メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「斑入り」検索結果。

斑入りの商品検索結果全1,415件中1~60件目

送料無料
【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】ハナミズキ白花 2.5m露地

Amazon

35,424

【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】ハナミズキ白花 2.5m露地

【ハナミズキ】(花水木) 読み:はなみずき 学名:Benthamidia florida ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名:アメリカヤマボウシ 【名前の由来】 花が目立つことから。早春に枝を切ると樹液が滴り落ちることから。 【商品情報】 ハナミズキの幹は直立して分岐し、卵形の樹冠をつくります。樹皮は灰色でたてに溝があります。若い枝は紫色を帯びた褐色をしています。葉は鮮やかな緑色で裏側は白色です。花は4~5月に前年伸びた枝に咲きます。沢山咲く年とあまり咲かない年があるようです。品種は多く斑入りの葉や花の色が違う物があります。ハナミズキはアメリカから日本に親交の記念に贈られたといわれる歴史がある木です。日本はそのときに桜を送りました。花言葉は『親交』です。シンボルツリーとしてよく使われます。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。萌芽力は強いのですが剪定は嫌います。乾燥には注意してください。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は12~3月か5月中旬~6月上旬に行ってください。ほかの時期に行うと樹液がでて樹勢が弱まります。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=楕円形 最終樹高=5~7m 施肥時期=6月or11~1月 剪定時期=5~6月or12~3月 開花時期=4~5月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ハナミズキはシンボルツリーとして人気がある木です。和風にも洋風にもよく合います。花が満開になったら見ごたえがあります。

送料無料
【1年間枯れ保証】【生垣樹木】アベリア 1.0m露地 8本セット

Amazon

12,960

【1年間枯れ保証】【生垣樹木】アベリア 1.0m露地 8本セット

【アベリア】(衝羽根空木) 読み:あべりあ 学名:Abelia spathulata スイカズラ科ツクバネウツギ属 半常緑低木 別名:ツクバネウツギ、ハナツクバネウツギ 【名前の由来】 19世紀のイギリス植物学者エイブルに由来します。 【商品情報】 アベリアは6m程度までなる常緑低木です。春から秋にかけて長い間、鐘形の小さい花が咲いています。花の香りも強く、街路樹や生垣に多様されています。葉は小さいですが一年中付いています。寒さが厳しい地区では葉が落ちることます。様々な園芸品種が作り出されていて斑入りや赤花品種など多く種類があります。 【育て方】 日あたりが良い場所を好みますが半日陰でも成長します。剛健な品種で放任していても成長します。萌芽力が強いため刈り込みにも耐えます。定期的な剪定を行い樹形を維持します。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=株立ち 最終樹高=4m 施肥時期=2~4月or9月 剪定時期=12~3月 開花時期=5~10月 果実=無し 用途=生垣樹木or庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 アベリアは長い期間咲く花が美しい品種です。強健なため生垣等によく利用されます。芳香もいいです。

送料無料
【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】ハナミズキ白花 2.0m露地

Amazon

22,464

【1年間枯れ保証】【街路樹&公園樹】ハナミズキ白花 2.0m露地

【ハナミズキ】(花水木) 読み:はなみずき 学名:Benthamidia florida ミズキ科ミズキ属 落葉高木 別名:アメリカヤマボウシ 【名前の由来】 花が目立つことから。早春に枝を切ると樹液が滴り落ちることから。 【商品情報】 ハナミズキの幹は直立して分岐し、卵形の樹冠をつくります。樹皮は灰色でたてに溝があります。若い枝は紫色を帯びた褐色をしています。葉は鮮やかな緑色で裏側は白色です。花は4~5月に前年伸びた枝に咲きます。沢山咲く年とあまり咲かない年があるようです。品種は多く斑入りの葉や花の色が違う物があります。ハナミズキはアメリカから日本に親交の記念に贈られたといわれる歴史がある木です。日本はそのときに桜を送りました。花言葉は『親交』です。シンボルツリーとしてよく使われます。 【育て方】 日当たりがよく適湿な場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日当たりが足りないと花つきや秋の広葉の色が悪くなることがあります。萌芽力は強いのですが剪定は嫌います。乾燥には注意してください。若い木のうちは花つきがあまりよくありません。剪定は12~3月か5月中旬~6月上旬に行ってください。ほかの時期に行うと樹液がでて樹勢が弱まります。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=楕円形 最終樹高=5~7m 施肥時期=6月or11~1月 剪定時期=5~6月or12~3月 開花時期=4~5月 果実=無し 用途=庭木orシンボルツリーor花木 【その他】 ハナミズキはシンボルツリーとして人気がある木です。和風にも洋風にもよく合います。花が満開になったら見ごたえがあります。

コニファー グロボー サバリエガーター 7号 鉢植え【シンメトリーお得な2鉢セット】【大株 庭木 低木 生け垣 斑入り葉 ガーデニング 庭植え】

ハッピーガーデン

5,616

コニファー グロボー サバリエガーター 7号 鉢植え【シンメトリーお得な2鉢セット】【大株 庭木 低木 生け垣 斑入り葉 ガーデニング 庭植え】

常緑針葉樹 ヒノキ科ヒノキ属、グロボーサバリエガーター お届け: 7号鉢(21cm鉢) 3年の大株 ビニール黒ポット 鉢底から高さ50〜60cm前後 陶器の鉢は付いておりません。 今話題のまん丸とまとまり葉色の美しいコニファーです。 成長が1年で20cmとスローで、コンパクトにまとまり、小さなお庭でも扱いも大丈夫、 ガーデニングビギナーにも安心して育てられる、比”較的育成簡単品種。 植物の特性上、届けの時期により葉の色が多少異なります。 ●新芽が出る春は斑入りが鮮やかです ●斑入りが薄くなり緑色が強くなります。 ●冬は緑の葉がブロンズがかります。狭いお庭にも大丈夫!! まん丸にコンパクトになるコニファー 大きく立ち上がらない! その上!! 色が鮮やか!! 黒ポットが御届けイメージです。上記は7号でお届けは8号となります。 グロボーサの刈り込み時期早春に刈り込と(2月〜3月)夏頃には切り口がふさがり綺麗に見栄えよくなります。 初夏(6月頃)刈り込むと 夏に成長し、秋に綺麗に見栄えよくなります 9月秋に刈り込むと春まで新たな芽が動かないので、刈り込みの後が冬越し春までそのままとなりますのでおすすめできません。 上部の大きさを調整したい場合は、年2回早春と初夏に刈り込むこともできます。 早春又は、初夏の1回でも大丈夫です。 どのような大きさで維持して行きたいかによって 変わります。刈り込みのの深さ刈り込みの形は、真ん丸になる様に形に注意して刈り込んでください。 深く刈り込んでも葉があればそこから吹いてきますが、葉がないほど切り詰めると その枝から新たな葉が生えてこない場合もありますので、葉の上で形を整え刈り込むようにしてください。 鉢の植え替え同じ鉢で植物を維持したい場合は、2年〜3年毎に植え替えをおすすめします。 先ず...

タカノハススキ ポット苗 秋の山里を代表する植物【斑入り】

Amazon

1,512

タカノハススキ ポット苗 秋の山里を代表する植物【斑入り】

ススキ(別名:オバナ) 学名:Cortaderia selloana イネ科 ススキ属 落葉多年草 白銀の穂がたなびき秋の風情。里山の風景を代表する植物。 ススキは古くから知られる植物のひとつです。多数の葉が 叢生するボリュームのある姿と、秋に白銀の花穂が魅力の草本です。 同じイネ科の植物でススキを巨大化にしたようなパンパスグラス という品種もある、雄大な花穂はほかの植物では見られないほど立派なものです。 若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。 ボーダーの花壇や洋風庭園のアクセントとして適し、屋上や人工地盤、 園路沿い、道路の中央分離帯などに列植しても効果的です。 ススキにはいくつかの品種があり、葉に斑が入るタカハノススキやシマススキ、 ススキよりも細身のイトススキなどが存在し、どれも欧米で人気があります。 植え付け 日あたりを好みます。土壌は選びませんが、暖かくなった3月下旬以降に植え付けます。 ススキはとても大きく生長するため植え付け場所には考慮が必要です。 やせた乾き気味の場所に植えると育ちすぎず風情があります。 整枝・剪定 大きくなりすぎる場合は、7月中に地際で刈り取ると、秋までに 丁度よい大きさになります。刈り取る時期が遅いと穂が出ません。 枯れた穂を残すと、タネが飛び散り雑草かします。晩秋には刈り取りましょう。 この時に葉で手を切らないよう手袋などをして作業を行って下さい。 管理・肥料等 肥料はあまり必要ありません。与える場合は量を少なめに粒状肥料を根元に ばらまいてあげるだけで十分すぎるほど大きくなります。 栽培適地:日本全国 開花期:9~10月 最終樹高:2m 用途:グランドカバー・添景樹

斑入りシャガ(白紫花)グランドカバーに最適!

Amazon

2,970

斑入りシャガ(白紫花)グランドカバーに最適!

シャガ(射干) アヤメ科 アヤメ属 常緑宿根草 丈夫で育てやすく、特徴的な花が魅力 常緑で光沢のある美しい葉が地面を密に被うのでグランドカバー効果が高い。 庭園をはじめ、公園や斜面緑地、竹林や雑木林の林床や林緑など、和洋を問わず 広範な利用ができる万能種の一つで、春は花も楽しめます。 美しい葉を楽しむには明るい半日陰が適しています。 花は一日花でしぼんでしまいますが、新しい花が次々と咲きます。 きわめて丈夫で土質を選ばず、乾燥地以外、放任でよく育ちます。 地表に細いほふく茎を伸ばして盛んにふえ広がります。 より小型のヒメシャガは性質がデリケートで、ロックガーデン向きです。 植え付け 3~5月及び10~11月が適期。明るく半日陰の場所を好みます。 花後すぐに株分けを兼ねて行うのが理想です。根を切らないように丁寧に行い、 翌年の花芽ができる秋までに充実した株に育てておく事が大切です。 四季の管理 丈夫であまり栽培に手間がかかりません。 数年すると株が混んできて根元が浮いてくるので、株を更新するか増土します。 栽培適地:九州~東北 花期:4~5月 株分け:3、6、9月 施肥時期:3月及び5月中旬 草丈:30~60cm 用途:グランドカバー、添景樹、水辺の植栽

斑入り ギボウシ 鮮やかな葉が明るいイメージ♪ワンポイントにも最適♪

Amazon

1,296

斑入り ギボウシ 鮮やかな葉が明るいイメージ♪ワンポイントにも最適♪

ギボウシ・ホスタ ユリ科 ギボウシ属 欧米で品種改良が進み 最も人気のあるリーフプランツ 日本を含む東アジア特産の植物。 約20種類の野生種から数千もの園芸品種が生まれています。 欧米での人気が高く、品種改良も盛んです。 緑色の葉が鮮綺麗で、花が美しく日陰でもよく育つため栽培されています。 鮮やかな斑入りの葉が、暗い日陰をパァ~っと明るくしてくれます。 花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」 花色は白から紫で、1日花です。 ※冬場は葉が無くなりますが、夏頃には新しく伸びてきます。 植え付け 春~初夏まで日当たりがよく、梅雨明け後、半日陰になる場所が最適 水はけのよく、保水力、保肥力の場所に植込みます。 植え付け適期は鉢植え苗は年間を通して植え付け可能です。 四季の管理 落ちた花びらから葉が痛むことがあるので払い落とし、花後は茎を根本から切り取ります。 夏に乾燥が続く場合は夕方にたっぷり水を与えましょう。 株分けのポイント 真冬を除き、休眠中なら株分けが可能です。 芽は株の中心部に密集しているので傷つけないよう注意して、1株に3芽以上を目安にシャベルやナイフで切り分けます。 冬の管理 ギボウシは冬の間は葉がありません。 夏頃にまた新しい葉が出てきますので冬でもたまに水を与えて下さい。<BR栽培適地:日本全国 開花期:6~9月 用途:花壇・鉢植え・グランドカバー・添景

スポンサーリンク
スポンサーリンク