メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「姫ライラック」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

観葉植物/ガジュマル7号鉢植え(根上がり)

園芸ネット プラス

5,151

観葉植物/ガジュマル7号鉢植え(根上がり)

根元がユニークなガジュマルは、ベンジャミンの仲間ですが葉っぱに光沢があるのが特徴です。ベンジャミンより強健で、明るい場所を好みます。沖縄ではガジュマルの古い巨木にはキジムナーという名の精霊が住むという言い伝えがあります。キジムナーは体長1m位で真っ赤な髪の毛のいたずら好きですが、家に住み着くとその家が栄え多くの幸福をもたらすとも言い伝えられています。タイプ:クワ科の常緑性高木原産地:東南アジアから沖縄、インド日照:半日陰耐寒温度:5℃以上栽培方法:耐陰性はありますが、きれいな葉をつけるには、明るい場所での管理をおすすめ致します。5〜10月は生育期のため土が乾いたら水をたっぷり与えます。また、この期間は2ヶ月に1度観葉植物用の置き肥を根元に施してください。やや湿度を好む植物ですが、冬は室内で管理し、水遣りも控えめにしてください。7号(直径21cm)鉢植え、全体の高さは鉢から上が約30cm、葉張り約25cmです。写真はイメージです。■この商品はメーカー直送にてお届けのため、下記サービスについてはお受けできません。・メッセージカードの添付・代金引換決済■寒さに弱いため、冬季は寒冷地へのお届けができない商品です。■お届け地域について ・北海道、沖縄、離島へのお届けは、追加送料(実費)をいただく場合があります。 ガジュマル7号鉢植え(根上がり)の栽培ガイド観葉植物の管理方法

【8/27迄!ポイント5倍】2017年分、予約スタート!山梨から取り寄せました、名人・廣瀬さんの実がた〜くさん付いたクランベリー(屋外植物)「今年も、生育順調。よくできてます!」【予約品(同梱不可)...

e-花屋さん

1,706

【8/27迄!ポイント5倍】2017年分、予約スタート!山梨から取り寄せました、名人・廣瀬さんの実がた〜くさん付いたクランベリー(屋外植物)「今年も、生育順調。よくできてます!」【予約品(同梱不可)...

【商品の詳細】   クランベリー×1 【植木鉢サイズ】 4号鉢サイズ (4号鉢サイズとは、鉢の直径が約12cmの鉢に植えられた植物の事をさします。) ※鉢はプラスチックです。 【必ずご確認ください】 写真は見本です。 植物ですので、樹形や実付き、ツルの長さなどは個々に多少異なります。 また配送の振動で、実が多少落ちてしまうことが予測されます。これはどうしてもありうることです。予めご了承くださいませ。 クランベリーは10月頃より、少しずつ実が赤く染まっていきます。ページ内の赤い実の写真は、おもに10月末頃に撮影したものを使用しています。 お届け時(9月)は、まだ実があまり色づいていません。秋が深まるにつれ染まっていく変化を御楽しみ下さいませ。 【育て方アドバイス】   ●基本的に、屋外の植物です。 期間を区切れば、屋内でも楽しむことができますが、基本的には屋外の植物です。 耐寒性はある程度あります。 (富山でも屋外で越冬可能です。) 基本的には、丈夫な植物です。リラックスしてお楽しみ下さいませ。 (多年生です!) ※管理書を同封しています。ご安心ください。6年連続、2週間以内に完売してしまう大ヒット商品「廣瀬さんのクランベリー」。 今年、初めて先行予約を募ります! 毎年、お問い合わせが非常に多いクランベリー。ただ廣瀬さんのクランベリーは全国的に人気が高く、9月に入るともう殆どの売切れ状態になってしまうんです・・・。 廣瀬さんのクランベリーがどうして、「美しい。」と言われるのか? 答えはシンプルで、草姿そのものの姿が美しいからです。 クランベリーって、実は草姿が非常に美しいんです! なんと言いますか、キチッキチッと設計された無機質な工業製品とは違い、野趣あふれる姿がたまらないんです。 そしてプリプリの果実は、秋が深まるにつれ...

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付き

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11.5cm、セメント製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰〜日陰水やり乾いたら植え替え頻度2〜3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2〜3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル銀L・皿付きの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付き

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付き

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径11cm、高さ11.5cm、セメント製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰〜日陰水やり乾いたら植え替え頻度2〜3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2〜3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/アステル金L・皿付きの栽培ガイド観葉植物の管理方法

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)

園芸ネット プラス

4,557

観葉植物/万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)

そのまま飾れる植え込みタイプ。姫牡丹(ひめぼたん)は凛とした美しい葉姿が人気の高級オモトです。非常に丈夫で地植えにも向いています。花は咲かず実は付きません。古来から、庭にオモトを植えると災難を防ぎ万年も家が栄えつづけるとされ、引越しの際新居の玄関にオモトを飾ると縁起がよいと言われています。オモトはキジカクシ科(スズラン科・ユリ科)オモト属の常緑多年草で、冬も枯れずに年間を通して青々と美しい姿が鑑賞でき、不老長寿の象徴ともされています。鉢:直径9.5cm、高さ11cm、陶器製、底穴あり・受け皿付※下葉の先端をカットして出荷する場合があります。季節により、葉数・ボリュームは異なります。写真はイメージです。タイプキジカクシ科オモト属冬の状態常緑開花期夏頃管理場所半日陰〜日陰水やり乾いたら植え替え頻度2〜3年に一回植え替え適期春か秋肥料遅効性のものを春と秋に病害虫春から秋に殺虫・殺菌剤を栽培のポイント比較的寒さに強く作りやすい用途鉢植え・単品植え向き管理方法:オモトは日本原産で自生している植物ですので、極めて順応性が高く丈夫です。戸外でもちろん栽培できますが、室内でも充分管理ができます。一週間に数回は日の当たる窓辺で日の光を当ててやるとよいでしょう。土の表面が乾いてきたら水を与えてください。毎日やる必要はありません。3年程経過した古い葉は、先端から茶色く枯れて行きます。先端から枯れた葉は完全に枯れるまでそのまましておくか、気になるようなら枯れた部分のみを切り落とします。首もとから腐ったように枯れこんだ葉は早めに根元から切り取ります。大きくなってきたら鉢も一回り大きなものに植えかえてやりましょう。目安は2〜3年に1回です。ギフト対応について万年青 (おもと):姫牡丹鉢植え/釉薬陶器鉢(オリーブ・皿付)の栽培ガイド観葉植物の管理方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク