メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「寄せ植えに使うグリーン」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

サカタのタネ コブトリソウ 20ml【郵送対応】

日光種苗

216

サカタのタネ コブトリソウ 20ml【郵送対応】

栽培しやすい環境保全植物 コブトリソウ 特徴  マメ科の一年草。日本には近縁のタヌキマメがあり、まれに、山草的に利用されてきました。コブトリソウはタイやインドで、主にその茎から繊維をとるため古くから栽培されてきました。また、コブトリソウを栽培すると植物に有害なネコブセンチュウを減少させる効果があり、このため、日本では連作障害回避のための緑肥として利用されています。  1)連作障害の低減に役立つ家庭菜園などのネコブセンチュウによる連作障害の軽減に効果があります。  2)土壌肥料の偏り防止に役立つ家庭菜園などで栽培し、すき込んで緑肥として利用すると、土壌肥料の偏りを改善します。 栽培場所  家庭菜園に (この1袋から約2平米の面積にまくことができます。) タネまき時期  4月下旬〜7月上旬(遅霜の心配がなくなってから)、この袋のタネで約2平米にまけます。日向を好みます。 タネまき  発芽に高温が必要ですので、早まきは適しません。よく耕した土壌にばらまきして、軽く覆土して、鎮圧してください。 手入れ  特に必要ありませんが、生育が悪いようでしたら、肥料を施してください。 利用方法  すき込んで緑肥として利用します。刈り取って細断し、堆肥としても利用できます。後作はすき込み後一ヶ月以上してから栽培を始めてください。根菜類の前作には使用しないでください。ウリ科やナス科の前作に最適です。 緑肥[s04][s05][s06][s07]

サカタのタネ ライムギ 15ml【郵送対応】

日光種苗

216

サカタのタネ ライムギ 15ml【郵送対応】

栽培しやすい環境保全植物 ライムギ ウインターグロウ 特徴  イネ科の越年草で、ヨーロッパから西南アジアが原産地です。日本には明治の初め頃に渡来したといわれています。耐寒性が強く、ヨーロッパでは食用品種がライ麦パンなどに利用されています。草丈は1〜1.5m程度で、5月〜6月に美しい穂をつけます。日本では冬季の緑肥として風による土壌の飛散を防ぐために利用されています。  1)冬季の風による表土飛散(埃)を防ぎます。  2)緑肥としてすき込みを行うと、畑の土壌構造を改善します。  3)初夏に穂をつけ、風景を美しく彩ります。また、穂はドライフラワーとして利用できます。 栽培場所  家庭菜園・プランター (この1袋から約2平米の面積にまくことができます。) タネまき時期  9月〜10月が適期です。 タネまき  土を良く耕し、すじまきまたはばらまきをして、薄く土をかけよくおさえます。 手入れ  丈夫な植物なので特に必要ありません。冬になって、霜で持ち上がってしまうようでしたら、麦踏みをするとよいでしょう。 利用方法  初夏に穂を切り取ってドライフラワーなどに利用します。また、適当な時期にロータリーやくわなどですき込んで、緑肥として利用すると土壌構造の改善に役立ちます。ウサギや小鳥の餌としても利用できます。 ライ麦、緑肥[s09][s10]

サカタのタネ ストロベリートーチ 2ml【郵送対応】

日光種苗

216

サカタのタネ ストロベリートーチ 2ml【郵送対応】

イチゴの果実のような赤い花穂がかわいい サカタのタネ ストロベリートーチ クリムゾンクローバー 特長 クローバーの仲間で耐寒性はとても強く、株張り約30cm草丈約40cmになります。 八重桜が散り始める頃、真っ赤なイチゴの果実に似た花穂を数多く枝先につけます。 かわいらしい切り花になります。 タネまき ススキの穂が出始める頃が種蒔の適期です。 ピートバンや種まき用土を入れた箱にバラまきし、種がかくれるくらい土をかけます。 発芽がそろったら苗が込み合ったところを間引き、本葉2枚のころ小鉢やポットに植え替えます。 栽培のポイント 日当たりのよいところでしっかりと苗を育てます。 完熟たい肥、腐葉土などの有機質を多めに施した日当たりと水はけの良い場所に、株間約30cmで植え付けます。 厳しい寒さが来る前に根を張らせるように早めに植えますが、小苗や植え付けの遅れたときは霜よけをすると安心です。 春先にアブラムシの予防をします。 こちらの商品はご注文確認後にお取り寄せになる場合があります。 お取り寄せの場合、商品の発送に1週間程度のお時間をいただきます。予めご了承の上、ご注文ください。

サカタのタネ アフリカントール 2ml【郵送対応】

日光種苗

216

サカタのタネ アフリカントール 2ml【郵送対応】

栽培しやすい環境保全植物 マリーゴールド アフリカントール 特徴  キク科の一年草。近縁で草丈の低いフレンチマリーゴールドは花壇材料として多用されます。アフリカントールはフレンチマリーゴールドより草丈が高く、80センチ程度になります。花は大輪で美しく、黄色からオレンジ色まで花色に幅があります。また、野菜や花などに悪影響を与える、有害センチュウ類の減少に効果があります。  1)有害土壌センチュウの減少に役立つ作物の生育に悪影響を与える有害土壌センチュウを抑制します。  2)美しい景観を演出する開花期が長く、夏から秋まで美しい景観を演出します。 栽培場所  家庭菜園・プランター・庭 (この1袋から約2平米の面積にまくことができます。) タネまき時期  4月中旬〜6月下旬(遅霜の心配がなくなってから)日向を好みます。 タネまき  すじまきやばらまきも可能ですが、移植栽培が確実です。ジフィー7などを利用して、2粒まきします。発芽後に一本を残して切り取ります。発芽後1ヶ月程度で、25〜30cm間隔で定植します。定植の時はたっぷりと水をやってください。定植後2週間ほどしたら、1平米あたり化成肥料をひとにぎりほど施します。 利用方法  家庭菜園や庭、プランターなどに植えて美しい花を観賞します。切り花としても利用できます。このような栽培中も有害土壌センチュウの抑制効果を発揮します。栽培後はすき込んで緑肥として利用するか、刈り取って細断し、堆肥として利用します。後作はすき込み後一ヶ月以上たってから作付しましょう。 マリーゴールド、緑肥[s04][s05][s06]

サカタのタネ ジニア・プロフュージョンダブルミックス 【郵送対応】

日光種苗

540

サカタのタネ ジニア・プロフュージョンダブルミックス 【郵送対応】

ジニア    プロフュージョンコーラルピンク特長サカタのタネ育成の品種。生育旺盛で暑さや寒さに強く、多花性なプロフュージョンシリーズ。花径約6cmの半八重咲きタイプで鮮やかな色の混合の花が夏から秋まで咲き続けます。タネまき八重桜が咲くころからがタネまきの適期です。タネは比較的大きく、タネまき用土を入れた箱や平鉢に5cm間隔で2〜3粒ずつ点まきし、タネがかくれるくらい土をかけ、発芽まで乾かさないように注意します。本葉2〜3枚のころ小鉢やポットに植え替えます。栽培のポイント日当たりと風とおしのよいところでしっかりと苗を育てます。日当たりと水はけのよいところに、1平方メートル当たり完熟堆肥3kg、化成肥料50g、苦土石灰100gを施して、株間約30cmで植えつけます。60cmのプランターには3〜4株植えが標準です。観賞期間は長く定期的に株元に1つまみほど追肥します。内容量0.5ml※栽培暦は地方・気候により異なります。上記月日に頼らず貴地の気候に合わせて栽培してください。こちらの商品はご注文確認後にお取り寄せになる場合があります。お取り寄せの場合、商品の発送に1週間程度のお時間をいただきます。予めご了承の上、ご注文ください。

サカタのタネ メランポジューム 【郵送対応】

日光種苗

324

サカタのタネ メランポジューム 【郵送対応】

メランポジューム    特長夏から晩秋まで咲き通づける、鮮黄色の元気な小花!花径約3cmで鮮やかな黄色の花と、霜が降りるころまで咲き続ける観賞期間の長さが魅力です。草丈は40cmほどで、暑さにとても強く、花壇植えだけでなくコンテナの寄せ植えにも適します。タネまき発芽とその後の生育にも高温が必要で、八重桜が咲くころからがタネまきの適期です。タネまき用土を入れた箱などに薄くバラまきし、種がかくれるくらい薄く土をかけ、たっぷりと水やりします。本葉2〜3枚のころ小鉢やポットに植え替えます。栽培のポイント日当たりと風とおしのよい暖かい場所で、寒さに注意しながら苗を育てます。1当たり完熟堆肥3kg、化成肥料50g、苦土石灰50gを施した、日当たりと水はけのよい場所に、株間約30cmで植えつけます。コンテナでは、直径約45cmの丸鉢で3株ほど植えるのが標準です。アブラムシやヨトウムシに注意します。内容量1ml※栽培暦は地方・気候により異なります。上記月日に頼らず貴地の気候に合わせて栽培してください。こちらの商品はご注文確認後にお取り寄せになる場合があります。お取り寄せの場合、商品の発送に1週間程度のお時間をいただきます。予めご了承の上、ご注文ください。

サカタのタネ スイートピー わい性 スヌーピー 2ml【郵送対応】

日光種苗

216

サカタのタネ スイートピー わい性 スヌーピー 2ml【郵送対応】

コンテナや釣り鉢に向く巻きひげのないスイートピー サカタのタネ スイートピー 矮性 スヌーピー 特長 コンテナ、大鉢、つり鉢向きの巻きひげのない矮性品種です。 支柱を立てて行燈仕立てにしたり、枝を伸ばしてハンギング仕立てにします。 香りが強く、カラフルな花が多く咲きます。 タネまき 寒地や霜の多い地域では春に、暖地では秋涼しくなってからが適期です。 急に吸水させると発芽が悪くなりますので、小鉢やポットにやや湿らせた土を入れ、 1cm程の深さに2〜3粒の種をまき、日陰において加湿に注意しながら翌日から水やりします。 栽培のポイント 発芽後は日当たりと風とうしの良いところで苗を育てます。 完熟たい肥、腐葉土などの有機質の他、苦土石灰を1平方メートル当たり100gほど施したところに、 本葉3〜5節の頃、株間約30cmで植え付けます。5〜6節残して摘心すると株元から多く分枝します。 直接霜が当たらない様に保温して早めに支柱やネットを準備します。 こちらの商品はご注文確認後にお取り寄せになる場合があります。 お取り寄せの場合、商品の発送に1週間程度のお時間をいただきます。予めご了承の上、ご注文ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク