メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「斑入りマサキ生垣」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
オリーブ/オリーブの木(樹高:1.6m内外)2017.11月撮影

ガーデニングショップ四季の里

14,904

オリーブ/オリーブの木(樹高:1.6m内外)2017.11月撮影

庭に地中海の風が吹く 古代ギリシャでは慈愛・平和・自由の象徴とされ、現在でもギリシャの国花です。 葉は革質で表が深緑、裏が灰白で光沢があります。 四季の姿 5~7月に開花します。 10月~11月に実が成ることがあります。 商品詳細 商品情報/規格 ■モクセイカ科オリーブ属 常緑広葉樹 低木 ■樹高:1.6m内外 ■花色:黄白色 ■花期:5月下旬~7月上旬 ■結実期:10月~11月 別品種同士を近くに植えて置くと実がなることがあります。 用途 シンボルツリー・コンテナ・果樹 手入れ 早めに幹の芯を切って高さを決めます。 結実させるには別のオリーブの品種を近辺に植えてください。 例:フラントイオとミッション、レッチーノとコラティナ等 植え付け 日当たりがよく、水はけの良い肥沃な土を好みます。 過湿を嫌い、乾燥に強いです。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 1月~2月に寒肥、6月、収穫時の11月に追肥として有機質肥料を施します。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(関東~沖縄) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は無料です。 西濃運輸がお届けいたします。 お時間のご指定は、【午前】【午後】のいずれかでお伺いいたします。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。 ◆他にもいろんな樹形のオリーブがございます。こちらへどうぞ。

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.6m 120265 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.6m 120265 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》r

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(苗木) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.6m 120268 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,424

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.6m 120268 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが...

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.6m 120266 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

7,344

【現品】椿(ツバキ) 白芯卜伴(ハクシンボクハン) 1.6m 120266 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:3月~4月 素朴な赤の花びらに黄色い芯とのコントラストが素晴らしい椿です。葉の付きは荒い性質のツバキです。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。...

オトコヨウゾメ 株立ち 1.6m

千草園芸

7,776

オトコヨウゾメ 株立ち 1.6m

写真は見本品です。 写真は17年4月26日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。174e-u 送料はL-2サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。 植えおえた後は支柱を3本立てて、しっかりと固定します。オトコヨウゾメ 【分類】スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木 【原産】日本特産種で、本州、四国、九州の山地 【学名】 Viburnum phlebotrichum 【別名】コネソ 【成木の高さ】 約2m 【開花】4月~6月 【結実】9月~11月 【栽培適地】東北以南 日当たりのよい山地に自生する樹木です。 中部地方で『ガマズミ』のことをヨウゾメと呼ぶそうです。 名前の由来は、ガマズミは硬いしっかりした枝で実を生食できますが、オトコヨウゾメは、しなやかな細い枝で果実は苦くて食べられないため、「男(オトコ)」をつけたという説があります。 春4月に小さい白色の花咲かせ秋に赤い実をつけます。 実を観賞するほか、立性で趣のある樹形を形成する性質から、庭の脇役として、植栽されます...

"蕾付き苗"【姫山茶花(ヒメサザンカ)カメリア エリナ】樹高1.4m前後 6号ポット入り

植木生産販売専門店 芝樹園

2,678

"蕾付き苗"【姫山茶花(ヒメサザンカ)カメリア エリナ】樹高1.4m前後 6号ポット入り

お届けの 商品の状態 樹高1.4m前後(根鉢を含む) 6号ポット苗 幼木時は、幹は細いです。 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹 【花期】 2~4月頃 【用途】 添景樹、花木、庭植えや鉢植えにされ、切り花にも利用される。 【特徴】 花は一重咲き白の地色に薄ピンク色のぼかしが入り小さなかわいい花を多数咲かせます。 樹形は横張性、樹高は矮性、枝の太さは極細、分枝性は強、節間長は短である。 葉形は長楕円形、葉の大きさは小さい。 日当たりの悪い場所でも育ちますが、日当たりが悪いと花付きが悪くなる場合が多いです。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。 農林水産省種苗登録品種です。 【剪定】 花後に込み合った枝や不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外には必要は有りません。 鉢植えは生育中の水切れに注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、6本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

花水木(ハナミズキ)苗木 ピンク花 1.6m 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】 r

千草園芸

9,720

花水木(ハナミズキ)苗木 ピンク花 1.6m 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】 r

※写真は見本品です。 ※17年11月1日に再入荷しました 写真は17年5月9日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710d-u 送料はL-3 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

エゴノキピンク 株立ち 1.6m~1.8m

千草園芸

7,560

エゴノキピンク 株立ち 1.6m~1.8m

※写真の商品は見本となります。 写真は17年10月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) (植え付け) 落葉樹は落葉期に移植することが望ましいのですが、秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。 直射日光が根元に直接当たる場所では土の高温は根を弱らせ、木を枯らす原因になります。必ずバークなどを厚めに敷き詰め地温の上昇をなくしてやることが大切です。 水はけの悪い場所では深植えするのは禁物で。上からは見えなくても雨が降ると地下水位が上昇して根ぐされをおこします。下の根が根腐れを起こすと根が少なくなり、乾燥に耐えられなくなってそのまま立ち枯れたり、徐々に葉枯れを起こして衰退していきます。根鉢は必ず地面よりも高い位置になるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて、しっかりと固定します。 シンボルツリー 落葉エゴノキ 【分類】エゴノキ科エゴノキ属 【学名】Styrax japonica Sieb. et Zucc. 【原産】日本、中国 【別名】チシャノキ、チナイ 【用途】庭木、シンボルツリー 【開花】4月~6月 【結実】10月 【成木】7m~8m 落葉小高木で、エゴノキの花弁は5枚で先が反り返り、鐘形の小花をたくさんつけ、後に種ができます。 常緑エゴノキもあります。 木には エグイ有毒成分を含む事で、エゴノキと呼ばれたようです。 やさしい樹形が好まれ、自然株立ち樹形のものが庭木として利用されます...

【現品】 ポポー(ポーポー) 1.4m 012023 実生 落葉樹

千草園芸

10,260

【現品】 ポポー(ポーポー) 1.4m 012023 実生 落葉樹

※写真の商品をお送り致します。 ※接木ではなく、実生苗ですから品種名はありません。 写真は17年12月2日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。 1711d-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 落葉 庭木 植木 苗ポポー 分類: バンレイシ科 ポポー属 の 落葉高木 学名: Asimina triloba 原産: 北アメリカ大陸の広い範囲に分布 別名: アケビガキ 利用: 食用 収穫期: 9~10月 樹高: 5~10m性質: 極めて丈夫な性質です。 栽培敵地: 北海道~九州 ポポーの特徴 4月に葉の出ていないころから小さい緑色の蕾をつけ、次第に紫色に変わっていき、開花します。 花は中央部にめしべがあり、その奥に球型に雄しべらしい部分に花粉が見えます。 毎年風の良く当たる上部は落果して葉の中に隠れる場所の果実だけが残って大きくなります。 自家不和合性(1本では結実しない。)とされていますが、我が家では近くにポポーは無いのに1本でもよく実がなります。 1本しか植えてないのによく実がなるというのは他でも聞いたことがあります。 14年8月12日。滋賀県大津市。 ただ、別の木があればもっと実がなるのかもしれません。 9月11日、3個成っていた房の実が落ちていました。 果実は完熟すると木から自然に落下し、その後数日間が食べごろです。 熱帯果実のような甘い香りがあり、やわらかい果肉がクリームのようです。 早速二つに切ってみました。 甘い香がする柔らかい果肉の中に2列に並んだ大きい種があります。味は甘い中に少しの酸味があるクリームのような不思議な味です。 明治時代に日本に持ち込まれた果樹です。果実は日持ちがしないので、流通はほとんどなく、果実はほとんど販売されていません。 葉は秋に黄色く紅葉します...

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 012081

千草園芸

9,720

【現品】鶯神楽 (ウグイスカグラ) 1.3m 012081

※写真の商品をお送りします。 写真は17年12月28日に撮影しました。 季節によって樹木の状態は変化します。1712a-u 送料はL-2サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください)ウグイスカグラ 【分類】スイカズラ科スイカズラ属の落葉低木 【学名】 Lonicera gracilipes 【分布】北海道(南部)、本州、四国、九州 【別名】ウグイスノキ、ヤマウグイスカグラ、ウグイスカグレ 【栽培適地】北海道南部~九州 【開花期】4月~5月 【利用】庭木 春にピンクのかわいい花を咲かせ、初夏には赤い実を楽しむことのできる丈夫な落葉樹です。自然のおもむきを感じさせる樹形が特徴で、庭の脇役や盆栽などにも使用されます。 春には、ラッパ状の小さな可愛らしい花を咲かせます。花後の初夏には、小さな赤く熟した実がなります。 実は食べると、酸味が少なくほんのり甘い果実です。 ●育て方のポイント● 落葉期の移植が適していますが一度移植してあるものは細かな根が出ていますので、春や夏でも移植は可能です。 腐葉土などの有機質を土に混ぜ込んで、深植えにならないように植えつけます。夏に植える場合は根穴にたっぷり水を入れて腐葉土を加えた用土を混ぜてどろどろにした穴に根鉢を沈めるように植えてください。植えおえた後は支柱を立てて固定してください。

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.3m 102554

千草園芸

7,344

【現品】赤南天(アカナンテン)大株 1.3m 102554

写真の商品をお送りします。 写真は17年10月25日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1710c-u 送料はL-1サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 3~5月中旬までは葉の入れ替わり時期のため、葉が少ない状態でのお届けとなります。あらかじめご了承よろしくお願いいたします。ナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植え 【開花】5月~7月 【結実】10月~1月 【栽培適地】東北以南 ●南天の特徴● 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。日本では正月の縁起物として葉や実を飾る習慣があり、料理の飾りつけなどにも利用されます。 大きな剪定も必要なく半日陰でも育つため、初心者の方にも育てやすい樹木です。 南天は、暖地性の樹木であまり寒さには強くありません。寒風の当たる場所では冬は落葉し、積雪が多い地方では葉茎が折れやすくなります。 2月から5月上旬までは葉が少なくなる時期がありますが、初夏には新芽を出して元気に生育します。 ●育て方のポイント● 植える場所は、日当たりから日陰まで適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 葉を緑色にしておくには、木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われていま...

【現品】カリン(花梨) 1.8m 11170

千草園芸

8,640

【現品】カリン(花梨) 1.8m 11170

写真の商品をお送りします。 写真は17年11月16日に撮影しました。 季節によって状態は変化します。1711c-u成長した場合は一部剪定をしてお送りさせていただきます。 送料はL-3サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)季節により、実がついていない場合もございます。カリン 分類: バラ科プセウドキドニア属の落葉樹 学名: Pseudocydonia sinensis 原産: 中国 別名: カリントウ 開花: 4月~5月果実熟期 9月~10月 用途: 庭植え、鉢植え 樹高: 6m-8m 栽培敵地: 東北地方以南 春に咲くピンクの花、秋の果実等を鑑賞でき、においのよい果実は室内に置くと部屋に良い香りが漂います。 果実は固くて渋いのでそのまま生で食べることはありませんが、咳止めの民間薬として焼酎に漬け込んで「カリン酒」にしたり 砂糖や蜂蜜漬けにして利用します。 木が太くなると幹に現れる模様はその木の価値を高めます。 上の写真は太くなったときに幹に現われる模様です。 カリンの育て方 水はけの良い肥沃な土壌で日当たりの良い場所が適しています。 春の4月ころからピンクの雄花と雌花を咲かせます。 左が雌花、右が雄花です。 肥料が少なかったり、鉢植えでは根詰まりをしていたりして木に元気がないときは雄花ばかりしか咲かせません。 路地植えでは雌花が咲かないことはあまりありませんが、鉢植えでは良くあります。 落葉期に植え替えをして十分な肥料を与えておくと雌花がたくさん咲くようになります。 1本でも雌花が咲けば結実します。 よく枝が伸びますから、適度に剪定が必要です。 伸びきらない新芽が翌年はとげになり、危険ですから、剪定などは注意して行いましょう。 太い幹についたとげ状の枝も切っておいたほうがきれいな幹になりやすいです。 病害虫...

【月桂樹(ゲッケイジュ)】5号ポット樹高1.1m前後

植木生産販売専門店 芝樹園

1,490

【月桂樹(ゲッケイジュ)】5号ポット樹高1.1m前後

お届けの 商品の状態 樹高1.1m前後(根鉢を含む) 5号ポット入り 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 クスノキ科ゲッケイジュ属の常緑広葉樹 【花期】 4月頃に淡黄色の小花を咲かせます。 【用途】 庭園、添景樹、景観樹、生垣などに利用される。 【特徴】 地中海沿岸原産で4月頃に淡黄色の小花を咲かせます。 葉のついた枝で作った冠が月桂冠で、オリンピックの 勝者を称える王冠として贈られた。 乾燥させた葉はハーブとしてカレーの香りづけなどに使われる。 タンスなどに入れておくと防虫剤としての効果も発揮します。 樹形は放任しておいても楕円形になります。 記念樹としてよく植えられます。 日当たりの良い場所を好みますが、半陰の場所でも育ちます。 関東から沖縄県で露地栽培が可能です。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 込み合った枝や不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、6本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

花水木(ハナミズキ)赤花 1.0m 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

2,700

花水木(ハナミズキ)赤花 1.0m 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真は見本品です。 写真は17年5月4日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 175a-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 開花時は赤い色をしていますが、咲き進むにつれてピンク色に変化していきます。ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.2m 011132 落葉樹 ヤマモミジ系 植木 庭木

千草園芸

9,180

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.2m 011132 落葉樹 ヤマモミジ系 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は17年11月13日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 1711a-u 送料はL-1 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木モミジ(紅葉)カエデ(楓) 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属 【分布】日本全土、朝鮮、中国 【学名】Acer palmatum 【別名】カエデ、イロハモミジ、タカオカエデ 【語源】葉がカエルの手に似ていることから「カエルデ」と呼ばれ、それが変化したようです。 【用途】鉢植え、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、花壇、街路樹等 【成木の樹高】10~15m 【開花期】4月~5月 一般的にモミジとカエデの呼び分けは、カエデ属の中で紅葉の美しいものをモミジと呼んでいるそうです。 また、葉と葉の切れ込みの間が深い方がモミジで、葉と葉の切れ込みが浅い方がカエデと区別されることもあるようで、はっきりした基準はありません。 園芸品種は約300種類あると言われ、非常に多いです。 大きく分け「ヤマモミジ」「イロハモミジ」「オオモミジ」の3種があります。 しかし、それらの中にも色々な品種(原種)があり、それらの原種のほかにも多くの園芸品種(選抜品種や改良品種)もあります。 それらの分類は地方変異が大きい、学者によって意見が異なるなど、非常にむずかしいようで「ヤマモミジ」と「イロハモミジ」は混同して扱われている事が多いので当方でも区別することなく、取り扱っております。 モミジの育て方 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。...

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 011131 落葉樹 ヤマモミジ系 植木 庭木

千草園芸

8,640

【現品】 シギタツザワモミジ (鴫立沢もみじ) 1.4m 011131 落葉樹 ヤマモミジ系 植木 庭木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での 発送となります。 写真は17年11月13日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 1711a-u 送料はL-2 サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) シンボルツリー 落葉 紅葉 植木 庭木鴫立沢 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum var. matsumurae 'shigitatsu-sawa' 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】2~4m 【栽培敵地】北海道~九州 特徴 鴫立沢は小型のモミジで、あまり大きくなりません。他のモミジとは際立った特徴があり葉が白っぽく緑の葉脈がさわやかに写り涼しげな印象のモミジです。 ↓下の写真は4月撮影。 春の芽だし(4月16日) 葉が展開(5月7日) 夏には青く変化し、秋は次第にオレンジ~真っ赤に紅葉します。栽培環境によっては、葉脈の模様を残したまま青い葉に、また秋にも葉脈の模様を残したまま紅葉することもあります。 モミジの育て方 水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されますが他のモミジよりも明らかに赤く紅葉するモミジです。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。...

【現品】椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ)  1.7m 102561 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,640

【現品】椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ) 1.7m 102561 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年10月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:11月~3月 ■シロワビスケ 清楚な純白のワビスケで茶花として人気が高い品種です。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 学名 Camellia wabisuke Kitamura'Wabisuke' 作出 ツバキの交雑種で母種は不詳。江戸時代から栽培されている。 特長 花は純白の小型で樹形は立ち性。京都の金閣寺と大徳寺に古木があります。 開花期 12~4月 成木の樹高 4~5m 早咲き性で、12月ころから開花します。樹形は立ち性で伸びやすい性質ですから剪定で樹形を整えるようにします。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。...

【現品】紅葉(モミジ) 「セイリュウ(青龍・青竜)」 1.8m 012091 落葉樹 庭木 植木

千草園芸

12,960

【現品】紅葉(モミジ) 「セイリュウ(青龍・青竜)」 1.8m 012091 落葉樹 庭木 植木

※写真の商品をお送り致します。 ※気温の高い季節は、葉を少なくした状態での発送となります。ご了承ください。 写真は17年12月9日に撮影しました。 木の状態は季節によって変化いたします。 1712a-u 送料はL-3サイズです。 (商品ページ下部の送料表を参照してください) 上は紅葉時の葉です。紅葉(もみじ) 青龍・青竜 【分類】カエデ科(ムクロジ科)カエデ属の落葉小高木 【学名】Acre amoenum"Seilyu" 【原産】園芸種 【利用】庭木、鉢植え 【成木の樹高】4~10m 【栽培敵地】北海道~九州 品種の特徴 涼しげな葉を出して春から夏、秋の紅葉と季節の変化を楽しませてくれます。 葉は「琴の糸」に似ていますが、「琴の糸」は横張り性なのに比べ、この種は縦に伸びやすい樹形です。 4月下旬の新葉 夏は涼しげな緑色です。 秋には真っ赤に紅葉します。 もみじ 青龍の育て方 他のモミジと同じで、水はけのよい日当たりが適しています。 夏に乾燥させると葉が痛んだり、一部が枯れたりするので根元に日のあたる場所ではマルチなどをして地温の上昇や乾燥させないようにしてやります。 十分な肥料を与え元気に生育させておくと秋の紅葉はより綺麗になります。 紅葉の度合いは気温の低下の速さや昼夜の気温の高低差にも影響されます。 水はけのよい場所を好みます。肥料は2月頃に与えるとよいでしょう。 日ざしが強すぎると葉やけをすることがありますので、一日中日の当たる場所は避けたほうが良いでしょう。 夏に乾燥させると葉の周りが枯れ込んだり、枯れ枝が発生することがあります。 腐葉土などの有機質を含んだ保水力のある土壌に植えることも大切です。 剪定は夏、または落葉時に行います。 秋に美しく紅葉させるには秋の気温の高低差にもよりますが、初夏のウドンコ病の発生...

【現品】椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ)  1.7m 102559 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

8,640

【現品】椿(ツバキ) 白侘助 (シロワビスケ) 1.7m 102559 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年10月25日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1710c-u 送料はL-2 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 花期:11月~3月 ■シロワビスケ 清楚な純白のワビスケで茶花として人気が高い品種です。 ツバキは常緑ですが、花後の春には古い葉を落とします。木の葉は病気のように見えます。 ある種の菌に犯されているわけですが、落葉する葉を雑菌から守る必要が無くなったとも考えられます。落葉後は新芽が出て綺麗になります。 学名 Camellia wabisuke Kitamura'Wabisuke' 作出 ツバキの交雑種で母種は不詳。江戸時代から栽培されている。 特長 花は純白の小型で樹形は立ち性。京都の金閣寺と大徳寺に古木があります。 開花期 12~4月 成木の樹高 4~5m 早咲き性で、12月ころから開花します。樹形は立ち性で伸びやすい性質ですから剪定で樹形を整えるようにします。ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。...

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 120264 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

千草園芸

6,264

【現品】椿(ツバキ)専徳庵(セントクアン) 1.4m 120264 《庭木や鉢植えとして人気な椿の苗木・植木》

※写真の商品を御送りします。 写真は17年12月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711d-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ツバキ 椿 分類: ツバキ科ツバキ属の常緑中高木、 学名: Camellia 分布: 本州、四国、九州、アジア東部と南東部 開花期: 10月~5月(品種により異なる) 耐寒温度: -5℃~5℃(品種により異なる) 樹高: 5~15m 栽培敵地: 東北地方中部以南 利用: 庭木、鉢植え(ポット苗) 適潤な肥沃な土地でよく育ち、成長は遅いが、耐陰性、耐潮性が強いので海岸地方に多い樹木です。 丈夫な性質の樹木で、自然の中でも多彩な色、八重咲き種があり、交配しやすいことから多くの園芸品種があります。 各地にツバキの名所があり、自生種の伊豆大島、高知県足摺岬、長崎県五島列島、などには群落があります。 また青森県平内町の椿山と秋田県男鹿(おが)市の能登(のと)山は「ツバキ自生北限地帯」として国の天然記念物に指定されています。 また、各地のお寺などにはよく知られた椿があり、大木は県の天然記念物になっているものも数多くあります。 椿の育て方 椿は常緑樹で暖かい地方に分布するものが花の咲いている季節でも移植ができます。 半日陰の排水のよい所を好み、過湿な所では根腐れをおこすので、盛り土をするか、溝などをつくり排水をよくしてから植えてください。 耐寒性もある丈夫な樹木ですが、北海道での栽培はできません。 また、暖地性の品種はもっと温かい地方でなければ植栽できないものもあります。 病害虫 椿やサザンカの仲間にはチャドクガが産卵することがあります。 4月下旬から6月上旬と7月上旬から9月上旬に発生し、卵から孵った幼虫は一塊になって葉の裏側の葉肉を食害します。...

花水木(ハナミズキ)アルバブレア(白八重) 1.0m【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

1,620

花水木(ハナミズキ)アルバブレア(白八重) 1.0m【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真は見本品です。 写真は17年11月3日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711a-u 送料はL サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

2018年開花予定苗【八重山吹(ヤエヤマブキ)】樹高1.2m前後 根巻き苗

植木生産販売専門店 芝樹園

1,490

2018年開花予定苗【八重山吹(ヤエヤマブキ)】樹高1.2m前後 根巻き苗

お届けの 商品の状態 樹高1.2m前後(根鉢を含む) 根巻き大苗 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 バラ科ヤマブキ属の落葉広葉樹 【花期】 4~5月に黄色の八重咲の花を咲かせます。 【用途】 庭園、花木、根締め、添景樹、斜面などに利用される。 【特徴】 花は八重咲で小枝の先に1個づつ付ける花は可憐で、一気に満開すると見事なものです。 病虫害は少なく、これといったものは有りません。 北海道南部から沖縄まで植栽可能です。 移植は容易です。 冬季に上部等の先端部が枯れること後多い。 排水の悪い場所では根腐れを起こすことが有りますので、高植えなどの対応が必要です。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 7月~8月頃に花芽が出来るので、花後に不要枝を剪定する。 冬季に上部等の先端部が枯れること後多く、枯れた部分は剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、6本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

"蕾付き苗"【山茶花 勘次郎(サザンカ カンジロウ)】樹高1.0m前後 根巻き苗

植木生産販売専門店 芝樹園

1,274

"蕾付き苗"【山茶花 勘次郎(サザンカ カンジロウ)】樹高1.0m前後 根巻き苗

お届けの 商品の状態 樹高1.0m前後(根鉢を含む) 根巻き苗 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 商品の特徴 【科属名】 ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹 【花期】 11~1月頃に紅色、八重、中~大輪の花を咲かせます。 【用途】 庭の主木、添景樹、花木、生垣などに利用される。 【特徴】 冬枯れの庭を彩る貴重な花木です。 別名 立寒椿 成長はやや遅い。萌芽力が有り刈り込みに耐える。 陽樹ですが日陰でも育ちます。 移植は容易です。 耐乾性は強いが蕾がついている時に乾燥すると 蕾のまま落ちる時がある。 肥沃壌土を好む。潮風に耐える。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任してもある程度は樹形は整います。 花後に込み合った枝や不要枝を剪定する。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 成木になれば施肥は殆ど必要としません。 幼木は1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 鉢植えの場合は年に2回程度は必要です。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、5本までは1梱包に入れて発送できます。 なお、他の商品と同一梱包にて発送できますが、 1梱包に入る本数が変わってくる場合が有ります。

【マホニア コンフューサ】10号ポット 樹高約1.5m 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

植木生産販売専門店 芝樹園

5,378

【マホニア コンフューサ】10号ポット 樹高約1.5m 細葉柊南天(ホソバヒイラギナンテン)業平柊南天(ナリヒラヒイラギナンテン)(マホニア コンフーサ)

お届けの 商品の状態 樹高約1.5m前後(根鉢を含む) 10号(直径30センチ)ポット入り 商品の写真はお届け商品の見本品を載せております。 "まほにあ こんふゅうさ、ほそばひいらぎなんてん、なりひらひいらぎなんてん、まほにあ こんふうさ 、こんふーさ、こんふゅーさ " 商品の特徴 【科属名】 メギ科マホニア属属の常緑低木です。 【花期】 11月頃です。 【用途】 グランドカバー、庭園、寄せ植え、生垣などに利用される。 【特徴】 近縁種のヒイラギナンテンに比べ、て羽状複葉の小葉が細長く、棘がないため、繊細な雰囲気があり、洋風の庭に良く似合いやさしい雰囲気をかもし出し、最近人気が高い。 南天は「難転」に通じる事から、古くから縁起木、厄除けとして庭に植えられています。 日当たりの良い場所を好みますが、日当たりの悪い場所でも育ちます。 露地栽培は南東北地方以南で可能です。 花の少ない時期に枝先に黄花を咲かせる。 病害虫は少ない。 庭植え鉢植えどちらでも栽培出来ます。 【剪定】 放任栽培でもある程度は樹形は整います。 形を整える場合は、開花後に剪定をする。 【水やり】 庭植えの場合は、活着後は夏の極端な乾燥時以外は必要は有りません。 鉢植えは生育中は水切れに注意してください。 【肥料】 施肥をしなくても育ちますが、1~2月頃に油かす等の寒肥を施肥するか、3月頃に緩効性の化成肥料を施肥する。 1梱包で 送れる商品数 この商品は、1梱包に1鉢での発送になります。 なお、他の商品で同一梱包にて発送できる品も有ります。

【現品】花水木(ハナミズキ)ピンクオーツカ 1.3m 91954 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

10,584

【現品】花水木(ハナミズキ)ピンクオーツカ 1.3m 91954 【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真の商品を御送りします。 写真は17年9月19日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 179c-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。

サルスベリ/百日紅"カントリーレッド"(樹高:1.1m内外)2017.8月撮影

ガーデニングショップ四季の里

2,700

サルスベリ/百日紅"カントリーレッド"(樹高:1.1m内外)2017.8月撮影

フリルのような花が夏の間も咲き通す。 サルべりは、猿も滑る滑らかな樹皮からサルスベリと名付けられました。 四季の姿 フリルのような花 滑らかな樹皮 商品詳細 商品情報/規格 ■ミソハギ科サルスベリ属 落葉広葉樹 小高木 ■別名:ヒャクジツコウ ■樹高:1.1m内外 ■花色:赤ピンク ■花期:7~9月 用途 シンボルツリー・コンテナ・並木 手入れ 太い枝で剪定すると萌芽枝に大きな花が咲き、細枝で剪定すれば、小ぶりな花がたくさん咲きます。 花が早く咲いた枝は、盛りを過ぎたら早めに剪定すると、年内にもう一度開花させることができます。 植え付け 日向を好みます。 水はけのよい適湿で肥沃な中性土を好みます。 詳しい植え付け方はこちら⇒(もっと詳しく!) 肥料 成木には1~2月に寒肥として堆肥を混ぜて埋め込みます。 植栽可能地域(庭植え) ※庭植えの目安です。(北海道南部~九州) 鉢植えの場合は、基本的に全域で栽培可能です。 育て方などご不明な点がございましたら、0946-22-6442までお気軽にお電話ください。 配送について 送料は980円です。 なお、一部地域・離島へのお届けは、配達日時指定がお受けできない場合や、 追加送料が発生する場合がございます。その場合は必ずご連絡を差し上げます。

【4本セット】花水木(ハナミズキ) アルバブレア(白八重)1.0m【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

千草園芸

5,616

【4本セット】花水木(ハナミズキ) アルバブレア(白八重)1.0m【シンボルツリーに最適な植木・苗木のアメリカハナミズキ】

※写真は見本品です。 写真は17年11月11日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 1711b-u 送料はL-1 サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください)ハナミズキ 分類: ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木学名: Cornus florida L原産: アメリカ東部、メキシコ北東部 別名: アメリカヤマボウシ開花期: 4月下旬~5月上旬樹高: 3m-12m栽培敵地: 日本全国 ハナミズキの育て方 日当たりの良い場所を好みます。 浅根性の植物ですから日が根元に照りつける場所では株元にワラなどを敷いて、できるだけ地温の上昇しないようにしましょう。 夏に水枯れを起すと葉の周りから枯れ込みが進み、木の生育が衰えます。 植え込み時には土の保水性を高めるために腐葉土などの有機質を多めに土に混ぜて植えることが大切です。 かかりやすい病害虫 いろいろな毛虫類、カイガラムシ類、の被害を受けることがあります。 多い場合は殺虫剤の散布が必要です。 病気ではウドンコ病が発生します。 夏以降に発生してもあまり翌年の開花や生育には障害になりませんが、春の新芽に発生すると気が弱るので、殺菌剤の散布が必要です。 冬の落葉時に石灰硫黄合剤の散布は予防に効果的です。 ↑開花期(滋賀県中部4月下旬) ↑結実期(9月下旬)

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク