メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「日光種苗」検索結果。

日光種苗の商品検索結果全1,248件中1~60件目

送料無料
カネコ種苗 原木しいたけ栽培セット なるきのこデラックス

Amazon

1,980

カネコ種苗 原木しいたけ栽培セット なるきのこデラックス

ぷりぷりの肉厚原木シイタケがお部屋で栽培できます!シイタケ菌打ち込み済みの画期的な完熟原木ホダ木「ホダキング」をカットし、栽培用品とセットにした手軽なきのこ栽培セットです。お部屋の中で、あるいは戸外の日陰で手軽に栽培し、キノコが育つ様子や収穫を楽しんでくださいね。 セット内容: ホダ木1本(約30cm) 浸水・保湿袋 輪ゴム 底皿 説明書 栽培方法: ホダ木を水に浸けて刺激を与えます。箱の中に付属の袋を広げ、中心にホダ木を立てて冷たい水(16度以下の冷水)を木がすっぽり沈むまでたっぷり注ぎ、袋の口を閉じて24時間程度放置します。 ホダ木を水から取り出して立てます。ビニール袋の内側に水滴を軽く残した状態のまま袋を被せ、直射日光があたらない場所で管理します。袋の内側に水滴がついているように、時々霧吹きで湿気を与えます。2~7日でシイタケの「芽」が出てきます。 シイタケの芽が親指大になったらビニール袋をはずします。1日数回芽が白く乾燥しないように霧吹きで湿気を与えながら成長を観察します。お好みの大きさに育てたら収穫します。室温によりますが、通常7~15日で採り頃になります。 商品の性質上、直射日光の当たるところ、高温になる場所、乾燥しやすい場所には置かないでください。 パッケージデザインは写真と異なりますので、ご了承くださいませ。

松永種苗 絹莢豌豆 白姫 1L 【宅配便対応】

日光種苗

6,318

松永種苗 絹莢豌豆 白姫 1L 【宅配便対応】

夏蒔きできる品質重視の絹莢豌豆松永交配 きぬさやえんどう 白姫 【特性】   ・白姫は草丈低いつるなしタイプの、品質の良い絹さやえんどうです。・極早生で地際に近い所から着莢します。・曲がりや反りのない鮮やかな緑の莢が各節に2莢ずつ着生します。・露地で11~2月初めに播種して、3~5月に収穫する普通栽培の他に、8月下旬から9月播種で10月下旬から年内の収穫も可能です。無霜地帯なら翌年まで収穫し続けられます。 【栽培上のポイント】   ・絹さやえんどうとしては、耐暑性が強い方ですが、8月下旬が平坦地での播種限界です。それ以上の早蒔きは避けてください。・適正な株間は1株立ちの場合で12cm程度までです。それより密植にした場合は欠粒による莢の変形などが起こる事があります。 ※栽培暦は地方・気候により異なります。上記月日に頼らず貴地の気候に合わせて栽培してください。 キヌサヤエンドウ・きぬさやえんどう・絹莢豌豆・シラヒメ・しらひめ こちらの商品はご注文確認後にお取り寄せになる場合があります。お取り寄せの場合、商品の発送に1週間程度のお時間をいただきます。予めご了承の上、ご注文ください。

【Vilmorin社】フレンチメスクラン(大袋)・Mesclun 【郵送対応】

日光種苗

1,026

【Vilmorin社】フレンチメスクラン(大袋)・Mesclun 【郵送対応】

フレンチメスクラン(大袋)・Mesclun種まき:3~9月収穫:4~10月【タネまき】水はけが良く有機質に富んだ肥沃な土を十分に湿らせて、直播きか育苗ポット蒔きにします。発芽までの約1週間は乾燥に注意し、表面が乾いたら丁寧に水やりします。【栽培】2~3回の間引きで、本葉5~6枚で株間を25cm程度に植え込みます。間引き葉はその都度サラダ等に使用します。生育温度は15~20℃と比較的涼しい気候を好みます。直射日光より明るい半日陰の風通しの良い場所で育てます。ベビーリーフは10~15cmに育ったら大きめの柔らかな葉から丁寧に摘み取りサラダなどにします。また種まき時を2~3週間ずらすことで収穫期間を長く楽しめます。コンテナでも、ガーデンでも観賞用としても楽しめ、温度管理の仕方で通年栽培も可能です。摘み取ったところから再び芽を出すので、収穫の際は根こそぎ収穫せず、根元から摘み取ってください。一度の種まきで2~3回収穫が楽しめてとってもお得です!!【特長】レタス、チコリー(フリーゼ、エンダイブ、ソバージュ)、セルフィーユ、ルッコラの種子がミックスされています。色合いと風味に優れた品種を厳選しているので、リッチなフレンチメスクランがお楽しみいただけます。生産地フランス内容量30g<お客様へお願い> こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

丸種 スイカ ほお晴れ 約8粒 【郵送対応】

日光種苗

1,080

丸種 スイカ ほお晴れ 約8粒 【郵送対応】

種が少なく思いっきり頬張れる三倍体スイカ 宇治交配 スイカ ほお晴れ 特性  ・三倍体スイカの中でもシイナが小さく、非常に食べやすいスイカです。 ・やや腰高で果重7~8kgの縞皮大玉種です。 ・果肉は鮮桃紅色、シャリ感の強いしまった肉質で、糖度は13度前後に安定します。 ・草勢は強いものの、着果がよく、変形・空洞果の発生も少ない品種です。 ・多づる栽培でも、果実の大小が出来にくく、よく揃います。 栽培の要点  ・着果には普通スイカの花粉が必要です。「ほお晴れ」自身の花粉では着果しません ・発芽までは、床土温度を普通スイカより2度ぐらい高くし(30~32度)、覆土もやや厚めにします。発芽後は普通スイカと同様に管理します。 ・4本仕立ての2果穫り、または3本仕立ての1果穫りに適します。 ・草勢が強いので初期からおとなしめに管理します。また、着果節位以降の側枝も、つるが混み合わない程度に適宜、摘除します。 ・熟期は6月下旬収穫で交配後47~50日、7月収穫で44~46日が目安ですが、気候や栽培条件により前後しますので、熟期判定は必ず試し切りにより行ってください。 すいか、スイカ、西瓜、ほおばれ

中原採種場 かんたんスプラウト 青しその芽 1L 【宅配便対応】【お取り寄せ商品】

日光種苗

4,860

中原採種場 かんたんスプラウト 青しその芽 1L 【宅配便対応】【お取り寄せ商品】

スプラウト(新芽)には植物パワーが凝縮! 青しその芽 特性  青しそ(芳香系)のスプラウト、葉質はやわらかく独特の香りがありビタミン(A・B2・C)が非常に多い健康野菜です。刺身のツマ、その他の料理の薬味として使用されます。また成分のひとつである香気成分(シソ油)は殺菌力があり現在注目されている。 ※種は水につけると「アク」がでますので水は1日2回取り替えること。他のスプラウトより生育日数は多くかかります。また生育適温は比較的高温を好み、低温には弱いです。 種をまく  容器の底にスポンジやキッチンペーパー等を敷き、しっかり濡れるまで水を入れ、その上に種子が重ならないように蒔きます。 発芽させる  暗い場所に置き(20~25度)、種子がしっかり濡れるまで霧吹きなどで水を与えます。根が張れば、直接容器へ水を注ぎ、毎日取り替えます。 日光に当てる  5~6cm程に伸びたら、日当たりのよい窓際などに置き、日光を当て緑化させます。 ※緑化させることのより栄養価もアップします。 できあがり  1週間~10日ほどで収穫です。容器にワイングラスやデザートの容器などを利用して、お部屋のインテリアグリーンにもオススメです!! スプラウト

【HORTUS社】カーボロネロ[1216] 20g/約6,000粒【郵送対応】

日光種苗

1,026

【HORTUS社】カーボロネロ[1216] 20g/約6,000粒【郵送対応】

カーボロ・ネロ 種まき:6~7月/8~10月 植え付け:8月/9~11月 収穫:11~12月/2~5月 【栽培】  結球しない葉キャベツ。葉の表面はちりめん状で、別名黒キャベツと呼ばれていますが濃緑色でトスカーナ地方の特産品種。日当たり、水はけが良く、しかも保水性も高い有機質に富んだ肥沃な土をしっかり湿らせ、種播きは育苗箱等で5~6cm間隔にすじ播きをします。間引きを重ね本葉が2~3枚で仮植え、本葉5~6枚で株間45cm位に有機肥料とともにしっかりと植え付けをします。肥料好きで土寄せの際有機肥料をたっぷり与え、除草もマメに行いましょう。 【収穫】  収穫は植え付けから約6~70日で40cm程度に伸びた若葉や脇芽を随時します。有機肥料育ちは収穫までの時間が多少かかりますが、そのもの本来の味が楽しめることと思います。 【利用法】  ビタミン・ミネラル豊富で、オリーブオイルとの相性も抜群、炒めもの、スープ等トスカーナ料理には欠かせない高級食材。ユニークとも言える形・色彩は観賞用としても十分応えてくれます。 生産地イタリア<お客様へお願い> こちらの種子は、趣味の範囲内でお楽しみいただくホビーユーザー向け商品です。 営利目的としてご利用の場合には、作物の不良等に関しての責任は一切負いませんので、 あらかじめご了承の上、ご購入お願いいたします。

宇治交配 スイカ ほお晴れBJ 約8粒 【郵送対応】

日光種苗

1,080

宇治交配 スイカ ほお晴れBJ 約8粒 【郵送対応】

ほお晴れの黒皮タイプ、手頃な中玉サイズで食味最高! 宇治交配 スイカ ほお晴れブラックジュニア 特性  ・三倍体(シードレススイカ)のなかでもシイナが特に小さく、非常に食べやすいスイカ。 ・縞がほとんど透けない黒緑色の果皮で差別化しやすいユニークな外観です。果形は正球形で、3~4kgの中玉スイカ。 ・シャリ感に富み、肉質のよくシマった大変おいしいスイカです。糖度は12度以上で安定します。 ・三倍体スイカとしては草勢が大人しいため、着果が良く形状が乱れにくい。また、多づるで栽培した場合でも、大小なくよく揃います。 栽培の要点  ・着果には普通のスイカの花粉が必要です。「ほお晴れBJ」自身の花粉では着果しません。 ・発芽までは、床土温度を普通スイカより2度ぐらい高くし(30~32度)、覆土もやや厚めにします。発芽後は普通スイカと同様に管理します。 ・整枝栽培の場合は、子づる5~6本仕立て4果収穫、露地栽培では、株間90cmで株当たり5~6果収穫を基本とし、3番花(18~20節)を目標に着果させます。 ・熟期は6月下旬収穫で交配後45~47日、7月収穫で42~44日が目安ですが、気候や栽培条件によって前後しますので、収穫期は必ず試し切りによって判定してください。 スイカ、すいか、西瓜、ホオバレ、ほおばれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク