メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山野草植物」検索結果。

山野草植物の商品検索結果全1,338件中1~60件目

送料無料
創作山野草の魅力

BONSAI 彩都 楽天市場店

1,522

創作山野草の魅力

判型:B5 総頁:128頁 ワクワク作業シリーズ1 ただ花を眺めるだけでは物足りないという人々に大人気。季節の山野草を組み合わせて寄せ植えをつくる創作山野草の本。著名作家による創作実技や作品鑑賞の他、創作に向く山野草50種の培養管理を網羅。 ※送料無料サービス 【目次】 ◆鑑賞の楽しみ 創作山野草美術館 ●江坂正子の世界 ●小川敏郎の世界 ●武部昌代の世界 ●宮尾和子の世界 ●江坂正子の世界 ◆作業を楽しむ 創作山野草〔実技前篇〕 ●自然なからみ合わせで高原の秋を演出 実技:江坂正子氏 ●細く小さなハネ出しが景趣を醸し出す 実技:小川敏郎氏 ◆創作に向く山野草カタログ 全57種の魅力 ◆創作に向く山野草 培養ポイント〔前篇〕 ●アキチョウジ ●アサギリソウ ●アシの仲間●アヤメの仲間●イカリソウ●イグサの仲間●イソギク●イチリンソウの仲間●イトラキョウ●イネの仲間●イワシャジン●イワタバコ●イワチドリ●イワヤツデ●ウチョウラン●ウメバチソウ●オウレンの仲間●オキナグサ●オミナエシ●キキョウの仲間●ギボウシの仲間●コバイモ●コバンソウ●サギソウ●サクラソウ●サワギキョウ●ザンセツソウ●シコクカッコソウ●シュンラン ◆作業を楽しむ 創作山野草〔実技後篇〕 ●自然味を引き出すバラシ寄せのテクニック 実技:武部昌代氏 ●備前の国・岡山の古備前瓦を使いこなす 実技:宮尾和子氏 ●自然の力を最大限に活用、時を共有する持ち込みの妙 実技:宮尾和子氏 ◆創作に向く山野草 培養ポイント〔後篇〕 ●ショウジョウバカマ ●ショウマの仲間 ●スミレの仲間 ●セッコク ●センノウの仲間 ●ダイモンジソウ ●ツルソバ ●トキワヒメハギ ●ナデシコノ仲間 ●ナンバンギセル ●ノキンギク ●ハナゼキショウ ●ヒダカミセバヤ ●ヒトリシズカ ...

送料無料
隔月刊「山野草とミニ盆栽」15年秋号

BONSAI 彩都 楽天市場店

1,004

隔月刊「山野草とミニ盆栽」15年秋号

平成27年10月10日(土)発売 特集1 植物たちが「作品」になるまで 創作山野草の世界 ◎創作山野草作品集 喜宝園/妙花風盆草教室/菊川草もの盆栽会 ◎秋の七草を寄せ植えする 勝亦隆雄 ◎実作例に見る 組み合わせ、鉢・卓使いバラエティ 育てるだけじゃない、盆栽の楽しみ 「飾」る。 ~センスとアイディア、エトセトラ~ トピックス 種子交換の現況 東京山草会種子交換会 愛好家お庭拝見 蝶がくる庭づくり 岩切 創さん グラビア・イワギボウシの美 ミニ企画 ピックアップ・季節の山野草 山岡 義宣 ニュース!! 有限会社日本山草、社長交代 好評連載 第59回 花は友達 久志博信 ★小山飾りトピックス ★お庭拝見 佐藤 弘さん/展示会見学 釧路山草会他 世界の小球根 その29 南アフリカ・欧州のユリ科球根 小山 毅 小品連載 姿を良くする小品盆栽 石井治美 読者参加人気企画 園咲正照のなんでもQ&A 充実の連載ラインナップ ●はなのかたち ●山野草原風景シリーズ いがりまさし ●草木のハーモニー 奏デル盆栽図鑑 加藤文子 ●ミニ盆栽美術館 ●地方発変異植物 九州名草選 ●出会いの花たち 森 和男 ●図解 ミニ盆栽・珍樹種探訪 群 境介 ●全国展示会紹介 ●全国イベントガイド ●山野草栽培カレンダー ● ミニ盆栽作業ガイド 培養管理のポイント ●豪華賞品付 山野草ミニ・クイズ ●花の広場キーワードは「山野草で遊ぶ住まいと暮らし」。日々の生活を華やかに彩る身近な存在として、山野草やミニ盆栽の楽しみ方・育て方を探る新たなタイプの園芸情報誌です。小さな鉢で親しう草木の美しさを軸に、実用ハウツー記事から作品鑑賞まで、多面的に掲載。便利な通信販売コーナーも大好評を頂いています。

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,329

山野草:ヤナギラン 9cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品情報商品名:ヤナギラン(やなぎらん)和名:柳蘭別名:ヤナギソウ学名:Epilobium angustifolium【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 ●商品説明ヤナギランという名前は、葉の形が「柳」に似て、花は「蘭」のようなのでつけられました。「蘭」と付いていますがラン科ではなく、アカバナ科の植物です。ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど生息地は広く、火事跡に群生することからFire weed(火の草)」と呼ばれています。山を切り開いた跡地などにも群生を作ります。「蘭」の名前が入っているだけあって、その花はとても鮮やかで、明るい日差しの中で沢山のヤナギランが咲き誇る様子は、思わずため息が出るほどです。ヤナギランは他の植物が増えると、その勢いに負けて消滅してしまいます。特に背の高い草や木などが生えてくると、太陽が好きなヤナギランは十分な光を受けられず、花を咲かせることが出来なくなります。そのため、秋になると綿毛でたくさんの種を飛ばし、常に新天地を目指します。●草丈40~120cm●科・属名アカバナ科ヤナギラン属●特性多年草●開花時期6~8月●育て方根(ランナー)で育ちます。秋に掘り起こすと鉛筆よりも細い根がびっしりと繁殖し育っています。根には翌年の芽がついており、1芽ごとに切り離し植えておくと翌年また増やすことが出来ます。盛んに増えるので、鉢植えよりも庭植えに向いています。畑で育てると、肩のあたりまで大きくなります。丈夫で育てやすい植物ですが、元々高原の植物なので、高温に弱いです。真夏は涼しい場所に植えましょう。風通しの良い日向が最適です。冬は地上部が枯れて見えなくなりますが、翌春に新しい芽が顔を出します。

山野草:青花アヤメ (文目) 15cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,320

山野草:青花アヤメ (文目) 15cmポット3株植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品情報【山野草】【耐寒性多年草】【切り花向き】商品名:アヤメ(あやめ)和名:菖蒲、文目、綾目学名:Iris sanguinea●商品説明日本各地の乾き気味の草原に自生しています。初夏によく庭先で見かける昔ながらのアヤメです。サキガケアヤメに比べ開花が若干遅く、草丈も低めなのが特徴です。●草丈30~60cm●科・属名アヤメ科アヤメ属●特性多年草●開花時期5~7月●植え付け適期涼しくなった秋か、早春真夏の植え替えは避けましょう。●管理場所日向(猛暑の地域の場合は午前中だけ陽があたるような半日陰)●育て方*庭植えの場合*日当たりの良い場所に植えます。丈夫な植物なので、適地に根付けば後は手間いらずで栽培は容易です。株間は30cm以上あけます。鉢植えに比べて丈夫に育ちやすいため、1年目は葉が少なく寂しいかもしれませんが、2年後には見ごたえがある株に育ちます。*鉢植えの場合*日当たりの良い場所で管理しましょう。風通しの良い場所を好みます。水はけがよく通気性の良い土が適しています。根ぐされを起こしやすいので、気をつけましょう。*鉢植えの水やり*表土が乾いたらたっぷりとあげましょう。休眠期中は多少乾き気味でも良いでしょう。*肥料*3月と秋に置き肥

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 12cmポット2芽株苗【紫桜館山の花屋】※4/11開花中

Amazon

1,426

山野草:サンカヨウ (山苛葉) 12cmポット2芽株苗【紫桜館山の花屋】※4/11開花中

商品名:サンカヨウ(さんかよう)和名:山苛葉学名:Diphylleia grayi花言葉:親愛の情【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】【雨の日が楽しみになるガラス花】最近テレビで紹介されることが多くなり、ジワジワとファンが増えているサンカヨウ。通常は白いお花ですが、朝露や小雨が半日以上降り続いた時に花びらが透けてガラスのように透明になります。神秘的な美しさです。写真はまだ半透明ですがもう少しねばったら透明な写真が撮れたはず・・・。サンカヨウのガラス花の写真をお客様に見て頂きたく、雨上がりの朝や小雨が降り続いた日にカメラを持って走り回ったのですがこれが限界でしたm(__)m北海道から本州中部以北のやや湿り気がある場所に自生しています。茎の先に直径2cmほどの白色の花を数個咲かせます。花後、ブルーベリーのような濃い青紫色で白い粉を帯びた美しい実をつけます。この実は食用にもなります。食べてみましたが少し酸味のある甘さでした。●科・属名メギ科サンカヨウ属●特性多年草●草丈30~70cm●開花時期4~6月(実は花後約1~2か月後に付きます)●管理場所半日陰 ※西日は嫌います●育て方湿気があり涼しい場所がお気に入りです。西日は嫌うので朝日があたり午後は日陰になるような場所、または木漏れ日が射すような落葉樹の木陰などを選び植え付けをお願いします。鉢植えの場合も同様に、西日が当たらない場所で管理をお願いします。用土は黒土または山野草培土。庭上の場合、庭土が固いようでしたら、耕し鹿沼土を混ぜ込むとなおいいでしょう。寒さには強く、暑さには弱いです。蕗に似た大きな葉を広げるので水切れのないよう気を付けます。庭植えの場合は、植えつけ1週間ほどは朝か夕方にたっぷり水やりをし、それ以降は雨で十分です。夏場雨が降らない日が続く際は水やりをお願...

【父の日ギフト】匠の作った吊りしのぶ

ディノス

4,860

【父の日ギフト】匠の作った吊りしのぶ

夏の風物詩 つりしのぶは、江戸の深川が発祥と言われています。つりしのぶの持つ涼感と風情を味わってもらうために制作されていました。吊りしのぶは、流れるような葉が魅力で、軒下や玄関先などに吊るし、風が吹くと風鈴がとても涼しげな音を奏でます。風鈴をつけることによって、当時流行していた伝染病が音色で近づかないという話があり、全国的に広まったといわれています。お届けする前の年の2月につりしのぶ玉を仕込み、1年後の6月になるため、大変手間と時間がかかる日本の工芸品です。【お手入れ方法】●一日中日が当たることが最適ですが、強すぎる光は好みませんので、よしずの内側(木漏れ日が当たる樹木の枝下や室内、カーテンの内側)等で管理してください。●6~9月ごろは、玉の土が乾燥しましたら、すぐに灌水します。●土の中に元肥料が入っていますが、4~10月は、市販の山野草にかける液体肥料を規定の倍率に薄めて施します。●年数が経つにつれて、根が成長し新しい葉がでてきます。古い葉は茶色くなったら、取り除きます。 ■お申込期限:2018年6月13日(水)まで■お届け日:2018年6月13日(水)~6月17日(日)※お届け日の指定はできません。■苔玉の直径約12cm、お手入れのしおり【宅配便でお届け】宅配便でお届けします。こちらの商品は、ご購入後「お客様情報」から配送状況を確認する事ができません。また「商品発送のお知らせ」メールも配信されません。予めご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク