メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山野草の土」検索結果。

山野草の土の商品検索結果全494件中1~60件目

山野草:純ワレモコウ(吾亦紅) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

Amazon

1,456

山野草:純ワレモコウ(吾亦紅) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【供え花】【茶花】【日本自生種】商品名:ワレモコウ(われもこう)和名:吾亦紅、吾木香学名:Sanguisorba officinalis L.●商品説明通常の赤穂のワレモコウです。日本の山野でごく普通に見られる植物で、冬は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。●草丈50cm~1m●科・属名バラ科ワレモコウ属●特性多年草●開花時期8~10月●植え付け適期春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。夏に植え付ける場合はポット(鉢)苗のまま花を楽しんだ後、花茎を切り落とし、土をなるべく崩さずに植え替えましょう。その後根付くまで1週間程はたっぷりと水やりをして下さい。●管理場所水はけの良い日向●育て方日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。

ハイポネックス マグァンプK 大粒 600g

Amazon

1,126

ハイポネックス マグァンプK 大粒 600g

●植えかえの少ない庭木の花木向け ●臭いもなく清潔で、ベランダや室内でも使用 ●土に混ぜ込むだけで、約2年間の効き目 ●肥料やけの心配が少ないです。 庭木などの花木などの比較的植えかえの少ない植物に適しています。 リン酸(P)働きで、花、実着きが良くすることはもちろんのこと、 植えつけ、植えかえ時の根の伸長を促進する効果もあります。 ■使用方法 植えつけ、植えかえ時に土に混ぜ込んでください。 ■計量の目安 小さじ:1杯(2.5cc) 約5g ひとにぎり:男性(約50g) 女性(約25g) ■適用植物 草花・鉢花・観葉植物・野菜・シンビジューム・洋ラン・セントポーリア 花木・果樹・芝生・庭木・エビネ・山野草・グランドカバー ■配合 (窒素)6-(リン酸)40-(カリ)6-(マグネシウム)15 ■保証成分量(%) アンモニア窒素 6.0 く溶性りん酸 6.0 内水溶性りん酸 40.0 く溶性加里 5.0 内水溶性加里 3.5 く溶性加苦土 15.0 内水溶性苦土 1.0 ※洋ランなどの置肥(鉢土の上に置く)として使用する場合は、植えかえ 3~4週間後に与えます。 ※アザレア・ツツジ・シャクナゲ・サツキなどには、1/2程度を使用してください。 ※植物や土、育て方などの条件により効き目の期間が異なります。 ※追肥として、液肥「ハイポネックス」をお使いいただくと、さらに効果的です。

山野草:晩秋ワレモコウ 素掘り苗5株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,455

山野草:晩秋ワレモコウ 素掘り苗5株

●商品情報 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【切り花向き】【茶花】 通常の赤穂のワレモコウですが、開花が晩秋からと遅めのタイプです。 北東北の場合、雪が降り始める11月下旬ころまで咲いています。 冬場は地上部が枯れて根の状態で越し春に再び芽を出して生長する多年草です。夏から秋にかけて茎の先端に小花がたくさん集まって卵形を成した花穂を付けます。花は渋い赤色でひかえめな花ですが、バラ科のためとても良い香りがします。花も次々と咲きだすため2週間ほどは楽しめます。 ●草丈 50cm~1m ●科/属名 バラ科ワレモコウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 10~11月 ●植え付け適期 春か秋 ※真夏の植え付け(植え替え)は避けましょう。 ●管理場所 水はけの良い日向 ●育て方 日当たりの良い場所を好みます。暑さにも寒さにも強く、初心者にも育てやすい植物です。やや湿り気のある肥沃な土を好みますので、山野草の培養土に腐葉土を適量混ぜて用いるとよいでしょう。 水やりは、土の表面が乾いたら与えましょう。水切れは厳禁です。夏の水切れを避けるために、株元にマルチングをしてもよいでしょう。 丈夫な野草のイメージがありますが、肥料好きな植物です。地上部が枯れる秋までは、月3回程度草花に与えるのと同じ濃度の液体肥料か、3ヶ月置きに置き肥を与えます。しかし、あまり多肥にすると、病害虫にあいやすくなるため気を付けましょう。植え替え・株分けは、春に行いましょう。

ニリンソウ:鈴鹿二輪草(4~5芽入り)3号ポット 2株セット[小型矮性品種] ノーブランド品

Amazon

1,570

ニリンソウ:鈴鹿二輪草(4~5芽入り)3号ポット 2株セット[小型矮性品種] ノーブランド品

三重県鈴鹿地方の山地に自生する二輪草。一般のニリンソウよりも小型の品種で、鉢植えに向きます。ニリンソウは中部地方以北の山野の明るい林床ややや日陰となる場所に自生する多年草です。早春の雪解け時にカタクリとともに開花する代表的な山野草です。直径2cmほどの可憐な花を1茎に2個ほど咲かせます。肥料を施すと花つきがよくなります。茎葉は山菜のフクベラとしても知られ、柔らかでおいしく、おひたしや汁の実に利用されます。開花してから2ヶ月ほどで地上部が消えます。学名:Anemoneflaccidaタイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草草丈:15cm開花期:3~5月日照:日向~半日陰むき栽培方法:茎葉のある間はよく日が当たり、夏は日陰となる樹木の下などが適しています。腐植質に富む排水と通期のよい土を好みます。鉢植えの場合は少し大きめの浅鉢に腐葉土などを混ぜた土で植えつけます。地上部がある間に薄い液肥を与えると翌年の花つきがよくなります。乾燥させすぎないようご注意ください。写真は成長・開花時のイメージですが、お届け時は苗の状態です。冬季は地上部がない状態でのお届けです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク