メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「季節の花 5 月」検索結果。

季節の花 5 月の商品検索結果全1,867件中1~60件目

ハナモモ/テルテモモ(照手桃) 樹高1.8m前後 落葉低木

ガーデンタウン

15,120

ハナモモ/テルテモモ(照手桃) 樹高1.8m前後 落葉低木

ハナモモ/テルテモモ(照手桃) バラ科 サクラ属 落葉小高木 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 実 ● 花 ● ● 葉 ● ● ● ● ● ● ● ● 月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 施肥 ● ● ● 消毒 剪定 ● ● ● ● ● 栽培適地 日本全国 植栽適期 2〜3月・11〜12月 開花時期 3〜4月 施肥時期 1〜2月・8月 果実熟期 11月 最終樹高 6m 花 色 紫ピンク色 用 途 庭木・花木・シンボルツリー・記念樹 樹木の特徴 ☆花を鑑賞する木☆ 桜の季節に咲く綺麗な花が魅力的 モモは古くから日本で親しまれてきました。災いを除き、福を招くとされており、とても縁起の良い木です。 観賞用に改良された樹木をハナモモといいます。ハナモモは江戸時代から私たち日本人の目を楽しませてくれています。 照手桃は八重咲き品種です。従来のハナモモより早い時期に開花します。 こちらは、狭いスペースでも栽培可能な”ほうき立ち”という品種で、花付きも良く見ごたえがあります。 ハナモモは、日当たりの良い場所を好みます。日当たりと花付きは比例しますので、たっぷりと太陽の光が注ぐ場所に植えて、剪定を行い、毎年美しい花を鑑賞してください。

花木 庭木の苗/レンギョウ:タフスアーノルド5号ポット12株セット

園芸ネット プラス

9,500

花木 庭木の苗/レンギョウ:タフスアーノルド5号ポット12株セット

レンギョウは春に黄色の花を木いっぱいに咲かせる季節感たっぷりの花木。強健でたいへん育てすく、庭植え、鉢植え、生垣などにおすすめです。タフスアーノルドは、白〜黄色の斑が葉全体に広がる品種です。斑の入り方には個体差があります。涼しげな葉色で、お庭のアクセントにはぴったりです。タイプ:モクセイ科の耐寒性落葉低木植付け・植え替え時期 : 2月〜3月半ば、11〜12月開花期 : 3月〜4月上旬樹高:2〜3m植付け適地:北海道南部から沖縄まで施肥 : 鉢植えの場合4月初め、庭植えの場合2月〜3月剪定 : 4月初め栽培方法:日当たり、風通しがよく、土に適度な湿り気のある場所に植え付けます。植付け時に植え穴に腐葉土や堆肥をほどこしてください。剪定は花後に。また、冬にも樹形を作る骨格となる枝の剪定をおこないますが、花芽が付いてからの剪定などで刈り込み過ぎないように気をつけます。施肥は4〜6月と11〜2月に、根元に油粕や鶏糞を施してください。鉢植えの場合は2,3年に一度、ひとまわり大きな鉢に植え替えてください。お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入り、樹高約30〜40cmです。樹高は多少変動することがあります。写真は成長時のイメージです。4月以降は開花終了後のお届けとなる場合があります。秋〜冬は葉が落葉前の枯れた状態や、落葉状態でのお届けとなります。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・時間帯指定・メッセージカードの添付・代金引換決済 レンギョウ:タフスアーノルド5号ポット12株セットの栽培ガイド苗類のお届け形態について

草花の苗/ガーデニング蘭:デンドロビウム・ワイン赤紫系4号ポット

園芸ネット プラス

2,060

草花の苗/ガーデニング蘭:デンドロビウム・ワイン赤紫系4号ポット

春から秋まで戸外(庭植え・鉢植え)で楽しめるガーデニング用デンドロです。5月から10月まで戸外で楽しめます。四季咲き性があり、通常は5〜6月と9〜11月に咲きますが、それぞれのバルブに少しずつ時期がずれて連続して花が上がるので、他の季節にも開花します。雨にも強く強健なので、庭植えにしたり、他の草花との寄せ植えも楽しめます。1茎の花が開花し始めてから1〜2か月もつので、長い期間美しい蘭の花を楽しむことができ、玄関前のウェルカムフラワーに最適です。美しく華やかな花がたっぷり楽しめる、おすすめの品種です。赤紫系の品種は「ワインドレス」「ワインダンス」の2種がありますが、出荷時に状態のよいほうでのお届けとなりますので、品種はご指定いただけません。あらかじめご了承ください。学名:Dendrobium生育適温:10度以上開花期:5〜6月、9〜10月草丈:40cm日照:日向〜半日陰向き管理方法:5月から10月は戸外で管理できます。戸外の気温が10度以下になったら室内に取り込んでください。5月になったら屋外に出しますが、しばらく半日陰で慣らしてから日当たりのよい場所に移してください。水やりは、気温(室温)10度以下の季節は15日に1回程度、10度以上の季節は10日に1度程度、寄せ植えの場合は他の植物に合わせて与えます。春から秋の生育期は液肥などを規定倍率に薄めて2週間に1度与えます。冬は肥料は不要です。冬季はなるべく室内の明るい場所で、10度以上を保つように管理します。0度になっても枯れることはありませんが、寒さで葉が落ちることがあります。落葉しても植物は生きており、春になると新芽が出てきますので、そのまま管理してください。品種登録済みなので、営利栽培はできません。※写真はイメージです。ガーデニング蘭:デンドロビウム...

マンデビラ:サマーブーケ5号鉢植え

園芸ネット プラス

2,289

マンデビラ:サマーブーケ5号鉢植え

日本の高温多湿の夏は植物にとってつらい季節。でもウレキテスはそんな季節にこそ元気にたくさんの花を咲かせる貴重な植物です。初夏から秋(降霜)の頃まで、次々と美しい花を咲かせます。サマーブーケは黄花。つるがあまり伸びないので、お届けの際の鉢植えのままでも管理しやすい品種です。庭植えにした場合はフェンスやトレリスに適しています。学名:Urechites luteaタイプ:キョウチクトウ科チリソケイ属の非耐寒性宿根草(常緑つる性。国内では1年草扱い)開花時期:5月〜11月栽培方法:陽の光が好きなので、必ず日当たりと水はけの良い所で管理してください。日当たりが悪いと休眠して花が咲かなかったり、葉が黄色くなることがあります。過湿を嫌うので、土の表面が白く乾いてから与えてください。梅雨時・冬期にはほとんど水を与えなくてもかまいません。マンデルビラは肥料食いの代表選手。長期持続タイプの緩効性肥料がお勧めです。特に窒素成分(N)の補給はとても重要です。花を沢山咲かせるには、シーズン中に肥料を切らさず良く日光に当てる事が大切です。5号鉢植え、アンドン仕立てです。マンデビラ:サマーブーケ5号鉢植えの栽培ガイドマンデビラの育て方

花木 庭木の苗/アジサイ:レッツダンス ディーバ5号ポット

園芸ネット プラス

2,518

花木 庭木の苗/アジサイ:レッツダンス ディーバ5号ポット

レッツダンス ディーバは海外で育成された新品種で、インパクトのある巨大な花が特徴のガク咲き品種。従来のガクアジサイと比較すると一つのガクが数倍の大きさとなり、環境が良ければ手のひらほどの大きさにもなります。株はコンパクトで鉢栽培も可能です。花色は土壌酸度によりピンク〜薄い青紫色となります。この品種は新芽、古い枝の両方に花が咲くので、毎年美しい花が楽しめます。学名:Hydrangea macrophylla 'SMHMLDD'タイプ:ユキノシタ(アジサイ)科ハイドランジア(アジサイ)属の耐寒性落葉低木樹高:50〜100cm開花期:6〜7月頃用途:庭植え、鉢植え日照:日向〜半日陰向き栽培方法:日当たりから半日陰まで植えられ、適度な湿り気があり、腐植質に富む肥沃な土を好みます。また、冬の冷たい風を防げる場所が適しています。株元を乾燥させないことが大切で、鉢植えでは水切れに注意します。また庭植えの場合は真夏や冬季など地面が乾燥する季節には敷き藁などでマルチングしてください。剪定は花後すぐ(7月)に、花が咲いた枝を好みの高さの芽の上で切り取ります。肥料は寒肥として11月半ばから2月半ばに根元に骨粉、油かすなどの有機肥料を、また7月から9月に追肥として速効性化成肥料を施します。病害虫は6〜8月にカミキリムシの幼虫が幹に入ることがありますので、薬剤を散布するとよいでしょう。アジサイは土壌酸度により花色が変化します。栽培環境によっては写真の花色と異なる開花状況となる場合がありますのでご了承くださいませ。 お届けする苗は5号(直径15cm)ポット入りです。樹高につきましては入荷時期により多少変動することがあります。写真は成長・開花時のイメージです。アジサイ:レッツダンス ディーバ5号ポットの栽培ガイド7月の庭木のお手入れアジサイ苗類のお届け形態について...

花木 庭木の苗/桜:ヒマラヤザクラ(プルナス セラソイデス)8号地中ポット樹高1.5m

園芸ネット プラス

17,172

花木 庭木の苗/桜:ヒマラヤザクラ(プルナス セラソイデス)8号地中ポット樹高1.5m

【大型送料商品】ヒマラヤ山脈の温暖帯に分布する、常緑冬咲きの桜です。11月下旬から12月の花の少ない季節に満開の花を楽しませてくれます。花は濃いピンク色で豪華です。開花時は花が少なめですが、冬でも最低気温5度以上の地域であれば11ヶ月間は青葉を保つことも特徴のひとつ。また、大気中の窒素化合物(NO2)を吸収同化する能力がソメイヨシノの約5倍ということで話題になりました。新しい環境浄化樹木として注目を集めていす。葉は香りがよく、ポプリの材料になり、また桜にはつきものの虫の害があまりありません。剪定もできるためコンパクトに仕立てられ、新しいガーデンアイテムとして注目されています。タイプ:耐寒性常緑高木栽培適地:東北南部以南(-5℃を下回らない地域)開花:11月下旬〜12月、淡紅一重咲き、花径3cm樹高:10m植付け方法日当たり、水はけのよい、土壌が肥えた場所を選びます。植え穴を大きめに掘り、腐葉土バケツ1杯とや化成肥料を堀土に混ぜて底に敷き、少し肥料の入っていない土を重ね、その上に植えます。竹などで支柱を立てて幹の途中を数箇所結束します。植付け後は水をたっぷり与えて根と土を密着させます。植付け後の管理春先や夏場の乾燥する季節には水遣りしてください。寒肥として、2月に根元に粒状化成肥料を施します。花後と7月ころにも同様に施すと花つきが良くなります。剪定は毎年落葉後に、不要な枝や徒長枝を切り詰めます。太い枝などを強剪定する場合は、切り口に腐敗菌が侵入しないよう、殺菌効果の高い癒合剤を塗布してください。11月頃に一度落葉することがありますが、2週間ほどすると新芽が展開し、冬には花と同時に葉が出ている状態になります。写真は成長・開花時のイメージですが、お届け時は苗木の状態です。■この商品はメーカー直送にてお届けのため...

シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

インターフェース市

1,382

シロナンテン苗(白南天) 5号ポット

●ポットサイズ 5号(15cm) ●高さ 30cm内外 ※3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉しますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません) 別名 - 科名・属名 メギ科 ナンテン属 成木の樹高 1m〜3m前後 栽培適地 東北以南 樹形 常緑低木 花の時期 5月〜6月 葉の時期 1月〜12月 実の時期 12月〜2月 商品の特徴 冬でも明るい涼しげなライムグリーンで庭の植木たちが寂しげな冬 に明るい葉色は重宝します。洋風ガーデンにも良くあうカラーリーフ です。 ナンテンの木は、難を転ずるに音が通ずることから縁起の良い木と して玄関脇などに植えられてきました。 ※写真は見本品です。お届けする商品の樹形は多少異なります。 また、季節によって木の状態は変化します。●3月下旬から5月までは葉の入れ替え時期で、黄色くなり落葉し葉がほとんどなくなりますが、枯れたわけではございません。5月には写真のようなきれいな緑の新芽が沢山でますのでご安心ください。(枯れることは絶対ありません)注)商品の問い合わせは「商品についての問い合わせ」ボタンから問い合わせください。(店舗からお送りしたリターンメールの問い合わせのは自動で「既読になり」返答がもれますのでご了承ください)

南天(ナンテン)「トワイライト」 5号

千草園芸

2,484

南天(ナンテン)「トワイライト」 5号

1・2枚目の写真は17年6月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176a-u 白い発色は下の写真(12月)のように季節によってはあまり表れないときがございます。 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。...

レモン リスボン 苗木 5号 r

千草園芸

1,620

レモン リスボン 苗木 5号 r

17年6月13日入荷しました。 6月13日現在、写真のような小さい実が付いています。 木の季節によって状態は変化します。176c 果皮が緑のうちに収穫すると、さわやかなグリーンレモンの香りが楽しめます。 収穫期:9月上旬〜12月上旬 結実年数:2〜4年 ■栽培方法 なるべく南向きで風邪の当たらないところに、深さ40〜60cmくらいの穴を掘り、下のほうに腐葉土や市販の元肥を混ぜ込みます。(鉢植えなら8〜10号鉢に)追肥は毎年2〜3月頃市販の専用肥料を適量に与えます。 ★果実の効能 ビタミンCは、風邪の予防、抗がん作用、悪玉コレステロールを減少させ、シトラール成分は、ストレス解消に効果があります。 学名 Citrus limon Burmann 成木の樹高 3〜4m 栽培適地 関東南部〜九州 開花期 3〜5月 結実期 9〜12月 特性 栽培容易で豊産性の品種です。樹形は立ち性です。 お届けする商品 季節により木の状態は変化いたします。 露地植え栽培のポイント 冬は氷点下3度以下に下がらない地方での露地植えが可能です。 排水がよく、寒風の当たらない日当たりに植え込みます。 生育はよいので肥料は切らさないように与えます。滋賀県大津市の北部で大きく育ったレモンの木です。

南天(ナンテン)「レモンライム」5号

千草園芸

2,592

南天(ナンテン)「レモンライム」5号

※写真は見本品です。 写真は17年6月23日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176e-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) オブセスは新芽や若芽が赤く、秋には紅葉して1年を通して楽しめます。 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。...

南天(ナンテン)「オブセス」5号

千草園芸

2,484

南天(ナンテン)「オブセス」5号

※写真は見本品です。 写真は17年6月2日に撮影。 木の状態は季節によって変化いたします 176a-u 送料はM サイズです。(商品ページ下部の送料表を参照してください) オブセスは新芽や若芽が赤く、秋には紅葉して1年を通して楽しめます。 他のサイズのナンテンはこちらナンテン(南天) 【分類】メギ科ナンテン属『常緑低木』 【学名】Nandina domestica 【原産】中国 【利用】庭木、正月の飾り、寄せ植 【開花】5月〜7月 【結実】10月〜1月 【栽培敵地】東北以南 南天の特徴 「難を転ずる」の語呂から、魔除け・厄除けの縁起木として、古くから鬼門に植栽されています。 葉は料理の飾りつけにも利用されます。 暖地性の樹木で、あまり寒さには強くありません。 寒風の当たる場所では冬は落葉します。 また、積雪が多い地方では葉茎が折れやすいです。 寒さで多少痛んでも初夏には新芽を出して元気に生育します。 しかし2月から5月上旬までは葉の少ない季節があります。 南天の育て方 日陰から日当たりと大変適応して生育しますが、日陰では実つきが悪くなります。 また、日がよく当たる場所では赤ナンテンは葉が赤くなり、白ナンテンは黄色くなりがちです。 緑の葉にしておくには木漏れ日の当たるような半日陰で、水はけの良い肥沃な土壌で育てるときれいな葉になります。 また、実をたくさん付けるには複数の木を植栽すると実はよくつくようになります。 ただ、開花期に雨の多い年は受粉がしっかりと行われずに実付きが悪くなります。 丈夫な樹木で、挿し木、移植は容易です。販売を目的とした増殖の多くは挿し木で行われています。 寒い季節に移植をすると葉を落とすことがありますが、春には新たに芽を出して元気に生育します。 剪定 葉や枝が込み合ってきたら剪定します。...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク