メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「垣根」検索結果。

垣根の商品検索結果全496件中1~60件目

キンマサキ 苗 0.8m程度(根鉢含まず)生け垣・垣根に最適

植木・庭木販売GG(ジージー)

1,200

キンマサキ 苗 0.8m程度(根鉢含まず)生け垣・垣根に最適

◎送料:全国一律1000円(北海道・沖縄・離島は除く) ※4本程度同梱可能。 注文完了後また追って送料をお知らせ致します。 キンマサキ キンマサキの特徴 観賞価値が高い。 キンマサキは土地を選ばず耐陰性も強い為に、環境が悪くても生育できます。緑色のつやがある少し大きめの枝に楕円形の光沢がある革質の葉をつけます。若い葉は黄色になり成熟するにしたがって緑色になります。果実は球形で12月ごろになります。葉が観賞価値が高く庭木に利用されます。生垣にも使用でき刈り込むと枝葉が密になります。生け花材としても利用されます。 マサキは色々と種類がありまして大型の葉をつけるオオバマサキ、葉の縁に不規則の白斑が入るギンマサキ、葉の中央に黄斑が入るキンマサキ、葉の縁に黄斑が入るキフクリンマサキ、若葉の葉の全体に黄斑が入るオウゴンマサキがあります。 キンマサキは最近人気が出てきている品種。葉の中央に黄斑が入り綺麗な品種です。カラーフラワーのような使い方をすればアレンジ次第で多用できます。 キンマサキを使ったお庭 見ごろカレンダー 6月 7月 12月 春 夏 秋 冬 準備中です 準備中です 育てやすさチャート(推奨エリア:本州全土) 寒さにも強く場所を選びません。 ■植木のプロからのアドバイス 日向でも日陰でも成長します。適湿な場所を好みます。寒さにも強いです。植え付け場所はあまり選びません。剪定では徒長枝が出やすいので早めに切るようにします。下枝が枯れ上がった場合は切り詰め葉を吹き返させます。肥料は2月と9月に与えてください。種はなる木とならない木があります。 キンマサキの育て方 植えつけ環境 土壌は選ばない。あまりに極端に水はけが悪いと生育しないが、他の庭木に比べるとかなり頑健。 北海道南部でも育つ。寒さに強い。日当たりを好むのですが...

サカタのタネ 実咲花7831 るこう朝顔 00907831

Amazon

478

サカタのタネ 実咲花7831 るこう朝顔 00907831

◆深い切れ込みの入った羽衣状の涼しげな葉に、花径2cmほどの小さく色鮮やかな赤い花を咲かせる、生育旺盛なつる性草花です。 垣根や日よけに向くほか、つり鉢やあんどん仕立ての鉢植えにもできます。 ◆科名:Ipomoea coccinea ヒルガオ科クアモクリト属 ◆英名:Cypress Vine ◆種類:一年草 ◆別名:カボチャアサガオ ◆和名:羽衣縷紅(ハゴロモルコウ) ◆草丈:約120cm ◆花色:赤 ◆用途:花壇、プランター、鉢 ◆播種時期:4月上旬~6月下旬 ◆開花時期:7月中旬~10月中旬 ◆発芽適温:約25℃ ◆発芽日数:7~14日 ◆播種深さ:5mm位 ◆開花までの日数:約90日 ◆花言葉:「常に愛らしい」「繊細な愛」「元気」「情熱」「私は忙しい」「世話好き」「おせっかいな人」「でしゃばり」 ◆生産地:タンザニア ◆容量:約1ml 1袋で約15本分です。 ◆発芽率:約70%以上 おおよその目安です。発芽率を保証するものでは有りません。 ◆撒き方:湿度の高い方が発芽がそろうので、葉桜のころからがタネまきの適期です。 一般的には直まきで、約30cm間隔に2~3粒ずつ5mmほどの深さにまきますが、9cmポットに2~3粒タネをまき、発芽するまで夜間に保温すると早く、そろって発芽します。 ◆育て方:日当りと水はけの良い所であれば多少やせ地でも生育し、特に土質は選びませんが、植え付け前に化成肥料を1平方メートル当たり50gほど入れてよく混ぜ、株間約30cmに植えます。 鉢植えは18cm鉢に1株が目安です。 つるの伸びが早いので、早めに支柱などを準備し、小さめに草姿を整えます。 花は秋になるとより多く咲きます。

“エメラルドグリーン”【コニファー/庭木/常緑樹/目隠し/垣根/生垣/ガーデニング】

ファインガーデン

4,860

“エメラルドグリーン”【コニファー/庭木/常緑樹/目隠し/垣根/生垣/ガーデニング】

樹高 約120cm(鉢高は含まず) 商品(樹種)説明 グリーン系コニファーの代表的品種で強く育てやすい品種です。国内での栽培実績期間も20年以上と長いですので北海道から九州まで安心して植え付けていただけます。樹形は比較的自然に円すい形に整うタイプで、成長も比較的ゆっくりめですのでコニファーを扱うのが初めての方にもお勧めです。 葉色は1〜2月の極寒期は若干葉先が褐色を帯びますが、基本的には年中緑色です。(春から夏は明るいエメラルドグリーン、冬季は深いモスグリーンとなります) 育て方 ●植え付け 植え付け適期は最適期から春・秋・冬・夏の順ですが、販売商品は根鉢状態を調整済みですので 年中植え付け可能です。 鉢植えにする場合は麻布根巻きは付けたまま鉢に植え付けます。(推奨鉢サイズ12号以上) 直植えにする場合も麻布根巻きは付けたまま定植します。 ※商品根鉢の麻布根巻きは根がグラつかないようホールドしながら根付くまでの数か月でゆっくり分解される自然素材ですので根巻きは付けたまま植え替え、植え込みをお願い致します。 ●剪定方法 一年中緑の常緑性針葉樹ですが、秋には自然代謝により内部の葉が1〜2割枯れてきます。木の通気性、健全性のためにも冬の間に手で揉み取っておきましょう。晩秋には枯れ部分が乾燥して取れやすくなります。 また冬から春の間に大バサミ(両手ばさみ)または園芸用バリカンで側面を刈り込んで輪郭を整えます。この時ご希望サイズに達していたら先端部もカットしておきます(芯止め) その他 商品撮影時期:4月 樹種分類:常緑性針葉樹(コニファー) 属性:ヒノキ科クロベ属ニオイヒバ 学名:Thuja occidentalis "Smaragd" (Emeraud) 植付け植替えについて ●用土について 地植えの場合は元の土にプレミアム培養土を混ぜ込む...

“エメラルドグリーン”【コニファー/庭木/常緑樹/目隠し/垣根/生垣/ガーデニング】

ファインガーデン

6,800

“エメラルドグリーン”【コニファー/庭木/常緑樹/目隠し/垣根/生垣/ガーデニング】

樹高 約150cm(鉢高は含まず) 商品(樹種)説明 グリーン系コニファーの代表的品種で強く育てやすい品種です。国内での栽培実績期間も20年以上と長いですので北海道から九州まで安心して植え付けていただけます。樹形は比較的自然に円すい形に整うタイプで、成長も比較的ゆっくりめですのでコニファーを扱うのが初めての方にもお勧めです。 葉色は1〜2月の極寒期は若干葉先が褐色を帯びますが、基本的には年中緑色です。(春から夏は明るいエメラルドグリーン、冬季は深いモスグリーンとなります) 育て方 ●植え付け 植え付け適期は最適期から春・秋・冬・夏の順ですが、販売商品は根鉢状態を調整済みですので 年中植え付け可能です。 鉢植えにする場合は麻布根巻きは付けたまま鉢に植え付けます。(推奨鉢サイズ12号以上) 直植えにする場合も麻布根巻きは付けたまま定植します。 ※商品根鉢の麻布根巻きは根がグラつかないようホールドしながら根付くまでの数か月でゆっくり分解される自然素材ですので根巻きは付けたまま植え替え、植え込みをお願い致します。 ●剪定方法 一年中緑の常緑性針葉樹ですが、秋には自然代謝により内部の葉が1〜2割枯れてきます。木の通気性、健全性のためにも冬の間に手で揉み取っておきましょう。晩秋には枯れ部分が乾燥して取れやすくなります。 また冬から春の間に大バサミ(両手ばさみ)または園芸用バリカンで側面を刈り込んで輪郭を整えます。この時ご希望サイズに達していたら先端部もカットしておきます(芯止め) その他 商品撮影時期:4月 樹種分類:常緑性針葉樹(コニファー) 属性:ヒノキ科クロベ属ニオイヒバ 学名:Thuja occidentalis "Smaragd" (Emeraud) 植付け植替えについて ●用土について 地植えの場合は元の土にプレミアム培養土を混ぜ込む...

“エメラルドグリーン”【コニファー/クリスマスツリー/庭木/常緑樹/目隠し/垣根/生垣/ガーデニング】

ファインガーデン

2,592

“エメラルドグリーン”【コニファー/クリスマスツリー/庭木/常緑樹/目隠し/垣根/生垣/ガーデニング】

樹高 約80cm(鉢高は含まず) 商品(樹種)説明 グリーン系コニファーの代表的品種で強く育てやすい品種です。国内での栽培実績期間も20年以上と長いですので北海道から九州まで安心して植え付けていただけます。樹形は比較的自然に円すい形に整うタイプで、成長も比較的ゆっくりめですのでコニファーを扱うのが初めての方にもお勧めです。 葉色は1〜2月の極寒期は若干葉先が褐色を帯びますが、基本的には年中緑色です。(春から夏は明るいエメラルドグリーン、冬季は深いモスグリーンとなります) 育て方 ●植え付け 植え付け適期は最適期から春・秋・冬・夏の順ですが、販売商品は根鉢状態を調整済みですので 年中植え付け可能です。 鉢植えにする場合はひとまわり大きい鉢に植え替えます。(推奨鉢サイズ10号以上) 直植えにする場合はポットから取り出して植え付けます。 ※商品付属のポットは生産用の薄手ポットですので、一時的なご利用以外の場合には、ポットから取り出して植え替え、植え込みをお願い致します。 ●剪定方法 一年中緑の常緑性針葉樹ですが、秋には自然代謝により内部の葉が1〜2割枯れてきます。木の通気性、健全性のためにも冬の間に手で揉み取っておきましょう。晩秋には枯れ部分が乾燥して取れやすくなります。 また冬から春の間に大バサミ(両手ばさみ)または園芸用バリカンで側面を刈り込んで輪郭を整えます。この時ご希望サイズに達していたら先端部もカットしておきます(芯止め) その他 商品撮影時期:6月 樹種分類:常緑性針葉樹(コニファー) 属性:ヒノキ科クロベ属ニオイヒバ 学名:Thuja occidentalis "Smaragd" (Emeraud) 植付け植替えについて ●用土について 地植えの場合は元の土にプレミアム培養土を混ぜ込むのがオススメです。 ...

花・ガーデニングのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク