メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「夏エビネ」検索結果。

夏エビネの商品検索結果全1件中1~1件目

ツルラン 3号ポット 【夏咲きエビネラン】【絶滅危惧種】【山野草】

ファーム フローラル

1,599

ツルラン 3号ポット 【夏咲きエビネラン】【絶滅危惧種】【山野草】

エビネ蘭の育て方 病気・害虫 ウイルス性の病気 ナメクジ アブラムシ エビネでもっとも恐ろしく、発生する確率が高いのがウイルス性の病気です。 この病気にかかると葉や新芽に濃淡のあるまだら模様が出て、 株の生育が弱り、花もちゃんと咲かなくなります。 一旦かかると回復の見込みは少なく、健康な株に感染することもあるので ウイルス病と判断した株は処分するか隔離します。 ウイルス性の病気はアブラムシや消毒が不十分なはさみなどを通してかかることが多いので、 普段から害虫の駆除や器具の消毒などを行い感染ルートを断つよう努めます。 ナメクジは新芽や花を食害しますので見つけしだい駆除するか、 誘殺剤などの薬剤を用います。 特徴 日本種春咲きエビネは野生ランの中では比較的育てやすい部類に入ります。 種によって耐寒・耐暑性などが多少異なりますが、 基本的には柔らかい日射しで風通しの良い場所を好み、夏の蒸し暑さや多湿、強い寒さを嫌います。 性質を理解して「季節ごとにあった置き場所」を選び工夫することが大きなポイントとなります。 開花時期に強い光が1方向から当たると花茎が光の強い方へ曲がってしまうので、 鉢をときどき180℃回転させてまんべんなく光が当たるようにするか、 直接日の射し込まない明るい日陰に移動させます。 日当たり 主にスギ林の下など柔らかい日が差し込むような樹林下に自生し直射日光を嫌います。 強い直射日光に当たると葉焼けをおこして葉が黄色っぽくなったり一部枯れて弱ります。 一年を通して半日陰の場所で育てますが、あまり暗い日陰だと花付きが悪くなるので注意が必要です。 具体的には1日あたり朝日が3時間くらい当たれば生長に問題ありませんので、 それを目安に場所を選んでください。 例えば、北側の庭でも間接光で必要な日光が充分まかなえる場所は...

こちらの関連商品はいかがですか?

【10ポットセット】「ヤブラン」 ポット直径10.5cm

グリーンロケット

2,052

【10ポットセット】「ヤブラン」 ポット直径10.5cm

※苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 苗タイプ [typeA] 同じ苗タイプのものは同梱包が可能です。 1箱に同梱包することが難しい場合は、2箱以上でのお届けとなります。 同じ苗タイプの商品はコチラ » 配送料 【ヤマト運輸】760円より (上記の表よりご確認いただくかこちらで詳細をご確認していただけます。) ※沖縄、離島は別途料金がかかります。 ポットサイズ 3.5号ポット 1梱包当たりの最大個数 40ポット その他 こちらの商品は季節により苗の大きさが変わることがありますが、品質に問題はありません。 何分大きさの変わる生き物ですので、何とぞご理解の上ご了承のほどよろしくお願いいたします。 梱包について 「お客様へ少しでもお安い価格でのご提供」と「環境への配慮」の視点から、梱包にトレーを使用せず、またリサイクル段ボールの利用を行っております。 ご不便をおかけいたしますが、なにとぞご理解の上ご了承のほどよろしくお願いいたします。 ヤブランの育て方 植え付け環境 水はけのよい肥沃な土壌を好みます。 日陰や乾寒風が吹きさらす場所は避けるようにします。日陰でも十分育ちますが、フイリヤブランの場合発色が悪くなります。 肥料 冬に緩効性の肥料(鶏糞や油粕)を与えると効果的です。 植え付け時期 春と秋がオススメです。極端に暑い時期や寒い季節は避けるようにします。 害虫・消毒など 害虫はほとんどつきません。消毒なども必要ありません。 剪定方法 特にありません。新芽の伸びる前に古葉を刈り取ると1年を通して美しい葉を楽しめます。 ★ その他の現在販売中のヤブランはこちら ★ヤブラン 古くから日本庭園などで用いられてきた代表的なグラ...

【希少です★数量限定販売!】コウモリラン 5号鉢早い者勝ち!流通量が少ない希少種です!コウモリラン【ビカクシダ】 5号鉢

ファーム フローラル

3,980

【希少です★数量限定販売!】コウモリラン 5号鉢早い者勝ち!流通量が少ない希少種です!コウモリラン【ビカクシダ】 5号鉢

コウモリラン(ビカクシダ)の育て方 鹿角形の白色綿状の葉を垂れ下げるユニークな姿の着生シダです。 葉は裸葉と胞子葉の2種があり、密着して着生しているのが裸葉で、 外套葉とか貯水葉ともいい、内部に貯水組織があり、 古くなると褪色しますが、脱落することはありません。 胞子葉は主に観賞する部分で、革質で鹿の角のような形をしています。 ○置き場所 明るい光を好み、秋~春は明るい場所に、夏は半日陰に置きます。 強い直射光に当てると日焼けを起こします。 耐陰性は比較的強いのですが、光線が不足すると葉が黄変します。 耐寒性は強く、生育適温は20~30℃です。冬は5℃以上の所で管理して下さい。 ○手入れ 生育期に、2ヵ月に1回ほど肥料を与えてください。 油かすやマグアンプなどの緩効性肥料を、 薄い布に包んで外套葉の裏側に置いて下さい。 ○水やり 高温多湿を好むので、夏は水を葉水も兼ねて十分に与えます。 耐寒性はかなり強いとじゃいえ、冬は水を控えます。 乾燥には強く、越冬中は半月以上水をやらなくても差し支えありません。 外套葉の裏側に水をあげます。 ○植え替え 5~6月が植え替えの適期です。 しかし、よほど大きくならない限り植え替える必要はありません。 高温多湿を好むので、生育期には毎日水を与えて下さい。

【10ポットセット】「シュンラン」 0.1m程度

グリーンロケット

7,000

【10ポットセット】「シュンラン」 0.1m程度

写真撮影日:2015年5月15日 ※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 全国一律980円 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 シュンラン(春蘭) cymbidium goeringii ラン科シュンラン属 【タイプ】 常緑多年草 【鑑賞時期】 花:3~5月 【日照条件】 半日陰 【場所】 北海道以南 日本シュンランと中国シュンランがありますが日本シュンランのほうが寒さに強く育てやすいです。 小さな淡い黄緑色の花がひっそり咲く姿が可憐です。 花は食用にもなり、塩漬けした花に湯を注いで飲む蘭茶と呼ばれるものや酢の物などの利用法があります。 株が大きいほど花がつきやすくなります。 育て方 半日陰で風通しのよい場所を好みます。過湿にすると根ぐされがおきる場合があります。 花が枯れたら花がらを摘み取ります。ウイルス性の斑点病にかかった場合は直る可能性が低いので他に感染する前に処分します。 感染しないよう器具は消毒してから使うようにしましょう。 寒さには強く日本シュンランは0度、中国シュンランは5度くらいでも耐えますが寒風や霜は避けましょう。 品番 【G2199】 同じ品番の商品はコチラ »

送料無料
【100ポットセット】【送料無料】「シュンラン」 0.1m程度

グリーンロケット

56,000

【100ポットセット】【送料無料】「シュンラン」 0.1m程度

写真撮影日:2015年5月15日 ※写真はイメージです。苗は季節により大きさが変わります。 ※お任せ品につき誠に申し訳ございませんが、商品配送後の樹形・花芽の数等を理由としたキャンセルはご遠慮ください。 送料 送料無料 ※離島は別途料金が掛かります。お問い合わせください。 ※配送業者の都合や、その他やむを得ない理由により配送が連絡無しに遅れる場合がございます。 植え付けの日が1日しかとれない場合などは、植え付けをする前日の希望指定をするなど、余裕を持った配送指定をお願いいたします。 商品情報 シュンラン(春蘭) cymbidium goeringii ラン科シュンラン属 【タイプ】 常緑多年草 【鑑賞時期】 花:3~5月 【日照条件】 半日陰 【場所】 北海道以南 日本シュンランと中国シュンランがありますが日本シュンランのほうが寒さに強く育てやすいです。 小さな淡い黄緑色の花がひっそり咲く姿が可憐です。 花は食用にもなり、塩漬けした花に湯を注いで飲む蘭茶と呼ばれるものや酢の物などの利用法があります。 株が大きいほど花がつきやすくなります。 育て方 半日陰で風通しのよい場所を好みます。過湿にすると根ぐされがおきる場合があります。 花が枯れたら花がらを摘み取ります。ウイルス性の斑点病にかかった場合は直る可能性が低いので他に感染する前に処分します。 感染しないよう器具は消毒してから使うようにしましょう。 寒さには強く日本シュンランは0度、中国シュンランは5度くらいでも耐えますが寒風や霜は避けましょう。 品番 【G2199】 同じ品番の商品はコチラ »

スポンサーリンク
スポンサーリンク