メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山菜苗」検索結果。

山菜苗の商品検索結果全104件中1~60件目

◆予約販売(11月以降順次発送)◆ タラの芽 苗 【タラノキ】 ポット苗 たらのめ タランボ 山菜 苗 野菜 野菜苗

総合植物プロショップ花ひろば

1,490

◆予約販売(11月以降順次発送)◆ タラの芽 苗 【タラノキ】 ポット苗 たらのめ タランボ 山菜 苗 野菜 野菜苗

この商品の送料は160cmサイズとなります。 関東・甲信越・北陸・東海・関西…1680円 南東北・中国…1780円 北東北・四国・九州…1880円 北海道…2380円 沖縄…4160円 商品の注文個数によって複数梱包になり送料が変更となる場合は、個別にご案内させていただきますので、当店から送信される受注確認メールを必ずご確認ください。 お届けする商品について 山菜 タラの芽【タラノキ ポット苗】 樹高0.9m前後でポットに仮植えしてあります。 ※画像は商品の一例です。お届けする商品は植物なので個体差があります。 品種の特性 春の味覚として愛されているタラの木はウコギ科の落葉低木で、枝分かれせずに幹が直立して成長するのが特徴。タラノキの新芽です。 もちっとした食感で、口の中に広がるほのかな苦みがあり、天ぷらやおひたしにして食べられます。 日本全国に見られる丈夫な山菜で、自宅でも簡単に栽培を楽しむこともできます。 山菜 タラの芽【タラノキ ポット苗】 難易度 育てやすいお勧めの花木です 植栽適地   北海道~九州 タイプ   落葉小高木 栽培場所   生け垣、鉢植え、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場 地植栽培での樹高   樹高約:2~6m、葉張り:4m 日照条件   日なた、半日蔭 成長の早さ   0.4m/年 耐寒性/耐暑性   強い/普通 選定時期   5月~6月       科名/属名 モクセイ科ハシドイ属 モモは古来より中国では災いを除き、福を招くとされてきました。~ 山菜 トゲなしタラの芽~ 山菜 タラの芽【タラノキ ポット苗】 春の味覚として愛されているタラの木はウコギ科の落葉低木で...

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 12cmポット5芽仮植え苗

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,663

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 12cmポット5芽仮植え苗

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

山菜苗:ボウナ[イヌドウナ] 素掘り苗5株

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,663

山菜苗:ボウナ[イヌドウナ] 素掘り苗5株

●商品説明 秋田では民謡で「ほんな」の名で歌われています。茎を折る音を「ポンッ」「ドホッ」などと表現して名がつけられたようです。 地方により、呼び方が様々ですが岩手県北部では「ぼうな」の名が主流です。 春の若茎が20~30cm程に育った部分を食します。 ヨブスマソウとイヌドウナのどちらも「ぼうな」と呼ばれることが多いようですが、当店で販売しているこちらの苗はイヌドウナです。葉がやや五角形に近い形をしているのが特徴です。 ●草丈 50~1.5m程 ●科/属名 キク科コウモリソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 7~9月 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ●育て方 山麓や谷間に生える植物です。 水はけ、水持ちの良い場所を選び、腐葉土をすきこみ植え付けます。 ●お勧めの食べ方! 4~5月頃の20~30cm程の若茎を採り、塩漬けで食べるのがおすすめ。ポリポリとした食感と山菜独特の風味が大変美味しく、おつまみに最適です。お子様のおやつにも! **塩漬けの作り方** ★必要なもの・・・タッパー(大)と塩 1.沸騰したお湯に塩を一つまみ入れ採取した若茎をゆでる(気持ち固めに)。 2.タッパーの底に塩を一振りし、若茎をそのまま敷き詰める。 3.1段ごとに塩を振りかけ「塩+若茎+塩・・・」とこれを繰り返す。 ※塩はお好みで。塩味だけが良い場合は強めに。醤油などでも楽しみたい場合は薄めにしてください。 4.冷蔵庫で1~2時間置いて出来上がり!

山菜苗:ヤマウド(山うど) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

Amazon

2,079

山菜苗:ヤマウド(山うど) 素掘り苗5株【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

送料無料
山菜苗:ギョウジャニンニク 素掘り苗1000株【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

116,424

山菜苗:ギョウジャニンニク 素掘り苗1000株【送料無料】

●商品情報【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 商品名:行者にんにく 和名:行者大蒜、行者葫 学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum 別名:アイヌネギ(あいぬねぎ)、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニク ●商品説明 ギョウジャニンニクは、フキノトウやカタクリと並ぶ早春を代表する山菜です。昔、山岳信仰の行者が荒行に耐える体力をつけるためにこれを食べた、という話からこの名前が付いたそうです。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さと旨味がいっぱいの人気の山菜です。北海道では、アイヌネギとも呼ばれ、他に、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニクなど呼び名も様々あります。 4月下旬~5月にかけての、ちょうど冬が終わり雪解け時に短い期間だけ生育します。種から育てた場合、成長がとても遅く収穫までに3年、上質なものになるまでには5~8年かかりますが、鉛筆の太さくらいの力強い株に成長します。 収穫は、やわらかくて手では折りにくいので、根元をナイフで切りとります。引っ張ると根が抜けてしまうので注意しましょう。葉が1枚のものと、2枚以上のものがありますが、茎が太く、葉が2枚以上のものを選んで収穫します。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さがあり、人気の山菜です。 古くから強壮剤として利用されてきました。栄養価に優れ、ビタミンやミネラル、食物繊維、特に葉酸が多く含まれています。また、疲労回復を助けるといわれるアリシンが豊富に含まれています。強い抗菌作用がありたくさん摂取するとお腹を壊す人もいるため、体に良いからといって食べすぎには要注意です。 食べ方は、さまざま。おひたし、しょうゆ漬け、天ぷら、油いため、何でも合います。お湯でさっとゆがき、冷水にさらして水を切り...

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗【紫桜館山の花屋】

Amazon

476

山菜苗:ヤマウド(山うど) 9cmポット1年生幼苗【紫桜館山の花屋】

●商品説明スーパーなどでは白いウドが売られていますが、元々は同じもの。土をかぶせて軟白栽培(光を遮断して栽培)すると、こうした白いウドになります。山菜としてのウドの旬の時期は4月~5月あたりで、この頃出回るウドは新芽(茎)で10~20センチほどですが、育つと約2メートルほどになります。夏になると白い花が咲き、秋には小さな実もつけます。●科・属名ウコギ科タラノキ属●特性落葉低木●開花時期8~9月●育て方風通しの良い半日陰(午前中に日が当たり、午後に日陰になるような場所)での栽培をオススメします。湿度のある場所を好みます。●軟白栽培の方法肥料袋などの底を切り筒状にし、ウドを囲むように設置して芽が伸びるたびにそこにモミガラを入れていきます。モミガラがない場合は、腐葉土でも代用できます。株が大きく育たない場合は、まわりに堆肥をかけます。軟白栽培されたウドは「白ウド」と呼ばれ、通常山で採れるウドよりもアクが少なく、皮も柔らかいためほとんどの部分が食べられます。一方、通常のウドは「山ウド」と言い、香りが強く、ややワイルドな味わい。思いっきり山菜の味を楽しみたい という方には、こちらの方がいいでしょう。お好みに合わせて育て方を変えられるのもウドの魅力の一つですね。

山菜苗:ミツバ(三つ葉) 9cmポット苗10ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

4,263

山菜苗:ミツバ(三つ葉) 9cmポット苗10ポットセット

●商品情報 【山菜苗】【野菜苗】【通年収穫も可能】【日本のハーブ】 商品名:ミツバ(みつば) 和名:三つ葉 別名:ミツバゼリ、青ミツバ 学名:Cryptotaenia canadensis subsp. japonica ●商品説明 日本各地(北海道から沖縄まで)の産地の日陰に自生しています。 「三つ葉」は和名の通り葉が3つに分かれている様子から名づけられました。 日本の料理に馴染みやすく、お浸し・和え物・お吸い物・鍋物などに利用されます。 多年草のため、半日陰(家の北側でプランター栽培でも可)で育てておくと、ちょっとしたときにすぐ収穫でき便利です。 ※この「三つ葉苗」は無農薬で栽培しています。そのため葉がある期間は葉に虫食いがある場合もございます。ご理解の上お買い求めください。 ●科・属名 セリ科ミツバ属 ●開花時期 6~8月 ●収穫時期 春~初夏が最も美味しい!葉が青々としている間は通年食べられます。 ●草丈 40cm程 ●特性 多年草 ●管理場所 直射日光の当たらない涼しい半日陰 ●育て方 家の北側など直射日光が当たらない場所で管理(栽培)します。やや湿気がある場所を好み、乾燥気味の土壌はおすすめしません。プランター栽培も可能です。葉が青いうちは通年食べられます。厳冬の地域では冬場は玄関先などに置いておくと、通年収穫が可能です(※プランター栽培の場合)。

山菜苗:ミツバ(三つ葉) 9cmポット苗2ポットセット【紫桜館山の花屋】

Amazon

880

山菜苗:ミツバ(三つ葉) 9cmポット苗2ポットセット【紫桜館山の花屋】

●商品情報 【山菜苗】【野菜苗】【通年収穫も可能】【日本のハーブ】商品名:ミツバ(みつば)和名:三つ葉別名:ミツバゼリ、青ミツバ学名:Cryptotaenia canadensis subsp. japonica●商品説明日本各地(北海道から沖縄まで)の産地の日陰に自生しています。「三つ葉」は和名の通り葉が3つに分かれている様子から名づけられました。日本の料理に馴染みやすく、お浸し・和え物・お吸い物・鍋物などに利用されます。多年草のため、半日陰(家の北側でプランター栽培でも可)で育てておくと、ちょっとしたときにすぐ収穫でき便利です。※この「三つ葉苗」は無農薬で栽培しています。そのため葉がある期間は葉に虫食いがある場合もございます。ご理解の上お買い求めください。●科・属名セリ科ミツバ属●開花時期6~8月●収穫時期春~初夏が最も美味しい 葉が青々としている間は通年食べられます。●草丈40cm程●特性多年草●管理場所直射日光の当たらない涼しい半日陰●育て方家の北側など直射日光が当たらない場所で管理(栽培)します。やや湿気がある場所を好み、乾燥気味の土壌はおすすめしません。プランター栽培も可能です。葉が青いうちは通年食べられます。厳冬の地域では冬場は玄関先などに置いておくと、通年収穫が可能です(※プランター栽培の場合)。

送料無料
山菜苗:赤花フキノトウ(赤花蕗の薹) 素掘り苗6芽

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

9,504

山菜苗:赤花フキノトウ(赤花蕗の薹) 素掘り苗6芽

●商品説明 【珍品】【山菜苗】【ほろ苦さのある野菜】 とても珍しい赤い蕗の薹です。蕗の薹はフキの花茎です。この赤い蕗の薹は青森県で見つかった株を当店で増殖させた苗になります。 岩手県の場合紅葉が終わる11月中旬頃にはもう地面の中で蕗の薹の状態まで成長し翌春を待っています。この頃に堀上げ、お客様へお届けいたします。 赤色は蕗の薹の状態が最も濃く、開花するに連れ徐々に色が抜けていきます。花後はほぼ通常の蕗の薹と変わりない状態になり、その後に出てくる蕗の葉は通常の緑色をしています。 この希少な赤い蕗の薹、湯がいて食べてみましたが通常の蕗の薹と変わりない独特のほろ苦さのある味でした。湯がいても赤色はさほど抜けませんでした。 栽培方法は通常の蕗の薹と同じです。 ●科名・特性 キク科フキ属 多年草 ●生育地 平地や山地 ●開花時期 3月~5月 ●育て方 日向でも育ちますが、半日陰で肥えた土地を好みます。とても丈夫な植物で、根が地下を這って増えていきます。適地に根付けば、後は手間いらずな植物です。 ベランダ等で育てる場合は、少し深めのプランターに植え付け、日向に置き管理します。水やりは上から少し多めに与えましょう。

山菜苗:ヨモギ(蓬) 9cmポット苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

1,188

山菜苗:ヨモギ(蓬) 9cmポット苗5ポットセット

【よもぎ餅へ利用をお考えのお客様へ】 よもぎ餅へは、春のまだ柔らかい新葉が適しています。新葉は早春から出始め、まだ白っぽい葉先を千切り利用します。大量に千切ってもそこは雑草。次から次へと出てきますのでご安心を。初夏以降も食べられないことはないのですが、葉が固くなるためあまりお勧めできません。 強健なため、畑や庭先へは植えずにプランターや鉢栽培を強くお勧めいたします。 ●商品情報 【宿根草】【強健植物】【山菜苗】【野菜苗】【春の新芽を草餅に】 商品名:ヨモギ(よもぎ) 和名:蓬 別名:モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、モグサ、ヤキグサ ●商品説明 春に新芽を摘み取り天ぷら・よもぎ餅などに利用します。繁殖力旺盛です。 懐かしい味をお楽しみください。多めに入れて作るとよりヨモギの香りが引き立ちます。 ●科/属名 キク科ヨモギ属 ●特性 多年草 ●草丈 30cm~120cm ●開花時期 9~10月 ●植え付け適期 春か秋 いつ植え付けても成長しますが、真夏の植え替えは避けましょう。 ●管理場所 日向~半日陰 日陰でも育ちます。 ●育て方 とても丈夫な植物です。植える時期や場所などは特に選びません。 殖える植物ですので、栽培される場合はプランター栽培をお勧めします。※7~10月は葉茎を切り詰めてお届けとなります。切り詰めて植え付けた方が根付きもよく、来年の成長もよくなるためです。秋に植え付けた場合、その後葉茎は枯れていき、来春また芽吹き出します。

山菜苗:ギョウジャニンニク 9cmポット仮植え苗5ポットセット

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

2,079

山菜苗:ギョウジャニンニク 9cmポット仮植え苗5ポットセット

●商品情報【宿根草】【山菜苗】【野菜苗】 商品名:行者にんにく 和名:行者大蒜、行者葫 学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum 別名:アイヌネギ(あいぬねぎ)、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニク ●商品説明 ギョウジャニンニクは、フキノトウやカタクリと並ぶ早春を代表する山菜です。昔、山岳信仰の行者が荒行に耐える体力をつけるためにこれを食べた、という話からこの名前が付いたそうです。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さと旨味がいっぱいの人気の山菜です。北海道では、アイヌネギとも呼ばれ、他に、キトビロ、ヤマビル、ヤマニンニクなど呼び名も様々あります。 ちなみに、1歳半の男の子に葉っぱ2枚分ほど夕飯のおかずに食べさせたところ、いつも20時就寝ですが22時まで元気いっぱい走り回っていました。お子様程、ギョウジャニンニクの栄養が早く体に伝わるのでしょうか。ギョウジャニンニクの効力を改めて感じた体験談でした。 4月下旬~5月にかけての、ちょうど冬が終わり雪解け時に短い期間だけ生育します。種から育てた場合、成長がとても遅く収穫までに3年、上質なものになるまでには5~8年かかりますが、鉛筆の太さくらいの力強い株に成長します。 収穫は、やわらかくて手では折りにくいので、根元をナイフで切りとります。引っ張ると根が抜けてしまうので注意しましょう。葉が1枚のものと、2枚以上のものがありますが、茎が太く、葉が2枚以上のものを選んで収穫します。根から花、種までにんにくに似た独特の香り、舌触り、コクの深さがあり、人気の山菜です。 古くから強壮剤として利用されてきました。栄養価に優れ、ビタミンやミネラル、食物繊維、特に葉酸が多く含まれています。また...

送料無料
山菜苗:ボウナ[イヌドウナ] 素掘り苗100株【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

28,274

山菜苗:ボウナ[イヌドウナ] 素掘り苗100株【送料無料】

●商品説明 秋田では民謡で「ほんな」の名で歌われています。茎を折る音を「ポンッ」「ドホッ」などと表現して名がつけられたようです。 地方により、呼び方が様々ですが岩手県北部では「ぼうな」の名が主流です。 春の若茎が20~30cm程に育った部分を食します。 ヨブスマソウとイヌドウナのどちらも「ぼうな」と呼ばれることが多いようですが、当店で販売しているこちらの苗はイヌドウナです。葉がやや五角形に近い形をしているのが特徴です。 ●草丈 50~1.5m程 ●科/属名 キク科コウモリソウ属 ●特性 多年草 ●開花時期 7~9月 ●管理場所 湿り気のある半日陰 ●育て方 山麓や谷間に生える植物です。 水はけ、水持ちの良い場所を選び、腐葉土をすきこみ植え付けます。 ●お勧めの食べ方! 4~5月頃の20~30cm程の若茎を採り、塩漬けで食べるのがおすすめ。ポリポリとした食感と山菜独特の風味が大変美味しく、おつまみに最適です。お子様のおやつにも! **塩漬けの作り方** ★必要なもの・・・タッパー(大)と塩 1.沸騰したお湯に塩を一つまみ入れ採取した若茎をゆでる(気持ち固めに)。 2.タッパーの底に塩を一振りし、若茎をそのまま敷き詰める。 3.1段ごとに塩を振りかけ「塩+若茎+塩・・・」とこれを繰り返す。 ※塩はお好みで。塩味だけが良い場合は強めに。醤油などでも楽しみたい場合は薄めにしてください。 4.冷蔵庫で1~2時間置いて出来上がり!

ウルイ苗 オオバギボウシ1株

庄内米産直店 土門商店

2,571

ウルイ苗 オオバギボウシ1株

■予めご予約ください 発送期間:4月15日~5月10日頃迄 苗の生長にあわせた出荷の為、配達日指定は ご遠慮いただきますようにお願い申し上げます。 「楽天シニア市場」 山菜苗 野草苗 家庭菜園 うるい苗 ぎぼうしうるい なえ オオバギボウシ ウルイ ユリ科 ぎぼうし 球根 たね山菜で名高いウルイの一種でオオバギボウシ苗です。コバギボウシに比べ葉は大きい。うるいは乾燥しない半日陰が望ましいが、比較的土地を選ばず作りやすい。やわらかく癖はなく、ぬめりのある山菜野草の一つです。葉の部分に苦味が多いため、葉柄が伸びてくる頃に1~2回株元に土寄せをし、軟白の部分を長くすると苦味の少ない柔らかいうるいを楽しめます。比較的寒さに強く、路地栽培で冬越し可能です。 大株の地堀苗の為、ポットには入りません。堀起こした後、軽く水洗いをした状態のものを包んでお届けいたします。新芽の数は株により多少異なりますが1株は約3~4芽ほどです。お届け後はそのまま植え込む事ももちろん可能ですが、大株のため新芽を痛めないように2つ割又は3つ割りに株を割った後、植え込みを行っていただけるとより早く株を増やすことができます。必要以上に細かく株分けをしますと、株が弱ってしまうため株分けの際にはご注意下さい。 苗は到着と同時に開封し確認した上で、新鮮なうちに植え込みしてください。輸送途中の破損は、お買い上げ代金内の補償とさせていただきます。尚、種苗はお客様の都合による交換・返品はお受けできません。

送料無料
山菜苗:ミツバ(三つ葉) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

15,824

山菜苗:ミツバ(三つ葉) 9cmポット苗40ポットセット【送料無料】

●商品情報 【山菜苗】【野菜苗】【通年収穫も可能】【日本のハーブ】 商品名:ミツバ(みつば) 和名:三つ葉 別名:ミツバゼリ、青ミツバ 学名:Cryptotaenia canadensis subsp. japonica ●商品説明 日本各地(北海道から沖縄まで)の産地の日陰に自生しています。 「三つ葉」は和名の通り葉が3つに分かれている様子から名づけられました。 日本の料理に馴染みやすく、お浸し・和え物・お吸い物・鍋物などに利用されます。 多年草のため、半日陰(家の北側でプランター栽培でも可)で育てておくと、ちょっとしたときにすぐ収穫でき便利です。 ※この「三つ葉苗」は無農薬で栽培しています。そのため葉がある期間は葉に虫食いがある場合もございます。ご理解の上お買い求めください。 ●科・属名 セリ科ミツバ属 ●開花時期 6~8月 ●収穫時期 春~初夏が最も美味しい!葉が青々としている間は通年食べられます。 ●草丈 40cm程 ●特性 多年草 ●管理場所 直射日光の当たらない涼しい半日陰 ●育て方 家の北側など直射日光が当たらない場所で管理(栽培)します。やや湿気がある場所を好み、乾燥気味の土壌はおすすめしません。プランター栽培も可能です。葉が青いうちは通年食べられます。厳冬の地域では冬場は玄関先などに置いておくと、通年収穫が可能です(※プランター栽培の場合)。

送料無料
山菜苗:コシアブラ (漉油) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

26,611

山菜苗:コシアブラ (漉油) 9cmポット仮植え苗40ポットセット【送料無料】

●商品説明 近年、山菜として注目を浴び始めたコシアブラ。タラノキと同じウコギ科の植物で、春先に出てくる若葉を食用にします。主な食べ方は天ぷら、おひたし、和え物など。味はタラノメよりまろやかで、天ぷらにするととても美味です。 タラノキと違うのは、高さ10メートルから20メートルと、とても大きく育つこと。これは、低木が多いウコギ科の中ではちょっと変わりモノです。枝分かれをあまりせず、すっと天に向かって伸びていくその姿は、独特の雰囲気をかもし出しています。 コシアブラは山で見つけるのはとても大変。というのも、木の幹の質感や様子からでは、すぐにコシアブラを見分けることができないからです。タラノキと違って棘が無いので、庭や畑に植えてもトゲによる怪我をする心配もありません。 大きくなれば夏に質素な花をつけ、そのあとは小さな実もなります。秋になると紅葉しますが、赤や黄色といった鮮やかな色ではなく、薄いクリーム色へと変わります。葉肉が抜けるため、透けたように透明感のある葉です。コシアブラの葉は枝の先端にまとまって生えるため、この時期の葉は遠目からみると、白い花のようで、とても美しく見応えがあります。 ※ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。 ●科/属名 ウコギ科ウコギ属 ●特性 落葉高木 ●開花時期 7~8月 ●収穫適期 4~5月 ●育て方 庭植えの場合は、日当たりおよび水はけが良い場所を選びましょう。根付くまではたっぷり水を与え、根付いてからは適度に雨を浴びていれば充分です。植え付け後2年~3年は、充分に肥料を与えてください。堆肥で良いでしょう。春か秋に苗の周りにまきます。 ひげ根がなく、木の様な根ですが、この状態で充分育ちますので、ご心配なさらないで下さい。植え付け直後は...

山菜の女王様 しらきの芽の苗【こしあぶら】 4号ポット香り・風味豊かでタラの芽をしのぐ絶品といわれています!しらきの芽の苗【コシアブラ】【山菜三昧シリーズ】 4号ポット

ファーム フローラル

1,491

山菜の女王様 しらきの芽の苗【こしあぶら】 4号ポット香り・風味豊かでタラの芽をしのぐ絶品といわれています!しらきの芽の苗【コシアブラ】【山菜三昧シリーズ】 4号ポット

— しらきの芽(コシアブラ)の育て方 — 落葉高木(樹高10〜20m) 生育環境 日向〜半日陰 収穫期 春(4〜5月) 育て方 日向よりどちらかというと半日陰に向いています。コシアブラは、ヒゲ根の数が少ないため、 水の吸い上げが余りよくないので、移植には少ない根を傷つけないよう注意します。 こしあぶらは、日差しを好みません、植え付け場所は半日陰にしてください。 根が地表上を張るため、表面を柔らかくする必要があります。腐葉土が一番 適しています。 穴の大きさは巾50センチ、深さ50センチぐらいです 。 掘ったら下のほうに20センチ位有機質肥料を混ぜて埋め戻しましょう。 更に掘りあげた土を埋め戻します。 植付け時は、根は横幅一杯に広げて植えます。 水やり 水が周囲に流れないように、土を盛り、水をたっぷりやります 苗木がふらふらする場合には、支柱を立てて安定させてやります 。 こしあぶらは毛根が少ないために根付に時間がかかります。 葉が出てきても油断をしないで、根付くまで十分に水をあげてください。 根元の乾燥にも気を配ってください。 食べ方 芽出し時期の4〜5月頃、枝先の若芽が開ききらないうちが柔らかくアクも少なく食べごろです。 収穫した若芽はハカマを取り、そのまま天ぷらにしても美味ですが、 塩少々を入れ茹でるとアクが抜け、色々な料理が楽しめます。 しらきの芽【コシアブラ】 白木の芽(しらきの芽)、コシアブラとも呼ばれる ウコギ科の山菜です。『山菜の女王』と讃えられ、天ぷらはたらの芽をも超えるとも言われ上品な香り、しっかりとしたコクが絶品です。 おひたし、天ぷら、ごまあえ、汁の実、など和風料理はもちろん、...

送料無料
山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 10.5cmポット仮植え苗28株セット【送料無料】

紫桜館 山の花屋 楽天市場店

11,875

山菜苗:フキノトウ(蕗の薹) 10.5cmポット仮植え苗28株セット【送料無料】

フキとフキノトウって何が違うの? フキは春に収穫を迎える季節野菜として、昔から栽培されてきました。透き通るような淡い緑色と、さわやかな香りは食卓に色を添えてくれます。フキノトウは春の訪れを告げてくれる花のつぼみ。晩秋から翌早春までつぼみのままで春を待ちます。まだ雪が残るころ、あちらこちらで雪解けの合間からひょっこり顔を出す姿は待ちわびた春の息吹を感じ、思わず顔がほころびます。このフキノトウは東北北部では熊が冬眠から覚めた際、目を覚ますために食すといわれています。この苦味が熊をも目覚めさせるようです(笑)フキとフキノトウの何が違うの?というと、同じ根っこでつながった葉っぱ(フキ)と花(フキノトウ)です。フキノトウは成長してもフキにはならないのです。 フキノトウが先に顔を出し→花を咲かせ→薹(とう)が立ち→枯れます。 フキノトウは花が咲いた後、茎がそのまま20cm~40cmほどまで伸び、やがて茎は枯れて絶えていきます。 その後株元からフキの葉が出始め、葉茎を長く生長させながら丸い葉を広げます。 地植えの場合30~60cmほどになりますが、条件が合うと1mほどまで生長する場合もあります。 細い地下茎は数年で3本以上生長し、それぞれ7~8節伸びます。春には各節からフキノトウが顔を出し、その後フキが出てきます。栽培品種として、愛知県の「愛知早生フキ」、野生種では「山フキ」や秋田県に多く自生する大型の「アキタフキ」などがあります。 春の味 フキノトウはほろ苦さとさわやかな香りが特徴の食材です。東北地方では、細かく刻んで味噌に混ぜ、「ばっけ味噌」を作ります。炊き立てのご飯にとっても合う春のおかずです。 その他、天ぷらやおみそ汁の具材にも利用されます。天ぷらにする際は、半分に割るように切ってから衣をつけ揚げるとサクサク触感が楽しめます...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク