メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「日本石楠花」検索結果。

日本石楠花の商品検索結果全10件中1~10件目

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』D-6 4810 大きさ40cm×幅30cm前後 商品画像は2017年6月24日撮影です。

富士園芸楽天市場店

9,800

八重咲日本シャクナゲ『御岳牡丹』D-6 4810 大きさ40cm×幅30cm前後 商品画像は2017年6月24日撮影です。

【栽培方法】高温や乾燥にやや弱いので、夏場に西日があたる場所はさけ、水はけのよい場所にやや盛り土気味に植え付けてください。・花芽分化は7~8月なので、選定をする場合は6月下旬ころまでにしてください。 ・肥料は、花後と秋に緩効性化成肥料や有機肥料を施してください。肥料を施す場合にオルトラン粒剤などの殺虫剤を一緒に施してやると虫の被害などが最小限に抑えられます。八重咲日本シャクナゲシャクナゲ 『御岳牡丹』 画像1枚目/開花イメージ:画像2枚目/商品画像:画像3枚目/葉の様子 【詳細】ツツジ科 【樹高】0.4m(鉢上・地上部の高さ) 【葉張り】0.3m 【花期】4-5月 【撮影日】2017年6月24日 【商品説明】 日本石楠花の中では自生分布が一番広く、本州に多いことから本石楠花と呼ばれている説があります。筑紫石楠花の変種で葉裏の毛が少ないものを言います。 開花期は東北南部の平地で4月中旬から下旬に開花します。伸びもよく暑さににも比較的強く盆栽や庭植として親しまれています。本種は御岳山近郊で発見されたといわれるホンシャクナゲの八重咲き個体ですが、八重咲というよりダブル咲き(花びらが2枚重なって咲く)です。 『立山桜』に比べ蕾の付きは良くないですが開花するとダブル咲になる完全八重咲個体です。『立山桜』や『御岳牡丹』が発見されたと言われる時代はまだ接ぎ木技術がなくシャクナゲは挿し木や実生で増殖していたため愛好家の手に渡るまではかなりの時間を要したようです。 ですので八重咲個体が世に広まるまでは幻のシャクナゲといわれなかなか手に入れることができずお値段も目が飛び出すほど高価なものだったそうです。現在は接ぎ木技術が発達し昔に比べお手軽な価格で入手できるようになりました。 ※この商品は1点物で、写真に載っているものを発送いたします...

【現品】細葉シャクナゲ 桃 6号(e7)

千草園芸

3,888

【現品】細葉シャクナゲ 桃 6号(e7)

写真は17年10月26日。木の状態は季節により変化いたします。1710d日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam. var. ...

【現品】白筑紫(シロツクシ)シャクナゲ 6号(e7)

千草園芸

3,888

【現品】白筑紫(シロツクシ)シャクナゲ 6号(e7)

写真は17年10月25日。木の状態は季節により変化いたします。1710d日本石楠花 ニホンシャクナゲ 日本シャクナゲ 分類: ツツジ科ツツジ属シャクナゲ亜属の常緑低木 学名: Rhododendron 原産: 日本の山岳地帯 開花期: 5月~7月 用途: 庭木、鉢植え 樹高: 3~5m 栽培敵地: 九州以北 日本や中国原産のシャクナゲを西洋で改良されたものを「西洋シャクナゲ」、日本原産のシャクナゲを「二ホンシャクナゲ」と呼びます。 ツツジ属Rhododendronシャクナゲ亜属の中の日本原産の種を指し、以下のように 分類されます。 キバナシャクナゲ R. aureum Georgi 本州~北海道の高山地帯、シベリアから千島列島・カムチャツカ など東アジアの寒冷地に広く分布し、クリーム色の花を咲かせる。 ハクサンシャクナゲ R. brachycarpum G. Don 北海道・本州・四国と朝鮮半島北部の亜高山帯から一部はハイマツ帯 まで分布する。 楕円の形の葉で淡い色の花を咲かせる。 アズマシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere 東北地方から中部地方までの山地・亜高山帯に分布する。花はまとま りのある淡い紅色。 変種に静岡県伊豆半島の山地に分布するアマギシャクナゲ Rhododendron degronianum Carriere var. amagianum があります。 ツクシシャクナゲ Rhododendron japonoheptamerum Kitam. var. ...

こちらの関連商品はいかがですか?

【3ポットセット】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

グリーンロケット

2,592

【3ポットセット】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒメクチナシ斑入り Gardenia jasminoides var. radicans アカネ科クチナシ属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:6~7月 実:11~12月 【日照条件】 日向~半日陰 【場所】 南東北地方以南 ヒメクチナシの斑入り品種です。 厚くて光沢のある葉が対生します。 クチナシと同様に初夏に香りのいい白い花を咲かせます。 育て方 日当たりがいいところから日陰でもよく育ちます。乾燥を嫌うので、土を乾かさないように注意します。 また、寒さにあまり強くないので、冬は霜や北風が当たる場所は避けるようにします。 オオスカシバの食害がある場合があります。薬剤で防除したり、見つけたら殺虫剤などで駆除します。 品番 【T3114】 同じ品番の商品はコチラ »

【10ポットセット】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

グリーンロケット

8,640

【10ポットセット】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒメクチナシ斑入り Gardenia jasminoides var. radicans アカネ科クチナシ属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:6~7月 実:11~12月 【日照条件】 日向~半日陰 【場所】 南東北地方以南 ヒメクチナシの斑入り品種です。 厚くて光沢のある葉が対生します。 クチナシと同様に初夏に香りのいい白い花を咲かせます。 育て方 日当たりがいいところから日陰でもよく育ちます。乾燥を嫌うので、土を乾かさないように注意します。 また、寒さにあまり強くないので、冬は霜や北風が当たる場所は避けるようにします。 オオスカシバの食害がある場合があります。薬剤で防除したり、見つけたら殺虫剤などで駆除します。 品番 【T3114】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
【20ポットセット】【送料無料】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

グリーンロケット

17,280

【20ポットセット】【送料無料】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒメクチナシ斑入り Gardenia jasminoides var. radicans アカネ科クチナシ属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:6~7月 実:11~12月 【日照条件】 日向~半日陰 【場所】 南東北地方以南 ヒメクチナシの斑入り品種です。 厚くて光沢のある葉が対生します。 クチナシと同様に初夏に香りのいい白い花を咲かせます。 育て方 日当たりがいいところから日陰でもよく育ちます。乾燥を嫌うので、土を乾かさないように注意します。 また、寒さにあまり強くないので、冬は霜や北風が当たる場所は避けるようにします。 オオスカシバの食害がある場合があります。薬剤で防除したり、見つけたら殺虫剤などで駆除します。 品番 【T3114】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
【100ポットセット】【送料無料】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

グリーンロケット

86,400

【100ポットセット】【送料無料】「ヒメクチナシ(斑入り)」 ポット直径15cm

※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 ヒメクチナシ斑入り Gardenia jasminoides var. radicans アカネ科クチナシ属 【タイプ】 常緑低木 【鑑賞時期】 花:6~7月 実:11~12月 【日照条件】 日向~半日陰 【場所】 南東北地方以南 ヒメクチナシの斑入り品種です。 厚くて光沢のある葉が対生します。 クチナシと同様に初夏に香りのいい白い花を咲かせます。 育て方 日当たりがいいところから日陰でもよく育ちます。乾燥を嫌うので、土を乾かさないように注意します。 また、寒さにあまり強くないので、冬は霜や北風が当たる場所は避けるようにします。 オオスカシバの食害がある場合があります。薬剤で防除したり、見つけたら殺虫剤などで駆除します。 品番 【T3114】 同じ品番の商品はコチラ »

椿(ツバキ)斑入り黒椿(クロツバキ)《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

4,320

椿(ツバキ)斑入り黒椿(クロツバキ)《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真は見本品です。 写真は17年9月5日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 179a 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

南天(ナンテン)「レモンライム」5号

千草園芸

2,592

南天(ナンテン)「レモンライム」5号

※写真は見本品です。 写真は17年10月24日再入荷しました。 木の状態は季節によって変化いたします 1710d-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが...

スポンサーリンク
スポンサーリンク