メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「大麦種」検索結果。

大麦種の商品検索結果全12件中1~12件目

【種子】マルチ大麦 てまいらず10kg入り大袋【お取り寄せ品】カネコ種苗のタネ

Ivy

13,800

【種子】マルチ大麦 てまいらず10kg入り大袋【お取り寄せ品】カネコ種苗のタネ

コメント: 緑肥作物として、ポリマルチや敷き藁の代わり、雨季の表土乾燥防止、湿害対策、泥はね減少などによる病害制御などに利用できるリビングマルチ用大麦です。 自然に立ち枯れ、収穫後の後片付けも不要です。 雑草を抑えてくれるため、除草剤の削減や、土着天敵温存で殺虫剤飛散の軽減にも期待ができます。 てまいらずは、リビングマルチ用麦シリーズの3種類(他 百万石、マルチ麦)の中で基本品種です。 初期生育が旺盛で土壌被覆が早いです。 開張型で、土壌をしっかりと覆い、表土を守ります。かぼちゃ、ウリ類の敷きわらこんにゃく芋の雑草抑制、遊休農地の雑草抑制などいろいろな効果が期待できます。 学名・科名: H. vulgareイネ科オオムギ属 英名: Barley Pearl barley 種類: 一年草・多年草 別名: 和名: オオムギ(大麦) すき込み: 自然枯死 播種時期: 4~6月(寒地5~7月) 収穫時期: 発芽適温: 発芽日数: 播種量: 10アールあたり3~5kg 生産地: ドイツ 内容量: 10kg 発芽率: 約85%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 まき方: 土壌酸度はpH6.5~5.0が最適です。 播種前に雑草を取り除き、床土を平らにしてください。 土壌硬度が25mm以上であれば耕起して、よくほぐしてください。 元肥として緩効性肥料を1平米当たり100g程度ほどこし、土とよく混ぜてください。 種をまいた後は1~2cmの厚さに土をかけ、平らにならしてください。 育て方: 発芽までと初期成育の期間は土が乾かないように管理し、必要に応じて潅水してください。 備考: ・この種子を直接、食用・飼料用に使用しないで下さい。 ・お子様の手の届かない所に保管下さい。 ・直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管下さい。 ...

マルチ大麦 百万石 1kg[タネ]

園芸ネット プラス

834

マルチ大麦 百万石 1kg[タネ]

4~6月まき 緑肥、敷き藁、雑草防止に!マルチ大麦 百万石 1kg[タネ]緑肥作物として、また降雨後の耕土の流出防止や作物の根元への敷き藁がわりに利用される農業用大麦です。「百万石」は葉幅が広く草姿が開帳性です。春~夏に播種しても出穂せず、立ち枯れ状に移行します。土壌被覆力に優れ、ビニールマルチの代わりに利用でき、自然に土にかえるので後片付けが不要です。雑草を抑える効果が高く、大豆栽培のカバープランツとして、また土壌の乾燥防止など野菜の畝間栽培で省力化効果があります。穂が上がらないので、食用にはなりません。農家で使用される品種ですが、家庭菜園の畝間や家庭果樹の根元などへの利用がおすすめです。※「マルチムギ」と同じ使い方ですが、立ち枯れ時期に差があります。「マルチムギ」の方が高温にやや強いため7月下旬~9月頃、「マルチ大麦 百万石」は6月中旬~8月頃となります。写真は利用例(ネギの畝間で栽培した様子)です。ウド、かぼちゃ、きゅうり、果樹などの栽培に利用されています。タイプ:イネ科まき時:4~6月(寒地5~7月)すき込み:自然枯死播種量:10アールあたり3~5kg乾物重:150~250kg(10アールあたり)主な導入利用例:コンニャクの間作、大豆の混作、南瓜の敷ワラ代替、高原野菜ブーム道生産地:ドイツ(入荷時期、ロットにより生産地が異なる事があります)薬剤処理:フルジオキソニル1回、シプロジニル1回、テブコナゾール1回栽培方法:土壌酸度はpH6.5~5.0が最適です。播種前に雑草を取り除き、床土を平らにしてください。土壌硬度が25mm以上であれば耕起して、よくほぐしてください。元肥として緩効性肥料を1平米当たり100g程度ほどこし、土とよく混ぜてください。種をまいた後は1~2cmの厚さに土をかけ、平らにならしてください...

マルチ大麦 てまいらず 1kg[タネ]

園芸ネット プラス

834

マルチ大麦 てまいらず 1kg[タネ]

春まき 緑肥、敷き藁、雑草防止に!マルチ大麦 てまいらず 1kg[タネ]緑肥作物として、また降雨後の耕土の流出防止や作物の根元への敷き藁がわりに利用される農業用大麦です。「てまいらず」は成長しても草丈25~30cmなので刈り取り不要です。春~夏に播種しても出穂せず、立ち枯れ状に移行します。土壌被覆力に優れ、ビニールマルチの代わりに利用でき、自然に土にかえるので後片付けが不要です。雑草を抑える効果が高く、大豆栽培のカバープランツとして、また土壌の乾燥防止など各種野菜の畝間栽培で省力化効果があります。(穂が上がらないよう品種改良されていますので、食用にはなりません)。コンニャク、ウド、かぼちゃ、きゅうり、ネギ、果樹などの栽培に利用されています。農家用ですが、家庭菜園の畝間や家庭果樹の根元などに利用してみてはいかがでしょうか?※「マルチムギ」と同じ使い方ですが、立ち枯れ時期に差があります。「マルチムギ」の方が高温にやや強いため7月下旬~9月頃、「マルチ大麦 てまいらず」は6月下旬~8月頃となります。タイプ:イネ科まき時:4~6月(寒地5~7月)すき込み:自然枯死播種量:10アールあたり3~5kg乾物重:150~250kg(10アールあたり)主な導入利用例:コンニャクの間作、大豆の混作、南瓜の敷ワラ代替、高原野菜ブーム道生産地:ドイツ(入荷時期、ロットにより生産地が異なる事があります)薬剤処理:フルジオキソニル1回、シプロジニル1回、テブコナゾール1回栽培方法:土壌酸度はpH6.5~5.0が最適です。播種前に雑草を取り除き、床土を平らにしてください。土壌硬度が25mm以上であれば耕起して、よくほぐしてください。元肥として緩効性肥料を1平米当たり100g程度ほどこし、土とよく混ぜてください。種をまいた後は1~2cmの厚さに土をかけ...

マルチムギ1kg[タネ]

園芸ネット プラス

801

マルチムギ1kg[タネ]

4~6月まき 緑肥、敷き藁、雑草防止に!マルチムギ1kg[タネ]緑肥作物として、また降雨後の耕土の流出防止や作物の根元への敷き藁がわりに利用される農業用大麦です。「マルチムギ」は成長しても草丈25~30cmなので刈り取り不要です。春~夏に播種しても出穂せず、立ち枯れ状に移行します。土壌被覆力に優れ、ビニールマルチの代わりに利用でき、自然に土にかえるので後片付けが不要です。雑草を抑える効果が高く、大豆栽培のカバープランツとして、また土壌の乾燥防止など各種野菜の畝間栽培で省力化効果があります。(穂が上がらないよう品種改良されていますので、食用にはなりません)。かぼちゃ、コンニャク、きゅうり、ハクサイ、果樹などの栽培に利用されています。農家用ですが、家庭菜園の畝間や家庭果樹の根元などに利用してみてはいかがでしょうか?タイプ:イネ科まき時:暖地・中間地4~6月、寒地5~7月すき込み:自然枯死播種量:10アールあたり3~5kg乾物重:150~250kg(10アールあたり)※早まきにより低温に遭遇すると部分出穂することがあります。また気象条件等により枯れにくい場合もあります。※「マルチ大麦 てまいらず」と同じ使い方ですが、立ち枯れ時期に差があります。「マルチムギ」の方が高温にやや強いため7月下旬~9月頃、「マルチ大麦 てまいらず」は6月下旬~8月頃となります。詳しい説明はマルチムギ:品種の特性・栽培体系例をご覧ください。栽培方法:土壌酸度はpH6.5~5.0が最適です。播種前に雑草を取り除き、床土を平らにしてください。土壌硬度が25mm以上であれば耕起して、よくほぐしてください。元肥として緩効性肥料を1平米当たり100g程度ほどこし、土とよく混ぜてください。種をまいた後は1~2cmの厚さに土をかけ、平らにならしてください...

こちらの関連商品はいかがですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク