メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山菜苗」検索結果。

山菜苗の商品検索結果全126件中1~60件目

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,911

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

山菜苗:コシアブラ (漉油) 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

4,482

山菜苗:コシアブラ (漉油) 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品説明近年、山菜として注目を浴び始めたコシアブラ。タラノキと同じウコギ科の植物で、春先に出てくる若葉を食用にします。主な食べ方は天ぷら、おひたし、和え物など。味はタラノメよりまろやかで、天ぷらにするととても美味です。タラノキと違うのは、高さ10メートルから20メートルと、とても大きく育つこと。枝分かれをあまりせず、すっと天に向かって伸びていくその姿は、独特の雰囲気をかもし出しています。タラノキと違って棘が無いので、庭や畑に植えてもトゲによる怪我をする心配もありません。●科・属名ウコギ科ウコギ属●特性落葉高木●開花時期7~8月●収穫適期4~5月●育て方庭植えの場合は、日当たりおよび水はけが良い場所を選びましょう。根付くまではたっぷり水を与え、根付いてからは適度に雨を浴びていれば充分です。植え付け後2年~3年は、充分に肥料を与えてください。堆肥で良いでしょう。春か秋に苗の周りにまきます。 ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。植え付け直後は、まめに水やりをしてあげて下さい。

山菜苗:ネマガリタケ(根曲がり竹)[姫竹] 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

4,482

山菜苗:ネマガリタケ(根曲がり竹)[姫竹] 10.5cmポット仮植え苗5ポットセット【紫桜館山の花屋】

栽培をご検討中のお客様へネマガリタケは、冬の間の積雪に押し潰されるため、竹の芽だし部分が曲がった状態で地面から出てくるため、この名で呼ばれます。そのため、積雪がない地方での栽培には不向きな植物です。冬の積雪と寒さ、そして湿度が十分にないと食べられるまでに成長することができませんのでご注意願います。必ず地植えにし、風通しの悪い湿度がある場所で栽培をお願いいたします。鉢やプランター栽培には不向きです。●商品情報商品名:ネマガリタケ(根曲がり竹)別名:ヒメタケ(姫竹)、チシマザサ(千島笹)、コウライザサ(高麗笹)、アサヒザサ●商品説明ネマガリタケとは、冬に積もった雪に押しつぶされ、曲がって生えてくることから名づけられました。そのため積雪のない地方で栽培すると、曲がらずに生えてきます。歯ごたえ、香り共に人気のある山菜です。アクが少ないため、色々な料理に向きます。●科名・特性イネ科 多年草 ●収獲時期5~6月頃(岩手県山間部の場合)●管理場所風通しの悪い日陰~半日陰●育て方必ず地植えで栽培をお願いします。黒土の日陰~半日陰の場所に植え付けます。涼しければ涼しいほど良いでしょう。風通しは悪いほうが良いです。密集して自生している植物のため、湿度を必要とします。寒冷地に自生する植物なので、冬越しも植え付けたままで大丈夫です。秋に植え付けられる場合は、積雪が始まる1か月前までに植え付けを完了するといいでしょう。繁殖力も旺盛です。

送料無料
山菜苗:晩生ミョウガ(秋茗荷) 9cmポット仮植え苗100ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

35,343

山菜苗:晩生ミョウガ(秋茗荷) 9cmポット仮植え苗100ポットセット【送料無料】

●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8~9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1~2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4~5月)か涼しくなった秋(10~11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 【収穫に向けてのアドバイス】 ビニールポットに仮植えの状態でお届けいたします。ポット苗のままですと...

山菜苗:ネマガリタケ(根曲がり竹)[姫竹] 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

915

山菜苗:ネマガリタケ(根曲がり竹)[姫竹] 10.5cmポット苗【紫桜館山の花屋】

栽培をご検討中のお客様へネマガリタケは、冬の間の積雪に押し潰されるため、竹の芽だし部分が曲がった状態で地面から出てくるため、この名で呼ばれます。そのため、積雪がない地方での栽培には不向きな植物です。冬の積雪と寒さ、そして湿度が十分にないと食べられるまでに成長することができませんのでご注意願います。必ず地植えにし、風通しの悪い湿度がある場所で栽培をお願いいたします。鉢やプランター栽培には不向きです。●商品情報商品名:ネマガリタケ(根曲がり竹)別名:ヒメタケ(姫竹)、チシマザサ(千島笹)、コウライザサ(高麗笹)、アサヒザサ●商品説明ネマガリタケとは、冬に積もった雪に押しつぶされ、曲がって生えてくることから名づけられました。そのため積雪のない地方で栽培すると、曲がらずに生えてきます。歯ごたえ、香り共に人気のある山菜です。アクが少ないため、色々な料理に向きます。●科名・特性イネ科 多年草 ●収獲時期5~6月頃(岩手県山間部の場合)●管理場所風通しの悪い日陰~半日陰●育て方必ず地植えで栽培をお願いします。黒土の日陰~半日陰の場所に植え付けます。涼しければ涼しいほど良いでしょう。風通しは悪いほうが良いです。密集して自生している植物のため、湿度を必要とします。寒冷地に自生する植物なので、冬越しも植え付けたままで大丈夫です。秋に植え付けられる場合は、積雪が始まる1か月前までに植え付けを完了するといいでしょう。繁殖力も旺盛です。

山野草:ノアザミ (野薊) 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

571

山野草:ノアザミ (野薊) 9cmポット仮植え苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明草原や河川敷に生えるとても丈夫な植物です。アザミ属の植物は種類が多く区別がつきにくいのですが、春に咲くアザミはこの「ノアザミ」だけなので、間違えることはありません。花が咲く頃には茎や葉に棘が出てきて、触ると痛いほど。茎の先に桃紫色の美しい花を咲かせます。「すっとした立ち姿は凛として日本的な趣を感じます。鮮やかな色の花は人の目を引きつけるばかりでなく、多くの昆虫たちも呼び寄せます。「美しい花には棘がある」といいますが、うっかり手を伸ばさないように気をつけて。この棘は、草食動物から身を守るためといわれています。 北東北、特に青森県では新葉を山菜として食します。新葉にはそれほどトゲがありません。食すために、ゆでたり揚げたりするとトゲはなくなります。汁の実やおひたし、ごま和えなど、クセがなく美味しい山菜として愛されています。旬は、雪どけ後。放射状に開いた若葉を根を抜かないようにナイフで切り取って採ります。手袋があると便利です。 ※葉、茎に細かいトゲがありますので、扱う際には厚手の手袋をして下さい。●草丈50cm~1m●科・属名キク科アザミ属●特性多年草●開花時期5~7月●管理場所日向●育て方日向に植え付けましょう。丈夫な植物なので、根付けば手間はかかりません。トゲがあるので、植える場所を選びましょう。また大きくなるので株間にも注意します。花が終わったあとは、来季に向け茎を切り株に栄養分を蓄えさせましょう。

山菜苗:ギョウジャニンニク 9cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,037

山菜苗:ギョウジャニンニク 9cmポット仮植え苗5ポットセット

●商品情報【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 商品名:行者にんにく 和名:行者大蒜、行者葫 学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum 別名:アイヌネギ(あいぬねぎ)、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニク ●商品説明 ギョウジャニンニクは、フキノトウやカタクリと並ぶ早春を代表する山菜です。昔、山岳信仰の行者が荒行に耐える体力をつけるためにこれを食べた、という話からこの名前が付いたそうです。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さと旨味がいっぱいの人気の山菜です。北海道では、アイヌネギとも呼ばれ、他に、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニクなど呼び名も様々あります。 ちなみに、1歳半の男の子に葉っぱ2枚分ほど夕飯のおかずに食べさせたところ、いつも20時就寝ですが22時まで元気いっぱい走り回っていました。お子様程、ギョウジャニンニクの栄養が早く体に伝わるのでしょうか。ギョウジャニンニクの効力を改めて感じた体験談でした。 4月下旬~5月にかけての、ちょうど冬が終わり雪解け時に短い期間だけ生育します。種から育てた場合、成長がとても遅く収穫までに3年、上質なものになるまでには5~8年かかりますが、鉛筆の太さくらいの力強い株に成長します。 収穫は、やわらかくて手では折りにくいので、根元をナイフで切りとります。引っ張ると根が抜けてしまうので注意しましょう。葉が1枚のものと、2枚以上のものがありますが、茎が太く、葉が2枚以上のものを選んで収穫します。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さがあり、人気の山菜です。 古くから強壮剤として利用されてきました。栄養価に優れ、ビタミンやミネラル、食物繊維、特に葉酸が多く含まれています。また...

山菜苗:ギョウジャニンニク 15cmポット10株仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,782

山菜苗:ギョウジャニンニク 15cmポット10株仮植え苗

●収穫の目安 10株を植え付けた状態でのお届けのため、植え付け後すぐに収穫可能です。2枚葉のうち、1枚を葉をちぎるようにして採りましょう。 ■秋に植え付けた場合■ 翌春には収穫が出来ます。収獲は全体の半分ほどに留めておきましょう。 ■早春に植え付けた場合■ 春に収穫が出来ます。 ただし、春に植え付けた場合は株が十分に土に馴染めていないため、3分の1ほどの収獲で留めておきましょう。 ●商品情報【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 商品名:行者にんにく 和名:行者大蒜、行者葫 学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum 別名:アイヌネギ(あいぬねぎ)、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニク ●商品説明 ギョウジャニンニクは、フキノトウやカタクリと並ぶ早春を代表する山菜です。昔、山岳信仰の行者が荒行に耐える体力をつけるためにこれを食べた、という話からこの名前が付いたそうです。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さと旨味がいっぱいの人気の山菜です。北海道では、アイヌネギとも呼ばれ、他に、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニクなど呼び名も様々あります。 4月下旬~5月にかけての、ちょうど冬が終わり雪解け時に短い期間だけ生育します。種から育てた場合、成長がとても遅く収穫までに3年、上質なものになるまでには5~8年かかりますが、鉛筆の太さくらいの力強い株に成長します。 収穫は、やわらかくて手では折りにくいので、根元をナイフで切りとります。引っ張ると根が抜けてしまうので注意しましょう。葉が1枚のものと、2枚以上のものがありますが、茎が太く、葉が2枚以上のものを選んで収穫します。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さがあり、人気の山菜です。 ...

山菜苗:アピオス 9cmポット苗10ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

4,074

山菜苗:アピオス 9cmポット苗10ポットセット

●商品情報【山菜苗】【野菜苗】【緑のカーテン】【自然のカーテン】【グリーンカーテン】【香りが良い植物】 ※写真は収穫後のイメージ画像です。 ※種イモを仮植えした状態でのお届けとなります。 秋~早春にお買い求めのお客様へは、 種芋の状態でのご購入もおすすめしております。 商品名:アピオス(あぴおす) 和名:ほど芋(ほどいも) 学名:Apios fortunei 別名:ホド、ポテトビーン、インディアンポテト ●商品説明 アメリカ伝来の栄養食 アピオスは、明治初期にアメリカ大陸より伝わったといわれています。 ホドイモとも呼ばれ、青森県では、妊娠・出産後の女性の栄養補給のために重宝されていました。ですから母親が、嫁いでいく娘に「庭に植えるように」と持たせてやったこともあったそうです。 アメリカ大陸ではインディアンが戦闘の前に食べていたという逸話があるぐらいですから、いわんや女の戦い(妊娠・出産)でも、といったところでしょうか。 アピオスは栄養価が高いばかりか、耐寒性も高いため、必要な時に掘り起こせば、いつでも食べられるという便利さ。これも、アピオスが青森県のお嫁さんたちの力強い味方になった理由の一つに違い有りません。明治初期にアメリカ大陸より伝わったとされ、ホドイモとも呼ばれます。 楽しみ方、一石三鳥 そんな勇ましいアピオスですが、その花は驚くほど綺麗。まるで紫の蝶が集まって舞っているようです。幻想的なアピオスの姿は、その濃厚な香りと共に、懸命に育てたあなたをうっとりとさせてしまうでしょう。 花より団子。花よりも地中に出来る芋の方が大切!というあなたは、こんなアドバイス。開花前に花を切り落とすことで、養分が芋へと集中します。この結果、少し大きめの芋が出来上がりやすくなりますよ。 でも...

山菜苗:ヤマウド(山うど)15cmポット大株苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,188

山菜苗:ヤマウド(山うど)15cmポット大株苗

●商品説明 毎年、大人気のウド。スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。 山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。身長を超えるほどに育ったウドは、春先に出回るウドとは別の植物の様です。 ●科/属名 ウコギ科タラノキ属 ●特性 落葉低木 ●開花時期 8~9月 ●食べ方 ウドを味わうのなら、なんといっても天ぷら。新芽の部分はそのまま、茎は皮を剥いて薄くスライスして揚げましょう。あまり揚げすぎない方がウドの香りを味わえます。皮に多くのアクがあるので、剥くときはやや厚めにむきましょう。ですが、この皮の部分のほろ苦さが好きという人もいるので、食べる場合は全部一緒にアク抜きをしましょう。その他、胡麻和えやきんぴら、白和えなど、調理法は様々。 ●育て方 風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。真夏の直射日光は避けてください。 ●軟白栽培の方法 肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。 軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい!という方には、こちらの方がいいでしょう...

山菜苗:タカノツメ[イモノキ] 9cmポット仮植え苗5ポット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

4,074

山菜苗:タカノツメ[イモノキ] 9cmポット仮植え苗5ポット

●商品説明 冬季の芽の形が「タカノツメ」に似ていることから名づけられました。高さ5m以上になる落葉高木です。タラの芽よりも香りが強く、コシアブラとともに近年人気の山菜苗です。 ※ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。植え付け直後は、まめに水やりをしてあげて下さい。 ●科名・特性 ウコギ科タカノツメ属 落葉高木 ●育て方 日当たりおよび水はけが良い場所を選びましょう。根付くまではたっぷり水を与え、根付いてからは適度に雨を浴びていれば充分です。植え付け後2年~3年は、充分に肥料を与えてください。堆肥で良いでしょう。 ●休眠期中のお届けについて この樹木は秋に落葉し、春まで休眠期に入ります。 樹木苗は1年中販売しております。秋~翌春の期間は葉が全て落ちた状態でお届けとなり、見た目は枯れ木の様ですが、春からまた新芽を芽吹かせます。 お送りする際は必ず苗の状態を確認しお送りしております。「冬の間の管理が不安」「春に芽吹くか不安」というお客様は、ほとんどの樹木が芽吹きだす春4月中旬以降に購入を検討頂ければと思います。 ご不明な点がございましたらお気軽にご質問ください。※お盆明け頃から秋にかけて休眠期に向け徐々に葉が赤くなり落葉し始めます。8月下旬以降は、葉が汚い状態でのお届けになることもございますが、自然のサイクルでの現象ですのでご心配なさらぬようお願い申し上げます。

送料無料
山菜苗:コシアブラ (漉油) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

29,937

山菜苗:コシアブラ (漉油) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 近年、山菜として注目を浴び始めたコシアブラ。タラノキと同じウコギ科の植物で、春先に出てくる若葉を食用にします。主な食べ方は天ぷら、おひたし、和え物など。味はタラノメよりまろやかで、天ぷらにするととても美味です。 タラノキと違うのは、高さ10メートルから20メートルと、とても大きく育つこと。これは、低木が多いウコギ科の中ではちょっと変わりモノです。枝分かれをあまりせず、すっと天に向かって伸びていくその姿は、独特の雰囲気をかもし出しています。 コシアブラは山で見つけるのはとても大変。というのも、木の幹の質感や様子からでは、すぐにコシアブラを見分けることができないからです。タラノキと違って棘が無いので、庭や畑に植えてもトゲによる怪我をする心配もありません。 大きくなれば夏に質素な花をつけ、そのあとは小さな実もなります。秋になると紅葉しますが、赤や黄色といった鮮やかな色ではなく、薄いクリーム色へと変わります。葉肉が抜けるため、透けたように透明感のある葉です。コシアブラの葉は枝の先端にまとまって生えるため、この時期の葉は遠目からみると、白い花のようで、とても美しく見応えがあります。 ※ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。 ●科/属名 ウコギ科ウコギ属 ●特性 落葉高木 ●開花時期 7~8月 ●収穫適期 4~5月 ●育て方 庭植えの場合は、日当たりおよび水はけが良い場所を選びましょう。根付くまではたっぷり水を与え、根付いてからは適度に雨を浴びていれば充分です。植え付け後2年~3年は、充分に肥料を与えてください。堆肥で良いでしょう。春か秋に苗の周りにまきます。 ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。植え付け直後は...

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山菜苗:ヤマウド(山うど)10.5cmポット仮植え苗5ポットセット

●商品説明 毎年、大人気のウド。スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。 山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。身長を超えるほどに育ったウドは、春先に出回るウドとは別の植物の様です。 ●科/属名 ウコギ科タラノキ属 ●特性 落葉低木 ●開花時期 8~9月 ●食べ方 ウドを味わうのなら、なんといっても天ぷら。新芽の部分はそのまま、茎は皮を剥いて薄くスライスして揚げましょう。あまり揚げすぎない方がウドの香りを味わえます。皮に多くのアクがあるので、剥くときはやや厚めにむきましょう。ですが、この皮の部分のほろ苦さが好きという人もいるので、食べる場合は全部一緒にアク抜きをしましょう。その他、胡麻和えやきんぴら、白和えなど、調理法は様々。 ●育て方 風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。真夏の直射日光は避けてください。 ●軟白栽培の方法 肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。 軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい!という方には、こちらの方がいいでしょう...

山菜苗:ヨモギ(蓬) 9cmポット苗10ポットセット【今週のお買い得商品】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

3,422

山菜苗:ヨモギ(蓬) 9cmポット苗10ポットセット【今週のお買い得商品】

【よもぎ餅へ利用をお考えのお客様へ】 よもぎ餅へは、春のまだ柔らかい新葉が適しています。新葉は早春から出始め、まだ白っぽい葉先を千切り利用します。大量に千切ってもそこは雑草。次から次へと出てきますのでご安心を。初夏以降も食べられないことはないのですが、葉が固くなるためあまりお勧めできません。 強健なため、畑や庭先へは植えずにプランターや鉢栽培を強くお勧めいたします。 ●商品情報 【宿根草】【強健植物】【山菜苗】【野菜苗】【春の新芽を草餅に】 商品名:ヨモギ(よもぎ) 和名:蓬 別名:モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、モグサ、ヤキグサ ●商品説明 春に新芽を摘み取り天ぷら・よもぎ餅などに利用します。繁殖力旺盛です。 懐かしい味をお楽しみください。多めに入れて作るとよりヨモギの香りが引き立ちます。 ●科/属名 キク科ヨモギ属 ●特性 多年草 ●草丈 30cm~120cm ●開花時期 9~10月 ●植え付け適期 春か秋 いつ植え付けても成長しますが、真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向~半日陰 日陰でも育ちます。 ●育て方 とても丈夫な植物です。植える時期や場所などは特に選びません。 殖える植物ですので、栽培される場合はプランター栽培をお勧めします。※7~10月は葉茎を切り詰めてお届けとなります。切り詰めて植え付けた方が根付きもよく、来年の成長もよくなるためです。秋に植え付けた場合、その後葉茎は枯れていき、来春また芽吹き出します。

山菜苗セット:夏と秋に収穫できるミョウガ苗 各4ポットセット【早生ミョウガ・晩生ミョウガ】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

3,261

山菜苗セット:夏と秋に収穫できるミョウガ苗 各4ポットセット【早生ミョウガ・晩生ミョウガ】

●セット内容 お届け規格:9cmポット苗4ポットずつ 栽培説明書をつけてお届けします! ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8~9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1~2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4~5月)か涼しくなった秋(10~11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 ...

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,910

山菜苗:マコモタケ(真菰筍) 12cmポット仮植え苗5ポットセット

●お届けについて 根を短めに切り植えていますが、生育には問題ありませんのでご安心ください。 6月~12月の期間は背丈が1mを超えるため葉を50cmほどに切ってお送りする場合もございます ●商品説明 【山野草】【耐寒性多年草】【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 中国の東部から東南アジアに広く分布しているイネ科の多年草で花は咲きません(ありません)。 水辺を好んで自生するマコモの一種です。見た目ははっきり言ってよくわからない草です。 草丈は大人の男性を超すほど大きくなります。 食用菌である「黒穂菌」が寄生すると根元部分の茎が肥大します。 それが「マコモタケ」です。その黒穂菌と呼ばれる菌が寄生したものだけが肥大し食用となるのです。 菌と聞くと「えっ!」と思われるかもしれませんが、この黒穂菌が寄生してくれるおかげで食用部分がなり美味しくいただけるのです。 ちなみに「マコモダケ」と聞くと筍の仲間かと思われがちですが、まったくの別種です。 収穫期には、草丈は約2mに成長し、株元に食用部分がなります。 タケノコのような食感と、ほのかな甘味が特長の低カロリーな野菜で、ダイエットにもお勧めです。 歯ごたえがよく、和洋中、多彩な料理に適しており、料亭や中華料理店では高級食材として利用されています。 近年では、秋に居酒屋でもメニューに「マコモタケの天ぷら」がお目見えするようになりました。 食物繊維やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、カリウムを多く含み、血圧降下や糖尿病、骨粗鬆症等にも有効な健康食材として近年注目を集めています。 (特に食物繊維が豊富なため、食べている間は便秘知らずです。紫桜館店長櫻井体験談) また、水田の転作作物としてマコモタケを栽培する農家の方も増えています。 ●管理・植え付け場所 日向の湿地、田んぼや川のほとりなど 春...

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,328

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗5ポットセット

●商品説明 毎年、大人気のウド。スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。 山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。身長を超えるほどに育ったウドは、春先に出回るウドとは別の植物の様です。 ●科/属名 ウコギ科タラノキ属 ●特性 落葉低木 ●開花時期 8~9月 ●食べ方 ウドを味わうのなら、なんといっても天ぷら。新芽の部分はそのまま、茎は皮を剥いて薄くスライスして揚げましょう。あまり揚げすぎない方がウドの香りを味わえます。皮に多くのアクがあるので、剥くときはやや厚めにむきましょう。ですが、この皮の部分のほろ苦さが好きという人もいるので、食べる場合は全部一緒にアク抜きをしましょう。その他、胡麻和えやきんぴら、白和えなど、調理法は様々。 ●育て方 風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。真夏の直射日光は避けてください。 ●軟白栽培の方法 肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。 軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい!という方には、こちらの方がいいでしょう...

山菜苗:タラノキ [たらの芽]10.5cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

4,482

山菜苗:タラノキ [たらの芽]10.5cmポット仮植え苗5ポットセット

●商品説明 木にトゲがあるので、扱う際には厚い手袋等をして怪我をしないようにして下さい。 ※ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。植え付け直後は、まめに水やりをしてあげて下さい。 ●科名・特性 ウコギ科タラノキ属 落葉低木 ●開花時期 8~9月 ●育て方 日当たりの良い山林に生える植物です。日当たりがいいほど大きく成長します。根付くまではたっぷり水を与え、根付いてからは、適度に雨を浴びていれば十分です。植え付け後2年~4年は、十分に肥料を与えてください。 ●休眠期中のお届けについて この樹木は秋に落葉し、春まで休眠期に入ります。 樹木苗は1年中販売しております。秋~翌春の期間は葉が全て落ちた状態でお届けとなり、見た目は枯れ木の様ですが、春からまた新芽を芽吹かせます。 お送りする際は必ず苗の状態を確認しお送りしております。「冬の間の管理が不安」「春に芽吹くか不安」というお客様は、ほとんどの樹木が芽吹きだす春4月中旬以降に購入を検討頂ければと思います。 ご不明な点がございましたらお気軽にご質問ください。※お盆明け頃から秋にかけて休眠期に向け徐々に葉が赤くなり落葉し始めます。8月下旬以降は、葉が汚い状態でのお届けになることもございますが、自然のサイクルでの現象ですのでご心配なさらぬようお願い申し上げます。

送料無料
山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 9cmポット仮植え苗40ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

14,968

山菜苗:早生ミョウガ(夏茗荷) 9cmポット仮植え苗40ポットセット

●商品説明 スーパーでみかけるミョウガの苗です。香りが良く歯触りもシャキシャキで美味しいです。 ミョウガは花が咲く前の蕾の状態です。そのため「花みょうが」とも呼ばれます。夏から初秋が旬の季節となり秋を告げる風味として喜ばれます。晩生ミョウガが秋に収穫、早生ミョウガが夏に収穫できます。土から顔を出したばかりのところを摘み採り食します。 ●お届けについて 夏から開花する植物のため、新芽が出始める時期も初夏頃からとほかの植物に比べ遅めです。岩手県の場合、5月中旬頃より芽吹き始めます。 5月以前にポット苗で購入頂いた場合、芽吹く前の状態でのお届けとなります。芽吹いてからのお届けをご希望の場合は、ご注文の際に備考欄にてお知らせください。 ●科名・特性 ショウガ科ショウガ属 多年草 ●収穫時期 8~9月 花が咲く前の蕾の状態を摘み取ります 地面から生えてくるため、とても見つけづらく、気づくと花が咲いてしまっていることも多くあります。収穫の時期になったら、葉茎の下をよく観察してみてください。地面から1~2cm顔を出している頃が収穫適期です。採るときはミョウガ(蕾)にそって土の中に指を入れ、土中の茎を千切るようにもぎ取ります。手でも簡単に収穫することが出来ます。 ●植え付け適期 春(4~5月)か涼しくなった秋(10~11月) ●株間 20cm ●育て方 一度適所に植え付けると後は手間いらずで栽培が容易な植物です。夏場涼しく、乾燥しない場所を選び植え付けます。黒土が良いでしょう。大きめの鉢かプランターに腐葉土・堆肥を混ぜ植え付けても育ちます。年々地下茎で増殖するため、植え付ける際は数年後を想定して株間を広めにとることをおすすめします。 【収穫に向けてのアドバイス】 ビニールポットに仮植えの状態でお届けいたします。ポット苗のままですと...

スポンサーリンク
スポンサーリンク