メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「斑入り葉」検索結果。

斑入り葉の商品検索結果全1,021件中1~60件目

斑入り ギボウシ 鮮やかな葉が明るいイメージ♪ワンポイントにも最適♪

Amazon

1,296

斑入り ギボウシ 鮮やかな葉が明るいイメージ♪ワンポイントにも最適♪

ギボウシ・ホスタ ユリ科 ギボウシ属 欧米で品種改良が進み 最も人気のあるリーフプランツ 日本を含む東アジア特産の植物。 約20種類の野生種から数千もの園芸品種が生まれています。 欧米での人気が高く、品種改良も盛んです。 緑色の葉が鮮綺麗で、花が美しく日陰でもよく育つため栽培されています。 鮮やかな斑入りの葉が、暗い日陰をパァ~っと明るくしてくれます。 花言葉は「落ち着き」「沈静」「静かな人」 花色は白から紫で、1日花です。 ※冬場は葉が無くなりますが、夏頃には新しく伸びてきます。 植え付け 春~初夏まで日当たりがよく、梅雨明け後、半日陰になる場所が最適 水はけのよく、保水力、保肥力の場所に植込みます。 植え付け適期は鉢植え苗は年間を通して植え付け可能です。 四季の管理 落ちた花びらから葉が痛むことがあるので払い落とし、花後は茎を根本から切り取ります。 夏に乾燥が続く場合は夕方にたっぷり水を与えましょう。 株分けのポイント 真冬を除き、休眠中なら株分けが可能です。 芽は株の中心部に密集しているので傷つけないよう注意して、1株に3芽以上を目安にシャベルやナイフで切り分けます。 冬の管理 ギボウシは冬の間は葉がありません。 夏頃にまた新しい葉が出てきますので冬でもたまに水を与えて下さい。<BR栽培適地:日本全国 開花期:6~9月 用途:花壇・鉢植え・グランドカバー・添景

【1年間枯れ保証】【下草】アガパンサス/斑入り 15cmポット

Amazon

3,024

【1年間枯れ保証】【下草】アガパンサス/斑入り 15cmポット

【アガパンサス/斑入り】(紫君子蘭) 学名:Agapanthus ユリ科アガパンサス属 多年草 別名:ムラサキクンシラン 【名前の由来】 【商品情報】アガパンサスは常緑多年草です。光沢がある根から生える葉と、70~90cmにもなる長い茎の先に咲く花が特徴です。花は6~9月に咲きます。花色が豊富で様々種類があります。冬は暖地以外では地上部が枯れてしまいますが、春になればまた芽吹きます。建物の周りや芝生や縁取り、ボーダー、急な斜面にも利用できます。 【育て方】 日当たりがよい適湿な場所を好ます。過湿を嫌いますので水遣りは殆ど不要です。花が終わった後は茎を切ってあげます。そのままにしておくと種に栄養がいき体力が落ちます。寒冷地では葉が枯れてしまいます。葉を枯らしたくない場合は、霜よけをすると綺麗に維持できます。 適地=東北以南 日照り=日向or半日陰 樹形=株立ち 最終樹高=1m 施肥時期=3~5月or9月 剪定時期=4~5月or9~10月 開花時期=6~9月 果実=無し 用途=グランドカバー 【その他】 アガパンサス/斑入りはクリーム系の外斑が入った品種になります。初夏から夏にかけ楚々とした紫色の花を咲かせます。

タマシダ:ハッピーマーブル6号鉢入り[美しい黄色の斑入りのネフロレピス] ノーブランド品

Amazon

1,602

タマシダ:ハッピーマーブル6号鉢入り[美しい黄色の斑入りのネフロレピス] ノーブランド品

シダの仲間で観葉植物として人気のネフロレピス。ハッピーマーブルは、明るい黄色の斑が不規則に入る品種です。日照条件で斑の入り具合が変わります。夏のシェードガーデンやインドア観葉植物としておすすめ。明緑色の細長い葉を伸ばします。葉の長さは30~100cmに伸びることもあります。庭植えや、鉢植え、吊り鉢仕立てで、あるいは観葉の寄せ植えなどにも活躍します。斑の入り方は株ごとに個体差があります。また、夏は全体に黄色く色が褪めますが、涼しくなると色が戻ってきます。お届け時の葉色は表示の画像と多少異なる場合もありますので、ご了承ください。学名:nephrolepisexaltata‘HappyMarble’タイプ:ツルシダ科の半常緑多年草耐寒性:0度位まで草丈:約70cm日照:半日陰むき栽培方法:春から秋は明るい日陰においてください。乾燥に弱いので、水切れにご注意ください。5月~10月は2ヶ月に1回程度緩効性肥料を根元に置き肥します。冬越しは室内に取り込み、レースのカーテン越しの日光程度の明るい場所に置きます。6号(直径18cm)鉢入り、吊り手付です。鉢の色は異なる場合がございます。

アベリア“エドワードゴーチャー”30本セット!ポット苗♪

Amazon

22,032

アベリア“エドワードゴーチャー”30本セット!ポット苗♪

アベリア スイカズラ科 ツクバネウツギ属 常緑低木 夏から秋にかけて愛らしい小花が次々と咲きます。 アベリアは樹勢が強く公園や街の植え込みには欠かせない木のひとつ。 生長期間中であればいつどこで切っても、また萌芽して花を咲かせ ますから、庭木としても便利な花木で、多彩な葉色で人気が上昇中の常緑低木です。 アベリアは開花期も長く、初夏から秋まで咲き続けるのが特徴です。 手入れをせず自然仕立てにしたり、刈り込んでグランドカバーや生垣に用いたりと用途は多様 おすすめ品種 ★アベリア“エドワードゴーチャー” “エドワードゴーチャー”はアベリアの桃色品種よりも花色が濃く、花つきも良い品種です。 ★アベリア”ホープレイズ” アベリアの斑入りの品種で、特徴は葉に斑が入り黄色っぽく、丸みを帯びた形をしています。 普通のアベリアに比べると矮性であまり大きくならないので管理が簡単な品種です。 鮮やかな色の葉と、5~10月の長期間に白く可愛らしい花を咲かせる優れた品種です。 ★アベリア“コンフェッティ” 白色の覆輪斑の葉が特徴のアベリアで、寒さにあうと淡紅色に変色します。 ★アベリア“フランシスメイソン” フランシスメイソンは、新芽が黄金色で鮮やかな印象があります。 明るい黄金色の葉に緑色の斑が入り、花色は淡いピンク色です。 植え付け 日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土壌を好みますが日陰でも生育します。 植え穴は大きめに掘り、腐葉土を多めに入れて保湿性を持たせます。 剪定・管理 剪定は12~3月に行います。強い刈り込みにも耐えます。 施肥は油粕と化成肥料を半々に混ぜたものを2月と8月頃に与えます。 病害虫 病害虫は殆どみられず、管理は容易です。 栽培適地:日本全国 開花時期:7~10月 芽吹き時期:4~6月 鑑賞樹高:0.6~2m 施肥時期:2月と8月...

タカノハススキ ポット苗 秋の山里を代表する植物【斑入り】

Amazon

1,512

タカノハススキ ポット苗 秋の山里を代表する植物【斑入り】

ススキ(別名:オバナ) 学名:Cortaderia selloana イネ科 ススキ属 落葉多年草 白銀の穂がたなびき秋の風情。里山の風景を代表する植物。 ススキは古くから知られる植物のひとつです。多数の葉が 叢生するボリュームのある姿と、秋に白銀の花穂が魅力の草本です。 同じイネ科の植物でススキを巨大化にしたようなパンパスグラス という品種もある、雄大な花穂はほかの植物では見られないほど立派なものです。 若い花穂は光にあたると光って見えてとても美しいです。 ボーダーの花壇や洋風庭園のアクセントとして適し、屋上や人工地盤、 園路沿い、道路の中央分離帯などに列植しても効果的です。 ススキにはいくつかの品種があり、葉に斑が入るタカハノススキやシマススキ、 ススキよりも細身のイトススキなどが存在し、どれも欧米で人気があります。 植え付け 日あたりを好みます。土壌は選びませんが、暖かくなった3月下旬以降に植え付けます。 ススキはとても大きく生長するため植え付け場所には考慮が必要です。 やせた乾き気味の場所に植えると育ちすぎず風情があります。 整枝・剪定 大きくなりすぎる場合は、7月中に地際で刈り取ると、秋までに 丁度よい大きさになります。刈り取る時期が遅いと穂が出ません。 枯れた穂を残すと、タネが飛び散り雑草かします。晩秋には刈り取りましょう。 この時に葉で手を切らないよう手袋などをして作業を行って下さい。 管理・肥料等 肥料はあまり必要ありません。与える場合は量を少なめに粒状肥料を根元に ばらまいてあげるだけで十分すぎるほど大きくなります。 栽培適地:日本全国 開花期:9~10月 最終樹高:2m 用途:グランドカバー・添景樹

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク