メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山野草青い花」検索結果。

山野草青い花の商品検索結果全8件中1~8件目

(山野草)クワイ(慈姑)(1ポット分)

charm 楽天市場店

600

(山野草)クワイ(慈姑)(1ポット分)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。おせち料理の縁起物!クワイ発送形態球根・苗どんな種類?クワイは中国原産のオモダカ科の水性野菜で、見た目は里芋に似た球形です。中国と日本でしか栽培されていないようで、中国のものが白クワイと呼ばれ、日本のものは青いので青クワイと呼ばれています。中国のものは、しゃきしゃきした独特の歯ざわりがあります。日本では、勢いよく芽が出ることから縁起物として正月料理に用いられます。そのため、市場に出回るのもその時期が中心になります 別名田草、燕尾草、クワエ-学名(※)Sagittaria trifolia L.-(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分類オモダカ科(Alismataceae)オモダカ属(Sagittaria)分布アジア、ヨーロッパ、アメリカ草丈40cm前後冬季の冬越し球根の状態で休眠します、水切れを起こさないよう常に湿った状態を保ちます。冬季~早春の販売について・植物の特性により、地上部が枯れたような状態、または一部が枯れたような状態での出荷となる場合がございます。・新芽の発芽等を確認した状態で発送致しますが、冬季から春先にかけての出荷の場合、ハウス内等暖かい場所で管理されたものとなる場合があり、屋外に置かれますと寒さにより状態を崩す恐れがあります。注意※表記サイズはおおよその目安です。育成環境や、成長の度合いにより最大サイズは異なります。※入荷状況等により、ポットなし1ポット分での発送となる場合がございます。お届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がご...

(山野草)ホタルカズラ(蛍葛) 3号(1ポット)

charm 楽天市場店

740

(山野草)ホタルカズラ(蛍葛) 3号(1ポット)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。株分け、植え替え後の場合がございます。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。鮮やかなブルーの花!ホタルカズラは山地の明るい林縁や傾斜地に見られるムラサキ科の多年草です。つる性植物で5月~6月に匍匐した枝の先に青い花をつけます。その花は形状がユニークなだけでなく、日本の自生種とは思えない程鮮やかです。園芸種として多く流通するミヤマホタルカズラとはやや性質が異なります。夏の暑さと冬の凍結に弱いので夏期は日陰に移動したほうがよいでしょう。山野草 ホタルカズラ(蛍葛) 3号(1ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 9cm ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。あくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Lithospermum zollingeri別名蛍蔓分類ムラサキ科ムラサキ属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本/北海道~沖縄、朝鮮半島、中国開花時期5月~6月置き場所水はけの良い土を好みます。春先日が当り、夏場は木陰になるような場所が適しています。水やり鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。肥料芽出し時と花後に1回ずつ、緩効性の固形肥料を施します。ご注意※画像はイメージです。 ※鉢(ポット)の形状及び色は画像と異なる場合もございます。予めご了承下さいませ。お届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がございます。ビバリウム・テラリウムで苔をご使用になる場合の注意点ガーデニングの用語一覧葉...

(山野草)ミヤマハナシノブ(深山花忍) 2.5号(1ポット)

charm 楽天市場店

712

(山野草)ミヤマハナシノブ(深山花忍) 2.5号(1ポット)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。※成長状態により出荷サイズには差異がございます。また、1ポットあたりのボリュームも異なる場合がございます。※株分け、植え替え後の場合がございます。青い花が美しい!ハナシノブは亜高山の明るい林縁などに見られる多年草です。夏に青紫色の花を咲かせ、シダの仲間のシノブに似た葉を持つことが“ハナシノブ"の由来になっています。九州の阿蘇山系に見られるハナシノブは保護されており、北海道、本州中部に見られるミヤマハナシノブが“ハナシノブ"の名称で一般に流通します。しかしエゾハナシノブ、洋種ハナシノブなど、良く似た種が多いため区別されないことがほとんどです。育成は夏の高温をうまく乗り越えるかがポイントになります。水はけの良い土を使用し、夏以外は日向で育てます。夏は半日陰の風通しの良い涼しいところに移動したほうが良いですが、せっかくの花茎が折れないように強風には注意が必要です。草体だけでなく根の成長も早いため大きめの鉢に植えたほうが良いでしょう。株の寿命が長くないため、暖地では一年草と割り切って種子による世代交代を行っても良いでしょう。山野草 ミヤマハナシノブ(深山花忍) 2.5号(1ポット)商品サイズ(約)●鉢(ポット)径 : 7.5cm ※入荷状況や生長度合いにより高さは異なります。あくまでも目安としてご覧下さい。鉢の種類ビニールポット学名Polemonium caeruleum ssp.yezoense var.nipponicum別名深山花忍分類ハナシノブ科ハナシノブ属園芸分類耐寒性多年草(宿根草)原産地日本/北海道、本州(中部)開花時期6月~7月置き場所水はけの良い土を好みます。春先日が当り...

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草:薄桃花ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット ※6/20開花中

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,328

山野草:薄桃花ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット ※6/20開花中

●商品情報 商品名:ヤナギラン(やなぎらん) 和名:柳蘭 別名:ヤナギソウ 学名:Epilobium angustifolium 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 ●商品説明 ヤナギランという名前は、葉の形が「柳」に似て、花は「蘭」のようなのでつけられました。「蘭」と付いていますがラン科ではなく、アカバナ科の植物です。ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど生息地は広く、火事跡に群生することからFire weed(火の草)」と呼ばれています。山を切り開いた跡地などにも群生を作ります。 「蘭」の名前が入っているだけあって、その花はとても鮮やかで、明るい日差しの中で沢山のヤナギランが咲き誇る様子は、思わずため息が出るほどです。ヤナギランは他の植物が増えると、その勢いに負けて消滅してしまいます。特に背の高い草や木などが生えてくると、太陽が好きなヤナギランは十分な光を受けられず、花を咲かせることが出来なくなります。そのため、秋になると綿毛でたくさんの種を飛ばし、常に新天地を目指します。 ●草丈 40~120cm ●科/属名 アカバナ科ヤナギラン属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●育て方 根(ランナー)で育ちます。秋に掘り起こすと鉛筆よりも細い根がびっしりと繁殖し育っています。根には翌年の芽がついており、1芽ごとに切り離し植えておくと翌年また増やすことが出来ます。盛んに増えるので、鉢植えよりも庭植えに向いています。畑で育てると、肩のあたりまで大きくなります。 丈夫で育てやすい植物ですが、元々高原の植物なので、高温に弱いです。真夏は涼しい場所に植えましょう。風通しの良い日向が最適です。冬は地上部が枯れて見えなくなりますが、翌春に新しい芽が顔を出します。

山野草:日本イブキジャコウソウ 9cmポット苗40ポットセット ※6/20開花中

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

10,692

山野草:日本イブキジャコウソウ 9cmポット苗40ポットセット ※6/20開花中

●商品名(和名)[別名] イブキジャコウソウ(伊吹麝香草) ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【グラウンドカバー】【香りのある植物】 葉の香りを麝香(ジャコウ)にたとえ、伊吹山に多く自生することから名付けられたイブキジャコウソウ。葉に触れると良い香りがします。高山植物ですが日本では北海道から九州まで、比較的涼しい場所を好み、日当たりの良い岩地などに自生します。 初夏から夏にかけてピンクの可憐な花を咲かせます。葉や茎に触れるとはすがすがしく甘い香りがあり、百里先まで香るとの表現から百里香(ヒャクリコウ)とも呼ばれます。また、タイムと種類がごく近いので日本のタイムとも呼ばれ、ハーブの仲間でもあります。花期以外でも、葉に触れると良い香りがするため、大変人気のある植物です。 細い茎が地表を這うように伸び、雑草防除にもなることからグラウンドカバーとしても栽培されます。ヨーロッパの庭園では芝生の代わりに植えられることもあるそうです。この性質を利用して、庭に芝生代わりに植えましたら、その上を踏み歩くとすがすがしい香りが漂い、座ってピクニックなどをしながら、素敵な時間を過ごすことができそうですね。 ●科/属名 シソ科イブキジャコウソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●管理場所 日向 ●育て方 *庭植えの場合* 暑さや寒さに強く、とても剛健で、日当たり、水はけ、風通しの良い場所であれば放任で育ちます。 低く横に這うように育つため、株と株の間は30センチほど離しましょう。 日向が好きな植物のため、お庭の道脇などに植え付けても良いでしょう。冬場は葉が落ち、枯れ茎だけが残ります。この時に、茎を短く切り詰めると来年コンパクトに花をつけます。冬は雪の中で冬越します。 *鉢植えの場合* 山砂系の用土で植えましょう。 ...

山野草:日本イブキジャコウソウ 9cmポット苗10ポットセット ※6/20開花中

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山野草:日本イブキジャコウソウ 9cmポット苗10ポットセット ※6/20開花中

●商品名(和名)[別名] イブキジャコウソウ(伊吹麝香草) ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【グラウンドカバー】【香りのある植物】 葉の香りを麝香(ジャコウ)にたとえ、伊吹山に多く自生することから名付けられたイブキジャコウソウ。葉に触れると良い香りがします。高山植物ですが日本では北海道から九州まで、比較的涼しい場所を好み、日当たりの良い岩地などに自生します。 初夏から夏にかけてピンクの可憐な花を咲かせます。葉や茎に触れるとはすがすがしく甘い香りがあり、百里先まで香るとの表現から百里香(ヒャクリコウ)とも呼ばれます。また、タイムと種類がごく近いので日本のタイムとも呼ばれ、ハーブの仲間でもあります。花期以外でも、葉に触れると良い香りがするため、大変人気のある植物です。 細い茎が地表を這うように伸び、雑草防除にもなることからグラウンドカバーとしても栽培されます。ヨーロッパの庭園では芝生の代わりに植えられることもあるそうです。この性質を利用して、庭に芝生代わりに植えましたら、その上を踏み歩くとすがすがしい香りが漂い、座ってピクニックなどをしながら、素敵な時間を過ごすことができそうですね。 ●科/属名 シソ科イブキジャコウソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~8月 ●管理場所 日向 ●育て方 *庭植えの場合* 暑さや寒さに強く、とても剛健で、日当たり、水はけ、風通しの良い場所であれば放任で育ちます。 低く横に這うように育つため、株と株の間は30センチほど離しましょう。 日向が好きな植物のため、お庭の道脇などに植え付けても良いでしょう。冬場は葉が落ち、枯れ茎だけが残ります。この時に、茎を短く切り詰めると来年コンパクトに花をつけます。冬は雪の中で冬越します。 *鉢植えの場合* 山砂系の用土で植えましょう。 ...

送料無料
山野草:日本サクラソウ(桜草) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:日本サクラソウ(桜草) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明 自生種、品種改良種を含め約300種類あるサクラソウ。当店で栽培しているのは日本原産のサクラソウ(自生種)です。改良種には花弁に模様があったり、八重咲きなど見栄えが良い品種が多いですが、自生種も静かな優しい色合いの花を見せてくれ人気です。春にフリルのような葉を出し、その中心からピンク色のつぼみをのぞかせる姿は可愛らしいものです。 日本各地の山麓や河原などの湿り気のある草地に自生し、群生することもありますが、野生種の群生地は現代においては大変貴重で、特別天然記念物に指定、保護されている場所もあります。夏の暑さと乾燥には弱いですが、耐寒性に強く日本の気候風土に合っているため、比較的栽培はやさしい植物です。 ●科/属名 サクラソウ科サクラソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 4~5月 ●管理場所 日向~半日陰(西日が当たらない場所) ●育て方 *庭植えの場合* 風通しの良い日向~半日陰を選びます。水もちの良い用土を入れて植え付けます。 真夏の直射日光と西日は避けてください。 *鉢植えの場合* 風通しの良い日向で管理します。猛暑時は半日陰に移しましょう。 水もちの良い用土を使い、中深鉢に植え付けます。実生の発芽率もよく、3年程で開花します。 *鉢植えの水やり* 開花時までは1日1回を目安にします。花後は表土が乾いたらば充分に与えます。 夏場の与えすぎは根腐れの原因になります。注意しましょう。 *肥料* 芽出し期・花後・秋に液肥

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

475

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗 ※今季開花終了

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【日本自生種】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生していると言われており、代表的な品種がこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレと一般的なスミレとの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は最大で高さ20cm前後になり、高く伸びた後は花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄くてきれいなハート形。葉のつけ根に1輪ずつ直径1~2cmの薄紫色の花を咲かせます。(※芳香はあまりありません。) 東北では桜のお花見の頃、参道でよく見かけることができます。花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿は、心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* ...

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗5ポットセット ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,328

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗5ポットセット ※今季開花終了

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【日本自生種】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生していると言われており、代表的な品種がこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレと一般的なスミレとの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は最大で高さ20cm前後になり、高く伸びた後は花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄くてきれいなハート形。葉のつけ根に1輪ずつ直径1~2cmの薄紫色の花を咲かせます。(※芳香はあまりありません。) 東北では桜のお花見の頃、参道でよく見かけることができます。花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿は、心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* ...

山野草:カライトソウ (唐糸草) 15cmポット大株苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山野草:カライトソウ (唐糸草) 15cmポット大株苗

●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 このまま鑑賞してもいいですし、そっと庭に植えつけても良いでしょう。大株は丈夫で庭植えにも最適です。 商品名:唐糸草(からいとそう) 別名:唐打草 (カラウチソウ) 学名:Sanguisorba hakusanensis 花はかわいい猫じゃらし、根は頼れるお薬!? 本州中部に自生する大型の多年草です。細い茎の先にピンクの花を咲かせます。その美しい花の様子から、まるで唐(外国)から来た絹糸のようだと讃えられました。つぼみのころの穂はピンと上を向いていますが、花が咲き始めると次第に下に垂れていきます。こうべを垂れたその姿は、ピンクの猫じゃらしのようにも見えて、なかなか愛嬌があります。花穂は長さ10cm程あり、ワレモウコウ属では最大です。茎が細く倒れやすいので、気になるのであれば支柱を立てるとよいでしょう。 学名はSanguisorba hakusanensisといいますが、このSanguisorba(サングイソルバ)は、ラテン語の「sanguis(血)+sorbere(吸収する)」が語源です。根にタンニンが多く、止血効果のある薬とされ昔から利用されてきました。 花びらがない?!バラ科の変わり者 カライトソウは、バラ科の植物。しかし、「ベルサイユのばら」という漫画のタイトルにもあるような、絢爛豪華なイメージのバラとは似ても似つきませんね。 カライトソウが属する「バラ科ワレモコウ属」は、進化の途中で花びらがなくなってしまったという変わり者なんです。私たちが普段花だと思って見ているのは、実は雄しべ。ガクが4枚あるのですが、雄しべがガクより長いので、この雄しべの色が目立つのです。「バラ科」というだけでも驚きなのに、花びらがないとは本当にびっくりですね。一説によると...

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗 ※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

534

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗 ※今季開花終了

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

山野草:カライトソウ (唐糸草) 15cmポット大株苗15ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

11,226

山野草:カライトソウ (唐糸草) 15cmポット大株苗15ポットセット【送料無料】

●商品説明【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 このまま鑑賞してもいいですし、そっと庭に植えつけても良いでしょう。大株は丈夫で庭植えにも最適です。 商品名:唐糸草(からいとそう) 別名:唐打草 (カラウチソウ) 学名:Sanguisorba hakusanensis 花はかわいい猫じゃらし、根は頼れるお薬!? 本州中部に自生する大型の多年草です。細い茎の先にピンクの花を咲かせます。その美しい花の様子から、まるで唐(外国)から来た絹糸のようだと讃えられました。つぼみのころの穂はピンと上を向いていますが、花が咲き始めると次第に下に垂れていきます。こうべを垂れたその姿は、ピンクの猫じゃらしのようにも見えて、なかなか愛嬌があります。花穂は長さ10cm程あり、ワレモウコウ属では最大です。茎が細く倒れやすいので、気になるのであれば支柱を立てるとよいでしょう。 学名はSanguisorba hakusanensisといいますが、このSanguisorba(サングイソルバ)は、ラテン語の「sanguis(血)+sorbere(吸収する)」が語源です。根にタンニンが多く、止血効果のある薬とされ昔から利用されてきました。 花びらがない?!バラ科の変わり者 カライトソウは、バラ科の植物。しかし、「ベルサイユのばら」という漫画のタイトルにもあるような、絢爛豪華なイメージのバラとは似ても似つきませんね。 カライトソウが属する「バラ科ワレモコウ属」は、進化の途中で花びらがなくなってしまったという変わり者なんです。私たちが普段花だと思って見ているのは、実は雄しべ。ガクが4枚あるのですが、雄しべがガクより長いので、この雄しべの色が目立つのです。「バラ科」というだけでも驚きなのに、花びらがないとは本当にびっくりですね。一説によると...

送料無料
山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【日本自生種】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生していると言われており、代表的な品種がこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレと一般的なスミレとの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は最大で高さ20cm前後になり、高く伸びた後は花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄くてきれいなハート形。葉のつけ根に1輪ずつ直径1~2cmの薄紫色の花を咲かせます。(※芳香はあまりありません。) 東北では桜のお花見の頃、参道でよく見かけることができます。花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿は、心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* ...

送料無料
山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

19,245

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】※今季開花終了

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

バラの苗/バラに合う多年草の苗:キャットミント:ブルー系(ネペタ)3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,813

バラの苗/バラに合う多年草の苗:キャットミント:ブルー系(ネペタ)3号ポット 6株セット

バラの苗/バラに合う多年草の苗:キャットミント:ブルー系(ネペタ)3号ポット 6株セット★小さい苗となります★春から夏までずっと、ラベンダーブルーの花をたくさん咲かせます。お庭が美しい色のカーペットを敷き詰めたようになります。ほふく性なので、花壇の縁取りや寄せ植えコンテナに最適で、やせた土地でもよく育ちます。何回かトリミングをすると、こんもりした株に仕立てることができます。また、蜂もよく集まります。タイプ:シソ科イヌハッカ属の耐寒性多年草草丈:30~50cm開花期:春~夏植付け適期:春、秋用途:花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい場所に植え付けてください。春から初夏にかけては盛んに成長するので、鉢植えの場合は肥料切れしないように液肥を規定倍率にうすめて1ヶ月に1度追肥してください。気温が上がってくるとトウ立ちするので、葉を利用する場合は伸びすぎたら切り詰めてください。何回かトリミングをすると、こんもりした株に仕立てることができます。耐寒性が高く戸外で冬越しできますが、冬季霜にあたると地上部が枯れます。冬季も利用する場合は鉢植えにして室内に取り込んでください。お届けする苗は、3~3.5号(直径9~10.5cm)ポット入りです。色が異なる場合もございます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。冬季、地上部が枯れてのお届けとなることもございます。使用農薬(有効成分):MEP1回生産地:宮城県バラに合う多年草の苗:キャットミント:ブルー系(ネペタ)3号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態についてバラの植え方とお手入れバラにつく害虫バラの病気

野菜の苗/ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セット

園芸ネット プラス

2,574

野菜の苗/ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セット

インパクト秋植え野菜 美味しい秋ナス!野菜の苗/ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セット植えつけてから30日くらいで収穫できるナスの苗です。おいしい秋ナスに最適の品種。ツヤのある黒紫色の中長タイプ。煮物や漬物などに向く、万能ナスです。・半立性で1mぐらいに成長します!・花数も多く、実付きの良いたくさん収穫できる品種です!・皮は柔らかく、実の締まった大変美味しいなすびです!植えつけ適期:北海道エリア:7月上旬~8月上旬東北 エリア:7月上旬~8月中旬甲信越エリア:7月上旬~8月下旬関東 エリア:7月上旬~9月上旬中部・関西・中国・四国・九州エリア:7月上旬~9月中旬沖縄 エリア:7月上旬~10月上旬科名:ナス科 植え付け 暑い時期の植付けなので、根が張るまで水切れに注意してください。日当たりと風通しの良い場所が理想的です。 植え付け後の管理 暑い時期は、朝晩たっぷりと水を与えます。実付きを良くするために、2週間に1度、肥料を与えてください。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。■中長タイプ使用農薬(有効成分):アミスターオプティフロアブル、アゾキシストロビン4.8%、TPN40%、ダントツ水和剤、クロチアニジン16%、フォリオゴールド、メタラキシルM3.3%、TPN32%、ベストガード粒剤、ニテンピラム1%、ベンレート水和剤、ベノミル50%、スピノエース顆粒水和剤、スピノサド25%アディオン乳剤、ペルメトリン20% 各1回生産地:岡山県ナス:秋なすび(中長タイプ)3.5号ポット6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

594

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗

●お届けについて 根を短めに切り植えていますが、生育には問題ありませんのでご安心ください。 6月~12月の期間は背丈が1mを超えるため葉を50cmほどに切ってお送りする場合もございます ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 中国の東部から東南アジアに広く分布しているイネ科の多年草で花は咲きません(ありません)。 水辺を好んで自生するマコモの一種です。見た目ははっきり言ってよくわからない草です。 草丈は大人の男性を超すほど大きくなります。 食用菌である「黒穂菌」が寄生すると根元部分の茎が肥大します。 それが「マコモタケ」です。その黒穂菌と呼ばれる菌が寄生したものだけが肥大し食用となるのです。 菌と聞くと「えっ!」と思われるかもしれませんが、この黒穂菌が寄生してくれるおかげで食用部分がなり美味しくいただけるのです。 ちなみに「マコモダケ」と聞くと筍の仲間かと思われがちですが、まったくの別種です。 収穫期には、草丈は約2mに成長し、株元に食用部分がなります。 タケノコのような食感と、ほのかな甘味が特長の低カロリーな野菜で、ダイエットにもお勧めです。 歯ごたえがよく、和洋中、多彩な料理に適しており、料亭や中華料理店では高級食材として利用されています。 近年では、秋に居酒屋でもメニューに「マコモタケの天ぷら」がお目見えするようになりました。 食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、カリウムを多く含み、血圧降下や糖尿病、骨粗鬆症等にも有効な健康食材として近年注目を集めています。 (特に食物繊維が豊富なため、食べている間は便秘知らずです。紫桜館店長櫻井体験談) また、水田の転作作物としてマコモタケを栽培する農家の方も増えています。 ●管理・植え付け場所 日向の湿地、田んぼや川のほとりなど 春...

草花の苗/ニチニチソウ(星咲き日々草):初恋3.5号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

2,349

草花の苗/ニチニチソウ(星咲き日々草):初恋3.5号ポット 6株セット

ビンカ草花の苗/ニチニチソウ(星咲き日々草):初恋3.5号ポット 6株セットかわいらしいソフトピンクの星咲きニチニチソウ。3年間温めた品種がついに解禁!写真は成長時(開花時)のイメージです。※花色や花形は季節や生育環境により、写真と異なる場合がございます。タイプキョウチクトウ科カタランツス属の亜低木(1年草扱い)開花期4~10月耐寒性弱い耐暑性強い用途花壇、鉢植え、コンテナ、ハンギング日照日なた栽培方法:水はけの良い培養土に植えつけます。置場所は日当たりと風通しの良い春と秋は温度が高い屋外で育てます。水やりは、土の表面が乾いたら晴れた日の午前中にたっぷりとあたえてください。過湿を嫌うので水の与えすぎには注意しましょう。肥料は、元肥として植え付け時にマグァンプK等の緩効性化成肥料を土に混ぜ込み、追肥として一週間から10日に一度液肥または、月に一回固形肥料を与えて下さい。草姿が乱れてきたら、丸く刈り込むことで、更に分枝が多くなり、まとまった大株になります。凹凸が生じることがありますが、病気ではありません。ポイント:数回の摘心で広がりのある豊かな表情ができます。草姿が乱れたら、わき芽の上で切り戻し分枝を促すと、短時間で草姿が整い、再び花で覆われます。肥料不足は生育を遅らせます。また水が多すぎると根を傷めるので、表面が乾いてから水を与えます。ニチニチソウ(星咲き日々草):初恋3.5号ポット 6株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系): グロッソ3号ポット20株セット

園芸ネット プラス

6,919

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系): グロッソ3号ポット20株セット

ハーブ苗ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系): グロッソ3号ポット20株セット交配種のラバンジンラベンダーの一種です。花つきがよく、花穂全体が紫色になり、美しいタイプです。学名:Lavandula x intermedia 'Grosso'タイプ:シソ科ラバンデュラ属の耐寒性宿根草草丈:40cm開花期:7~8月用途;鉢植え、花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。耐暑性、耐病性がつよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。★小さい苗となります★使用農薬(有効成分):ニテンピラム1回 スピロテトラマト1回 MEP1回生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系): グロッソ3号ポット20株セットの栽培ガイドハーブのお風呂ハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

野菜の苗/沖縄野菜:長命草(チョーミーグサ・ボタンボウフウ)3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

869

野菜の苗/沖縄野菜:長命草(チョーミーグサ・ボタンボウフウ)3号ポット2株セット

健康野菜として話題の!野菜の苗/沖縄野菜:長命草(チョーミーグサ・ボタンボウフウ)3号ポット2株セットチョーミーグサは関東以西の海岸に生える常緑多年草で、ボタンボウフウとも呼ばれます。沖縄では長寿につながる薬草として「長命草(チョーミーグサ)」と呼び、野菜としても利用されています。寒さに強く、関東以南の太平洋側なら冬も青々と葉を茂らせ、非常に強健で育てやすい野菜です。栄養価の高い植物で、高血圧、動脈硬化、神経痛、リウマチなどに効果があると言われています。葉を和え物やてんぷら、お刺身のツマなどに用いるほか、根を煎じて利用することもできます。咳止めにはよく効くと言われています。タイプ:セリ科の常緑多年草学名:Peucedanum japonicium Thanb和名:ボタンボウフウ沖縄名:チョーミーグサ開花期:暖地7月上旬~9月下旬、寒地7月中旬~9月下旬草丈:60cm~100cm栽培方法:日当たりの良い場所に、元肥として緩効性化成肥料などを施して植えてください。収穫:葉が育ってきたら適宜収穫してください。葉は生のままでも利用できます。若い葉は、沖縄では刺身のツマや魚汁・ヤギ汁に入れたり、天ぷら、豚汁の具として利用されます。根は輪切りにし、陰干しにします。煎じて服用すると風邪や咳止めになります。沖縄野菜:長命草(チョーミーグサ・ボタンボウフウ)3号ポット2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ミント:モヒートミント(イエルバブエナ)3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,956

ハーブの苗/ミント:モヒートミント(イエルバブエナ)3号ポット 6株セット

キューバのミントハーブの苗/ミント:モヒートミント(イエルバブエナ)3号ポット 6株セット キューバ発祥のカクテル「モヒート」に使用する植物。日本ではスペアミントを使用していることが多いと思いますが、こちらは本場キューバで使用するモヒートミント(イエルバブエナ)。スペアミントの爽快感ではなく、香りがやさしくより飲みやすい風味となります。冬は地域により地上部のない状態になります。学名:Mentha Nemorosa草丈:100cm前後開花期 5~7月耐寒性:マイナスでも耐られる用途:鉢植え、庭植え日照:日なた栽培方法:日当たりがよく、水はけもよい場所に植えます。鉢植えの場合は5~6号鉢、庭植えは株間30cmに植えます。庭植えの場合、深さ15~20cmまで板かレンガなどで囲んで区分しましょう。用土は畑の土に腐葉土や堆肥などを入れたやわらかいものにすると、地下茎も伸びやすくなります。ミント類は生長すると密生するので、梅雨時は蒸れ防止のため、入梅前に刈り込むか、枝を間引いて風通しをよくします。鉢栽培では鉢土がしまりやすいので、腐葉土などを少し多めに混ぜるとよいでしょう。鉢土の表面に腐葉土を敷いてやると乾燥が防げ、生育もよくなります。肥料は10日に1回くらい薄めた液肥を与えます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。ハーブ類は、食用になさるお客様もいらっしゃいますので、農薬を使用していない、またはあまり強い薬剤を使用しておりませんため、お届け商品にアブラムシなどがついていたり、虫の食外痕がみられる場合があります。あらかじめご了承ください。使用農薬(有効成分):モスピラン 1回生産地:静岡県ミント:モヒートミント(イエルバブエナ)3号ポット 6株セットの栽培ガイドハーブティ向けのハーブミント苗類のお届...

バラの苗/バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3~3.5号ポット1株

園芸ネット プラス

457

バラの苗/バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3~3.5号ポット1株

バラの苗/バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3~3.5号ポット1株さまざまの花色のバラとの相性抜群のカラーリーフ、株元におすすめです。黒竜は光沢のある黒紫の葉色が美しいリュウノヒゲの仲間です。日本庭園の下草として珍重される品種ですが、英国でも引っ張りだこの人気。黒い葉に白い花も印象的です。モダンで斬新な雰囲気はいろいろな植物と組み合わせられます。学名:Ophiopogon planiscapus 'Nigrescens'タイプ:ユリ科の耐寒性常緑宿根草草丈:20~30cm開花期:6~8月日照:日向、半日陰とも植えられます栽培方法:耐寒性、耐暑性、耐雨性が強く、年間を通して植え付け可能で、管理はきわめて容易です。積雪にも耐えます。特に急な斜面の被覆用にはよく使われます。植え付け後はほとんど手間がかかりません。株分けによりふやすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。バラに合う宿根草の苗:オオバジャノヒゲ:黒竜(こくりゅう) 3~3.5号ポット1株の栽培ガイド苗類のお届け形態についてバラの植え方とお手入れバラにつく害虫バラの病気

送料無料
山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 9cmポット仮植え苗40ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,968

山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 9cmポット仮植え苗40ポットセット

●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8~9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1~2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4~5月)か涼しくなった秋(10~11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 【収穫に向けてのアドバイス】 ビニールポットに仮植えの状態でお届けいたします。ポット苗のままですと...

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット

●商品説明 毎年、大人気のウド。スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。 山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。身長を超えるほどに育ったウドは、春先に出回るウドとは別の植物の様です。 ●科/属名 ウコギ科タラノキ属 ●特性 落葉低木 ●開花時期 8~9月 ●食べ方 ウドを味わうのなら、なんといっても天ぷら。新芽の部分はそのまま、茎は皮を剥いて薄くスライスして揚げましょう。あまり揚げすぎない方がウドの香りを味わえます。皮に多くのアクがあるので、剥くときはやや厚めにむきましょう。ですが、この皮の部分のほろ苦さが好きという人もいるので、食べる場合は全部一緒にアク抜きをしましょう。その他、胡麻和えやきんぴら、白和えなど、調理法は様々。 ●育て方 風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。真夏の直射日光は避けてください。 ●軟白栽培の方法 肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。 軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい!という方には、こちらの方がいいでしょう...

草花の苗/【開花終了株】クニフォフィア(トリトマ):ファーストサンライズ5号ポット

園芸ネット プラス

1,144

草花の苗/【開花終了株】クニフォフィア(トリトマ):ファーストサンライズ5号ポット

大株仕立て オレンジ色矮性種草花の苗/【開花終了株】クニフォフィア(トリトマ):ファーストサンライズ5号ポットクニフォフィア(トリトマ)は、一風変わった花をつける大型の宿根草です。日本ではシャグマ(赤熊)ユリとも呼ばれます。天に向かって林立する姿は面白くて印象が強く、育て甲斐のある花です。丈夫で作りやすく、暑さ寒さに強いので、露地栽培に適しています。花壇や庭園のアクセントにぴったりです。学名:Kniphofia fibrosa 'First Sunrise'タイプ:ユリ科の耐寒性宿根草英名:トーチリリー(Torch Lily)原産地:南アフリカ草丈:60~80cm開花期:6~7月植付け適期:10月~5月下旬日照:日向用途:花壇、水辺植え栽培方法:日当たりでも半日陰でもよく育ちますが、日当りが悪いと花が咲きにくいです。水はけのよい場所に適します。植え場所は深さ・幅共に40~50cm位耕し、腐葉土を多めに混ぜて植えつけます。丈夫な植物ですので、基本は植えっぱなしで大丈夫です。数年して、成長に衰えが出てきたり、株が大きくなりすぎた場合には株分けを兼ねて植え替えてください。株分けは春、新芽が動く前に1株に3芽くらいついた状態で行うと良いです。極寒地では鉢植えにして冬は南向きの軒下に取り込み、春にまた花壇に植えなおしてください。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット植えです。秋以降は地上部が枯れた状態、もしくは葉をカットした状態でのお届けとなることがございます。写真は成長時(開花時)のイメージです。 【開花終了株】クニフォフィア(トリトマ):ファーストサンライズ5号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山菜苗:晩生ミョウガ(秋茗荷) 9cmポット仮植え苗2ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山菜苗:晩生ミョウガ(秋茗荷) 9cmポット仮植え苗2ポットセット

●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8~9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1~2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4~5月)か涼しくなった秋(10~11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 【収穫に向けてのアドバイス】 ビニールポットに仮植えの状態でお届けいたします。ポット苗のままですと...

山野草の苗/センノウ:白花フシグロセンノウ(白花節黒仙翁)3号ポット

園芸ネット プラス

824

山野草の苗/センノウ:白花フシグロセンノウ(白花節黒仙翁)3号ポット

山野草の苗/センノウ:白花フシグロセンノウ(白花節黒仙翁)3号ポット白い花をつけるセンノウの仲間です。節が太く紫黒色を帯びるのが特徴。茶席の花として重宝されます。※実生苗の為、葉に斑が入る株もございます。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。タイプ:ナデシコ科センノウ属の耐寒性多年草草丈:30~90cm花期:7~10月植え付け適期:早春(新芽が動き出す前頃)栽培方法:自生地は山地ですが、低地でもよく育ち、耐寒性が非常に強いです。有機質のよく入った肥沃な土壌が適しており、日当たり~木漏れ日がさすくらいの半日陰に植えてください。鉢植えの場合、根詰まりするので1~2年くらいに一度植え替えてください。水やりは、表土が乾き始めた頃にたっぷりと与えます。5月中旬~6月中旬頃に摘芯すると脇芽が充実して花数が増え、また草丈が抑えられ倒れにくいしっかりとした株になります。株分けは秋または春に行ってください。写真は開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。株姿には個体差がありますので、ご了承ください。センノウ:白花フシグロセンノウ(白花節黒仙翁)3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗5ポットセット

●お届けについて 根を短めに切り植えていますが、生育には問題ありませんのでご安心ください。 6月~12月の期間は背丈が1mを超えるため葉を50cmほどに切ってお送りする場合もございます ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 中国の東部から東南アジアに広く分布しているイネ科の多年草で花は咲きません(ありません)。 水辺を好んで自生するマコモの一種です。見た目ははっきり言ってよくわからない草です。 草丈は大人の男性を超すほど大きくなります。 食用菌である「黒穂菌」が寄生すると根元部分の茎が肥大します。 それが「マコモタケ」です。その黒穂菌と呼ばれる菌が寄生したものだけが肥大し食用となるのです。 菌と聞くと「えっ!」と思われるかもしれませんが、この黒穂菌が寄生してくれるおかげで食用部分がなり美味しくいただけるのです。 ちなみに「マコモダケ」と聞くと筍の仲間かと思われがちですが、まったくの別種です。 収穫期には、草丈は約2mに成長し、株元に食用部分がなります。 タケノコのような食感と、ほのかな甘味が特長の低カロリーな野菜で、ダイエットにもお勧めです。 歯ごたえがよく、和洋中、多彩な料理に適しており、料亭や中華料理店では高級食材として利用されています。 近年では、秋に居酒屋でもメニューに「マコモタケの天ぷら」がお目見えするようになりました。 食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、カリウムを多く含み、血圧降下や糖尿病、骨粗鬆症等にも有効な健康食材として近年注目を集めています。 (特に食物繊維が豊富なため、食べている間は便秘知らずです。紫桜館店長櫻井体験談) また、水田の転作作物としてマコモタケを栽培する農家の方も増えています。 ●管理・植え付け場所 日向の湿地、田んぼや川のほとりなど 春...

山野草の苗/ホトトギス:秋月(シュウゲツ)3号ポット

園芸ネット プラス

801

山野草の苗/ホトトギス:秋月(シュウゲツ)3号ポット

山野草の苗/ホトトギス:秋月(シュウゲツ)3号ポットホトトギスは山野の湿り気のある場所や林の中に自生する山野草です。花びらに多数の斑がはいるので、この斑点をホトトギスの胸毛の模様に見立ててこの名がつきました。しっとりした風情で、和風庭園の下草やシェードガーデン、鉢植えにおすすめです。切花としても利用できます。秋月(シュウゲツ)は、台湾ホトトギスとの交配種で初夏咲のタイプとなります。株が充実するにつれ、開花前または開花後に切り込めば、秋頃にも咲きます。ホトトギスの中では大型タイプとなります。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。※冬季は地上部がない状態です。タイプ:ユリ科ホトトギス属の耐寒性多年草草丈:30~40cm開花期:初夏~植え付け適期:11~7月日照:半日陰むき栽培方法:寒さには大変強いのですが、夏の乾燥と高温に弱いので、半日陰で風通しのよい場所に植えつけます。やや酸性の強い土を好みますので、植え付けの際に腐葉土やピートモスを施してください。強い直射日光が当たると葉やけを起こしますので注意してください。8月いっぱいはよく水遣りをして乾燥を防いでください。冬季は地上部がなくなりますので、根元に落ち葉や敷き藁をして防寒し、冬越しさせてください。株が込み合ってきたら春または秋に株分けします。ホトトギス:秋月(シュウゲツ)3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 9cmポット仮植え苗2ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

831

山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 9cmポット仮植え苗2ポットセット

●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8~9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1~2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4~5月)か涼しくなった秋(10~11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 【収穫に向けてのアドバイス】 ビニールポットに仮植えの状態でお届けいたします。ポット苗のままですと...

樹木:ノブドウ (野葡萄) 10.5cmポット仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

712

樹木:ノブドウ (野葡萄) 10.5cmポット仮植え苗

●商品説明 【落葉つる性植物】【果樹苗】【秋にカラフルな実をつける】 日本各地に分布する落葉つる性植物です。古来から日本で自生するブドウ科の植物ですが、葡萄とは別種です。食用には適さず、主に実の観賞用として人気です。ノブドウは荒れた藪地などいたるところで繁茂していますが、変種も多く、葉の形もさまざまです。 秋になると、大きさは直径6~8mmの淡緑色から紅紫色、ルリ色などに七変化する果実をつけます。植物としては珍しいカラフルな色合いで、ポップな印象がかわいらしい実です。しかし、果実は苦く食用にはなりません。 名前の由来は、野にあることから「野ブドウ」と呼ぶいわれています。地域によって呼び方も異なり、鳥がこの実を好んで食べることから「鳥(カラス)ブドウ」、ノブドウが 食用にならず役に立たない意味合いから「イヌブドウ」など、「馬ブドウ」「蛇ブドウ」などさまざま。 食用にはならないことが一般的ですが、ノブドウにはさまざまな効能があり、古くから民間薬として利用されてきたようです。「実」は果実酒、「葉、茎」はお茶として利用されます。最近では、ノブドウはポリフェノールやビタミンなど多くの栄養素を含み、さまざまな効能があることに注目が集まっています。 ●科/属名 ブドウ科ノブドウ属 ●特性 落葉つる性木本 ●開花時期 7~8月 ●管理場所 半日陰 ●育て方 半日陰の風通しのいい場所で管理します。鉢植えの場合は、一鉢に一株とし、市販の培養土がおすすめです。成長して根詰まりをしてきたら一回り大きめの鉢に植え替えましょう。水やりは表土が乾いたら十分に与えます。冬の休眠期は水は控え気味にしましょう。 葉やつるをまめに剪定することで、風通しがよくなり、たくさんの実の収穫が期待できます。ノブドウの植え付けは春が適しています。 ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク