メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「彼岸花球根」検索結果。

彼岸花球根の商品検索結果全21件中1~21件目

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

千草園芸

1,026

リコリス球根 アルビフローラ(白) 2球入り

17年7月18日入荷しました。177c 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 美しい白い花を咲かせます。ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 1球入りです。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス アルビフローラ (分類) ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名) Lycoris radiata f. alba (原産) 中国,(シュウキズイセンとヒガンバナの雑種) (別名) 白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」) 白色のヒガンバナとしても親しまれているもので、美しい白い花を咲かせます。 ややクリーム色や薄い桃色を帯びることもあります。 「白花彼岸花(シロバナヒガンバナ)」「ギントウカ」とも言われ、シュウキズイセンとヒガンバナの雑種とされています。 有史以前に中国から渡来した 植物とされていますが、九州と朝鮮の済州島に自生地があるとも言われています。 開花は赤のヒガンバナと同じくらいの、9月上旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナと同じくらいの大きさで、花も背丈もヒガンバナと同じくらいの花を咲かせます。 上は9月20日京都府内で 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔...

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

千草園芸

3,000

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 50球

写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 多くの花を咲かせるには葉のある季節に長期間日光に当たるようにする事が大...

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

千草園芸

5,900

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 100球

写真は11年10月8日。掘りあげたばかりでまだ土が付いています。 写真のように充実した大きい球根をお届けします。 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。...

リコリス球根 スプレンゲリア 10球(j10)

千草園芸

2,808

リコリス球根 スプレンゲリア 10球(j10)

17年7月18日入荷しました。177c 8月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。 日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものや遅い種類では10月から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理) 遅咲き種は植えるとすぐに花を咲かせ、開花後葉を出します。冬から春にかけて葉を大きく伸ばし、翌年の花を咲かせる準備をしますから、葉のある季節には十分に日光に当たるうにします。施肥も行います。 油粕の固形肥料や配合肥料などを与えます。 リコリス スプレンゲリア 学名:Lycoris sprengeri 中国雲南省原産で、早咲きの品種です。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬。「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 8月以降に植えつけた場合、多くは開花は翌年になります...

リコリス球根 オーレア(黄)特大 2球

千草園芸

1,026

リコリス球根 オーレア(黄)特大 2球

17年7月18日入荷しました。177c 9月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな) 黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲か...

お徳用リコリス球根 オーレア(黄) 10球

千草園芸

4,644

お徳用リコリス球根 オーレア(黄) 10球

17年7月18日入荷しました。177c 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。リコリス オーレア (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 (学名)Lycoris africana( = Lycoris aurea ) (原産)中国,台湾,ビルマ (別名)黄色彼岸花、ショウキラン、ショウキズイセン(ひがんばな) 黄色のヒガンバナとしても親しまれているもので、オレンジがかった濃い黄色の美しい花を咲かせます。 「ショウキラン」「ショウキズイセン」とも呼ばれ、中国から渡来したものです。 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがありますが、 この種は原種で、他のリコリスと同じように植えっぱなしでも毎年良く開花します。 開花は赤のヒガンバナより少し早めで、8月下旬ころから咲き始めます。 植え場所などの条件により、開花時期はずれるものもあります。 球根はヒガンバナより一回り大きく、花も大型、背丈もヒガンバナより高くなり豪華に花を咲かせます。 育て方 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。 ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 普通露地植え(滋賀県では積雪の下)で冬を越しますが、土が凍結する寒冷地ではマルチなどをして保温に勤めます。 春になるとさらに葉が長くなります。施肥をしてよく日に当ててやると球根が分球して大きく育ち翌年も花を咲...

お徳用リコリス球根 ナツズイセン スクアミゲラ(ピンク) 10球

千草園芸

3,456

お徳用リコリス球根 ナツズイセン スクアミゲラ(ピンク) 10球

17年7月18日入荷しました。177c10月中旬頃からは、ポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えることが多いと思います。ですから早咲きの品種は翌年からの開花を楽しむこととなります。 日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 (秋から冬の管理)...

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

千草園芸

410

リコリス ラジアータ(ヒガンバナ「彼岸花」) 4球入り

通常は球根の状態でお送りさせていただいておりますが、10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。↓↓ヒガンバナ(彼岸花) 分類: ヒガンバナ科ヒガンバナ属の球根植物 学名: Lycoris radiata原産: 中国華中地方 別名: リコリス、曼珠沙華(マンジュシャゲ) 開花期: 9月中旬~下旬 草丈: 葉20~40cm、花40~60cm 栽培敵地: 北海道から琉球列島 わが国に原産していたものと思われがちですが史前に我が国に人為帰化したものと推定されています。 保護されたり植栽されたりして各地に群落があり、開花期には多くの人が見学に訪れる名所となっています。 日本各地に分布していますが、中国から伝わった1株(雌株)の球根から日本各地に分球して広まったようです。 球根には有毒成分が含まれていますが、水にさらして毒抜きをすると非常用の食料になるため、また穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎を畦や土手に植えたとも考えられ、全国の田のあぜなどに植えられたとされています。 このため、主に人間の住む里山付近にのみ自生しています。 近年では観賞用球根として中国から輸入されています。 多くは染色体が3倍体のために彼岸花同士の交配では種はできても発芽しないようです。 他のリコリスと交配させた園芸品種は数多く作られています。 彼岸花の育て方 植えっぱなしで毎年花を咲かせる世話要らずな球根植物です。 9月中旬から10月上旬に花を咲かせます。開花後はすぐに葉が出て冬の間に太陽の光を浴びて養分を球根に蓄えます。 冬に太陽の日が当たる場所なら土地は選びません。葉があるのは4月いっぱいくらいで、5月になると葉は枯れてなくなります。 以後は花の咲く9月中旬まで梅雨から夏の間は休眠期となります。 多くの花を咲かせるには葉のある季節に長期間日光に当たるようにす...

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

園芸ネット プラス

3,741

植物の苗/コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)

ヒガンバナは球根植物のリコリスの仲間で、曼珠沙華(マンジュシャゲ)=「天上の花」として知られています。秋に咲く真っ赤な花が楽しめます。葉がない状態で花が咲いた後、晩秋に葉が出てきます。葉は冬中は姿が見られますが、翌春になると枯れ、秋に花が出てくるまで地表には何もない状態となります。モグラよけにもなるので、田畑の土手などによく植えられます。また、アレロパシー作用(他感作用・害虫が嫌がる効果)の強い植物なので、菜園の近くに植えると病虫害を防ぐ効果があると言われています。原産国:中国花期:8月下旬~9月中旬草丈:30~50cm日照:日向向き栽培方法:球根の肩が見えるくらいに浅く植えてください。植付時に水をやってから、1週間くらいは水を与えないで下さい。以後、やや乾燥気味に管理してください。庭・花壇・鉢植え・プランターいずれでも大丈夫です。花が咲き終わったら早めに花柄を切り、葉はそのまま伸ばして来年まで球根を太らせます。3.5号(直径10.5cm)ポット入り、1ポット3~4球植え、8ポットセットです。お届け時期により地上部のない状態、または開花後となりますので、ご了承ください。※開花するサイズの球根でのお届けですが、リコリスは移植を嫌う性質があるため、植え付け当年は開花せず、翌年からの開花となる場合があります。グランドカバーとして植える場合、1平米に20~36株を目安にしてください。コンパニオンプランツ:ヒガンバナ(彼岸花・リコリス ラジアータ):赤3.5号ポット8株セット(花の苗)の栽培ガイドコンパニオンプランツ苗類のお届け形態について

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

リコリス・ラディアタ プミラ球根 3球

彼岸花と異なり、稔性の貴重な赤花種です。 学名 Lycoris radiata var. pumila 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

(山野草)ヒガンバナ 球根(リコリスラジアータ 曼珠沙華)(5球)

charm 楽天市場店

960

(山野草)ヒガンバナ 球根(リコリスラジアータ 曼珠沙華)(5球)

彼岸花は秋~春の間にかけて葉を伸ばし、球根に栄養を蓄積させ、その栄養で花芽を出す植物となりますので、冬季は葉付き初夏~秋につきましては画像のような葉の無い商品での発送となります。秋の里山を代表する赤い花!里山の田んぼの畔や林縁に見られるリコリスの仲間です。秋の彼岸のころに赤い花をつけ、稲作とともに中国から伝わったと言われています。草体に毒をもつことから、モグラやネズミの予防に墓地や田畑の周りに植えられたと言われています。日本ではあまり観賞用にされることはありませんが、美しい姿から海外では改良品種が盛んに作られています。花を咲かせている間は葉を展開することは無く、花後の冬の間だけ葉を付け、5月頃には葉を落とします。育成は、直射日光下で環境の変化に比較的強く、耐陰性もあるので多少の日陰でも育つ丈夫な植物です。植え替えは夏季に行うと良いでしょう。山野草 ヒガンバナ(曼珠沙華) 球根 (5球)商品サイズ(約)球根:3cm~6cm程度 ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。あくまでも目安としてご覧下さい。発送状態球根学名Lycoris radiata別名マンジュシャゲ、死人花、地獄花、幽霊花、剃刀花、狐花、捨子花分類ヒガンバナ科ヒガンバナ属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本/北海道、本州、四国、九州 中国開花時期9月~10月置き場所水はけの良い土を好みます。冬から春先に日が当り、夏場は木陰になるような場所が適しています。水やり鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料芽出し時と花後に1回ずつ、緩効性の固形肥料を施します。参考 (球根の植え方)植え付け時期 : 6月~8月頃 ●庭植えの場合1.球根を植える場所を30~50cmぐらいに耕します。 2.30cm位穴を掘り、山野草培養土を3分の2程度まで入れます。 3...

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ P10.5cm 【あす楽対応】

トオヤマグリーン

540

【1年間枯れ保証】【球根】ヒガンバナ P10.5cm 【あす楽対応】

→送料無料セットはこちらヒガンバナ 商品一覧P10.5cm500円/在庫○※規格、単価、在庫は個々商品ページを優先します同じヒガンバナ科ヒガンバナ属の商品キツネノカミソリナツズイセンヒガンバナシロバナヒガンバナリコリス/オーレアリコリス/インカルナータ【ヒガンバナ】読み:ひがんばな学名:Lycoris radiataヒガンバナ科ヒガンバナ属球根【商品説明】ヒガンバナは秋の彼岸のころに一斉に咲く鮮やかな紅色の花が美しい品種です。花後から春先までは光沢がある緑色の葉が見れます。日当たりがよい場所を好み芝生や土手などに適します。全体に毒がありますので植え付けには考慮が必要です。夏場は球根のみになります。【育て方】日当たりがよく適湿な場所を好みます。春に葉をつけているため多雪地区や冷え込みが厳しい場所では生育が悪くなります。特別手入れをしなくても毎年咲きます。適地=東北南部以南日照り=日向or半日陰樹形=株立ち最終樹高=1m施肥時期=10月剪定時期=7~8月開花時期=9~10月果実=無し用途=グランドカバー【地被植物 用途一覧】[グランドカバー]平面=@斜面=@茎による増殖=陰地に適する=植付目安 25~44鉢/1m2【その他】ヒガンバナは赤い花が特徴的です。一度根付けば毎年咲いてくれます。

こちらの関連商品はいかがですか?

リコリス球根 スプレンゲリア 2球(j10)

千草園芸

648

リコリス球根 スプレンゲリア 2球(j10)

17年7月18日入荷しました。177c 8月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 学名:Lycoris sprengeri 原産: 中国雲南省 花期:秋 「ムラサキキツネノカミソリ」とも呼ばれ、花色はピンクですが、花びらの先が青く染まります。 2球入りです。 開花期は関西地方では8月下旬~9月下旬 10月中旬以降はポット植えした状態でお届けします。 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。 157bリコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。 日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7...

オリジナル品種!リコリス `牽愁(けんしゅう)' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,500

オリジナル品種!リコリス `牽愁(けんしゅう)' 球根 1球

クリームイエローの花弁は、咲き進むととてもクリアなアイボリーに変化します。花丈も高く、壮観な花姿です。 学名 Lycoris cv.`Kensyu' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 40~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

晩生の鮮やかな花姿! リコリス・オーレア(ショウキズイセン)球根 3球

大ぶりな花姿、鮮やかなゴールデンイエローの花色、見応え十分の逸品です! 学名 Lycoris aurea 原産地 日本・中国など 花期 10月 草丈 30~50cm 耐寒性 中(霜の降りない場所でしたら露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根3球をお送りします。お手元に届きましたら...

オリジナル品種! リコリス `桃園'球根 2球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

800

オリジナル品種! リコリス `桃園'球根 2球

花は小ぶりでラッパ咲き、花色は美しいピンクに弁先が仄かにインクブルーに染まります。 学名 Lycoris cv.`Momozono' 原産地 日本・中国など 花期 9~10月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

(観葉)ユリ球根 リリーワイナリー 白 2球詰(1袋)

charm 楽天市場店

900

(観葉)ユリ球根 リリーワイナリー 白 2球詰(1袋)

メーカー:サカタのタネ落ち着いた上品な色のコンビネーション 日本原種のやまゆり、かのこゆりなどの交配種。欧米で育成され、美しさに磨きをかけて里帰りしたものです。「リリーワイナリー」は、落ち着いた安定感のある色の組合せと芳しい香りが楽しめます。ユリ球根 「リリーワイナリー 白」 2球詰(1袋)科名ユリ科英名Lily原産地なし(交配種)用途花壇、鉢植え、切り花草丈90~120cm性質半耐寒性鱗片球用土水はけよく有機質の多い土植え付け期10月~4月開花期7月~9月鉢・プランターサイズ目安4号鉢に1球植え、または5号鉢に2球植え植える水はけがよく、午後から日陰となるような場所を選びます。30cm以上深く耕した場所に、深さが10~15cmぐらいになるように植えつけます。ゆりは、球根にかぶせる土に肥料を含んだ土を入れておくとよく育ちます。風通しがよくなるよう間隔をあけて植えます。育てる下根は秋の間に伸長がはじまり、球根の安定をはかります。冬の間も乾かさないように注意します。地上発芽後に上根が伸長し、養分を吸収します。ゆりの大敵はアブラムシです。粒剤などを株元にまき早めに防除します。楽しむ大輪で豪華な美しい花が咲きます。咲き終わった花がらは摘みとります。切り花にする場合、茎の途中から葉を残して切ると翌年も楽しめます。生産地新潟県ご注意※画像はイメージです。チャーム楽天市場店 ペット用品・生き物専門 … ガーデニング 花 球根 サカタのタネ bulbitem_series リリーワイナリー 20131017 TI muryotassei_800_899 _gardening topsale_bio131021 qDw0Vd6N RC5WF4K3_bitp H4Z9Z7GG 育て方 育成方法 栽培方法 mrs1710_2pd_akitan...

球根/すかしユリ:ゲリットザルム(薄緑)2球入り

園芸ネット プラス

388

球根/すかしユリ:ゲリットザルム(薄緑)2球入り

鉄砲ゆりとアジアティックハイブリッド百合との交配から生まれたすかしユリ。香りはなく花は上向きに咲きます。1茎に多数の花をつけ、花持ちがよく光沢のある美しい花弁と育てやすさが特徴です。切り花に大人気で、花壇や庭なら放任栽培しても毎年花を咲かせるほど丈夫です。最新品種の中から、特に新鮮な花色のものをセレクトしてご紹介いたします。プランターや庭植えで楽しんだり、切花にしてギフトにしてもすてきです。ゲリットザルムは、黄緑色系の爽やかな色合いです。タイプ:ユリ科の耐寒性球根植物植付け適期:9月~翌年4月開花時期:6~7月草丈:80~100cm用途:花壇・コンテナ・切り花など日照:日向むき栽培方法:到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は日向を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。 写真は開花時のイメージです。すかしユリ:ゲリットザルム(薄緑)2球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

リコリス スプレンゲリ 球根 10球(入荷予定:2017年6月下旬~7月頃)

e-フラワー

3,000

リコリス スプレンゲリ 球根 10球(入荷予定:2017年6月下旬~7月頃)

夏から楽しめる「リコリス」。属に「ヒガンバナ」とも呼ばれるものの仲間で夏の花として親しまれています。 カラフルな色彩で美しい花が人気です。放任栽培で問題ない位の丈夫さも人気の秘密。 「リコリス スプレンゲリ」は、中国雲南省原産。ナツズイセンに似たピンク花で花弁の先端が青みをおびます。 春に出葉し、9月初めに開花します。 〔 商品の性状につきまして 〕 ●ヒガンバナ科の球根 30~50cm位に育ちます。 ●開花期 9月頃 ●耐寒性 強 -10℃ ●栽培場所 日向向き 〔 お届け商品につきまして 〕 ●掲載写真は成長、開花(結実)、完成時のイメージです。 ●お届けは、球根を袋ないしネットに詰めて発送致します。到着後植え付けをお願いします。★こちらの商品は、2017年6月下旬~7月頃入荷となります。先行でご予約を頂き、入荷後に順次発送となります。 また、入荷数には限りがございますので、ご検討、お早めにお願い申し上げます。 尚、順次発送できる商品と一緒にご注文頂きました場合は、基本、ご注文商品揃いましてからの発送となります。分送を御希望の場合は、別途送料を頂戴させて頂き、分送対応とさせて頂きます。御理解くださいますようお願い申し上げます。

球根/[棚卸セール]コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ(合計16球入り)

園芸ネット プラス

543

球根/[棚卸セール]コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ(合計16球入り)

異なる品種の組み合わせを楽しむコンビネーション球根セットです。水仙の黄色とムスカリの青で印象的な演出を!テタテタは草丈も花もかわいい、ミニチュア水仙。シクラメン咲きの黄花品種。ごく小型で大変丈夫な品種です。ムスカリとほぼ同じ高さ・開花時期なので、2種の相性が抜群です。花壇やコンテナでの寄せ植えにピッタリ。1袋の内容は、水仙6球とムスカリ10球です。植え時期:9~12月花期:3月~4月用途:花壇・コンテナ栽培方法:球根での植えつけ適期は秋~年末です。日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は開花時のイメージです。 [棚卸セール]コンビ球根:水仙テタテタ(テタテート)とムスカリ(合計16球入り)の栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え小球根のネット植え球根の植付け秋植え球根

[秋植え球根]ムスカリ:クリスマスパール・アルメニアカム各15球入り(計30球) 2袋セット ノーブランド品

Amazon

1,586

[秋植え球根]ムスカリ:クリスマスパール・アルメニアカム各15球入り(計30球) 2袋セット ノーブランド品

早生のクリスマスパールと通常種のアルメニアカムのセット。クリスマスパールとアルメニアカムは非常に似ており、極早生のクリスマスパールがピークを過ぎた3月頃、入れ替わるようにアルメニアカムが咲き始めるので、2倍の期間花を楽しむことができます。ムスカリは耐寒性が強く、春のガーデニングには欠かせない花。まとめて植えてじゅうたんのように咲かせたり、チューリップやヒヤシンスとの寄せ植えにもぴったりです。セット内容:・早生種:クリスマスパール(白ネット)×15球・通常種:アルメニアカム(カラーネット)×15球タイプ:ユリ科の球根植物草丈:15~20cm植え時:9~12月開花期:2~4月栽培方法:日当たりと水はけの良い、砂質の場所を好みます。苦土石灰を施し、化成肥料を元肥にして5cm平方に1球を目安に植え、3cmほど土をかぶせます。密植気味に植えるのがコツです。性質はいたって強く、2,3年植え放しでも毎年増えて咲きますが、葉が早く出て姿が乱れます。葉が枯れたら掘り上げて網袋に入れ、涼しい場所に保存し、11月ころ植えるほうが良いでしょう。写真は開花時のイメージです。

球根/[棚卸セール]パーロット咲きチューリップ:エステラ ラインベルト(白に赤)5球入り

園芸ネット プラス

302

球根/[棚卸セール]パーロット咲きチューリップ:エステラ ラインベルト(白に赤)5球入り

ホワイトに鮮烈なレッドが映える、オウムの羽のような花弁が目を引くパーロット咲き品種。花保ちが良いので存在感のある花を長く楽しむことができます。エステララインベルトは白地に赤のラインが入る華やかな色合いです。パーロット咲き一重咲品種から生まれたパーロット咲き。個性的な花型です。花弁がオウム(parrot)の羽のようにねじれていたり、カラフルな色合いが多いことからこう呼ばれています。遅咲きで、花は大きく草丈も高いものが多いので、フラワーアレンジメントでも楽しめます。草丈:30~45cm植え時:9月~12月花期:4~5月栽培方法:植えつけ適期は秋~年末です。日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください) [棚卸セール]パーロット咲きチューリップ:エステラ ラインベルト(白に赤)5球入りの栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

球根/[棚卸セール]コンビ球根:チューリップ・カルガリーとムスカリ(合計16球入り)

園芸ネット プラス

500

球根/[棚卸セール]コンビ球根:チューリップ・カルガリーとムスカリ(合計16球入り)

異なる品種の組み合わせを楽しむコンビネーション球根セットです。チューリップの白とムスカリの濃青の組み合わせで印象的な演出を!カルガリは爽やかな白のチューリップ。花茎が伸び過ぎないコンパクトタイプで早咲き種なので、ムスカリとの相性が抜群です。寄せ植えにもピッタリです。1袋の内容は、チューリップ6球とムスカリ10球です。植え時期:10~12月花期:3月~4月用途:花壇・コンテナ栽培方法:球根での植えつけ適期は秋~年末です。日当たりのよい場所で、よく耕した土に化学肥料等をまぜ、球根の高さの3倍ほどの深さに植えます。一定期間低温に当たることで開花しますので、鉢植えでも冬は戸外の寒い場所で管理してください。また、水切れすると花が咲かなくなりますので、冬もたっぷり水をやってください。(沖縄地域では花が咲かないことがありますので、ご注意ください)写真は開花時のイメージです。 [棚卸セール]コンビ球根:チューリップ・カルガリーとムスカリ(合計16球入り)の栽培ガイドチューリップの球根の植えつけ方法秋植え球根のダブルデッカー植え小球根のネット植え球根の植付け秋植え球根

オリジナル品種!リコリス `貴船' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,800

オリジナル品種!リコリス `貴船' 球根 1球

愛らしいライトピンクの花弁には、白い覆輪が入ります。特に女性に大人気の逸品です! 学名 Lycoris cv.`Kibune' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~7月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合がありますが、きちんと管理を行えば翌年は立派な花を咲かせます。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態 球根1球をお送りします。お手元に届きましたら、なるべく早く植え付けを行い、花茎が現れるまでは10日に1度程度の間隔で水やりを行ってください。

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

600

変化する花色!リコリス・ホウディシェリー球根 1球

別名`真夏のクリスマス'。咲き始めは純白の花弁、咲き進むとほんのりとアプリコットに色づきます。 学名 Lycoris houdyshelii 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

オリジナル品種!リコリス `満月' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

2,000

オリジナル品種!リコリス `満月' 球根 1球

幅の広い花弁、大輪系で見事に咲き誇ります。花色はクリアなレモンイエローから、咲き進むとアイボリーホワイトへ変化します。 学名 Lycoris cv.`Mangetsu' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 40~60cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります...

変化する花色! リコリス `フォーン'球根 3球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

500

変化する花色! リコリス `フォーン'球根 3球

淡いクリーム色の花弁中央に、グラデーションのようにえんじ色が入ります。開花後半になると、下の写真のようにほんのりとピンク色に色づきます。花形は、花弁の細いスパイダー咲きです。葉は秋に出るタイプです。 学名 Lycoris cv.`Fawn' 原産地 日本・中国など 花期 9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また...

リコリス 桃園 1球(f6)

千草園芸

594

リコリス 桃園 1球(f6)

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~9月 ■開花期:9~10月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け) 球根の植え付けは葉が枯れる6月頃から行えますが、多くは8月頃から販売されたものを9月以降に植えること...

オリジナル品種!リコリス `宵待' 球根 1球

小森谷ナーセリー 楽天市場店

1,200

オリジナル品種!リコリス `宵待' 球根 1球

サーモンピンクの小花は上向きに付きます。ふんわりと咲き誇る姿は見飽きることがありません。 学名 Lycoris cv.`Yoimachi' 原産地 日本・中国など 花期 8~9月 草丈 30~50cm 耐寒性 中~強(積雪の多い場所でなければ露地植えOKです!) 耐暑性 強 日照 日当りを好みます。 特徴・用途など 比較的花の少ない晩夏~秋に、賑やかに花開くリコリス。ネリネにはない黄色系や、ブルーのさし色 も含めた、豊富な花色も魅力です。庭植えにすると手間も殆どかからず、群生する姿は見事です。 管理 植え付けの適期は6~8月です。露地植えの場合は球根の頭が隠れるくらいの深さに植えつけます。根は地下深くまで伸びるため、なるべく深く耕しておくと良いでしょう。鉢植えの場合は6号鉢に3球程度植えつけます。 用土は特に選びませんが、土が締まりにくく、水はけと通気性・保水性の良い土を好みます。 植え付けを行った当年は、6~7月から秋の開花まで日が浅く、根が完全に張りきれないまま開花を迎えるので、本来の姿よりも見劣りする場合があります。 丸球の大きな球根でも咲かない場合があり、逆に扁平球でも咲く場合があります。また、毎年決まって咲くものでは無く、数年の据え置き栽培で一斉に咲いたり全く咲かなかったりを繰り返します。よって丸球以外に中球または複芽球の球根をお送りますが、1作すれば丸球となり、むしろこの方が開花率が高まるでしょう。 水やりは、露地植えの場合は殆ど必要ありません。鉢植えの場合は、花茎が現れてから翌年の初夏に休眠するまで、土が乾いたらたっぷりと与えます。水分過多になると球根が腐りやすいので、若干乾燥気味に育てると、花立ちも良くなります。 また、休眠中の夏場も10日に1度程度の間隔で水やりをすると成績が良くなります。 発送状態...

球根/オリエンタルリリー:コルコバード(オレンジカサブランカ)1球入り

園芸ネット プラス

463

球根/オリエンタルリリー:コルコバード(オレンジカサブランカ)1球入り

華やかで主役となるオリエンタルリリー。芳しい香りと優美な花姿をお楽しみください。コルコバードは橙色のオリエンタルリリーで、1本でも存在感がありますが、群生させるとみごとです。次々と蕾がつき、1ヶ月以上にわたって開花を楽しむことができます。庭植え、あるいは鉢植えでもお楽しみいただけます。植えつけ適期:9~4月開花期:6~9月草丈:80~120cm栽培方法到着後、球根が乾かないうちに早めに植え付けてください。植え場所は明るい日陰を好みます。鉢植えの場合は赤玉土6、腐葉土4の割合で9号以上の深鉢に植え付けます。プランターの場合は標準的な長さ65cmのプランター1つで3球が目安です。球根の高さの3倍くらいの深さが植付けの目安です。ゆりは球根の上にのびた茎から根が伸び、この根が養分を吸収しますので、なるべく深く植えるのがポイントです。寒さに強いので、戸外で水を切らさないように管理します。春になって芽が伸び始めたら液肥や化成肥料を追肥します。花が咲き終わったら、花柄を切り取りますが、葉や茎は残すようにして球根を太らせます。鉢植えの場合は毎年秋に地上部が枯れたら堀りあげ、なるべく早く新しい土でまた植え付けてください。庭植えの場合は植えたまま毎年花を楽しむことができます。この商品は球根でのお届けです。写真は成長・開花時のイメージです。 オリエンタルリリー:コルコバード(オレンジカサブランカ)1球入りの栽培ガイド秋植え球根のダブルデッカー植え球根の植付け秋植え球根

リコリス ジャクソニアーナ 1球(f6)

千草園芸

594

リコリス ジャクソニアーナ 1球(f6)

17年8月21日に入荷しております。178c 時期によってはポット植えの状態となる場合がございます。 ご理解のほどお願いいたします。 濃い桃色に青いコントラストの入る華やかな色です。 ■植え時:(暖地・中間地・寒地)7~9月 ■開花期:(暖地・中間地・寒地)9~10月 ■背丈:40~50cm ■用途:鉢植え、花壇、切花 《花壇植え》 植付け深さ:5~7cm 植付け間隔:10~15cm(球根3個分) 30cm以上深く耕し、有機肥料、苦土石灰などを施して植付けます。(日当たり、水はけのよい土地を好みます) 《鉢植え・プランター植え》 7号鉢:3球 プランター650型:8球 球根の頭が隠れる程度に植え込み、日当たりのよい場所で育てます。 培養土に腐葉土などの有機質をよく混ぜ、球根の頭が隠れる程度に植えつけます。元肥には、マグアンプKなどを施します。開花後も土が乾かないように潅水を続けてください。 『水遣り』 開花後も土が乾かないように潅水を続けます。 追肥は3週間に1回、潅水代わりに薄い液肥を施します。 『堀り上げと貯蔵』 基本的に植えっぱなしにします。 株が混ざり合ってきたら、初夏に葉が黄変したころ、球根をいためないように丁寧に堀上げ、株分けしてすぐに植えつけます。リコリス(ヒガンバナ) (分類)ヒガンバナ科ヒガンバナ属 球根植物 (学名)Lycoris (原産)中国を中心とした周辺地域 (別名)彼岸花(ひがんばな) 曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 彼岸花の名で知られている球根植物で、原種から品種改良が進み、多くの色のリコリスがあります。どれも丈夫で植えっぱなしでも毎年良く開花します。日本にあるヒガンバナはお彼岸前後に開花しますが、品種によっては7~8月頃から開花するものがあります。 (植え付け)...

■秋植え球根■ チューリップ バンデグローブ(ユリ咲き) 5球入り

ペットエコ&ザガーデン楽天市場店

489

■秋植え球根■ チューリップ バンデグローブ(ユリ咲き) 5球入り

送料区分:A2 (送料表はこちら)[20140828] ■ 形状・サイズ他 5球入り ■ お届け予定 *お届けはご注文を頂いてから3日後以降となります。 *離島など一部お届けできない地域があります。 ■備考 *輸入状況・生育状況などによりお届け出来ない商品が出る場合は、メールにて事前にご連絡させて頂きますので、予めご了承ください。 *画面設定等により実物と花色などが異なる場合がございます。 春の花を代表するチューリップ。ふっくらとした花が色とりどりに咲き乱れている様子は、きらきらとした宝石をちりばめたよう!その花の美しさゆえ、ヨーロッパではかなりの高値で取引されていたほど。様々な人たちを魅了する、優雅な植物。 バンデグローブは色変わりするチューリップ、蕾の開花とともに花色が鮮やかな黄色をベースに花弁の縁に向けて赤味を帯びて行きます。密に植えることで、同系異色の品種を混ぜて植えたようにも表現できます。ユリ咲きのダイナミックな花弁と明るい配色で春の花壇を華やかに彩ります! 【育て方】 ユリ科の球根植物 植え付け時期は9~12月 花時期は4月下旬~5月上旬 草丈45~50cm ■植え付け 鉢植えの場合、5号鉢(直径15cm)に3球くらいが目安です。頭が隠れる位の深さで植えつけましょう。 庭植えの場合、深さ10cm、株間5~10cm位で植えつけて下さい。 鉢植えの場合、鉢底の穴をふさぐように(土こぼれ防止とナメクジなどの虫よけのため)鉢底ネットを敷き、その上に鉢の高さの1割ほど、鉢底の石を敷いてください。土は球根の土などの専用の土がおすすめです。 庭植えの場合、30cmほど耕し、掘り出した土にその土の2割くらいの量の腐葉土やたい肥を混ぜ込んでおいてください。みみずのフンもおすすめです。 この時肥料も与えておきましょう...

スポンサーリンク
スポンサーリンク