メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「日本花卉ガーデンセンター」検索結果。

日本花卉ガーデンセンターの商品検索結果全785件中1~60件目

タイタンビカス アフロディーテ「☆」

日本花卉ガーデンセンター

1,296

タイタンビカス アフロディーテ「☆」

タイタンビカス アフロディーテ *鮮明なピンクの中大輪咲き。やや底白気味になる丸弁整型花で大変美しい! アオイ科 非耐寒性宿根草 3.5寸ポット苗 (お届け時期により、地上部が無い、又は摘心済み等の場合もありますのでご了承下さい) ◎タイタンビカスは、アメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種です。 その性質は、驚異的なほどに強健で、日当たりさえ良ければ特に植えつける場所を選びません。特に暑さには非常に強く、強い西日のあたる場所でも大丈夫です。また、宿根性のため、秋には、地上部が枯れてしまいますが、根が地下に残り翌年の春には、また芽を吹いて、初夏には、花を咲かせてくれます。とても強健なので、一度植えつければ、毎年、夏にお花を見せてくれます。 ■育て方のポイント タイタンビカスは、非常に生育が旺盛ですので、通常は、花壇など路地に植え付けを行います。鉢などで栽培をする場合は、あっという間に根詰まりを起こしてしまうので最初から最低8号(直径24cm)以上の鉢に植え付けをします。2年目以降は、さらに大きな鉢に植え替えをするか路地に下ろします。 理想は、2年目もそのまま楽しめるように40cm以上の鉢を用意すると良いでしょう。

ドリフトローズ スウィートドリフト「☆」

日本花卉ガーデンセンター

1,728

ドリフトローズ スウィートドリフト「☆」

◎スウィート ドリフト 明るいピンク色の八重咲きの花がひと枝に5~10輪の房になり次々咲き続けます。 花径約4~5センチ。 規格:4寸ポット植え 樹高:10~30センチ程度 開花期:春頃~晩秋頃 ■管理のポイント 日当たりの良い場所で、水はけの良い用土を好みます。 耐寒性は極めて強い植物ですが、夏の暑さや湿度に弱いため、風通しが良く涼しい場所への植え付けや、移動が可能な鉢植えでの管理をお勧めします。 剪定は、冬の間に枯れた枝や風通りを考え、間引く程度に行います。 肥料は開花前と開花後に市販の緩効性の化成肥料を与えてください。 病害虫は、新芽の出る春先から夏にかけてアブラムシが発生することがありますので、市販の薬剤等で予防駆除して下さい。 ドリフトシリーズ 「バラは難しい・・・」薬剤散布や剪定などの作業にためらってしまう人も多いことでしょう。 このドリフトシリーズはそんな従来のバラのイメージをくつがえす、まさにニュータイプのバラです。 ドリフトローズは、フランスのバラの名門メイアン社によって、長い年月をかけて開発されたバラのシリーズです。 シュラブなどの「修景バラ」と言われるバラの強健さと、従来のミニバラの樹形のコンパクトさ、小さな花、これら両方の性質を融合させた、全く新しいバラなのです。 見た目は普通のミニバラのように見えますが、その育てやすさ、素晴らしい花の開花は育ててみればわかります。 開発は20年近くもの年月をかけて行われましたが、その真価が理解され、商品化されるには、21世紀に入るのを待たねばなりませんでした。その、決して大きくなりすぎず常にコンパクトなサイズを保ちつつ、咲き続けるという素晴らしい性質は、まさに「現代に生まれたバラ」ならでは。忙しい現代人が求めるバラの性質を見事に備えています...

タイタンビカス ネオン「☆」

日本花卉ガーデンセンター

1,296

タイタンビカス ネオン「☆」

タイタンビカス ネオン *桃紅色で花弁の裏側の中心部が白くなる裏白タイプで、表から見ると目の周りが光っているように見える。花の大きさは中輪。 アオイ科 非耐寒性宿根草 3.5寸ポット苗 (お届け時期により、地上部が無い、又は摘心済み等の場合もありますのでご了承下さい) ◎タイタンビカスは、アメリカフヨウとモミジアオイの交配選抜種です。 その性質は、驚異的なほどに強健で、日当たりさえ良ければ特に植えつける場所を選びません。特に暑さには非常に強く、強い西日のあたる場所でも大丈夫です。また、宿根性のため、秋には、地上部が枯れてしまいますが、根が地下に残り翌年の春には、また芽を吹いて、初夏には、花を咲かせてくれます。とても強健なので、一度植えつければ、毎年、夏にお花を見せてくれます。 ■育て方のポイント タイタンビカスは、非常に生育が旺盛ですので、通常は、花壇など路地に植え付けを行います。鉢などで栽培をする場合は、あっという間に根詰まりを起こしてしまうので最初から最低8号(直径24cm)以上の鉢に植え付けをします。2年目以降は、さらに大きな鉢に植え替えをするか路地に下ろします。 理想は、2年目もそのまま楽しめるように40cm以上の鉢を用意すると良いでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク