い実も付き鑑賞価値も高いです。 植え付け...

アカマツ(赤松) 樹高0.5m前後 常緑高木 シンボルツリー 日本庭園

ガーデンタウン

1,296

アカマツ(赤松) 樹高0.5m前後 常緑高木 シンボルツリー 日本庭園

赤松(アカマツ) マツ科 マツ属 常緑高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 ● ● ● ● ● ● ● 剪定 ● ● ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 2〜4月 開花時期 4〜5月 施肥時期 2〜3月 果実熟期 10月 最終樹高 30m 花 色 赤色・黄色 用 途 庭木・並木・防風防潮樹・シンボルツリー 樹木の特徴 ☆仕立て方は様々!代表的な松です!☆ 松ぼっくりの木! 日本の代表的樹種で広く植栽されていて、潮風や公害に強く強健で痩せ地や湿地にも耐えます。樹高は30m以上に達し、樹形は広円錐状で、不整に枝が伸びます。 針葉は細長く10cm前後で、濃緑色、2本が一組になって付きます。 開花期は4〜5月で、果実は4〜7cmのマツカサ形で翌年の秋に熟します。 赤松の樹皮は、赤みを帯びた色をしています。「雌松(メマツ)や女松」とも呼ばれています。赤松は、黒松に比べかなり寒冷な気候にも耐える事ができます。 マツは樹形を楽しむ樹木です。美しい姿を保つためには、5〜6月の「みどり摘み」と11月頃の「もみあげ」が毎年欠かせません。 手入れを一年休むと樹形がくずれて、取り返しのつかない事になる場合がありますのでご注意ください。

サトザクラ 樹高2.5m前後 桜 落葉樹 サクラ【木曜日発送】

ガーデンタウン

17,280

サトザクラ 樹高2.5m前後 桜 落葉樹 サクラ【木曜日発送】

サトザクラ バラ科 サクラ属 落葉高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● 消毒 ● ● ● 剪定 ● ● ● 栽培適地 北海道南部以南 植栽適期 3〜4月・10〜11月 開花時期 4〜5月 施肥時期 2月・5月 果実熟期 不明 最終樹高 5〜10m 花 色 白色/ピンク色 用 途 庭木・シンボルツリー・公園樹 樹木の特徴 ☆華やかな八重桜☆ 外国でも人気が高い! サトザクラの歴史は、人々が桜を庭に植え始めた平安時代からと言われています。 このころから品種の育成が行われるようになり、200種以上のサトザクラが誕生しました。 園芸品種の多くを総称して「サトザクラ」といいます。「サト」は山桜に対しての「里」 という意味合いです。また、花の姿が牡丹と似ていることから、「牡丹桜」という別名でも呼ばれます。 一般的にサトザクラというと、一重咲きよりも八重咲きのほうが多くなります。一輪の花に平均して 10〜130枚もの花弁をつけます。花色は、白色・淡紅色紅色・濃紅色・淡黄緑色等様々。 ソメイヨシノとはまた違った魅力があり、ふっくらとした大きな花をポンポンのように付ける様は、 とても華やかで圧巻です。 「桜伐る馬鹿、梅伐る馬鹿。」という諺があるように、桜は剪定を嫌います。 もし剪定を行った場合や強風により折れるなどした場合には、ハサミの消毒や切り口への癒合剤塗布を 行う必要があります。

キンモクセイ・金木犀 樹高2.5m前後【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

キンモクセイ・金木犀 樹高2.5m前後【木曜日発送】

キンモクセイはこんな木キンモクセイの甘い香りが漂ってきたらもう秋のしるし。生垣やシンボルツリーにも人気の樹木です。和・洋どちらにも合う♪秋が訪れ、朝夕涼しさを覚える頃になると、街中がキンモクセイの香りに包まれます。開花期には小さなオレンジの花を枝いっぱいにビッシリ咲かせます。キンモクセイの花は匂いがとてもよく、学校や公園、街路樹などに多用されモクセイ類の中でも最も多く利用されており、誰もが一度はキンモクセイの香りを嗅いだ経験はあるんではないでしょうか。開花と共に、何か懐かしさを感じさせてくれる花木だと思います。庭木や縁起樹として幅広い層で愛される花木のひとつと言えます。ご注文を頂きましてから、掘り上げ元気な状態で配送させて頂きます! 植え付け生垣は1mに約2〜3本間隔で植え込みます。植える間隔は植え込む苗木の大きさで調節します。庭木の場合は大きくなりますので周りの樹木と離して植えてください。植え付けは3〜5月及び9月頃が適期です。6〜8月の真夏の植栽は避けましょう。日向から半日陰の場所を好みます。土壌の多湿と乾燥を嫌いますので植え付け位置には注意が必要です。植え穴はやや大きめに掘り、堆肥や腐葉土を多めに入れ土とよく混ぜ植え付けます。やや高めに植え付けをして、必要に応じて支柱を取り付けて下さい。剪定・管理剪定は花が終わった直後から4月上旬までが適期です。混んでいる部分の枝を間引き、花の咲いた枝も、基部の葉を2対ほど残して切りつめます。大きくなりすぎたからといって、強く切り込み過ぎると、枝枯れを生じやすく、元の状態に戻るまでに5〜6年程かかります。四季の管理植え付け1ヶ月間と真夏は乾燥させないように水管理には十分に気を付けます。また、ほとんど手はかかりません。肥料も改めて施す必要もありません。病害虫カイガラムシやテッポウムシの被害が見られ...

早咲きの濃いピンク花♪ヨウコウザクラ 樹高3.0m前後 陽光桜 シンボルツリーに!【木曜日発送】

ガーデンタウン

23,760

早咲きの濃いピンク花♪ヨウコウザクラ 樹高3.0m前後 陽光桜 シンボルツリーに!【木曜日発送】

サクラ(桜)バラ科 サクラ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________日本の春を代表する花木。満開の桜の下でお花見を。種類が多いので、我が家の庭に適した品種を選びましょう。日本の春を代表する桜「桜」は、古くから日本人に愛され、生活に密着した植物の1つでした。日本には多くの品種があり、北海道北部から沖縄にかけて、その土地に適したサクラの自生がが見られます。昔から春と言えばサクラが思い浮かぶほど、私たちの生活にたっぷり入り込んだ花木の一つです。【桜の品種】ソメイヨシノ(染井吉野)今、全国津々浦々でわたしたちの目を楽しませてくれる桜は、「ソメイヨシノ」という品種です。ソメイヨシノ(染井吉野)は、4月の初め、葉の出る前に、径3〜3.5センチメートルの淡紅白色の花が開き、各地にもっとも広く植栽され、花見の主体になっています。ヨウコウザクラ(陽光桜)ヨウコウザクラはヨシノ桜よりも早咲きで、妖艶な濃いピンク色をしています。花は一重の花びらでとても可愛らしい花姿で楽しませてくれます。カンヒザクラ(寒緋桜)台湾、中国に南部に自生。沖縄にも野生化していて濃紅色の花を咲かせます。オオシマザクラ(大島桜)房総から伊豆の潮風の当たる地域に自生する大型の桜です。シダレザクラ(枝垂れ桜)エドヒガン系の品種で細い枝を長く垂らす樹形が特徴です。マメザクラ(豆桜)小型のサクラで、富士山や箱根地方に多く見られるので、フジザクラとも呼ばれ親しまれています。ウミネコザクラ(海猫桜)マメザクラとオオシマザクラの交配種でヨーロッパで普及している品種です。 横に広がらず...

イロハモミジ 株立ち 樹高3.0m前後【落葉高木】【木曜日発送】

ガーデンタウン

32,400

イロハモミジ 株立ち 樹高3.0m前後【落葉高木】【木曜日発送】

イロハモミジ(カエデ) カエデ科 カエデ属 落葉高木 商品説明 モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。イロハモミジは四季折々に 葉の色を変える品種です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ・枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。モミジは春の芽吹きから秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です♪緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しんで下さい。 花・実期 紅葉時期 【花期】■4月■【実期】■5月〜10月■【紅葉】■10月〜12月■ 適地・管理 日陰でも成長しますが出来るだけ日向で水はけがいい場所に植えるようにしましょう。 日中と夜との温度差が大きいとより綺麗な紅葉が楽しめます!カミキリムシ・てっぽう虫が発生しやすいので見つけ次第、殺虫して下さい。幹に穴が開いた場合は殺虫剤等を注入してください。 用途 庭木・シンボルツリーモミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています...

【鮮やかな赤色】サンゴカク モミジ樹高2.5m前後 カエデ・紅葉【木曜日発送】

ガーデンタウン

22,680

【鮮やかな赤色】サンゴカク モミジ樹高2.5m前後 カエデ・紅葉【木曜日発送】

モミジ(カエデの仲間)カエデ科 カエデ属 落葉高木栽培適地日本全国植栽時期12〜3月(落葉期)花色紅色〜淡紅色肥料化成肥料or腐葉土or堆肥最終樹高20m用途シンボルツリーor庭木モミジ(カエデ)はこんな植物日本の秋を彩るモミジ。誰もが知ってる秋の代表的な樹木。モミジは日本人に古くから親しまれ、江戸時代にも多くの園芸種が作られていました。また、秋に紅葉する代表的な樹木です。モミジの品種は様々で赤く紅葉するものや黄色く黄葉するものがあり、真っ赤な葉のノムラモミジ、枝が美しいサンゴカクなど約120種類以上の品種があります。「イロハモミジ」は四季折々に 葉の色を変える品種です。緑の葉から紅葉へと葉色の変化を楽しめる1本です。「ノムラモミジ」は新芽から赤色をしています。イロハモミジなどと違い、春でも紅葉しているように赤い葉の品種です。シンボルツリーにはもちろん!緑が多いお庭の中ではひと際目立つ紅色葉なのでアクセントにもおすすめです。特に紅葉を楽しむ場合には、夏に十分に太陽の光を当ててあげるときれいな赤色に紅葉します。モミジは春の芽吹きから夏の明るい新緑、そして秋の美しい紅葉を楽しめる人気の樹木です。今ではお庭の定番にもなっているモミジを我が家のシンボルツリーにしてみませんか?

ハナカイドウ樹高2.5m前後 【美しい花木】【木曜日発送】

ガーデンタウン

21,600

ハナカイドウ樹高2.5m前後 【美しい花木】【木曜日発送】

ハナカイドウ(花海棠)バラ科 リンゴ属 落葉高木 ________________________________________________________________________________________________________________________うつむくように下垂れする淡紅色の花は春の風情満点ハナカイドウは別名「カイドウ」とも呼ばれ、日本では広く北海道南部から九州まで栽培されています。4〜5月にかけて咲く明るい淡紅色の花は昔から美人の代名詞として使われてきました。性質は強健で育てやすいために庭木としてよく植えられています。4〜5月に枝いっぱいに淡紅色が垂れ下がるように咲きます。花後にはリンゴに似た小さな実がなります。植え付け植え付けは、12〜2月に行います。日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みます。土質は選びませんが、出来れば植え穴に大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせます。剪定・管理剪定は12〜2月に行います。花は充実した短枝につけるので、長い枝細かく貧弱な枝は切り落とします。施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを2月と8月頃に与えます。病害虫カイガラムシ、アブラムシ、うどんこ病などが見られるので早めに防除します。________________________________________________________________________________________________________________________栽培適地:関東以西の温暖な地域 開花時期:4〜5月果実時期:-------月鑑賞樹高:2〜6m施肥時期:2月と8月用途:花木・庭木・盆栽◇ガーデンタウン◇秋に黄色に黄葉する『イチョウ』

ナツツバキ単木!樹高2.5m前後【美しい幹が魅力】【シャラノキ/夏椿】【木曜日発送】

ガーデンタウン

19,440

ナツツバキ単木!樹高2.5m前後【美しい幹が魅力】【シャラノキ/夏椿】【木曜日発送】

シャラノキ(ナツツバキ)ツバキ科 ナツツバキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________梅雨時に咲く花は涼味満点。しっとりとした風情は洋風の庭にもよく似合う。梅雨の頃に、花径5〜7cm、白色一重の清楚な花を咲かせます。花は短命な一日花で、淡い緑の葉、灰褐色の樹皮も美しく、秋の紅葉も味わいがあります。四季の移ろいに敏感で侘び寂びの趣を重んじる日本人にぴったりの花木と言えるでしょう。【特徴】樹皮は滑らかで光沢があり、幹がとても美しく有名な樹木です。シャラノキ日本三大美幹の1種で、秋には美しく紅葉します。洋風にも和風にも良く合います。おすすめ品種・ヒメシャラナツツバキの近品種で高木ですが、葉も花も小さく幹肌が赤みを帯びて美しい品種です。植え付け落葉樹なので2〜3月上旬、11〜12月が適期です。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。剪定・管理シャラやヒメシャラは大きくなるので、剪定は欠かせません。大きくなってから強く切り詰めると枯れ込みが生じるので、小さいうちから伸びを抑えていくようにします。枝は途中で切り詰めることは避け、必ず付け根で切り取ります。自然樹形を損なわないように不要な枝を抜いていくことが基本です。少し太めの切り口は保護材を塗って枯れ込みを防ぐのも大切です。【肥料】普通の土質であれば施肥の必要はありませんが、痩せ地で生育が思わしくないようなら、2月と8月下旬に油粕と骨粉を根元に施します...

【美しい幹が魅力】ヒメシャラ 株立ち!樹高2.5m前後【木曜日発送】

ガーデンタウン

24,624

【美しい幹が魅力】ヒメシャラ 株立ち!樹高2.5m前後【木曜日発送】

シャラノキ(ナツツバキ)ツバキ科 ナツツバキ属 落葉高木________________________________________________________________________________________________________________________梅雨時に咲く花は涼味満点。しっとりとした風情は洋風の庭にもよく似合う。梅雨の頃に、花径5〜7cm、白色一重の清楚な花を咲かせます。花は短命な一日花で、淡い緑の葉、灰褐色の樹皮も美しく、秋の紅葉も味わいがあります。四季の移ろいに敏感で侘び寂びの趣を重んじる日本人にぴったりの花木と言えるでしょう。【特徴】樹皮は滑らかで光沢があり、幹がとても美しく有名な樹木です。シャラノキ日本三大美幹の1種で、秋には美しく紅葉します。洋風にも和風にも良く合います。おすすめ品種・ヒメシャラナツツバキの近品種で高木ですが、葉も花も小さく幹肌が赤みを帯びて美しい品種です。植え付け落葉樹なので2〜3月上旬、11〜12月が適期です。基本的に真夏を除いて年中植えつけが可能です。日当たりが良い場所を好みます。植え穴は大きめに掘り、植え穴底に堆肥か腐葉土を多めに入れて少し高めに植えつけます。剪定・管理シャラやヒメシャラは大きくなるので、剪定は欠かせません。大きくなってから強く切り詰めると枯れ込みが生じるので、小さいうちから伸びを抑えていくようにします。枝は途中で切り詰めることは避け、必ず付け根で切り取ります。自然樹形を損なわないように不要な枝を抜いていくことが基本です。少し太めの切り口は保護材を塗って枯れ込みを防ぐのも大切です。【肥料】普通の土質であれば施肥の必要はありませんが、痩せ地で生育が思わしくないようなら、2月と8月下旬に油粕と骨粉を根元に施します...

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.5m露地

Amazon

22,464

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ株立ち 2.5m露地

【常緑ヤマボウシ】 読み:じょうりょくやまぼうし 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 2.3m露地

Amazon

20,304

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】常緑ヤマボウシ/月光 2.3m露地

【常緑ヤマボウシ】 読み:じょうりょくやまぼうし/げっこう 学名:Cornus hongkongensis ミズキ科ミズキ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 常緑ヤマボウシはシンボルツリーとして人気の樹木。シンボルツリーでは珍しい常緑品種です。花が咲き実もなりますので植えていて楽しい品種です。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】クロマツ 2.5m露地 2本セット

Amazon

44,928

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】クロマツ 2.5m露地 2本セット

【クロマツ】 読み:くろまつ 学名Pinus thunbergii マツ科マツ属 常緑高木 【商品情報】 マツは純和風庭園や盆栽には欠かせない樹木です。葉は針状です。秋には松ぼっくりといわれる実がなります。全体に多くの油分を含んでおり、松脂といわれる油が取れます。非常に剛健な品種で岩山のような痩せた乾燥地でも成育できます。長寿を表す縁起の良い木とも知られています。代表的な品種にアカマツとクロマツがあります。 【育て方】 日向でも日陰でも成長します。肥沃で適湿な場所を好みますが、痩せた乾燥地でも成長します。葉の剪定を行う際は葉を切るのではなく、枝を摘むようにして剪定を行います。葉を切ると松脂がでて変色し見栄えが悪くなります。枯れた枝がよく堆積するので手で落としてあげます。 適地=全国 日照り=日向or半日陰 樹形=不整形 最終樹高=12m 施肥時期=1~2月 剪定時期=5~6月or11~2月 開花時期=4~5月 果実=10~11月 用途=庭木orシンボルツリー 【その他】 クロマツは日本の代表的な松の品種です。灰色の幹が特徴で独特の風情があります。雄松とも言われます。剛健で育てやすいです。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ヤマモモ 2.5m露地 2本セット

Amazon

44,928

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ヤマモモ 2.5m露地 2本セット

【ヤマモモ】(山桃) 読み:やまもも 学名:Myrica rubra ヤマモモ科ヤマモモ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマモモは痩せ地や乾燥地でも育つ強健な品種です。一年中青々とした葉が付いています。初夏になると球状の紫色の実がなります。果実は食用に利用されジャムや果実酒に加工されます。雌雄異株です。樹皮は楊梅皮といわれる胃腸薬でもあります。別名は楊梅(ようばい)、山桜桃、火実、シブキなどと呼ばれます。街路樹や庭木としてよく使われます。実を採る用途で様々な園芸品種があります。ヤマモモは雄と雌の木があります。この商品は種子から生育しているため、性別が分かりません。そのため雄雌の指定が出来ません。果樹ではなく庭木としてお考えください。 【育て方】 日当たりがよい場所を好みます。痩せ地や乾燥地でも育ち生命力が強い品種です。寒さに強くないため、関東以南での生育が好ましいです。枝にコブ病が発生することがありますので、見つけ次第枝を切り処分します。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=10m 施肥時期=12~2月 剪定時期=3月or6月 開花時期=5月 果実=6~7月 用途=生垣樹木or庭木or実がなる木 【その他】 ヤマモモは実がなる木として有名です。実は甘酸っぱく用途も様々です。街路樹にも良く利用され公園などにもよくあります。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ/サトミ赤花単木 2.5m露地 2本セット

Amazon

44,928

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ/サトミ赤花単木 2.5m露地 2本セット

【ヤマボウシ/サトミ】(山法師里美) 読み:やまぼうし/さとみ 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシ/サトミは赤花品種です。花の先端が丸くなります。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ/サトミ赤花株立ち 2.5m露地 2本セット

Amazon

96,768

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ/サトミ赤花株立ち 2.5m露地 2本セット

【ヤマボウシ/サトミ】(山法師里美) 読み:やまぼうし/さとみ 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシ/サトミは赤花品種です。花の先端が丸くなります。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ラカンマキ 2.5m露地

Amazon

20,304

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ラカンマキ 2.5m露地

【ラカンマキ】 読み:らかんまき 学名:Podocarpus macrophyllus var. maki マキ科マキ属 常緑高木 【商品情報】 ラカンマキはイヌマキの変種です。イヌマキに比べて葉が小さく枝ぶりも大人しいです。種は生らず刺し木での繁殖のみです。ほかの樹種に比べて葉をしっかり付けながら成長しますので、長さ的な伸びが遅く一度生垣になったあとは手入があまり必要ありません。大気汚染や潮風にも強いです。耐陰性があり、萌芽力も強いです。枝は細かく密集しますので生垣や段作りのシンボルにされたりします。昔から和風生垣として、とても人気があります。根張りも強いですので防風林としても使われます。病気にも強いです。 【育て方】 水はけの良い肥沃な土壌を好みます。寒さに弱いので日当たりや排水の良いところを選びましょう。生垣として植える場合は枝がなるべく早く密になるように寄せて植えるようにします。根張りもいいですので支柱は必要に応じて立ててください。肥料を1~2月と7~8月に与えてあげると伸びが良くなり青々とした緑色がでます。 適地=東北南部以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=8m 施肥時期=1~2月or7~8月 剪定時期=6or9~10月 開花時期=6月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリー 【その他】 ラカンマキは生垣で人気がある品種です。九州では昔から手いらずで病気にもあまりかからない生垣と認知されています。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ヤマモモ株立ち 2.5m露地

Amazon

37,584

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー常緑】ヤマモモ株立ち 2.5m露地

【ヤマモモ】(山桃) 読み:やまもも 学名:Myrica rubra ヤマモモ科ヤマモモ属 常緑高木 【商品情報】 ヤマモモは痩せ地や乾燥地でも育つ強健な品種です。一年中青々とした葉が付いています。初夏になると球状の紫色の実がなります。果実は食用に利用されジャムや果実酒に加工されます。雌雄異株です。樹皮は楊梅皮といわれる胃腸薬でもあります。別名は楊梅(ようばい)、山桜桃、火実、シブキなどと呼ばれます。街路樹や庭木としてよく使われます。実を採る用途で様々な園芸品種があります。ヤマモモは雄と雌の木があります。この商品は種子から生育しているため、性別が分かりません。そのため雄雌の指定が出来ません。果樹ではなく庭木としてお考えください。 【育て方】 日当たりがよい場所を好みます。痩せ地や乾燥地でも育ち生命力が強い品種です。寒さに強くないため、関東以南での生育が好ましいです。枝にコブ病が発生することがありますので、見つけ次第枝を切り処分します。 適地=関東以南 日照り=日向or半日陰 樹形=卵形 最終樹高=10m 施肥時期=12~2月 剪定時期=3月or6月 開花時期=5月 果実=6~7月 用途=生垣樹木or庭木or実がなる木 【その他】 ヤマモモは実がなる木として有名です。実は甘酸っぱく用途も様々です。街路樹にも良く利用され公園などにもよくあります。

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ/サトミ赤花株立ち 2.5m露地

Amazon

48,384

【1年間枯れ保証】【シンボルツリー落葉】ヤマボウシ/サトミ赤花株立ち 2.5m露地

【ヤマボウシ/サトミ】(山法師里美) 読み:やまぼうし/さとみ 学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名: 【名前の由来】 4枚の白い花びらを頭巾をかぶった法師に見立てて。 【商品情報】 ヤマボウシは6月に小さい花が無数に咲きます。花が咲く年と咲きにくい年があるみたいです。秋には美しく紅葉し直径1cmほどの丸い果実が赤く熟します。果実は食用になります。萌芽力もあり刈り込みにも耐えますが、放任していても美しい樹形になります。葉は緑色の単葉がでます。シンボルツリーとして人気がある樹種です。花や葉色の変化した品種も多いです。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は1月~3月に行ってください。剪定を行う時は風通しがよくなるように透かしを作るようにます。 適地=東北以南 日照り=日向 樹形=卵形 最終樹高=6~7m 施肥時期=2月or6月 剪定時期=1~3月 開花時期=6月 果実=8~10月 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ヤマボウシ/サトミは赤花品種です。花の先端が丸くなります。

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク