メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山野草青い花」検索結果。

山野草青い花の商品検索結果全4件中1~4件目

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 15cmポット3株植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,425

山野草:サキガケアヤメ (魁文目) 15cmポット3株植え苗

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【茶花】【切り花向き】【庭植え向き】 商品名:サキガケアヤメ(さきがけあやめ) 和 名:魁文目 ●商品説明 通常の青花アヤメよりも先駆けで咲くため、この名がつけられました。 アヤメとサキガケアヤメの違いは草丈。条件が良いとサキガケアヤメはアヤメの倍1m以上にまで成長します。 初夏にスッと細い葉を伸ばし、先端に青い蕾を付けます。このつぼみ姿も涼を誘います。花色もアヤメより濃い青です。 ●草丈 40cm~1m ●科/属名 アヤメ科アヤメ属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●植え付け適期 涼しくなった秋か、早春 真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日当たりの良い場所に植えます。 丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。 株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。 *鉢植えの場合* 日当たりの良い場所で管理しましょう。 風通しの良い場所を好みます。 水はけがよく通気性の良い土が適しています。 根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。 休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。 *肥料* 3月と秋に置き肥

(山野草)クワイ(慈姑)(1ポット分)

charm 楽天市場店

640

(山野草)クワイ(慈姑)(1ポット分)

※秋期から春先にかけての出荷の場合、地上部の葉が一部枯れた状態での出荷となる場合がございます。 冬越しの為の休眠状態ですのでご理解を御願い致します。おせち料理の縁起物!クワイ発送形態球根・苗どんな種類?クワイは中国原産のオモダカ科の水性野菜で、見た目は里芋に似た球形です。中国と日本でしか栽培されていないようで、中国のものが白クワイと呼ばれ、日本のものは青いので青クワイと呼ばれています。中国のものは、しゃきしゃきした独特の歯ざわりがあります。日本では、勢いよく芽が出ることから縁起物として正月料理に用いられます。そのため、市場に出回るのもその時期が中心になります 別名田草、燕尾草、クワエ-学名(※)Sagittaria trifolia L.-(※)…改良品種や学名が不明の種は流通名での記載の場合があります。分類オモダカ科(Alismataceae)オモダカ属(Sagittaria)分布アジア、ヨーロッパ、アメリカ草丈40cm前後冬季の冬越し球根の状態で休眠します、水切れを起こさないよう常に湿った状態を保ちます。冬季~早春の販売について・植物の特性により、地上部が枯れたような状態、または一部が枯れたような状態での出荷となる場合がございます。・新芽の発芽等を確認した状態で発送致しますが、冬季から春先にかけての出荷の場合、ハウス内等暖かい場所で管理されたものとなる場合があり、屋外に置かれますと寒さにより状態を崩す恐れがあります。注意※表記サイズはおおよその目安です。育成環境や、成長の度合いにより最大サイズは異なります。※入荷状況等により、ポットなし1ポット分での発送となる場合がございます。お届けする苗の状態について※ハウス内で管理された苗のお届けとなる場合がございます。加温されている為、開花期・成長状態等が一般的な季節よりずれてしまう場合がご...

こちらの関連商品はいかがですか?

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草)15cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,782

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草)15cmポット苗

●商品説明 このまま鑑賞してもいいですし、そっと庭に植えつけても良いでしょう。大株は丈夫で庭植えにも最適です。 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 ...

山野草の苗/雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

1,665

山野草の苗/雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セット

雪割草、銘品実生系の開花予定株です。花色は様々なお色となりますのでご了承ください。タイプ:キンポウゲ科の耐寒性宿根草耐寒性:マイナス15度草丈:5~10cm開花期:2~4月栽培方法:用土は硬質の鹿沼土が適しています。乾燥する場所では赤玉土を1割ほど混ぜて植えつけます。鉢は排水・通気性の良いものが適します。鹿沼土は排水性がよいので、乾いて表面が白っぽくなったら潅水します。新芽が出る頃から花後に葉が固まる頃まで(3月中旬~6月中旬)は多めに水を与えます。夏は夕方に鉢底から水が流れるまでたっぷり与え、温度を下げます。耐肥性が高く肥料により良く育つ品種ですが、無肥料でも花芽をつけるので、肥料は控えめにします。月1回薄めの液肥を与え、年一度秋に緩効性をひとつまみ施します。早春から開花後までは日向におき、5月から秋までは涼しく風通しの良い半日陰で管理します。特に夏の直射日光に当てると葉やけを起こすので、遮光ネットなどで80~90%日差しをさえぎるようにします。4~5月に種をとりすぐにまくと翌年発芽します。3年目に本葉が出て4年目に開花します。また、大株になったら初秋に株分けをしてふやすこともできます。写真は開花・成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。雪割草:銘品(花色アソート)2.5号ポット 3株セットの栽培ガイド雪割草の栽培方法苗類のお届け形態について

山野草:ウスバサイシン (薄葉細辛) 9cmポット苗20ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

8,527

山野草:ウスバサイシン (薄葉細辛) 9cmポット苗20ポットセット

●商品説明 地表近く葉陰に小ぶりな花をつけ、一見地味ですが姿形は上品な植物です。名前の由来は、「薄葉(ウスバ)」は葉の厚さが薄いこと、「細辛(サイシン)」は薬用とされる根が細く辛味があることからついたようです。 ウスバサイシンは姫岐阜蝶(ヒメギフチョウ)の餌としても有名で、この葉にしか卵を産み付けないことから、蝶を育てている方達には大事な植物のようです。幼虫はウスバサイシンの葉・茎・花まですべて食べ丸裸にしてしまいますが、翌年も元気に芽を出すようです。自然界の絶妙なバランスとしてお互いなくてはならない存在なのでしょうか。様々な特徴があり魅力的な花です。 ●草丈 10~15cm ●科/属名 ウマノスズクサ科カンアオイ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰の湿り気のある場所 *庭植えの場合* 林のようなやや暗い場所、湿った土を好みます。 通年50%以下の遮光下で育てます。 (※庭植えにすると花が見えにくくなります。) *鉢植えの場合* 通年50%以下の遮光下で育てます。 植え替えは株が混んできたころ、2年に1度秋にします。 水はけの良い用土を使い、高さ・通気性のある鉢を選び植え付けます。 花が見えにくいので、高植えにするのをお勧めします。 *鉢植えの水やり* 水が好きです。水切れ・乾燥に注意します。 蕾をつけた冬~春の間は湿度を高く保つと花が大きく開きます。 *肥料* 肥料好きです。 植え付け時に元肥、秋に置き肥。

山野草:ツバメオモト (燕万年青) 素掘り苗20株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

6,735

山野草:ツバメオモト (燕万年青) 素掘り苗20株

●商品説明 早春に咲くツバメオモト。艶やかな葉にくるまれ芽吹き出します。芽吹きだし~開花までの様子がとても可愛らしく、人気があるお花です。 15~30cmの長楕円形の緑の葉は、肉厚で柔らかな光沢があり、そこから伸びる30cm弱の細い茎の先に、白い小さな花を咲かせます。散状に咲く花は可憐で見るものを癒します。お盆の頃に、瑠璃色の実をつけ、その様子はとても美しいものです。実は、熟すと黒に変わります。 和名の由来は、葉が観葉植物のオモトに似ていることと、夏につける実の色をツバメの頭に見立て、この名がつけられたといわれますが、ツバメの意味は他にも諸説があるようです。 ●草丈 20~30cm ●科/属名 ユリ科ツバメオモト属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●育て方 林内に自生する植物のため、木漏れ日の当たるような半日陰で育てましょう。直射日光に当てるとすぐに弱ってしまいます。植え付けは落葉樹の下などが良いでしょう。暑さに弱いため、猛暑の地域には向きません。乾燥しないように注意します。 植え替えは休眠期中の秋~早春(芽吹かないうち)。この期間に植え付けてあげると根が落ち着き、育ちやすいです。

山野草:ツバメオモト (燕万年青) 素掘り苗5株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,871

山野草:ツバメオモト (燕万年青) 素掘り苗5株

●商品説明 早春に咲くツバメオモト。艶やかな葉にくるまれ芽吹き出します。芽吹きだし~開花までの様子がとても可愛らしく、人気があるお花です。 15~30cmの長楕円形の緑の葉は、肉厚で柔らかな光沢があり、そこから伸びる30cm弱の細い茎の先に、白い小さな花を咲かせます。散状に咲く花は可憐で見るものを癒します。お盆の頃に、瑠璃色の実をつけ、その様子はとても美しいものです。実は、熟すと黒に変わります。 和名の由来は、葉が観葉植物のオモトに似ていることと、夏につける実の色をツバメの頭に見立て、この名がつけられたといわれますが、ツバメの意味は他にも諸説があるようです。 ●草丈 20~30cm ●科/属名 ユリ科ツバメオモト属 ●特性 多年草 ●開花時期 5~7月 ●育て方 林内に自生する植物のため、木漏れ日の当たるような半日陰で育てましょう。直射日光に当てるとすぐに弱ってしまいます。植え付けは落葉樹の下などが良いでしょう。暑さに弱いため、猛暑の地域には向きません。乾燥しないように注意します。 植え替えは休眠期中の秋~早春(芽吹かないうち)。この期間に植え付けてあげると根が落ち着き、育ちやすいです。

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

475

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット苗

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1~2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植...

山野草の苗/木瓜:日月星(ジツゲツセイ)3~4号ポット*

園芸ネット プラス

744

山野草の苗/木瓜:日月星(ジツゲツセイ)3~4号ポット*

早春を彩る和の花です。庭木、鉢植え、盆栽に。日月星(ジツゲツセイ)は白色地に紅色の大小絞り、伊達絞り、吹掛け絞り、白色、紅色無地の咲き分けなど美しい芸を見せる一重咲きの大輪品種、早咲き性です。白地で咲いた花は花が落ちるまで純白で、紅絞りなども美しく気品があります。大正初期前作出品種です。庭木、鉢植えに。※花色は個体により幅があります。また花色には偏りがある場合もございます。学名:Chaenomeles 'Jitsugetsusei'タイプ:バラ科バラ属の耐寒性落葉低木植え時:9月~5月栽培適地:北海道南部以南(耐寒性マイナス20度まで)樹高:1~1.5m(または盆栽仕立て)開花期:3月~5月用途:盆栽、鉢植え、庭植え、切花日照:日向むき3~4号(直径9~12cm)ポット入り、樹高約20~40cm前後です。樹高は入荷時期により前後する場合があります。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗となります。樹形は曲がりがあったり個体差がございますのでご了承ください。お届け時期により、開花後となる場合がございます。木瓜:日月星(ジツゲツセイ)3~4号ポット*の栽培ガイド花梅(ハナウメ)花桃(ハナモモ)木瓜(ボケ)の育て方苗類のお届け形態について

野菜の苗/行者ニンニク(アイヌネギ)1芽植え3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

798

野菜の苗/行者ニンニク(アイヌネギ)1芽植え3号ポット2株セット

行者にんにくは古くから北海道など北国の山菜として重宝されてきました。また最近は健康野菜としても注目を集めています。香りはニンニクよりも強いといわれるほど風味があります。若芽を根元から摘み取り、利用します。学名:Allium victorialisタイプ:ユリ科の耐寒性宿根(半耐暑性)草丈:20cm収穫期:3~4月日照:日陰むき栽培方法:涼しい場所を好みますので、半日陰の落葉樹の下などに植え付けます。毎年、株が増えていきますが、ある程度株数が増えるまでは収穫を控えるとよいでしょう。利用方法:葉が開く前のものは生のまま味噌をつけてお酒のつまみに。葉が開いたあとは少し硬くなるので、さっと茹でておひたしや味噌和えに。また、細かく刻んでネギのように麺類の薬味にもなります。生のまま醤油漬け(醤油、お酒、唐辛子)にすると風味豊かでおいしいです。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット入り、1ポット1芽植えです。冬季は地上部のない状態でのお届けとなります。写真は成長時のイメージです。使用農薬(有効成分):農薬は使用していません。生産地:岩手県行者ニンニク(アイヌネギ)1芽植え3号ポット2株セットの栽培ガイド春の山菜苗類のお届け形態についてニンニクの育て方

送料無料
山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,550

山野草:リョウメンシダ (両面羊歯) 10.5cmポット苗28ポットセット【送料無料】

●商品情報 【シダ植物】【常緑多年草】【グランドカバー】【シェードガーデン向き】 商品名:リョウメンシダ(りょうめんしだ) 和名:両面羊歯 別名:ニネングサ、ニネンソウ、アキシラズ、フユシラズ 学名:Arachniodes standishii ●商品説明 日本各地の山の樹林下の空中湿度の高いところに群生する常緑多年草シダ植物。初夏から葉がしっかり展開し始め、大形の葉を一面に広げ、美しいレース状の葉模様を見せてくれます。面の色合いや光沢のようすが表・裏ともほとんど同じで変わらないことからリョウメンシダ(両面シダ)の名がつけられました。 涼しい地域(東北など)では冬葉は落葉し休眠し翌春にまた新葉がでてきます。関東以西の暖かい地域では1年を通して常緑のため、グランドカバーなどに最適です。初夏から葉がしっかり展開し始め、大変美しい葉模様を見せてくれます。 昔から、リョウメンシダの生えるところは、スギがよく育つと伝えられています。また、なめこが出やすいともいわれ、山に住む人々にとって指標植物となっています。また、葉の切れ込みが多く、他のシダに比べて触った感触がやわらかいため、採った山菜を束ねたり、山小屋の敷物などにも使われるなど、シダには珍しく人々の生活に関わりのある植物です。 リョウメンシダの他にも存在感がありお勧めなのは「クジャクシダ」や「オシダ」。そして山菜として有名な「コゴミ(クサソテツ)」もお勧め。コゴミの場合、春に半分程食して後はそのままにしておくと、オシダより若干小ぶりな放射状の葉を広げてくれますよ。 ●科名・特性 オシダ科 カナワラビ属 多年草 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ※日向は避けましょう ●植え付け適期 春か晩秋 ※夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 初夏から葉を広げ始めます...

送料無料
山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,206

山野草:タチツボスミレ(立壺菫) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【グラウンドカバー】 商品名:タチツボスミレ(たちつぼすみれ) 和名:立壺菫 学名:Viola grypoceras ●商品説明 日本の春を代表する花といえば「スミレ」を思い浮かべる方も多いはず。日本には70種ほどのスミレが自生するといわれますが、その中でも代表するスミレがこの「タチツボスミレ」です。愛好者も多く、ごく身近に見ることができる親しみのある植物です。 名前の由来は、茎が地表に伸びて立ち上がるように成長するためです。ツボ(坪)とは庭を表し、身近なところで楽しむことかできる意味を持ち、タチ(立)は花盛りを過ぎると茎がだんだんと立ち上がってくるところからきています。 タチツボスミレとごく一般のスミレの違いは、この茎の立ち上がり。ごく一般のスミレは立ち上がらず成長します。長く伸びる茎は、最大で高さ20cm前後になります。高く伸びた後は、花後にできた種袋から小さな種を勢いよく弾き出します。自らが撒いたその種は、また葉を付け綺麗な花を咲かせるのです。 葉は薄く、きれいなハート形です。花は葉のつけ根に1輪ずつつき、直径1~2cmの薄紫色です。殖えやすく、群生しやすい。東北では花見の時期に脇道を見るとよく見かけることができ、花言葉にもある「ひかえめ」ながら「誠実」に放つ花色は薄い青紫。透き通るように美しい花姿で心落ち着く一時を感じられます。主張しすぎず上品な存在感のあるスミレは日本人に一番親しまれてきた花であり、今後も愛され続けることでしょう。 ●草丈 5~20cm程 ●科/属名 スミレ科スミレ属 ●特性 多年草 ●開花時期 3~5月 ●管理場所 日向~半日陰 (関東方面の温暖な地域では半日陰) ●育て方 *庭植えの場合* 日本の山地でよく見られる丈夫で育てやすい植...

送料無料
山野草:オカトラノオ (丘虎の尾) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,826

山野草:オカトラノオ (丘虎の尾) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品名(和名)[別名] オカトラノオ(丘虎の尾) ●商品説明 初夏に、白い小さい花を穂状につらなり咲かせます。涼しげに揺れる姿が人気で、一斉に同じ方向に向いて咲く様はとても美しい風景です。草丈60cm以上になりますが、大きくても100cmほど。動物の尻尾のような房状の花を咲かせます。花は茎に近いところから徐々に咲き始め、長い期間花を楽しめます。野性味の強い植物で生育がよく、地下茎を持ち群生します。和風、洋風どちらの庭にもよく似合う植物です。 和名では「丘虎の尾」と書き、虎のしっぽに例えられてつけられました。「~トラノオ」と名のつく植物は多く、花穂が長くその周りに花がつくものにつけられます。オカトラノオ(丘虎の尾)は和名の通り、丘に自生しているから。海草の仲間のウミトラノオと区別したから、ともいわれています。 ●草丈 60~100cm程 ●科名/属名 サクラソウ科オカトラノオ属 ●特性 多年草 ●開花時期 6~7月 ●管理場所 日向 ●育て方 *庭植えの水やり* 日当たりの良い場所で管理します。 盛夏に葉焼けするようなら軽く遮光しましょう。 他の植物と一緒に植えておくと葉焼けしにくいです。 *鉢植えの水やり* 表土が乾いたらば充分にあげましょう。 生育期間中の極端な乾燥は避けましょう。 *肥料* 生育期間中に液肥か置き肥

送料無料
山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

17,107

山野草:黄花イカリソウ(黄花碇草) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 四方にツノのように突き出した花びらが特徴的な、とても可愛らしいお花です。この突き出したツノが船のイカリのように見えるため、この名前がつきました。『イカリ』と言うと、鉤(カギ)が二本あるものを想像しがちですが、昔の日本では四本鉤のものが主流だったので、『イカリソウ』と呼ぶのにぴったりの風貌だったのです。 黄花とは言っても、パッとした黄色ではなく淡いクリーム色に近い黄色です。大きくなればなるほど花付きもよくなります。大きさは20センチ~40センチほど。花の大きさは約2センチと、とても小さなものです。葉の下に花を咲かせるため、花をしっかり見るためには下からのぞきこむようにしなければなりませんが、身をかがめてでも見たくなるような、可憐なお花です。 イカリソウはとても種類が豊富で、日本国内外に数十種類あります。大まかに分けると、日本海側には黄花、太平洋側には桃花のイカリソウが自生していることが多いようです。 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】 ●背丈 20~40cm ●科/属名 メギ科イカリソウ属 ●特性 多年草 ●生育地 落葉広葉樹林(半日陰) ●開花時期 3月~5月 ●育て方 *管理場所* 半日陰 *庭植えの場合* 庭に植えれば、よっぽど乾燥することが無い限り水やりも不要。いつの間にか沢山増えるので、お世話を少々怠けても大丈夫。風通しの良い庭木の陰に植えましょう。 直射日光があたる場所では葉が焼けることがあるので注意してください。植え替えは、地上部が枯れる頃から新芽が出る前までの間に行うのが良いでしょう。 *鉢植えの場合* もともと樹木の陰になって生えているので、半日陰で管理しましょう。 根が詰まると花つきが悪くなるので、鉢植えにする場合は2~3年ごとに植え替えましょう。地上部が枯れた晩秋~...

山野草:タンナワレモコウ 9cmポット苗40ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

10,692

山野草:タンナワレモコウ 9cmポット苗40ポットセット

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【盆花】【茶花】【矮性種】 商品名:タンナワレモコウ(たんなわれもこう) 和名:丹那吾亦紅、丹那吾木香 別名:耽羅吾亦紅 学名:Sanguisorba officinalis ●商品説明 韓国の済州島特産の矮性種です。「タンナ」とは済州島の古名です。 通常のワレモコウに比べ草丈が30cm程と低く花穂も小さめです。 冬は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。 ●草丈 30~40cm ●科/属名 バラ科ワレモコウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 8~9月 ●植え付け適期 春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。 ●管理場所 水はけの良い日向 ●育て方 日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。 水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。 丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると...

野菜の苗/イチゴ:あきひめ(章姫)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

924

野菜の苗/イチゴ:あきひめ(章姫)3号ポット3株セット

章姫(あきひめ)は、「久能早生」と「女峰」の交配で生まれたビタミンたっぷりの美味しいイチゴです。ひと口では食べ切れないほど大きくてジューシー。糖度が高く、酸味は弱めです。学名:Fragaria x ananassa 'Akihime' タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~3月結実期:4月~7月草丈:25~30cm日照:日向向き用途:鉢植え、花壇栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。使用した農薬(散布回数)イミノクタジンアルベシル酸塩2回、マンゼブ2回、ベノミル1回、オレイン酸ナトリウム1回、水和硫黄剤1回、ジチアノン1回...

野菜の苗/イチゴ:にょほう(女峰)3号ポット3株セット

園芸ネット プラス

924

野菜の苗/イチゴ:にょほう(女峰)3号ポット3株セット

やや小粒ですが酸味も適度にあり、その上色が鮮やかで外観もすばらしい人気品種です。促成栽培に適し、栃木県を中心に広く栽培されています。生育旺盛でどんどん実がなります。「とよのか」とともに営利栽培では2大品種と呼ばれ、店頭にも多く並びます。完熟させると糖度は12度にもなる甘い品種。生食のほか、ケーキやデザートの飾りにも適しています。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10月~3月結実期:5月下旬~6月果重:10~14g日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。たくさん収穫するには、1株あたりの土の量を十分にとることが大切です。コンテナ栽培の場合は、一般的な65cm幅のプランターなら3株、鉢なら6号(直径18cm)鉢以上に1株を目安にします。畑なら株の間は30cm以上あけましょう。 元肥は鶏糞や堆肥を施します。元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、北風が当たったり表土が凍るような寒い場所では防寒します。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。1~2月に根元から小さな芽が出てきたら追肥をします。緩効性固形肥料を根元にまたひとつかみ分まいてください。また、根元に敷き藁や黒いポリエチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので...

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 3株セット

園芸ネット プラス

924

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 3株セット

「ふさのか」は特有の芳香があり、甘味が強く、酸味が少ないことから極めておいしく、果実の色、光沢にも優れるイチゴの品種です。従来の品種で問題となる中休みの発生も軽微で、連続的に収穫できです。また、うどんこ病に強く栽培しやすい品種です。千葉県で味がよい「きはる」と良食味で大玉果が多く多収性の「とちおとめ」を交配し、選抜育成した品種。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長・結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 3株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

山野草の苗/ニリンソウ:早咲大花二輪草(5芽前後)3号ポット

園芸ネット プラス

801

山野草の苗/ニリンソウ:早咲大花二輪草(5芽前後)3号ポット

一般のニリンソウよりも草丈が低く株が小ぶりで、花が大きい品種。ハコネニリンソウとも呼ばれます。鉢植えに向きます。ニリンソウは中部地方以北の山野の明るい林床ややや日陰となる場所に自生する多年草です。早春の雪解け時にカタクリとともに開花する代表的な山野草です。直径2cmほどの可憐な花を1茎に2個ほど咲かせます。肥料を施すと花つきがよくなります。茎葉は山菜のフクベラとしても知られ、柔らかでおいしく、おひたしや汁の実に利用されます。開花してから2ヶ月ほどで地上部が消えます。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。冬季は地上部がない状態でのお届けです。学名:Anemone flaccidaタイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草草丈:15cm開花期:3~5月日照:日向~半日陰むき栽培方法:茎葉のある間はよく日が当たり、夏は日陰となる樹木の下などが適しています。腐植質に富む排水と通期のよい土を好みます。鉢植えの場合は少し大きめの浅鉢に腐葉土などを混ぜた土で植えつけます。地上部がある間に薄い液肥を与えると翌年の花つきがよくなります。乾燥させすぎないようご注意ください。ニリンソウ:早咲大花二輪草(5芽前後)3号ポットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

616

野菜の苗/イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 2株セット

「ふさのか」は特有の芳香があり、甘味が強く、酸味が少ないことから極めておいしく、果実の色、光沢にも優れるイチゴの品種です。従来の品種で問題となる中休みの発生も軽微で、連続的に収穫できです。また、うどんこ病に強く栽培しやすい品種です。千葉県で味がよい「きはる」と良食味で大玉果が多く多収性の「とちおとめ」を交配し、選抜育成した品種。タイプ:バラ科イチゴ属の耐寒性多年草植え付け適期:10~3月結実期:5月日照:日向向き栽培方法:日当たり、水はけのよい場所を好みます。元肥は鶏糞や堆肥を施します。従来のイチゴより元肥をやや多く施して収穫初期までに株を大きく育てます。植え付けは中心の芽が土に埋まらない高さに植えます。浅植え、深植えは禁物です。新しい葉4~5枚を残して株元の枯れ葉などはすべて摘み取ります。冬は防寒の必要はありませんが、春になって芽が伸び始めたら、根元に敷き藁や黒いポリオチレンのシートを敷き、地温を上げるとともに、果実に泥はねなどの汚れがつくのを防ぎます。低温期は水管理に特に注意して、やや控えめに水遣りします。2月までは月に1回、化成肥料などを追肥してください。収穫期間が長いので、収穫中も肥料切れのないように注意してください。草勢が弱ると乱形果が生じるので、追肥は液肥でやや多めに施します。写真は成長・結実時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。 イチゴ:ふさのか(ふさの香)3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について野菜:イチゴ(苺)の栽培方法

ハーブの苗/マロウ(アオイ):コモンマロウ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

638

ハーブの苗/マロウ(アオイ):コモンマロウ3号ポット2株セット

マロウはヨーロッパ原産のアオイ科の植物。薬用、食用、観賞用に幅広く利用されている人気のハーブです。コモンマロウはウスベニアオイとも呼ばれ、大輪の濃紫花です。※色幅があります。コモンマロウのハーブティーはレモンを入れると青からバラ色に変化し、美しい色の変化が楽しめます。胃炎や気管支炎、便秘、利尿、喉の痛みなどに効果があります。また、ぬめりのある葉はサラダやバター炒めなどにして食べます。学名:Malva sylvestris タイプ:アオイ科の耐寒性宿根草草丈:150cm開花期:5~9月日照:日向むき栽培方法:日当たりのよい、栄養分を含んだ土に植えてください。初夏から初秋にかけて次々と花を咲かせます。春と秋に追肥をします。収穫・利用方法:若い葉と花をハーブティーなどに利用します。生でも利用できますが、別々に乾燥させて保存して随時利用すると便利です。お届けする苗は3号(直径9cm)ポット植え、2株セットです。写真は成長時のイメージです。お届けする時点では苗ですので、ご了承ください。※冬季は地上部が枯れている状態となります。 使用農薬(有効成分):マラソン1回生産地:宮城県マロウ(アオイ):コモンマロウ3号ポット2株セットの栽培ガイドハーブティ向けのハーブティ用のハーブ11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グロッソ3号ポット12株セット

園芸ネット プラス

4,151

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):グロッソ3号ポット12株セット

グロッソは交配種のラバンジンラベンダーの一種です。花つきがよく、ガクや苞葉ともに紫味を帯びるので花穂全体が紫色になり、ボリュームのある美しいタイプです。花穂が長く、強く甘い香りがあります。香料用の主力品種です。株は大株に育ちやや横に広がります。耐暑性が強く、暖地にもおすすめです。学名:Lavandula x intermedia 'Grosso'タイプ:シソ科ラバンデュラ属の耐寒性宿根草草丈:40cm開花期:7~8月用途;鉢植え、花壇日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。耐暑性、耐病性がつよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。★小さい苗となります★使用農薬(有効成分):マラソン1回、ニテンピラム1回生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系):グロッソ3号ポット12株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブのお風呂ティ用のハーブハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

草花の苗/ジギタリス(フォックスグローブ):グランディフローラ3号ポット 2株セット

園芸ネット プラス

532

草花の苗/ジギタリス(フォックスグローブ):グランディフローラ3号ポット 2株セット

ジギタリスは洋風ガーデンや花壇の主役となる丈夫で大型の宿根草。長く立ち上げた花茎に、ベル型の花を穂状につけます。草丈が大きく伸び、花茎の周囲にいっぱいの花をつけるので、花壇で引き立ち、切花にも適しています。バラとの相性も抜群です。暑さ寒さに強く、やせ地、半日陰や窪んだ場所でもよく育ちます。毒性があるので、葉や根、花を食べないようにご注意ください。冬季はロゼット状です。写真は成長時のイメージですが、お届けの際は苗の状態です。開花は2年目からとなる場合がありますので、ご了承ください。タイプ:ゴマノハグサ科の耐寒性宿根草草丈:90~100cm開花期:5~6月植え付け適期:10~4月日照:日向または半日陰むき用途:花壇、切花栽培方法:日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。酸性土壌を嫌うので、植えつけ前に苦土石灰をふり、元肥を入れてよくすきこんでください。水は土が乾いたらたっぷりと与えます。湿気を嫌うので、過湿にならないように注意してください。成長期に1000~2000倍に薄めた液体肥料を月に2~3回施します。宿根草ですので、花後は花茎を切り落とし、植えたままにしておくと毎年殖えていきます。冬季、寒い場所では敷き藁等をして霜よけしてください。ジギタリス(フォックスグローブ):グランディフローラ3号ポット 2株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

686

ハーブの苗/ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セット

ラバンディン系はイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)(L.angustifolia)×スパイクラベンダー(L.latifolia)の交雑や交配よって生まれた品種です。花のつきかたはイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア系)と同じです。耐暑性、耐病性が比較的つよく、高温多湿の日本の夏にもよく耐え、初めての方にも育てやすい品種です。スコティッシュコテージは花色が明るく、株はコンパクトにまとまる品種です。学名:Lavandula x intermedia 'Scottish Cottage' 英名:Lavender Scottish Cottageタイプ:シソ科ラバンディラ属の耐寒性常緑低木原産地:ヨーロッパ草丈:40~80cm開花期:5~7月用途:花壇、鉢植え日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗の状態です。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なる場合がございます。★小さい苗となります。使用農薬(有効成分):チアメトキサム1回 生産地:宮城県ラベンダー(ラバンディン系):スコティッシュコテージ3号ポット2株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツハーブの横顔 ~ラベンダー~ラベンダーの剪定方法苗類のお届け形態についてラベンダースティック(バンドルズ)の作り方

ハーブの苗/ローズマリー(ほふく性):プロストラータス3号ポット2株セット

園芸ネット プラス

686

ハーブの苗/ローズマリー(ほふく性):プロストラータス3号ポット2株セット

ほふく性ローズマリーのおすすめ品種。プロストラータスは、ラテン語で「地を這う」の意味です。枝は、はうか垂れ下がる典型的なほふく性で、斜面の花壇やつり鉢などに最適です。淡いブルーの花が咲き、料理・園芸・手工芸に向いています。半耐寒性(マイナス5度まで)なので、鉢仕立てにして冬は南向きの軒下か明るい室内で管理してください。学名:Rosmarinus officinalis (Prostratus Group) タイプ:シソ科マンネンロウ属の半耐寒性常緑小低木草丈:50~80cm 開花期:秋から翌春にかけて 用途:鉢植え、コンテナ、吊り鉢日照:日なた栽培方法:日当たりの良い、水はけがよく乾燥気味のやせた軽い土を好みます。根が多湿を嫌うので、排水のよい状態を保つ様にします。5~6月、成熟した枝先5~8cmを使って挿木で殖やすことができます。 収穫 葉は使用のつど摘みますが、多量の収穫は3年苗くらいからです。乾燥保存は開花直前に採ります。常緑樹なので栽培している場合は生葉で利用するとよいでしょう。 肉料理の臭み消しによく使われます。肉を焼く前の下ごしらえとして、生か乾燥葉をはりつけてから調理すると効果的です。枝をフライパンの底に敷いてもよく、じゃがいもをゆでたりする時に一枝加え香りをつけたりします。また、花をハーブティーに使うと非常に香りがよいものです。また、サラダの飾り付けにも利用できます。写真は成長時(開花時)のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですので、ご了承ください。お届け時には個体差があります。写真、サイズと異なることがありますので、ご了承ください。使用農薬(有効成分):チアメトキサム1回生産地:宮城県ローズマリー(ほふく性):プロストラータス3号ポット2株セットの栽培ガイド野菜栽培のコンパニオンプランツローズマリーのスタンダード仕立...

ハーブの苗/フラックス(アマ):ペレニアルホワイト3号ポット 6株セット

園芸ネット プラス

1,826

ハーブの苗/フラックス(アマ):ペレニアルホワイト3号ポット 6株セット

初夏に涼しげで可憐なホワイトの花を咲かせます。細い茎の頂部に初夏からホワイトの小花を毎日咲かせます。ハーブガーデンやナチュラルガーデンの彩りにぴったりです。タイプ:アマ科アマ属の耐寒性落葉多年草草丈:20~80cm開花期:6~8月日照:日向むき栽培方法:日当たり、水はけのよい冷涼な場所を好みます。多湿に弱いので、なるべく水はけ良く育ててください。平地なら土盛りをするとよいでしょう。夏場は葉がきたなくなりがちなので、花後に切り戻してください。肥料は控えめに、特に窒素分が多いと枯れるのでご注意ください。挿し木、種まき、株分けで殖やすことができます。写真は成長・開花時のイメージですが、お届けの際はまだ苗ですのでご了承ください。お届け時の苗姿は個体差があります。表示の写真と異なることがありますので、ご了承ください。フラックス(アマ):ペレニアルホワイト3号ポット 6株セットの栽培ガイド11月のハーブのお手入れ10月のハーブのお手入れ9月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ8月のハーブのお手入れ7月のハーブのお手入れ12月のハーブのお手入れ2月の野菜・ハーブ類のお手入れ3月のハーブのお手入れ4月のハーブのお手入れ5月のハーブのお手入れ6月のハーブのお手入れ苗類のお届け形態について

スポンサーリンク
スポンサーリンク